出張旅費規程の作成方法。旅費交通費を非課税所得へ。

法人化すれば節税の手段は増える。

前回、賃貸マンションの家賃を経費計上したんで・・・

賃貸マンションの一室を借り上げ社宅とする。地代家賃を法人の経費へ。

今回は、旅費交通費で節税を計ります。

 

私も以前はサラリーマン。出張手当が良いお小遣いでした。

ちょっと遠出するだけで、出張手当が貰える。

基本給とは別に日当が支給される。

出張すれば昼食代3000円・・・

テンション上がりまくりで、素晴らしい会社だなって思っていた、過去の私。

 

今では思う、これは役員が得する為に作ったんじゃないかなって。

出張手当の利点。

社員のモチベーション上昇ってのは、オマケみたいなもんだから。

実費精算から出張手当へ。日当は非課税所得。

旅費や交通費は実費精算が基本ですが、

法人の場合は、出張旅費規定を作成する事により定額支給が可能になります。

実費精算する必要がなくなるので、差額は何に使おうと個人の自由です。

 

一般企業で多いのが、交通費実費支給して、

別途、食事代として日当を支給する。

宿泊した場合は、更に宿泊料を支給したり、

海外出張の場合は、○○万円の支度金を支給して、

交通費&宿泊費も実費精算になったり、日当である海外滞在費も高くなる

その合計金額は、非常に大金になります。

 

平社員のランチ代3000円で喜んでいたくらいですからね。

普通の社員で3000円なら、社長は倍ぐらいの金額が支給されるのが一般的です

 

日当=食事代ってイメージでしたが、

外に出れば不必要な出費は当たり前に増えるし、

移動時間を含めると拘束時間も長くなる。

よって、食事代という名目で、少し高い金額となっている。

余計な個人出費、残業手当的な要素を含んだ合理的な金額なワケです。

 

更に凄いのが、出張手当は非課税だという事。

2 手当

役員や使用人に支給する手当は、原則として給与所得となります。具体的には、残業手当や休日出勤手当、職務手当等のほか、家族手当、住宅手当なども給与所得となります。
しかし、例外として、次のような手当は非課税となります。

(1) 通勤手当のうち、一定金額以下のもの
(2) 転勤や出張などのための旅費のうち、通常必要と認められるもの
(3) 宿直や日直の手当のうち、一定金額以下のもの

No.2508 給与所得となるもの|源泉所得税|国税庁

残業したら給与所得になるのに、出張手当は給与所得にならない

出張手当で余ったお金は、非課税所得となる。

非課税という事は、所得税住民税も課税されず、社会保険料も関係無い。

法人側では経費として全額損金計上されているのにも関わらず・・・デス。

 

出張手当-実費=なんなんだこのお金は!?同額の給与とは比べものにならないじゃないか!

 

って気分です。

個人事業主だったら、実費を経費計上するしか無かったからね。

メリットばかりですが、注意しておくべきポイントも有ります。

 

出張手当のメリット

  • 法人側で全額経費計上が可能
  • 手当と実費の差額はフリーダム
  • 手当は給与所得にならないので、受け取る側は非課税
  • 社員のモチベーションが上がる。

 

出張手当のデメリット

  • 事前に出張旅費規程の作成が必要
  • 手当の金額は一般常識範囲内で無ければならない。
  • 全社員が対象でなければならない。

 

事前に出張旅費規定を作っておかなければイケませんし、

一部の役員だけでなく、全ての従業員が支給される必要があります

まぁこれは、家族経営のオーナー社長の場合は、関係無いけどね。

 

また、手当となるのは、

出張などのための旅費のうち、通常必要と認められるもの 」という事。

常識的な範囲の料金で、出張旅費規程を作りましょう。

 

出張手当の相場と出張旅費規程の作成方法。

難しいのが出張手当の金額。

通常必要と認められるもの・・・っていう、毎度ながら想像力が必要な記載。

同業他社と、今までの事例を参考にするしかない。

常識的な金額=相場ってヤツ。

 

交通費や宿泊費を実費精算とするか、手当にするかも自由。

出張旅費規程のテンプレート検索すれば、いろいろ出てきます。

私の場合、書類1枚で出張旅費規程は作成終了。Wordでチョチョイです。

IMG_2932

 

出張の定義の為に、片道距離拘束時間を明記して、

実費精算の範囲役職毎に国内出張と海外出張の日当を決めたくらい。

 

例えば社長の場合、私が感じたアベレージ日当金額

  • 交通費:新幹線のグリーン車で往復料金
  • 日当:5000円~2万円
  • 宿泊費:5000円~3万円

 

税理士によって、べらぼうに高い金額で良いって言ってる人から、

えっと、それなら実費精算で良くね?っていう人も居たんで・・・

くれぐれも専門家に相談する事を、オススメします。

税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』

会社の経営状況や給与額等、同規模同業他社の相場、様々な状況により、

認められる金額は異なるハズですからね。

 

参考までに、私の場合。

日当を計算するにあたり、月額給与額から算出してみた。

  • 役員報酬÷20日勤務÷8時間=1時間の給与額
  • 日当額=3時間の給与額とみなす

 

月額給与60万円の場合、600000÷20÷8=時給3750円

3750円×3=11250って事で、日当1万円に設定です。

交通費はビビりながら実費精算、宿泊費も相場価格です。

 

海外出張の場合は、更に海外支度金や、

海外滞在費も増えると思うので・・・必然的に金額は大きくなります。

当社では、積極的に海外仕入に行きたい感じの金額となっております。

 

単純に月5日で日帰り出張するとしても、日当1万円×5日×12か月=60万円

会社の損金が60万円増え、

役員に60万円の非課税所得が増える事になります。

手取り60万円って、給与所得にしたらヤバい金額。

何度も言うけど、ベラ高い所得税住民税社会保険料は関係無いから。

 

ちなみに、出張の証明の為に「出張旅費精算書」も必要です。

IMG_2931

出張毎に社員提出→会社保管する事により、出張を証明する。

 

書式に決まりは無いようですが、こちらもWEB検索すれば雛形は多々出てきます。

出張日付、出張場所、訪問先、理由くらいが解れば問題無いかと。

実費精算のレシート(交通費等)は、裏面に貼り付けてます。

 

出張手当を有効に使うなら、地方の田舎に住むという選択。

ネットビジネスは場所に囚われない商売。

私は物価の安い田舎へ移住してます。

 

地方って何かと需要が低いので、何をするにもコスパが良いです。

家賃がべらぼうに安いし、物価もべらぼうに安い。

食材が新鮮で安いし美味い、空気も美味い。

自然が多く、人が優しく?、人混みが少ない。

ITに疎い人が多い・・・私にとってメリットだらけです。

 

更には、出張手当も関わってくる。

東京での仕事が全て出張扱いになります。遠いから仕方ないよね。

そんな事言ったって、都心へのアクセスが悪いじゃん。

時間かかるじゃん。って思った貴方。

我が自宅から東京駅まで1時間かかりません

新幹線って超早いんだからぁ~。

 

新幹線利用の際、東京駅までの時間は驚くべき速さ。

東京 → 新横浜:約25分 → 小田原:約40分 → 熱海:約45分 → 三島:約1時間

 

「遠くから来たねぇ~」ってよく言われるんですが、

ドア to ドアの所要時間は、基本的に私の方が早いです。

新幹線の座席も快適だし、仕事も捗る。

 

新幹線代は高いけど、実費精算で全額経費計上可能だし、非課税の日当も出る

なにより、都心に赴く回数と地方の家賃&物価を考えたら、

新幹線代なんて屁でも無い金額。

ネットビジネスで都会に行く頻度なんて、多く無いんだから。

 

都心の1ルーム料金で、地方なら3~5倍広い部屋に住めます

小田原、熱海、三島の家賃相場調べてみて下さい。

同じ料金で自宅をFBA化できるから。

 

家賃が安くなれば、社宅はもっと安くなる。

賃貸マンションの一室を借り上げ社宅とする。地代家賃を法人の経費へ。

出張手当×社宅の活用で、恐ろしい金額が節税となります。

法人化のデメリットなんて、この二つだけでもブッ飛んじゃう。

ネット物販の個人事業主が法人化する。法人成りのメリット・デメリット。

 

地方移住のススメとポイント

  • 駅から遠い都内の物件より、地方で駅から近い方が家賃が安い
  • 近くて時間がかかる都会より、遠くても早く着く田舎
  • 地方へ住めば、東京が出張扱いになる。
  • 家賃が高ければ、全ての価格(物価・人件費等)も高くなる
  • 同じ家賃で広さ数倍、更に借り上げ社宅で家賃の80~90%は経費

 

需要と供給操作して商売やってるんだから、

需要が低く安い地域に住むってのは、自然な流れ。

地域活性化にもつながるし、地元に帰っても良いんじゃない?

ネットビジネスって、働く場所も自由に選べるんですから。

 

固定費削減すれば、その差額は全て利益です

車を処分すれば、車両費も駐車場代も要らない。

カーシェアリング タイムズカープラスで固定費削減。車の維持費と料金比較したらお得過ぎた話。

引きこもっているのに、高い住居費、車両費払うのは無駄遣い。

 

事業規模が大きくなればなるほど、必然と都会へ赴く機会は多くなる。

新幹線を考えると、静岡辺りでも良いかなって思うけど、

海外取引やってるなら、空港へのアクセスってのも考える。

羽田に成田・・・やっぱり神奈川かな。

 

P.S.

課税事業者で原則課税方式を取っている場合、

出張手当の消費税の課税、非課税も関係あるかと。

 

現在、輸出事業を考えているので、この辺はちょっと気になった。

No.6459 出張旅費、宿泊費、日当、通勤手当などの取扱い

[平成26年4月1日現在法令等]

国内の出張又は転勤のために、役員又は使用人に対して支給した出張旅費、宿泊費、日当については、支給した金額のうちその旅行について通常必要であると認められる部分の金額は、課税仕入れになります。
ただし、海外への出張又は転勤のために支給した出張旅費、宿泊費、日当は原則として課税仕入れになりません
また、事業者が使用人等に支給する通勤手当(通勤定期等の現物による支給を含む。)のうち通勤のために通常必要とする範囲内のものは、所得税法上非課税とされる金額を超えている場合であっても、その全額が課税仕入れになります。

(消基通11ー2ー1、11-2-2)

国内出張は課税仕入れ、海外出張は免税。

海外出張の際は、消費税の課税、免税も意識しといた方が良さそうですね。

 

また海外に183日以上滞在する場合は、現地の所得税も考えないとイケないみたいね。

1年のウチ半分を海外滞在・・・。

悩めるようになったら、それはそれで幸せかーもねー。

 

※私は税務の専門家ではございません。

節税に関しては顧問税理士へしっかり相談される事をオススメします。

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント

高還元率クレジットカード
事業費決済するなら高還元率のビジネスカード。


通話SIM比較
私が格安SIM「mineo」に乗り換えた理由。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ