REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリットまとめ。

高還元率のクレジットカードで、一世を風靡したREXカード

以前は、他クレジットカードを圧倒する高還元率でしたが、

改悪に継ぐ改悪で、遂に還元率1.0%という普通のカードへ。

 

私自身、高還元率に釣られ、

レックスカードは、かなり利用してきたのですが、

従来のREXカードとは、スペックとも別物になっちゃいましたので気をつけて。

レックスカードのメリット・デメリットまとめておきます。

レックスカード改悪の歴史

最初は還元率1.75%だったレックスカード。

2015年12月に改悪となり、還元率が1.75%→1.5%へ。

2017年10月には、更に還元率が1.5%→1.25%となり、

2020年11月には、還元率1.25%→1.00%へ。

~2017年10月 ~2020年10月 2020年11月~
年会費 2500円+税 無料 無料
還元率 1.50% 1.25% 1.00%
付帯保険 ショッピング保険
or
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険(自動付帯)
国内旅行傷害保険(利用付帯)
カード利用明細 紙の明細無料 紙の明細は1通80円
※WEB明細は無料

 

同じく、ジャックスの高還元率クレカでは、

漢方スタイルクラブカード、エクストリームカードは新規発行停止

リーダーズカードも2020年11月から還元率1.0%へと改悪が決定。

2020年には、JACCSモールからもAmazon(+0.5%)も消えてます。

レックスカードのメリットまとめ

レックスカードを使う主な最大のメリットは・・・還元率。

ただ、還元率1.00%となってしまった今、微妙です。

オリコカードザポイントや楽天カードでも還元率1.00%

リクルートカードなら還元率1.2%ですからね。

リクルートカードのデメリット。還元率1.2%は果たして得なのか?

 

意外と知られていないメリットを挙げるとすれば、

旅行保険が充実していること。

海外旅行保険は自動付帯で、カード決済せずとも保険適応。

傷害、疾病治療費用が最高200万円と素晴らしい内容。

海外旅行傷害保険
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 最高2,000万円
後遺傷害保険金 80~2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(1年間)
※自己負担3,000円
救援者費用 最高200万円(1年間)

 

海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も付帯しており、

入院、通院、手術費用と補償される

国内旅行傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡 最高1,000万円
後遺傷害保険金 最高1,000万円
入院費用 日額5,000円
手術費用 5万円/10万円/20万円
通院費用 日額3,000円

年会費無料のクレジットカードでは、最高水準の保険内容だから、

保険のかさ増しにもオススメです。

 

また、レックスカードの利用で貯まるレックスポイントは、

Jデポに交換することができ、

カードショッピング利用額からの差し引く事が可能となる。

KS001244

3,500ポイントが、そのまま3,500円となる。

ポイントの現金化という面でも優れていますから。

※現在は1500ポイントから交換可能となってます。

レックスカードのメリットまとめ

  • どこで使っても還元率1.00%
  • 貯まったポイント≒現金として利用可能
  • 海外旅行保険が自動付帯。保険のかさ増しに使える。
  • 国内旅行保険は利用付帯だが、入院・通院・手術補償あり

レックスカードのデメリット

何も考えず高還元率を狙うなら、

レックスカードは、決して悪いカードではありません。

ただ、実際に色々と使ってみて気になった事もありますので。

カスタマー対応は無料カード水準

元々は還元率を売りにしているカードであり、

遂には、年会費も無料になっちゃったんで、

仕方ないっちゃ仕方ないんですが、

カスタマー対応は、お粗末です。

 

クレジットカードに書いてある電話番号。

電話しても、とりあえず自動アナウンス。

無料カードにありがちなやーつ。

オペレーター対応も無料カード水準、繋がるまでも非常に待たされます。

 

しかも、電話でオペレーター対応してくれるのも平日のみ。

ご利用覚えのない請求が有った時の連絡は・・・

平日の午前9時半~午後5時半までって、トラブってんのに厳しいっすね。

※参考→ご利用覚えのない請求があったら・・・|セキュリティインフォメーション|お客様サポート|ジャックス

未確定明細の反映が遅い

ジャックスのWEBサービス(インターコムクラブ)では、

未確定明細が見れませんでしたが・・・2013年11月に改善。

WEB明細で未確定明細が見れるようになりました・・・

他社クレジットカードに比べ、反映が非常に遅いです。

利用して2~3週間後に反映とか、当たり前に有ります。

通常なら数日で反映→確認できるのに・・・意味不明。

 

コレだと、不正利用被害にも気付きにくい。

電話確認しても海外の利用先は全然分からないので、非常に困ります。

不正利用は当たり前に多いですからね。

クレジットカードで繰り返し不正利用被害に遭う。カード会社の補償と対応の違い。

クレジットカード不正利用被害

 

WEB明細へ反映されないということは、クラウド会計にも反映されないので、

資金繰りが把握しにくい。仕事で使ってる人には、結構大きな問題。

個人事業主のクラウド会計「マネーフォワードクラウド」「freee」「やよいの青色申告オンライン」比較

家計簿アプリ使っている人も同様に困るかと。

限度額未満でカードストップ。海外利用分はどこの国かも分からない。

2016年6月、アメリカのアマゾンで数万円分の決済をしたのですが。

利用日の翌日、Amazon.comから下記のメールが届いてしまいました。

We’re writing to let you know that we are having difficulty processing your payment for the above transaction. We suggest that you double-check the billing address, expiration date and cardholder name that you entered; if entered incorrectly, these will sometimes cause a card to decline. There is no need to place a new order as we will automatically try your credit card again.

Payment Declinedになってしまいました。

発送メールかと思いきや、決済できなかったっていうメール。

 

カード利用可能額も残っていて、

アマゾンでの利用で、カード会社でカードストップされてしまいました。

そこまで高額でもなく、他のクレカで、この様な事は無かった事です。

しかもその時の対応が、残念でした。

 

ジャックスから電話が鳴ったのが、利用日より3日後

しかも、どこの利用かもわからない。国もわからない。

ただ、その日に海外で利用したかどうかの確認との事。

金額と日時から、USアマゾンである事は、判断できましたが・・・これって大丈夫?

せめて国名くらいは、わかって欲しかったなぁ。

 

Paypal経由なら良いかと思って、

Paypal決済で海外ショップ利用してたら、またしてもカードストップで電話有り。

決済先が分からないPaypalも、セキュリティ上駄目って言われました。

Paypal決済は、Paypalが保証してくれるのがメリットなのに・・・

決済金額も多額では無く、5万ぐらいでアウトでした。

 

カードストップ考えたら使う気にならない。より面倒になる。

使う金額が多い人、海外利用で利用する人、Paypal決済する人、向いてません。

限度額が上がりづらい

私はクレジットカードヘビーユーザーです。

レックスカードでも、かなりの金額を使ってきました。

で、1年経っても限度額60万円のまま。

 

他社の無料系クレジットカードでも自動的に100万円は行ってるので・・・

頻繁に利用して1年経っても、限度額は上がらない。

ジャックスカードだけ、なんか私に厳しい気がする。

以前は、他のジャックスカードで審査落ちもしているし、

限度額に余裕が有っても、カードストップされちゃうし。

 

まぁ、クレジットカードの審査もブラックボックスなんで、

なんか過去に悪いことでもしたんでしょうかね?私。

信用情報も確認しましたが、他社では優良顧客のつもりなんで・・・謎です。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

カード審査と信用情報の関係

Jデポ交換には最低15万円利用が必要

2015年12月レックスカードの還元率改悪に伴い、

ポイント引換基準は、若干改善となりました。

1,500ポイント=1,500円から交換できるようになりました。

ただ、還元率も下がってるので、Jデポ交換の敷居が高いのは変わらず。

 

1,500ポイントが貯まる分は最低利用しないとイケない。

KS001599

1500÷1.00%=15万円

15万円使って1,500ポイントなんで、

1ポイントから使える「楽天カード」に比べても厳しい。

 

REX POINTの有効期限は2年間なので、

継続利用を前提に考えているなら問題無いとは思うけど

まぁ、こんだけ改悪も続くとちょっとね。

KS001263

REX POINT有効期限2年間だが、Jデポ有効期限は3カ月

REXカードで貯まるポイントの有効期限は2年間ですが、

貯まったポイントをJデポに交換した場合、有効期限は3か月となります。

これ貯めてから一気にポイント交換すると、使い切れなくて困るやつ。

KS001245

3カ月以内に利用しなければイケないし、

Jデポ付与タイミングの判断も難しい。

毎月の利用頻度が大きく異なる人は、うっかり使い逃す可能性が有ります。

 

他社クレカだったら、金券換金してしまえば有効期限は無制限となります。

Tポイント、楽天ポイント、リクルートポイント、

有効期限内なら即利用も可能です。

Jデポ交換は、翌月以降に反映となり、有効期限は3カ月です。

 

Jデポで現金還元されるにはタイムラグがあり、

3カ月以内に、カードを利用しないといけない。

これ実は解約時に非常に困るんですよね・・・

ポイント交換できるのも1,500ポイント単位だからね。

ポイントも無駄に余っちゃうし。

 

1,500ポイント貯まったら、1,500円分のJデポ交換する。

そして、3か月以内に1,500円以上をカード利用する。

一見すると良さそうで、意外と面倒な仕組み。

還元率1.00%以上には成り得ない

他社の高還元率クレジットカードは、通常還元率こそ1%止まりですが、

ヤフーカード、楽天カードは自社モールで還元率3%

楽天ゴールドカードなら還元率5%・・・

倍付け特典や、キャンペーンも多く開催しており、

結果的にポイントもジャブジャブ貯まる仕組みになっています。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

通常還元率 対象オンラインショップ 倍付け特典 合計還元率
ヤフーカード 1.00% Yahoo!ショッピング
LOHACO
ポイント3倍
(+2%)
3%
リクルートカード 1.20% 無し 無し 1.20%
楽天カード 1.00% 楽天市場
楽天ブックス
ポイント3倍
(+2%)
3%
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
1.00% 楽天市場
楽天ブックス
ポイント5倍
(+4%)
5%
dカード 1.00% ドコモオンラインショップ
dショッピング
d fashion
ショップジャパン
ポイント2倍
(+1%)
2%

特に楽天市場は、SPUと買いまわりという倍付けの仕組みもあるので、

還元率20%~30%くらいは、普通に狙えます。

楽天市場のSPUと買いまわりを徹底攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。 

 

楽天ポイントやTポイントは、使える店舗も大幅に増えており、

共通ポイントは、提示するだけでポイントも貯まったりするからね。

IMG_1106

 

一方、レックスカードは、どこで使っても還元率1.00%止まり

ジャックスモール経由で還元率+0.5%上乗せされますが・・・

クレジットカードのポイントモール使うよりは、

ポイントサイトを使った方が、還元率も高い傾向にあるから。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。 

 

特に、他社カードの倍付け店では、レックスカードは使わない方が良い。

楽天市場は、楽天カード。

Amazonは、Amazonゴールドカードとなります。

Amazon還元率が高いクレジットカード。Amazon Mastercardゴールド、Orico Card THE POINT、JCB CARD Wの比較。

マイル還元率も低い

レックスカードは現金として使えるJデポ以外にも、

ANAマイルにも交換できますが、

マイルの交換レートは非常に悪く、マイル交換は辞めた方が良いです。

1500ポイント→ANA300マイルなんで・・・還元率0.25%となる。

マイルの価値は、円より高いと考えても5分の1は酷い。

マイルの価値は、円よりも低いと思ってますけど。

 

あくまで、現金還元として利用するクレジットカード。

マイル派ならマイル還元率の高いクレジットカードをオススメします。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

JALマイル還元率クレジットカード

レックスカードまとめ

レックスカードは年会費無料で高還元率1.00%。

海外旅行保険も自動付帯。所持して損することは無いカード。

 

ただ、ここまで改悪が続くと・・・ジャックス不安になるってのも否めない。

私は高還元率1.75%時代に利用させて頂いてましたので、

1.00%となったのは残念で仕方ない。

クレジットカードは信用で成り立つものですからね。

 

クレジットカードの還元率は、どこも横並びの時代。

クレジットカードは使い分けた方が得します。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

仕事で決済が多い人は、ビジネスカードを使いましょう。

法人カードの選び方。オススメの法人カードと解約した法人カード。

 

カード規約違反でカードストップしたら、還元率どころじゃ無く困りますから。

ビジネスカード(法人カード)を使うべき理由。個人向けクレジットカードとの違い。

5 COMMENTS

フィリピン留学で使える!海外旅行保険付きクレジットカードの選び方(完全版) | 俺のセブ島留学

[…] VISAやマスターカードなどのクレジットカードは、種類によっては海外旅行保険代が含まれているものがあります。きちんと補償額が良いカード会社を選べば、短期留学や観光旅行時の海外旅行保険代を節約出来るんです。 いくつか参考にさせてもらったサイトをご紹介。 ・JCBのカード自動付帯各種保険・見舞金制度に関するQ&A ・海外行くのに、知らなきゃ後悔する【3つのクレジットカードの使い方】 ・海外旅行保険比較節約研究所(かなり詳しい比較サイト) ・無料カード付帯の海外旅行保険は使えるか?(All Aboutの記事) ・カカクコムの比較ページ ・輸入ビジネス幼稚園(いくつかのカードレビューが参考になる) […]

返信する
通りすがり

Rexカードを利用しているものです。

先日AmazonPayを利用して、米国のオンラインストアで4万円弱の買い物をしました。(初めての海外通販でした)

利用した2時間後にジャックスから電話があり、利用の確認をされました。最近不正利用が多いので確認の電話をしているとのことでした。

その際、オンラインストア名やAmazonPayを利用しているかとはっきり店名を挙げて確認されました。また、AmazonPayを登録する前にPayPalも登録したのですが(結局こちらはストア側の都合で決済に利用できなかった)、この点についても確認されました。

こちらの記事は2013年なので、2017年現在はジャックスの対応も少しは改善されているのだと思いました。

なお海外通販とは関係ありませんが、web明細の反映は未だに遅いままです。

返信する
名無しさん

端数が出ても月24ポイントの損と言いますが、月1999円の端数が出る最悪のパターンが
毎月コンスタントに続いた場合、例えばリクルートカードの還元率1.2%を越えるためには、
毎月5万円以上をコンスタントに使わなければ達成出来ない計算になります。
まぁ元々が年間50万円以上の利用が前提のカードだったので、それなりの利用額がないと
使いづらいのは変わってないという事ですかね。

返信する
satopons

Rexカードの記事、大変参考になりました。気になったのは限度額が上がりにくいことでした。管理人様が今おすすめなカードを2つとすればリクルートカードと他で何になるのでしょうか?SPGアメックスカードもよさそうですが私はあまり旅行をしないため活用に向いていないようです。巷では楽天カードを推しているサイトもありますが楽天(モール)で買い物しません。可能であればで結構ですのでよろしくお願い致します。

返信する
satopns

その後、別のページでOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD案内ページを拝見しました。常時1%ポイント還元でAmazonギフト券にも変えられるなど複雑でなく使いやすそうです。
今後も参考にします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です