2015年9月1日、au回線オンリーだったmineo(マイネオ)がドコモ回線にも参入。

従来のau回線はAプランとなり、新しくdocomo回線のDプランが登場です!

IMG_4902

 

mineoは、日本で初めてドコモとau回線を扱う、マルチキャリアMVNOへ。

サービス内容も、他社MVNOのサービスの全部入りといった感じ。

他社の格安SIMの良いとこ取りで、スッゲー良い感じ。レビューします。

mineo Dプランの月額料金。料金は他社と同水準。

月額の料金プランは、他社と大差ないです。

データSIMは、月間容量3GB、月額900円

通話SIMなら、月間容量3GB、月額1600円と他社水準。

 

シングルタイプ(データ通信のみ)

  • 500MB – 月額:700円
  • 1GB – 月額:800円
  • 3GB – 月額:900円
  • 6GB – 月額:1580円
  • 10GB – 月額:2520円
  • 20GB – 月額:3980円 
  • 30GB – 月額:5900円
  • 初期費用:3000円
  • SMSオプション:+120円
  • 直近3日間の通信制限:無し
  • 通信速度:最大225Mbps
  • 制限後速度:200kbps

デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)

  • 上記+700円
  • 最低利用期間:0カ月 (他社MNPは12か月縛り)
  • 12か月以内のMNP転出料:11500円(通常は2000円)

 

3GBプラン以外にも、500MB、1GBプランも有りますが、

3GBプランに比べると微妙です。

500MBと1GBのプランは、容量大きく違うのに、値段は100円づつしか変わらないし、

6GBプランも有るけど、他社MVNOに比べると若干割高となってます。

DMMモバイルなら、月額1210円で、容量5GB

BIGLOBEモバイルなら、月額1450円で、容量6GB

 

mineoでは、10GB以上の大容量プランまで登場しており、

そもそも20GB、30GBプランまで有るMVNOは貴重 。

大容量プランは、他社と比較しても割安となってます。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

 

まぁ、料金はともかく、サービス内容はmineoが断トツなんで、

微妙な料金差で比較するのは、ナンセンス。

音声通話SIMカードの徹底比較。格安SIMの選び方。

30GBプランまで有るので、大容量SIMとしても使えます。

 

mineo Dプランは、直近3日間の通信制限が無い。

mineo Aプランは、直近3日間の通信制限が3GBでしたが、

mineo Dプランは、直近3日間の通信制限が有りません

月間容量分を、いつでも好きなタイミングで使いきれます!

ドコモ系MVNOでも、直近3日間制限が無いのは少数派です。

 

格安SIMの直近3日間の通信制限比較

  • mineo 3GB:制限無し
  • NifMo 3GB:650MB
  • BIGLOBE 3GB:600MB
  • BIGLOBE 6GB:制限無し
  • 楽天モバイル 3.1GB:540MB
  • DMM mobile:高速通信は制限無し
  • IIJmio:高速通信は制限無し

 

直近72時間の通信制限は、月間容量同様に重要。

いくら月間容量が多くても、直近の制限に引っかかったら意味も無いですから。

 

音声通話SIM(デュアルタイプ)の最低利用期間の縛りが無い。

格安SIMのデータSIMには、基本的に縛りは有りませんが、

携帯番号付きの音声通話SIMになると、最低利用期間という縛りが発生します。

他社MVNOには6カ月~12か月の縛りが有りますが、

mineo音声通話プランのデュアルタイプには、最低利用期間が有りません

 

音声通話SIMの最低利用期間

  • mineo:無し ※MNP転出のみ12カ月の縛り有り。
  • NifMo:6カ月
  • BIGLOBE:12カ月
  • OCNモバイルONE:6カ月
  • 楽天モバイル:12カ月
  • DMM mobile:12カ月
  • IIJmio:12か月(違約金は徐々に減少)
  • U-mobile:6カ月
  • ぷららモバイルLTE:6カ月

 

mineoには、最低利用期間の縛りは有りませんが、

MNP転出する場合にのみ、1年の縛りがあります。

通常2000円のMNP転出料が、12カ月以内はMNP手数料11500円となります。

携帯乞食のMNP対策、他社乗り換えへの制限ですね。

通話SIMをそのまま解約する分には、違約金は発生しません。

お試し利用や、捨て番号には持って来いなり。

 

mineoスイッチで高速と低速の切替可能。バーストモード機能も有る。

高速データ通信の容量を使いたくない時は、

アプリmineoスイッチで、データ容量が節約できます。

 

高速回線をオフにして、低速回線に切り替える事が可能です。

低速時の最大通信速度は200kbpsとなり、最小限のサービス利用であれば問題無く使えます。

 

また、IIJmio、DMM mobileで好評だったバーストモードが、mineoでも使えます。

バーストモードは、低速時でも通信し始めだけは高速通信してくれる機能。

高速回線をオフにした場合や、容量超過した場合でも、初動の通信は早いまま使えるので、

SNSやメールのチェック等は、不自由なく使えるハズです。

 

余ったデータ容量の繰越可能。更にはパケットシェアで家族共有も可能。

mineoは、余った通信容量の繰り越しにも対応。

更に凄いのが、繰り越した容量を最大5回線のユーザーでシェアできるという事。

パケットシェアとはなんですか?

当月中に使いきれなかった基本データ容量やパケットチャージ容量等は翌月に繰り越されますが、その繰り越されたパケットを、グループ内で最大5回線(リーダー(代表者)回線含む)までシェアすることができる無料オプションサービスです。

繰り越したパケットは、優先的に消費されます。翌月中にも消費されない繰り越し分のパケットは、翌々月以降は消滅します
ご利用の際は、シェアするお客さまにてグループのメンバー登録が必要となります。また、リーダー(代表者)とシェアメンバーのご契約者様住所が同一であることが条件となります。

mineoユーザーサポート|よくあるご質問|サービス検討中のお客様 基本サービスに関するよくあるご質問|パケットシェアとはなんですか?

3GBのプランを5回線契約して、全く使わなければ15GB繰越となり、

翌月は、3GB+15GBの合計18GBを1つの回線で使う・・・なんて荒技も可能となります。

 

回線の違う、Aプラン、Dプランでもパケットシェアできるし、

通話SIM、データSIMも関係無しにパケットシェア可能です。

 

注意点としては、事前にパケットシェアの申し込みが必要

パケットシェアできるのは家族のみ、ご契約者様住所が同一である事が条件

繰越分をシェアする為、当月分の容量をシェアするという事では無い

繰り越された容量が、翌月に消費できなかった場合、翌々月以降は消滅する。

繰り越したパケットは優先的に消費されるので、損する事も少ないと思うけどねん。

 

パケットギフトで誰とでもデータ容量を分け合える。

パケットシェアで余ったパケットを家族で分け合うだけでなく、

パケットギフトで、家族以外の他人にもパケット容量を分け合う事が可能です。

KS001734

事前申し込みしておけば、本当に誰とでもシェアできるので・・・考えられないサービス。

容量が余りそうならあげてしまった方が、お互いの為。追加で購入したら高いから。

こちらもパケットシェア同様、Aプラン、Dプラン関係無くプレゼントする事が可能。

 

注意点としては、

事前にパケットギフトの申込みが必要

パケットギフトの有効期限は贈られた月の翌月末まで

 

容量繰り越しもできるし、家族でパケットシェアもできるし、

余りそうならパケットギフトもできる。パケット革命だね。

 

家族割と複数回線割が有る。月額料金が50円割り引きされる。

mineoのパケットシェアは凄いですが、複数回線契約でも割引があります。

複数回線契約すると自動的に50円割引になります

KS001732

3GBのプランを月額900円で契約していた場合、

2回線契約すると50円づつ割引となり、月額850円×2となります。

最大5回線まで割引可能です。

 

複数回線割だけでなく、家族割もあるので、

同一名義人でなくとも家族であれば50円割が適応となります

家族の定義も広く、住所が別でも、姓が別でも、家族割適応となります。

KS001733

 

注意点としては、

複数回線割と家族割の併用は不可能。1回線につき割引は50円まで

家族割の適応には、マイページから申込みが必要。※複数回線割は自動適応。

 

余った容量繰り越しや、パケットシェア、パケットギフトサービスもあるので、

コスパの悪い500MBや1GBのプランを契約するよりは、

3GBを家族で契約した方が、データ容量も気にせずゴリゴリ使えるかと。

直近3日間のデータ通信制限もないですからね。

家族割、複数回線割で3GBプランが月額850円となり、最安の格安SIMとなります。

 

フリータンクで月間容量+1GB。皆で容量をシェアできる。

2015年12月17日より、フリータンクという機能が追加されました。

余った容量を皆でシェアする素晴らしいシステムです。

KS001910

皆で余ったパケットを貯蔵しておき、足らなくなった時に、

最大1GBのパケット容量を誰でも無料で使わせてもらえる。

3GBプランでも、最大4GBまで使えるって事。

100MB=162円なので、1620円分のパケットが無料で追加できるって凄い。

 

フリータンク利用上の注意点

  • フリータンクにパケット容量が貯まって無いと使えない
  • 毎月21日〜末日のみパケットを引き出せる。
  • 月間2回、10MB単位で合計 1000MB(1GB)まで。※翌日中に反映

 

私が確認したときは、フリータンク残容量も十分ありましたが・・・

KS001908

皆で貯め合う仕組みなので、

使う方よりも、預ける方が多くないと成り立ちません

 

引き出す方は、月間最大1GBですが、預ける方は最大10GBまでいけますので、

毎月繰越容量も使い切れない人は、

皆の為、いざという時の自分の為に、預けときましょう。

私も余っていたんで、10GBぶち込んでみました☆

フリータンク10GB

情けは人の為ならず・・・です。

 

MNPで使えない期間が無い。自宅でMNP切替手続きが可能。

格安SIMのデメリットといえば、MNP切替時にSIM到着まで不通期間が発生するという事。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

mineoでは、SIMが届いた後に自宅でMNP切替手続きができるので、

格安SIMへの切替で、スマホが使えない期間が無くなります

 

mineo Dプランの場合は、

SIMが届いてからコールセンターへ電話するだけ。小一時間で開通となります。

KS001735

即日MNPしたいが為に、わざわざ店頭に赴く必要も有りません。

切替手続きも簡単。SIMが届いてからWEBで回線切替ボタンを押すだけ。

大手キャリアの携帯番号をmineoにMNPする方法。切り替え手順と注意点。

 

ドコモ回線なのに昼時でも通信速度が速い。契約者数が少ないからか?

最近のドコモ系格安SIMは、お昼の時間帯は遅いです。

通信速度で評判の良かったNifMo、割と安定していたIIJmio、

正午過ぎると、急激に速度遅くなってきてます。

IMG_4748

左がIIJmio、右がNifMo。どちらも昼の時間帯は死んでます。

 

一方、2015年9月より始動したばかりのmineo Dプラン。

同じくドコモ回線にも関わらず、お昼時でも普通に速度出てます。

まだまだ契約者数が少ないのか?現在検証中。

まぁ、こればっかりは今後どうなる保証も無いけどね。

 

※追記

他社の格安SIM同様、

mineoでも平日の昼時(12時~13時)は、回線速度が低下しています。

私の体感として、土日祝日では、速度低下は感じられませんが・・・

格安SIMのデメリットとして、昼時の回線速度は諦めるしかないかも。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

 

IP電話サービス「LaLa Call」で毎月100円の無料通話が付く。

mineoを契約すると、050のIP電話番号サービスで特典が貰えます。

月額100円のLaLa Callで、毎月100円分の通話が無料で使えます。

月額基本料相当分が無料となるわけです。

 

月額基本料に関わらず、全てのプランで使えます。

デュアルタイプだけでなく、データSIM専用のシングルタイプでも毎月100円分の通話が無料となります。

LaLa Callは、元々の通話料金も格安なので、たった100円分で、

携帯電話への通話は最大6分、固定電話への通話は最大36分も利用できます。

 

LaLa Callは有料サービスなだけ有って、通話品質も悪く無いです。

個人事業主にオススメの電話番号。格安SIM、IP電話、固定電話、携帯電話、FAX番号と特定商表記。

IP電話番号って、持っていると役に立つ。スマホ1台で複数番号を使い分ける。

個人情報を守るためにも、サブの電話番号は有った方が良いですからね。

 

au回線(Aプラン)とドコモ回線(Dプラン)のプラン変更も可能。

au回線のAプランと、ドコモ回線のDプランは完全の別物かと思いきや、

AプランからDプランへのプラン変更、その逆も可能となってます。

 

今まで契約していた内容も、そのまま引き継がれる仕組みです。

auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)の間で、プラン変更はできますか?

はい、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)の間でプラン変更可能です
端末の割賦契約、ご利用期間、データ残容量、メールアドレス、パケットシェアおよびそのメンバー、端末安心サポート(※1)、各種割引についてはそのまま引き継がれます。

デュアルタイプをそのまま継続する場合は、現在ご利用のお電話番号を引き継ぐことも可能です。
同時にデュアルタイプからシングルタイプへタイプ変更される場合は、携帯電話番号ポータビリティー(MNP)の対象外となるため、新規で電話番号を取得することになります。

また、いずれのタイプ変更の場合も、SIMカードの交換が必要となり、利用不可期間(※2)が発生します
変更事務手数料は、2,160円(税込)となります。

mineoユーザーサポート|よくあるご質問|ご利用中のお客様 サービス変更に関するよくあるご質問|auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)の間で、プラン変更はできますか?

音声通話SIMのデュアルタイプの場合、電話番号もそのままプラン変更可能。

各種割引もそのまま引き継がれるので、入会キャンペーンとかも気にしなくて良い。

 

プラン変更の注意点としては、

変更事務手数料2000円と、SIMカードの変更で利用不可期間が発生してしまうって事。

 

現在mineo Aプランでも、iPhone対応しつつあるので・・・

au版iPhoneで格安SIMの動作検証。UQ mobileとドコモ系SIMの通信速度比較。

今後iPhone完全対応に向け、回線の選択の余地が有るのは有り難い。

 

mineo Dプランは、iPhoneでもテザリング可能。

テザリングの項目を見ると、Dプランのテザリングは△表示。

「※2 iPhoneはテザリング可能です。」ってなってます。

KS001736

 

で、実際にテザリング対応端末を調べたところ、

Nexus5、Nexus6、ZenFone2、ZenFone5、Ascend Mate 7、P8 Lite・・・

売れ筋のSIMフリー端末は、全てテザリング対応となってます。

 

au回線のAプランの場合は、現状iPhoneではテザリング不可能です。

au回線自体、様々な制限があるので、基本的にはDプランをオススメします。

au回線でオススメの格安SIM。au系MVNOのデメリット。

テザリングする予定なら、事前に対応端末は確認しておきましょう。

 

mineoではiPhone購入はできない。

mineoで販売しているスマホは、他社に比べて少なく、

その端末ラインナップには、iPhoneは有りません。

 

HUAWEI、Zenfoneはあるけど、売り切れも目立ちます。

mineoは回線サービスは素晴らしいが、端末購入はあまり選べません。

現在、SIMフリー端末を持っていない場合、別途用意するのも手です。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2017年 Ver.

iPhoneで使いたいなら、ドコモ版iPhoneが安いから。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

mineoの支払い方法はクレジットカード払いのみ。銀行振替支払不可能。

格安SIMのデメリットは、クレジットカード払いでしか申込できないところ。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

mineoもクレジットカード払いのみ対応です。※一部デビットカード払いにも対応。

 

大手携帯キャリア同様、口座振替での支払いを希望するならOCNモバイルONEを推奨します。

可も無く不可もないのですが、口座振替対応しているMVNOはそれほど少ないです。

「OCNモバイルONE」を3カ月使ってみた感想。評判と通信速度の検証。

スマホもクレジットカード払いにも慣れてない親族には、不安も多いから。

 

mineo Dプランは3GBでは最強のドコモSIM。

mineoのドコモ回線プランは、月額料金こそ他社同水準ですが、

そのサービス内容は、他社の優れたサービスを取り込みまくった感じです。

 

mineo Dプランのメリット

  • 直近3日間制限無し
  • 最低利用期間無し
  • 余ったデータ容量の繰り越し可能
  • 「パケットシェア」で家族間で繰り越し容量の共有が可能
  • 「パケットギフト」で誰とでもデータ容量共有ができる
  • 「mineoスイッチ」で高速データ通信のオン・オフ可能
  • 「フリータンク」で月間1GBまで無料で追加できる
  • 回線制限時でも、バーストモード機能有り
  • 家族割、複数回線割で50円割引
  • 自宅でMNP切替可能。使えない期間が発生しない。
  • IP電話「LaLa Call」無料。
  • 通信速度の安定 ※現時点では速い

 

2017年には、10GB以上の大容量プランも登場し、

サービス考えたら断トツで安い。

強いて言うデメリットといえば、端末セットのバリエーションが少ない事くらい。

 

mineoの500MBプラン(月額700円)で最安を狙うならば、

DMMの1GBプラン(月額630円)の方が安いけど・・・

【DMMモバイル】業界最安値水準

 

3GBプランで考えているのであれば、mineoがダントツ。

他社と同じ料金で、サービス内容は全然違うし、

ほとんどの人が月間3GBで事足りるハズですから。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

30GBプランまで登場してしまったので・・・大容量プランでも敵なしです。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

少しでも安く大容量SIMを使いたいなら、BIGLOBEモバイルもオススメ。

6GBで1450円、12GBも2700円になったから。

72時間制限も無し、パケット繰り越し可能、自宅MNPも可能になってます。

BIGLOBEのSIMへ番号ポータビリティ(MNP)して気付いたメリット・デメリット。

 

それ以上を考えているなら、無制限SIMって手もあるけど、

正直あまりオススメしません。

ぷららモバイルLTEのデメリットと評判。WiMAXと比較して評価してみる。

大容量SIMを複数所持した方が、断然快適です。

 

mineoにはデータ繰り越し&パケットシェアも有るので、

家族で複数契約するなら、mineoの3GBプランでも容量が余る可能性は高い。

それほどヘビーユーザーで無ければ、外でデータ通信を使い切る事も少ないだろうし、

容量が余れば、翌月に繰越し、家族で容量シェアもできる。

家族が多ければ多いほど、繰り越し容量は貯まるだろうし、

複数回線割&家族割で50円割引きも効く。

上記のサービス内容で容量3GB月額850円になるならば、これ以上のサービスは無い。

 

10GBのプランを2回線契約して、

パケットシェアで一人で20GBの大容量プランとして使うって方法も有るけど、

初期費用3000円だけは2倍必要だから、気を付けて。

 

mineoで懸念している点。

他社MVNOに比べプラン内容が良いので、今後ユーザーが増える。

ユーザーが増えれば、回線速度が遅くなる恐れがある。

これもまたデメリット。

 

とりあえず、現時点で一番オススメの格安SIM。

格安スマホにMNPする。MVNO音声通話SIMの比較まとめ。

 

大手携帯キャリアとの月額差額は・・・恐ろしい金額となります。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

キャリア携帯からのMNP手続きや、解約の仕組みも併せて知っておきましょう。