MVNOで一番多いのが、ドコモ回線を使った格安SIM。

ドコモ系SIMは多くの会社が提供しているので、

プランも選び放題で、サービスも充実しています。

悩んだらドコモ系の格安SIMから始めましょう。

IMG_1837_thumb.jpg

ただ、ドコモのMVNOも増え過ぎちゃってるから、

よく分からなくなっちゃってるよね。

大手携帯キャリアみたいに三つだけなら良いのにね。

というわけで、3つに絞ります。

ドコモ系格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMが普及しまくった現在では、

au回線とソフトバンク回線の格安SIMも登場しています。

そんな中、敢えてドコモ系の格安SIMを選ぶ理由から。

 

ドコモ系 格安SIMのメリット

  • ドコモSIMロック解除不要。ドコモのスマホで利用可能
  • MVNOの種類が豊富。格安SIMのプランが選び放題。
  • ほとんどの格安SIMでテザリングが可能
  • 対応周波数帯(Band)が豊富。対応スマホも多い
  • SIMの動作確認情報が多く、不具合も少ない。

ドコモ系 格安SIMのデメリット

  • 選択肢が豊富過ぎて、逆に困る。
  • 利用者が多く、回線速度が遅くなりやすい

 

ドコモは大手携帯キャリアのシェアNo.1なので、

ドコモ端末を持ってる人も多いだろうし、

国際的な周波数帯にも対応。使えないスマホも少ない。

ドコモ系の格安SIMは歴史も長く、通信不具合もほぼ皆無。

 

ただ、回線速度っていう点では、

au・SoftBank系の格安SIMに劣ります。

ドコモ系は皆が使ってるから、混雑時に速度が低下する。

お昼の12時~13時に確実に遅くなります。

どこが安定しているとか、どこが早いとか無い。

格安SIMの通信速度推移はSIMWで確認できます。

 

また、ドコモ系の格安SIMは、非常に多くの会社が有るので

SIMが選び放題で、逆によく分からないって事。

MVNOは、把握できないほど増えていますからね。

 

ドコモ回線の格安SIM ベスト3。

正直、どこでも良いから使って欲しいんだけど、

敢えて選ぶなら大手の3社。

私の友人にも、以下の3つのMVNOから選択してもらってます。

 

mineo(Dプラン)

顧客満足度No.1で、私の満足度もNo.1のmineo

ドコモ回線だけでなく、au回線プランも提供しているので、

Docomo回線はDプランという名称になってます。

mineo(Dプラン)のメリット

  • 「パケットシェア」で家族間で繰り越し容量の共有が可能
  • 「パケットギフト」で誰とでもデータ容量共有ができる
  • 「フリータンク」でmineoユーザーで容量シェア。毎月1GBまで追加可能
  • 「mineoスイッチ」で高速データ通信のオン・オフ可能
  • 容量プランが豊富。月間30GBの大容量プランまで有る。
  • 低速通信時でも一時的に高速となるバーストモード機能有り。
  • 家族割、複数回線割で50円割引
  • IP電話「LaLa Call」で毎月100円分の通話が無料。
  • 通話定額30・60は専用アプリ不要。通話品質も高い。
  • 回線の名義変更(譲渡)が可能

 

他社の良いとこ全部入りで、他社に無いサービスも多い。

余った容量を友達にプレゼントしたり、

家族割や、家族間での繰り越し容量のシェアも有るので、

家族で複数契約を考えてる人にもオススメ。

 

個人的にアツいと思うのが、

回線の名義変更(譲渡)が可能という事。

携帯番号は一生付き合うもの。

子供が独立した際に、親から子へ名義変更ができる。

他社格安SIMでは、基本的に譲渡は不可能ですから。

 

私もDプラン&Aプランで、3回線ほど契約中。

Aプランとも容量シェアできるのも、素晴らしい。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

私が使い続けてるから間違いないね。

 

LINEモバイル

スマホユーザーなら、使って無い人はいないLINE。

スマホを持つ理由がLINEってくらいなんで・・・

LINE目的なら、LINEモバイルを推奨します。

LINEモバイルのメリット

  • LINEでID検索が可能!年齢認証が解除できる唯一の格安SIM
  • LINEフリープランで、LINEし放題
  • コミュニケーションフリープランなら、SNSもカウントフリー
  • MUSIC+プランなら、LINE MUSICもカウントフリー
  • 月額500円のデータSIMだけ(携帯番号不要)でLINEが使える

 

格安SIMは「LINEのID検索が利用できない」のがデメリット。

しかしながら、LINEモバイルだけは、LINEでID検索が可能です。

LINEでID検索をしたい場合は、年齢認証が必要となり、

大手携帯キャリアか、LINEモバイルでないと年齢認証できません。

大手携帯キャリアの場合は、

My SoftBank、auお客様サポート、My docomo経由で解除できます。

格安SIMでは、LINEモバイルのみ。LINEの専売特許ってやつです。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

LINEモバイルは、契約時に本人確認するので、

18歳以上なら、自動的にID検索が可能へ。

 

LINEでアカウントを作成する場合にも、

携帯電話番号(090、080、070)によるSMS認証も不要。

・・・というわけで、

LINEモバイルなら、LINEを使うのに携帯電話番号も不要。

データSIMの月額500円だけで、LINEが利用可能となります

 

また、LINEモバイルは、3種類の料金プランが有り、

LINEやSNSを利用するユーザーは、更にお得になります。

 

一番安い、LINEフリープランでも、

LINEでのデータ通信がカウントされません

スタンプ、画像、動画の送受信、ビデオ通話・・・

パケット通信量を気にせず使いまくれます。

 

更に、コミュニケーションフリープランは、

LINEだけでなく、

Twitter、Facebook、Instagramの利用までもデータ消費量ゼロ

MUSIC+プランなら、

LINE MUSICもデータ消費としてカウントされなくなります。

 

月間データ容量を使い果たしても、

対象サービスは高速通信のまま利用できるので、

日々の生活に支障をきたす事も少ない。

 

LINEやSNSばかりしている若者。

四六時中ヘッドホンして音楽聞いている若者。

携帯電話番号なんて要らない時代だっていう若者。

若者にこそオススメしたいLINEモバイル。

実際、20代のユーザー数が多く、急激に伸びてます。

基本スペック・基本料金も、他社格安SIMと同等ですから。

 

楽天モバイル

日本人なら知らない人はいない楽天グループ。

格安SIMの楽天モバイルは、格安SIMでもシェアトップ

流石、世界の楽天といったところです。

楽天モバイルのメリット

  • 格安SIMの利用者シェアNo.1
  • クレジットカード不要口座振替払いで契約が可能
  • 楽天モバイルショップが豊富。実店舗で契約できる。
  • 端末セットの種類が豊富。iPhoneも選べる。
  • 楽天契約者は、楽天市場で+1倍される。

 

なんだかんだで、格安SIMへ移行できない理由No.1が、

「クレジットカードを所持していない」という理由。

格安SIMの契約には、基本的にクレジットカードが必須であり、

楽天モバイルなら口座振替で契約できるということ。

 

口座振替だと、毎月+100円の手数料が取られるんだけど、

それでも、銀行引き落としにしたいって人が多いんだよね。

今まで、細かい料金で相談して来た貴方は何だったの?

っていう。クレジットカードに抵抗のある人ばかり。

 

No.2が、「オンライン申込みが不安」という理由。

楽天モバイルは、楽天ショップも全国的に展開しています。

私の地元にも有るので、私の周辺では楽天モバイル率が高い。

結局、店舗でやってもらう安心感には勝てないみたい。

 

No.2が、「端末セット契約じゃないから理解できない」という理由。

従来の携帯キャリアのような、端末セットでの契約方式。

端末セットだからって大して得する訳でもないんだけど、

選ぶ手間が重労働なんだよね。

端末セットの種類が豊富な楽天モバイル。iPhoneまでも選べます。

 

そもそも格安SIM同士で比較したところで、

どこも同じような料金体系。通信速度も変わらないし、

格安SIMって大手携帯キャリアに比べたら断トツ安い。

サービスや料金は各社、微妙に違うんだけど、

細かい料金の違いよりも、切替の手間を懸念している人が多い。

 

格安SIMへの移行する不安を上手く消し込んだのが、

楽天モバイルなのかなって。

楽天という知名度だけで、選んでる人も多いです。

楽天モバイル契約者は、楽天市場でポイント+1倍も貯まるので、

楽天市場のヘビーユーザーなら、楽天モバイルの月額料金の元も獲れるかと。

買いまわりと併用すれば、やばいポイント還元されますから。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの買い回りを比較。ポイント還元率の違いと攻略方法。

 

何度も言いますが、格安SIMなんて、どこも大差ないです。

抵抗無く契約できるのが、楽天ブランドというなら、

それはそれで全然良い。

 

注意点として、

楽天モバイルの新プラン「スーパーホーダイ」は、イマイチです。

かけ放題込の料金プランとなってますが、3年縛りが有り、

その月額料金も、Yモバイルの劣悪コピープランです。

下手な格安SIMよりもY!mobile(ワイモバイル)をオススメする理由。

通話が欲しいなら、素直にワイモバイルを選びましょう。

 

ドコモ系格安SIMの料金比較。

格安SIMで料金が安いのは当たり前。

各社その差は微々たるもの。

元々の料金が安いので、料金で比較しても意味無いです。

念の為、料金比較しておきます。

 

ドコモ系格安SIMの月額料金(データSIM)

容量 500MB  1GB  2GB  3GB  4GB  5GB  6GB  7GB  8GB  9GB 10GB 12GB 13GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
mineo(D) 700 800 900  1580 2520 3980 5900
LINEモバイル
LINEフリー
500
LINEモバイル
コミュフリー※
1110 1640 2300 2640
LINEモバイル
MUSIC+※
1810 2140 2700 2940
楽天モバイル 900 1450 2260 4050 5450
IIJmio(D) 900 1520 2560
DMM mobile 480 770 850 1210 1860 1980 2190 3280 3980
OCN 1100 1450 2300 4150 6050
BIGLOBE(D) 900 1450 2700
DTI SIM 600 840 1220 2100 3600 4850
NifMo 900 1600 2800
U-mobile 900 1480
FREETEL 499 900 1520 2140 2470 3680 4870 6980 9400 11800
nuroモバイル 700 900 1100 1300 1500 1700 1900 2100 2300
ロケットモバイル 590 690 840 1200 1850
イオンモバイル 480 780 980 1480 1980 2680 4480 6480 7480 10300
エキサイトモバイル 670 770 900 2250 4750 6980 9980 13800
Fiimo (D) 900 1600 2650

※LINEモバイルのコミュニケーションフリー、MUSIC+プランはSNS付き。

 

ドコモ系格安SIMの月額料金(音声通話SIM)

容量 500MB  1GB  2GB  3GB  4GB  5GB  6GB  7GB  8GB  9GB 10GB 12GB 13GB 15GB 20GB 30GB 40GB 50GB
mineo(D) 1400 1500 1600  2280 3220 4680 6600
LINEモバイル
LINEフリー
1200
LINEモバイル
コミュフリー
1690 2220 2880 3220
LINEモバイル
MUSIC+
2390 2720 3280 3520
楽天モバイル 1600 2150 2960 4750 6150
IIJmio(D) 1600 2220 3260
DMM mobile 1260 1380 1500 1910 2560 2680 2890 3980 4680
OCN 1800 2150 3000 4850 6750
BIGLOBE(D) 1400 1600 2150 3400
DTI SIM 1200 1490 1920 2800 4300 5550
NifMo 1600 2300 3500
U-mobile 1580 1980
FREETEL 1199 1600 2220 2840 3170 4380 5570 7680 10100 12500
nuroモバイル 1400 1600 1800 2000 2200 2400 2600 2800 3000
ロケットモバイル 1250 1300 1400 1800 2400
イオンモバイル 1180 1280 1380 1580 1980 2680 3280 4980 6980 7980 10800
エキサイトモバイル 1370 1470 1600 2950 5450 7680 10680 14500
Fiimo(D) 1600 2300 3350

 

通話SIMの料金は、データSIM+700円が相場。

データSIMの料金がベースとなっているので、

データSIMが安ければ、通話SIMも安い傾向に有ります。

とはいえ、違っても数十円~数百円の違い。

 

料金で検討する余地が有るとすれば、大容量プラン。

データ容量が増えれば増えるほど、

月額料金の差額も広がる傾向にあります。

 

10GBくらいから差が出始め・・・

30GBとなると楽天モバイルが安いですね。

そもそも、10GB超えプランが有る格安SIMは限られてるけど。

 

ドコモ系格安SIM比較まとめ。

mineo、LINEモバイル、楽天モバイル・・・

いずれにせよ、格安SIMでシェアを占める、

大手MVNOなので、間違いありません。

 

テザリングも無料だし、データ繰り越しも可能、

自宅でMNP可能、3日間の通信制限も無くなってます。

どこを選んだからって、後悔することも無いハズ。

強いて言う特徴は、以下の3点。

 

オススメ格安SIMの特徴。

 

大手携帯キャリアに比べたら、どこでも激安なので、

聞いた事が有るからっていう理由で選んでも良いかと。

とりあえず、どこでも良いから使ってみてってのが本音。

 

とりあえず、大手携帯キャリアの縛りから抜ける事が重要。

解約したところで、ホント大して影響は無いですから

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

間違っても携帯ショップなんかで相談するもんじゃない。

3年縛りに4年縛りまで登場。

目先の利益では無く、トータルで考えましょう。

たった数か月先で良いのですから。