格安SIMが実店舗で販売されるようになり、

格安SIMといいながら、大手携帯キャリアのようなプランが増えています。

Yモバイルと格安SIMの比較

友人と一緒に、格安SIMを契約しに行ったら、

納得行かないプランを勧められたので・・・

格安SIMって言葉に騙されないように。

 

たしかに大手携帯キャリアのプランよりも安いんだけど、

だったらワイモバイルの方が良いよねって話。

UQモバイル・楽天モバイルと比較した、Y!mobileのメリット。

格安SIMで気を付けるべきは、

UQモバイル」と「楽天モバイル」の通話定額プラン。

その中身は、格安SIMのプランとは言い難く、完全にYモバイルに寄せる方向へ。

 

かけ放題(通話定額)の月額料金プランが一緒。

月額1980円で通話定額も込み料金っていう価格。

UQモバイル、楽天モバイル・・・全く同じ料金となってます。

容量  1GB  3GB 7GB
Y!mobile
(10分かけ放題)
2980円
(初年度1980円)
(2年間2GB)
3980円
(初年度2980円)
(2年間6GB)
5980円
(初年度4980円)
(2年間14GB)
楽天モバイル
スーパーホーダイ
(5分かけ放題)
2980円
(初年度1980円)
(2年間2GB)
3980円
(初年度2980円)
(2年間6GB)
5980円
(初年度4980円)
(2年間14GB)
UQmobile
おしゃべりプラン
(5分かけ放題)
2980円
(初年度1980円)
(2年間2GB)
3980円
(初年度2980円)
(2年間6GB)
5980円
(初年度4980円)
(2年間14GB)

 

いずれも、通話定額(かけ放題)込の割高プランであり、

2年縛りが有り、初年度だけ料金が安い、いやらしいプラン。

 

格安SIMを、大手携帯キャリアに似ているというよりも、

ワイモバイルの料金プランそのまま。

 

各社、月々1480円の料金も打ち出してますが、

これも初年度のみなので、勘違いしないように。

 

月額1480円となる為の条件。

  • 楽天モバイル:ダイヤモンド会員は1480円→2年目から2980円
  • UQモバイル:2回線目が1480円→2年目から2480円
  • Yモバイル:2回線目が1480円→2年目から2480円

 

UQモバイル、Yモバイルは家族割引で500円割引となるので、

複数回線契約で、2回線目以降が割引となる感じ。

楽天モバイルには、家族割引は有りません。

 

ワイモバイルは大手キャリアSoftBankの高速回線。

格安SIM最大のデメリットは、通信速度の遅さ。

UQモバイルは、au系のMVNOという事で、

通信速度は格安SIMの中でも早いですが・・・

 

ドコモ系MVNOの楽天モバイルは、通信速度が遅い。

これは楽天モバイルに限った事では無く、格安SIMの宿命。

12時~13時の昼時は、1Mbps以下になるし、

午後は基本的に、速度低下するっていう・・・

どう頑張っても通信速度は及びません。

 

Yモバイルは腐ってもキャリア回線。

20~30Mbpsは当たり前で、遅くなっても10Mbpsとか。

ワイモバイルは、テザリングも無料で使えるから、

PC作業で高速通信を使いたい人にも悪く無いかと。

 

ワイモバイルは通話品質も高い。格安SIMはプレフィックス型。

格安SIMの「かけ放題」は、

大手携帯キャリアの「かけ放題」とは異なるという事。

格安な「プレフィックス」か「IP電話」を使っている為、

通話品質が劣り専用アプリを経由での発番が必須。

 

楽天モバイルのスーパーホーダイも、

プレフィックス方式にて、かけ放題を可能にしているので、

「楽天でんわ」アプリでの発番が必須となります。

「楽天でんわアプリ」を使用して発信するか、音声通話の発信時に「003768」を通話番号の先頭にお付けいただいた場合。5分以降も30秒10円。楽天でんわ未使用時は30秒20円。

同じかけ放題でも、中身は別物って事。

Yモバイルは、格安SIMでは無く、

プレフィックス方式でも無いので、

従来どおり、何も気にせず電話かけまくれます。

※UQモバイルの「かけ放題」も、専用アプリは不要です。

 

ちなみに、「楽天でんわ」アプリは、

楽天モバイル以外でも使えるし、

「G-Call」なら、月額800円で10分かけ放題。

G-Call:携帯発国内電話キャンペーン通話料金

プレフィックス方式で良いならば、

誰でも「かけ放題」サービスは利用可能だから。

 

ワイモバイルの通話定額は10分かけ放題。

ワイモバイルと、楽天モバイル、UQモバイルと、

月額料金は一緒ですが、かけ放題の時間が2倍も違います。

 

ワイモバイルは、10分かけ放題

楽天モバイル(スーパーホーダイ)は、5分かけ放題

UQモバイル(おしゃべりプラン)は、5分かけ放題

 

通話メインで、通話セットのプランを選ぶのだから、

通話時間が長いワイモバイルが良いに決まってる。

 

ちなみに、UQモバイルでは、かけ放題以外のプランも選べます。

月々最大180分(7200円分)無料の「ぴったりプラン」。

・・・あまり、需要は無いみたいですけど。

 

ワイモバイルなら24時間かけ放題も可能。

ワイモバイルでは、「スーパーだれとでも定額」オプションが有り、

月額料金+1000円で、時間制限無しの完全かけ放題となります。

 

ドコモ、au、ソフトバンクの場合、

24時間かけ放題だけで月額2700円。

最安料金で運用したとしても月額5900円

 

一方、Yモバイルなら、月額3980円初年度2980円)で、

24時間かけ放題が運用可能となります。

通話定額で選ぶなら、ワイモバイルが最強です。

ワイモバイルとソフトバンクの違い。Y!mobileのメリット・デメリット。

 

電話が多い人にとって、10分という制限は意外とキツイ。

少しでもオーバーすれば、30秒あたり20円の請求。

1分=40円。25分で1000円となります。

+1000円してでも完全なかけ放題にしたい人は多いハズ。

制限時間を気にせず電話もできるようになりますから。

 

キャリアメール(Y!mobileメール)が貰える。

Y!mobileは、旧イーモバイル&ウィルコム。

キャリア携帯での歴史も長く、

スマートフォン専用のメールアドレスが貰えます。

 

貰えるメールアドレスの違い

  • ワイモバイル: @ymobile.ne.jp
  • UQモバイル:@uqmobile.jp
  • 楽天モバイル:メールアドレス無し

 

ワイモバイルで貰える「 @ymobile.ne.jp」は、

携帯会社のメールアドレスという事で、

携帯会社の迷惑メールフィルタにも引っかかりません。

 

とはいえ、あんまり使うのは推奨しないけど。

スマホで使うなら、GメールやiCloudメールを使いましょう。

携帯会社のメルアドに依存すると、機種変更もしづらくなりますので。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

 

ちなみに、Yahoo!で無料で作れるメールアドレスは、「yahoo.co.jp」。

こちらは、迷惑メールフィルタに引っかかりがちなので・・・

あんまり多用しない方が無難ですね。

 

Yahoo!プレミアム for Y!mobile特典が有る。

ワイモバイルは、国内の大企業ソフトバンクグループのサービス。

「Y!」と名の付く通り、Yahoo!のサービスでも特典が有ります。

 

ワイモバイル会員の主な特典

  • Yahoo!プレミアム(月額462円)が無料
  • ソフトバンクWi-Fiスポットが無料
  • ソフトバンク光とのセット契約で月額500円割引。

 

Yahoo!プレミアムは、Yahoo!ユーザーには欠かせない。

Yahoo!ショッピング・LOHACOで、Tポイント+5倍

Yahoo!カード+3倍と併せれば、恐ろしい還元率になりますから。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの買い回りを比較。ポイント還元率の違いと攻略方法。

 

ヤフオク!への出品や、スポナビが月額980円で利用できるのも、

地味に大きなメリットです。

 

UQモバイル・楽天モバイルと比較した、Y!mobileのデメリット。

ワイモバイルは、大手携帯キャリアのサービス。

基本的にソフトバンクの契約方式を踏襲しています。

縛り期間の自動更新が・・・一番のデメリットかと。

 

ワイモバイルには、2年縛りの自動更新が有る。

UQモバイルと楽天モバイルにも、

2年~3年縛りが有りますが、縛りの自動更新は有りません。

最低期間の2~3年利用すれば、

後はいつ解約しても違約金は発生しません。

 

一方、ワイモバイルは、契約更新期間に申し出しない限りは、

2年単位で自動更新されます。ソフトバンクと一緒です。

 

契約期間は、お申し出がない限り、自動更新(継続)されます。自動更新が不要の場合(満了月での終了をご希望の場合)は、満了月または契約更新月にMy Y!mobileなどで契約期間に定めのないプランへご変更ください。

2年縛りじゃないプランは、超割高だし、

3年目からの内容は、最初の2年とは違い過ぎる・・・

契約し続けるほど、損するプランとなっているので、

2年後に解約するのが得策。

契約更新期間に解約できなければ、

別途9500円+税の契約解除料が発生するという事。

常に覚悟しておきましょう。

 

ちなみに、更新期間は2カ月間に延長されており、

契約満了月の翌月、翌々月の2ヵ月間が契約更新期間となってます。

 

データ繰り越しが不可能。

格安SIMでは当たり前となりつつある、

余ったデータ通信容量の繰り越し。

楽天モバイルも、UQモバイルも翌月繰り越しが可能ですが、

Yモバイルは、余った容量の繰り越しは不可能です。

 

容量超過後の通信速度が遅い。

Yモバイルは制限後の速度が遅いです。

月間容量超過後の通信速度は128kbpsなってます。

 

データ容量超過後速度(かけ放題プラン)

  • Yモバイル:最大通信速度128kbps
  • UQモバイル:最大通信速度300kbps
  • 楽天モバイル:最大通信速度1Mbps(混雑時間帯は300kbps)

 

UQモバイル(おしゃべりプラン)は、制限後は300kbps

楽天モバイル(スーパーホーダイ)では、

月間容量を超えても1Mbpsとなってますが、

混雑時(午前12~1時および午後6~7時の時間帯)は300kbps

 

注意点としては、いずれもベストエフォートという事。

最大速度で1Mbps。最低1Mbpsでは有りませんから。

そもそも、制限後の速度を売りにするよりも、

制限前の速度を安定させてくれって話ですけど。

 

端末セットは、いずれも高額だから。

格安SIMでも、Yモバイルでも、

端末セットで契約する事により、大幅割引きとなってますが・・・

端末セットの価格は、月額料金に換算する際に、

よく分からない手数料も含まれているので、隅々まで確認した方が良いです。

 

端末セットって、分割手数料も発生したり、

元々の本体価格が高く設定されていたりと、

実際は、高くなってる事の方が多い。

 

例えば、スマホ一番人気のiPhone。

楽天モバイルとUQモバイルでもiPhoneが購入できるようになりましたが・・・

 

このiPhoneセット、

まず、基本の端末料金が、Apple Storeよりも高く設定されてます。

Apple Store
(SIMフリー)
Yモバイル
(SIMロック)
UQモバイル
(SIMロック)
楽天モバイル
(メーカー認定整備済)
iPhone 6S Plus
(32GB)
61800円 50800円
iPhone 6S Plus
(64GB)
61800円
iPhone 6S Plus
(128GB)
72800円
iPhone 6S
(16GB)
56800円
iPhone 6S
(32GB)
50800円 72500円 59724円
iPhone 6S
(128GB)
61800円 81500円 72684円
iPhone SE
(16GB)
39800円
iPhone SE
(32GB)
39800円 60500円 44172円
iPhone SE
(128GB)
50800円 72500円 54540円

 

更に、Apple StoreのようなSIMフリー端末でも無い

いつの間にか、Yモバイルでも、YモバイルSIMロックをかけるようになり、

UQモバイルまで、iPhoneにUQモバイルSIMロックをかけるようになってます。

SIMロック解除のお手続き|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

 

更に、楽天モバイルで購入できるiPhoneは、

現行モデルがほとんど無く、メーカー認定整備済みという怪しい端末。

 

メーカー認定整備済 iPhoneとはどのような製品ですか?メーカーの厳しい品質基準を満たすため、事前に厳格なプロセスで再整備を受けた製品です。クリーニングと検査を行い、不具合のあったコンポーネントは純正のAppleコンポーネントに交換されています。

再整備&クリーニングって・・・要は中古端末ですよね。

選べる端末も、iPhone 6SとiPhone SEは16GBしかないって・・・

結構ツライと思う。

 

格安SIMを販売するMVNOで、iPhoneを購入できるのも、

楽天モバイル、UQモバイルくらい。

だから、強気で「かけ放題プラン」を押しているのだろう。

 

楽天モバイル「スーパーホーダイ」端末割引のカラクリ。

楽天モバイルは、ドコモ系の格安SIM。

格安SIMとしてのプランが充実しているのに、

なぜ「スーパーホーダイ」を契約するのか?

しっかりと計算してみれば、そのカラクリは見事です。

 

スーパーホーダイは、楽天モバイル従来のプランと比べても割高。

スーパーホーダイ3GBプランは月額3980円ですが、

楽天モバイルの従来プランの

「通話SIM(5.1GBプラン)+かけ放題」で契約した場合は、

月額3000円ほどで済んでしまうのよ。

 

通話SIM5.1GB+5分かけ放題

  • 楽天モバイル 5.1GBプラン:2150円+税
  • 5分かけ放題オプション:850円+税
  • ユニバーサルサービス料:3円

 

従来プランの方が得なのに、

スーパーホーダイを選ぶ理由は、端末割引が有るから。

スーパーホーダイ2年縛り端末割引10000円

スーパーホーダイ3年縛り端末割引20000円

2万円も安くなるから、うっかりそちらを選ぶんだけど、

その分毎月1000円ほど、高い値段で契約しているわけです。

1000円×12カ月=12000円ですからね。

3年間で計算できないから、結局損をする。

3年後も契約し続けるから、もっともっと損をする。

気をつけましょう。

 

楽天モバイルも、UQモバイルも、Yモバイルも、

月額料金が安いのは1年間のみ、2年後にはデータ容量も半分となります

もし契約するとしても、2年間で解約するのが得策。

2万円割引に惹かれて、3年縛りにするのは辞めましょう。

 

スーパーホーダイの場合、通話定額が含まれるというのも困る点。

通話定額の「かけ放題」が要らなくなっても、外すことができないわけ。

オプション契約なら、かけ放題を外せるし、月額料金は更に850円も安くなる。

そもそも「かけ放題」するくらい通話するなら、

無料の通話時間も長く、通話品質の高いワイモバイルを使えって事。

 

まとめ

格安SIMのよく分からないプランのせいで、

Yモバイルを擁護する形になってしまいましたが、

そもそも「かけ放題」したいなら、格安SIMは辞めた方が良い。

通話定額プランで劣るのが、格安SIMです。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

いずれにせよ、2年経ったらプラン内容は悪くなるので、

2年後には解約すべきです。2年後にどうするか?考えておく。

それができないなら、ワイモバイルも辞めておきましょう。

 

格安SIMを推奨するのは、電話番号で発番しない人。

逆に、電話番号で発番するなら、ワイモバイルが最強です。

ワイモバイルの通話定額は10分と長く、

スーパーだれとでも定額(月額1000円)で、

完全かけ放題にする事も可能です

24時間いくら電話しても一律料金で済みますし、

ドコモ、au、ソフトバンクと比べても断然安いです。

ワイモバイルとソフトバンクの違い。Y!mobileのメリット・デメリット。

 

月額料金を最安を狙うなら、やはり格安SIM。

ドコモ系格安SIMが、一番充実しておりプランも豊富。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

楽天モバイルも格安SIMとしては悪くは無いのですが、

新プラン「スーパーホーダイ」は辞めておきましょう。

かけ放題&端末セットで契約するなら、ワイモバイルの方が良いです。

 

au系の格安SIMは、通信速度こそ早いのですが、

au回線ゆえに、様々な制限が有ります。

au回線でオススメの格安SIM。au系MVNOのデメリット。

同様にUQモバイルの通話定額プランも、辞めたほうが良い。

イチキュッパの料金は、初年度だけ、

ワイモバイルの通話定額にも敵いませんから。