ライフカード ビジネス(法人カード)のメリット・デメリット。

ライフカードビジネス

年会費が無料で青いクレジットカードといえば、LIFEカード。

個人事業主、法人向けの「ライフカードビジネス」も発行しており、

ビジネスカードながら、その年会費は無料となってます。

 

個人事業主や小規模法人だけでなく、

固定費リスクを抑えたい、中規模法人にもオススメ。

コーポレートカード的な要素も多いです。

オススメ法人カード

ライフカードビジネス(スタンダード)のメリット

ライフカードビジネスのメリットは、完全無料に尽きる。

完全無料なのに、基本的なビジネスカードの要素は備わっています。

年会費完全無料の法人カードは珍しい。

事業用のビジネスカードって、基本的に年会費が有料です。

私が所持している法人向け一般カードも、

年会費1250円とか、年会費2000円のカードが多いです。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

ライフカードビジネス(スタンダード)は年会費が永年無料となっているので、

カード利用せずとも年会費は発生しない。とりあえず所持するリスクが無い。

従業員カードは50枚まで発行可能。ETCカードも無料。

本会員カードの年会費が無料だけでなく、

社員や従業員用の追加カードも無料です。

しかも、追加カードの発行上限が50枚に設定されており

追加カード毎にETCカードも無料で発行できる。

人を雇っている事業主の為に有るようなカード。

 

従業員を使う個人事業主、社用車を使う法人、

使うカードが増えたからといって、固定費は増えません。

完全無料で、経費の精算管理の手間が無くなります。

従業員が居るなら、クレジットカードは持たせた方が良い。

領収書の手間、経理の手間も無くなりますから。

国際ブランドが選べる。券面デザインも選べる。

ライフビジネスカードは、

VISA、Mastercard、JCBと主要の国際ブランドに対応。

中でもオススメはMasterCard。

海外利用店舗数だけでなく、海外決済時の為替レートも良い。

クレジットカード国際ブランドの選び方。私がVISAではなくMastercardを選ぶ理由。

 

また、MasterCardだけ、券面デザインを2パターン選べる。

Aタイプは、従来のブルーベース。

ライフカードビジネスタイプA

Bタイプは、黒に近い濃紺カラーのMasterCardデザイン。

ライフカードビジネスMasterCard

珍しい色味で、ライフカードのロゴも消える。

一見すると、ライフカードに見えないのも良いと思う。

 

ちなみに、MasterCardのAタイプとBタイプに機能的な違いは無く、

カードデザインの違いだけとなってます。

ショッピング限度額は最大500万円。

一般カードなのに、限度額が最大500万円まで増えます。

相談次第で、500万円以上の限度額設定も可能なので、

大金決済する法人にも有り難い。

追加カード50枚&無料と併せて、

より大きな企業にも対応できるといったところ。

 

ただ、100万円を超える限度額の審査には、2期分の決算書が必要となり、

500万円を超える場合は、不動産謄本(法人もしくは代表者名義)が必要

いきなり限度額が多いというワケでは無いので、勘違いしないように。

ちなみに、キャッシング枠は有りませんので、キャッシング利用は不可能です。

ビジネス特典や、福利厚生サービスが有る。

年会費無料のカードとはいえ、

他社ビジネスカード同様に、ビジネス特典が有ります。

 

ライフカードビジネス(スタンダード)の特典

  • VISA優待サービス ※Visaブランドのみ
  • MasterCard優待サービス ※MasterCardブランドのみ
  • クラウド会計ソフトfreee優待
  • 弁護士無料相談サービス
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
  • 海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」
  • 旅行サービス「Travel Gate」

 

VISAカード、Masterカードを選択した場合、

ビジネス関連サービスの優待や割引が受けられます。

これは、他社ビジネスカード同様。

 

Visa優待サービス

  • Visaビジネスオファー
  • Visaビジネスグルメオファー

MasterCard優待サービス

  • MasterCardビジネス・アシスト

 

また、福利厚生サービスのベネフィットステーションは、

ビジネスカードでも珍しい特典となってます。

 

ベネフィット・ステーション通常価格 ※社員数100名以下の場合

  • 入会金:1社あたり100000円+税
  • スタンダードコース月会費:1名あたり400円+税
  • ゴールドコース月会費:1名あたり1050円+税

ライフカードビジネス会員価格 ※社員数100名以下の場合

  • 入会金:無料
  • スタンダードコース月会費:1名あたり320円+税
  • ゴールドコース月会費:1名あたり850円+税

 

クレジットカードの特典で、福利厚生も賄える。

通常1万円の入会金も不要となり、従業員1一人あたり月額320円+税で、

スポーツクラブや、映画や遊園地等のレジャー施設の割引が受けられます。

 

クラウド会計freeeの優待も有るので、

従業員カード×クラウド会計の併用で、より経理負担も減らせそう。

freeeに限らず、クラウド会計は導入すべき。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

クレジットカード決済→全て自動仕分けです。

審査が難易度が低いビジネスカード。新設法人でも発行可能。

個人事業主の場合は、事業主の本人確認資料のみでカード発行可能です。

法人カードの場合は、法人審査となるので、

代表者個人の身分証明書(運転免許証のコピー等)に加えて、

登記事項証明書(登記簿謄本)が必要となります。

 

ライフカードビジネス 審査書類限度額100万円以下)

  • 代表者の本人確認書類
  • 登記事項証明書 ※法人の場合

ライフカードビジネス 審査書類(限度額100万円超)

  • 代表者の本人確認書類
  • 2期分の決算書(確定申告書)
  • 登記事項証明書 ※法人の場合

 

限度額を100万円超えを希望する場合は、

2期分の決算書類も必要となりますが、100万円以内の場合は必要無し。

限度額10万円から発行できるので、審査難易度もそれほど高く無いかと。

法人設立直後の新設法人も申込み対象となってます。

 

現在では、登記簿謄本が不要な「ライフカードビジネスライト」も登場しているので、

法人としての審査が不安なら、こちらがオススメ。

ライフカードビジネスライトのメリット・デメリット。ライフカードビジネスとの違い。

 

代表者個人を審査する法人カードも、増えており、

私が発行している法人カードも、個人審査の法人カードが多かったです。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

新設法人や赤字法人なら、審査も簡単な方が良いですからね。

ライフカードビジネス(スタンダード)のデメリット

ライフカードビジネス(スタンダード)は、

年会費無料で、追加カードも無料ですが、

年会費無料な為、特典はそこまで期待しては駄目。

無料ゆえ、最低限ビジネスカードスペックだという事。

カードを利用してもポイントが一切貯まらない。

ライフカードビジネス(スタンダード)最大のデメリットは、

いくら使っても、ポイントが一切貯まらないという事。

 

従業員カード沢山発行できるし、限度額も最大500万円まで増える。

ただ、いくら利用しても、ポイント還元されません。

ライフカードでお馴染みの、誕生日月のポイント3倍サービスや、

年間利用額に応じたステージ制プログラム(最大2倍)も対象外となります。

付帯保険が一切無い。

ポイント還元されない事に、次いでのデメリット。

一般的なクレジットカードに付帯する。

海外旅行保険やショッピング保険が付帯しません。

 

国内・海外と出張が多い仕事ならば、

他のクレジットカードで代用する必要が有りそうです。

スタンダードとゴールドの2券種のみ。

ライフカードのビジネスカードには、

一般カードの「ライフカードビジネス(スタンダード)」と、

ゴールドカードの「ライフカードゴールドビジネス」の2券種となります。

 

上位カードの「ライフカードゴールドビジネス」も、

年会費2000円+税の格安ゴールドなので、

一般的なゴールドカードに比べると、ステータス性は劣ります。

プラチナ券種も有るビジネスカードも増えてますので、

ステータス性、将来性を求めるなら、他のカードの方が良いかもしれません。

ライフカードゴールドビジネスとの違い。

ライフカードゴールドビジネスは、年会費2000円の格安ゴールドカード。

上位カードというよりは、

ライフカードビジネス(スタンダード)と比較して選ぶカードとなってます。

 

スタンダードカードとゴールドカードの比較

ライフカードビジネス
(スタンダード)
ライフカードゴールドビジネス
券面 ライフカードビジネス ライフカードビジネスゴールド
年会費 無料 2000円+税 ※初年度無料
追加カード 無料 2000円+税
ETCカード 無料 無料
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB Visa / MasterCard / JCB
ショッピング枠 10~500万円 10~500万円
ポイントサービス 無し 還元率0.5%
空港ラウンジサービス 無し 国内26空港
海外旅行傷害保険 無し 最大2000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 無し 最大1000万円(利用付帯)
シートベルト傷害保険 無し 最大200万円
MasterCard特典 Mastercardビジネス・アシスト Mastercardビジネス・アシスト

Mastercard T&E Savings

VISA特典 Visaビジネスオファー
VISAビジネスグルメオファー
Visaビジネスオファー
Visaゴールドカード優待特典

 

年会費無料のライフカードビジネス(スタンダード)と比較すると、

ポイント付与されるようになり、ポイント還元率は0.5%。

空港ラウンジ特典、旅行保険も付帯される。

ただ、付帯保険の内容は弱く、あくまでオマケ程度の内容。

シートベルト傷害保険という面白い保険が付いてますが、

海外旅行保険の金額も低く最大2000万円まで、

ショッピング保険も有りません。

 

ライフカードビジネス(スタンダード)のデメリットを、

上手く消し込んでますが・・・

難点は追加カードも年会費2000円+税だという事。

 

ライフカードビジネス(スタンダード)は、

年会費無料&追加カード無料が最大の利点なので、

従業員カードを使いたいなら、

結果的に完全無料のスタンダードカードの方が得する。

 

逆を言えば、従業員が少ないなら年会費2000円払ってでも、

ライフカードゴールドビジネスで、ポイント還元を受けた方が良いかと。

空港ラウンジも利用できるし、MasterCardを選んだ場合は、

プラチナ級の特典「Mastercard T&E Savings」も付帯するようになりますから。

ライフカードビジネスライトとの違い。

2018年4月に、新しく「ライフカードビジネスライト」が登場。

ライフカードビジネスと何が違うのか?比較しておきます。

ビジネスライト ビジネス
券面 ビジネスライト ライフカードビジネス
対象者 法人代表者、個人事業主 法人、個人事業主
年会費 無料
国際ブランド Mastecad、VISA、JCB
従業員カード 3枚まで(無料) 50枚まで(無料)
ETCカード 1枚まで(無料) 50枚まで(無料)
ショッピング枠 10〜200万円 10〜500万円 (500万超も相談可)
支払方法 1回、2回、3〜20回、ボーナス一括、リボ
審査書類 代表者の本人確認書類 代表者事業主の本人確認書類
法人の確認書類(登記簿謄本、決算書)
ポイント還元 無し
WEBサービス LIFE-Web Desk(個人用) 法人・加盟店WebDesk
WEB請求書 個人版 (請求確定明細、未確定明細) 法人版(請求確定明細のみ)

ビジネスカードライトは、法人代表者向けということで、

審査手続きが簡単になっているのですが、

追加カード枚数が減少し、利用限度額の最大値も低いです。

 

ライフカードビジネスは、中小企業向け

ライフカードビジネスライトは、小規模法人・個人事業主向けといった感じ。

具体的な違いは、以下の記事も参考に。

ライフカードビジネスライトのメリット・デメリット。ライフカードビジネスとの違い。

ライフカードビジネス(法人カード)まとめ

使う為のカードというよりは、部下に持たせるためのクレジットカード。

ビジネスカードで年会費無料は珍しいですが、

従業員カードも50枚まで無料、ETCカードも50枚まで無料で、

限度額は最大500万円までイケるカードは他に無いです。

 

クレジットカードの固定費リスクを懸念している個人事業主。

クレジットカードごときにコストをかけたくない経営者。

年会費が無料だけで、導入する気になるなら、

ライフカードビジネスは有りなんじゃないかと。

 

上位カードのライフカードゴールドビジネスは、

ライフカードビジネス(スタンダード)とは、また違った特徴のカード。

空港ラウンジビジネスゴールド特典ポイント還元率0.5%

年間40万円以上決済するなら、ポイント還元率だけで年会費の元も獲れます。

 

ただ、同じ年会費(2000円+税)を出すなら、

還元率が高いクレジットカードは、他にも有るから。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

ライフカードを選ぶなら、無料のスタンダードで良いんじゃないかな。

オススメ法人カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です