いわゆる法人カードといわれるビジネスカードは、

個人向けのクレジットカードとは、特典も年会費も大きく異なります。

 

特にビジネスゴールドカードは、年会費が格安なモノが多く、

通常のゴールドカードには無い、ビジネスゴールドならではの特典も豊富です。

コストパフォーマンスの高いカードも多いので、

個人事業主・法人代表者なら、ビジネスゴールドを所持すべきです。

ビジネスゴールドカード(法人ゴールドカード)の年会費。

ビジネスゴールドをオススメする理由。

基本的にビジネスカードは、年会費が有料であり、

一般ビジネスカードでも、年会費1250円とられるカードがほとんど。

だったら、年会費2000円の特典豊富なビジネスゴールドを。

一般ビジネスカードと大差無い年会費で、

ビジネスゴールドが所持できるという事。

 

ビジネスゴールドカードの年会費比較

ビジネスゴールドカード名称 年会費 追加カード
EX Gold for Biz S(個人事業主) 2,000円+税
※初年度無料
不可
EX Gold for Biz M(法人) 2,000円+税
※初年度無料
年会費無料、最大3枚
オリコビジネスカードGold 2,000円+税
※初年度無料
2,000円+税、最大20枚
※初年度無料
ライフカードゴールドビジネス 2,000円+税
※初年度無料
2000円+税、枚数制限無し
P-one Business MasterCard 2,000円+税
※初年度無料
※年1回利用で次年度無料
年会費無料、最大5枚
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 10000円+税
※初年度無料
2,000円+税、数枚程度
※初年度無料
三井住友ビジネスゴールドカード 10000円+税 2000円+税、最大20枚
JCB法人ゴールドカード 10000円+税
※初年度無料
3000円+税、枚数制限無し
※初年度無料
UC法人ゴールドカード 10000円+税 2000円+税、最大99枚
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド 10000円+税 10000円+税、最大50枚
楽天ビジネスカード
※楽天プレミアムカードが必須
12000円+税 不可
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード 31000円+税 12000円+税
ダイナースクラブビジネスカード 27000円+税 年会費無料

 

年会費が安いとはいえ、ビジネスゴールドなので、

ビジネスゴールドならではの特典が受けられる。

ビジネス特化という事で、個人カードには無い特典も多く、

プラチナカード級の特典も付いてます。

 

「Mastercard T&E Savings」には「ダイニング by 招待日和」がある。

法人ゴールドカードで激アツなのが、

MasterCard(マスターカード)が選べるカード。

 

VISAカードの場合、ビジネスゴールドの特典は、

一般ビジネスカードと大差有りません。

個人向けゴールドカードと同じ、

Visaゴールドカード優待特典は使えるようになりますが、

「ビジネスゴールド」ならではの特典が有りません。

 

VISAビジネスゴールド特典

  • Visaゴールドカード優待特典
  • Visaビジネスオファー(Visaビジネスグルメオファー)

MasterCardビジネスゴールド特典

  • Mastercard T&E Savings
  • Mastercardビジネスアシスト

 

一方、MasterCardのビジネスカードには、

ビジネスカード専用のMastercard T&E Savingsが有り、

カードランクに応じた特典が有ります。

Mastercard T&E Savingsの特典
ビジネスプラチナ 国際線手荷物無料宅配(往復手荷物2個無料)
LoungeKey(空港VIPラウンジ) ※予定
ビジネスゴールド ダイニング BY 招待日和(レストラン2名以上の利用で1名無料)
ビジネススタンダード
コーポレートゴールド
国際線手荷物宅配サービス(帰国時500円)
空港クローク優待サービス(10%オフ)
海外携帯電話・WiFiレンタル割引
コーポレートスタンダード 海外ホテル割引(エクスペディア10%オフ)

特筆すべきは、ビジネスゴールド以上で使えるダイニング特典。

「ダイニング BY 招待日和」が利用可能という事。

 

招待日和は、個人カードではプラチナカード以上に付いている特典。

本家ダイナースクラブに次いで、利用可能な店舗数も多いです。

フィールドプランニング(招待日和)系 ダイニングサービス利用可能店舗数の比較

  • エグゼクティブダイニング(ダイナース):約270店舗
  • ダイニングセレクション (SuMi TRUST CLUB プラチナ):約270店舗
  • ダイニング BY 招待日和(MasterCard):約200店舗
  • ゴールドダイニング(アメックス・ゴールド):約200店舗
  • プラチナグルメセレクション(MUFGプラチナ):約200店舗
  • アプラスプレミアムグルメサービス(アプラス):約160店舗
  • グルメベネフィット(JCBザクラス、JCBプラチナ法人):約120店舗

ダイニングサービスが付帯するクレジットカードの比較。グルメ優待特典「招待日和」の違い。

 

招待日和を単体で申し込む場合は、年会費3万円+税

個人向けクレジットカードで招待日和が有るカードは、

基本的にプラチナカード以上。その年会費は安くても2万円以上

各社プラチナカードの年会費比較

  • Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ):18,519円+税(税込2万円)
  • エポスプラチナカード:18,519円+税(税込2万円)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード:20,000円+税
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス:20,000円+税
  • SBIプラチナカード:20,000円+税
  • 楽天ブラックカード:30,000円+税
  • JCBプラチナ法人カード:30,000円+税
  • SuMi TRUST CLUB プラチナカード:35,000円+税
  • JCB THE CLASS:50,000円+税
  • 三井住友プラチナカード:50,000円+税
  • ダイナースクラブ プレミアムカード:130000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード:130,000円+税

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードランキング。 

 

それが、ビジネスゴールドなら、オリコのEX Gold for Bizや、

ライフビジネスゴールドカード年会費2000円+税で、

招待日和が使えるようになるわけ。

ダイニング特典が付くクレジットカードの中でも最安の年会費。

 

MasterCardが選べる格安ビジネスゴールドカード

ビジネスゴールドカード名称 年会費 国際ブランド
EX Gold for Biz S(個人事業主) 2,000円+税 VISA、MasterCard
EX Gold for Biz M(法人) 2,000円+税 VISA、MasterCard
オリコビジネスカードGold 2,000円+税 MasterCard
ライフカードゴールドビジネス 2,000円+税 VISA、MasterCard、JCB
P-one Business MasterCard 2,000円+税 MasterCard

 

「ダイニング BY 招待日和」は、

MasterCardブランド専用の特典ですので、

利用したい場合は、間違ってVISAやJCBを選択しないように。

 

ビジネスゴールドカード(法人ゴールドカード)の還元率。

ビジネスゴールドは、一般ビジネスカードよりも、

還元率が高く設定されているカードが多いです。

 

ビジネスゴールドカードの還元率比較

ビジネスゴールドカード名称 還元率 年会費
EX Gold for Biz S(個人事業主) 0.6%~1.1% 2,000円+税
※初年度無料
EX Gold for Biz M(法人) 0.6%~1.1% 2,000円+税
※初年度無料
オリコビジネスカードGold 0% 2,000円+税
※初年度無料
ライフカードゴールドビジネス 0.50% 2,000円+税
※初年度無料
P-one Business MasterCard 0.60% 2,000円+税
※初年度無料
※年1回利用で次年度無料
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 0.50% 10000円+税
※初年度無料
三井住友ビジネスゴールドカード 0.50% 10000円+税
JCB法人ゴールドカード 0.50% 10000円+税
※初年度無料
UC法人ゴールドカード 0.50% 10000円+税
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド 0.50% 10000円+税
楽天ビジネスカード
※楽天プレミアムカードが必須
1.00% 12000円+税
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード 0.50% 31000円+税
ダイナースクラブビジネスカード 0.50% 27000円+税

 

一般ビジネスカードの場合、そもそもポイント付与され無かったり、

高くてもポイント還元率0.5%が限界ですが・・・

ビジネスゴールドには、還元率0.6%EX Gold for Bizが有り、

利用額に応じて還元率1.1%まで上がります。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

Amazon利用で更に還元率+0.5%にもなりますから。

 

楽天ビジネスカードのポイント還元率は高いですが、

楽天プレミアムカードが必須なので、年会費も高額となります。

楽天プレミアムカードとポイントも合算されてしまうので、

事業用カードという点でも微妙です。

ポイントは課税される利益だとも思ってますので・・・

 

ちなみに、ビジネスカードでJALマイルを貯めるなら、

セゾンプラチナビジネスカードが最強です。

セゾン プラチナ ビジネス アメリカン エキスプレスカードのメリット・デメリット。

JALマイル1.125%還元率100円=1.125マイル)は、

JALカードよりも高い付与率です。

ショッピング・プレミアムマイルでも100円=1マイルですから。

 

ビジネスゴールドカード(法人ゴールドカード)の付帯保険。

ビジネスゴールドになると、付帯保険の内容も良くなります。

一般ビジネスカードでは付かなかった旅行保険。

付いていても利用付帯だった海外旅行保険も、自動付帯となってます。

 

ビジネスゴールドカードの付帯保険比較

ビジネスゴールドカード名称 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 ショッピング保険 航空機遅延保険
EX Gold for Biz S(個人事業主) 最高2000万円(自動付帯) 最高1000万円(利用付帯) 最高100万円 無し
EX Gold for Biz M(法人) 最高2000万円(自動付帯) 最高1000万円(利用付帯) 最高100万円 無し
オリコビジネスカードGold 最高2000万円(自動付帯) 最高1000万円(利用付帯) 最高100万円 無し
ライフカードゴールドビジネス 最高2000万円(自動付帯) 最高1000万円(利用付帯) 無し
P-one Business MasterCard 無し 無し 最高300万円 無し
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 最高5000万円(自動付帯) 最高5000万円(利用付帯) 最高300万円 無し
三井住友ビジネスゴールドカード 最高5000万円(自動付帯) 最高5000万円(利用付帯) 最高300万円 無し
JCB法人ゴールドカード 最高1億円(自動付帯5000万円) 最高5000万円(自動付帯) 最高500万円 最高4万円(国内・海外)
UC法人ゴールドカード 最高5000万円(自動付帯) 最高5000万円(利用付帯) 無し
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド 最高5000万円(自動付帯) 最高5000万円(利用付帯) 最高200万円 無し
楽天ビジネスカード
※楽天プレミアムカードが必須
最高5000万円(自動付帯)
※楽天プレミアムカードに付帯
最高5000万円
(自動付帯)
※楽天プレミアムカードに付帯
最高300万円
※楽天プレミアムカードに付帯
無し
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード 最高1億円(自動付帯5000万円) 最高5000万円(利用付帯) 最高500万円 最高4万円(国内)
ダイナースクラブビジネスカード 最高1億円(自動付帯5000万円) 最高1億円(利用付帯) 最高500万円 無し

 

ただ、付帯保険は年会費に比例しており、

年会費が安いカードは、保険の内容もオマケ程度。

格安ビジネスゴールドの付帯保険相場は、最高2000万円

年会費1万円の付帯保険相場は、最高5000万円といったところ。

 

ただ、付帯保険の内容で比較すると、

JCBゴールド法人カードの内容が、ズバ抜けて良いです。

国内・海外ともに自動付帯5000万円

他社にはない、航空機遅延保険も国内・海外の両方で付帯しています。

 

出張が多い仕事の場合、旅行保険は有った方が良いので、

保険に別途入るなら、年会費の高いクレジットカードを選んだ方が良いかと。

 

海外旅行保険は、他カードとも合算できるので・・・

そもそも個人でもクレジットカードを所持していないか?

年会費無料のクレジットカードで補うってのも一つの方法です。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

 

ビジネスゴールドカード(法人ゴールドカード)の空港ラウンジ。

ゴールドカード特典の一つとして、

頻繁に挙げられる空港ラウンジサービス。

格安ビジネスゴールドでも利用可能となってます。

 

ビジネスゴールドカードの空港ラウンジ比較

ビジネスゴールドカード名称 空港ラウンジ
EX Gold for Biz S(個人事業主) 不可
EX Gold for Biz M(法人) 不可
オリコビジネスカードGold 国内16空港、
海外2空港(韓国、ハワイ)
ライフカードゴールドビジネス 国内26空港
P-one Business MasterCard 不可
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners 国内28空港
三井住友ビジネスゴールドカード 国内28空港
JCB法人ゴールドカード 国内28空港、
海外1空港(ハワイ)
中国29空港 ※2018年3月末まで
UC法人ゴールドカード 国内28空港、
海外1空港(ハワイ)
ビジネクスト・法人クレジットカードゴールド 国内26空港
楽天ビジネスカード
※楽天プレミアムカードが必須
国内・海外900カ所以上
※プライオリティパス
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード 国内28空港、
海外2空港(韓国、ハワイ)
ダイナースクラブビジネスカード 国内・海外600カ所以上
※ダイナースクラブラウンジ

 

年会費2000円+税の年会費で、空港ラウンジを利用できるのは、

オリコビジネスカードGoldライフカードゴールドビジネス

 

年会費1万円以上のビジネスゴールドともなれば、

いずれのカードにせよ、空港ラウンジサービスは付帯しています。

 

楽天プレミアムカードは、

年会費1万円でプライオリティパスが使えるので、

楽天ビジネスカード無しでも、プライオリティパス狙いなら、有りなんじゃないかと。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

プライオリティパスなら、航空会社のVIPラウンジも利用できるようになりますから。

 

コストパフォーマンスで選ぶビジネスゴールドカード。

同じ、ビジネスゴールドカードといえど、

カードにより、その特徴は異なり、年会費も違う。

年会費2000円+税なら、必然とコスパも高くなる。

いずれもMasterブランドが選べるので、招待日和も使えます。

 

還元率で選ぶならEX Gold for Biz。

クレジットカードといえば還元率。

オリコのEX Gold for Bizは最低でも還元率0.6%

カード利用額に応じて最大1.1%まで上昇します。

WEBショップでは更に+0.5%にもなるという、

ビジネスカードでEX Gold for Biz以上の還元率は無い。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

 

また、電子マネー「iD」「QUICPay」が搭載されている唯一のビジネスカード

電子マネーなら少額決済でも気にせず使いまくれるので、

バシバシポイントも貯まっていきます。

 

法人カードのEX Gold for Biz Mの場合、

従業員カードも3枚まで無料となってます。

格安ビジネスゴールドで追加カード無料ってのも珍しい。

従業員にもカードを持たせて、ポイント貯めまくる。

現金管理の手間が無くなれば、経理の手間も減りますので。

 

審査が代表者個人の審査なので、

審査書類も少なく審査も優しいのもポイント。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

新設法人や赤字法人でも発行できるので、

個人事業主、小規模法人なら、間違いなくEX Gold for Bizを推奨します。

Masterブランドを選べば、招待日和も使えますから。

 

空港ラウンジで選ぶならライフカードゴールドビジネス。

ライフカードゴールドビジネスは、還元率こそ0.5%と普通ですが、

年会費2000円+税の年会費で空港ラウンジが使え、

こちらもMasterブランド選択で招待日和の特典も付与されます。

 

追加カード無制限に発行できるので、従業員が多い法人にも対応できる。

ただ、追加カードにも年会費2000円+税が発生するので、

従業員数が多いなら、

完全無料のライフビジネスカード(スタンダード)も検討の余地あるかと。

ライフカード ビジネス(法人カード)のメリット・デメリット。

空港ラウンジは使えず、ポイントも貯まらないけど、

追加カードやETCカードも完全無料だから、

結果的に得するっていう。

 

ステータス性の高いビジネスゴールドカード。

コスパよりもステータス性を求めるなら。

サポートも手厚いビジネスカードをオススメします。

特にカードデスク(コールセンター)の質で選ぶなら、

JCB、三井住友、アメックスは間違い無いです。

 

空港ラウンジ、付帯保険で選ぶならJCB法人カード。

法人カードといえば、JCB法人カード

そのサポートは手厚く、付帯保険の内容も他社に比べて優れてます。

海外旅行保険は最高1億円補償、航空機遅延保険まで付いている。

空港ラウンジも他カードよりも、使えるラウンジが豊富です。

 

ちなみに、JCB法人カードには2種類有りますが、

キャッシュバック型のJCBビジネスプラス法人カードでは無く、

ポイント型のJCB法人カードをオススメします。

還元率だけでなく、付帯保険の内容も断然良いですから。

JCB法人カードとJCBビジネスプラス法人カードの比較。

 

JCBは、上位カードJCBプラチナビジネスカードもあるので、

よりステータス性の高いカードへのアップグレードも可能。

 

難点は、法人申込みでは法人審査となり、その審査も厳しいこと。

私は2年目でも審査落ちしちゃったので・・・

また、来年申し込んで見たいと思います。

 

日本老舗ブランド、三井住友ビジネスカード for Owners

JCBと比較される事が多い三井住友VISAカード。

実は、VISAブランドだけでなくMasterブランド発行も可能で、

VISAとMasterの両方を所持する事も可能です。

海外での利用を想定するなら、JCBよりもVISA。

私ならMasterブランドを使います。為替レートは還元率並に違いますから。

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

ゴールドなら、Masterブランドで招待日和も利用可能です。

 

法人専用の三井住友ビジネスカードも有りますが、

個人事業主と法人の両方で発行可能な、

三井住友ビジネスカード for Ownersの方が、

審査に必要な書類も少なく、簡単に発行できました

三井住友ビジネスカード for Ownersの審査について

 

for Ownersの審査は、代表者個人の審査となるので、

個人でクレジットカードを使っていれば、

ゴールドカードも比較的容易に発行できるかと。

 

三井住友ビジネスカードにも、新たにプラチナカードが登場。

上位カードも目指せるようになってます。

 

世界のステータスカード、アメックスビジネスゴールドカード。

お世辞にもコスパは良いとは言えないけど、

ステータスってプライスレス。世界のアメックスブランドです。

 

カスタマーサポート(カードデスク)は、

アメックスが一番丁寧で質が高いと感じています。

コールセンターの判断も早く、その場で解決してくれる事が多い。

折り返し確認の手間が無いってのは、素晴らしい。

 

ステータスカードといえど、その審査は容易。

新設法人でもサックリ審査は通りましたので。

年会費を払う余裕が有れば。

アメックスビジネスゴールドカードの審査について

ビジネスカードの年会費は経費ですからね。

 

ちなみに、アメックスビジネスゴールドカードと、

個人向けのアメックスゴールドカードでは、特典内容は大きく異なります。

アメリカンエキスプレス ビジネス ゴールドカードと、個人向けアメックスゴールドの比較と違い。

ビジネスゴールドには「招待日和」特典は有りませんので、

勘違いしないように。

 

ビジネスゴールドカードは個人向けゴールドカードとは用途が違う。

個人カードでも、格安ゴールドカードが増えてますが、

ビジネスゴールドカードもその傾向が有るのかなって。

 

実際、個人のゴールドカードで特典が補えるなら、

わざわざビジネスカードで使う必要も無いのかと。

格安ゴールドで特典の多い個人カードも多いですし・・・

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

プラチナカードの年会費も安く、審査も優しくなってますから。

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードランキング。

 

もちろん、個人でクレジットカードを所持している前提ですが、

空港ラウンジサービス、空港宅配サービスは、

個人のクレジットカードと被るものが多く、

重複して所持しても、あまり意味は無いです。

そもそも飛行機乗らないなら使わないっていう。

 

ただ、カード決済においては、

ビジネスカードを利用しなければならない理由が有ります。

法人カード・ビジネスカードの違い。普通のクレジットカードでは駄目なのか?

経理の手間を考えると、使った方が良いのも間違いない。

クラウド会計も併用すれば、経理事務の手間も大幅に軽減できますので。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

 

私が法人カードで重視するのは、やはり経費決済した場合の還元率と特典。

「招待日和」も対象カードでの決済が前提ですからね。

そうなると、EX Gold for Bizを使うかなって。

ビジネスゴールドに限らず、コスパは高いですから。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。