ANAマイルについて調べると必ず出てくるソラチカカード!

カード決済してマイルを貯めるよりも、

ポイントサイトで貯めたポイントを、マイル交換した方が効率が良いって話。

 

実際のところ、ポイントサイトでポイントを貯めるのだって、

カード決済が前提のような気がするのですが・・・

ANAカードの中で敢えて「ソラチカカード」を所持する理由について。

 

最近は、飛行機にもポチポチ乗るようになったので、

ANAマイルでも貯めてみようかと思います。

IMG_6727

マイルよりも現金派の方にとっては、関係の無い話です。

ANAカードよりもソラチカカードを選ぶ理由。

ソラチカカードって何なのか?っていったら、

「ANA」と「東京メトロ」が提携して発行しているクレジットカードなわけ。

ANA JCBカード特典だけでなく、東京メトロの「To Me CARD」の機能も有るから、

正式名称は「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」なんだよね。

 

ANAカードでも無く、To Me CARDでも無く、ソラチカカードを選ぶ一番の理由。

To Me CARD会員で「メトロポイント」を貯める事が可能となり、

メトロポイントをANAマイルに交換できるだけでなく、

「ANA」提携という事で、ANAマイルへの交換レートが非常に高いわけです。

レートが良いだけでなく、100ポイントからマイル交換できるってのも利点。

 

To Me CARDのANAマイル換算レート

  • ソラチカカード:100ポイント→90マイル(90%)
  • その他のTo Me CARD:1000ポイント→600マイル(60%)

※交換できるのは月1回、20,000ポイント(18,000マイル)まで。

 

ソラチカカードで、なんでポイントサイトが出てくるかっていったら、

ポイントサイトのポイントが、メトロポイントなら等価交換できるわけ。

ポイントから直接ANAマイル交換だと換算率30%~50%ですからね。

メトロポイント経由で換算率90%でANAマイルに交換できるというカラクリです。

なんだか、めんどくさそうな話になってきましたが・・・続きます。

 

東京メトロポイントに移行できるポイント。

メトロポイントに移行できれば、高レートでANAマイル交換できる。

じゃ、どのポイントが、メトロポイントに交換できるのか?って話。

 

メトロポイントへの交換レート

  • ドットマネー by Ameba(.money):300ポイント=300ポイント
  • PeX:1000ポイント=100ポイント
  • げん玉(リアル):5000ポイント=500ポイント
  • ネットマイル:200ポイント=100ポイント
  • Gポイント:100ポイント=100ポイント
  • LINEポイント:300ポイント=270ポイント
  • gooポイント:200ポイント=100ポイント
  • おでかけポイント(レッツエンジョイ東京):500ポイント→500ポイント

 

ポイントサイトなら「ドットマネー」&「PeX」の両方に交換できるので、

ハピタス、ちょびリッチ、モッピー、ポイントインカム、PONEY、GetMoney!・・・

いずれにせよ、メトロポイントへ等価交換可能です。

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。 

「ドットマネー」か「PeX」か?は、正直どっちでも良いです。

ポイントタウンは「PEX」のみですが、

「PeX」→「メトロ」の交換手数料も無料となってます。

 

例えば「ハピタス」をANAマイルに交換する場合、

「ハピタス」→「ドットマネー」→「メトロ」→「ANAマイル」となる。

メトロポイントMAX月額2万ポイントをANAマイル交換するとなると、

ハピタス2万 → ドットマネー2万 → メトロ2万 →ANA1.8万マイルとなるわけです。

 

ちなみに、ショッピング利用で高還元率を狙う場合にも、ソラチカカードは使えます。

LINE300ポイントが、270メトロポイントに交換できるという事。

IMG_6730

LINEポイント→メトロポイントの交換レート

  • 300 LINEポイント=270 メトロポイント(90%
  • 500 LINEポイント=450 メトロポイント(90%
  • 1,000 LINEポイント=900 メトロポイント(90%

 

ポイント還元率2.0%のLINE Pay(プリペイドJCB)を使えば、

ANAマイル還元率1.62%も可能となります。

「LINEポイント」→「メトロポイント」→「ANAマイル」という方法。

 

例えば、5万円をショッピング利用で決済した場合。

50,000円利用 → 1,000LINE 900メトロ 810ANAマイルってなるわけ。

ANAマイル還元率1.62%ってのは強烈。

ANAカードの還元率は1.00%

ANA VISAワイドゴールドのリボ払い(マイペイすリボ)の裏ワザ使っても、

還元率1.45~1.72%が限界ですからね。

 

ANAマイルの価値。1マイル=2円の理由。

なんで還元率2.00%のLINE Payを、

わざわざ面倒な手続きまでして、還元率1.62%となるANAマイルに交換するのか?

マイルの価値は人それぞれですが、重要なのは1マイル=1円では無いという事。

 

ポイントからのマイル移行レートが悪い。

1マイルは、1円相当のポイントへ交換できますが、

1円相当のポイントは、1マイルには交換できないのです

他社ポイントからマイルへ交換すると、交換レートは半減します。

1マイルは1ポイントなのに、1ポイントは0.5マイルとなる。

マイルだけ、お高くとまってるわけです。

 

ポイント→ANAマイルへの移行レート

  • 楽天ポイント:50ポイント→25マイル(50%
  • Tポイント:500ポイント→250マイル(50%
  • nanacoポイント:500ポイント→250マイル(50%

ANAマイル→電子マネーへの交換レート

  • Edy:10,000マイル→10,000円分(100%
  • nanaco:10,000マイル→10,000ポイント(100%
  • 楽天ポイント:10,000マイル→10,000ポイント(100%
  • Tポイント:10,000マイル→10,000ポイント(100%

 

1ポイント1円とするならば、1マイルは2円の価値が有るという事。

あくまでポイントとして利用した場合の話ですけど。

 

実際、ポイントは現金化すると、更に価値は下がります。

Tポイントは100ポイント→85円(85%)で現金化できる。

ポイントはポイントとして使ってこそ1円となり、これはマイルも同じ。

マイルのまま使わなけば意味がありません。

 

ANAマイルは特典航空券に交換してこその価値。

マイルってのは、現金化するもんでは無く、

特典航空券として使ってこそ真価を発揮します。

しかも、運賃が高い航空券に交換するほどマイル価値は高くなります

国際線の上級クラス、長距離路線の特典航空券に変えるべし。

 

マイル価値 特典航空券による違い。

  • 国際線特典航空券(ファーストクラス):1マイル→約8~15円
  • 国際線特典航空券(ビジネスクラス):1マイル→約4~7円
  • 国際線特典航空券(エコノミークラス):1マイル→約2~3円
  • 国内線特典航空券:1マイル→約1.5円~4円
  • SKYコイン:1マイル→約1~1.7円

 

上記は「旅割」等の割引料金と比較した場合の、マイル価値となります。

ANAの普通料金(正規料金)で乗る事は、誰も想定していないと思うので。

 

特典航空券に交換した時の相場も1マイル=約2円~だから、

1マイル=2円って理由も頷けるかと。

ただ、国内線や国際線エコノミークラスに交換した場合、

正直そこまで得しないっていう。

国際線ビジネスクラス国際線ファーストクラスに使ってこそのマイルです。

 

エコノミークラスに使うなら、現金化した方が良いんじゃないかっていう。

特典航空券って座席数にも制限あるから、意外と使えないからね。

 

よって、ビジネスクラスに乗りたい人ならマイル貯めるのは良いと思うけど、

一般ピープルは、無理してマイルに貯めない方が、幸せになれるとも思ってます。

マイルは、あくまでマイル。

現金としては使えないし、現金に交換すれば価値も下がるから。

 

マイルは国際線のアップグレードにも使えますが、

マイルで交換した「特典航空券」は、マイルでアップグレード不可能だし、

そもそもアップグレードできる予約クラスには制限が有ります

 

アップグレード可能なANA便の予約クラス

  • エコノミークラス:Y/E/B/M/U/G
  • ビジネスクラス:J/C/D/Z

アップグレード可能なスターアライアンス便の予約クラス

  • エコノミークラス:Y/B
  • ビジネスクラス:C/D

※エコノミー→ファーストのような2段階アップグレードは不可能

 

提携アライアンス(スターアライアンス)でも使えますが、

元々の予約クラスが高いので、結果的にコスパは悪くなるんだよね。

 

ちなみに、特典航空券ではプレミアムポイント(PP)が貯まりませんので、

SFC修行する人は気を付けて。

プレミアムポイントを貯めるなら、

マイル→SKYコインに交換してから航空券を購入する方法も有りますが、

マイル→SKYコインの換算レートが悪いので、あんま意味無いです。

 

そもそもANAマイルに交換する時点で、価値が90%となるので、

だったら、ポイントサイトのポイントは現金化して、

そのまま決済した方が良いんじゃないかと。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDやPolletも登場し、

例えば、ハピタスならPolletチャージでポイントも+0.5%増える。

クレジットカードと同じく使えるし、航空券も難なく購入できてます。

Pollet(ポレット)カードのメリット・デメリット。

 

ポイントサイトでポイントを貯めるのは大変だから。

ポイントサイトで月間20,000ポイントを貯めれば、

メトロポイント経由で毎月18,000マイル

18,000マイル×12カ月繰り返せば216,000マイルとなる。

確かに聞こえは良いですが、実際そんなに簡単に貯まりません。

 

ポイントサイトの高額案件って繰り返しできるものは無いのです。

定番のFX口座開設も、一定額以上の取引が必要だったり、

資料請求、保険相談、体験入学・・・個人情報を切り売りすると後で困ります。

アンケート、クリック・・・マイルの為にやり続けますか?

働いた方が早いし、興味が無いのに資料請求とかホント最悪だから。

 

私は職業柄、毎月数万〜十万ポイントは貯まるのですが、

誰よりもポイントサイトを利用して、買い物しまくっているからこその話。

楽天で+1%、Yahoo!ショッピングで+2%。日々のショッピングの積み重ね。

ポイントサイトでマイルを貯めるなら、

少しでもショッピングポイントが高い所を利用するってだけの話。

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。 

分散しても貯まらないし、悩むなら「ハピタス」。基本的に還元率が高いです。

ハピタスのメリット・デメリット。げん玉、モッピー、ポイントタウンとの比較。

 

ちなみに、貯まり過ぎた場合は、無理してマイルに交換しない方が得策。

月に2万ポイント以上交換しても、ソラチカルートは使えないので、

マイル換算率は超半減してしまいます。

そうなると翌月に繰り越すか、なんなら現金にした方が良い。

ハピタスポイントなら、毎月3万ポイント+Pollet30万円まで交換できますから。

KS003867

 

ソラチカカードのデメリットを理解する。

ポイントサイトは甘くないって事で、

続いて、ソラチカカード自体のデメリットについて。

 

ショッピング用の決済カードとして使うには、マイル還元率1.0%とイマイチ、

飛行機に乗ってポイントを貯めるにも、フライトボーナスが+10%と低い。

あくまで、ANAマイルへ効率よく交換する為のクレジットカードです。

 

ソラチカカードの基本スペック

  • 年会費2000円+税
  • マイル還元率1%(ANAマイル)
  • Okidokiポイント→ANAマイル移行手数料:年5,000円+税

ANAマイルボーナス

  • 入会ボーナス:1000マイル
  • 毎年継続ボーナス:1000マイル
  • フライトボーナス:+10%

メトロポイント還元率

  • 乗車ポイント(平日):1回乗車で5メトロポイント
  • 乗車ポイント(休日):1回乗車で15メトロポイント
  • 自販機:100円=1メトロポイント (還元率1.0%)
  • 店舗:200円=1メトロポイント(還元率0.5%)
  • 定期券:1000円=5メトロポイント(還元率0.5%)

 

ANAカードの微妙な点は、カード決済しても直接ANAマイルが貯まらないところ。

一旦カード会社のポイント(OkiDokiポイント)が貯まり、

それをANAマイルに交換するのに、年5000円+税の手数料も発生してしまう。

だったら、SPGアメックスのマイル還元率1.25%や、

LINE Pay→ソラチカ経由のマイル還元率1.62%の方が良いから。

 

ソラチカカードがANAカードとして微妙な点

  • ショッピングマイル還元率1.0%
  • カード決済ポイントのマイル交換に年5000円+税が必要。
  • 入会ボーナス、継続ボーナス1000マイル
  • フライトボーナスマイル×10%

 

陸マイラーにとって、ソラチカカードが必須なのであって、

ANA飛行機に乗る空マイラーは、ANAワイドカード以上の方が良い。

入会&継続ボーナス2000マイルだし、フライトボーナスも×25%

乗って貯めるフライトボーナスで考えるなら、

年会費7250円+税ANAワイドカードが一番コスパが良い。

 

ANAワイドカード(JCB)のスペック

  • 年会費7,250円+税
  • フライトボーナス×25%
  • 入会ボーナス、継続ボーナス2000マイル
  • Okidokiポイント→ANAマイル移行手数料:年5,000円+税

ANAワイドゴールドカード(JCB)のスペック

  • 年会費14,000円+税
  • フライトボーナス×25%
  • 入会ボーナス、継続ボーナス2000マイル
  • Okidokiポイント→ANAマイル移行手数料:無料

 

また、ポイント交換の為に、ソラチカカードを所持する注意点として、

ANAマイルに交換するまで、交換を繰り返すので、非常に時間がかかる。

例えば、ハピタスポイントの場合、最短でも約3~4カ月かかります。

 

ハピタスポイント→ANAマイル交換に必要な期間

  • ハピタス→ドットマネー:申請翌日から3営業日以内
  • ドットマネー→メトロポイント:約1カ月~2か月
  • メトロポイント→ANAマイル:約1カ月~2か月

 

あと、私の場合、ハピタスポイントも事業利益として計上しているので、

マイルに交換すると、経理上ややこしいことになる。

ポイント→ポイント→マイルの処理って意味分かんないから。

あまりにもポイント還元が多い人は、税理士さんと相談した方が良いかと。

 

最終的にソラチカカードを申し込んだ理由。

相変わらず、ウダウダ言っとりますが、

各種ポイントをANAマイルに交換する為に必要なカードなので、

ポイントサイトでマイルを貯めないなら、正直要らないカード。

 

一方、陸マイラーにとっては必須のカード。

LINE Payを使うにしろ、ポイントサイトを使うにしろ、

ANAマイルに高レートで交換したいなら、ソラチカカードを所持するしか無い。

 

私の場合、ANAカードは複数枚所持できるってのが申し込みの決め手でした。

発行ブランド or 提携ブランド(交通系カード)が異なれば複数所持OKだから。

 

同時に所持できるANAカード

  • ANA ToMe CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  • ANA JCB
  • ANA VISA
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA Master
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO Master
  • ANA アメリカンエキスプレス
  • ANA ダイナースカード

 

ポイント→ANAマイル交換目的でソラチカカード所持して、

フライトボーナスの為にワイドカード所持するってのは、全然問題無いワケ。

 

更に、継続ボーナスマイルは、カード毎に付与されるので、

ソラチカで年会費2000円払って、

継続ボーナスが毎年1000マイル貰えるなら悪く無い。

1マイル≒2円の価値なら、1000マイル≒2000円ですからね。

※入会ボーナスマイルとフライトボーナスマイルは、重複付与されません

現金よりも、マイル派なら悪く無いんじゃないかな。

 

税金でもANAマイルを貯めるなら、ANAカードを使うしか無いです。

アメックスは、還元率が半減しちゃいますからね。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。