仮想通貨取引所は多く有りますが、

従来の証券会社やFXサービスに比べると、

発展途上ゆえに、取引所毎に内容も違い、

取引できる仮想通貨の種類も大きく異なりました。

 

仮想通貨を取引するなら、どこの取引所を使うべきなのか?

同じ仮想通貨でも、取引所により取引価格は全然違うし、

手数料もやっぱり異なりましたので、まとめておきます。

主に私が使ってる仮想通貨取引所のデータです。

 

※当記事は、個人的な見解が多く含まれます。

仮想通貨は、相場も情報も変動が激しいです。

ギャンブル的要素も高いと思ってますので、

自己責任にて、くれぐれも参考までに宜しくお願い致します。

金融庁登録済み仮想通貨交換業者。

2017年4月1日に改正資金決済法が施行となり、

日本で仮想通貨交換業を行う場合は、金融庁への申請が必須となりました。

仮想通貨交換業者に関する内閣府令

登録済み仮想通貨交換業者の取引所

  • bitFlyer(ビットフライヤー):株式会社bitFlyer
  • Zaif(ザイフ):テックビューロ株式会社
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ):QUOINE株式会社
  • bitbank.cc(ビットバンク):ビットバンク株式会社
  • Bit Trade(ビットトレード):ビットトレード株式会社
  • BITPoint(ビットポイント):株式会社ビットポイントジャパン
  • BtcBOX:BTCボックス株式会社
  • GMOコイン:GMOコイン株式会社
  • DMM Bitcoin:株式会社DMM Bitcoin
  • FISCO仮想通貨取引所:株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • Bit Gate:エフ・ティ・ティ株式会社
  • Xtheta(シータ):株式会社Xtheta
  • BITOCEAN:株式会社BITOCEAN
  • ARG(アルゴ):株式会社ビットアルゴ取引所東京

みなし仮想通貨交換業者(登録申請中)の取引所

  • coincheck(コインチェック):コインチェック株式会社
  • みんなのビットコイン:トレイダーズホールディングス
  • Kraken

※参考→仮想通貨交換業者登録一覧

国内大手取引所で有名なのが、ビットフライヤーコインチェックザイフの3つ。

アジア最大級の取引所コインエクスチェンジが、

日本でもシェアを伸ばしてきているといったところでしょうか。

 

既に、仮想通貨交換業者として登録されており、

今後サービス開始予定のサービスは、

マネーパートナーズ株式会社、SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社。

2018年1月現在、コインチェックは未だに仮想通貨交換業者として登録されていません。

 

利用者が多い仮想通貨取引所。取引高と資本金。

金融庁の認可が有るから安心というワケでもなく、

認可が有っても、賑わってなければ意味がない。

人が居なければ、相場は安定せず、板も薄く、注文も通りません。

 

仮想通貨といえばビットコイン。ビットコインの取引高が一つの目安。

仮想通貨の価値って、結局のところBitcoinに帰依するとも思ってます。

国内仮想通貨取引所のBTC取引高ランキング ※2017年12月時点

  1. bitFlyer:5,005,717 BTC
  2. coincheck:1,826,778 BTC
  3. QUOINEX:335,587 BTC
  4. Zaif:276,986 BTC
  5. BtcBOX:250,513 BTC
  6. bitbank.cc:7,641 BTC
  7. Kraken:446 BTC

月次取引高 – 国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

仮想通貨時価総額※2018年1月16日現在

  1. ビットコイン:約265,503億円
  2. イーサリアム:約142,826億円
  3. リップル:約78,431億円
  4. ビットコインキャッシュ:約45,848億円
  5. カルダノ:約24,068億円

Market Overview – CoinCheckup – The crypto research platform

国内ではビットフライヤーコインチェックの取引高が圧倒的に多く、

次いでコインエクスチェンジという感じ。

直近では、コインチェックの取引高の方が、ビットフライヤーよりも高い印象。

※参考1→ビットコイン/Bitcoin (BTC) 取引所サイトの一覧 | CoinGecko

※参考2→ビットコイン/円 リアルタイムレート・チャート|みんなの仮想通貨

 

信頼という点で、資本金も一つの数値として挙げときます。

国内仮想通貨取引所の資本金ランキング

  1. BITPoint :44億3,000万円
  2. bitFlyer:41 億 238 万円
  3. QUOINEX:約20億円
  4. GMOコイン:17.58億円
  5. DMM Bitcoin:12億9000万円
  6. bitbank:11億3100万円
  7. Zaif:8億3013万円
  8. Kraken:500万USドル
  9. フィスコ仮想通貨取引所:3億8,706万円
  10. BtcBOX:2億2516万円
  11. coincheck:9200万円
  12. Bit Trade:5100万円
  13. みんなのビットコイン:3000万円

コインチェックの資本金額は、他社に比べると圧倒的に低いですね。

あくまで資本金なので・・・参考までに。

 

取扱い仮想通貨(アルトコイン)の比較。

ビットコイン以外でも取引できる仮想通貨(アルトコイン)。

日本の取引所でも、多くのアルトコインが売買されてます。

3~4桁アルファベットの略称、メジャーなのは覚えた方が良いです。

 

日本の仮想通貨取引所で取引できる主な通貨の略称

  • BTC=Bitcoin(ビットコイン)
  • ETH=Ethereum(イーサリアム)
  • ETC=Eherreum Classic(イーサリアム・クラシック)
  • LSK=LISK(リスク)
  • XEM=NEM(ネム)
  • XRP=Ripple(リップル)
  • LTC=Litecoin(ライトコイン)
  • FCT=Factom(ファクトム)
  • XMR=Monero(モネロ)
  • REP=Augur(オーガ)
  • ZEC=Zcash(ジーキャッシュ)
  • BCH=Bitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ)
  • DASH=Dash(ダッシュ)
  • MONA=Mona(モナコイン)

 

仮想通貨取引所は多く有れども、一番の違いは取引できるアルトコインの数。

手数料云々の前に、取引できないと意味が無いから。

 

仮想通貨取引所で取引可能な仮想通貨(アルトコイン&トークン)

bitFlyer coincheck Zaif QUOINEX Bitbank BITPoint GMO DMM
BTC
ETH
ETC × 予定 × × ×
LSK × × × × × ×
XEM × 予定 × × ×
XRP × × 予定
LTC × 予定
FCT × × × × × × ×
XMR × × × × × × ×
REP × × × × × × ×
ZEC × × × × × × ×
BCH ×
DASH × × × × × × ×
MONA × × × × ×
トークン × × 9種類 QASH × × × ×

 

取扱い通貨が有るとはいえ、手数料の高い「販売所」から購入していては意味が無い。

「仮想通貨取引所」という名称ですが、

実際は、「販売所」がメインとなっている仮想通貨取引所ばかりです。

 

取引所と販売所の取扱通貨比較

取引所 販売所
bitFlyer BTCのみ BTC、ETH、ETC、LSK、LTC、MONA
coincheck BTCのみ BTC、ETH、ETC、LSK、
XEM、XRP、LTC、FCT、
XMR、REP、ZEC、BCH、DASH
Zaif BTCETHXEMBCHMONA各種トークン BTC、MONAのみ
QUOINEX BTCETH、ETC(予定)、XEM(予定)、
XRP、LTC(予定)BCHQASH
BTC、ETH、ETC(予定)、XEM(予定)、
XRP、LTC(予定)BCH、QASH
Bitbank.cc BTCETHXRPLTCBCHMONA 無し
BITPoint BTCETH、XRP(予定)、LTCBCH 無し
GMO 無し BTC、ETH、XRP、LTC、BCH
DMM 現物取引はBTCETHのみ 無し

※ZAIFでは販売所=簡単売買、QUOINEXでは販売所=スピード注文

 

国内の多くの取引所では、アルトコインは「販売所」での取扱いがメイン。

販売所は手数料も高く、スプレッド差も大きい。

日本の主要取引所bitFlyercoincheckが有名ですが、ビットコイン以外は割高です。

 

Zaifは取引所メインで手数料も格安。

Zaifだけで扱ってるトークンも豊富なんですが、

ちょっと対応が遅かったりと、色々と不安な点も多い。

 

QUOINEXは、QASHトークンだけでなく、2018年1月にXRP(リップル)も追加、

今後は、ネム、ライトコインも追加される予定。

となると・・・日本の3大取引所(bitFlyer、coincheck、Zaif)も危ういんじゃないかな。

QUOINEXは、日本でこそ金融庁の規制で、アルトコインの展開も遅れてますが、

世界最大級の取引所、仮想通貨の流通量も多いですから。

 

現物取引手数料の比較。

ユーザー間同士で取引する「取引所」なら、

販売所よりも良いレート(スプレッド)で仮想通貨を購入する事ができる。

ただ、取引所によっては、別途取引手数料も発生します。

 

仮想通貨取引所の現物取引手数料

取引所 現物取引手数料 取扱通貨
bitFlyer 0.01%~0.15% BTC
coincheck 無料 BTC
Zaif -0.01%~0.3% BTC、ETH、XEM、BCH、MONA、各種トークン
QUOINEX 無料 BTC、ETH、ETC(予定)、XEM(予定)、
XRP(予定)、LTC(予定)BCH
Bitbank.cc 無料 ※キャンペーン BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、MONA
BITPoint 無料 BTC、ETH、XRP(予定)、LTC(予定)、BCH
GMOコイン 無し 取引所無し
DMM Bitcoin 無料 現物取引はBTC、ETHのみ

※ZaifはBTCのみ取引手数料がマイナスとなってます。

 

実際のところ、売り板と買い板にはスプレッド(売買価格差)が有り、

スプレッドには手数料も含まれているというのも否めない。

取引所毎にスプレッド差も異なり、取引相場も大きく異なります。

よって、仮想通貨を安く購入するという点で、取引手数料って全然アテになりません

BTC/JPYでレート良く売買したいなら、

その時々で取引所毎のレート比較し、その都度確認した方が確実です。

※後述します。

 

信用取引手数料(証拠金取引手数料)&レバレッジの比較。

現物保有せず、相場変動で差益を出すならレバレッジ手数料も関係してくる。

私はゴリゴリレバレッジを効かせてまで取引はしませんが、

各取引所に分散して資金を入れるとなると、

レバレッジも使わないと資金が足りない、間に合わない場合も多々あるから。

 

仮想通貨取引所のレバレッジ倍率&ロスカット割合

取引所 金利/1日 レバレッジ倍率 ロスカット
bitFlyer 0.04% 15倍 50%未満
coincheck 買0.04%
売0.05%
5倍 50%未満
Zaif 0.039%
利益手数料0.7%
7.77倍 30%未満
QUOINEX 0.05% 25倍 110%未満
Bitbank.cc 不可
BITPoint 0.035% 25倍 100%未満
GMOコイン 0.05% 25倍 75%未満
DMM Bitcoin 0.04% 固定5倍 80%未満

 

私は、アービトラージ(裁定取引)狙いで、両建て決済もやるので、

限られた資金で回したい。証拠金は抑えて、金利も低い方が有り難い。

仮想通貨で裁定取引(アービトラージ)に挑戦してみた。

 

仮想通貨でレバレッジ取引するなら、

レバレッジ倍率が高くて、ロスカット割合が低い方が良い。

値動きが激しいから、証拠金は多めに入れて。

強制ロスカットになっちゃったら、マジでシャレにならないから。

 

下げ相場では、空売りで参加もしたいので、

やっぱり、なんだかんだでレバレッジ取引は使うっていう。

XEMが空売りできるDMM Bitcoinを使ってみたかったんだけど・・・

法人口座が開設できないのが残念っていう。

法人口座を開設できる仮想通貨取引所に全力で申し込んでみた。

まぁ、下がる時は全部下がると思っているので、

ビットコインの空売りさえできればOK。アルトコインで空売りとか怖すぎる。

 

日本円の入出金手数料を比較。

どこの取引所でも入金手数料は、銀行の振込手数料のみ実費負担となってます。

取引所の振込先は「住信SBIネット銀行」対応が多いので、

私は、住信SBIネット銀行を仮想通貨用口座として使ってます。

 

住信SBIネット銀行は、同行間の振込なら手数料無料だし、

他金融機関へ振込する場合でも、手数料が最安で振り込めます。

ネットバンク最強「住信SBIネット銀行」のメリット・デメリット。

 

取引所への入金手数料は無料ですが、

取引所から日本円を出金する場合、手数料が取られる取引所が多いです。

 

仮想通貨取引所の日本円出金手数料(銀行振込)

取引所 出金手数料
bitFlyer 3万円未満:三井住友銀行216円、それ以外432円
3万円以上:三井住友銀行432円、それ以外756円
coincheck 400円
Zaif 50万円未満の場合:350円
50万円以上出金の場合:756円
QUOINEX 500円+銀行振込手数料
Bitbank.cc 3万円未満:540円
3万円以上:756円
BITPoint 銀行手数料実費分のみ
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料

 

少ない金額で取引する人ほど、出金手数料の割合は大きくなる。

軽く遊びたい人は、出金手数料無料の方が良いでしょうけど、

GMOコインDMM Bitcoinは、その分スプレッドで取られてる気がします。

 

仮想通貨の送金手数料&受取手数料の比較。

仮想通貨の取引ベースとなるビットコイン。

JPY出金よりも、BTC送金する頻度の方が高いです。

JPY出金同様、BTCの受け取りには基本的に手数料は発生しません。

※コインチェックは、BTC高速入金は手数料0.002BTC

 

一方、BTC送金する場合は、手数料が発生する取引所が多く、

送金手数料は、取引所により異なります。

 

仮想通貨取引所のBTC送金手数料

取引所 出金手数料
bitFlyer 0.0008 BTC
coincheck 0.001 BTC
Zaif 0.0005 BTC
QUOINEX 無料
Bitbank.cc 0.001 BTC
BITPoint 無料
GMOコイン 不可
DMM Bitcoin 無料

※ビットフライヤーは一時期、送金手数料が0.0015BTCに上昇してました。

 

ビットコインは送金完了に小一時間かかるし、

トランザクションが混雑すれば、送金詰まりも起こしがち。

他の取引所に送金するなら、イーサリアムやリップルって方法も有る。

 

仮想通貨取引所のETH送金手数料

取引所 出金手数料
bitFlyer
coincheck 0.01 ETH
Zaif 0.01 ETH
QUOINEX 無料
Bitbank.cc 0.0005 ETH
BITPoint 無料
GMOコイン 不可
DMM Bitcoin 無料

仮想通貨取引所のXRP送金手数料

取引所 出金手数料
bitFlyer
coincheck 0.15 XRP
Zaif 不可
QUOINEX 現状不可
Bitbank.cc 0.15 XRP
BITPoint 現状不可
GMOコイン 不可
DMM Bitcoin 不可

 

ただ、ETHやXRPは送金するのが早いとはいえ、

取引所側の送金手続きに時間がかかる場合も有ります。

 

例えば、QUOINEXでは仮想通貨送金手続きに約2営業日かかると明記されてます。

依頼日から約2営業日かかります。

仮想通貨の出金について – QUOINEX Japan

実際、BTC送金したところ半日くらいで送金完了しましたけど。

 

仮想通貨を安く手に入れるには。

基本的には、販売所よりも取引所が安いけど、

取引価格は取引所毎に大きく異なり、相場価格差も激しいです。

仮想通貨は、株やFXと違うって事。

 

例えば、ビットコインの相場。

この時(2018年1月15日)は、

国内取引所だけで比べても約5万円の差額が有りました。

2018-01-12_15h53_01

※参考→Bitcoin相場 in 日本

 

BTCを買って保有しとくなり、送金するつもりなら、

BTCの価格が安いところで買った方が良いわけ。

価格差が有れば、アービトラージするだけで十分利益も獲れます。

仮想通貨で裁定取引(アービトラージ)に挑戦してみた。

 

ただ、仮想通貨を同じ取引所で売買して利益を出すつもりなら、

取引所内での、スプレッドだけ気にすれば良いんじゃないかと。

 

取引所毎に、スプレッド差は有りますが、

スプレッド差の大きい「販売所」では購入せず、

「取引所」で売買しておけば、そこまで取引で不利って事は無いハズ。

BTC取引所の売買スプレッド差は、どこも大差無いと思ってます。

Bitcoin相場 in 日本

 

実際のところ、仮想通貨は値動きが激しいので、

各取引所、スプレッドの変動も激しいし、

そもそも、BTC以外のアルトコインとなると、

取引できる仮想通貨取引所も限られ、板も薄くなります。

 

価格変動が激しい時は、スプレッド差も広がるし、

需要と供給が釣り合わないと、取引も成立しませんので、

なるべく流通量、取引量が多い取引所を使うに越した事はない。

価格が上がっても、約定しないと意味も無いし、

価格が下がって、損切れないと悲惨です。

 

例えば、XRPが「取引所」で売買できるのはbitbank.ccくらいしかない。

※XRPは、QUOINEXやBIT Pointでも上場予定

 

じゃあ、リップルをbitbank.ccで買うかって言ったら、

そういうわけでもなく。

結局のところ、微々たる手数料よりも、

仮想通貨では上がるか下がるかの方が、重要なわけ。

販売所は手数料が高いけど、

コインチェックで手軽に買える方を選ぶ人も多いでしょう。

やっぱり、アルトコインの爆上がりに期待しちゃうよね。

 

海外の仮想通貨取引所は手数料も安いけど。

日本の取引所は手数料も高く、スプレッド差も大きいので、

手数料安く取引したいなら、海外取引所という選択も有ります。

 

国内取引所で購入したBTCを、海外取引所へ送付、

海外取引所へ移動したBTCで、アルトコインや草コインを購入するという流れ。

 

  1. 国内取引所へ日本円入金→BTC購入
  2. 国内取引所からBTC送金→海外取引所BTC受取
  3. 海外取引所のBTCでアルトコイン購入。

 

海外取引所を利用するには、国内取引所で仮想通貨を買う必要が有るし、

流れ的に、BTCベースで通貨価値も考えるようにもなるかと思ってます。

 

私は、日本で生活をする都合、円換算、円建てベースの考え方が、

色々と都合が良いと思っており、

海外取引所は、手数料以上のリスクも有るとも感じてます。

 

金融庁認可の国内仮想通貨取引所しか利用しない。

最後に、何の為に仮想通貨取引をするか?

ってのは考えておいた方が良いんじゃないかと。

BTC枚数を増やしたいのか?日本円を増やしたいのか?では、

選ぶ仮想通貨取引所も変わってきます。

 

仮想通貨の価値については、様々な意見が有るとは思いますが、

私は、日本に生活基盤が有りますので、

日本円を増やす為、日本のルールに則って取引をしたいと思ってます。

 

仮想通貨取引において、一番懸念している点は税金。

仮想通貨取引において、いくら利益が出ようとも、

最終的に、法定通貨(Fiat)に戻せなければ意味が無いし、

法定通貨に戻せば、必ず課税されるのも既に確定事項。

 

そもそも儲かった、儲からないって話も、日本円基準は変えられない。

仮想通貨取引をしていると、ビットコインベースで考えがちですが、

BTC枚数が増えたところで、BTCのままでは税金も払えませんし、

なにより、年に1度は確定申告もしなければいけません

日本円を増やす為に取引してるなら、BTC枚数を増やしても意味無いから。

仮想通貨の税金対策と節税方法。私が法人で仮想通貨を取引する理由。

それを含め、私は法人で取引する事を決めております。

法人口座を開設できる仮想通貨取引所に全力で申し込んでみた。

 

仮想通貨はまだまだ仮想の段階。法定通貨に比べると利用先は・・・皆無。

BTCやThether(USDT)で保有し続けるのも、リスク有る行動だと思ってます。

 

多くの人が海外取引所を使っている中で、

私は、海外取引所に大金を預ける勇気は有りません。

金融庁に登録が無いから違法・・・というよりも、利用者も保護されない。

外国語対応、ハッキング、フィッシング、海外国での仮想通貨への法規制・・・

個人的には、パスポート情報を提出するってのも、非常に抵抗が有ります。

 

海外取引所が潰れるリスク。

もちろん、日本の取引所だって潰れるリスクは有ります。

取引所に大金預けっぱなしってのも気を付けましょう。

 

リスクをを取らなきゃ利益は獲れませんが、

仮想通貨は戻りが大きい分、リスクが非常に高い事もお忘れなく。

仮想通貨って時点でリスク、海外取引所なら尚更リスクも高い。

草コインで一発逆転・・・私は狙いません。

アービトラージでコツコツ稼ぐくらいが、ちょうど良いんじゃないかと。

仮想通貨で裁定取引(アービトラージ)に挑戦してみた。

欲が出てきた時が辞め時。

欲だらけの自分への戒めです。