仮想通貨取引が多くなればなるほど気付く、

仮想通貨の相場価格なんて、合ってないようなモノ。

国内外で価格は全然違うし、日本の取引所同士でも価格差がある始末。

 

2018年、仮想通貨という言葉を当たり前にテレビで聞くようになりましたが、

やっている人はまだまだごく一部。

そして仮想通貨は、まだまだ未発達市場。

同じ通貨なのに、取引所間の価格差も大きいです。

 

仮想通貨の送金手数料、出金手数料を調べれば調べるほどに、

なんだか、BTC転売するだけでもイケそうな気がしましたので・・・

日本の仮想通貨取引所。取扱い通貨と手数料の比較。

実際に、仮想通貨のアービトラージ(裁定取引)をやってみました。

具体的な投入金額と共にお楽しみ頂ければ幸い。

必ず儲かるなんてことは無いので、自己責任にてご活用下さい。

仮想通貨取引所口座を一通り用意する。

「安いところで買って、高いところで売る」だけなんですが、

取引所の価格差を見つけても、

売買する為の口座を所持して無ければ意味が有いし、

比較できる取引所口座は多いに越した事はない。

 

私は法人にて仮想通貨運用しているので、

法人口座開設できるところは一通り口座開設してます。

法人口座を開設できる仮想通貨取引所に全力で申し込んでみた。

 

日本の取引所間でサヤ取りするとなると、ビットコインがメインになります。

現物取引できるのが、ビットコインだけってとこも多いし、

アルトコインは、スプレッド差も大きく、板も薄いからね。

 

BTC現物取引ができる仮想通貨交換所

 

GMOコインは、販売所しかないので除外。

BTCの取引量が多い順に挙げると、

コインチェックビットフライヤーコインエクスチェンジは必須。

ザイフは遅いし、注文が通らないと意味無いので・・・まぁ上手く使って下さい。

アービトラージは、送金、出金と、時間との勝負。

 

今後、どこの取引所から、新しい通貨が上場するかも分からないし、

とりえず口座用意しておくっていう作戦は、有りなんじゃないかと。

 

仮想通貨取引所間の価格差を把握する。

アービトラージをする前に、どこが高くてどこが安いのか?

リアルタイムで同時比較する必要が有ります。

取引所口座のトレード画面を開いておけば、

取引所毎の価格差は分かるのですが・・・

イチイチ確認するのは面倒ってことで、

各取引所の取引レートは、様々なサイト一括比較してくれてます。

Bitcoin相場 in 日本

 

例えば、「みんなの仮想通貨」では、最適なアービトラージ方法まで記載してくれてます。

2018-01-20_10h32_53

※参考→ビットコイン/円 リアルタイムレート・チャート|みんなの仮想通貨

 

適当に確認してみても、常時1万円くらいの価格差は有るのですが・・・

たまに数万円の価格差となるわけです。以下の時は、約5~6万円の差額でした。

差額58794円

※参考→Bitcoin相場 in 日本

 

こんなに差額が有って良いのだろうか?

というわけで、差額を埋めるために実際にやってみます。

 

アービトラージを実際にやってみた。具体的な流れと結果。

アービトラージは、安い取引所で買って、

高い取引所で売るってのが、一番分かりやすい方法。

 

ただ、実際のところ、ビットコインを送金するには時間もかかるし、

仮想通貨は相場の変動も激しいです。

送金が完了するまでに、価格差が出る事も多いので、

空売りを用いて、両建て(クロス取引)する方法のが確実でした。

 

アービトラージで利益を得る為の具体的な方法

  • 安い取引所で買って送金、高い取引所で売る。
  • 安い取引所で買うと同時に高い取引所で空売り→送金後に同時決済。

 

両方やってみましたので、具体的なやり方&金額とともに説明します。

 

安い取引所で買って、高い取引所へ送金して売却してみた。

2018年1月15日のある時刻の取引所の相場。

差額が約4万円前後ある事に気づきます。

2018-01-21_17h35_23

実際に、コインチェックの板情報を確認。

2018-01-21_17h34_02

コインエクスチェンジの板情報も確認。

2018-01-21_17h33_52

確かに約4万円の開きがありましたので、早速アービトラージやります。

住信SBIネット銀行→QUOINEX→coincheck→住信SBIネット銀行という流れです。

 

住信SBIネット銀行から、QUOINEXへ日本円入金。

QUOINEXの入金口座は、住信SBIネット銀行なので振込手数料無料

※法人口座の場合は手数料51円

2018-01-15_08h13_18

 

午前8時に銀行振込手続き→QUOINEXの入金確認が午前11時頃。

QUOINEXでビットコイン購入、

BTC/JPYの購入レートが1,659,332円でした。

2018-01-21_17h42_09

 

QUOINEXで購入したビットコインを、

ビットコイン相場が高い、コインチェックとビットフライヤーに送金します。

午前11時半ごろ、coincheckへ0.1BTC送金。

2018-01-15_11h31_48

試しに、bitFlyerにも0.1BTC送金。

2018-01-15_11h37_45

QUOINEXでは、仮想通貨の送金手数料は無料です。

 

・・・約半日後。

午後8時46分、QUOINEXでのBTC出金処理完了のメールが届く。

午後8時59分、bitFlyerでのBTC入金処理完了。

コインチェックでは、入金メールが無かったので、

正確な着金時間は謎ですが、ビットフライヤーで確認できた時には、

コインチェックも既に入金済みとなってました。

 

この時は、買ったタイミングより、

売る時の方が約4000円くらいBTC/JPYの価格は低くなっちゃったんだけど・・・

2018-01-21_17h56_33

取引所の価格差の方が大きかったんで、結果的にプラスになりました。

 

コインチェックでの約定レート1,692,700円(+33,368円)

2018-01-21_18h58_35

ビットフライヤーでの約定レート1,692,945円(+33,613円)

2018-01-21_19h02_32

今回は0.1BTCしか取引してないので、利益額は上記の10分の1ですけど。

 

ビットフライヤーの取引所では、取引手数料が取られ、

手数料を考慮した金額で、BTC売却数量指定しないといけませんでした。

日本の仮想通貨取引所。取扱い通貨と手数料の比較。

 

ビットフライヤーのビットコイン売買手数料は0.15%なので、

0.1BTCで0.00015BTCという計算・・・0.09985BTCの売却となりました。

2018-01-21_17h53_03

BTC0.09985交換→取引手数料が0.00014977BTC

口座残高に0.00000023BTCの余りが出てしまいました。

2018-01-22_06h57_00

 

最終的に、0.1BTC送金した合計利益は、どちらも約3000円といったところ。

  • bitFlyerは、0.1BTCの取引で、165,951円→169,041円=3,090円の利益
  • coincheckは、0.1BTCの取引で、165,951円→169,270円=3,319円の利益

 

ここから銀行口座へ出金する場合は、出金手数料も発生します。

  • bitFlyerの出金手数料:756円(三井住友銀行は432円
  • coincheckの出金手数料:400円

0.1BTCくらいのアービトラージでは、大した利益にはなりませんね。

 

QUOINEXの送金手続きに時間がかかるのは、想定外でした。

実際のところ、半日で処理完了したから良かったけど、

最大2営業日かかるという事を忘れずに。

 

安い取引所で買って、高い取引所へ送金して失敗したパターン。

0.2BTCで約6000円の利益が出たので、

続けて1.0BTCに金額を増やしてやってみました。

 

QUOINEXでビットコイン購入、BTC/JPYの購入レートが1,652,157円

2018-01-21_19h31_49

 

QUOINEXで購入したビットコインを、

ビットコイン相場が高い、コインチェックへ1BTC送金。午後9時半ごろ。

2018-01-15_21h26_40

 

翌日の午前10時過ぎ、QUOINEXでのBTC出金処理完了メール。

その約30分後に、coincheck側で入金反映されてました。

 

早速、BTC売却・・・で、成行注文して気付いた、

昨日の相場からBTC価格が暴落していることを。

全ての取引所で前日マイナス約5万円となってました。

2018-01-21_19h42_44

 

BTC/JPYレート1,643,002~1,645,541円で成約→最終金額1,643,693円

2018-01-21_19h34_10

1,652,157円1,643,693円8464円の赤字です。

 

約4万円差額があったから、下がっても利益がでるとナメテました。

仮想通貨は1日10万円くらい余裕で変動しますからね。

BTC価格が上がれば、更に美味しかったんですが・・・

下がり相場では特に、気をけましょう。

 

買いと同時に空売り。クロス取引(両建て)してみた。

安い取引所でBTCを買い注文する同時に、

高い方の取引所でBTCを売り注文(空売り)する。

 

同一のBTC枚数で、同時にクロス取引を成立させれば、

送金タイムラグによる価格変動リスクも、最小限に抑える事が可能です。

実際、前回はBTC送金時間による価格変動で損しましたからね。

 

高い方(コインチェック)では、空売り(信用取引)をするので、

レバレッジ用の証拠金へと資金を移動しておきます。

コインチェックでは、レバレッジ5倍。

送金するBTC枚数にもよりますが、急騰に備え多めに証拠金を入れておく。

2018-01-21_19h54_00

ギリギリの証拠金でロスカットされたら意味無いから。

 

前日比でBTC価格は大幅に下がったとはいえ、

この日も取引所間の差額は約3~4万円と未だ開きのある状態。

コインチェックで、売1,645,763円前後

2018-01-21_20h14_19

コインエクスチェンジで、買1,609,194円前後

2018-01-21_20h06_41

スプレッド含めても、まだまだ余裕で利益が出そうです。

 

コインエクスチェンジで、1,610,083円でBTCを現物購入。

2018-01-21_20h09_07

・・・と同時に、

コインチェックで1,645,676円の空売り注文。

2018-01-21_20h15_19

両建てが成立した時点での価格差35,593円

 

後は、コインエクスチェンジのBTCをコインチェックへ送金。

コインチェックへBTC送金が完了したら、買いと売りの同時決済をする。

 

コインエクスチェンジ買1,610,083円

→コインチェック売1643001円~1643197円+32,918円~33,114円

2018-01-21_20h28_55

空売りの方を決済したところ、相場変動による含み損は-1677円

2018-01-21_20h04_33

証拠金取引の都合、空売り手数料が発生しますが、

コインチェックでは、1日あたり0.05%と微々たるもの。

 

コインチェックのスワップ手数料

  • 新規約定時:取引約定数量(BTC) × 0.05 %
  • 繰り越し時(新規約定時から24時間毎):取引約定数量(BTC) × 0.05 %

 

成行注文での売買スプレッド差とタイムラグで、

1BTCあたり約3.3万円の利益といったところ。

BTC枚数が多ければ多いほど・・・ね。

銀行への出金手数料(400円)を含めても、全然利益出たでしょう。

 

ちなみに、ビットフライヤーは空売りには不向き。

bitFlyer Lightning FX(証拠金取引)は、取引所も異なり、

現物取引とは相場の動き方も全く違います

FXと現物の価格差15万越えって・・・

2018-01-17_06h55_51

ザイフの場合も、色々と対応が遅く、そもそも注文が通らない恐れもあるので・・・

空売りするなら、やっぱコインチェックが確実だね。

 

仮想通貨アービトラージの注意点。デメリット。

あっちで買って、こっちで買えば、ぼろ儲かるぅー。

なんて、最初はテンション上がりましたが、

そう簡単な話でも有りませんでしたので、注意点も上げておきます。

 

当たり前に約定すると思わない方が良い。

BTC送金だけで利益出すなら、悪くはないんですが、

両建てするとなると、更に手数料が発生するし。

クロス取引で同時決済って言っても、微妙にタイミングがズレますからね。

 

即刻売りたくて、板より低めの金額で指定しても、

約定拒否される・・・ザイフとか。

暴騰時や暴落時は、価格差は広がりがちですが、注文も通りづらくなります。

暴騰・暴落で激混み、サーバーダウンとかも、

よくありましたからね・・・ザイフとかとか。

 

アービトラージするなら、BTC取引高が多い取引所を使う。

コインチェック、ビットフライヤー、コインエクスチェンジを使う。

BTC板の枚数が少ないと、1枚売るのも意外と大変っていう。

 

売りたくても、買い需要がなければスプレッド差は広がるし、

成り行き注文なら、BTC枚数が多いほど、売却レートもズレます。

正直、大金を用意する手間と、両建て手数料を考えると、

価格差1万円くらいでは、あんまり美味しくないです。

 

BTC送金には時間が必要。

取引所同士で、BTC送金が即時完了すれば苦労は無いのですが、

BTC送金には、多少なりとも時間がかかるって事。

 

ビットコインの送金は、そこまで遅くないんだけど、

仮想通貨の値動きが激し過ぎるって方が問題。

ビットコインは、他のアルトコインに比べ値動きも安定している方。

それでも、1日数万円変わることはザラです。

最近も、暴騰、暴落が続いてますからね。

 

ビットコインの送金時間は、

コインチェックで3confirmation、通常だと約30分程度で完了します。

ビットコインの入金にはいくつの承認 ( confirmation ) が必要ですか?

coincheckでは現在 3 confirmations が必要となっております。

そのため、入金の際には約30分ほどお時間がかかります。

ビットコインの入金にはいくつの承認 ( confirmation ) が必要ですか? | coincheck よくある質問

 

別途、料金を払う事により、即時入金反映も可能ですが・・・

 

ビットコイン高速入金

ビットコインの入金には、通常 3 confirmations が必要で、約30分かかりますが、0.002 BTCを支払うことにより 0 confirmations でも入金することが可能です。

ビットコイン高速入金 | Coincheck(コインチェック)

 

そもそも、送金する取引所側で、送金完了するにも時間が必要っていう。

QUOINEX依頼日から2営業日かかります。

 

取引数が多くなると、送金詰まりも起こすから。

やはり、暴騰・暴落時は注意です。

 

少ない金額だと意味が無い。大金が複数口座に必要。

アービトラージは、安くなったところで買って、

高くなったところで売るという事。

安くなった時点で、安くなった取引所口座に資金が入ってないと買えないし、

クロス取引する場合は、高くなってる取引所口座にも証拠金も必要になります。

 

いつどこで価格差が出るか分からないから、

複数口座に資金投入。資金もそれなりに必要っていう。

 

金融機関から振込する場合だと、入金反映までに小一時間かかるし、

1日振込限度額や、1カ月振込限度額もある。

例えば、住信SBIネット銀行は、1日1000万円の振込が限界でした。

※1000万円以上は書類にて申込みが必要。

 

アービトラージ後は、取引所間で資金も大きく偏りがち。

コインチェックは出金に1~2営業日必要だし、

高い取引所→再び安い方の取引所へ入金って、短期間で何度もできないから。

大きく利益を出したいなら、やっぱり資金は必要なんだなって。

 

実際のところ、2~3個の取引所に目星をつけて、

資金を投入しておくのが無難です。

コインチェック、コインエクスチェンジ、ビットフライヤーの3つに絞って。

ビットフライヤーは買い専門だけど。

 

焦って手続きミスするリスク。大金を動かすリスク。

アービトラージって、時間に追われる作業。

焦っちゃってミスするし、慣れちゃってもミスする。

同じようにやったつもりでも、振込口座ミス、

売り買い発注ミスしたり、数量ミスしたりする。

BTC送金アドレス入力ミスしたらヤバい、最悪資金もぶっ飛びます。

送金手続き処理後は、キャンセルもできませんので、ホント気を付けて。

 

大量の資金を動かす為に、大量の資金を取引所に預けるリスクも有る。

セキュリティ対策も、2段階認証だけでは不安です。

直近の相場で不安なのが、

資金回収できなくて、取引所も潰れるんじゃないかっていう。

まぁ、リスクあるからお互い儲かるんでしょうけど。

 

仮想通貨取引に慣れる為にもアービトラージ。

仮想通貨を移動するだけで利益を出せるっては、やはり法定通貨と違うところ。

もちろん確実に儲かるわけでは有りませんが、

価格の上昇や下降に賭ける事に比べたら、アービトラージは確実な取引。

価格差がある時にサヤ取る。

チャンスがある時の為に準備をしておくだけ。

上昇、下降で利益を出す為にも、知っておいた方が価格差分だけ得もします。

 

実際、アービトラージして良かったのが、

仮想通貨の送金や売買にも慣れた事。

どうやって、売るのか?どうやって、買うのか?

取引所間で操作画面、操作方法も異なるし、

取引所毎に手数料も全然違いましたから。

日本の仮想通貨取引所。取扱い通貨と手数料の比較。

 

仮想通貨は、爆上がりに期待するギャンブル。

大幅な価格変動時は、思ったように売れない事も気付けましたし、

取引所によって、注文の通りやすさも違うって事も理解できました。

空売りとか、ホント注文通ってないと怖いよ。

 

使うならユーザー数、取引高が大きい取引所。

大手の仮想通貨取引所は、法人でも取引できますから。

法人口座を開設できる仮想通貨取引所に全力で申し込んでみた。

 

日本では、コインチェックビットフライヤーが有名ですが、

私が一番利用しているのは、コインエクスチェンジ

アジア最大級の取引所が、日本にも完全対応。

金融庁の仮想通貨交換業者にも、いち早く登録されてますから。

 

P.S.

ここまで来た方なら、なんとなく気付いてるでしょうが、

海外取引所を含めると、価格差は更に大きくなります。

 

ただ、私は海外取引所を信用してませんし、

仮想通貨間の取引となり、取引内容も複雑になるので、

やりたい人は、課税ポイントもしっかりと抑えた方が良いかと。

仮想通貨の税金対策と節税方法。私が法人で仮想通貨を取引する理由。

BTCやUSDTベースでの取引、確定申告も大変になります。

ドルに交換したとしても、結局は日本円換算しないと駄目だから。