エムアイカードとエムアイカードプラスの違い。エムアイカードの選び方。

エムアイカードとエムアイカードプラスの違い

エムアイカードは、2016年4月に会員特典も大幅変更となり、

2018年には「エムアイカード」や「エムアイカードゴールド」も誕生、

従来のカーとごっちゃになり、

どれがどのカードを指すのか?よく分からない事になってます。

 

従来のエムアイカードからの変更点はなんなのか?

券名変更に続いて、新しい券種も登場・・・

非常にややこしいので整理しておきます。

従来の「エムアイカード」は「エムアイカードプラス」へ。

2018年2月、エムアイカードシリーズに、

新たに年会費実質無料の「エムアイカード(スタンダード)」が登場、

その後、従来の「エムアイカード」は「エムアイカードプラス」へと名称変更となり、

同様に、上位カードの「エムアイカードゴールド」は「エムアイカードプラス ゴールド」へ。

 

その後、「エムアイカードプラス」の上位カードに「エムアイカードゴールド」が登場・・・

従来の「エムアイカードゴールド」と、

新しい「エムアイカードゴールド」は、全く別のカードってわけ。

説明していても意味わかんないので・・・表にしてみました。

 

新旧エムアイカード名称の違い

新カード名称 旧カード名称
実質無料 MICARD <スタンダード>
(エムアイカード)
一般 MICARD+
(エムアイカード プラス)
MICARD
三越 M CARD
伊勢丹アイカード
JR MICARD
格安ゴールド MICARD GOLD
(エムアイカード ゴールド)
 –
ゴールド MICARD+GOLD
(エムアイカード プラス ゴールド)
MICARD GOLD
三越 M CARD ゴールド
伊勢丹アイカード ゴールド
JR MICARD ゴールド
プラチナ MICARD+ PLATINUM
(エムアイカード プラス プラチナ)

 

旧エムアイカードから「エムアイカードプラス」への変更点は名称のみで、

従来カードからのスペック変更は無し。

 

百貨店ごとにカード名称が異なっていたのを統合し、

新たに無料系の導入カードを「エムアイカード」という名称にしたという感じ。

他社クレジットカードのようなラインナップとなったわけ。

「エムアイカード(スタンダード)」と「エムアイカードプラス」の違い

新たに年会費実質無料の「エムアイカード」が登場したわけですが、

エムアイカードを所持するなら、

従来から有る年会費2,000円の「エムアイカードプラス」を推奨します。

その理由について。

 

エムアイカードとエムアイカードプラスの比較

MICARD
(エムアイカード)
MICARD+
(エムアイカード プラス)
券面 エムアイカード券面 エムアイカードプラス券面
年会費 500円+税
※初年度無料
※Web明細+年1回利用以上の利用で翌年度無料
2,000円+税
※初年度無料
国際ブランド VISA VISA、AmericanExpress
家族カード年会費 無料
最大1枚まで
無料
最大4枚まで
基本還元率 0.50%
特約店還元率 1~3%
三越伊勢丹還元率 1.00% 5~10%
海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

 

エムアイカードは、三越伊勢丹グループで使ってこそのクレジットカードだったわけ。

三越伊勢丹で最強「エムアイカードプラス」のメリット・デメリット。

エムアイカードプラスの三越伊勢丹での還元率優遇5~10%が、

エムアイカードだと1%止まりとなってしまうので・・・

敢えてエムアイカードを所持する理由となると、微妙なわけです。

 

実質年会費無料といえど、三越伊勢丹で特典が薄いとなると、

何の為にエムアイカードを所持するのか?って話。

海外旅行保険やショッピング保険も付帯しないし、

持ってるだけで得する特典も少ない。

 

年会費実質無料となってますが、

WEB明細登録と年1回以上の利用が必要となりますから。

「エムアイカードゴールド」と「エムアイカードプラスゴールド」の違い

2018年11月、「エムアイカード」の上位カードに、

新たに「エムアイカードゴールド」が登場しました。

年会費5,000円+税という、格安ゴールドの位置づけ。

その特典の違いは何なのか?

※従来の「エムアイカードゴールド」は、

「エムアイカードプラスゴールド」へ名称変更となってます。

 

エムアイカードゴールドとプラスゴールドの比較

MICARD GOLD
(エムアイカード ゴールド)
MICARD+GOLD
(エムアイカード プラス ゴールド)
券面 エムアイカードゴールド券面 エムアイカードプラスゴールド券面
年会費 5,000円+税 10,000円+税
国際ブランド VISA VISA、AmericanExpress
家族カード年会費 1,000円+税
最大1枚まで
2,000円+税
最大4枚まで
基本還元率 1.00%
特約店還元率 1.5~3.5%
三越伊勢丹還元率 1.00% 5~10%
海外旅行保険 最大1億円
(自動付帯5,000万円)
国内旅行保険 最大5,000万円
(自動付帯1,000万円)
ショッピング保険 最大90日間/
年間300万円
(自己負担3000円)
空港ラウンジ
一休プレミアムサービス
プラチナ会員

 

基本還元率は、格安ゴールドの「エムアイカードゴールド」も、

「エムアイカードプラスゴールド」も一緒ですが、

「エムアイカードゴールド」は、三越伊勢丹でのポイントUPは対象外だということ。

「三越伊勢丹グループ百貨店のご利用で5~10%ポイントが貯まるカード」は対象外です。

三越伊勢丹で利用するなら、

やはり「プラス」が付く方の「エムアイカードプラス」利用した方が良いです。

 

敢えて「エムアイカードゴールド」を選ぶとすれば、

旅行ユーザー向けのクレジットカードになるかと。

海外旅行保険と国内旅行保険の内容が「エムアイカードプラスゴールド」と同等の内容。

また、空港ラウンジサービスも同じく付帯しており、

他クレジットカードでは使えない羽田の「TIATラウンジ」も使えます

TIATラウンジは、ワンランク上のラウンジ。

羽田の国際線を利用するなら、ラウンジ特典だけでも所持する価値はあるかと。

 

注意点としては、

いずれの海外旅行保険も利用付帯ベースとなっていること。

海外旅行の「傷害死亡・後遺障害費用」を除き、全て利用付帯となっています。

 

エムアイゴールドカード海外旅行保険の内容

MICARD GOLD
(エムアイカード ゴールド)
MICARD+GOLD
(エムアイカード プラス ゴールド)
適応条件 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 1億円
自動付帯5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
救援者費用 400万円
携行品損害 100万円
(自己負担3,000円)
海外航空寄託手荷物遅延 無し
海外航空機遅延費用 無し
家族特約 無し
キャッシュレス診療 可能
保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

 

死亡・後遺障害費用って、一番使わない補償ですからね。

 

また、国内旅行の補償内容も、2018年7月から改悪となり、

自動付帯→利用付帯と変更になっているので気をつけて。

国内外で保険を使いたいなら、事前にカード決済も必須ってわけです。

 

エムアイゴールドカード国内旅行保険の内容

MICARD GOLD
(エムアイカード ゴールド)
MICARD+GOLD
(エムアイカード プラス ゴールド)
券面 券面 券面
年会費 5,000円+税 10,000円+税
適応条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 5,000万円
入院 日額5,000円 日額5,000円
手術 5,000円×10倍、20倍、40倍 5,000円×10倍、20倍、40倍
通院 日額3,000円 日額3,000円

エムアイカードを選ぶならどれを選ぶべきか?

旅行保険をメインで考えてるなら「エムアイカードゴールド」も悪くない。

年会費5,000円で、TIATラウンジを含む空港ラウンジ特典が付き、

海外旅行保険も治療費300万円携行品損害100万円と、

他社ゴールドカードよりも高い補償額となっています。

 

保険は利用付帯というデメリットも有りますが、

基本還元率1.0%なら、国内外で無理なく保険適応できるかと。

 

ただ、エムアイカードは、三越伊勢丹で5~10%還元率が有ってこそのカード、

やはり「エムアイカードプラス」、

エムアイカードプラス ゴールド」のいずれかを持つべきだと思う。

三越伊勢丹で最強「エムアイカードプラス」のメリット・デメリット。

 

三越伊勢丹で利用しないなら、

他にも還元率が高いクレジットカードは多く有るわけだし、

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

海外旅行保険を求めるなら、

他にも優れたクレジットカードも有るわけであり、

なんだかんだで、一番遭遇するのが航空機遅延トラブルだということ。

海外旅行するなら、航空機遅延保険が付帯するクレジットカードをオススメします。

航空便遅延保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。

航空機遅延保険が付帯するカードは、

保険全般で優れた内容になってますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です