ふるさと納税ポータルサイトの比較。納税サイトの特徴と還元率の違い。

ふるさと納税サイト比較

ふるさと納税と言えば「ふるさとチョイス」でしたが・・・

WEB申込ができるポータルサイト、いつの間にかスッゲー増えてます。

 

同じ自治体でも、複数のサイトから納税できる現状。

ポータルサイト独自の特典も有るから、

申し込む場所で、還元率も変わってくるってわけ。

 

ふるさと納税って金額も大きいので、

ちょっとしたテクニックで、還元されるモノも大違い。

今年度分のふるさと納税も、一段落ついたのでまとめておきます。

ふるさと納税ポータルサイト一覧。

ふるさと納税ができるポータルサイトは、

こんなに必要なのか?ってくらいに存在します。

 

ざっと調べただけで15サイトもありましたが・・・

半分以上は、あんまり使えないサイト。

既にに廃れているサイトも有りました。

 

ふるさと納税ポータルサイト一覧

名称 運営会社
ふるさとチョイス 株式会社トラストバンク
さとふる 株式会社さとふる
(Softbankグループ)
楽天ふるさと納税 楽天株式会社
ふるなび 株式会社アイモバイル
ふるぽ 株式会社 JTB
ANAのふるさと納税 全日本空輸株式会社
わが街ふるさと納税 株式会社サイネックス
ふるさとエール 株式会社エフレジ
ふるさとプレミアム 株式会社ユニメディア
ふるさとぷらす 株式会社カカクコム
ふるさと本舗 株式会社ふるさと本舗
(VOYAGE GROUP)
ふるさと納税.com 株式会社DYM
ふるり 株式会社MLJ
ふるさとおさむ 株式会社新通
ふるさとツアー 株式会社アドベンチャー
f-style 株式会社F-style

 

掲載自治体数が多い順に並べたつもりですが、

「ふるさとチョイス」「さとふる」「楽天ふるさと納税」「ふるなび」の4つが大手。

自治体数も多く、使い勝手が良く、他サイトよりもワンランク上に居ます。

大手2サイト以外で使うとしても、「ふるぽ」「ANAふるさと納税」の2サイトくらい。

他サイトには無い特徴があるので・・・まぁ使っても良いかなってレベルですけど。

 

上記に挙げた以外のサイトとなると、自治体の数も一気に少なくなるので・・・

私には、敢えて使う理由も分かりませんでした。

「わが街ふるさと納税」とか、掲載数は多いものの、

実際に納税できる自治体は、非常に少なかったりする。

だったら「ふるさとチョイス」でいーじゃんって話。

大手ふるさと納税サイト比較表。

ふるさと納税において、ポータルサイトの使い勝手は重要であり、

重要だと思う点をリストアップしてみました。

 

クレジットカード 特産品以外の特典 ランキング レビュー 寄付履歴
ふるさとチョイス △(自治体による) × ×
さとふる ×
楽天ふるさと納税 楽天ポイント
ふるなび Amazonギフト券
ふるぽ △(自治体による) × ×
ANAのふるさと納税 ANAマイル × ×

 

どの特産品が得するのか?判断する材料として、

ランキングページ、ユーザーレビューは有った方が良い。

システム的な部分では、クレジットカード納付、

寄付履歴の確認(マイページ)も必須になるかと。

 

ふるさと納税で重要なのは、やはり返礼品還元率(ラインナップ)なのですが、

返礼品の還元率以外でも、サイト独自の特典も有ります。

楽天ふるさと納税では、1%の「楽天スーパーポイント」還元。

ふるなびでは、1%の「Amazonギフト券」還元。

ANAのふるさと納税では、1%の「ANAマイル」還元。

 

特に、楽天ふるさと納税の場合、各種キャンペーンとも併用できるので、

SPUでポイント14倍、買いまわり10倍・・・と、

返礼品以外の部分での還元率は、圧倒的な数値になります。

大手ふるさと納税サイトの特徴

ふるさとチョイス

2018-08-21_17h07_18

ふるさとチョイス」は情報数が圧倒的に多く、ほぼ全ての自治体を網羅してる。

ふるさと納税を探すってなったら、とりあえず「ふるさとチョイス」って人も多いかと。

2012年から有る老舗サイトであり、情報が豊富で、納税先の情報数も多い。

 

注意すべき点は、ふるさとチョイスから申込不可能な自治体や、

クレジットカード決済不可の自治体も多く扱っているという事。

公平性を保つ為という事なのか、評価順で絞り込めないのも厳しい。

※いつの間にか、ランキングページは導入されてました。

 

完売の特産品も多く、情報も多い故に迷いやすい。

無駄に時間も消耗しまくります。

 

純粋に探すというなら、絞り込み検索機能を活用するしかない。

クレジットカード対応の自治体で絞りこんだり、

寄附金額、商品、地域・・・上手い事活用しましょう。

私は、有名どころの特産品でしか使いませんけど。

 

ちなみに、クレジットカード支払は、Yahoo!公金支払いとなるので、

Tポイント支払いや、ヤフーの期間固定Tポイントでの納税も可能となってます。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

さとふる

2018-08-21_17h08_04

さとふる」は、2014年に登場したソフトバンクグループ会社運営のサイト。

後発ながら、自治体数も特産品の数も急激に増えており、

優良商品も多く、欠品も少ないです。

 

高還元の商品が、品切れになってないだけじゃなく、

非常に使いやすいサイトになっている。

マイページでの年間納税額も容易に把握できるし、

そのまま特例申請書類もダウンロード可能

申し込み状況、特産品の発送状況まで、一発で把握できる。

 

ランキングページや、ジャンル別での絞り込みだけでなく、

ユーザーによる評価機能が存在し、

評価人数や、ユーザー満足度での並び替えも可能

どの商品を購入すれば得するのか?ってのが非常に分かりやすい。

ランキング上位の特産品を狙えば、まずハズレも無いし、

ユーザーレビューで、より具体的な内容も把握できてしまう。

人気特産品ランキング(週間) | ふるさと納税なら「さとふる」

 

サイトもシンプルで見やすく、余計な情報も少なので、

時間を無駄にすることなく、お得な特産品も見つけやすい。

買い物するように、ふるさと納税できる。素晴らしい。

 

クレジットカード決済だけでなく、

ソフトバンクまとめて払い、コンビニ決済、ペイジーでも支払い可能。

 

私が実際に申し込んでいるのも、さとふるが多いです。

なんだかんだで重要なのは、返礼品の還元率だよね。やっぱり。

コスパが良い「ふるさと納税」の特産品。オススメの牛肉・豚肉・鶏肉ランキング。

「ふるさと納税」オススメの特産品。海産物(魚介類・シーフード)バージョン。

ふるなび

ふるなび」は、特にギフト券や家電の返礼品に強いサイト。

総合ランキングを見ても、上位を占めるのは金券、電化製品ばかり。

ふるなび総合人気ランキング

 

家電の還元率は、微妙になっていきているので・・・

ふるさと納税オススメ家電(電化製品)と還元率について。

 

ふるなびでオススメなのが、金券の返礼品。

納税額に応じて金券が貰えるので、納税の手間を省けます。

納税先が増えれば、ワンストップ特例制度の手間も増えますからね。

今年度は、私も還元率50%の「ツーリスト旅行券」に交換しました。

※総務省の規制強化により、選べる金券も減少中なのでお早めに!

ふるなび金券・ギフト券ランキング

IMG_2651

 

金券の還元率は高く、換金性の高さも問題になってますが・・・

まぁ、それほど納税者にとっては、お得という事。

くれぐれも転売目的でのご利用はお控えください。

 

2016年11月には、ふるなびでもYahoo!公金支払いが導入されたので、

こちらもTポイントや、ヤフーの期間固定Tポイントで納税も可能となってます。

 

また、2017年11月には、

寄付金額1%がAmazonギフト券で還元されるようになったので・・・

金券の為に納税して、更に金券を貰えるっていう。

金券目当てに6万円納税して、600円分のAmazonギフト券も貰えました。

※Amazonギフト券を貰うには、クレジットカード決済が必須です。

ふるなびAmazonギフト券コードプレゼントについて

 

ふるなびでは、レストランの食事に利用できる「ふるなびグルメ」や、

旅行やツアーに使える「ふるなびトラベル」も登場しており、

有効期限の無いポイント狙いで、ふるさと納税も可能です。

 

ただ、「ふるなびグルメ」や「ふるなびトラベル」は、

利便性が高い分、還元率は低くなる傾向にありますので・・・

面倒な手間を省いて、一気にふるさと納税した人向けといったところでしょうか。

楽天ふるさと納税

2015年7月31日より、楽天市場でふるさと納税が可能となりました。

楽天会員登録していれば、楽天市場で買い物するようにふるさと納税ができます!

年々、自治体も増えており、多くの特産品から納税先も選べます。

 

楽天市場では楽天カード決済すれば、楽天ポイントも倍増するので・・・

この時点で還元率3.0%~5.0%

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

 

また、楽天キャンペーンや、楽天セールに併せて納税すれば、

更にポイント最大+10~20%還元っていう、恐ろしい還元率にも成り得ます。

 

買い回りセール時に利用してこそ得する楽天ふるさと納税。

特産品の還元率と合わせれば・・・還元率70%~90%にもなりましたから。

楽天ふるさと納税で最高ポイント還元率を狙う。スーパーSALEとSPUの併用。

2018-06-15_08h46_43

1万円の納税で5000円~6000円相当の特産品貰って、

2000~3000ポイントも獲得って意味わかんないっす。

 

実際のところ、楽天市場でも売上ランキング上位は、ふるさと納税ばかり。

それ程に人気だし、2018年度は返礼品のコスパも高い物が揃ってます。

楽天ポイントでの還元率が高い分、他で同等なら楽天でふるさと納税をしたほうが良い。

楽天ふるさと納税 返礼品ランキング

 

楽天ふるさと納税は、楽天市場で買い物するのと一緒なので、

納税手続きも非常にラク。楽天の期間限定ポイントも利用できます

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する方法。

 

注意点は、楽天IDの所有者がふるさと納税をした事になるという事。

家族で楽天アカウントを共有している場合は、気を付けましょう。

ふるぽ

2018-08-21_17h06_34

JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」。

他サイトとは違い、ポイント制度のサイトなので、

とりあえず納税して、欲しい時に交換できるのが「ふるぽ」のメリット。

 

「ふるぽ」を利用する人は、一気に特産品が来て困る人。

とりあえず、ふるさと納税だけしておいて、あとで特産品を選びたい人。

高額納税者向けのふるさと納税サイトですね。

 

ただ、ポイントに交換できる都合、

還元率は他社サイトに比べて低く、対応の自治体も少ないです。

また、ポイントに交換できるといっても、利用期限が有るので気をつけて。

ポイントの有効期限は1年~2年。ちょっと、先延ばしできるだけ。

私は使ってませんので、人気ランキング見て判断してください。

最新の特産品ランキング | ふるさと納税サイト [ふるぽ]

 

金券なら元々有効期限も無いので、

敢えて「ふるぽ」を利用しなくても良いんじゃないかと。

面倒なら「ふるなび」で金券交換するのが間違いないと思ってます。

ふるさと納税 金券の人気ランキング|ふるなび

ANAのふるさと納税

2018-08-21_17h10_31

ANA(全日本空輸)も、ふるさと納税サイトを運営しています。

「ANAのふるさと納税」の特徴は、納税額の1%分のANAマイルを貰える

なんでもANAマイル交換したい人向けのサイトです。

 

こちらも自治体の数は少なく、全体的に返礼品の還元率は劣るので、

ランキングページ見て判断したら良いと思う。

返礼品ランキング | ANAのふるさと納税

1%マイルが貰えたところで、返礼品の質が落ちたんじゃ意味ないからね。

F-style.com(旧 noma-style.com)

2016年に、福島県南相馬市のふるさと納税サイト「noma-style」が登場。

寄附金は、南相馬市への地域復興に利用されるとのことでしたが・・・

2018年10月には、大分県玖珠町特化の「f-style」へと変更となりました。

 

ふるさと納税の専門サイトなのに、

ファッション製品が多いのか?・・・って思ったら、

返礼品は、復興品を応援したい企業からの提供ってわけでした。

風評被害もあり、特産品は厳しい側面が有るのですね。

 

貰える返礼品は、相馬市の特産品ではなく、企業提供の商品なので、

他の納税サイトには無い商品が貰えるってのが特徴。

ブランド商品、ベビー用品、ヘネシーやドンペリ等のお酒類も有ります。

ふるさと納税でドンペリをもらおう

 

ちなみに、クレジットカード決済は2018年の現在も未対応。

支払い方法は、銀行振込、郵便振替のみ。

最近は災害も多く、復興支援したい自治体は他にもあるから・・・

まぁ、各自ご判断下さい。

クレジットカード決済で還元率は更に上がる。

銀行振込でのふるさと納税は、絶対に避けた方が良いです。

ただでさえ面倒なふるさと納税、

納付先が増えれば増えるほど、その手間は甚大。

初めてふるさと納税をやった時に、銀行振込しましたが凄い面倒でした。

ふるさと納税の方法と手続きの流れ。銀行振込は辞めたほうが良い。

 

銀行振込は手数料は取られるし、振込手続きって非常に面倒。

納付先が有っているか?振込金額が有っているか?

確認するだけでも神経すり減ります。

 

クレジットカード決済なら、オンラインで完結するし、

クレジットカード還元率もあるから、得もします。

高還元率なクレジットカードは、Orico Card THE POINT

REXカードYahoo!JAPANカード

リクルートカードdカードあたりが定番。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

ただ、「楽天ふるさと納税」するなら、楽天カード還元率3%とダントツ。

年会費2000円楽天ゴールドカードなら、還元率5%と最強。

楽天市場(楽天ふるさと納税を含む)で年間11万円以上買い物するなら、

年会費2000円の元も、余裕で獲れますので。

 

マイル還元率を求めるなら、セゾンプラチナビジネスアメックスカード

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

 

マイル還元率の高い「SPGアメックスカード」は、税金支払いに難が有るので気をつけて。

アメックス発行のプロパーカードは、公共料金の支払いで還元率は半減しますからね。

 

アメックスカードに限らず、ダイナースカードも、

税金支払いで還元率は半減するので、ふるさと納税では使わない方が良い。

ダイナースクラブカードのメリット・デメリット。

 

また、ふるさと納税は、住民税を払っている人が得する制度だということ。

基本的には、高額納税者が得する仕組み。

手続きもちゃんとできなければ、損する可能性もあります。

ふるさと納税って騒ぐ程お得じゃないよね?仕組みとデメリット。

やるからには、しっかりと理解してから納税しましょう。

 

確定申告が不要な「ワンストップ特例制度」は、翌年1月10日必着

手続きも以外と面倒ですので、併せて気をつけて。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用して気付いた注意点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です