楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

楽天モバイルのメリットデメリット

2021年は、モバイル回線の大革命。

楽天モバイルを筆頭に、大手携帯キャリアが大幅値下げ、

ahamo、povo、LINEMOと登場しましたけど、

楽天は良くも悪くも全くの別物でした。

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの違い。UQモバイルとワイモバイルの分岐点。

 

楽天モバイルには、安いなりのデメリットが有るわけで、

特に、音声通話を多用する人は辞めた方が良い。

サブ回線として使うなら・・・ってわけでレビューします。

楽天モバイルのメリット

月間1GBまで無料

楽天モバイルは、1GBまでは無料(1回線目のみ)

音声通話SIMでありながら、最低利用期間の縛りも無く、

新規契約料も解約料MNP転出料全て無料

 

格安SIM(MVNO)でも、音声通話SIMの「無料」は無いし、

初期費用3,300円も発生するのです。

音声格安SIMの選び方。MVNOとMNOの料金プラン比較。

格安SIMとの比較

1GB 2GB 3GB MNP転出料 解約手数料
(違約金)
初期手数料 SIMカード
発行料
楽天モバイル 無料 ¥1,078 ¥1,078 無料 無料 無料 無料
IIJmio ¥858 無料 無料 ¥3,300 ドコモ:¥433
au:¥447
eSIM:¥220
OCNモバイルONE ¥770 ¥990 ¥3,300 無料 ¥3,300 ¥433
nuroモバイル ¥792 無料 無料 ¥3,300 ¥440
mineo ¥1,298 無料 無料 ¥3,300 ¥440
y.u mobile 無料 無料 ¥3,300 ¥440
BIGLOBEモバイル ¥1,078 ¥1,320 無料 1100
※12ヶ月未満
¥3,300 ¥433
イオンモバイル ¥1,078 ¥1,188 ¥1,298 無料 無料 ¥3,300

 

使わなければ料金は一切発生しないし、使ってみて微妙なら、

リスク無く楽天から他社に移行できるってこと。

 

回線を借りている格安SIM(MVNO)とも違い、

楽天モバイルは、独自の楽天回線を使ったMNOですから。

 

※2019年9月までの楽天モバイルは、MVNOプランでしたが、

2020年4月からは、MNOのプランへ。

従量制の無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」一択となってます。

使っても格安で、無料でもかけ放題

使わなければ無料(1GB未満)であり、

使いまくった場合も月額3,278円が上限という、

従量制プランでありながら、使った場合も最安なのです。

 

3GBまで月額1,078円、20GBまでなら月額2,178円

20GB超過後は、月額3,278円容量無制限

20210422160732

ahamo、povo、LINEMOの20GBより安く、

格安なワイモバイル、UQモバイルと比べても格安。

 

楽天モバイルには、24時間の「かけ放題」も含まれており、

かけ放題SIMとしても最安。

楽天モバイルの料金はデータ量で変わるので、

無料で「かけ放題」もできるのです。

他MNOプランとの比較

3GB 15GB 20GB 25GB 無制限 かけ放題 海外
楽天モバイル ¥1,078 ¥2,178 ¥2,178 ¥3,278 ¥3,278 無料 2GB(66ヶ国)
UQモバイル ¥1,628 ¥2,728 ¥3,828 +1,870円 別料金
ワイモバイル ¥2,178 ¥3,278 ¥4,158 +1,870円 別料金
ahamo ¥2,978 +1,100円 20GB(82カ国)
povo ¥2,728 +1,650円 提供予定
LINEMO ¥2,728 +1,650円 別料金

 

楽天モバイルは、海外ローミングにも対応しており、

海外指定66の国と地域でも利用可能。

海外データ容量も月2GBまで月額料金に含まれているし、

容量超過後も128kbpsで利用可能、LINEレベルの通信なら無制限に使えるの。

 

短期間の海外旅行ぐらいなら、楽天モバイルだけで事足りるし、

海外WiFiとかを借りる手間も無いのです。

SPUポイント倍付+1倍

楽天モバイルの契約で、楽天市場のSPUが+1倍

10,000円利用したら+100円ほど得するのです。

楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

 

使わなければ無料なので・・・

固定費もかからず、還元率が1%アップする。

とりあえず、楽天市場を使ってるなら申し込まないと損。

入会キャンペーンで楽天ポイントも貰えるからね。

eSIMが使える

楽天モバイルは、国内では数少ないeSIM対応キャリアとなっています。

eSIM≒クラウドSIMであり、

物理SIMを抜き差しする事無く、回線も切替えられるのです。

20210404093039

最新iPhoneは、eSIMと物理SIM(nanoSIM)のデュアルSIM対応なわけで、

2つの携帯番号を、1つのスマホで管理できる

eSIM→iPhoneのサブSIM用途としても最適なわけ。

iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット 

20210428144522

1つのスマホで、2つの携帯番号が同時に使える便利さ。

2段階認証にSMSが使われるサービスも多く、

メールアドレスみたいに、SMSも使い分けられる。

仕事とプライベートや、法人と個人で使い分けにも、

スマホ1台だけで良いのです。

 

データSIMのSMSオプションって安いけど、MNPできないし、

楽天モバイルは、MNPのできる音声通話SIM。

MNPできて固定費無料であり、MNP転出手数料も無料なわけで、

安心して2段階認証にも使えるのです。

店舗で18歳未満の契約可能

ahamo、povo、LINEMOのように、

オンライン限定プランでも無く、実店舗で契約が可能となってます。

他社では、18歳 or 20歳以上からの契約となっていますが、

楽天モバイルなら、未成年も保護者同伴で店舗契約が可能。

1回線目は1GBまで無料という特典も、

子ども名義での契約で適応となるのです。

 

ただ、18歳未満の契約には、

「あんしんコントロール by i-フィルター」の契約が必須なので、

最安で月額330円の固定費は必要となりますけども。

まぁ、それでも格安SIMに比べて安いし、

格安SIMでは、子ども名義の契約もできませんからね。

最新iPhoneが格安に買える

楽天モバイルでは、Apple製品の販売が決定となり、

最新のiPhoneも購入できるようになりました。

しかも、大手4キャリア中で最安値です。

iPhone販売価格の比較

楽天モバイル
一括払い
楽天モバイル
24回払い
楽天モバイル
48回払い
Apple公式
iPhone 12 mini(64GB) ¥87,712 ¥3,654 ¥1,827 ¥82,280
iPhone 12(64GB) ¥101,176 ¥4,215 ¥2,107 ¥94,380
iPhone 12 Pro(128GB) ¥127,395 ¥5,308 ¥2,654 ¥117,480
iPhone 12 Pro Max(128GB) ¥141,700 ¥5,904 ¥2,952 ¥129,580
iPhone SE 第2世代(64GB) ¥55,170 ¥2,298 ¥1,149 ¥49,280

 

Apple公式サイトで買うのが最安ってのは変わらずですけど、

楽天モバイルなら、入会キャンペーンも有る。

2021年4月末の現在では、新規&MNPで、

通常5,000ポイント+iPhone同時購入で15,000ポイント

合計2万ポイントバック考えたら、Appleよりも安いのです。

楽天モバイル iPhone発売記念キャンペーン

 

楽天ポイントは、楽天モバイルの支払にも使えるので、

iPhone購入に楽天ポイントが使えるってのも凄い事なのです。

楽天モバイルのデメリット

「無制限」とは言い難い

2021年4月現在でも、楽天回線はダメダメです。

私は楽天回線エリア内に住んでいますが、

楽天回線エリア内でも、安定して繋がるとは言い難く、

気づいたらパートナー回線(au回線)に繋がる始末。

建物内でも楽天回線は弱いらしく、

既に、楽天回線を使う事は諦めてます。

 

月額3,278円容量無制限って言ってますが、

これは楽天回線接続時の話であり、

パートナー回線のau回線は5GBまでしか使えないわけ。

※5GB超過後は1Mbpsまでしか出ません。

20210422160800

無制限で使えるのは、ホントごくごく限られた場所のみであり、

3GB超えたら月額2,178円・・・

au回線が5GB月額2,178円と考えても割高なの。

 

結局の所、au回線を割安に使えるプランで有り、

月額1,078円3GBまでと割り切って使うべき。

なんなら、1GB未満で無料に抑えるべきなのです。

20210422111922

「かけ放題」も別物

楽天モバイルの「かけ放題」ってのは、

日本で主流の音声通話「VoLTE」経由での通話では有りません。

「かけ放題」で無料なのは「Rakuten Link」アプリ経由で発信した場合です。

※通常の電話アプリ(VoLTE)からの発信は30秒20円

20210404153102

Rakuten Linkは、RCS(Rich Communication Servides)という、

電話番号だけで、音声通話、データ送信、ビデオ通話・・・まで可能という、

一歩先行く次世代サービス。世界中の人が電話番号だけで繋がれるってのは素晴らしい。

Rakuten Linkとは、プレフィックス番号やIP電話とは異なる、
RCS(Rich Communication services)を用いた音声通話やSMSに代わる新しい次世代のメッセージサービス

[Rakuten Link]「Rakuten Link」とは何ですか? | お客様サポート | 楽天モバイル

 

ただ、現状は、まだまだ未発達であり、

結局の所、インターネット回線ベースのサービス。

LINE、IP電話と同じく、データ通信を利用した通話なわけで、

従来のVoLTEに比べると通話品質が劣ります

旧「楽天でんわ」のプレフィックス通話みたいな感じ。

 

電話≒高品質というイメージも有り、主に仕事で使いたいわけで、

高品質じゃなければ「かけ放題」の意味が無い。

そこまで悪くない・・・ってレベルでも困るのです。

 

従来どおりのVoLTEの高品質で「かけ放題」するなら、

他社のかけ放題オプションを使うべき。

VoLTEのかけ放題なら、ahamo、povo、LINEMOよりも、

ワイモバイル、UQモバイルが安いです。

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

ワイモバイルよりもUQモバイルが安いですが、

複数回線ならワイモバイルの方が安くなり、特典も多いです。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

着信はRakuten Link優先

楽天モバイルでは、Rakuten Link利用が前提となっており、

Rakuten Linkにログイン後は、

基本的に全ての着信とSMSが、Rakuten Linkアプリ経由となります。

 

携帯電話、固定電話、IP電話・・・いずれもRakuten Linkで着信する。

スマホデフォルトの通話アプリ、メッセージアプリは使わないのです。

20210422161307

コレ何が困るのか?っていうと、

受ける側は無料であるハズの着信(VoLTE)も全て、

品質の悪いRakuten Link(RCS)の通話になっちゃうこと。

 

高品質なVoLTEで着信したい場合は、Rakuten Linkからログアウトする。

ただ、発番する時には、Rakuten Linkにログインする手間が増えるし、

着信専門と割り切らないと、この方法も使えないのよね。

※一部Androidスマホでは、着信アプリ設定も可能らしいです。

 

あと、VoLTEとRCSの併用のせい?なのか、

Rakuten Linkアプリの不具合も多い。

Bluetooth端末で応答できなかったり、電話帳が重複表示されたり、

WiFi接続では非通知着信になったり、着信しなかったり・・・

従来とは違うってことで、戸惑う事も間違いない。

20210428144829

Rakuten Link(RCS)では、緊急通報(110番・118番・119番)や、

フリーダイヤル(0120)への発信が不可能だし、

そもそも、au回線?楽天回線?って考えるのも煩わしいのです。

 

ちなみに、Rakuten Linkは、データ通信を利用する・・・というわけで、

圏外でもWiFiだけで通話可能であり、

楽天モバイルSIMを挿さなくてもRakuten Linkで着信しました

 

楽天モバイルのSIMではなく、楽天IDと電話番号紐付いており、

SIMよりもRakuten Linkが優先されるのです。不思議。

20210422161544

楽天モバイルSIM挿さなくても着信するから、

「デュアルSIM」+「Rakuten Link」で、

1つの端末で、3つの携帯番号を使う事も可能でした。

 

ただ、Rakuten Linkを使える端末は、同時に1台まで、

別の端末でログインすると、他の端末では自動的にログアウトとなり、

複数端末では同時に利用できません

20210422160855

Rakuten Linkは楽天ID紐付け

Rakuten Linkへのログインには、楽天IDとパスワードが必要であり、

他の楽天サービスとも紐付いています。

楽天ポイント、楽天キャッシュ、楽天ペイ・・・

楽天会員情報も全て反映されてしまうのです。

20210422160402

携帯番号で発着信するアプリではなく、

楽天サービスを使うアプリでも有る。

単純に携帯電話番号が欲しい人には向いて無い。

 

利用者が契約者以外の場合も注意して、

家族や子どもに使って貰うなら、

本人名義の別アカウントで契約したほうが良い。

 

結局の所、他の楽天サービスも含め、

楽天モバイルが無料になっているということ。

LINEが無料で使えるのと同じであり、

LINEアプリみたいになUIになってるから。

iPhoneでは使えない機能有り

iPhone8以降でしか使えなかった楽天モバイルですが、

2021年4月30日、iPhoneの取り扱いの開始のタイミングで、

iPhone6S以降で使えるようになります。

 

ただ、実際のところ、iPhoneではまだまだ制限があり、

使えない機能が有るということ。

2021-04-22_17h27_06

iPhoneで使えない機能

  • SMS(パートナー回線)
  • APN自動設定 海外/国内
  • 接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)
  • ETWS
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位

「パートナー回線ではSMSが使えない」となっていますが、

Rakuten Linkを使うことにより、

全てデータ通信(RCS)で対応できるので、これは問題無し。

パートナー回線でもWiFi下でも、着信するしSMSも使えます。

その都合で、110番、119番通報での位置情報が使えないのかなと。

ETWSは、緊急地震速報です。

私は、これも嫌いなので未対応でOK。

 

また、iPhoneは、楽天モバイルでAPNの自動設定ができないので、

APNのプロファイル設定を手動でする必要があります。

格安SIM定番のプロファイルダウンロードではなく、

手打ちで「rakuten.jp」の入力が必要でした。

20210404093608

格安SIM、ワイモバイル、UQモバイルでも、

プロファイルインストールが必要ですが、

大手携帯キャリアでは、APN設定は不要。

ahamo、povoでも、SIMを挿すだけで自動で使えるようになります。

 

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えは未対応となってますが、

自動で切り替わる時も有り、切り替わらない時は、

機内モードのON/OFF、電源のON/OFFで切り替わります。

ただ、基本的には楽天回線を諦めていた方がストレスは無いです。

 

iPhone×楽天モバイルの主な難点は、

「Rakuten Link」が優先されることにより、

Apple純正の「電話」「メッセージ」アプリを使わなくなること。

20210422161318

iPhoneの「メッセージ」には、

SMSだけでなくMMSや「iMessage」も含まれており、

「電話」アプリでは「FaceTime」「FaceTimeオーディオ」にも使うということ。

そして、iPhoneには「Wi-Fi通話機能」も有るわけで、

「Rakuten Link」を使うことにより、ホント意味分からなくなる。

 

例えば、相手がiPhoneユーザーなら、自動的にiMessageになるという利点も、

Rakuten Linkを使うことにより失われてしまう。

SMSは基本的にRakuten Linkで受信するけども、

iMessageで届いた場合は、標準のメッセージアプリで受信となるのも嫌。

20210422163532

どっちが優先されるのか?どっちを優先したいのか?

これ考えはじめると訳わからなくなるので、

楽天モバイルの番号は、Rakuten Linkでしか使わない、

メッセージや電話アプリで、使おうと思わない。

結局の所、Appleアカウントに紐付けた電話番号と、

楽天モバイル(Rakuten Link)の電話番号は、別にすべきなのです。

楽天モバイルまとめ

Rakuten Linkという未知のアプリ、理解に苦しむと思います。

楽天モバイルでは、Rakuten Linkを使わないというわけにもいかず、

従来のVoLTEを使った通話、SMSでも無くなるわけで、

メインの電話番号をMNPしての契約は辞めた方が良い。

20210404092757

ただ、楽天モバイルをサブ回線として使うなら、メリットしか有りません。

維持費無料で、1GBまで無料、SPU倍率も+1倍される。

Rakuten Linkからは、無料で「かけ放題」。

どうしても電話しないといけない時にも、完全無料で電話できる。

 

eSIM対応で、端末増えず電話番号が増やせるってのも良い。

電話番号表示されても、サブ回線なら痛くも無い。

私は、メイン回線を「IIJmio」のnanoSIMにして、

サブ回線は「楽天モバイル」のeSIMで、デュアルSIM。

この組み合わせが最安かなと。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用する。楽天モバイル & IIJmioのeSIM活用方法。

 

MVNOの格安SIMで選ぶなら「IIJmio」一択。

音声通話SIMも激安となり、LINE年齢確認にも対応しています。

複数契約での容量シェアも可能で、データSIM(eSIM)も最安

iPadとiPhoneを併用して使う場合にもオススメです。

格安SIM「IIJmio(アイアイジェイミオ)」のメリット・デメリット

 

いずれにせよMNP転出料は無料なので、

使って駄目なら、スグ乗り換えたら良い。

携帯キャリアの縛りシステムも無くなってますから。

携帯料金を安くする方法と、スマホを安く使い続ける為に知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です