楽天市場で楽天カード利用が、全然お得で無い事に気付いてしまった。

楽天市場は楽天カードの利用でポイント2倍って、全然2倍になってない。

※2016年より、楽天カードのポイント倍率が改善。

楽天市場で楽天カードの利用は2倍→4倍へと変更になりました。

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

 

今回は楽天市場で、できるだけお得にキャッシュバックする方法を考える。

ただでさえ高還元の楽天市場、ポイントサイトも併用できますから。

オリコカードザポイントでオリコモール経由→還元率3%。

オリコモール経由の購入で、更にオリコポイントが還元される。

これはAmazon購入の時に紹介した方法と同様です。

アマゾンで2.50%の最強キャッシュバック。Orico Card THE POINTとオリコモールの併用!

 

国内ネットショップ還元率が最強のOrico Card THE POINTを使います。

どこで利用しても還元率1%の高還元に加え、

カード特典として、オリコモールを経由で問答無用に+0.5%還元。

楽天市場の楽天スーパーポイント1%

更に、オリコモールの楽天市場で最大15%還元です!

KS001514

楽天市場は全ての商品がご購入金額に対して0.5~15%のオリコポイント加算対象となります。
各商品ごとの加算ポイント数は「楽天市場検索」よりご確認いただけます。

楽天市場 – オリコモール

楽天市場は、ショップ毎に付与されるオリコポイントが異なります。

 

ということは、オリコモールを経由する事により、

楽天スーパーポイント1% + カード基本還元1%

+ カード特典0.5% + オリコモール特典0.5~15%

→合計3.00%~17.5%還元となります。

 

Amazonで購入するときは、この方法が一番お得な方法でしたが、

楽天市場の場合は、更にお得に購入できる可能性が有ります。

最大17.5%ってことだけど、ほとんどが還元率3%止まりなんだよね。

 

 

P-one Wizとポイントサイトの併用で3.5%還元も可能。

Orico Card THE POINTでオリコモールを経由した場合は、

最低3.00%還元~でしたが、

P-one Wizと、ポイントサイトを併用した場合は、3.5%還元で固定となります。

 

げん玉の楽天市場の還元率1%

げん玉での楽天市場の還元率

 

ハピタスの楽天市場の還元率1%

ハピタスでの楽天市場の還元率

 

基本的にクレジットカード専用のショッピングモールに有れば、

ポイントサイトにも同等以上の還元率で存在するので、

ポイントサイト(げん玉ハピタス)経由の方が、得する場合も多い。

※ポイントサイトとオリコモールの併用はできません。

 

げん玉を経由して、決済をP-one Wizで行うと、

楽天スーパーポイント1%+げん玉ポイント1%+P-one Wiz 1.5%

→合計3.50%還元となります。

 

げん玉も、ハピタスも還元率は一緒ですが、

換金制限を考えると、げん玉がオススメです。

ポイントサイトの換金制限。ハピタスとげん玉のデメリットを比較する。

会員数も、げん玉の方が多いからね。

 

楽天カードのポイント2倍→4倍へ改善!ポイントサイト併用で還元率5~6%。

2016年1月、楽天カードの還元率が改善となりました。

楽天市場で楽天カードを利用すると、ポイント4倍。

「楽天スーパーポイント1%+楽天カード1% + 楽天カード特典2%

楽天市場で利用すれば、実質+2%の還元率となります。

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

 

楽天市場で楽天プレミアムカードを利用すれば、ポイント5倍。

更にポイント+1%になります。

「楽天スーパーポイント1%+楽天カード1% + 楽天プレミアムカード特典3%

楽天プレミアムカードは年会費1万円なので・・・

楽天市場での利用額と年会費を考えましょう。

以前ほど、特典満載のカード・・・っていうわけでも無いですから。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

 

還元率目当てなら、年会費2000円楽天ゴールドカードがオススメ。

格安な年会費なのに、楽天市場でポイント5倍+4%還元)となります。

年間206000円の利用するなら、無料の楽天カードよりも得します。

 

楽天カードも、ポイントサイトの併用は可能なので、

楽天カード還元4%+ポイントサイト1%=合計5%還元

楽天ゴールドカード還元5%+ポイントサイト1%=合計6%還元

楽天市場楽天ゴールドカードポイントサイト併用で、還元率6%となるわけです。

楽天市場なら、楽天ゴールドカードが最強です。


 

楽天カードは楽天市場で使うべし。買い回りキャンペーン+10倍。

楽天カードも改善され、楽天市場の利用がお得となりましたが、

あくまで楽天市場を利用する場合の話。

 

楽天市場以外で利用しても、決して損ではありませんが、

より高還元率のクレジットカードは存在します。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

オリコモールでの楽天市場は、ショップ毎に還元率が異なるので、

Orico Card THE POINT4%以上の還元も可能ですが・・・

基本的に楽天カードの倍率には敵わないので・・・オリコは楽天市場以外で使いましょう。

オリコポイントも現金化しやすく、アマゾンギフト券にも交換できますから。

無料で高還元率のクレカ「Orico Card THE POINT」レビュー。メリット・デメリットを徹底的に挙げてみた。

 

 

レックスカードでポイントサイトを経由するという方法も有りますが、

還元率よりも使い勝手が悪いので、あまりオススメしません。

REXカードを半年利用しての感想。レックスカードのデメリットまとめ。

 

楽天ポイントの仕組みって複雑なので、

なんとなくで使っていると、なんとなく損します。今一度ご確認を。

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

ポイント4倍って、期間限定ポイント+2%って事ですから。

 

また、楽天市場では、頻繁に買い回りキャンペーンをやっているので、

クレカ還元、ポイントサイト還元、キャンペーン併用すれば、ポイント10倍以上は余裕。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの買い回りを比較。ポイント還元率の違いと攻略方法。

月1回以上のペース・・・むしろ買い回り以外で購入するのは損です。

 

P.S.

ポイント2倍、3倍って聞くと、凄く得な気がするけど、

実際、理解していないと、なんにも得していないっていうパターン。

 

一見お得に見える様に表記して、実際は得でない。

複雑にして、より分かりづらく、損させる。

商売なんで・・・まぁ、仕方ないですね。

 

子供手当で貰う額よりも、払う税金・保険料の値上げが高かったり、

携帯の通話定額は、実質の値上げだったり、

お得に買った気がするけど、実際にはお得ではない。

ホント、良くある話です。

 

でも、それでお客様が喜んで購入してくれるのであれば、

良いのかもしれない。

お得に買った気がすれば、それだけでお客様は幸せ。

ちょっと定価を高くして30%オフにすれば、お客様は喜んで購入してくれます。

そんなもんです。

 

販売価格は、販売者が造り上げているもの。

よって市場価格も、同様に造り上げる事が可能です。

くれぐれもお気をつけを。