情報は命。

書店にはない情報がある・・・こともある情報商材。

最近は無料でも、かなり高品質な情報商材があり、

私も、それなりに拝見させていただいております。

 

しかしながら、最近の情報商材は、動画や音声の物も多く、

時間がいくらあっても足らねぇです。

 

個人的には、不必要な部分はサックリ飛ばせる、

PDFの文章がありがたいのですが・・・

セミナー音声、スカイプ音声、セミナー動画、対談動画・・・非常に多いです。

 

視聴するにも時間が必要なので、音声やら動画は好きではないのですが、

仕事柄、見ないわけにもいきません。

そんなときは、倍速再生で垂れ流し作戦です。

 

Youtubeのセミナー動画を倍速再生する方法

最近では、Youtubeの非公開リンクで、

セミナー動画を視聴するパターンも多いですね。

 

Youtubeの動画。

全て、倍速再生可能です。

 

右下の歯車アイコンクリックして、「速度」を変更するだけです。

Youtube再生速度変更

※Chromeの場合。

 

2倍だけでなく、

1.25倍、1.5倍も可能なので、お好みの速度で視聴下さいませ。

 

mp3の音声ファイルを、Windows Media Playerで倍速再生する方法。

動画に続いて多いのが、音声ファイルでの配布。

iTunes(PC)では、倍速再生は不可能?っぽいので、

私は、セミナー音声等は、Windows Media Playerで、倍速再生しております。

 

上部メニューバーの「ライブラリ」が、表示されているあたりで、

右クリックして、

「再生」→「再生速度」→「速く」をクリックするだけです。

Windows Media Playerで倍速再生

Windows Media Player 上で、再生速度変更のショートカットキーも利用可能。

  • 速く→ Ctrl+Shift+G
  • 標準→ Ctrl+Shift+N
  • 遅く→ Ctrl+Shift+S

再生速度変更は、頻繁に利用するので、

マウスのマクロ登録なり、

ゲーミングマウスで作業効率アップ。ロジクールの多ボタンマウスが最強。

マウスジェスチャーなり、
無料のマウスジェスチャーソフト「MouseGestureL.ahk」で作業効率化。

登録しても良いんじゃない?

 

ちなみに、Windows Media Player で、細かく再生速度を変更したい場合、

右下の「プレイビューに切り替え」をクリック

KS000253

 

プレイビュー画面上で、右クリックして、

「拡張設定」→「再生速度の設定」をクリック。

再生速度の設定

 

自由自在に再生速度を変更できます。

KS000254

 

他にもやり方あるか知らんけど、

普通に音楽なんかも倍速しても、若干面白いです。

 

iTunes(iPhone)でMP3を倍速再生するには、オーディオブックに変更が必要。

外出時の無駄な時間に、iPodやiPhoneで音声ファイルを聴く。

音声ファイルを、iTunesに取り込んだままの状態(ミュージック)では、

基本的に不可能となっております。

 

メディアの種類が「ミュージック」のままでは、倍速再生できませんが、

「オーディオブック」に変更することにより、倍速再生可能です。

 

「プロパティ」より変更できます。

音声ファイルを選択して、右クリック「プロパティ」をクリック。

 

「プロパティ」の「オプション」タブより、

メディアの種類を、「ミュージック」から「オーディオブック」に変更します。

オーディオブックに変更

「再生位置の記憶」のチェックは、入れた方が良いです。

情報商材の音声ファイルは、長時間なものが多いですからね。

 

オーディオブックに変更すると、

音声ファイルが「ブック」へ移動します。

KS000251

 

「ブック」内の、「オーディオブック」に移動してます。

KS000252

 

メディアの種類を「オーディオブック」に変更すると、

iPod、iPhone、iPad等のポータブル端末で、

  • 15秒戻る
  • 倍速再生(2倍速再生)
  • スロー再生(1/2再生)

全て可能になります。非常に便利です。

 

情報商材だけでなく、学習用のCD(英語本に付属のリスニングCD等)も、

オーディオブックにて、管理するのがオススメです。

 

オーディオブックによっては、倍速版なんかも販売されていたりするのですが、

iTunesで自分で倍速再生した方が、聴きやすかったりします。

まぁ、この辺はお好みで。

 

ちなみに、Podcastも倍速再生可能です。

 

MP3音声はオーディオブックに変更すべし。iTunes Matchの対象外。

ミュージックに、MP3音声ファイルを入れている場合は、

音声ファイルも、iTunes Matchの容量制限の範囲となります。

iTunes Matchの対象となる範囲

ミュージック・ライブラリ内のメディアの種類「ミュージック」が対象になります。

(例外)
・iTunes Storeで購入、且つ購入済みの項目に表示されるミュージックビデオも対象になることがあります。
・iTunes Storeで購入、且つ購入済みの項目に表示されないミュージックは対象外になることがあります。
・特殊なエンコーディングのMP3ファイルは対象外になることがあります。

よって、

情報商材や、学習用CDなんかは、

なおさらオーディオブックで管理した方が良いです。

オーディオブックは、iTunes Matchの容量制限に含まれませんから。

 

ちなみに、PodcastもiTunes Matchの対象外です。

 

iTunes Matchの容量制限に含まれないのは、

音楽ファイルのクラウド管理者としては、非常に嬉しいですね。

Google Play Musicから有料のiTunes Matchへ。音楽クラウド化を比較する。

音楽じゃないのに、ミュージックに入ってると、管理もしづらいからね。

 

倍速再生の注意点と、無料の情報商材の価値。

私は、情報商材を視聴する際は、

基本的に作業しながら、倍速で垂れ流してます。

気になるところがあれば、その都度じっくりと視聴しております。

 

セミナーやら、情報商材も見慣れてくると、

必要もない情報も多く、不必要なトークに時間を取られがちです。

初心者向けの内容とか、知っている情報、どっかで聞いた様な情報、

要らない情報を、だらだら聴くのは非常に勿体無いです。

 

かといって、無料だからと言って、価値はゼロではありません。

過去に数万円で販売されていた商材が、無料となっていることも多いです。

 

販売価格の価値があるか?

情報商材やセミナーという物が、どういった内容で、

どういった価格で販売されているのか?

判断するにも無料商材というモノは、オススメです。

 

内容が濃いのに、

倍速再生で、内容も半分にならない様に。

また、視聴に時間をとられ、実践しないとか意味有りません。

肝心なのは、しっかりと理解して、実践するという事。

稼ぐ仕組みを知った気になって、稼いでいる気になってしまう残念な奴。

それがノウハウコレクター。

言うは易く行うは難し。

 

P.S.

倍速再生って便利ですね。

録画したバラエティ番組、映画、ドラマ・・・

内容だけ知りたい時なんかは、結構オススメです。

特にテレビ番組は、不必要な間も多く、

情報番組なんかは、情報さえわかれば良いわけですからね。

半分の時間で終了です。

倍速再生しはじめると、何でも倍速視聴しがちですが、

面白いものも、つまらなくなる可能性があるという事。

何事もほどほどに・・・