「dカード」のデメリット。有料の「dカードGOLD」を選ぶべき理由。

dカードのメリット・デメリット

ドコモユーザー以外も発行できる「dカード」。

還元率1.0%ということで、私も所持しているのですが・・・

 

ドコモユーザーなら「dカードGOLD」を使った方が良いし、

ドコモ契約者じゃないなら、他のカードを利用した方が良いです。

格安SIMにしてからというもの、

全然使わなくなっちゃったので、その理由もまとめておきます。

 

dカードが登場したのは、2015年11月。

肝心な「dポイント」がイマイチ普及してないし、

マクドナルドの3%割引特典も無くなっちゃっいましたから。

dカードの基本スペック。メリットと言われる点。

dカードは、dポイントカード一体型のクレジットカードなので、

dポイント加盟店でポイントが使えて、貯まるという。

それでいて、年会費が実質無料還元率1%

 

楽天スーパーポイントの楽天カードや、

TポイントのYahoo!JAPANカードのライバルカードなわけ。

他社カードとスペック比較しても、なんとなく似てます。

dカード 楽天カード Yahoo!JAPANカード リクルートカード
券面 dカード 楽天カード Yahoo! JAPANカード リクルートカード
年会費 1,250円+税
※初年度無料
※年1回以上利用で翌年度無料
無料 無料 無料
還元率 1.00% 1.00% 1.00% 1.20%
ETCカード 500円+税
※年1回以上利用で翌年度無料
500円+税 500円+税 無料
ETC発行手数料 無料 無料 無料 1,000円+税
(VISA、Master)
貯まるポイント dポイント 楽天スーパーポイント Tポイント リクルートポイント
(≒Pontaポイント)
ポイントカード機能 dポイントカード 楽天ポイントカード Tポイントカード 無し
ポイント有効期限 48ヶ月 1年間 1年間 最終加算日より12ヶ月
電子マネー iD 楽天Edy Tマネー 無し
nanacoチャージ × × 還元率0.5% 還元率1.2%
(月3万円まで)
海外旅行保険 × 最高2,000万円
(利用付帯)
× 最高2,000万円
(利用付帯)
国内旅行保険 × × × 最高1,000万円
(利用付帯)
ショッピング保険 年間100万円
(自己負担3,000円)
× 年間100万円
※Yahoo!ショッピングは200万円
(自己負担3,000円 )
年間200万円
(自己負担3,000円 )
※JCBは1万円

他社カードと比べて、dカードがメリットと思われる点は、

貯まるdポイントの有効期限が48ヶ月と長く、

後払い型の電子マネー「iD」も備えてる。

 

年会費は無料ではなく、実質無料という点に注意。

年会費1250円+税ですが、年1回以上利用すれば年会費無料になるということ。

ただ、これは大したデメリットでは無いです。これからが本番です。

dカードのデメリット。ドコモ契約者以外は微妙な理由。

私は、ドコモ解約して、格安SIMへ移行したので、

dカードを持ってる理由が無くなったわけ。

dカードはドコモユーザー向け。その理由。

dポイントの価値が低い。dポイント対応店舗が少なすぎる。

dカードは「dポイントカード」として使えますが、

dカード決済で貯まるポイントも「dポイント」となります。

 

dポイントの加盟店舗が・・・開始以来あんまり増えてません。

主要の加盟店は、ローソン、マクドナルド、メルカリ、無印良品、マツモトキヨシ・・・

※参考→加盟店 | d POINT CLUB

 

他社の共通ポイントに比べると、使える店舗数が雲泥の差。スゲー少ないの。

IMG_1115

Tポイント Pontaポイント 楽天スーパーポイント dポイント
会員数 6,706万人
(実働ユーザー数)
※2018年5月末
8,733万人
※2018年6月末日
9,520万人
(楽天会員ID数)
※2017年12月
約6,432万人
※2017年12月末
店舗数 887,402店舗
(179社)
※2018年5月末
約20万店
(122社)
※2018年7月1日
52万店舗
※2017年12月
約32,200店舗
※2017年12月末
サービス開始 2003年10月
※ファミマ参入は2007年11月
2010年3月 2014年10月 2015年10月
参考元 CCCホームページ LMホームページ 決算説明会資料 決算説明会資料

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

 

街中では、dポイントカードを無料で配ってますが、

ポイントカードは、加盟店があってこそなわけで、

ドコモユーザー以外がdポイント貯めても・・・けっこー微妙なわけです。

dカード特約店が少ない。ポイント倍率も低い。

dカードを使う事により、ポイントが倍付される店舗。

dカード特約店がありますが、この店舗数も少なく倍率も微妙です。

dカード特約店

※参考→dカード | dポイントがさらにたまる dカード特約店

店舗によりポイント倍率は異なりますが・・・基本的に+1%。

+1%ってことは、ポイント2倍

他のカードで代用できるし、他のカードのが断然使いやすいから。

 

例えば、エネオスなら楽天カードでも2倍貯まるし、出光でもポイントが貯まる。

楽天カードのメリット・デメリット。楽天カードをオススメするユーザー。

ビッグエコーならエポスカードの割引率の方が高いし、カラオケ全般にも強い。

エポスカードは持ってるだけで超お得。デメリットを考慮した使い方。

JAL航空券ならJALカードで2倍~4倍ですからね。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

 

dカードは、dショッピング、d fashion、dトラベルでポイント2倍止まりだし、

そもそも、店舗数が少ないdショッピングを使うのか?っていう問題もある。

「dカード ポイントUPモール」も微妙だし、むしろポイントサイト使った方が良い。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

 

Yahoo!JAPANカードなら、Yahoo!ショッピング、LOHACOで3倍

楽天カードなら、楽天市場のSPUで最大14倍も可能だし、

5と0の付く日で5倍とか、

買い回りで10倍とかも有るから・・・まぁ、比較にならないほど貯まる。

マクドナルドの支払いで3%割引が終了。

dカードの最大メリットとして、

ローソンとマクドナルドで還元率5%というのが有りましたが、

2018年3月31日に、マクドナルドのキャンペーンが終了。

dカード決済で3%割引は、ローソンだけとなっってしまったわけです。

dカードローソン還元率

マクドナルドは、楽天ポイントカードで貯まるようになってるし、

dカードでは、マクドナルド無き今、マツモトキヨシを売りにしてますが、

マツモトキヨシで3%は、ちょっと弱いんじゃないかと。

マツモトキヨシは、JALカードのJAL特約店でも2倍マイルも貯まりますからね・・・

 

ローソンで最高還元率を誇るdカードですが・・・

ローソンの3%OFFも、今後いつまで続くか分かりませんね。

Ponta交換、iDキャッシュバックは、ドコモユーザー限定。

dポイントは、そのままでは利用先が少ないので、

現金化を考えるなら、Pontaポイントへの交換か、

iDキャッシュバックが、最高の交換先となるのですが・・・

 

dポイントクラブで「iDキャッシュバック」「Pontaポイント」交換は、

ドコモ回線契約者しか利用できません

お申込のご注意

※「iDキャッシュバック(dカード mini)」「Pontaポイント」については、ドコモのケータイ回線契約者が対象です。

交換商品につかう|d POINT CLUB

加盟店が少ないから、他のポイントに交換したいんだけど・・・

ドコモユーザーしか交換できないってオチ。

 

現金化として、金券にも交換できるけど、

8000ポイントで5000円分なので還元率0.625%へとダダ下がり。

dカードの金券還元率

 

JALマイルにも交換できるけど、やはりポイント価値は半減する。

JALマイル還元率0.5%となります。

dカードのJALマイル還元率

 

だったら、JALマイル還元率を高いクレジットカードを使った方が良い。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

ローソンの「Loppiお試し引換券」交換だって、Pontaで使えるから。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

 

ドコモユーザーなら、Pontaポイントへ移行できますが、

Pontaポイントも、Tポイントや楽天ポイントに比べると利便性は劣ります。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。 

「iDキャッシュバック」で、現金と同じように使うのがベストです。

dカードとdカードGOLDの比較。ゴールドを選ぶべき理由。

dカードは、ドコモユーザー以外得しないと言いましたが、

ドコモ契約しているなら、「dカードGOLD」は作った方が良いです。

ゴールドカードとの分岐点というよりも、dカードGOLD一択の理由。

ゴールドになると、ドコモ特典が一気に増えます。

dカード dカードGOLD
券面 dカード dカードGOLD
年会費 1,250円+税
※初年度無料
※年1回以上利用で翌年度無料
10,000円+税
家族カード 無料 1枚目無料
※2枚目以降は1,000円+税
海外旅行保険 最大1億円
自動付帯
国内旅行保険 最大5,000万円
(利用付帯)
海外航空便遅延保険 ○(自動付帯)
国内航空便遅延保険 ○(利用付帯)
お買物あんしん保険
(ショッピング保険)
年間100万円まで
(自己負担3,000円)
年間300万円まで
(自己負担3,000円)
dカードケータイ補償 購入から1年間
最大1万円補償
購入から3年間
最大10万円補償
海外緊急サービス 有料 無料
国内空港ラウンジ
dポイントクラブご優待
10%ポイント還元
ドコモケータイドコモ光
利用料金の10%ポイント還元
ゴールドデスク
GOLD年間ご利用額特典 100万円以上で10,800円相当の特典
200万円以上で21,600円相当の特典
審査対象 高校生を除く18歳以上の方 20歳以上で安定した収入のある方

 

特筆すべきは、「ドコモケータイ」の月額料金の10%ポイント還元

自宅の固定回線で「ドコモ光」を使っているなら、こちらも10%ポイント還元

携帯料金が月額8000円なら800ポイント

固定回線料金が月額6000円なら600ポイント

一ヶ月で1400ポイント→年間で16800ポイントも貯まるわけ。

dカードGOLDの年会費1万円の元も余裕で取れます。

 

また、dカードケータイ補償も、

購入から3年間となり、保証額も最大10万円補償へ。

ドコモのアップルケア(AppleCare+ for iPhone)の料金は、

iPhone Xで月額950円+税×24か月。

2年間で22,800円+税 → 年間11,400円+税

しかも、有償修理は1回11,800円も取られるわけです。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。

AppleCare+ for iPhone | お客様サポート | iPhone | NTTドコモ

 

iPhoneユーザーは、AppleCare+ for iPhoneに加入するよりも、

dカードGOLDを発行した方が、断然安上がり。

しかも、年会費無料の家族カードまでも加入できるので、

家族でドコモケータイなら2倍得するわけ。

AppleCare+ for iPhone dカード GOLD
(ドコモケータイ補償)
料金 月額950円+税
( iPhone Xの場合)
年会費10,000円+税
2年料金 22,800円+税
( iPhone Xの場合)
20,000円+税
対応機種 iPhoneのみ docomo購入の携帯電話
対象端末 契約したiPhoneのみ 本会員の携帯電話
家族カード会員の携帯電話
故障時の費用 画面損傷:3,400円+税
その他損傷:11,800円+税
無料最大10万円まで
利用回数 年1回 年1回
保証期間 2年間 3年間

 

ドコモ関係の特典だけでも、年会費の元は十分取れますが、

dカードGOLDが素晴らしいのは、付帯保険の内容。

海外旅行保険、国内旅行保険、航空便遅延保険、ショッピング保険とフル完備。

保険カードとしても、他社ゴールドカードの上を行きます。

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

 

ゴールドカード特典として、

ゴールド専用デスク空港ラウンジサービスも付くので、

ドコモユーザーなら、間違い無く所持した方が良いカード。

 

審査もそれほど難しくないカードと言われているので・・・

携帯料金を遅延なく支払ってるなら、審査も通りやすいんじゃないかな。

 

ちなみに、携帯端末の割賦支払いは、クレジット契約となりますので、

携帯料金の支払い遅延には注意。下手したらクレジットカードも作れなくなるのよ。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

結論:ドコモユーザーじゃないから使わないのん。

ドコモユーザーなら「dカードGOLD」一択。

ドコモユーザーじゃないなら、他の高還元率カードをオススメします。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

dカードは、結局のところ、ドコモユーザーが得するカード。

ドコモユーザー以外なら、他カードを使った方が良いです。

 

還元率1.0%って珍しくないし、カードの倍付特典も弱い。

なによりポイントの使いやすさが違います。

他社、共通ポイントと比較してみましたが、

やっぱり、全然貯まらないし、全然使い道がないんだよね。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。 

 

そもそも、俺ドコモユーザーでもないし、

大手携帯キャリア契約の時点で、損してると思ってるんで・・・

格安SIMのデメリット。大手携帯キャリアを解約して困るポイント。

 

格安SIMなら携帯料金も半分以下へ。

格安SIMのデメリットも「LINEモバイル」の登場で無くなってます。

2018年7月、超高速のソフトバンク回線・・・やっば早いですから。

LINEモバイルのソフトバンク回線レビュー。料金プランと通信速度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です