オリコカード ザ ポイントのメリット・デメリット。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDとの違い。

クレジットカードの中で、長く愛用しているのがオリコカード。

オリコといえば高還元率の「Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)」です。

 

年会費永年無料で、還元率1%以上。

iD、QUICPay搭載でMastercardブランド・・・

 

アマゾン、楽天、ヤフー(Paypay)のような倍付けシステムは有りませんが、

なんにも考えず、気軽にポイントが貯まるカード。

年会費無料iD、QUICPayも搭載、オリコポイントの利用先も豊富。

使う金額が大きいなら、Premium Goldも検討すべき。その理由。

Orico Card THE POINTのメリット

iD、QUICPay一体のクレジットカード

オリコザポイントの最大のメリットは、

iDとQUICPayが両方使えるという使い勝手の良さ。

 

キャッシュレス化の流れで、スマホで会計をしている人も多いハズ。

スマホアプリよりも便利なのが、カードタイプの非接触決済

 

iDやQUICPayは後払い(ポストペイ)タイプの電子マネーであり、

事前チャージも不要であり、スマホを起動する手間も無いので、

流行りの〇〇ペイより断然使いやすい。

タップするだけで決済完了し、1%還元されるわけです。

IMG_5299

クレジットカード利用明細にも載るわけで、

個人事業主なら、クラウド会計で経理も楽になる。

クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド」「freee」「やよいの青色申告オンライン」の比較と違い。

 

ちなみに、iPhoneのApple Payで利用する場合は、

オリコカードはQUICPayでの対応となります。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

年会費無料でETCカードも無料

年会費無料で還元率1%は多くあれど、

ETCカードまで無料のクレジットカードは意外と有りません。

ETCカードも年会費無料で還元率1%。

楽天カードや、ヤフーカードも、ETCは別途500円取られるわけで、

ETCの高還元率カードとして使うのも悪くないかと。

MasterCardが選べる

オリコはMastercardとJCBブランドが選択できます。

高還元率クレジットカードでMastercardブランドは希少

手持ちカードがVISAまみれって人も多いハズ。

IMG_5300

VISAはカード発行枚数が多く、売上が高いだけ。

利用可能な加盟店舗数は、VISAもMastercardも大差無し。

私は、VISAよりもMastercardが最強だと思ってます。

クレジットカード国際ブランドの選び方。私がVISAではなくMastercardを選ぶ理由。

 

私は海外利用も多いので、

為替レートの良いMasterCardは欠かせない。

カードのブランド次第で、下手したら為替レート1%くらい変わりますから。

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

オリコポイントの利便性はそれなり

還元率よりも重要なのが、還元されたポイントの利便性

オリコポイントは、500ポイントから交換可能なので、

最低でも5万円使えば、ポイント利用できるようになります。

 

また、オリコポイントは現金化という点でも優れています。

金券はもちろん、Amazonギフト券や、iTunesギフト

Google PlayコードTポイントWAONnanacoだけでなく、

楽天ポイントPontaポイントに交換する事も可能です。

しかも、その大半がリアルタイム交換に対応。

交換申請した後、即利用可能となります。

 

リクルートカードや、楽天カードなんかも還元率は高めですが、

実際に付与されるのは、リクルートポイントと楽天ポイント。

等価で金券には交換できないからね。

楽天ポイントなら楽天のサービスで利用しなければいけないし、

楽天カードで付与されるキャンペーンは、基本的に期間限定ポイント。

 

リクルートポイントとなると、リクルートのサービスというよりも、

ポンタポイントで交換した方が良いですから。

WEB明細で15カ月分の履歴が照会可能

オリコカードは、WEBでも15か月間遡って参照できます

毎年確定申告してる私には、地味に嬉しい。

KS001512

また、WEB明細(e-Orico Service)への未確定明細の反映も早く

オンラインで不正請求が有った際も、いち早く確認できます。

特に海外利用が多い人は注意。不正利用って人ごとでも無いから。

 

年会費無料のクレジットカードは、

利用明細の送付が有料って会社が多いのですが、

オリコカードの場合、郵送での利用明細も無料で送付してくれます

Orico Card THE POINTのデメリット

海外旅行傷害保険が付帯しない

無料のクレジットカードでも保険付帯が一般的ですが・・・

オリコカード ザ ポイントには、旅行傷害保険等の付帯保険がありません

 

無海外旅行に行くなら、

旅行保険が自動付帯のクレジットカードを所持しておいた方が良いです。

年会費無料で自動付帯のクレジットカードも有り、保険額は合算利用もできますから。

 

保険カードで有名なのは、エポスカードですね。

下手なゴールドカードよりも、保険の内容は良いです。

ポイント有効期限が1年間と短い

Orico Card THE POINTのポイントの有効期限は1年間です。

加算付を含めて12か月後の月末まで有効となります。

 

ポイントの有効期限が切れるには、メールも来ますけど。

失効したら、高還元率の意味もないからね。

KS000782

マイル還元率は低い

マイルを貯めているマイラーには、オリコカードはオススメしません。

ポイント還元率は高いですが、マイル還元率となると低くなります。

オリコポイントはマイルにも交換できますが、

ポイントの価値は半減します。

オリコポイント マイル交換レート

  • 1000ポイント→ ANA 600マイルマイル還元率0.6%
  • 1000ポイント→ JAL 500マイルマイル還元率0.5%

ANAマイルに換算すると、還元率0.6%

JALマイルに換算すると、還元率0.5%

 

特に、JALマイルは低くなりがち、

JALマイルが貯まるカードを使った方が良いです。

マイルを貯めるカードと、ポイントを貯めるカードは別ですね。

オリコモールよりもポイントサイトのが得

Orico Card THE POINTは、

オリコモールで+0.5%付与という特典が有るのですが・・・

オリコモール自体の還元率がポイントサイトよりも低かったりするので、

実際のところ、+0.5%でオリコモールを使うかといえば微妙。

ポイントサイトのポイントの方が、マイル、現金と用途も豊富ですからね。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

 

ネットショッピングならハピタス、モッピーが強く、

航空券や外資系ホテルは、Rebatesが強いイメージ。

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。

どこでも1%の高還元率だけど、どこでも1%が限界

オリコモール経由でポイント倍付はされますが、

それ以外のポイント倍付となると、特に有りません。

どこでも1%だけども、1%以上にはなりづらい。

 

楽天市場なら楽天カード、AmazonならAmazonカード。

楽天市場も最近は安く、ポイントの倍付けもキャンペーンもヤバいですからね。

 

ちなみに、入会キャンペーンで、入会後6か月間は、還元率が2%となりますが、

コレで付与される特別加算ポイントも、

5,000オリコポイントが上限なので気をつけて。

KS000674

50万円利用で、特別加算ポイントの5000ポイント達成するわけで、

50万利用したら、6か月以内でも基本還元率は1%に戻ります。

6ヶ月後には、還元率1.0%に戻ってしまうわけで、

まぁ、ネットショッピングなら、そこのカードを使った方が良い。

Orico Card The Point PREMIUM GOLDとの違い

Orico Card THE POINT のポイント還元率を特化したカードが登場。

年会費有料のOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDです。

プレミアムゴールドって事で、通常版よりも様々な特典が有ります。

PREMIUM GOLDとの違い

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
PREMIUM GOLD
券面デザイン
年会費 無料 1,986円(税込)
国際ブランド Mastercard、JCB
電子マネー ID、QUICPay
オリコモール利用特典 +0.5% +1.0%
電子マネー利用特典
(iD・QUICPay)
+0.5%
リボルビング利用特典 +0.5%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピングガード保険 最高100万円(利用付帯)
MasterCardゴールドカード特典
※JCBブランドは利用不可
福利厚生(Orico Club Off)

 

年会費1,986円(税込)と有料のクレジットカードになりますが、

オリコモール経由での買い物が還元率+1.0%と、

無料のザ・ポイントに比べて0.5%ほど高くなってます。

 

オリコモールで+1.0%ならAmazon還元率2.5%

Amazonカードにも負けない高還元率カードとなります。

Amazon最強のクレジットカード徹底調査。オリコ、JCB、Amazonカードの還元率比較。

 

また、電子マネーiD・QUICPayの利用で還元率+0.5%→還元率1.5%となる。

キャッシュレス化で電子マネー決済も普及しているので、コレがホント便利。

iD・QUICPayで還元率1.5%ってのも他に無いからね。

 

券面も黒ベースにゴールド文字がゴージャス。

下手なブラックカードより、見た目も良いのさ。

クレジットカードのグレードとステータス性。ゴールド、プラチナ、ブラックの違い。

 

ゴールドカードという事で、

海外旅行傷害保険は自動付帯ショッピングガード保険まで付き、

マスターカードのゴールド特典や、

オリコの福利厚生サービスも利用できるようになりますが・・・この辺はオマケ。

 

あくまで格安ゴールドなので、

付帯保険の内容や特典は、一般的なゴールドカードに比べると劣ります。

Orico Card The Pointまとめ

年会費無料で還元率1.0%のクレジットカードは多く有るわけで、

オリコカードザポイントを使う理由は、iD・QUICPayですね。

 

事前チャージ不要タップ決済。便利なのに還元率1%

手軽なので少額決済でも使う気になる。

キャッシュレスも普及した今、私は完全に小銭も持たなくなりましたので。

 

QRコード決済って、今でこそキャンペーンやってますけど、

高還元じゃなかったら使わない。

事前にチャージする、アプリで顔認証する、決済金額を入力する・・・

なんだかんだ面倒で手間も多いし、レジでドキドキしない?

Orico Card THE POINTなら、カードかざすだけで決済完了だからね。

 

iD使えるなら、QUICPayも使える事が多いですが、私はクイックペイ派。

アイディーは楽天Edy(エディー)と勘違いされがちで、個人的には言いづらい。

 

使う金額が多いならプレミアムゴールドですけど。

年会費1,986円がネックの人は多いハズ。

還元率だけで考えるなら0.5%の差。

40万円の0.5%が2,000円なので、iD・QUICPay利用額で年間40万円超えるなら。

たぶん、普通の人はそんなに使わないので・・・

まずはOrico Card THE POINTから検討しても良いのかなと。

1 COMMENT

hato

最近は楽天とかヤフーショッピングとか自社のアプリ経由でポイント還元があるので、ポイントモールの利用は減っているでしょうね、その上アプリの買い物は面倒くさくないですし。どちらも自社のカードを使わせたいんでしょうけど。
私の場合、楽天とヤフーカードでそれぞれ利用し、あとは三井住友のゴールドを使っています。年間300万以上使うとポイント60%UPで、それでも高還元のカードには劣りますが、トラブル時の対応が全然良いので、そのへんは保険料と考えています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です