私は、人生で初めて作ったクレジットカードが、オリコカードでした。

オリコカードのUpty(アプティ)って言ったら、

無料カードで、還元率がダントツだった懐かしい記憶。

 

以降、オリコポイントは改悪し、他社高還元率クレカの台頭により、

オリコカードは、普通っぽい感じに。

 

そんな中、オリコから気合いの入ったクレジットカード出ました。

2014年6月、Orico Card THE POINT登場です!

 

年会費永年無料で、還元率1%以上。

iD、QUICPay決済Masterブランド・・・

良い点ばかりが目に付くんで、デメリットも探します。

実際に使って気付いた点をレビューです。

Orico Card The Point(オリコカードザポイント)のメリット。

デメリットの前に、とりあえずメリットから。

  • 無条件に年会費無料!
  • ETCカードも年会費無料!
  • 家族カードも年会費無料!
  • いつでもどこでも高還元率1.0%
  • オリコモール経由で、更に還元率+0.5%
  • ポイント交換先が多く、ポイントの価値が高い
  • Amazonギフト券に一瞬で交換可能。
  • カードデザインがシンプルでカッコ良い。
  • iD、QUICPayを搭載
  • 入会後6か月は還元率が2%。
  • 国際ブランドがMasterCard、VISA、JCBと選べる。

・・・見るからに良さそうな、クレジットカード。

っていうかヤバい。

 

無条件に年会費無料で高還元1%ってのは凄い。ETCカードも無料!

このカードの凄い所は、

「リボ専用カード」でもなく、

「1年に1回でも使えば無料」という類の、クレジットカードでも無い。

本当に無料だという事。

 

作って放置しても、年会費は永年無料

「使うの忘れて、年会費が発生してしまう」なんてこともない。

それでいて1%の高還元率

 

更には、ETCカードも無料で発行できます。

家族カード、ETCカードは有料のクレカが多いので、

ETCカードも含め無料ってのは地味に嬉しい。

楽天カードや、Yahoo!JAPANカードはETCは別途500円取られるからね。

 

iD、QUICPayの両方一体型は凄い。おサイフケータイ要らず。

私は、iDの為にオリコ使っているといっても過言では無い。

iDカードって非常に便利です。

 

少額決済も気兼ねなくiD決済できるし、会計も超早いです。

iD決済もクレカ明細に全部乗るので、MFクラウドで経理も楽。

会計ソフトはMFクラウド確定申告。メリット・デメリットと注意点。

 

iD決済でも高還元率でポイントは貯まる・・・これ凄い。

使える店舗非常に多く、コンビニ、ファミレス、本屋、居酒屋、量販店・・・

けっこーどこでも使えます。

「iD」が使える主なお店 – 「iD」ってどこで使えるの?|ドコモの「iD」

カード一枚でQUICpayにも対応してるからね。

QUICPayの使えるお店|QUICPay

 

プリペイド型の電子マネーでは無く、ポストペイ型電子マネーです。

後払い方式で、事前チャージも必要ないから、

無駄にお金をプールする必要も無い

 

・・・iDとQUICPay使えて、還元率1%ってだけでも凄いんですけど。

高還元でiD使えるクレカって他にある?

 

iPhone&格安SIMを使っている私には、神のようなカード。

オサイフケータイ代わりに使ってます。

格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPの注意点。

 

ちなみに、iPhoneでApple Payも使えるようになりましたが、

Apple Payでクレカ決済使うなら、

iDやQUICPay一体型のクレカを使った方がスムーズです。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

かざすだけで決済ってのが便利なんだよね。

 

決済ブランドがVISA、Master、JCBと選択可能。

海外利用の多い私には、為替レートの良いMasterブランドが選べるってのも嬉しい点。

高還元率クレカは、Masterブランドが異様に少ないですからね。

クレジットカードの為替レートが良いブランドは?海外ショップの利用明細で比較してみる。

 

カードのブランド次第で、下手したら為替レート1%くらい変わっちゃいます。

オリコのマスターは、非常に長く愛用してますが、毎度レート良いです。

Orico Card THE POINTは、VISAブランドやJCBも選べますが、

海外決済も予定しているなら、Masterブランドがオススメです。

Master選べる高還元率クレカって少ないから、VISAまみれの人多いと思う。

 

オリコモール経由の還元率がヤバい。基本的に2.0%以上の還元率。

クレジットカードには、経由して購入するとお得なショッピングモールが有ります。

オリコカードの場合は、オリコモールってやつ。

  • ジャックス→ジャックスモール
  • JCB→Okidokiランド
  • オリコ→オリコモール
  • MUFG→POINT名人
  • セゾン→永久不滅.com
  • CITI→シティカード オンラインショッピングモール

・・・とかとか

通常なら、クレカ独自のショッピングモールを経由するより、

ポイントサイト(ハピタスげん玉)を経由した方がお得な場合も多いのですが、

最安値アマゾンよりも、お得に買う方法。ハピタス経由でキャッシュバック。

 

Orico Card THE POINTは、オリコモールを経由した方がお得になります。

オリコモールで還元され、更に特別に0.5%追加で還元されます。

オリコモール経由での還元率

  • アマゾン 0.5%1.0%
  • 楽天市場 0.5~15%
  • ヤフーショッピング 0.5%1.0%
  • ポンパレモール 0.5%1.5%
  • ヤフオク 0.5%1.0%
  • ビックカメラ 1.0%1.5%

※2014年12月現在。

 

国内主要のネットショップは、ほぼ間違いなくオリコモールに有ります。

というわけで、

国内ネットショップで、Orico Card The Point利用した場合は、

ぼぼ還元率2%以上のクレジットカードとなるわけです。

 

例えばアマゾンで購入した場合。

KS000672

基本の1%還元。

オリコモールのAmazon還元率1.0%

オリコモール利用すると追加で0.5%還元。

1+1+0.5=2.5%

アマゾン購入で2.5%の還元率となるわけです。

 

ヤフーショッピング、楽天市場、ポンパレモール、ヤフオク・・・

オリコモールでは通常時でも+0.5%の還元率となっているので、

上記のショップで常に還元率2.0%以上となります!

国内ネットショップも無敵。

 

更に入会6か月以内の場合は、

基本の還元率が2倍の2%なので、アマゾン購入で合計3.5%還元となります。

※2014年12月現在

 

無料のクレジットカードで、コレは凄いよね。

ハピタスにも、げん玉にもアマゾンは無いので・・・・

 

還元率だけじゃない。オリコポイントの価値と現金化。

クレジットカードって還元率だけで比較されがちですが、

実際は、還元されたポイントの価値が重要です。

 

リクルートカードや、楽天カードなんかも還元率は高めですが、

実際に現金化ってなると、正直微妙です。

楽天のサービスで利用するか、

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する為の6つの方法。

リクルートのサービスで利用するか、

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

リクルートポイントや、楽天ポイントは使い道が限られており、

等価で金券にも交換できないからね。

 

それに比べるとOrico Card THE POINTは、

ポイントの交換先が多いので、現金化を含め、ポイントの価値が高いです。

金券はもちろん、Amazonギフト券や、iTunesギフトGoogle PlayコードTポイントにも交換できる。

とりあえず、Amazon券に交換してみたら、即アマゾンで使える様になりました。

リアルタイム交換ってやつです。コレも凄い。

 

500ポイントから交換可能。還元率2.0%なら2万5千円の利用で交換できる。

高還元率で500ポイントから交換できる。これは非常に良心的です。

還元率1%としても5万円使えば、ポイント交換できるようになります。

国内ネットショップでは、還元率2%となる事も多いので、

還元率2%であれば、2万5千円の利用で500円分交換できるワケです。

 

レックスカードなんかは、高還元率ですが、

20万円分の利用をして、初めてポイント交換できるようになります。

REXカードを半年利用しての感想。レックスカードのデメリットまとめ。

ポイント交換の単位が大きいと、ポイント保有期間が多くなり、

そのまま有効期限切れになる可能性も高いですからね。

 

WEB明細の反映も早く、15カ月分の履歴を照会。利用明細も無料で送付。

最近のクレジットカードは、

クレジットカードの利用明細を、WEBで済ませようとしている会社が多いです。

オリコの場合、郵送での利用明細も無料で送付してくれます

 

強制WEB明細で、紙での明細送付は明細発行料を別に取る。

そのくせ、3か月しか遡ってしか見れない会社も多く有ります。

確定申告とクレジットカードの利用代金明細。個人情報開示請求書が必要!?

 

Orico Card THE POINTも、2015年11月よりWEB明細対応となり、

WEB明細(e-Orico Service)への未確定明細の反映も早く

WEBでも15か月間遡って参照できます。他社は長くても12か月ですからね。

KS001512

特に海外利用が多い私は、早い段階での未確定明細反映は嬉しい。

15カ月まで遡れるとか、確定申告で焦っても大丈夫。

 

スマホ専用オリコポイントゲートウェイアプリ登場!

オリコ専用のスマホアプリが登場!

WEBサービスにより簡単にアクセスできるようになりました。

請求額の確認だけでなく、オリコポイントの移行も可能になってます。

オートログイン機能&iPhoneの指紋認証対応で、

パソコンログインのように、文字認証する手間もありません。

気になった時に即確認できるのは、意外と便利。

 

高還元率クレカで無料だけど限度額が最大300万円。

高還元率クレカでありがちな、限度額が数十万円でストップってパターン。

オリコカードは無料のカードですが、限度額は最大300万円となってます。

私は他のオリコカードも利用していたので、

最初から合算されて3桁万円で利用可能でしたが、

普通に使っていれば3桁は割と早い段階で行くかと。

 

高還元率クレカって、数十万円でストップする場合も多いですからね。

個人的には、オリコカードのカスタマーサポートも好きです。

私は長く使っている都合、クレカ各社にてトラブルに巻き込まれてるのですが、

オリコ、JCBは、特に対応も良かったです。

 

Orico Card The Point(オリコカードザポイント)のデメリット。

強いて挙げる。私がデメリットと思う点。

  • 海外旅行傷害保険が付帯しない
  • ポイントの有効期限が1年と短い。
  • 暮らスマイルのステージアップシステムは関係無し
  • nanacoチャージではポイント貯まらない
  • オリコモールの楽天市場は一部の店舗のみ対象。
  • 6か月間還元率2%には限度がある。5000オリコポイントが上限
  • 年間50万以上利用するなら、レックスカードの方がお得。

他の超優良クレジットカードに比べると・・・って感じです。

 

海外旅行傷害保険が付帯しない。

クレジットカードと言えば、付帯保険。

クレジットカードには、何らかの保険が付帯しているのが一般的ですが・・・

オリコカード ザ ポイントには、旅行傷害保険等の付帯保険がありません

他のカードを持っていれば代用できますので、まぁ困る事は無いけど・・・

 

無料カードでも「海外旅行傷害保険」付帯していることが、多いです。

無料クレカの傷害保険は、利用付帯が多いんで・・・あまり出番は無いけど。

知らない人も多く、ほとんど使った事無いよね?

 

ポイントの有効期限が1年間と短い。

ポイントの有効期限って2年が一般的です。

オリコの別のカードなんかも、有効期限2年ですが、

Orico Card THE POINTのポイントの有効期限は1年間です。

加算付を含めて12か月後の月末まで有効となります。

 

ポイント失効前には、

【オリコポイント】失効対象ポイントのお知らせ」っていうメールが届きます。

KS000782

メール来るんで、忘れて失効するなんて事は無いと思いますが・・・

気を付けましょう。

 

500オリコポイントから、リアルタイム交換できてしまうので、

ポイント不足で失効するような事は無いと思いますが・・・

貯まったら、忘れないうちに交換しておきましょう。

 

暮らスマイルのステージアップシステムは関係無し。

オリコカードと言ったら、ステージアップシステム。

残念ながら、オリコカード ザ ポイントの場合は、コレは関係ありません。

 

↓暮らスマイルのクラスステージは関係無い。

KS000673

 

年間200万利用で、還元率が2倍になったら本当に最強なのに・・・

残念ながら、利用しまくったところで、基本の還元率は変わりません

還元率2%超えたらヤバいから、仕方ない。

 

ビジネス用クレカのEX Gold for Bizなんかは、ステージアップシステムは健在。

事業用クレカで使う額が多いなら、オリコのビジネスゴールドをオススメします。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

利用額に応じて、還元率1.1%まで上がるから。

 

nanacoチャージでポイントは付与されない。

Orico Card THE POINTは、

電子マネーnanacoにチャージしても、ポイントは貯まりません

「公共料金をコンビニでnanaco払い」という裏ワザには使えません。

 

nanacoチャージでポイント貯めたいなら、リクルートカードが間違い無いです。

nanacoチャージで高還元率のクレジットカード。クレジットチャージの注意点。

 

年会費無料のリクルートカードでも、還元率1.2%だし、

有料のリクルートカードプラスなら、還元率2.0%となる。

 

年会費を考慮したとしても、

年間30万以上利用するなら、リクルートカードプラスの方がお得となります。

有料のリクルートカードプラス、レックスカードの還元額を計算する。無料クレカとの分岐点。

 

入会後6か月間の還元率2%ってのは、5000オリコポイント迄という制限。

入会後6か月間は、還元率が2%と表示されてますが、

コレで付与される特別加算ポイントは、5000オリコポイントが上限です。

KS000674

50万円利用で、特別加算ポイントが5000ポイントとなるので、

50万利用したら、6か月以内でも基本還元率は1%に戻ります。

※オリコモール利用の還元率+αは、継続して付与されます。

 

勘違いした私は、既に50万オーバー越えの利用している。

まぁ、それでも高還元だから許す。

 

Orico Card The Point PREMIUM GOLDとの違い。

Orico Card THE POINT のポイント還元率を特化したカードが登場。

年会費有料のOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDです。

プレミアムゴールドって事で、通常版よりも様々な特典が有ります。

 

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドの違い

  • 年会費1950円と有料のクレカ。
  • オリコモールで1.0%を特別加算。通常版よりも0.5%も多い。
  • 電子マネー(iD・QUICPay)の利用でも0.5%を特別加算
  • 最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 最高1000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯。
  • 最高100万円のショッピングガード保険
  • 利用可能枠は最大300万円まで。
  • MasterCardのゴールドカード特典が利用可能。
  • オリコの福利厚生Orico Club Offが利用可能。※要会員登録

 

年会費1950円と有料のクレジットカードになりますが、

オリコモール経由での買い物の還元率1.0%と、更に0.5%も高くなってます。

国内ネットショップでの還元率は敵なしになるかと。

 

また、便利な電子マネーiD・QUICPayの利用でも還元率+0.5%となります。

iDヘビーユーザーの私のような人間は、お得度極まりない。

電子マネーのご利用で通常1.0%に+0.5%のポイント加算!

 

ゴールドカードという事で、付帯保険もアップグレード。

海外旅行傷害保険は自動付帯ショッピングガード保険まで付くようになります。

マスターカードのゴールド特典や、

オリコの福利厚生サービスも利用できるようになりますが、

あくまで年会費1950円なので・・・低価格ゴールドのような位置付け。

付帯保険の内容や特典は、一般的なゴールドカードに比べると劣る。

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

 

還元率だけで考えるなら、40万円の0.5%が2000円なので、

iD・QUICKPayや、オリコモールの利用が年間40万円を超える人なら、

有料のプレミアムゴールドにしても損が無い。使えば使う程よりお得になります。

ゴールドカードって事で、利用限度額も最大300万円まで上がりますから。

 

実際のところ、付帯保険や、ゴールドカード特典も充実しているので、

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、年会費以上の価値も有るかと。

券面のデザインも違い、ゴールド文字もカッコ良い。

 

Orico Card THE POINT UPtyとの違い。

「UPty」の名の付く、Orico Card THE POINT UPtyも登場しました。

カードスペックそのまま引き継いでますが、こちらはリボ専用カードとなってます。

オリコカード ザ ポイント アプティとの違い

  • 1回払いと言っても自動的にリボ払いとなる。
  • Orico Card THE POINT UPtyは、Masterカードブランドのみ
  • キャッシング利用可能枠が10万~200万円
  • 券面カラーがシルバー

 

高還元率クレジットカードそのままに、

毎月の支払額を自由に設定可能。

初回返済日までのリボ払い手数料は無料なので、

毎月返済額未満の利用なら、金利手数料は発生しません。

 

Orico Card THE POINT UPtyは、旅行保険の付帯がありません。

ただ、スペック自体はOricoCard THE POINT同様、

高還元のカードとなっています。

ミニマムペイメントの設定次第で1回払いも可能なので、

OricoCard THE POINTと同じ使い方も可能になります。

また、他のオリコカードは黒ベースの券面画像が多い中、

Orico Card THE POINT UPtyはシルバーベース。

女性にも持ちやすいカードとなっています。

 

Orico Card THE WORLDとの違い。

プレミアムゴールドが、ヤングゴールド並のサービスなら、

オリコカードザワールドは、ゴールドカード以上のサービス。

海外利用が多い人なら、 Orico Card THE WORLDを選ぶべき。

オリコカード ザ ワールドとの違い

  • 年会費9800円(税込)と有料のクレカ。
  • 通常還元率1.0%、オリコモール利用で0.5%加算
  • 海外利用で1.0%加算(還元率2.0%)
  • 入会6ヶ月は還元率+1.0%
  • 最高5000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 最高5000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯。
  • 海外旅行航空便遅延保険が自動付帯
  • 国内旅行航空便遅延保険が利用付帯。
  • 最高300万円のショッピングガード保険
  • 利用可能枠は最大300万円まで。
  • 空港ラウンジサービスも利用可能。

 

通常還元率1.0%オリコモール+0.5%加算はそのまま、

更に海外利用で+1.0%も加算される、海外利用で最強のクレジットカード。

海外利用で問答無用に還元率2.0%ということで、

海外ネットショップでもポイント倍増となる。

海外サイトユーザーなら、使わない手は無い。

 

100万円の1.0%が10000円なので・・・

還元率だけで考えても、海外利用が年間100万円を超える人なら、

有料の Orico Card THE WORLDにしても損する事は、有り得無い。

 

海外での還元率に限らず、他社ゴールドカードよりも優れた点が多いです。

海外利用で超高還元率「Orico Card THE WORLD」のメリット・デメリット。

航空便遅延保険付帯ってのも、ワンランク上の保険。

同レベルの他社ゴールドよりも、年会費も安いから。

 

Orico Card The Pointは、還元率1%以上の価値が有る。

敢えてデメリットを多く記載しましたが、

永年無料なんで、デメリットなんて言うもの程のモノではありません。

正直メリットが多く、リスクは無い。

高還元率クレカで上位に食い入る素晴らしいカードです。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

特に、国内ネットショップ利用では、還元率2.0~3.0%超えがほとんど

海外利用はMasterブランドで、換算レートも良くなりますから。

クレジットカードの為替レートが良いブランドは?海外ショップの利用明細で比較してみる。

 

また、私の様に小銭を持たない方にもiDとQUIDPayはオススメ

iDで少額決済もバシバシ高還元でポイント付与されます。

会計もスマートでスムーズ、使い勝手も非常に良いカードです。

 

ビジネスでクレジットカードを使うなら、オリコのビジネスカードがおすすめ。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

ビジネスカードの中でも還元率が高く、利便性も高いです。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。

 

高還元率クレカは、多く所持していることに越した事は無い。

事業主は、経理上クレジットカードも分けた方が良いので、

サブカードとして利用したって良いと思う。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

 

作るだけなら損が無い。使わなくても永年無料です。

半年間は2%の還元率。国内ネットショップで更に+αです。

作ったら、バシバシ使いまくりましょう。

 

P.S.

金ピカだけで、意味の無い有料ヤングゴールドカードを作るよりは、

内容の充実した無料クレカの方が断然宜しいかと。

財布の中が金色だらけになると、ちょっと嬉しいけどね。

 

ちなみに、オリコ初のプラチナカードは、

高還元率だけじゃなく、特典も満載となってます。

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)のメリット・デメリット。

下手なゴールドカードよりも、オリコのプラチナはコスパが良い。