クレジットカードの利用限度額を上げる方法。与信枠を増やす為に。

動かせる金額が大きければ、大きな取引もできるのは事実。

ネット物販事業主、弱小小売業の私には、

クレジットカードのショッピング利用枠ってのは非常に重要。

 

今でこそ、200~300万円の限度額のクレカを多く持ってますが、

ここまでくるには大変苦戦しましたので、参考までに。

信用ってお金で買えませんから。

ショッピング枠とキャッシング枠の審査基準。利用枠の上限は年収次第。

2010年12月17日より、

クレジットカードの審査ルールが変更になりました。

 

ショッピング枠は割賦販売法に基づき、

支払可能見込額を算出し、

その金額を元にクレジットカードの上限金額も決まってます。

利用可能枠は、支払可能見込み額以下になる。

支払可能見込額算定方法

支払可能見込額=年収-年間請求予定額-法律で定められた生活維持費

ショッピングご利用可能枠算出方法

支払可能見込額×0.9≧お客様のご利用可能枠

※参考→割賦販売法施行に伴うご利用可能枠の設定ルールについて

 

一方、キャッシング枠は貸金業法に基づく。

割賦販売法と同様に貸金業法も改正され、

年収の3分の1以上の貸付(キャッシング)は不可能となりました。

 

いずれにせよ、これは、あくまで利用枠の上限の話。

年収により利用できる上限が決まっており

その範囲内で、カード会社独自の審査が行われ、

利用可能枠が決まるという事。

 

年収が多いからといって、

最初から利用枠が多いという事ではありません。

個人信用情報の積み上げが重要となります。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

クレジットカード利用頻度が高いほど、利用限度額は多くなる。

クレジットカードを利用すればするほど、使える金額は増えていく。

カードを利用して遅延なく返済する

その繰り返しで信用も増していくのは、なんとなく把握しているかと。

 

リボ払いや分割払いを多用するのは、限度額に悪影響かと思いきや、

リボや分割払いを利用すればするほど、利用枠は増える傾向にある。

 

リボ払いや分割払いって金利が発生しまくるし、

カード会社にとって一番の儲けどころ。

リボって月々の返済金額を少なくし、

返済期間を延ばし、金利を払わせる仕組み。

 

リボにすれば、必然と利用期間は長くなるし、

きちんと返済している回数も多くなる。

借金→返済を繰り返す。

優良顧客ほど、より多くの借金ができるようになるわけです。

リボ払いって、月々の返済額が最低金額に設定されてる事も多いから、

支払の遅延も起こりづらいという。

勤続年数や資産も関係するが、借金の利用頻度が一番重要。

定職についているか?家が自己所有か?ってのも一つのポイントですが、

家族が車のローンを組んでいたり、家のローンを組んでいたり、

親が借金のヒストリーを積んでいれば、その子供の与信枠にも影響する。

私の友人は、初めてのクレジットカードで、

最初から限度額50万円とか有りましたが、

実家暮らしで、なんでもローンで買う家系だったんで、たぶんそういう事なんだと。

 

私は以前、給料が安い業種で働いていたのですが、

同業の同僚達は、皆ショッピング利用枠が非常に多かったです。

給料が安いため、キャッシングする。

キャッシングしまくって、借金も何百万円も有る。

キャッシング返済額は最小(毎月1万円の返済)で、

キャッシング100万円のMAXまで到達したりしてたり。

何十年越しの借金野郎でしたけど、借金に関しては信用が有ったワケ。

 

地元の友人は、初めてのクレジットカードで利用しまくる。

リボ設定されている事を知らずに、毎月3万円だけ返済をし続け、

いつの間にか、ショッピング利用枠30万円が限度額100万まで増加。

最終的には返済額が追いつかず、限度額100万円にも到達。

カード決済ができずに借金に気付くという、地獄を見てました。

 

金利の高いリボ払いをしろとは言いませんが、

借金を繰り返した方が、借金ができる世の中です。

 

順当に限度額を増やすなら、なるべくクレジットカード決済をして、

遅延せず返済をする。もちろん一括払いで構いません。

むしろ、リボは使わない方が良いです。

増枠申請を定期的に行う。限度額の上がる周期。

クレジットカードの限度額は、

毎月コツコツ使っていれば、自然と上がっていくのですが、

意外と時間がかかります。

 

個人的な体感として、限度額が上がるタイミングは、

半年から一年くらいで上がる場合が多いです。

自動的にも上がりますが、

自分で増枠を申し込まないと上がらないカードも多い。

半年くらい使って、コールセンターに連絡。

今ではオンラインで簡単に限度額アップ申請が可能なカードも多いです。

利用してるカードなら、定期的に増枠審査をしてみるのも有効かと。

特別理由も必要ありません。だって足らないんだもん。

 

以前、増枠の審査についてコールセンターで伺ったのですが、

その時々により、審査結果は異なるという事。

その時は、3か月前に審査して駄目だったんですが、

また、今の時点で審査したら、違う可能性も有ると言われました。

 

とりあえず、増枠したいなら審査してみる。

実際、立て続けに審査して、上がった場合も有りましたし、

駄目だった場合も、駄目だった旨の通知が有るだけ。

特にペナルティも無いと言って頂けましたから。

 

増枠したいなら、コールセンターで相談してみる。

カード会社にも依ると思うので、その方が確実です。

 

ショッピング利用枠の一時増枠という方法も有る。

急な出費等で限度額が足らない場合は、

コールセンターに相談する事で、一時的に限度額を増やす事も可能です。

海外旅行や、結婚式とか、歯医者での治療費とかとか、

私も税金の支払いで利用したりしてます。

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたデメリット。

 

審査も即時だったり、数時間程度で終わる事がほとんど。

支払用途も聞かれる事もあるので、くれぐれも嘘は言わないように。

 

一時増枠の注意点としては、増枠期間は1カ月間程度で有り、

返済方法は一括払いのみで、リボ返済や分割払い不可能となる。

お金が有る前提で、増枠ができるという事を忘れないように。

利用限度額を回復する為に、ショッピング利用枠の繰上げ返済をする。

一般カードでは、ほとんどクレジットカードで繰上げ返済が可能です。

繰上げ返済とは、未払い分を請求日前に返済して、

限度額をリフレッシュする方法。

 

金利の発生するキャッシングだけでなく、

一括払いのショッピングだって、繰上げ返済可能だから。

限度額が足らないなら、一旦返済すれば、

返済した日には、限度額が完全回復する。

 

繰上げ返済すれば、利用枠も復活するし、

更にカード決済する事で、カードの利用金額も増えていく。

より高回転で増やしたいなら、有効かと。

 

基本的にはキャッシング利用の返済方法と一緒です。

※参考→海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。 | とりあえずバンクーバー。

繰上げ返済の方法は、カード会社により異なりますが、

基本的には指定口座への振込での返済が多い。

 

ちなみに、ビジネスカードで繰上げ返済が可能なカードは少ないのですが、

オリコEX Gold for Bizと、セゾンプラチナビジネスカードは繰上げ返済が可能でした。

オリコは、指定口座(みずほ銀行)への振込対応、

セゾンは、指定口座(みずほ or 三井住友)、提携銀行ATM、セゾンATMと選べます。

仕事で使う時は、一気に上限に達してしまうので、

困ったときは、コールセンターに一時増枠→繰上げ返済の相談のコンボ。

アメリカンエキスプレスカードのデポジットを利用する。

アメックスカードに限った話になりますが、

アメックスには、限度額という概念が無く、

利用可能枠という明確な金額は教えてもくれません。

 

利用枠が無いという事は、利用可能枠が大きいという事では無く、

ただ明らかにしないというだけ。

他社クレカ同様、発行したばかりは、低い金額に設定されてます。

 

ただアメックスには、デポジットという独自のシステムが有り、

事前に入金する事で、その金額まで利用する事が可能となります

 

もちろん、利用回数や、利用金額も大きくなれば、

勝手に利用可能枠も増え、

後にはデポジットしないでも余裕で決済できるカードにも成り得ます。

 

また、アメックスカードは他のクレジットカードとは違い、

カード券面カラーと限度額は比例しません

アメックスゴールドでも、限度額が低い人が多い。

年会費の高いだけで、意外とだれでも発行できるカードですからね。

アメリカンエキスプレス ゴールドカードのメリット・デメリット。

アメックスグリーンでも、無尽蔵に使える人も居ます。

特典が要らない人なら、アメックスグリーンで十分。

特にビジネスグリーンは、コストパフォーマンスが高いですから。

アメックスビジネスカード(グリーン)はコスパ最強。ビジネスゴールドとの違い。 

クレジットカードが無理なら、デビットカードを利用する。

私も起業したての頃は、

やはりVISAデビットや、JCBデビットを多用してました。

ジャパンネット銀行楽天銀行住信SBIネット銀行を所持していれば、

無料で発行できますからね。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

 

クレジットカードとの違いは、銀行口座から即時引き落とされるという事。

限度額=預金残高となる点。事前にお金を預けて無いと使えません。

あとは、クレジットカードに比べると、還元率が低いこととか、

海外で使う場合は、為替レートも悪いです。

クレジットカードの為替レートについて。国際ブランドの換算レートを比較する。

まぁ、それを補うメリットが多いので、

現金有って、クレジットカードが使えないなら、デビットは手だと思う。

デビットカード(VISA・JCB)のメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

ただ、デビット使ったところで、与信枠には影響しない。

クレジット契約取引では有りませんからね。

無料のクレジットカードには限界がある。

無料のカードでは一定額以上は上がら無いです。

私は無料カードも多く持っているし、

しかも長く使っているのですが、

80~100万の限度額でストップしているカードが多いです。

 

一方、年会費有料のゴールドカードは、

最初から限度額も高く、限度額も非常に上がりやすかったです。

最初は100万円で、一年くらいで限度額が300万円まで上がりました。

 

それなりにカード実績ができたら、ゴールドカードにした方が良い。

今では、年会費2000円~5000円の格安ゴールドカードや、

ヤングゴールドも多いし、審査もゴールドカードよりも優しいです。

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

コールセンターの電話も即繋がるし、トラブル時の対応も断然良くなる。

 

私が初めて所持したヤングゴールドは、JCB GOLD EXTAGE

30歳未満なら、空港ラウンジサービス、ゴールドデスク対応なのに年会費3000円

海外利用もポイント2倍。国内Amazonの利用も海外扱いで、ポイント倍増となります。

海外旅行保険、国内旅行保険の補償額は最高5000万円と、

同価格帯の他社ヤングゴールドよりも断然上。

 

ステータス性のヤングゴールドといえば、三井住友のプライムゴールド

学生や26歳未満なら、無料の三井住友VISAデビュープラスからアップグレードがオススメ。

若者限定クレカ!三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット。

三井住友ブランドは信用アツいですが、その分審査も厳しめですから。

 

ゴールドカードは年会費も高いので、

あまり複数作っても意味はないと思いますが・・・

ヤングゴールドは激安なんで、複数枚持っておいて損も無いかと。

コストパフォーマンスは非常に高い。

 

限度額が大きければ、バシバシ決済でき、

大きな金額を返済していれば、バシバシ限度額も上がります。

他社カードの審査や、与信枠にも影響してくれるハズです。

利用枠を増やすなら不要なカード解約よりも新規カード発行。

不要なカードを解約すると、

限度額が上がると言われていますが、

むしろ無料のカード、もしくは年会費の安いカードを

複数作って20~30万の限度額を、複数持って対応した方が早いかと。

 

限度額って上がっても、20万とか30万ですし、

カードによって、限度額が上がり難いカードが有るのも事実、

増枠の審査に時間もかかります。

 

一方、新しいカードなら、最低20~30万の利用枠は貰えるし、

現在所持しているカードで利用頻度が多ければ、

他のカードでも最初から50万~100万円を新たに貰える可能性も有る。

 

カード会社は、審査で個人信用情報機関に照会をかけ、

申込者の信用情報を調べます。

別に一つのカードを使い続けなくとも、信用は積み重ねられるという事。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

カード審査と信用情報の関係

しかも、クレジットカードは新規入会すると、

ポイントキャッシュバックとか、金券貰えたり、非常にお得ですから。

一通りの国際ブランドカード(MASTER,VISA,JCB,AMEX…)は、

持っておいても損は無いかと。

 

無料のクレジットカードでも優れたカードは多いです。

サブカードにオススメの年会費無料クレジットカードまとめ。

還元率にこだわるなら、年会費を考えても得しますから。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

カード発行の注意点として、

同時期に新規カードを申込みまくるのは、辞めた方が良いです。

審査に悪影響を及ぼす可能性も高いので、カードを増やすのも定期的に。

徐々に増やしていきましょう。

事業主は信用無し。サラリーマンのうちに発行しておくべし。

離職してからは、クレジットカードが非常に作りづらくなります。

独立を考えている方は、在職中にカードを作っておきましょう。

どーしても作れないなら・・・

やっぱり審査不要のVISAデビットカードじゃないでしょうか?

超オススメの高還元率デビットカード(JCB、VISA)まとめ。

 

家のローンを組むなら、大企業に勤めているうちに。

ローンの金利も、勤め先によって大きく異なります。

勤務先のメインバンクで家のローンを組んでおけば、安い金利とか。

転職前に住宅ローンを組んでおくとか、私の周りでも良く聞く話です。

仕事を辞めてやるその前に、会社の信用くらいは使い倒しておきましょう。

何をするにもクレジットカードが必要な時代になってますから。

 

P.S.

私は、離職後に、クレジットカードを作れず、

登録していた派遣会社を利用した記憶が有ります。

勤務先を派遣会社にしてカードを発行。

ホント登録していただけなので・・・やめといた方が無難ですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です