リボ払い専用クレジットカードの落とし穴。JCB EIT、JCB CARD R、Jizile、P-one Wiz、楽天カードの注意点。

リボ払いクレジットカードの注意点

高還元率なのに無料のクレジットカード、

よくあるリボ払い専用カードなど、仕組みを知らないと非常に損をします。

 

特にリボルビング払いって、損でしか無いです。

使っているつもりでなくても、リボ払いにしちゃってる。

非常に勿体ない。

カードの仕組みを把握して、お得な部分だけ活用させて頂きましょう。

リボルビング払い専用カードに注意。

私も所持している、リボルビング払いクレカ。

P-one Wiz、JCB EIT、JCB CARD R、Jizileカード等、リボ払い専用の高還元率カードは、

月々の支払い金額を決めて、

それを超えた分が自動的にリボ払いになるカードです。

 

たとえば、毎月3万円に設定にすると、それを超えた分は翌月の支払い、

さらに翌月も3万円を超えた分は翌々月と、

一見して良い様に思いますが、

実際には繰り越した分に、高い金利を乗せて払う事になります。

月々の支払いは少なくなっても、

支払いを延ばして、金利もプラスされるので、永遠に払い続ける事になります

恐るべしリボルビング払い。

 

ポイント還元率が高いからと言って、

仕組みを知らないで利用すると、

結果的に、全然お得では無いパターンです。

 

しかしながら、リボ専用カードは正しい用法で使えば高還元率クレカになります

リボ手数料、金利さえかからない様にすれば、

ポイント還元率が高いので、悪く無いカードになる。

 

JCB EITカード、Jizileカード、P-one Wizは、

リボ払い専用クレカですが、初回リボ手数料は無料です。

 

例えば、P-one Wiz還元率1.5%無料クレカで最高の還元率を誇ります。

リボ専用ですが、月々の支払額を利用可能限度額まで上げることにより、

超高還元率のまま一括払い専用にも変更できます

最強のリボ専用クレカ「P-one Wiz」のデメリットまとめ。超高還元率を活かす使い方。

請求時に現金還元という点も素晴らしい。還元率に限って言えば一番。

 

JCB EITは還元率1.0%。還元率以外も優れています。

海外旅行保険は自動付帯だし、JCB会員限定の保険にも加入できるようになる

特に個人賠償責任保険「トッピング保険」は超オススメ。

個人事業主の生命保険の必要性。死亡保険、医療保険に入るべきか否か?

 

Jizileカードも還元率1.5%の高還元率を誇りますが、

P-one Wiz、JCB EITとは違い、リボ限度額が5万円上限となっていますので、

月間5万円以上利用する場合は、強制的にリボ手数料が取られます

海外旅行保険は自動付帯ショッピング保険も付いているので、

月額カード利用額が5万円以下なら、悪くは無いカードだと思います。

 

申し込んだら、月々の支払額をMAXまで上げるのを忘れずに。

あとは一括払いのクレカとして、普通に使えば良いだけです。

楽天カードの自動リボに注意。一括でもリボ手数料が発生する。

同じくポイント還元率が高く、無料の楽天カード

リボ払い専用カードでは無いのですが、

申し込んだ時点で、既に自動リボという機能が設定されていました。

 

月々のリボ払い支払い額を高く設定して、

リボ専用カードの様に、リボ払いにならない様に利用していたのですが、

なんと、リボ払い手数料が取られていました。

 

自動リボに設定しているだけで、決済毎にリボ手数料が発生

毎月の支払い以下の少額決済でもリボ手数料が発生します

楽天カードの自動リボはエグいです。

入会時に指定しないと、最低金額でリボ設定されるんで、ホント気をつけて。

※入会時にご指定いただいていない方は、リボお支払いコースは3,000円となっております。
※リボ払いをリボお支払いコース金額以下の金額でご利用いただいた場合でも、包括信用購入あつせんの手数料(以下リボ手数料)がかかります。

 

2か月後くらいに気付き、非常に悔しい思いをしました。

しかもWEBで解除したのに、反映されておらず、

結果、電話で解除しました。

・・・カスタマーセンターも、自動応答で全然繋がりません。

 

リボ払いをするつもりが無いのに、

自動リボになっているのであれば、すぐ解除しましょう。

 

楽天カードは年会費無料で、高還元ですが、

変なところで手数料を取られては意味が有りません。

入会キャンペーンで、大量のポイントが貰えますが・・・

申込の際の自動リボの設定はしない様に、くれぐれもお気を付けください。

※自動リボのチェックを外すだけです。

 

楽天カードは、どこでも高還元ってわけではありません。

基本的に損は無いカードですが、上手い事使い分ける必要はあります。

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

 

その他オススメの高還元率クレカは、下記も参考に。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

クレジットカードは、使い分けてこそ高還元率となりますので。

 

リボ払いは、キャッシュバックや、高ポイント還元など

お得に見えますが、リボ払いの金利ってもの凄く高いです。

リボ専用クレカでも、リボ払いは決して使わない。

ローンも同様です。金利で儲ける商売には気を付けて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です