高還元率クレジットカードの注意点と使い分け方法

クレジットカード還元率オススメ

還元率を謳うカードは星の数ほど有りますが、

実際のところ、得するカードも限られていますので、

今回は、私が実際に使っている高還元率カードについて。

あくまで現金換算する場合の還元率を考えます。

 

マイル還元率は、ポイント還元率とも全く異なりますので、

マイル派の人は、以下記事も参考に。

私は、ANAマイルよりもJALマイル派です。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

還元率1%以上のクレジットカード一覧

高還元といわれるクレジットカードでも、

通常還元率は1%前後で落ち着いているのが現状です。

カード名 還元率 年会費
Orico Card THE POINT 1.00% 無料
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1.00% 1950円(税込)
Orico Card THE PLATINUM 1.00% 20000円(税込)
Orico Card THE WORLD 1.00% 9800円(税込)
楽天カード(楽天PINKカード) 1.00% 無料
楽天ゴールドカード 1.00% 2160円(税込)
楽天プレミアムカード 1.00% 10800円(税込)
Amazon Mastercardクラシック 1.00% 初年度無料、次年度以降も1回以上利用で無料
Amazon Mastercardゴールド 1.00% 10800円(税込)
ヤフーカード 1.00% 無料
dカード 1.00% 1458円(税込)
(年1回の利用で無料)
dカード GOLD 1.00% 10800円(税込)
リクルートカード 1.20% 無料
ビックカメラSuicaカード 1.00% 556円(税込)
(年1回の利用で無料)
三井住友カード デビュープラス 1.00%~3.00% 初年度無料、次年度以降も1回以上利用で無料
※18歳~25歳限定
JCB CARD W
(JCB CARD W plus L)
1.00% 無料
※18歳~39歳限定
Delight JACCS CARD 1.00% 無料
リーダーズカード 1.00% 2700円(税込)
(年間30万円以上利用で無料)
P-oneカード<Standard> 1.00% 無料
P-one Wiz ※リボ専用 1.50% 無料
DCカード Jizile ※リボ専用 1.50% 無料
R-styleカード ※リボ専用 1.05% 無料

 

リボ専用のクレジットカードは還元率が高いですが、

リボ払いで金利が発生したら意味ないので気を付けましょう。

 

還元率が高いといえど僅か1.0%前後であり、

わずか0.5%程度の差も、全く重要では有りません。

どこで使っても1.0%のカードは魅力的では無いという事。

 

各社、特定の利用先に限って、還元率が大きく変わるし、

貯まるポイントの利便性も違うから。

高還元率クレジットカードの注意点

過去の還元率や、「最大」とか「最高」っていう表記に注意です。

なんとなく高還元率と思って使って、

私も後から気付く事が多いので。

高還元率クレジットカードは改悪する

還元率が高いカードといえば、JACCSカードでしたが、

改悪に次ぐ改悪で、残るのはレックスカードとリーダーズカード。

レックスカードは、Delight JACCS CARDへ名称変更となり、

最終的な還元率は1.00%まで落ち込んでます。

JACCSカード改悪の歴史

Delight JACCS CARD(REX CARD)の改悪

  • 2015年12月、還元率1.75%→1.5%
  • 2017年10月、還元率1.5%→1.25%
  • 2020年11月、還元率1.25%→1.00%

漢方スタイルクラブカードの改悪

  • 2015年12月、還元率1.75%→1.5%へ
  • 新規申込み停止へ(リーダーズカードへ統合)

Extreme Card(エクストリームカード)の改悪

  • 2015年12月、還元率1.75%→1.5%
  • 2017年10月、還元率1.5%→1.25%
  • 新規申込み停止へ

リーダーズカードの改悪

  • 2015年12月、還元率1.5%→1.1%
  • 2017年10月、還元率1.5%→1.25%
  • 2020年11月、還元率1.25%→1.00%

「レックスカード」を超える還元率として登場した「リクルートカードプラス」も、

今では新規申し込み停止となり、残るリクルートカード還元率1.2%

 

誕生日月でポイント5倍(還元率2.5%)だった「ライフカード」も、

誕生日ですら還元率1.5%と、一気に使いたくないカードへ。

LINE Payカードも2018年5月末をもって、

還元率2%の終了がアナウンスされています。

高還元率カード改悪の歴史

リクルートカードプラスの改悪

  • 2016年9月、nanaco・モバイルSuicaチャージは、ポイント付与対象外へ
  • 新規申込み停止へ

ライフカードの改悪

  • 2017年7月、誕生月ポイントが5倍→3倍(還元率2.5%→1.5%)へ。
  • 楽天Edy、nanacoチャージは、ポイント付与対象外へ。

楽天カードの改悪

  • 2017年11月、nanacoチャージ、モバイルSuicaチャージ(Apple Payチャージを含む)はポイント付与対象外へ。

ヤフーカードの改悪

  • 2018年3月、nanacoチャージはポイント付与半減(還元率0.5%)へ。

SBIカードの改悪

  • 2015年10月、還元率1.0~1.2%還元率0.33~0.5%
  • 2018年1月、SBIカードの終了→ミライノ カードへ

LINE Payカードの改悪

  • 2018年1月、ファミマTカードチャージ(ポイント2重取り)終了
  • 2018年5月末、LINE Payカード還元率2%終了

Yahoo!Japanカードの改悪

  • 2020年2月、Paypayチャージ&決済がポイント付与対象外へ

dカードの改悪

  • 2020年11月、ローソン決済での3%割引が終了へ

マイルに交換してこそ真価を発揮する、アメックスダイナースも、

ここ数年でマイル移行で改悪が続いています。

アメックス&ダイナース改悪の歴史

アメックスカードの改悪

  • 2017年4月、メンバーシップ・リワード・プラスの交換レート改悪。1000ポイント→1000マイルが、1250ポイント→1000ポイントへ ※ANA以外
  • 2019年1月、ANAマイルへの年間移行上限4万マイルまで。

ダイナースカードの改悪

  • 2016年2月、年間10万マイルの移行制限
  • 2017年5月、ダイナースモールでのポイントアップ率の改悪&付与単位が100円単位→5000円単位へ
  • 2018年12月、ANAマイルへの年間移行上限4万マイルまで

ダイナースプレミアムの改悪

  • 2018年7月、リボ払い還元率3%→2%へ
  • 2019年9月、100円2マイル→1.5マイルへ

マイル還元率が最強だった、ダイナース・プレミアムも2019年に大幅改悪。

ただただ、年会費が高いだけのカードへ。

 

高還元率だったクレジットカードも、今では別物になっているという事。

クレジットカードも流行り廃る。一つのカードに依存しないのも得する秘訣。

貯まるポイントの価値が全然違う

還元率という言葉で比較されがちですが、

クレジットカードにより、還元されるポイントの価値は大きく異なります。

 

いわゆるカード会社系のクレジットカードは、

貯まったポイントを金券やギフトカードへ交換できますが、

例えば、4大共通ポイントといわれる、

楽天ポイント、Tポイント、Pontaポイント、dポイントが貯まるカードの場合、

現金換算となると、その価値の判断は難しくなります。

1ポイント1円の価値となるのは、あくまで提携サービスを利用した場合の話。

 

貯まったポイントで、再度サービスを使って貰うという魂胆も有り、

共通ポイント同士の交換も、基本的に不可能。

日頃からサービスを利用しない人にとっては、価値の低いポイントとなり、

無理して消化するなら本末転倒。

数パーセントの還元率に、こだわる理由も無くなってしまう。

4大共通ポイントが貯まるクレジットカード

基本的には、カード会社の関連サービスでカード決済すると、

ポイントが多く貯まるという仕組みなんだけど・・・

リクルートのサービスは、リクルートカード以外でもポイントは貯まるし、

docomoのサービスも、dカードを使ったところで得しない。

運営ショッピングモール一つとって比較すれば、それも明らかです。

ショッピングモールでのポイント倍付け特典

  • 楽天市場:楽天カード決済で+1%(プレミアム、ゴールドなら+3%
  • Yahoo!ショッピング:Yahoo!Japanカード決済で+1%
  • ポンパレモール:リクルートカード決済での特典無し
  • dショッピング:dカード決済での特典無し

楽天市場は買い回りキャンペーンも、毎月行っており、

Yahoo!ショッピングも倍付キャンペーン多発しまくり、

ポイントの貯まりやすさも全然違います。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

共通ポイントの比較

ポイントの使い道を比較しても、Tポイント加盟店はダントツに多いし、

WEBに限っても、Yahoo!ショッピング、LOHACO、

ヤフオク、Yahoo!トラベル、ふるさと納税・・・と使えます。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

 

楽天ポイントも、楽天ペイで利便性も増し、

楽天関連サービスは言わずもがな豊富、ふるさと納税にも使えます。

楽天の期間限定ポイント使い道。価値を高める消化方法。

 

一方、比べて劣るのがリクルートポイント。

リクルートポイントの現金化と使い道。なるべくお得に交換する方法。

リクルートポイントは、ポンタへも等倍交換可能となりましたが・・・

Pontaポイントも意外と使えないまま、イマイチ対応店舗も増えてない。

Pontaポイントの有効活用と使い道。リクルートポイントと交換開始で気づいたデメリット。

結果、ホットペッパーとじゃらんで消化する私。

 

dカードに至っては論外。dポイント加盟店は非常に少なく、

Docomoユーザー以外は、ポイントの交換先も大幅に限られるという。

dカード(旧DCMXカード)とdポイントのメリット・デメリット。

金券、JALマイル、Pontaポイントに交換できるのは、ドコモユーザーだけ。

俺、格安SIMしか使わないし、大手携帯キャリアの時点で損してるよね。

 

また、楽天市場や、ヤフーショッピングの場合、

ポイント利用した場合も、ポイント還元の対象となるというのも大きな違い。

Pontaポイントとdポイントは、ポイント利用時にポイント加算されません

ポイント利用時にポイントが付かないと、

ポイント利用のタイミングも見失いがちになるのは、私だけでもないでしょう。

カード会員限定ショッピングモールの誤解

カード会社運営のサイトを経由する事により、更に+〇〇%還元ってやつ。

ポイント優待サイト、ポイントモール、ショッピングモール・・・

と名称は様々ですが、どこのカード会社でも有るサービスです。

カード会社のオンラインショッピングモール一覧

上記のカード会社運営のショッピングモールは、

いわゆるネットショップの複合サイトとは異なり、

経由させるだけのWEBサイトとなってます。

 

実際のところ、どこでもやってますし、対象店舗や還元率も大差無い

というわけで、カード会社に縛られるショッピングモールを使うより、

どのクレジットカードでも貯まる「ポイントサイト」を経由した方が、

ポイントは断然貯まります。0.5%~1.0%くらい還元率は違います。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

 

ポイントサイトの方が、対象店舗も豊富で、還元率も高いという。

ポイントの現金化も可能だし、少額から現金にも交換可能ですから。

 

ただ、オリコカードのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDと、

Orico Card THE PLATINUMは例外。

カード特典として、オリコモール還元から更に+1.0%となるので、

ネットショッピングで最強のクレジットカードとなってます。

私が使っている高還元率クレジットカード

楽天市場で高還元の楽天ゴールドカード

WEBショッピングするなら楽天市場は外せない。

最近は、Amazonよりも楽天市場の方が安い事が多いし、

Amazonレビューの信憑性も無くなってしまいましたからね。

 

高還元率で有名なカードといえば、楽天カードですが、

更に還元率を強化した楽天ゴールドカードが登場しました。

楽天市場で利用すると還元率4%となる驚異のカード。

楽天経済圏で生活するだけで、マジで10%くらいは得をする。

IMG_5746

楽天ゴールドカードのメリット・デメリット

楽天ゴールドカードのメリット

  • 常に高還元率1%
  • 楽天市場で利用すればポイント5倍還元率4%
  • 提示だけでポイントが貯まる「楽天ポイントカード」として使える
  • VISA、Master、JCBと選べる。
  • 業界初カード利用お知らせメール設定可能→カード不正利用対策。
  • 楽天サービスの拡大→ポイントの利便性が高い
  • 入会するだけで多くのポイントが貰える
  • 空港ラウンジサービスが利用可能。
  • 頻繁に有る買い回りキャンペーンでポイントが倍倍倍・・・。

楽天ゴールドカードのデメリット

  • 年会費2,200円の有料カード。
  • 楽天サービスを利用しないのであれば、全く意味の無いカード。
  • ゴールドカード特典で付与されるポイントは、期間限定ポイント。
  • 自動リボ登録すると、一括返済でもリボ手数料が発生する
  • 楽天会員入会で、営業メールが多く届くようになる

楽天市場以外でも、どこで使っても還元率1%の高還元ですが、

2016年1月に、楽天カードの還元率が改善となり、

楽天市場で楽天カードを利用するとポイント2倍→3倍還元率2%)になりました。

楽天カードのデメリットまとめ。楽天市場のポイント倍率と還元率。

楽天ゴールドカードの場合は、更に+2%還元となっているので還元率4%

 

また、楽天市場はポイントサイトとの併用も可能なので・・・

楽天市場×楽天ゴールドカード×ポイントサイトで、還元率5.00%にもなる。

キャンペーンを利用せずとも、いつでも還元率5%ですからね。

 

年会費1万円楽天プレミアムカードと還元率は一緒だから、

年会費2,000円楽天ゴールドカードは、年会費の元も取りやすい。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

楽天市場で年間108,000円以上使うなら、無料の楽天カードよりも得するから。

 

頻繁に有る買い回りキャンペーンも併用すれば、

ポイントはジャブジャブ貯まりまくる。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの買い回りを比較。ポイント還元率の違いと攻略方法。

楽天市場を利用するなら、買い回り参加と楽天ゴールドカードは外せません。

 

楽天ポイント提携店舗も増え、共通ポイントとしての価値も高い。

期間限定ポイントの有効期限は短いですが、消化に困る事も有りません。

楽天の期間限定ポイント使い道。価値を高める消化方法。

楽天カードは、楽天ポイントカード機能も備えており、

提示するだけで楽天ポイントが貯まるから。

 

申込みだけで高額ポイントが付与されるのも楽天ゴールドカードの魅力。

注意点としては、申込時に自動リボの設定はしない様に。

リボ払い専用クレジットカードの落とし穴。JCB EIT、Jizile、P-one Wiz、楽天カードの注意点。

ポイント倍になっても、リボ払いしたら損するだけなので。

Suicaチャージで高還元のビックカメラSuicaカード

iPhoneや、Apple Watchを使うなら、Apple Payは超便利。

Apple Payで、利用するのが電子マネー「iD」「QUICPay」「Suica」。

電子マネーに使うクレジットカード次第で、還元率は大きく異なるという事。

ただ便利にカッコ良く使うだけでは、もったいないです。

 

Apple Pay Suicaで使うなら、

Suicaチャージで得するクレジットカードを使う方法も有ります。

Suicaでは、VIEWカードだけポイント3倍(還元率1.5%)となる。

 

そんなVIEWカードの中でオススメなのが、

年一回利用で年会費が無料となるビックカメラSuicaカードです。

※初年度無料、年一回の利用で翌年度の年会費無料となります。

IMG_5748

ビックカメラSuicaカードのメリット・デメリット

ビックカメラSuicaカードのメリット

  • 初年度年会費無料年一回利用で翌年度の年会費も無料
  • モバイルSuicaの年会費も無料
  • 通常還元率1.0%
  • Suicaチャージでポイント貯まるクレジットカード。
  • 電子マネーSuicaへのチャージで還元率1.5%
  • Suica利用ができる店舗が多い。高還元率をどこでも使える
  • Suicaオートチャージが非常に便利。
  • Apple Payとの相性が最高。
  • ビックポイントカード、クレカ、スイカが一体。財布スッキリ。
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯

ビックカメラSuicaカードのデメリット

  • Suicaエリア在住で無いと使い道が無い
  • Suicaチャージしておけるのは2万円が上限
  • 定期券機能を付与する事が出来ない

VIEWカードって基本的に有料カードばかり。

年一回の利用で年会費無料との事で、

普段からJRを利用する人なら、特に気にせず無料になるかと。

スイカチャージ(オートチャージも含む)でも利用と見なされます。

 

電子マネーSuicaへ直チャージできるクレジットカードも希少ですが、

スイカチャージを利用してこそ、真価を発揮します。

通常でも還元率1.0%と高いですが、

Suicaチャージの方が還元率1.5%と高いので、

Suica対応店舗では、チャージしてから決済した方が断然お得。

 

とにかくスイカチャージしておきたくなるのですが、

チャージしたままにできる金額は2万円がMAXなので、高額決済の際は注意。

交通系クレカ「ビックカメラSuicaカード」のメリット・デメリット。

海外旅行保険も補償額は低いものの自動付帯となってます。

 

貯まったポイントも、電子マネー「Suica」として使えるのも有り難い。

Suicaなら用途に困らないので、無理して消化する必要も有りませんから。

 

ちなみに、Apple Payで使う際の注意点として、

ビックカメラSuicaカードのSuica機能は、Apple Payに移行できないという事。

DSC03862

Suica機能一体型のクレジットカードは、

Apple PayのSuicaとして登録不可能となってます。

別途Apple Pay側で、Suicaを新規発行して、

別のSuicaとして、チャージして使う事になります。

 

Apple Pay Suicaにチャージする際も、

Apple Pay支払では無く、クレジットカードを登録して使います。

IMG_5761

VIEWカードは、Apple Pay決済しても還元率1.5%にはなりませんし、

そもそもApple PayでVISAカードは、WEB利用&アプリ内決済が不可能です。

ややこしいですが、色々と制約が有るのもApple Payです。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

マイル還元率1.125%のセゾンカード

飛行機に乗る人は、ポイントを貯めるよりもマイルを貯めた方が良い。

マイルの価値は「円」よりも高い。

ただし、これはJALとANAマイルの話・・・というわけで、

私が使っているのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

JALマイル還元率1.125%プラチナ特典も満載

年間200万円利用で年会費が半額の1万円となる。素晴らしい。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット

 

ANAマイルはポイ活で貯めやすいし、ANAは陸マイラーも多いので、

クレジットカードでは、なるべくJALマイルを貯めるようにしています。

JALカードってJALマイル還元率は高くないんですよね。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

クレジットカードの発行の注意点

クレジットカードはVISA、Master、JCB、AMEX、Diners等、

決済ブランドを選ぶ事ができます。

国外で利用する事を想定しているのであれば、

提携店舗の少ない、JCB、AMEX、Dinersは避けた方が良い。

私は、VISAよりもMastercard派。

クレジットカード国際ブランドの選び方。私がVISAではなくマスターカードを選ぶ理由。

 

海外決済が多い場合、為替レートにも気をつけて。

国際ブランドで大きく異なります。

海外ショップ利用、クレジットカードの為替レート比較

国際ブランドと為替レート

 

クレジットカードは、使った方が良い理由は、還元率だけでは無い。

信用を積み上げる、限度額を増やすといった意味でも有効。

デビットカードのメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。

不正利用時の対応も全然違います。

クレジットカードの不正利用や、利用ストップで、

急に使えなくなる場合も多いので、複数枚のクレジットカードは必須。

気を付けていても不正利用には遭います。

クレジットカードで繰り返し不正利用被害に遭う。カード会社の補償と対応の違い。

 

経費での利用額が多いなら、事業費決済用のクレジットカードを使うべき。

カードストップって、何も不正利用だけでは有りませんから。

ビジネスカード(法人カード)を使うべき理由。個人向けクレジットカードとの違い。

 

また、不必要なクレジットカードの発行は、審査や与信枠にも響きます。

やり過ぎには、くれぐれも注意しましょう。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

IMG_9301

 

P.S.

独立してから、クレジットカードを作るってのは、

非常に審査が通りづらいです。

クレジットカードを作るなら、会社員の時に作っておきましょう。

ローン全般に言える事ですが、

事業主ってホント信用ないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です