格安SIMでiPhoneを激安運用する方法まとめ。MVNOへMNPするのは簡単だから。

iPhoneを激安で利用する方法

格安SIMへの移行は面倒で、よくわからないって思いこんでいる方。

別に携帯ショップで手続きするのと大差ないし、むしろ簡単です。

店頭に行く必要もないし、自宅からインターネット経由で全て手続き完了。

ショップ店員も同じ人間、やり方だけ知ってるアルバイトだから。

 

大手携帯キャリアに縛られている方への、後押しになれば幸い。

今回は、iPhoneユーザー向けの内容にしましたが、

別にAndroidでも、流れは一緒だから。

iPhoneの種類と違い。サイズで選べば良いと思う。

iOSを使いたいなら、iPhoneを使うしか有りません。

他に選択の余地も無いので、端末選びも簡単です。

旧モデル、iPhone5S、iPhone5C、iPhone5、iPhone4S・・・でも使えなくは無いのですが、

快適に使う事を考えると、現行モデルにしておいた方が無難です。

2014年以降のモデル、iPhone6以降のモデルを推奨します。

 

格安SIMで使えるiPhoneまとめ(発売日順)

モデル 発売日 画面サイズ
iPhone 6 2014年9月19日 4.7インチ
iPhone 6 Plus 2014年9月19日 5.5インチ
iPhone 6S 2015年9月25日 4.7インチ
iPhone 6S Plus 2015年9月25日 5.5インチ
iPhone SE 2016年3月31日 4インチ
iPhone 7 2016年9月16日 4.7インチ
iPhone 7 Plus 2016年9月16日 5.5インチ
iPhone 8 2017年9月22日 4.7インチ
iPhone 8 Plus 2017年9月22日 5.5インチ
iPhoneX 2017年11月3日 5.8インチ

 

私は、ソフトバンク時代のiPhone 3GSからiPhoneⅩまで一通り使ってきてますが・・・

正直な話、劇的な変化はiPhone5で終わってます。

iPhone6で形こそ変わりましたが、スペック値という点で限界も見え始めてました。

iPhone5SとiPhone6とiPhone6 Plusの違いを比較。機種変更する必要性。

実際、毎回買い替えても、処理速度の変化は感じなくなってます。

 

現在では、iPhone5の上位モデルiPhone SEが激安で手に入るし、

主流の5インチスマホが欲しいなら、iPhone6やiPhone6Sで十分な性能。

たぶん不満に思う人は無いかと。

 

小さいのならiPhone SE。

大きいのならiPhone Plusシリーズ。

それ以外ならiPhone 6S、7、8。

どれでも十分ハイスペックだから。

 

iPhone 6、7、8は、サイズも一緒だし見た目も一緒。

ただ、Apple Payを使いたいならiPhone7以降じゃないと駄目。

格安SIMでもApple Payは使えますから。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

 

あと、カメラ性能に期待するなら、新しい端末の方が優秀です。

とはいえ、iPhoneSEでも十分撮影できるけどね。

iPhoneⅩともなると、カメラも超綺麗に撮影できるのでコンデジ要らずになります。

まぁiPhoneⅩは、また別物なので今回は割愛。

 

個人的にiPhone Plusのサイズは使いづらいんですが、年配の人には悪く無い。

5.5インチスマホはデカ過ぎた。私が「iPhone 6 Plus」を購入して気付いたデメリット。

私の実母もiPhoneを使ってますが、

文字サイズだけでなく、タップするという面でもPlusサイズじゃないと駄目みたい。

老眼だけでなく、狙ったところを押す動作も難しくなる。

あれ?あれ?オカシイなって。iPhoneは何もおかしくないんだけどね。

格安SIMを使うのにSIMロック解除は不要。

格安SIMは、SIMフリーiPhoneSIMロック解除済みiPhoneにて利用できますが、

実は、ドコモ版iPhoneau版iPhoneSoftbank版iPhone

大手3キャリアのスマートフォンなら、そのまま利用できます

 

ほとんどの格安SIMが、ドコモのLTE回線を利用している為、

ドコモSIMロックの有るiPhoneでも、格安SIMが使えるわけ。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

 

2017年には、au回線のMVNOも増え・・・

au回線でオススメの格安SIM。au系MVNOのデメリット。

2018年7月には、LINEモバイルにてソフトバンク回線SIMも登場しました。

ソフトバンク回線の格安SIM。SoftBank系MVNOのデメリット。

SIMロック解除とか、日本で使うなら、別に気にしなくても良くなったわけさ。

 

これは裏ワザではありません。MVNO各社の公式ページにて、

しっかりとドコモ版、au版、ソフトバンク版対応って明記されてます。

格安SIMならテザリングも無料で使えます。

※iPhoneでau回線を利用した場合のみ、基本的にテザリング不可となります。

 

また、2015年より大手携帯キャリアでも、

SIMロック解除サービスが義務化となりましたので、

SIMロック解除してしまえば、回線も気にせず使えるようになります。

100日経過すれば、無料でSIMロック解除できますから。

iPhoneのSIMロック解除方法まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルの解除条件。

 

ちなみに、YモバイルやUQモバイルのiPhoneにもSIMロックが付いてます

SIMロックでの囲い込みは大手携帯キャリアだけじゃないので気をつけて。

UQモバイルでiPhone契約するなら、Yモバイルのが良いから。

下手な格安SIMよりもY!mobile(ワイモバイル)をオススメする理由。

iPhoneを安く入手するなら、中古のドコモ版iPhone。

今ではSIMフリーiPhoneも安く手に入りますが、

SIMロックの有るキャリア版iPhoneなら、より安く手に入ります。

海外利用を考えていないなら、キャリアiPhoneで十分です。

いずれにせよ、日本の格安SIMでしか使わないんだから、

キャリア版だからといって、機能に違いは有りません。

国内で利用するなら何も変わらない。全く一緒。

 

SIMロックがかかっているだけ。それだけで市場価格は全然違います。

以下は、アップルの販売価格一覧。SIMフリーiPhoneの価格です。

 

SIMフリーiPhoneの販売価格(Apple Store)※2017年12月

モデル 容量 価格
iPhone SE 32GB 39,800円+税
iPhone SE 128GB 50,800円+税
iPhone 6S 32GB 50,800円+税
iPhone 6S 128GB 61,800円+税
iPhone 6S Plus 32GB 61,800円+税
iPhone 6S Plus 128GB 72,800円+税
iPhone 7 32GB 61,800円+税
iPhone 7 128GB 72,800円+税
iPhone 7 Plus 32GB 74,800円+税
iPhone 7 Plus 128GB 85,800円+税
iPhone 8 64GB 78,800円+税
iPhone 8 256GB 95,800円+税
iPhone 8 Plus 64GB 89,800円+税
iPhone 8 Plus 256GB 106,800円+税
iPhoneX 64GB 112,800円+税
iPhoneX 256GB 129,800円+税

 

どこでSIMロックの端末探すのか?って、とりあえずAmazon。

ドコモ版はAmazonでも安く販売されてます。

例えば、中古のiPhone6は1~2万円まで価格が下落中。


Apple docomo iPhone6 A1586 (MG472J/A) 16GB スペースグレイ

 

ヤフオクなら更に安い。

ヤフオクには中古品だけでなく、新古品も多く存在し、

SIMフリーに比べると1万~3万円は安く購入できます。

 

docomo版iPhoneのヤフオク価格

 

「新品」で「SIMロック解除」とかも沢山有るから。

SIMロック解除iPhoneは、SIMフリーよりは格安ですが、

SIMフリーと同じように使えるので、販売価格は微妙に高い。

 

私は、SIMフリーでも、SIMロック解除でも無く、

ヤフオクで購入した「ドコモ iPhone」ばかり使ってます。

海外SIM挿さないならコスパ最強だから。

 

ちなみに、iPhone処分する場合も、SIMロック解除iPhoneの方が断然高く売れるので、

解約手続きの前に、SIMロック解除をするのを忘れないように。

解約してから解除できる期間に制限あるし、ロック解除手数料も発生してしまうから。

「白ロム」と「赤ロム」の違い。代金不払いや盗品の中古端末に注意。

中古のiPhoneを狙う場合、ネットワーク利用制限にも気を付けましょう。

例え対応端末であっても、それが赤ロムであれば意味が有りません。

窃盗、代金未払い(残債)等、不正な方法で入手した端末が「赤ロム」です。

 

白ロムと赤ロムの違い

  • 白ロム:SIMで通信可能な端末(ネットワーク接続制限無し)
  • 赤ロム:SIMで通信不可能な端末(ネットワーク接続制限有り

 

前の所有者が代金不払いだったり、端末自体が盗品だったりすると、

端末自体がブラックリスト入り、強制的に回線利用ができません。

事前に端末の製造番号(IMEI or MEID)を入力する事で調べられます。

 

キャリア契約で端末制限が発生してしまった場合、

同じ回線を利用しているMVNOでも使い物になりません。

なるべくなら「白ロム」「一括購入」「判定〇」「利用制限〇」など、

表記が有る端末が安心です。

 

ちなみに、「SIMロック解除」と「ネットワーク利用制限」は別の問題です。

ネットワーク制限となった端末はSIMロック解除できませんが、

残債が有る状態でもSIMロックは解除できますので、

SIMロック解除後に、ネットワーク制限を喰らう可能性は有ります

 

ただ、キャリアで通信制限を喰らっても、SIMロック解除してしまえば、

他社キャリア回線の格安SIMでは、問題なく使えます

例えば、au版SIMロック解除iPhoneの赤ロムでも、

ドコモ系格安SIMでは使えるといった感じ。

そこまで複雑な端末が有るかと言えば、非常に稀だとも思いますけど。

携帯番号移行(MNP)の手順。番号ポータビリティー予約番号の取得方法。

iPhoneが手に入ったら、

あとは、番ポの予約番号を発行して、格安SIMで申し込むだけなんですが・・・

この予約番号の発行ってのが、皆さん苦手なんですよね。

 

MNPの方法って、格安SIMも大手携帯キャリアでも一緒です。

予約番号取得は自分でやらなければなりません。ショップ店員さんはやってくれません。

電話からでもMNP転出予約番号の取得はできますが、

基本的にWEBから手続きがスムーズです。

大手携帯キャリアでMNP予約番号を取得(MNP転出)する方法。解約月の解約手数料と違約金。

 

私は全てのキャリアでMNPしましたが、

どのキャリアであろうと、MNP専用番号に電話してしまうと、

カスタマーサポートに長々と引き留められ、MNPの理由を聞かれ、

細かい注意事項の説明も受ける事になります

可能であればWEBからやった方が良いし、電話でやるなら早めに断りの一言を入れましょう。

継続してくれるなら〇万ポイント。それほどに損してるという裏返し。

 

携帯番号付きの音声通話SIMは、

月額1600円でLTE制限3GBと、各社似たようなプランで並んでます。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

 

正直どこでも良いから使って欲しいんだけど、

敢えて選ぶなら、コスパ最強のmineoか、SNS最強のLINEモバイル

私は、ソフトバンク回線のLINEモバイルをメインで使ってます。

格安SIMとは思えないほど、爆速です。

LINEモバイルのソフトバンク回線レビュー。料金プランと通信速度。

 

必要な容量が分らない人はとりあえず3GB。

どこでも一番コスパが良いし、月額3GBって容量多いです。普通の人は足りるハズ。

スマホに必要な通信速度を考える。適正な容量制限と通信量の目安。

不安なら、自分の通信容量(パケット料)も確認しておきましょう。

予想以上に使って無いし、格安SIMでも容量繰り越し当たり前。

足らなければオンラインで、簡単にプラン変更もできるから。

格安SIMで即日MNPが可能に。不通期間も無くなってます。

大手携帯キャリアの場合、店頭でMNP手続きというイメージですが、

格安SIMなら、自宅に居ながらMNP手続きが完了します。

SIM到着後に、自分で切り替え手続きができるので、使えない期間も発生しません。

自宅MNPが可能。不通期間が発生しないMVNO。

  • mineo: WEBサイトにて切替手続き。
  • LINEモバイル: WEBサイト、専用コールセンターにて切替手続き。
  • BIGLOBE:専用コールセンターにて切替手続き。
  • DMM mobile(おうちで乗換):WEBサイトにて切替手続き。
  • IIJmio(おうちでナンバーポータビリティー):専用コールセンターにて切替手続き
  • エキサイトモバイル(自宅でスマホ切替え):WEBサイトにて切替手続き。
  • NifMo(ネットでナンバーポータビリティ):WEBサイトにて切替手続き。
  • OCNモバイルONE(らくらくナンバーポータビリティ):WEBサイトにて切替手続き。
  • FREETEL(でんわでパッとMNP):専用コールセンターにて切替手続き
  • U-mobile:WEBサイトにて切替手続き。
  • b-mobile:WEBサイトにて切替手続き。
  • DTI SIM:WEBサイトにて切替手続き。
  • UQ mobile:WEBサイトにて切替手続き。
  • 楽天モバイル:専用コールセンターにて切替手続き
  • もしもシークス(ラクラクのりかえ):到着の翌日正午に自動的に切り替わる。
  • TONEモバイル:申込みの翌日にスマホ発送→発送の翌日にMNP手続きとなる。

音声通話SIMカードの徹底比較。格安SIMの選び方。

 

どうしても即日MNPしたい場合は、

店頭で申し込み手続きもできるようになってます。

実店舗(量販店、即日受渡カウンター)で即日MNP可能な格安SIM

  • mineo:ヨドバシカメラ
  • BIGLOBE:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、スマホの窓口
  • OCNモバイルONE:ゲオ、ビックカメラ、ソフマップ、ヨドバシカメラ・・・
  • U-mobile:U-NEXTストア、ケーズデンキ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ・・・
  • UQ mobile:ゲオ、ビックカメラ、ソフマップ、ヨドバシカメラ・・・
  • NifMo:ヨドバシカメラ
  • FREETEL:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、Smart Labo
  • 楽天モバイル:楽天モバイルショップ、ゲオ、ケーズデンキ・・・
  • nuromobile:ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ジョーシン、ビックカメラ・・・

音声通話SIMカードの徹底比較。格安SIMの選び方。

 

いつの間にか、格安SIM対応カウンターすんげー増えてる。

不安な方も多いでしょうから、これは有り難い。

MNP予約番号くらいは、事前に発行していきましょう。

格安SIMの設定は、プロファイルをインストールするだけ。

新しくSIMが到着したら、iPhone側でSIMの利用設定が必要です。

APN(プロファイル)の設定ってヤツ。

 

格安SIMが出始めたばっかりの頃は、APNの設定ってやや難解でした。

iPhone構成ユーティリティ非常に面倒だったけど、これも過去の話。

SIMフリーiPhone5Sで、OCNモバイルONEを契約する。APNの設定が曲者。

 

現在では、専用のAPN構成プロファイルをインストールするだけです。

どこの格安SIMでも超簡単。

Safariで、WEBのダウンロードページへアクセス→インストールで終了です。

具体的なマニュアルも付いて来ますから。

 

注意点として、iPhoneにインストールできるAPNプロファイルは1個だけ。

一台のiPhoneで、複数の格安SIMを使う可能性が有る場合、

プロファイルも削除→他社SIMのAPNインストールしないといけません。

 

他社の格安SIMへ差し替える場合は、

削除の方法は覚えておきましょう。

「設定」→「一般」→「プロファイル」から削除できます。

大手携帯キャリアの解約で困る点は明確にしておきましょう。

携帯は携帯会社で契約するもの、その固定概念が不安を仰ぐ。

漠然とした不安があるなら、予めクリアにしておきましょう。

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

実際、解約したところで何も困らなかったから。

 

私が格安SIMへ移行してから早数年、現在では予想以上に格安SIMが普及してます。

SIMロック解除も義務化してますからね。

携帯メールアドレスは、ホント要らないし、使えないデス。

キャリアメール無くなっても、スマホならいくらでも無料メルアド使えます。

Gmail、Outlook、iCloudメール、全て併用もできます。

 

キャリアメールの代替メールを考える。

  • ガラケー → iPhone:iCloudメールへ移行。Gメールも無料で使えます。
  • Android → iPhone:Gメールは継続して利用可能。
  • iPhone → iPhone:iCloudメールは継続して利用可能。

 

ドコモでもiPhoneのメール設定って非常に不親切なので、

ドコモメール使わなくなった人多いと思います。

Docomo iPhone5sでメール設定。ドコモメールとメッセージR/Sの違い。

 

携帯キャリアにしかできない事を強いて言うならば、LINEの年齢認証ぐらい。

ただ、これもLINEモバイルが登場したことにより問題解決。

格安SIMでLINEのID検索をしたいならLINEモバイルを使いましょう。

 

年齢認証解除ってID検索をできるかできないかなので、別に困りません。

LINEの友達申請するだけなら、他の方法を使いましょう。

SIMフリー端末&格安SIMではLINEの年齢認証を解除できない。ID検索の代わりに招待メール。

ちなみに、大手携帯キャリアでLINE年齢認証解除してからMNPしましたが、

年齢認証解除したIDは、そのまま使えてます。

2年の差額だけじゃない。大手携帯キャリアは解約方法も難解。

大手携帯キャリアから、格安SIMへ移行すれば2年間で10万円お得になる。

よく言われますが、これは契約し続けた場合の話。

解約時にかかる費用の合計差額は、もっと大きくなります。

大手携帯キャリアって、解約時にもお金をガッツリお金を取られます。

違約金+1万円くらいの覚悟が必要です。

大手携帯キャリアのMNP手続き方法。解約月の解約手数料と違約金。格安SIMとの月額料金比較。

 

違約金意外に、割引の効かない一カ月分料金取られたり、

MNP手数料も契約月数で変更したり、2年縛りを自動更新したり。

2年後には更に高くなったり・・・まぁ、けっこうエグイ仕組み満載です。

 

だからって辞めないと、かなり損し続けるから、

早いとこ辞めないとマズイです。

 

月額料金は3分の1以下LTE高速通信だし、3日間の通信制限も無いです。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

 

格安SIMに2年縛りは有りません。mineoなんかは最低利用期間も有りません

月額1600円で、大手携帯キャリア以上のサービス内容。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

格安SIMといえば、遅い回線速度。

ソフトバンク回線も登場・・・格安SIMでも超高速で使えます。

ソフトバンク回線の格安SIM。SoftBank系MVNOのデメリット。

ソフトバンクの格安SIM

サービス内容変わらず、毎月5000円以上の差額が生まれる。

面倒でもやるべき。

格安SIMのMVNOは多々登場していますが、

使うならLINEモバイルかmineoの2択ですが・・・

2018年7月に、私はLINEモバイルをメインに切り替えました。

LINEモバイルのソフトバンク回線レビュー。料金プランと通信速度。

LINEモバイル ソフトバンク回線レビュー

面倒なのは最初だけ。1度やってしまえば、2度目は簡単。

分からないから嫌なだけです。分かれば得するだけ。

家族が居るなら尚更お得。同じ作業で毎月お小遣い数万円増えますから。

 

P.S.

iPhoneだからって高額なわけでも無いです。

Androidスマホも高スペックなモデルは10万超えます。

ただ、色んな会社が造ってて種類が豊富だから、激安端末が有るってだけ。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2018年 Ver. 

 

分からない人ほどiPhoneを使うべき。日本でシェアが高い理由も有ります。

スマホ初心者のスマートフォンの選び方。iPhoneとAndroidの比較と違い。

ガラケーは今後無くなります。早めに受け入れたもん勝ち。

頑張って付いて行きましょう。

8 Comments

巽俊文 

前略 現在au版iphone5sを使用中で今年12月で2年縛りが解除されます。
今年の新iphoneが発売されると思います。そこでお教え頂きたいのですが
仮に現所有のiphoneをドコモにMNPして、そのiphoneをSIMロック解除出来るのでしょうか。可能ならこれに格安SIMを使用すると下取りとMNPで中々安く新iphoneを手に入れ尚且つ月々の携帯代が節約出来るのではと思うのですが・・・、宜しくご教示お願いします。

返信する
たんたん

はじめまして ブログいつも読ませていただいております
私もやっと2年縛りがとれドコモのアイフォンにて格安SIMでの
運用をしようと思うのですが、ヤフオクでの端末の選び方がイマイチよくわからずぜひご教授願いたいのですが、判定「○」の端末をえらべばいいのでしょうか?それとも「-」や「△」でも使えるのでしょうか・・・初歩的な質問でごめんなさい よろしくお願いします

返信する
KJ Shintani

格安SIMはドコモ回線を使うので、ドコモのネットワーク制限も関係してきます。
格安SIMを利用するつもりなら「☓」の端末はやめましょう。
盗品や未払い品でなければ、「☓」になることも無いは思いますが・・・。

「○」はネットワーク利用制限はなく、今後もネットワーク制限となることはありません。
「△」は、ネットワーク制限ではなくいですが、今後ネットワーク制限となる可能性はあります。

△でもネットワーク利用制限保証もしている出品者も居ます。
一括払いしたばかりの、残債無しでも△となる模様です。
私は△の端末ばかり購入してますが、一括払いの証明書(領収書等)も添付してもらったりしてます。

不安であれば、出品者に確認してから購入することをお勧めします。

返信する
genecoltd

初めまして。最近御社サイトを知り、読めば読むほど次から次へと読みたくなっている者です。笑

さて、こちらのページ上部に、
『ソフトバンク版iPhoneや、au版iPhoneは、現状格安SIMへの移行は不可能です。』
とあります。
現在ソフトバンクのヘルプページにて、
『ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除』のページがあります。

現状は、ソフトバンクで購入したiphoneでも
格安SIMが使えるようになったのでしょうか?

返信する
KJ Shintani

genecoltd 様

ご指摘ありがとうございます。先程修正させて頂きました。
2015年5月より、SIMロック解除への対応が義務化となりましたので、
ご指摘いただいた通り、2015年5月以降に発売されたiPhoneではSIMロック解除が可能です。
iPhoneのSIMロック解除方法まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、UQモバイルの解除条件。

しかしながら、ロック解除には厳しい条件がありますのでご注意下さい。

返信する
渡瀬

初めまして。
初iPhone(au)だったのですが、4月が更新月で、一括0円も無いし補助減額で途方にくれていたところ、こちらのサイトに辿り着きました。
ヤフオクでiPhone6か6sの残債0円、利用制限○の物を探したいと思います。
6sはヤフオクでも、まだ7万円とお高いですが…

利用制限○△×は知らなかったので助かりました。
メアドは気にしないのですが、電話番号はそのままが会社的に良いので、オススメのDプラン加入を検討してます。

初歩的なことで大変申し訳ないのですが、教えてください。
今のiPhoneでダウンロードしたアプリは、AppleIDそのままなら新しい格安SIMのiPhoneにも移行できるのでしょうか?
iTunesカードの残高やアプリの行方が引き継げるのか気になりまして。
周りはキャリア利用者ばかりで格安SIM利用者が全くおらず、ご教授くださいませm(__)m

返信する
KJ Shintani

渡瀬 様

Apple IDそのままなら、購入したアプリや、iTunes残高はそのまま引き継げます。

iPhoneアプリのデータも移行したいなら、iPhoneバックアップをしておきましょう。
iOSは、完全バックアップが可能なので、
iTunes(パソコン)、もしくはiCloudにバックアップ保存してしまえば、
新しいiPhoneでも、ほぼ同じように復元できます。

iCloudには、容量制限が有りますし、
iTunesで暗号化してバックアップした場合は、アカウントパスワード等、より細かいデータもバックアップもできます。
パソコンを持っているなら、iTunesでバックアップを取ることをオススメします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です