法人化してからというもの、MFクラウドを使いつつ、

freeeも使うという意味の分からない現状、

両方使い続けるうちに気付く、両サービスには大きな違いがあること。

 

私は個人事業主時代から、かれこれ数年クラウド会計を使っていますが、

一口にクラウド会計といえど、中身は大きく異なります。

 

日本でクラウド会計を使うなら、freeeMFクラウドの2択。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

いずれもサービス開始から数年。今後も大幅な改善も無いと思うので。

実際、利用して気付いたポイントに絞って比較していきます。

料金プランとサービス内容の違い。

両方使って気付いたんですけど、

この料金の比較とかって、あんまりアテにならない。

対応してる機能が違うから、上手いこと比較できない。

 

MFクラウドとfreeeの比較(個人事業主プラン)

freee(個人事業主) MFクラウド確定申告
プラン スターター スタンダード プレミアム ベーシック ベーシック
※電話サポート付
月額 980円+税 1980円+税 3980円+税 800円+税
年額 9800円+税 19800円+税 39800円+税 8800円+税 17200円+税
サポート メール
チャット
メール
チャット(優先)
電話

導入サポート

メール
チャット(優先)
メール
チャット
訪問(有料)
電話
メール
チャット
訪問(有料)
消費税申告書 未対応 作成可能 消費税集計のみ

個人事業主プランの場合、

MFクラウド確定申告は、プランによる違いはサポートだけ

プランにより、使える機能に違いは有りません。

 

一方、freeeは料金プランによって、使える機能が大きく異なります。

特に、freeeのスタータープランは、消費税申告書に未対応なので注意。

課税事業者となる個人事業主は、スタンダードプラン(月額1980円)必須だから。

 

MFクラウドとfreeeの比較(法人プラン)

freee(法人) MFクラウド会計
プラン ライト ビジネス ライト ベーシック
月額 1980円+税 3980円+税 1980円+税 2980円+税
年額 19800円+税 39800円+税 21780円+税 32780円+税
法人税申告書類 クラウド申告freeeにて対応
年額20万円+税
決算書作成のみ

法人プランの場合、MFクラウドもプランによって使える機能が異なります。

ただ、両社ともに、小規模法人ならライトプランで問題無いかと。

中小企業向けの会計ソフト比較。小規模法人にオススメのクラウド会計。

 

freeeはライトプランでも消費税申告書に対応しており、

「クラウド申告freee(年間20万円+税)」で法人税申告にも対応可能となりました。

一方、MFクラウド会計では、決算書の作成までしかできず、

法人の申告書には完全に未対応です。

 

ただ、法人ともなると、税理士必須なので、

申告書の作成機能云々の部分は、税理士さんが困る部分かと思ってる。

 

同期&連携できるデータの違い。

クラウド会計で重要となるデータ同期の部分。

似ているようで結構違います。

MFクラウドの方が、連携サービスのバリエーションが豊富です。

 

金融機関&クレジットカード

金融機関とクレジットカードの同期について両サービスとも不満は有りません。

どこかのクラウド会計とは違い、両社ともに同期エラーも無いです。

対応銀行数で比較されがちですが、

基本的にネットバンキング対応している金融機関なら対応しているかと。

ジャパンネット、楽天銀行、住信SBIネット、ゆうちょ、みずほ・・・

私が利用している銀行は全てありました。地方銀行も問題ないんじゃないかな。

ネットバンク比較まとめ。個人事業主の事業用口座にオススメの銀行。

 

クレジットカードも同様、私が利用しているカードで、

取り込めなかったクレジットカードは有りません。

WEB明細対応となってるクレジットカードなら、問題ないかと。

 

電子マネー、支出データ、売上データ

銀行口座・クレジットカード以外のデータ連携となると、

MFクラウドの方が、対応サービスが断然多いです。

さすが資産管理アプリ「マネーフォワード」の会社といったところ。

マネーフォワードとマネールックの比較と違い。Money Forwardの初期設定と使い方。

 

MFクラウドが対応している電子マネー・プリペイド。

KS003822

MFクラウドが対応している、Eコマース、POS、アフィリエイト、クラウドソーシング・・・

KS003823

 

一方、freeeはというと、電子マネー、決済サービス、購入履歴・・・

全て併せてこんなもん。

2017-11-25

しかも、消費者アカウントなのか、出品者アカウントなのか、

どっちに対応しているのか、一見すると分からないっていう。

 

ネットショップなど、オンライン上で商売をやっている場合、

圧倒的にMFクラウドの方が、対応しているサービスが多いです。

 

MFクラウドが対応している物販アカウント

  • Amazon.co.jp(出品者アカウント)
  • Amazon.co.jp(出品者アカウント)決算期間集計
  • 楽天市場(出品者)
  • Yahoo!ショッピング(出品者)
  • カラーミーショップ
  • BASE
  • STORE.jp

freeeが対応している物販アカウント

  • Amazon(セラーセントラル)
  • Yahoo!ショッピング
  • BASE

 

freeeは、楽天市場の出品者アカウントや、

私の愛用しているカラーミーショップにも対応してないから。

カラーミーで売れるネットショップを作る方法。運営と集客に必要な費用。

 

また、Amazonの売上に関しても、

MFクラウドは決済期間(2週間単位)のデータも取り込めます。

FBAで売りまくってる人は、個別で集計してたら大変な事にもなるので・・・ね。

 

購入者アカウントの同期に関しても、

Yahoo!ショッピングに対応しているのはMFクラウドのみ。

KS003824

freeeは、Yahoo!出品者アカウントしか連携できません。

購入履歴の取り込みは、Amazonと楽天市場のみ対応となってます。

 

Paypalへの対応について。

問題なのがPaypalです。いずれも対応となったのですが、

外貨を扱っている場合は、正直使えません。

 

MFクラウドは、早くから対応していましたが、

日本円以外の取引については、取引日のレートにて勝手に日本円換算されてしまいます。

例えば下記は、Ebatesからのキャッシュバックなのですが、

KS003719

Paypal上で615ドルの振込みが勝手に日本円換算され、

MFクラウド上では68086円でデータ計上されてます。

KS003718

 

一方、freeeも2017年にようやくPaypal対応したのですが、

外貨データ取得は不可能。日本円の入金と出金データしか表示されません。

KS003815

 

MFクラウドにしろ、freeeにしろ、

Paypal残高の取得には対応しておらず、外貨取引には難が有るので、

海外取引が有る場合は、手打ちで対応した方が良さそうです。

 

税務上、換算のタイミングや、為替レートって、各々異なるとも思うので、

外貨取引が多いウチの場合は、クラウド会計で同期は使ってません。

 

自動経理での仕訳方法の違い。

どちらも自動でデータを取り込んでくれるわけですが、

仕訳の判断や、最終的な登録をするのは自分。

その処理の方法で異なる点が多々あります。

 

freeeは仕訳の自動登録

freee独自の機能として、仕訳の自動登録があります。

連携サービスからのデータ取り込みだけでなく、

仕訳登録までfreeeに任せる事も可能です。

 

通常は、自動仕訳をしてもらって、問題無ければそのまま登録。

推測できない仕訳を手入力という流れとなるのですが・・・

2017-11-08 (2)

毎度同じ仕訳が有る場合、自動仕訳の登録作業すらも自動化できるという。

登録ボタンの上に「自動化」チェックするだけ。

2017-11-08 (1)

 

例えば、水道光熱費、Suicaチャージ、定期契約の支払等、

毎月同じ内容で上がるものを自動登録してくれます。

取引内容が一緒だと、どんどん登録されてしまいますので、

使いどころには注意ですけどね。私は最小限に抑えてます。

 

MFクラウド確定申告は一括登録が可能。

MFクラウドは、freeeに比べるとシンプルなデザインなので、

取り込んだデータが一画面により多く表示されます

一番頻繁に使う「自動で仕訳」→「連携サービスから入力」の画面。

2017-11-08 (3)

データが多く表示されるだけでなく、MFクラウド会計は一括登録ができる。

KS003725

 

クラウド会計のデメリットとして、

WEB経由で作業しているので、インストール型に比べて1回1回の処理が遅い。

そのデメリットも、一括で仕訳する事で最小限に抑える事ができます。

特に、仕訳の数が多い場合、MFクラウドの方が断然早く仕訳登録が完了します。

 

ちなみに、法人版freeeの場合は、

「自動で経理」画面が、MFクラウドと似たUIとなっており、

一括仕訳登録も可能となってます。

2017-11-25 (3)

freee法人版は、MFクラウドっぽい感じです。

 

その他提供サービスの違い。

freeeとMFクラウドは、会計ソフトと連動して、

事業主向けのサービスも提供しています。

 

freee提供サービス

  • 給与計算ソフトfreee:給与計算、給与明細
  • マイナンバー管理 freee:マイナンバー管理
  • 人事労務 freee:勤労管理、給与計算
  • 会社設立 freee:会社設立の手続き
  • 開業 freee:個人事業主の開業手続き
  • クラウド申告freee:法人税の申告書類の作成

MFクラウド提供サービス

  • MFクラウド請求書:請求書の作成、送付、管理。
  • MFクラウド経費:レシート自動読取り経費入力、領収書の電子保存
  • MFクラウド給与:給与計算、年末調整
  • MFクラウド消込:入金確認&消込
  • MFクラウドマイナンバー:マイナンバー管理

 

freeeは、請求書の作成、レシート読取り&電子帳簿保存と、

会計ソフトfreee上で利用できますが、

MFクラウドの場合は、請求書の作成を「MFクラウド請求書」、

レシート読取り機能は「MFクラウド経費」と、別サービスと連携して利用可能となります。

 

freeeでレシート&領収書の電子帳簿保存をするには、

freeeのプランを上位プランにする必要が有ります。

個人の場合、レシート読取りはスタンダードプラン(月額1980円)、

電子帳簿保存はプレミアムプラン(月額3980円)。

法人の場合は、ビジネスプラン(月額3980円)にて対応となってます。

 

「MFクラウド請求書」は、無料プランでも使えるし、

「MFクラウド経費」の場合、月額300円+税~。

もちろんMFクラウドの会計ソフトとも連携できるので、

最終的に安く済ませる事も可能です。

 

freeeが、MFクラウドに比べて優れている点は、

2017年4月に「クラウド申告freee」にて、法人税の申告書類の作成に対応した事

MFクラウド会計では、法人税の申告書類の作成は不可能ですから。

 

MFクラウドと比較したfreeeのデメリット。

freeeの最大のデメリットは、

複式簿記を分かりやすくが分かりづらくなっちゃってる点。これに尽きる。

歴史ある複式簿記は、人類の素晴らしい発明の一つ。

それを分かりやすく変えようとしてるわけだから凄いよね。

freee流にしようとして、分けわかんなくなっちゃってんの俺。

 

freee独自のユーザーインターフェース。

freeeの管理画面は、オリジナル感が強いです。

分かりやすくという反面、従来の会計ソフトとは造りが異なります。

メニューも取引、レポート、確定申告、口座、給与、設定と見慣れない項目。

KS003833

 

仕訳のメインとなるのが「取引」→「自動で経理」のカンタン取引登録。

2017-11-08

 

手動で仕訳する場合は「取引」→「取引の一覧・登録」

KS003825

 

で、何が困るのか?従来の会計ソフト方法(振替伝票入力)と異なるから、

青色申告の本読んだり、WEBで仕訳の方法調べた場合に、より混乱するっていう。

慣れてる人も困るけど、慣れてない人が勉強するにも困るワケ。

 

振替伝票入力はできるものの、ちょっと癖が有り、

「確定申告」→「その他の機能」→「振替伝票」にて、

「日常仕訳」を選択する事により、振替伝票形式にて入力が可能となります。

KS003724

freeeで振替伝票入力は、あくまでイレギュラーケースでのみ利用する感じ。

 

まぁ振替伝票で入力できるなら良いって思ったんだけど、

問題はそこじゃなかった。

 

freeeには「補助科目」という言葉が無い。

複雑な会計用語をなるべく使わないのがfreee。

なるべく使わないくらいなら良いのですが、

完全に使われてないのが「補助科目」という言葉

「補助科目」が無いのは、結構痛いです。

 

freeeで補助科目に相当する情報としては、取引に付与する品目・取引先と、口座名があります。

これらの情報は、補助残高として集計できるほか、他社ソフトと仕訳データをやり取りする際も自動で最適な補助科目に変換されます。

freeeは補助科目に対応していますか? – はい、対応しています。 – freee ヘルプセンター

一般的な会計ソフトの「補助科目」に当たるのが「取引先」「品目」となり、

「タグ」に当たるのが「部門・メモタグ」となる。

KS003726

補助科目が、取引先と品目の2個に増える。

品目って言葉使うなら、補助科目でも良かったのでは無いか?

補助科目使わないのに勘定科目という言葉は使うのか?

 

分かりづらい会計ソフトを、freee仕様の名前にしちゃってるから、

従来の会計ソフトに慣れている人には、より分かりづらいんだよね。

 

補助科目が「取引先」となる事で、色々な処理が分けわからなくなるわけで、

未払金、売掛金、買掛金・・・今までのようには使えません。

 

複式簿記っぽくない分、ミスをした後の修正も大変なんだよね。

従来の会計ソフトと紐づける作業、ぐっちゃぐっちゃなんで、

修正する時に、どこを参照すれば良いのか?意味プーになる。

「貸方・借方」って言葉も避けられてるし、

他の会計ソフトへデータエクスポートする時の懸念も有る。

 

会計帳簿を確認するのに「その他レポート」で表示する違和感。

現預金出納帳、補助元帳、売掛帳、買掛帳どこいった?

総勘定元帳で、補助科目確認できないの?

ちょっと、慣れるのに時間がかかりそうです。

 

スタータープランでは消費税申告も消費税集計表も使えない。

これは、個人事業主版のfreeeの話なのですが、

一番安いスタータープランでは、消費税申告ができません

KS003834

消費税の申告書の作成だけでなく、消費税区分表、消費税集計表と、

スタンダードプラン(月額1980円)以上でなければ使えません。

個人事業主でも、小売りなんかやってたらあっという間に課税事業者。

個人事業主が払うべき税金と保険料。課税所得の税率と保険料率の関係。

経理をする為に、年間2万円の会計ソフトって・・・痛いからね。

 

MFクラウドも消費税申告書の作成はできないけど、

消費税の集計機能は有るので、e-Taxで簡単に消費税の申告書は作れますから。

e-Taxで簡易課税の消費税及び地方消費税の確定申告をする方法。

MFクラウドなら月額800円+税ですからね。

 

freeeはスマホアプリでも仕訳ができるけど。

freeeはスマホアプリでも仕訳操作ができます。

MFクラウドの場合は、スマホアプリではデータ閲覧のみとなってます。

 

ただ、freeeアプリでできるのは、簡単な仕訳操作のみ、

振替処理とか、連携登録とかはできません。

 

ちなみに、スマホでもブラウザ上でログインすれば、PC同様に利用可能。

ただ、画面が小さすぎるので、使うとなるとiPadくらいのサイズは必要かと。

freeeだけでなく、MFクラウドもWEBブラウザ経由なら経理業務できるから。

IMG_6565

スマホやタブレットで経理するか?っていったら、私はやらないけど。

 

無料プランが無い。解約後は過去データ閲覧できない。

MFクラウド確定申告は、

有料プランを解約後も、無料プランとしてデータを活用できます。

一方、freeeの場合、無料プランでは過去データ1カ月分しか閲覧できません

 

私は、法人成りして既に3年目ですが、

個人で契約していた時のMFクラウド確定申告にログインして、

2014年の個人事業主時代の帳簿データが、2017年現在も無料で閲覧できました。

KS003817

 

ローカルバックアップしとくとも検討したんだけど、

MFクラウドもfreeeも、ローカルバックアップは不可能です。

MFクラウドは、仕訳帳のエクスポート対応だし、

仕訳のバックアップ機能は未登載です。

定期的に、仕訳帳のエクスポートボタンを押し、MFクラウド形式で仕訳をファイル出力しておくことで、後ほどインポートを行うことができます。

Q.仕訳のバックアップ機能はありますか?

 

freeeも完全バックアップは不可能、

エクスポートやCSVダウンロードの併用も必要ですから。

会計freeeには「バックアップ」という画面がありますが、その画面では勘定科目と摘要(取引先・品目・部門)のみバックアップできるという点に十分ご注意ください。

データのバックアップを行う – freee ヘルプセンター

 

まぁ、確定申告後は、印字して保管しておくってのが間違いないので、

クラウド会計データを過信し過ぎないように。

確定申告に伴う証憑書類の管理方法。売上データ、仕入れ伝票、領収書の整理について。

IMG_2105

印字するにも、freeeは名称が異なるから厄介だけどね。

補助元帳が無いので・・・取引先、品目ごと抽出して印刷する感じですかね。

 

freeeと比較したMFクラウドのデメリット。

私はMFクラウドを長く利用しているので、

MFクラウドを利用したいのですが、

freeeを利用しなければいけない理由がありました。

法人となると、MFクラウドよりも、freeeの方が優れている気がします。

 

MFクラウド会計は、申告書類の作成が弱い。

法人版のMFクラウド会計では、

法人申告書類は作成不可能となってます。

 

個人版のMFクラウド確定申告でも、

消費税の申告書は作成不可能という謎の仕様。

会計ソフト「MFクラウド確定申告」のメリット・デメリットと注意点。

消費税の集計ができるのだから、申告書くらいは作れそうなもんなのに。

数年前から未対応のまま、今後も対応しないのでは無いかと思います。

 

一方、freeeでは、消費税申告書の作成にも対応しているし、

法人版のfreeeでは、「クラウド申告freee」で法人税の申告書類にも一通り対応。

わざわざ他の税務ソフトへ連携して、法人税の申告をする必要が無くなったワケ

法人の経理するなら、完結できるfreeeの方が使い勝手が良い。

税理士さんなら、freee選ぶんじゃないかな。

 

freeeのシェア率の方が高い。税理士対応数が違う。

freeeの方がシェア率が高いです。

特に法人の場合、freeeのシェアが圧倒的。

私が、なんだかんだでfreeeを使ってるのもそういう理由です。

freeeは、法人向けのクラウド会計ソフトで圧倒的なシェアを誇ります。

2016年7月の調査で、シェア51.3%。個人の比じゃありません。

中小企業向けの会計ソフト比較。小規模法人にオススメのクラウド会計。

 

結局のところ、会計ソフトは税理士に依存する。

個人でも売り上げが多くなれば、税理士は必須だと思うし、

法人なら税理士が居ないと、決算申告はまず無理だから。

 

MFクラウドは、申告書作成に難が有るから、

税理士さんが使いやすいのは、freeeなんじゃないかと。

決算申告にいち早く対応した、freeeの方が賢い。

 

freeeとMFクラウド比較まとめ。

私は料金&操作性という面で、MFクラウド押しなのですが・・・・

売上が1000万未満の小規模事業(消費税の免税事業者)なら、

freeeでも、MFクラウドでも、どちらでも良いかと思います。

仕訳数が少ないならfreee。仕訳数が多く複雑ならMFクラウドのが使いやすい。

仕訳の種類が増えれば、振替伝票入力も避けられないから。

 

売上1000万円超え(消費税の課税事業者)フリーランスの場合は、

消費税申告をどうするか?ってのもポイント。

freeeの場合、課税事業者となるとスタータープランは必須、

料金2倍の年間19800円+税となるので、その料金を許容できるなら。

 

いずれにせよ、税理士雇用している場合や、

法人の場合は、我々経営者に選ぶ権利は無いので、税理士の対応次第となります。

税理士が使いやすいか?決算まで完結できるか?

そうなるとfreeeになるんじゃないかと。

 

freeeを推奨するユーザー。

  • 簿記とかマジで無理な人。
  • 仕訳の数が少ない人。
  • 仕訳のパターンが決まってる人。
  • スマホで仕訳をしたい人。
  • 消費税申告まで会計ソフトで完結したい人。
  • 法人経営者。
  • クラウド会計で決算申告したい税理士。
  • 税理士がfreeeに対応している人。

MFクラウドを推奨するユーザー。

  • 今まで会計ソフト使っていた人。
  • 複式簿記に抵抗が無い。むしろ覚えたい人。
  • Amazon、楽天、カラーミーで商売している人。
  • 取引先が多い、不特定多数の取引が有る人。
  • 消費税の課税事業者で安く使いたい人。
  • 税理士がMFクラウドに対応している人

 

いずれにせよ、クラウド会計は、非常に画期的なサービス。

日々の仕訳の自動化という面では、機能に大きな差も無いです。

使って無いなら使ってみた方が良い。

悩んでも大手2社だけ、悩むよりも使ってから考える。

いずれもお試し期間が有りますので。

freeeを無料で試す

MFクラウドを無料で試す

 

私は弥生会計も使いましたが・・・やっぱりクラウド会計は2択。

弥生はデータの取り込みが面倒すぎるので、自動仕訳という点で微妙かと。

MFクラウド、freee、やよいの比較と違い。個人事業主にオススメのクラウド会計ソフト。

 

データ同期してこそのクラウド会計ですからね。

いよいよ年末ということで、確定申告まであと数か月。

今のウチから明細データの同期しておくだけでも、だいぶラクですよ。

 

P.S.

税理士様がクラウド会計を使う事を検討しているなら、

税理士向けのランク制度は知っておいた方が良い。

MFクラウドは公認メンバー制度、freeeは認定アドバイザー制度、

両方とも貢献次第でランクが変わるんだけど、

MFクラウドは「お金」、freeeは「導入実績」でランクが決まる。

この辺も大きな違いなんじゃないかと。

 

まぁ、経理を生業としているなら、

両サービスに対応するに越した事は無いですけどね。