楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

楽天市場SPU攻略

楽天のサービスは我々の生活に侵食しており、

使わない方が損するし、使わないことも難しい。

「楽天経済圏」や「楽天ポイントせどり」って言葉・・・

聞いた事もあるハズ。

 

具体的にどうすれば、楽天ポイントがジャブジャブ貯まるのか?

楽天ポイントせどるほど、楽天市場で得できるのか?

その攻略方法をまとめておきます。

楽天経済圏の活用≒楽天市場の攻略

なんで楽天サービスを利用するのか?というと、

楽天のサービスを利用することにより、

楽天市場でのSPU倍率が上がり、

楽天市場でポイントが貯まりまくるって事。

※SPU=スーパーポイントアッププログラム

楽天といえど、楽天市場以外のサービスでは、

ポイント付与率も、別に高くないわけです。

 

楽天ポイントは楽天経済圏で消費できますが、

楽天ポイントは楽天市場で貯める必要が有るので、

結局の所、楽天市場の攻略が必須なのです。

 

楽天経済圏の活用 ≒ 楽天市場攻略(SPU + 買いまわり)

 

楽天市場で外せないのが、スーパーSALEの「お買い物マラソン」。

いわゆる買いまわりキャンペーンは「SPU」と同じく重要。

 

というわけで、

今回は、楽天経済圏で得する為に、

楽天市場の「SPU」と「お買い物マラソン」を攻略していきます。

お買い物マラソンの攻略方法

買いまわりは月1回以上有る

楽天市場で毎月の恒例行事といえば、

買いまわり企画の「お買い物マラソン」と「楽天スーパーSALE」。

 

毎月1回以上は必ず実施しているので、

上記キャンペーン以外で購入するのは間違いなく損。

ちょっと待つだけで、最大10%も得できるのさ。

2020年 楽天買いまわりの頻度

  • 1月1日(水)00:00~1月5日(日)23:59 ※超ポイントバック祭
  • 1月9日(木)20:00~1月16日(木)01:59
  • 1月24日(金)20:00~1月28日(火)01:59
  • 2月9日(日)20:00~2月16日(日)01:59
  • 3月4日(水)20:00~3月11日(水)01:59 ※楽天スーパーセール
  • 3月21日(土)20:00~3月28日(土)01:59
  • 4月9日(木)20:00~4月16日(木)01:59
  • 4月23日(木)20:00~4月28日(火)01:59
  • 5月9日(土)20:00~5月16日(土)1:59
  • 6月4日(木)20:00~6月11日(木)1:59 ※楽天スーパーセール
  • 7月4日(土)20:00~7月11日(土)1:59
  • 7月19日(日)20:00~7月26日(日)1:59
  • 8月2日(日)20:00~8月9日(日)1:59
  • 9月4日(金)20:00~9月11日(金)1:59
  • 9月21日(月)20:00~9月26日(土)1:59
  • 10月4日(日)20:00~10月11日(日)1:59

次回は、2020年11月4日(水)20:00~11月11日(水)1:59の開催のハズ。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

11月後半には、ブラックフライデーもありますからね。

日本で開催されるブラックフライデー&サイバーマンデーまとめ

 

ちなみに、「楽天スーパーSALE」「お買い物マラソン」以外にも、

「超ポイントバック祭」というキャンペーンも有ります。

こちらは買い回りではなく、購入した合計金額で倍率が決まる仕組み。

KS001825

5万で5倍、10万で10倍ポイント還元と分かりやすいのですが、

不定期開催で、頻度も少ないのが難点。

最大10倍で上限1万ポイントは、買いまわりと一緒です。

買いまわり1店舗追加 = 還元率+1%

お買い物マラソンでは、最大44倍ってなってますが、

目指すべきは、最大10倍(最大+9倍)の部分です。

楽天 最大44倍の内訳

  • 通常ポイント1倍
  • ショップ買いまわり+9倍
  • SPU+15倍
  • 各ショップ個別ポイント+19倍

購入ショップ数=倍率であり、倍率上限は最大10店舗の+9倍まで。

ポイント付与上限は10,000ポイントですが、

期間限定ポイント部分(+9倍)の上限値なので、

購入金額では11万1,111円が上限となります。

KS002167

金額が大きくなればなるほど、1%の価値は増していくので、

なるべくなら買いまわり店舗数は増やした方が良い。

 

例えば、期間中に10万円購入した場合、

+1%≒+1,000ポイントとなるので、1,000円の商品は実質無料。

SPUも合わせれば最大+24倍も可能なので・・・

欲しくない商品を買うことにより、無料以上に得するわけ。

買いまわり対象外商品

買いまわりは1ショップ1回カウントで、

税込1,000円以上で対象ですが、金券類は買いまわり対象外。

Ra Coupon(ラ・クーポン)も適応後の金額で判断となります。

以下、注意点まとめておきます。

楽天買いまわりの注意点

  • キャンペーンエントリー必須
  • 通常ポイントを含め最大10倍ポイント+9倍
  • 上限10,000ポイント→購入金額上限111,111円
  • 1ショップあたり税込1,000円以上の購入が対象
  • 1ショップ1回まで、2回以上購入は意味無し
  • 送料は対象外、送料別で税込1,000円以上が対象
  • クーポン対象外クーポン適応後で税込1,000円以上が対象
  • 金券類(換金性の高い商品)は対象外
  • 予約購入商品は対象外
  • 楽天ポイント購入は、買いまわり対象
  • 楽天ふるさと納税は、買いまわり対象
  • 楽天デリバリーは、買いまわり対象
  • 楽券は、買いまわり対象

送料も買いまわり金額にカウントされないので、

店舗数を増やすなら、送料無料で1,000円以上の商品を狙った方が良い。

1000円 送料無料の商品

 

我が家では、焼海苔とか麺類をよく注文している。

まぁ、要るかなぁ~くらいの気持ちで買ってます。

商品選ぶ時間も、もったいないので。

買いまわりで購入する商品

毎月10店舗買いまわるってのは、それほど難易度は高く無い。

日用品だけで毎月数万円は消費するわけで、

普段スーパーで購入している商品を楽天市場で購入すれば良い。

買いまわりに参加するほどに、毎回買う商品も決まってくるし、

あとは、日頃から欲しい商品をお気に入り登録しておくとラク。

 

スーパーよりも格安な物も多く、

多少割高でも、楽天の還元率を考えたら、ただただお得。

私が定期的に購入するのが、コーヒー豆、ナッツ類、お米、炭酸水、

ペットボトル、プロテイン、ティッシュ、トイレットペーパー、ビタミン剤・・・

かさばって重いもの。自宅まで配送してくれるのも最高。

ジャンル別の人気アイテムで絞れば、割安な商品も見つけやすい。

 

たまには、楽天デリバリーとかも有り、

セールに合わせて半額商品も登場、買い回りも対象です。

楽天デリバリー半額

 

また、2015年7月より楽天で「ふるさと納税」が可能となり、

楽天ふるさと納税≒楽天市場なので、買いまわりSPU対象です。

楽天ふるさと納税

キャンペーン還元率と返礼品を併せると、還元率70~80%になりました。

楽天ふるさと納税で最高ポイント還元率を狙う。スーパーSALEとSPUの併用。

 

他社ふるさと納税のポータルサイトで納税しても、

これほど還元される事は有り得ませんから。

ふるさと納税ポータルサイトの比較。納税サイトの特徴と還元率の違い。

 

ふるさと納税に楽天ポイント利用も可能ですし、

そもそも、期間限定ポイント購入は買いまわり対象なので、

実は、楽天ポイントは「買いまわり」で使うのが一番賢い。

楽天の期間限定ポイント使い道。価値を高める消化方法。

SPUの攻略方法

SPUと買いまわりは、併用が可能というわけで、

「買いまわり」と同様に重要なのが「SPU」です。

 

SPU対象の楽天サービスは多々有りますが、

買いまわりほど神経質になる必要は無いと思ってる。

 

私が利用しているのも、

楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天モバイル・・・くらい。

SPUで8倍程度でした。

楽天SPU対象サービス

倍率 ポイント上限
楽天モバイル +1倍 月間5,000ポイント
楽天ひかり +1倍 月間5,000ポイント
楽天カード +2倍 月間5,000ポイント
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2倍 月間5,000ポイント
※プレミアムは15,000ポイント
楽天銀行+楽天カード +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天の保険+楽天カード +1倍 月間5,000ポイント
楽天でんき +0.5倍 月間5,000ポイント
楽天証券 +1倍 月間5,000ポイント
楽天トラベル +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天市場アプリ +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天ブックス +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天Kobo +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天Pasha +0.5倍 月間5,000ポイント
Rakuten Fashion +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天TV
NBA Rakuten
+1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
楽天ビューティ +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る

SPUは定期契約サービスが大半を占めるので、

買いまわりの購入に比べると、リスクも高い。

使わないと思うサービスは、無理して使わない方が良い。

 

というわけで、

以下、私が使ってるサービスと、その理由です。

楽天ゴールドカード(+4倍)

楽天市場で購入するなら、楽天カードは必須。

私は、楽天カードは楽天ゴールドカードを使っています。

楽天ゴールドカードなら、更に+2%期間限定ポイント)。

年会費2,200円(税込み)で、還元率+2%なので、

楽天市場で年間110,000円以上利用するなら、

無料の楽天カードよりも、得する計算となります。

楽天カードのメリット・デメリット。楽天ゴールドカードを使うべき理由。

IMG_5746

高還元率クレジットカードといえど、還元率は1%が限界。

楽天ゴールドカード×楽天市場の還元率5%ってダントツですからね。

高還元率クレジットカードの注意点と使い分け方法

 

楽天プレミアムカードなら、

更に「楽天市場コース」で毎週火曜と木曜に+1%も可能ですが、

年会費11,000円の元をとれるか考えた方が良い。

以前ほどの特典も無くなってますから。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

楽天モバイル(+1倍)

楽天モバイルは、Rakuten UN-LIMITを契約しています。

楽天回線エリアは、データ無制限だし、

au回線も月間5GB、海外でも月間2GBも使える。

そして契約期間の縛りも無い。しかもSPUで+1.0倍となる。

キャンペーンで1年間無料なので、契約しない理由も無かった。

楽天モバイル 1年間無料キャンペーン

楽天銀行(+1倍)

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座に指定するだけ。

楽天市場で利用した1.0%分が、ポイントで還元されます。

 

楽天銀行は、ネットバンクでも老舗で必須の銀行。

振込手数料も格安ですし、

会員ランクに応じて振込手数料が最大3回まで無料となる。

個人事業主にオススメの銀行口座。ネットバンクの振込手数料の比較と違い。

振込手数料目当てに、私もスーパーVIP会員です。

楽天証券(+1倍)

楽天証券は、楽天ポイントを使って投資信託を500円以上購入する

購入した月のSPU倍率が+1.0倍となります。

 

投資信託で運用するので、増える可能性も有り、

実際に、私は累計で約10%増えている。

悩んだらランキング上位の商品を買えば良い。

私は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」ばかり。

あくまで運用なので、損する可能性は有るけども、

500円分のポイントで、SPU+1倍になるなら悪くないよね。

 

注意点としては、楽天証券で使える楽天ポイントは、

通常ポイントのみ(ポイントと現金の併用もOKとなります。

期間限定ポイントでは、ポイント投資できませんので、

通常ポイントは使い切らないようにしておく。

 

楽天証券って、証券会社としても悪くない。

楽天銀行とマネーブリッジで連携するだけで、

楽天銀行の金利も5倍(0.02%→0.1%)に上がりますので。

その他SPUについて

+1倍=還元率1%上がるという事。

+500円~1,000円分の価値が有るかどうか?で判断しています。

 

楽天市場アプリ(+0.5%)は、

ポイントサイトと併用不可能なので、私は使ってません。

ハピタスとモッピーなら還元率1.0%。ポイント上限も無い。

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。

 

楽天ブックス(+0.5%)は、買いまわりでも対象となっているので、

1度の購入で、SPUとダブルで倍付けが可能。

書籍だけでなく、ゲームやガジェットで、なるべく利用している。

 

Rakuten Fasion(+0.5%)は、

2020年10月にはRakuten Fasionアプリ経由が条件となったので、既に使わない。

楽天よりも、ブランド公式サイトの方がオフ率が高く、商品も豊富だったりする。

Rebates経由の方が、還元率も高かったりする。

楽天「Rebates(リーベイツ)」のメリット・デメリット。

 

楽天でんき(+0.5%)は、

電力自由化で他社を使ってないなら良いとは思いますが、

楽天ひかり(+1.0%)は、

光コラボレーション商品なので・・・リスク高いです。

私は、通信回線が命の商売なので使いません。

 

楽天Kobo(+0.5%)は、

電子書籍はKindleとU-NEXT使ってるし、基本的に自炊派なので。

電子書籍化しまくって辿り着いた、効率の良い自炊方法まとめ。

 

楽天TV(+1.0%)は、

スポーツVODで月額料金も高いので、だったらDAZNを使う。

 

Rakuten Pasha(+1.0%)は、完全にレシート撮影の仕事。

SPU対象までの敷居も高いし、わざわざ実店舗利用しない。

 

楽天ビューティー(+1.0%)は使わないし、

楽天トラベル(+1.0%)も、ほぼ使わなくなった。

ホテル会員は、公式サイトで予約した方が良いですからね。

ホテル公式サイトで予約する理由。ホテル予約サイトのメリット・デメリット。

ホテル公式サイトと予約サイトの違い

 

楽天保険(+1.0%)は、対象となる保険は割高に感じましたし、

そもそも保険という時点で微妙だと思っているので。

個人事業主の生命保険の必要性。死亡保険、医療保険に入るべきか否か? 

買いまわりと併用すべきキャンペーン

その他キャンペーンを併用するなら、

「勝ったら倍」と「5と0のつく日」だけ意識しておく。

 

買いまわりセールって5日間以上開催されるので、

買いまわり期間中、必ず1回は「5と0のつく日」が有ります

楽天カード決済で更に+2倍事前エントリーが必須です。

楽天カード決済が前提のキャンペーンなので、

楽天ポイントで決済した場合は対象外となります。

 

また、楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日は、

「勝ったら倍」キャンペーンも必ず開催されます。

こちらも事前エントリーが必要なので忘れずチェック。

※楽天カード決済は必須では有りません。

単独勝利で2倍(+1倍)、W勝利で3倍(+2倍)、

トリプル勝利で4倍(+3倍)。

トリプル勝利は、あんまり見かけませんけど、2倍は多いので。

 

ちなみに、毎月18日(いちばの日)は、ご愛顧感謝デーも有ります。

こちらも事前エントリー必須

ダイヤモンド会員で4倍(+3倍)、

プラチナ会員で3倍(+2倍)、ゴールド会員で2倍(+1倍)。

 

「毎月18日」は「5と0のつく日」とは併用できないので・・・

買いまわりでは確実な「5と0のつく日」を狙えば良いと思います。

+αの気持ちで「勝ったら倍」キャンペーンですね。

キャンペーンポイントの上限と有効期限

買いまわり以外のキャンペーンの上限金額にも注意。

「勝ったら倍」の上限ポイントは、キャンペーン毎に1,000ポイント

+1倍で10万円購入、+2倍なら5万円購入が上限です。

 

「5と0のつく日」は、ポイント上限が月単位なので、

買いまわりが月2回あると、上限も超えがちです。

キャンペーンポイント上限

倍率 ポイント上限 ポイント種類 購入金額
買いまわり +9倍 10,000ポイント/回 期間限定ポイント 111,111円/回
勝ったら倍 +1倍~3倍 1,000ポイント/回 期間限定ポイント 33,333円~100,000円/回
5と0のつく日 +2倍 3,000ポイント/月 期間限定ポイント 150,000円/月
ご愛顧感謝デー
(18のつく日)
+1~3倍 1,000ポイント/回 期間限定ポイント 33,333円~100,000円/回

 

SPUのポイント上限は、+1倍月間5,000ポイントが多いので、

月間50万円以上使わなければ、基本的に大丈夫ですが・・・

楽天ゴールドカードは+4倍月間5,000ポイントなので、

5000÷0.04=月間125,000円が上限となります。

※楽天プレミアムカードは+4倍月間15,000ポイントなので、

15000÷0.04=月間375,000円が上限となります。

SPUポイント上限

倍率 ポイント上限 ポイント種類
楽天モバイル +1倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
楽天ひかり +1倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
楽天カード
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2~4倍 月間5,000ポイント
※プレミアムは15,000ポイント
通常ポイント1倍
期間限定ポイント1~3倍
楽天銀行+楽天カード +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天の保険+楽天カード +1倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
楽天でんき +0.5倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
楽天証券 +1倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
楽天トラベル +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天市場アプリ +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天ブックス +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天Kobo +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天Pasha +0.5倍 月間5,000ポイント 期間限定ポイント
Rakuten Fashion +0.5倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天TV
NBA Rakuten
+1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント
楽天ビューティ +1倍 月間5,000~15,000ポイント
※会員ランクに依る
期間限定ポイント

ポイント上限を考えると、買いまわりに参加するのは、

月1回にするのが無難ですね。

まぁ、月2回有ることも稀ですし、

1回でまとめて購入した方が、金額達成も容易になりますので。

 

あと、楽天のキャンペーンで付与されるポイントは、

全て期間限定ポイントとなりますので、有効期限が短いです。

付与予定日は翌月15日、有効期限は付与の翌月末日

約1.5ヶ月で使いきらなければ意味も無い。

楽天の期間限定ポイント使い道。価値を高める消化方法。

ポイント有効期限内に再び「買いまわり」が開催されるので、

買いまわりで貯めたポイントは、買いまわりで使う・・・の繰り返しです。

楽天市場の攻略方法まとめ

Yahoo!ショッピング、PayPayモール、ポンパレモール、

au PAYマーケット、dショッピング・・・

どこでも似たようなキャンペーンをやってましたが、

継続して実施しているのは楽天市場だけ。

楽天のキャンペーンだけは毎度変わらず、

毎回複雑なルールを覚える必要も無い。

そういう意味でも、楽天経済圏って素晴らしいのさ。

 

楽天市場は、ポイントで購入してもポイント付与される

10%ポイントバックは、そのまま10%オフに値するわけ。

10%も違うなら、価格コムで価格比較する手間もなくなるし、

価格コムの最安値もアテにならないんだよね。

 

楽天と比較する事の多いアマゾンですが、

安く買う方法は・・・プライムセールを狙うか、

強いていえば、還元率の高いカードを使うくらいですね。

Amazon最強のクレジットカード徹底調査。オリコ、JCB、Amazonカードの還元率比較。

最近は、Amazonが最安値って事も少なくなってきたので、

Amazon価格を盲信し過ぎないように。

楽天市場と比較してみれば分かる。ホント楽天の頻度が増えたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です