個人事業主の方や、法人代表者の方は、

払う税金も多く、その税目の数も膨大。

全てがクレカ払いにできるなら、これ程素晴らしい事も無い。

 

私自身、クレジットカード納税するまでは、色々と疑問がありましたが、

フリーランス(個人事業主)の方や、中小企業の代表者の方に限って言えば、

メリットの方が断然多い印象。

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

 

一番のデメリットは、やはり手数料なんだけど、

高額な手数料も高還元率クレジットカードを使えば、カバーもできるから。

税金支払でもポイント還元率&マイル還元率を求めたいと思います。

クレジットカードで支払可能な税金。

「国税クレジットお支払サイト」の登場により、納付できる税目が一気に増えてましたが、

全ての税金がクレジットカード払いできるわけではありません。

特に「地方税」は住んでいる自治体によって、対応状況が異なります。

 

「国税クレジットカードお支払サイト」で支払える税金。

2017年1月4日午前8時30分から、

「国税クレジットカードお支払サイト」で国税を納付できるようになりました。

国税クレジットお支払サイト

「国税クレジットカードお支払サイト」で納付可能な税目

・ 申告所得税及び復興特別所得税
・ 消費税及び地方消費税
・ 法人税(連結納税を含む)
・ 地方法人税(連結納税を含む)
・ 相続税
・ 贈与税
・ 源泉所得税及び復興特別所得税
・ 源泉所得税
・ 申告所得税
・ 復興特別法人税(連結納税を含む)
・ 消費税
・ 酒税
・ たばこ税
・ たばこ税及びたばこ特別税
・ 石油税
・ 石油石炭税
・ 電源開発促進税
・ 揮発油税及び地方道路税
・ 揮発油税及び地方揮発油税
・ 石油ガス税
・ 航空機燃料税
・ 登録免許税(告知分のみ)
・ 自動車重量税(告知分のみ)
・ 印紙税

本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税等)の納付も可能です(附帯税のみの納付も可能です。)

クレジットカード納付のQ&A|納税証明書及び納税手続関係|国税庁

 

源泉所得税のみ、e-Tax経由でしか納付できない点に注意です。

間違っても「源泉所得税(告知分)」で納税しないように。

 

所得税徴収高計算書の提出が必要となる「源泉所得税及び復興特別所得税」及び「源泉所得税」の納付については、e-Tax(国税電子申告・納税システム)において、徴収高計算書データを送信した後、メッセージボックスに格納される受信通知から「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスする方法により、納付が可能です。

e-Tax経由って言っても、

税理士に電子申告を任せている場合って、e-TaxのIDとパスワード知らんよね。

e-TAXのメッセージボックスにアクセスできれば良いので、

利用者識別番号とログインパスワードを教えて貰えれば・・・といったところです。

 

ちなみに、給与所得者(サラリーマン、派遣社員、公務員、パート、アルバイト等)の場合、

関係してくるのは、贈与税、自動車重量税くらいなのではないかと。

所得税も源泉徴収されちゃうし、国税クレカ払いによる恩恵も少ないかと。

 

地方税もクレジットカード納税可能な自治体が有る。

自治体によっては、地方税のクレジットカード納税も可能です。

例えば東京都では、2015年4月1日より、

地方税のクレジットカード納付も可能となってます。上限100万円未満ですけど。

都税 クレジットカードお支払サイトで支払可能な税金

  • 自動車税
  • 固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
  • 不動産取得税
  • 固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
  • 個人事業税
  • 鉱区税
  • 法人都民税
  • 都たばこ税
  • 軽油引取税
  • 法人事業税
  • ゴルフ場利用税
  • 事業所税
  • 地方法人特別税
  • 自動車取得税
  • 宿泊税

都税 クレジットカードお支払サイト

また、地方自治体サイトでは、対応していなくても、

Yahoo!公金支払にて対応している税目も有ります。

Yahoo!公金支払は、Tポイントにも対応しているので、ポイント消化で税金も払えます。

ヤフーショッピングの期間限定ポイント(期間固定Tポイント)の使い道。真剣に現金化を考えてみた。

 

国民健康保険料の納付にも対応している自治体も増えていますが、

住んでいる地域によって対応状況は異なりますので、各自確認必須です。

 

クレジットカード納税で発生する決済手数料。

繰り返しますが、クレジットカード納税一番のデメリットは手数料。

クレジットカードで税金を払う場合、決済手数料は納税者負担となります。

 

クレジットカード納税の決済手数料

  • 国税:1万円超える毎に82円(税込)が発生する。
  • 都税:1万円超える毎に78円(税込)が発生する。

※Yahoo!公金支払の場合、税目&自治体により手数料が異なります

 

決済手数料は0.82%では無く、1万円超える毎に82円発生という事。

最小0.82%~最大1.64%となります。

 

クレジットカード納税 手数料の占める割合比較

  • 納税額10,000円+手数料82円=合計金額10,082円(手数料率0.82%
  • 納税額10,001円+手数料164円=合計金額10,165円(手数料率1.64%

 

少額の場合は下4ケタの金額により、手数料割合も増えますので、

10万円以上の納税するなら、端数気にせず得できるかなという印象。

クレジットカード納税 手数料の占める割合 5万円以上

  • 納税額50,001円+手数料492円 → 手数料率0.98%
  • 納税額100,001円+手数料902円 → 手数料率0.90%
  • 納税額200,001円+手数料1722円 → 手数料率0.86%
  • 納税額300,001円+手数料2542円 → 手数料率0.85%
  • 納税額400,001円+手数料3365円 → 手数料率0.84%
  • 納税額500,001円+手数料4186円 → 手数料率0.84%
  • 納税額600,001円+手数料5006円 → 手数料率0.83%

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

 

納める税金が少額な場合は、

nanacoクレジットチャージを利用する方法も有りますが・・・

nanacoチャージで高還元率のクレジットカード。税金・公共料金を支払う注意点。

現在では使えるクレカも少なくなっており、基本的に高還元率クレカは使えません。

 

まず、nanacoにチャージしなければいけないという事。

5万円以上の納付する場合も、非常に面倒なので避けた方が無難です。

 

税金支払いで高還元率の法人カード。

10万円以上の納税でも、決済手数料は約0.8~0.9%は発生するので、

基本的に還元率1.0%未満のクレジットカードでは損します。

とはいえ、事業費決済可能な高還元率ビジネスカードとなると限られる。

IMG_6718

まずは、ポイント還元率の高い法人カードから。

 

オリコ EX Gold for Biz。ポイント還元率0.6%~1.1%

オリコ EX Gold for Biz

  • 還元率:0.6%~1.1%(暮らスマイル)
  • 年会費:2000円+税
  • 限度額:最大300万円
  • オススメポイント:年間200万円利用で翌年度の還元率1.1%

 

還元率で選ぶならオリコのEX Gold for Biz

通常還元率も0.6%と高めなのですが、年間利用額に応じて還元率1.1%まで上がります。

年間200万円以上の利用で、翌年のポイント還元率2.2倍還元率1.1%)なので、

税金収めるのに利用すれば、還元率もアップも尚更容易となる。

貯まるポイントも「暮らスマイル」なので、ポイントの利便性も高い。

「オリコポイント」交換する事で、Amazonギフト券やマイル等にも交換可能となります。

 

還元率だけでなく、特典も豊富であり。

ビジネスゴールドなので、プラチナ級の特典「ダイニング BY 招待日和」も使えます。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz iD×QUICPay」は高還元率の法人クレカ。

強いて言うデメリットは、限度額が最大300万円というところ。

300万円以上の税金の支払には使えません。

 

楽天ビジネスカード。ポイント還元率1.0%

楽天ビジネスカード

  • 還元率:1.0%(楽天ポイント)
  • 年会費:2000円+税 ※楽天プレミアムカード必須(年会費1万円+税)
  • 限度額:最大300万円

 

還元率1.0%のカードには、楽天ビジネスカードも有りますが、

あくまで楽天プレミアムカードの追加カードの位置付けとなるので・・・微妙。

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードを所持して無いと発行できません

楽天プレミアムカードって・・・プライオリティパスくらいしか魅力ないですからね。

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

 

楽天プレミアムカードの年会費10000円+税も必要になり、

貯まる楽天ポイントは、プレミアムカードの利用分も合算されて貯まってしまいます

経理上、楽天ポイントは個人用と事業用で分けてないと、色々と問題もありそうなので・・・ね。

こちらも限度額は最大300万円であり、限度額もプレミアムカードと合算となってます。

 

楽天ポイントを貯めるなら、消化方法は把握しておきましょう。

楽天の期間限定ポイントの使い道。失効する前に必ず消化する方法。

 

 

還元率1%以上の個人向けクレジットカードを使う。

法人の場合は、経理上難しいかもしれませんが、

個人事業主の税金支払くらいなら、

一般的なクレジットカードで決済するのは、問題無いんじゃないかと。

 

還元率1.0%以上のクレジットカードも多いですからね。

リクルートカード、レックスカード、オリコカードザポイント、楽天カード、Yahoo!カード・・・

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

高還元率クレジットカード

個人カードで、大金の事業費決済する場合、

カードストップされる可能性もあるし、

カード会社の規約上グレーな部分も有りますので、

不安ならカード会社に確認しておきましょう。

 

年会費無料のクレジットカードは、限度額も低めなので、

相談すれば、一時増枠してくれるかもしれません。

 

税金支払いでマイル還元率が高い法人カード。

ポイント還元よりもマイル派の貴方へ。

マイルの価値は人それぞれ、手数料払ってでもマイルを貯めたい人も多いハズ。

私も、世界3大アライアンスの会員。

特にJAL、ANAマイルは貯めてますので。

IMG_6715

マイル還元率といえばアメックスとダイナースなんだけど、

アメックスとダイナースでの税金支払は、還元率が半減しますので気を付けて。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスカード。マイル還元率1.125%

セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナビジネスアメックスカード

  • 還元率:1.125%(JALマイル)
  • 年会費:20000円+税
  • 限度額:最大1000万円?
  • オススメポイント:年間200万円利用で翌年度の年会費半額
  • JALマイル年間移行上限:15万マイル(年間1500万円利用相当)

 

アメックス発行のクレジットカードでは還元率は半減しますが、

セゾンアメックスでは変わらずマイルが貯まりまくります。

特に、JALマイルの還元率1.125%と非常に高いのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

 

JALプラチナカードでも、ショッピングプレミアムの還元率1.0%が限界ですから、

そのマイル還元率の高さも理解できるかと。

 

年間200万円以上の利用で、更に年会費が半額の1万円となる。

これ以上安いプラチナカードって存在しないから。

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードランキング。 

 

税金払えば年会費も安くなるし、プラチナカードだから特典も満載。

高額補償の旅行保険も自動付帯だし、無料でプライオリティパスも使えます。

セゾン プラチナ ビジネス アメリカン エキスプレスカードのメリット・デメリット。

 

注意点は、年間15万マイルのJALマイル移行制限が有るので、

年間1500万円以上利用しても、あんまり得しません。

日頃から使いまくったり、高額納税する場合は気を付けましょう。

ちなみに、個人事業主や法人代表者だけでなく、

サラリーマンでも申込み可能なので、JALマイルならセゾンプラチナビジネスアメックス

万人にオススメできるカードです。

 

ANA JCB法人ワイドゴールドカード。マイル還元率1.0~1.075%

ANA JCB法人 ワイドゴールドカード

ANA JCB法人ワイドゴールドカード

  • 還元率:1.00%~1.075%(ANAマイル)
  • 年会費:19,000円+税
  • 限度額:最大250万円
  • オススメポイント:年間300万円利用で翌年度のマイル還元率1.075%
  • ANAマイル年間移行上限:無し

 

JCBカードで貯まる「OkiDokiポイント」を、ANAマイルへ移行できるカード。

ANA JCBカードなら、OkiDokiポイントをANAマイルに高レートで移行できます。

通常でANAマイル還元率1.0%、ボーナスポイントも活用すれば最大1.075%となります。

一旦OkiDokiで貯まるので、ちょっと複雑ですけど。

 

ANA JCB法人ワイドゴールドカード還元率カラクリ

  • 1,000円利用→OkiDoki1ポイント
  • OkiDoki1ポイント→ANA10マイル(還元率1.0%
  • 年間300円以上の利用で、翌年ポイント付与率+0.25ボーナスポイント
  • ボーナスポイント OkiDoki1ポイント→ANA3マイル(還元率0.075%
  • 通常ポイント1.0%+ボーナスポイント0.075%還元率1.075%

 

ANA JCB ワイドゴールドカードの特典として、

Okidokiポイントからのマイル移行手数料5,000円も無料となってます。

 

ANA JCB 法人カードでは、

ワイドゴールドだけ「ANAカードマイルプラス」特典が有るので、

ANA航空券購入で、別途100円毎に1マイル貯まるし、

ワイドゴールドカードなら、マイル移行手数料無料になりますから。

 

ANA JCB 法人カード ANAマイル移行手数料

  • ANA JCB 一般法人カード:5,000円
  • ANA JCB ワイド法人カード:5,000円
  • ANA JCB ワイドゴールド法人カード:無料

 

法人カードに限らず、ANAを利用するなら「ANAカード」は必須。

税金支払でANAマイルを貯める裏ワザとして、

LINE Pay→ソラチカで還元率1.63%も可能です。

ANAマイラーがソラチカカードを所持する理由。ソラチカのデメリット。

LINE Payカードは、1回の利用金額は100万円が限界ですけど。

 

アメリカン エキスプレス ビジネス ゴールドカード。マイル還元率0.5%

アメリカン エキスプレス ビジネス ゴールドカード

  • 還元率:0.5%(ANAマイル)
  • 年会費:31,000円+税
  • メンバーシップ・リワード・プラス年会費:3000円+税
  • 限度額:一律の制限無し
  • オススメポイント:デポジット(事前入金)で限度額以上の納税が可能
  • ANAマイル年間移行上限:8万マイル ※別途年間5000円+税の手数料も発生

 

アメックスカードでの公共料金や税金の支払いは、

還元率0.5%(200円=1ポイント)となってしまいます。

200円=1ポイントで換算される加盟店

  • 国税
  • 国民年金保険料
  • 都道府県税など

加算対象外・100円=1ポイントとして換算されない加盟店

 

クレジットカードの限度額1000万円を超えるって人も少ないとは思いますが、

法人カードとなると限度額が低いというデメリットが有る。

アメックスならデポジット可能なので、無尽蔵に貯めれます。

マイル還元率は半減するけど、マイルは貯められるという・・・

マイル価値をどう考えるかですね。

 

アメックス券種なら、デポジットは利用可能なので、

デポジットで高額納税さえできれば良いというなら、

アメックスビジネスグリーンが一番コストパフォーマンスが高いです。

アメックスビジネスカード(グリーン)はコスパ最強。ビジネスゴールドとの違い。

 

同じく、ダイナースも税金の支払では、還元率0.5%なのですが、

利用可能額という面を考えると、アメックスの方が良いのではないかと。

アメックスには、デポジットで制限なく納税も可能だし、

マイル移行先の提携航空会社も多いですから。

ダイナースクラブカードとアメックスゴールドカードを徹底比較。

 

還元率半減の利用先は、Yahoo!公金支払等の地方税も対象となってます。

ふるさと納税も対象となっているので、

アメックスカードでふるさと納税するのも避けた方が良い。

クレジットカード還元されてこその、ふるさと納税の還元率ですから。

コスパの良い「ふるさと納税」の特産品。勝手にランキング2017年Ver.

 

 

クレジットカード納税には還元率以外のメリットも有る。

クレジットカードの利用を繰り返す事で、与信枠が増えるという事。

特に、個人事業主や新設法人は信用もホントないですからね。

利用枠を増やす為、クレジットカード納税をするのは有りなんじゃないかと。

クレジットカードの利用限度額を上げる方法。与信枠を増やす為に。

 

実際、私はクレジットカード納税で限度額が足らなくて困ったから。

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

 

法人でクレジットカードを所持しているなら、

日頃から法人カードを使っておく。

クレジットカードのバリエーションも増やしておく。

新設法人で発行できるクレジットカードも増えてますから。

法人カードを比較する。事業主にオススメのビジネスカードランキング。