税金支払いで高還元率となるクレジットカードまとめ。

税金支払で高還元率のクレジットカード

個人事業主の方や、法人代表者の方は、

払う税金も多く、その税目の数も膨大。

全てがクレジットカード払いにできるなら、これ程素晴らしい事も無い。

 

私自身、クレジットカード納税するまでは、色々と疑問がありましたが、

フリーランス(個人事業主)の方や、中小企業の代表者の方に限って言えば、

メリットの方が断然多い印象。

 

一番のデメリットは、やはり手数料なんだけど、

高額な手数料も高還元率クレジットカードを使えば、カバーもできるから。

税金支払でもポイント還元率&マイル還元率を求めます。

オススメ法人カード

クレジットカードで支払い可能な税金

2017年1月4日、「国税クレジットお支払サイト」の登場により、

納付できる税目が一気に増えましたが・・・

まだまだ、全ての税金がクレジットカード払いできるわけではありません。

特に「地方税」は住んでいる自治体によって、対応状況が異なります。

国税

国税クレジットカードお支払サイト」では、

国税を納付が可能となりました。

で、国税って、どのような税金があるのか?

「国税クレジットカードお支払サイト」で納付可能な税目

・ 申告所得税及び復興特別所得税
・ 消費税及び地方消費税
・ 法人税(連結納税を含む)
・ 地方法人税(連結納税を含む)
・ 相続税
・ 贈与税
・ 源泉所得税及び復興特別所得税
・ 源泉所得税
・ 申告所得税
・ 復興特別法人税(連結納税を含む)
・ 消費税
・ 酒税
・ たばこ税
・ たばこ税及びたばこ特別税
・ 石油税
・ 石油石炭税
・ 電源開発促進税
・ 揮発油税及び地方道路税
・ 揮発油税及び地方揮発油税
・ 石油ガス税
・ 航空機燃料税
・ 登録免許税(告知分のみ)
・ 自動車重量税(告知分のみ)
・ 印紙税

本税に加えて、附帯税(加算税、延滞税等)の納付も可能です(附帯税のみの納付も可能です。)

クレジットカード納付のQ&A|納税証明書及び納税手続関係|国税庁

 

源泉所得税のみ、e-Tax経由でしか納付できない点に注意です。

間違っても「源泉所得税(告知分)」で納税しないように。

所得税徴収高計算書の提出が必要となる「源泉所得税及び復興特別所得税」及び「源泉所得税」の納付については、e-Tax(国税電子申告・納税システム)において、徴収高計算書データを送信した後、メッセージボックスに格納される受信通知から「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスする方法により、納付が可能です。

e-Tax経由って言っても、

税理士に電子申告を任せている場合って、e-TaxのIDとパスワード知らんよね。

e-TAXのメッセージボックスにアクセスできれば良いので、

利用者識別番号とログインパスワードを教えて貰えれば・・・といったところです。

 

ちなみに、給与所得者(サラリーマン、派遣社員、公務員、パート、アルバイト等)の場合、

関係してくるのは、贈与税くらいなのではないかと。

所得税も源泉徴収されちゃうし、国税クレカ払いによる恩恵は少ないかと。

地方税 ※自治体に依る

自治体によっては、地方税のクレジットカード納税も可能です。

例えば東京都では、2015年4月1日より、

都税クレジットカードお支払いサイト」で納付ができます。

 

サラリーマンでも馴染み深いのは、自動車税固定資産税

上限100万円未満まで支払い可能です。

都税 クレジットカードお支払サイトで支払可能な税金

  • 自動車税
  • 固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
  • 不動産取得税
  • 固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
  • 個人事業税
  • 鉱区税
  • 法人都民税
  • 都たばこ税
  • 軽油引取税
  • 法人事業税
  • ゴルフ場利用税
  • 事業所税
  • 地方法人特別税
  • 自動車取得税
  • 宿泊税

都税 クレジットカードお支払サイト

 

多くの地方自治体では「Yahoo!公金支払」にて地方税の納税に対応してますが、

全ての自治体で利用できるわけでは有りませんので、各自ご確認下さい。

 

Tポイントでの支払いにも対応しており

期間固定Tポイントでも税金が払えてしまいます。

国民健康保険税、国民年金保険

保険税といわれるようになった、国民健康保険料。

国民健康保険料のクレジットカード納付にも対応しています。

※社会保険(厚生年金、健康保険)は、クレジットカード払い不可能です。

 

こちらも自治体によって対応状況は異なりますので、各自確認必須。

同じくYahoo!公金支払いにて対応となってます。

※参考→Yahoo!公金支払い国民健康保険)

 

一方、国民年金保険料の場合は、住んでる地域に関わらず、

日本全国でクレジットカード納税可能。前納割引も効きます。

ポイント還元率を考えれば、振替前納よりもお得です。

国民年金保険料を前納で節約。口座振替からクレジットカード払いに変更してみた。

ふるさと納税

個人事業主、サラリーマンにも関係してくる税金として、

クレジットカード納税ができるメジャーなものに「ふるさと納税」が有ります。

ふるさと納税は、クレジットカード納税が当たり前。

金額も大きいので、クレジットカードの還元率も馬鹿にできませんし、

クレジットカードで納税しないと、手続きも凄い面倒ですから。

 

ふるさとチョイス、さとふる、楽天ふるさと納税、ふるなび・・・

大手ふるさと納税サイトは、クレジットカード納付が当たり前。

ふるさと納税サイトは、利用サイトにより還元率も異なります。

ふるさと納税ポータルサイトの比較。納税サイトの特徴と還元率の違い。

 

ふるさと納税の返礼品は、年末に向け厳しくなってます。

還元率の高い返礼品、来年度は・・・無くなりそう。今のうちに。

クレジットカード納税の決済手数料

クレジットカード納税一番のデメリットは手数料。

国税、地方税とクレジットカードで税金を払う場合、

決済手数料は納税者負担となります。

クレジットカード納税の決済手数料

  • 国税お支払いサイト:1万円超える毎に82円(税込)が発生する。
  • 都税お支払いサイト:1万円超える毎に78円(税込)が発生する。
  • Yahoo!公金支払:税目&自治体により手数料が異なる
  • ふるさと納税サイト:手数料無し

 

「国税お支払いサイト」の場合、

決済手数料は0.82%では無く、1万円超える毎に82円発生という事。

最小0.82%~最大1.64%となります。

クレジットカード納税 手数料の占める割合比較

  • 納税額10,000円+手数料82円=合計金額10,082円(手数料率0.82%
  • 納税額10,001円+手数料164円=合計金額10,165円(手数料率1.64%

 

少額の場合は下4ケタの金額により、手数料割合も増えますので、

10万円以上の納税するなら、端数気にせず得できるかなという印象。

クレジットカード納税 手数料の占める割合 5万円以上

  • 納税額50,001円+手数料492円 → 手数料率0.98%
  • 納税額100,001円+手数料902円 → 手数料率0.90%
  • 納税額200,001円+手数料1722円 → 手数料率0.86%
  • 納税額300,001円+手数料2542円 → 手数料率0.85%
  • 納税額400,001円+手数料3365円 → 手数料率0.84%
  • 納税額500,001円+手数料4186円 → 手数料率0.84%
  • 納税額600,001円+手数料5006円 → 手数料率0.83%

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

 

納める税金が少額な場合は、

nanacoクレジットチャージを利用する裏技も有りますが・・・

現在では使えるクレジットカードも少なくなっており、

基本的に高還元率クレジットカードは使えなくなってます。

 

まず、nanacoにチャージしなければいけないし、

コンビニ店員もイマイチ仕組みを理解していないということ。

特に、5万円以上の納付する場合は、非常に面倒なので避けた方が無難です。

税金支払いで還元率の高いクレジットカード

税金や国民健康保険料、国民年金保険料は、

クレジットカードの特典、還元率が倍付けされたりすることは有りません。

というわけで、基本的に通常還元率で判断すれば良いわけ。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

 

還元率1.0~1.5%のカードで、税金支払でペナルティの無いカード。

リクルートカード、レックスカード、

オリコカードザポイント、楽天カード、Yahoo!カード・・・

定番のラインナップです。

 

税金支払いで高還元率のクレジットカード

年会費 還元率
REX CARD 無料 1.25%
リクルートカード 無料 1.20%
Orico Card THE POINT 無料 1%
※入会6ヶ月間2%
JCB CARD W 無料 1%
楽天カード 無料 1%
ヤフーカード 無料 1%
dカード 無料 1%
ライフカード 無料 0.5%
※誕生日月1.5%
P-one Wiz ※リボ専用 無料 1.50%

 

レックスカードJCB CARD Wオリコカードザポイントあたりが無難で間違いない。

オリコカードザポイントには、入会6ヶ月ポイント2倍特典もありますからね。

Orico Card THE POINT入会キャンペーン

 

共通ポイント系クレジットカードでは、

リクルートカード楽天カードヤフーカードdカードと有りますが、

ポイントの利便性という点では、楽天、Yahoo!の2択になるかと。

Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、dポイントの価値を比較。共通ポイントの貯まりやすさと利便性。

リボ払い専用クレジットカードを上手く使えるなら、

P-one Wiz還元率1.5%と高いです。

 

法人の場合は、経理上難しいかもしれませんが、

個人事業主の税金支払くらいなら、

一般的なクレジットカードで決済するのは、問題無いんじゃないかと。

 

ただ、個人の納税でも、大金の事業費決済する場合、

カードストップされる可能性もあるし、

カード会社の規約上グレーな部分も有りますので、

不安ならカード会社に確認しておきましょう。

 

年会費無料のクレジットカードは、限度額も低めなので、

限度額が足りない場合は、相談することで一時増枠してくれる可能性も有りますから。

税金支払いで還元率の高い法人カード

直接税金を収める事が多いのが、個人事業主や法人経営者。

事業費決済となるとビジネスカードを利用しなければならない・・・

 

とはいえ、事業費決済可能な高還元率ビジネスカードは少ないので、

選択肢も限られます。まずは、ポイント還元率の高いカードから。

EX Gold for Biz

IMG_7137

EX Gold for Bizの基本情報

  • 還元率:0.6%~1.1%
  • 年会費:2,000円+税
  • 限度額:最大300万円
  • オススメポイント:年間200万円利用で翌年度の還元率1.1%

ポイント還元率で選ぶならオリコのEX Gold for Biz

数あるビジネスカードの中でも、その還元率はトップクラス。

 

通常還元率も0.6%と高めなのですが、年間利用額に応じて還元率1.1%まで上がります。

年間200万円以上の利用で、翌年のポイント還元率2.2倍還元率1.1%)なので、

税金収めるのに利用すれば、還元率もアップも尚更容易となる。

貯まるポイントも「暮らスマイル」なので、ポイントの利便性も高い。

「オリコポイント」交換する事で、Amazonギフト券やマイル等にも交換可能となります。

 

還元率だけでなく、特典も豊富であり。

ビジネスゴールドなので、プラチナ級の特典「ダイニング BY 招待日和」も使えます。

特典ゴールドカードの中でも、コストパフォーマンス最強。

 

強いて言うデメリットは、限度額が最大300万円というところ。

1回の支払いで、300万円以上の税金は払えません。

楽天ビジネスカード

IMG_7141

楽天ビジネスカード

  • 還元率:1.0%
  • 年会費:2,000円+税 ※楽天プレミアムカード必須(年会費1万円+税)
  • 限度額:最大300万円

還元率1.0%の法人カードには、楽天ビジネスカードも有りますが、

あくまで楽天プレミアムカードの追加カードの位置付けとなるので・・・微妙。

 

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードを所持して無いと発行できません

楽天プレミアムカードって・・・プライオリティパスくらいしか魅力ないですからね。

 

楽天プレミアムカードの年会費10000円+税も必要になり、

貯まる楽天ポイントは、プレミアムカードの利用分も合算されて貯まってしまいます

経理上、楽天ポイントは個人用と事業用で分けてないと、色々と問題もありそうなので・・・ね。

こちらも限度額は最大300万円であり、限度額もプレミアムカードと合算となってます。

 

楽天ポイントを貯めるなら、消化方法は把握しておきましょう。

倍付けされるポイントは、有効期限の短い期間限定ポイントですから。

税金支払いで還元率の高い法人カード(マイル)

ポイント還元よりもマイル派の貴方へ。

マイルの価値は人それぞれ、手数料払ってでもマイルを貯めたい人も多いハズ。

私も、世界3大アライアンスの会員。

特にJAL、ANAマイルは貯めてますので。

IMG_6715

航空会社のクレジットカード(JALカード、ANAカード)は、

法人カードとなると、マイルが貯まる仕組みも一般カードとは異なるので、

マイル還元率が高いビジネスカードとなると、こちらも限られてきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

IMG_7123

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 還元率:1.125%(JALマイル)
  • 年会費:20,000円+税
  • 限度額:一律の制限無し
  • オススメポイント:年間200万円利用で翌年度の年会費半額
  • JALマイル年間移行上限:15万マイル(年間1,500万円利用相当)

JALマイルの還元率1.125%と高いのが、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスブランドですが、セゾン発行なので税金支払でも還元率が半減しません

SPGアメックスだと税金支払で還元率も半減してしまいますからね。

 

JALプラチナカードでも、ショッピングプレミアムの還元率1.0%が限界ですから、

そのマイル還元率の高さも理解できるかと。

 

年間200万円以上の利用で、更に年会費が半額の1万円となる。

これ以上安いプラチナカードも存在しないから。

 

税金払えば年会費も安くなるし、プラチナカードだから特典も満載。

高額補償の旅行保険も自動付帯だし、無料でプライオリティパスも使えます。

 

注意点は、年間15万マイルのJALマイル移行制限が有るので、

年間1500万円以上利用しても、あんまり得しません。

日頃から使いまくったり、高額納税する場合は気を付けましょう。

ちなみに、個人事業主や法人代表者だけでなく、

サラリーマンでも申込み可能なので、JALマイルならセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

万人にオススメできるカードです。

ANA JCB法人カード

IMG_7138

ANA JCB法人カード

  • 還元率:1.00%~1.06%(ANAマイル)
  • 年会費:2,250円+税 ※初年度年会費無料
  • 限度額:最大100万円
  • オススメポイント:継続ボーナスマイル1,000マイル年間100万円利用で翌年度のマイル還元率1.06%
  • ANAマイル年間移行上限:無し

JCBカードで貯まる「OkiDokiポイント」を、ANAマイルへ移行できるカード。

ANA JCBカードなら、OkiDokiポイントをANAマイルに高レートで移行できます。

通常でANAマイル還元率1.0%、ボーナスポイントも活用すれば最大1.06%となります。

一旦OkiDokiで貯まり、OkidokiボーナスポイントのANA換算レートは異なるので、複雑ですけど。

 

Okidokiポイントの移行レート

  • 通常獲得ポイント:1ポイント=ANA10マイル
  • ボーナスポイント:1ポイント=ANA3マイル

ANA JCB法人カード還元率の内訳

  • 1,000円利用→OkiDoki1ポイント
  • OkiDoki1ポイント→ANA10マイル(還元率1.0%
  • 年間100円以上の利用で、翌年ポイント50%UP(ボーナスポイント)
  • ボーナスポイント OkiDoki1ポイント→ANA3マイル(還元率0.06%
  • 通常ポイント1.0%+ボーナスポイント0.06%還元率1.06%

 

毎年、クレジットカード更新で、

継続ボーナス1,000マイルも貰えるので、

年会費2250円+税と考えるなら悪くないかと。

 

ただ、ANA JCB法人カードは、

OkidokiポイントからANAマイルに移行する際に、

マイル移行手数料5,000円(年間)が発生するので気をつけて。

 

Okidokiポイントの有効期限は2年間(24ヶ月)なので、

2年毎に交換すれば、マイル移行手数料も抑えら、有効期限も伸ばせます。

ANAマイル有効期限は3年間(36ヶ月)だから最長5年まで伸ばせるってわけ。

 

ちなみに、上位カード「ANA JCB ワイドゴールドカード」なら、

マイル移行手数料5,000円も無料となります。

 

ANA JCB 法人カード ANAマイル移行手数料

  • ANA JCB 一般法人カード:5,000円
  • ANA JCB ワイド法人カード:5,000円
  • ANA JCB ワイドゴールド法人カード:無料

 

また、ANA JCB 法人カードでは、

ワイドゴールドだけ「ANAカードマイルプラス」特典が有るので、

ANA航空券購入で、別途100円毎に1マイル貯まります

ただ、年会費も19,000円+税と大幅に増えるので、

ANA航空券の為に、上位カードを目指すかと言えば微妙。

 

ANAカードは、個人カードの方が特典もバリエーションも多く、

ANAマイルを貯めてる人なら、既に所持しているんじゃないかと。

IMG_7126 (1)

税金支払いで還元率が半減するクレジットカードに注意

アメックスカード、ダイナースクラブカードでの公共料金や税金の支払いは、

還元率0.5%(200円=1ポイント)となってしまいます。

 

特にダイナースクラブカードは、改悪続いてますからね。

還元率という点では、期待しない方が良い。

 

また、税金支払では、満額ポイントが付与されるクレジットカードでも、

国民年金保険料で、ポイント対象外クレジットカードが有ります。

三井住友カードとdカードは、国民年金保険料はポイント付与対象外となってます

※参考→国民年金保険料もカードでお支払い|クレジットカードの三井住友VISAカード

※参考→dカード | dカードポイントサービスに関するご注意事項

 

三井住友カードは、発行しているクレジットカードも多いので気をつけて。

ANA VISAカード、Amazon Masterカード、

ヒルトンオナーズVISAカード、Booking.comカード・・・

いずれも三井住友カード発行です。

 

以前、P-Oneカードでも税金・国民年金保険料は1%還元対象外でしたが・・・

こちらはいつの間にか改善され、1%割引対象となってます。

 

いずれにせよ、ポイント還元ルールはコロコロ変わってますので、

確実にポイント貯めたいなら、事前にカード会社に確認することをオススメします。

 

ポイント付与に制限の有るクレジットカード

半減対象の加盟店 付与対象外の加盟店
アメックスカード 国税
国民年金保険料
都道府県税
水道料金
ガス料金
電気料金
NHK受信料
電子マネーチャージ
UNICEF
ダイナースクラブカード 都道府県・市町村税
NHK受信料
国民年金保険料
水道料金
ガス料金
総合病院等大型病院
有料道路通行料金
ETC利用料金
保険料
プロバイダー等通信料
電話・携帯通話料
有料放送サービス
電子マネー
三井住友VISAカード 国民年金保険料
電子マネーチャージ
プリペイドカード
dカード 国民年金保険料
電子マネーチャージ
プリペイドカード
募金(ユニセフ等)

クレジットカード納税には還元率以外のメリットも有る。

クレジットカードの利用を繰り返す事で、与信枠が増えるという事。

特に、個人事業主や新設法人は信用無いですからね。

利用枠を増やす為、クレジットカード納税をするのは悪くないです。

実際、私は納税する際にも限度額が足らなくて困ったし。

 

法人でクレジットカードを所持しているなら、

日頃から法人カードを使っておく。

クレジットカードのバリエーションも増やしておく。

新設法人で発行できるクレジットカードも増えてますから。

2 Comments

charlie

はじめまして、チャーリーです。
いつもながら、有益な情報をありがとうございます。 
私は、せどりビギナーで、新谷さんの情報は大変参考になります。
今回の税金のクレジット払いの話も、
nanacoは不便だと思っていましたので、活用したいと思います。

返信する
KJ Shintani

チャーリー様、ありがとうございます。

nanacoチャージは改悪により、割に合わない作業と感じる人も多いようですね。
5万円以上の支払いは、コンビニ店員も理解してないし、
チャージした金額も、ピッタリ使い切れ無い問題も有る。

どこでも納税できる利便性を考えたら、
オンラインでのクレカ納税は全然有りですね。
大金になるほど、資金移動の大変さ感じてますから。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です