WindowsとMacで覚えるべきショートカットキー。確実に覚える方法と具体的な使い方。

覚えるべきショートカットキー

パソコンに必ず付いているキーボード。
キーボードのショートカット機能は、無料なので軽視もされがちですが、
ショートカットキーを覚えることで、作業時間は大幅に削減できます。

WindowsもMacもiPadも・・・キーボードなら基本的に同じ。
必要なのもキーボードだけ故に汎用性も高い。
1度覚えてしまえばずっと使える、これ以上コスパが高いスキルも無い。

ただ、ショートカットキーは多すぎる為、
何から覚えれば良いのか?分からない人も多いハズ。
大量にあるショートカットキー、別に全部覚える必要もないわけで、
その使い方、覚え方。まとめておきます。

目次

ショートカットキーが時間短縮となる理由

まず、ショートカットキーを覚えることで何ができるのか?
ってとこを理解すると、脳みそに入れるのも速い気がします。

パソコンって、キーボードとマウス(タッチパッド)で操作すると思ってますけども、
ほぼ全ての操作は、キーボードだけで可能です
マウスはキーボードで代用できるし、むしろキーボードだけのが早い。

マウスって、カーソルを動かしてクリックするって2つの動作が必要であり、
カーソル移動の時間だけでなく、カーソルを探すを手間が有る。
マルチディスプレイや4Kディスプレイと、
操作領域も増やせば、カーソルの移動距離も増えるからね。
トラックパッドなら尚更、カーソル移動も大変。

一方、キーボードだけなら、手も顔も最小限の動きで済む。
カーソル探さなくて良いし、カーソルを動かさなくて良い。
身体的な負担、腱鞘炎や首ヘルニアのリスクも抑えられるのです。

また、マウス不要になれば、物理的なデスクスペースも省スペースで済む。
マウス持ち運ぶ必要もなくなるし、作業開始も早くなる。
マウス携帯するのも嫌じゃない?。曲線デザインでカチカチする。

多ボタンマウス、トラックボールマウス、マウスジェスチャーと、
ショートカットキーを覚えることで、より効果的に使えるようになる。

WindowsにもMacにも、仮想デスクトップ機能が有るので、
ディスプレイ切り替えもキーボードで一瞬、マルチディスプレイ無くてもなんとかなる。
少ない作業領域で仕事する人。ノートパソコンで作業する人も覚えた方が良いかと。

ちなみに、ショートカットキーを使う上で、
タッチタイピング(ブラインドタッチ)は、できる前提。
パソコン使うなら、何を差し置いてもタッチタイピングはマスターすべき。
無料のウェブアプリ「寿司打」で、1日頑張ってください。

※参考→寿司打

テンキー入力も見ないで打てると、数字の計算早くなる。
電卓のタッチタイピング・・・出来たらかっこよい。

ショートカットキーの覚え方

必ず覚えるべきショートカットキー

問答無用に覚えるべきショートカットキーから。
何を覚えたが良いのかというよりも、これは覚えてくれないと困る。

定番ショートカットキーは、ほぼ全てのアプリで使えますし、
Windowsで使えるなら、Macでも当たり前にできる。逆も然り。
以下、絶対に覚えるべきショートカットキーです。

必須のショートカットキー

操作WindowsMac
切り取り(Cut)Ctrl + Xcommand + X
コピー(Copy)Ctrl + Ccommand + C
貼り付け(Paste)Ctrl + Vcommand + V
元に戻す(Undo)Ctrl + Zcommand + Z
やり直し(Redo)Ctrl + Yshift + command + Z
全選択Ctrl + Acommand + A
文字列検索Ctrl + Fcommand + F
上書き保存Ctrl + Scommand + S
スクリーンショットWindows + PrintScreen
Windows + shift + s
Shift + Command + 3
Shift + Command + 4

パソコンを使う上で「情報を扱う」ことは避けられない。
よって、文字のコピペ、ファイルのコピペは一番使う。

「文字列の検索(Ctrl + F)」を覚えれば、WEB検索、ファイル検索・・・と、
「情報を探す時間」を大幅短縮できます。

コピーと切り取りの違いですが、
コピーは「複製」したい場合、切り取りは「移動」したい場合に使う。
切り取りをコピーで代用してしまうと「戻って削除する」手間が増えるので。

「やり直し(Ctrl + Z)」は、一瞬で一つ前の作業へタイムスリップできるから、
現実世界でもうっかり脳内で押しそうになるくらい便利。

文字入力では、変換ショートカットも覚えるべき。
一瞬でひらがな、カタカタ、英字にするボタン。

文字入力

WindowsMac
ひらがなに変換F6F6
Control+J
カタカナに変換F7F7
Control+K
半角カタカナに変換F8F8
Control+セミコロン(;)
全角英字に変換F9F9
Control+L
半角英字に変換F10F10
Control+コロン(:)

あと、クラウド化で、WEBブラウザでなんでもできるようになっているので、
ブラウザ(ウィンドウ)のショートカットも必須。
Chrome、Safari、Edge、検索アプリ問わず使えますから。既に常識。

検索ブラウザのショートカット

WindowsMac
戻るAlt + ←command + ←
進むAlt + →command + →
タブ追加Ctrl + Tcommand + T
タブ切替Ctrl + Tab
Ctrl + Shift + Tab
option + command + →
option + command + ←
タブを閉じるCtrl + Wcommand + w
1ページスクロールスペースキースペースキー
アドレスバー移動Ctrl + Lcommand + L
新規タブを開くCtrl + Tcommand + T
タブを閉じるCtrl + Wcommand + W
閉じたタブ復元Ctrl + Shift + Tshift + command + T
新規ウィンドウCtrl + Ncommand + N
ウィンドウ切替Alt + Tab
Alt + Shift + Tab
command + tab
command + shift + tab
新規タブで
リンクを開く
Ctrl + クリックcommand + クリック

ウィンドウ移動、タブ移動が、マウスレスになると超早い。
それだけカーソル移動に時間がかかるってこと。

日々の業務からショートカットキー抽出

多すぎるショートカットキー。漠然と覚えていても意味は無いし、
覚えたいショートカットキーが分からないって人も多いハズ。
どれを覚えて、どれを覚えないのか?
それを、どう判断するのか?って話。

実際のところ、WindowsやMacのショートカットキーは、大量に有り、
これを全て覚えたところで、仕事が早くなるわけでも無いです。

使わないショートカットキーを覚えるのも時間の無駄であり、
自分がよく使うショートカットキーだけ覚えれば良い。
よく使うものだけ、使いながら徐々に覚えれば良いのです。

で、使うものが分からないって人。
日々の業務でどんな作業をしているのか?やりながらメモを取る。
とにかくリストアップ。
自分がパソコンで、どういう操作をしているのか?
メモアプリ、Notion、Evernote、Googleドキュメント・・・
気づいた時にタブ切替(Ctrl + Tab)でメモしたらよい。

リスト化したら、ショートカットキーを探す作業。
「アプリ名 + ショートカットキー」で調べれば、
ほとんどの操作にショートカットキーが有ることに気づくハズ。

例えば、「検索する」という行為。
WEB検索は、アドレスバーに直接入力で検索できるので、
Ctrl + Lを押して、 調べたい文字を入力する。
Ctrl + Tで、別タブ開いてから検索すれば、現在の作業も中断する必要も無い。
調べた後は、Ctrl + Tabでタブ移動して作業に戻れる。

実際のところ、新規タブを開けばアドレスバーにカーソル移動するので、
Ctrl + T → 検索 → Ctrl + Tabという流れ、1日千回くらい使ってる。

検索ワードも、コピペ検索が多いので、
マウスダブルクリックで単語選択 → Ctrl + C → Ctrl + Vで、文字入も省略。

開き過ぎたタブはCtrl + Wで削除、タブを閉じすぎた場合はCtrl + Shift + Tで復元。
これ知らないで再検索してた自分を呪いたいくらい便利だから。

検索でもよく使うのがコピペ。
コピーをする際に行う「範囲選択(ハイライト)」は、
「コピーしたい文字列をドラッグする」以外にも方法が有るのです。

ドラッグだと、コピーしたい範囲が思うように選択できない事が多いし、
ドラッグしないことで、断然早くコピーもできるのでした。

範囲指定の操作

WindowsMac
1つの単語を選択ダブルクリックダブルクリック
段落まとめて選択トリプルクリックトリプルクリック
範囲選択
開始位置「クリック」
→ 終了位置「Shift+クリック」
開始位置「クリック」
→ 終了位置「Shift+クリック」
範囲選択の微調整Shift+矢印(左右)Shift+矢印(左右)
複数選択Ctrl+クリックCommand+クリック
全て選択Shift+ACommand+A

最初は、ショートカットキー有るんだっていう気づき。
ショートカットキー慣れしてくると、なんとなくルールも見えてくるし、
この操作ショートカットキー有りそうだなって、むしろ探すようになる。
ショートカットキーの世界へ視野が広がる。これ非常に大きいです。

この記事もWordPressはブロックエディタで入力してますけども、
ワードプレスのショートカットキーって多々あるし、
よく使う操作、スラッシュ(/)、ブロックの複製、ブロック削除あたりは、
使えるだけでだいぶ記事書きも早くなる。

動画編集なら、不要な部分を削除するショートカット。
編集点追加、リップル削除とか、尺カット作業はショートカット必須。

Youtubeで情報収集する場合も、再生速度を上げる(Shift + .)とかとか、
わずかな操作の差を繰り返していることを気づくべき。
チリ積もる。どんどん使う時間には差が付くのです。

ショートカットキーを目のつく場所に貼る

ショートカットキーは覚えてから使うのではなく、使って覚えて下さい。
繰り返し使うことで勝手に覚えるし、無意識にも使えるようになる。
繰り返し使わないなら不要であり、不要だから忘れるのです。
そもそも記憶ってそういう仕組み。覚える時間は不要なの。

人間は優秀。見ながらでも使っていれば覚えてます。
ただ、見ながら使う為に、事前準備が必要であり、これがちょっと面倒。
見える位置に覚えたいショートカットキーを貼っておく


覚えたら剥がす。ディスプレイに貼っておけば嫌でも目に入る。
付箋(ポストイット)ならテープの後も残らない。便利。

最初は、メモアプリをイチイチ表示して確認してましたけども、
あー起動するのが面倒だなって思ったら、やらなくなりました。
書いて貼っておくのがベスト。アナログですけどもこれ最高です。

WindowsとMacを両方使う際の注意点

キーボード配列が異なる

私は、Windowsネイティブなので、Macのキーボード配列に混乱。
微妙な位置の違いも命取りになるりました。
両方使えるキーボード、両方表記されるけど・・・同じキーで役割は異なるのです。

  • 共通キー:Ctrl(Control)、Shift
  • Windowsのみ:Backspace、Windowsキー、半角/全角
  • Macのみ:cmd(command)、option

WindowsではCtrlを多用し、
MacではCommandキーが、WindowsのCtrlと同じ役割を担う
そして、MacのControlキーは、WindowsのCtrlとは別物なのです。

ほぼ同じ意味を持つのは、Shiftキーだけですね。
AltとOptionも似ているようでなんか違う。

  • Windows Shift≒ Mac Shift
  • Windows Backspace≒Mac Delete
  • Windows Ctrl≒Mac Command
  • Windows Alt≒Mac Option

Windowsでは、ファイル削除はDeliteですが、
Macでは、Command + Deleteでゴミ箱に入ります。

あと、Macのキーボード表記も混乱した。
Macのキーボードやアプリ上では記号表記。
例えば、controlは「⌃」となってたりする。理解に苦しんだ。

  • control (または ctrl) :
  • option (または alt) :
  • command (または cmd):
  • shift:
  • caps lock:

キーボード配列を統一する

上述したように、WindowsとMacではキーボード配列が異なるので、
キーボード設定をいじらない限り、いつまでたっても誤入力は無くなりません

ほぼ同じ役割を持つ、CntlとCommandの位置が異なる時点でアウト。
面倒でも入力方法は統一すべきです。

というわけで、必須なのはMacのキーマッピングソフト。
Karabiner-Elementsという無料アプリです。
Macで外部キーボードを使う場合もコレ一択になるかと。

Karabiner-Elements

Macのキーボード配列を、Windows側に寄せることもできるし、
日本語配列、英語配列も関係無しにカスタマイズ。
Windows用キーボードだって、Macで完璧に使えるようになるのです。

ただ私は、あまり基本設定をいじるのは好きではない、変更するのは最小限。

CommandキーをCaps Lockの位置へ、WindowsのCtrlと同じ場所に設定。
あと、Windowsキーボードを使っているなら、
スペース脇の無変換キー → 英数、変換キー → かなに変更する。

Windows側の半角/全角切替は使いづらいので、Mac側に合わせた方が良い。
WindowsのMicrosoft IMEの設定→キーとタッチのカスタマイズから変更できます。

無変換キー→IMEオフ(半角)、変換キー→IMEオン(全角)に設定変更しています。

Macのショートカットアプリ

Macには、CheatSheetという、ショートカットキーを全て表示するアプリが有るので、
ショートカットキーを覚えるという点で、Windowsよりラクでした。
Commandキー長押しでショートカット表示、アプリ毎に調べる手間が無い。

CheatSheet – Know your short cuts

Macには、クリップボードマネージャーの「Paste」という神アプリが有るのも良い。
Clipboard拡張の域を超える作業を保存して呼び出せるので、
ショートカットキーよりもショートカットできる。
これ有ると無いのでは、作業効率は大幅に変わるかと。

テキスト、ファイル、画像だけでなく、動画編集パーツまでセット保存。
有料サブスクアプリですけど、料金以上の価値もあると思ってます。

「Paste – Clipboard Manager」をApp Storeで

Macって、マウスではなくトラックパッド操作が主流であり、
トラックパッド以上に優れたジェスチャー操作端末も無いわけ。
マウスもトラックパッドも使えるMacの方が、ショートカットする余地も有る。
マウスよりも使いやすいトラックパッド、これが有る利点も大きいと感じました。

WindowsからMacへ移行して気づいた違い。Macのメリット・デメリット。

ショートカットキーまとめ

ショートカットキーを覚えるのは、面倒なのですが、
覚えることで日々の面倒な作業、どんどんショートカットできます。

ショートカットキーには、ルールが有るので、覚えるキーも似ている。
WindowsとMacで似ているように、
一つ覚えれば、他アプリでも同様に使えることが多い。
そして、1度覚えてしまえば、あとは無意識。人間の脳みそは偉大です。

作業効率化アイテムと併用すれば、一人でも圧倒的なパフォーマンス。
マルチディスプレイとショートカットキーで鬼に金棒。

PCのマルチディスプレイ出力に必要な物。グラフィックボード、ディスプレイ、ケーブルの選び方と注意点。

ショートカットキーを使えるだけで、パソコンに詳しくなったように見える。
カーソル動かさず、バスバスっと作業。
知らない人には、ちょっとした魔法にも見えますから。

遅いのは最初だけ、覚えたら数倍早い。
慣れたら、数十倍速い。分かっているならできるハズ。
最初は遅くても良い。だからキーボードは見ないで欲しいのでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業14年目。
法人8期目。小さい会社の代表です。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次