e-TAXでFX損益とふるさと納税の確定申告。申告書B(第一表、第二表)と第三表(分離課税用)の入力方法。

e-TAXの入力方法

私は会社役員で給与所得者のサラリーマン。

年末で源泉徴収されているとはいえ、

毎年ふるさと納税先も多く、FX所得も有るので確定申告は避けられない。

 

相変わらず分かりづらいe-TAXですが、

2019年は、IDとパスワードだけでe-TAX提出が可能へ。

e-TAXで作成する申告書類の入力方法も、微妙に異なっていましたので、

来年度にまた混乱しないよう、今年度の手続きをまとめておきました。

 

サラリーマンが、ふるさと納税で確定申告する場合や、

サラリーマンが、FXで確定申告をする場合の入力方法です。

※私は税務の専門家ではありませんので、くれぐれも参考までに。

税務での不安点は、お近くの税理士、税務署までお問い合わせくださいませ。

e-TAX「マイナンバー方式」と「ID・パスワード方式」の違い。

私は、去年まで「e-TAXソフト(WEB)版」というものを使って、

e-TAX提出してましたが・・・

今年は印刷して提出することにしました。その理由から。

 

e-TAXについて勘違いしていたのですが、

e-TAXってe-TAX提出(ネットで提出)する事ではなく、

電子申告の納税システムの総称ってこと。

e-TAXを使って確定申告書類を作るのは、自宅でも簡単にできます。

2019-03-02_06h06_21

税務署へわざわざデータ入力しに行く必要もありませんし、

「確定申告書作成コーナー」は、自宅のPCからでも全く同じように利用できるわけ。

作成した申告書は、そのままオンライン経由で提出(e-TAX提出)もできるし、

自宅でプリントアウトして、税務署に持って行くことも可能。

税務署に行かなくても、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成し、自宅からネットで提出(送信)できます。

e-Taxならこんないいこと:平成30年分 確定申告特集

申告書類の提出だけなら、そこまず並ばず一瞬で終わりますからね。

 

また、作成した書類をオンライン提出(e-TAX提出)する場合も、

2019年1月から「ID・パスワード方式」で提出できるようになりました

2019-03-04_07h26_41

マイナンバーカードやICカードリーダーが必要なのは、

従来の「マイナンバー方式」で提出する場合のみ。

電子証明書を利用する為に、よくわからない認証ソフトをインストールしたり、

Internet Explorerを起動する必要も無くなったわけです。

 

ただ、新しく始まった「ID・パスワード方式」を利用する場合も、

事前に税務署で職員との対面による本人確認が必要であり、

ID(利用者識別番号)とパスワード(暗証番号)の発行が必要ですので・・・

手続きの為に税務署に行くのが面倒な私は、今年はオンライン提出はしない方向へ。

どっちみち税務署に行く手間は有るわけで、だったらそのまま提出。

e-TAXが最高ってわけでも無いからね。

e-Tax提出するメリット

  • 添付書類の省略→自宅で完結
  • 24時間受け付け
  • 還付が早い

e-Tax提出するデメリット

  • マイナンバー方式は、PCの設定(カードリーダー、インストール等)が必要
  • ID・パスワード方式は、事前申し込みが必要

e-TAXで確定申告書を作成するのに必要なもの

今回、FX所得、ふるさと納税の確定申告をするのに用意したもの。

FXは、各証券会社で出力できる「年間取引報告書」。

ふるさと納税は、各自治体から送られる「寄附金受領証明書」。

サラリーマンが会社の年末調整で貰える「源泉徴収票」。

IMG_6779

各種所得控除(生命保険、地震保険、社会保険、医療費、小規模企業共済、扶養控除等)は、

既に年末調整にて申請しているハズなので・・・

漏れてなければ、源泉徴収票だけでOKかと。

 

あとは、入力するためのパソコン(要インターネット環境)。

印刷して提出するならプリンター&印鑑・・・くらい。

 

ちなみに、2019年1月に「ID・パスワード方式」が開始に伴い、

スマホからでもe-TAXが利用できるようになってます。

入力の事前準備、申告書の選択

サラリーマンは「所得税」の申告書を選択。

2019-03-02_06h12_28

ふるさと納税(寄付金控除)、株、FX等の損益が有る場合は、

中央の「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」を選択。

2019-03-02_06h13_37

 

生年月日を入力して「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にチェック。

2019-03-02_06h15_09

※最終的には、申告書の様式にて出力されるので、

申告書の様式にて入力した方が、結果わかりやすいと思ってます。

確定申告書の入力方法

給与所得、所得控除の入力方法

上記タブにて「①全ての申告に対応」「②一時・配当のみの方」と選べますが、

②は不要な項目が入力できなくなるだけなので、私は①で入力していきます。

 

収入金額等の「給与」から、給与所得&所得控除を入力していきます。

2019-03-02_06h16_50

 

源泉徴収票をもとに入力していくだけ。

2019-03-02_06h17_51

支払い金額、源泉徴収額、各種控除について。

 

2019-03-02_06h21_24

小規模企業共済に加入している場合は、

社会保険料等に有る、上段のカッコ無いの数字も忘れずに。

 

2019-03-02_06h22_28

私は住宅ローン関係ないので、無記入にチェック。

 

2019-03-02_06h23_13

最後に、給料をもらっている会社名と、住所を記入。

 

我が家は、16歳未満の扶養親族が居るので、住民税に関する事項も入力。

2019-03-02_06h24_56

16歳未満は所得税には影響無い(扶養控除の対象外)ですが、

住民税(非課税限度額)が関わってきますので忘れずに入力。

※申告書作成後の住民税等の画面でも入力できます。

ふるさと納税(寄附金控除)の入力方法

所得から差し引かれる金額から「寄附金控除」をクリック。

2019-03-02_07h39_22

書面で交付された証明書等の入力画面から「入力する」をクリック。

2019-03-02_07h41_10

私は毎年、ふるさと納税を1件、1件入力していたのですが・・・

寄附金受領証明書を提出する場合は、全部まとめて入力することが可能とのこと。

これは、e-TAX提出、書面提出でも一緒です。

※参考→【確定申告書等作成コーナー】-寄附の件数が多い場合(おおむね3件以上)の入力について

 

上記のリンクに具体的な入力方法は記載されてますが・・・

今期の画面は、またちょっと変わってるので、以下のような感じ。

2019-03-02_07h52_30

ふるさと納税の寄附金控除の入力方法

  • 寄附年月日→納税した中から任意の1件の日付を選んで入力
  • 寄附金の種類→都道府県、市区町村に対する寄附金(ふるさと納税など)
  • 「市区町村に対する寄附」にチェック
  • 支出した寄附金の金額→ふるさと納税の合計金額
  • 寄附金の所在地、名称→任意の1件の所在地&名称を入力し、最後に「ほか」を付ける

FX損益(分離課税所得)の入力方法

FX取引は、株のように「特定口座(源泉有り)」がないので、

損益があるなら、確定申告することになります。

申告分離課税なので、他所得との損益通算は不可能であり、

FXの税率は一律20.315%(所得税15%、復興所得税0.315%、住民税5%)、

損失も3年繰り越せるから。

 

分離課税の所得から「FXは先物取引に係る雑所得等」をクリック。

2019-03-02_07h24_31

「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」を作成していきます。

2019-03-02_07h26_12

1.所得区分は「雑所得用」を選択。

2019-03-02_07h33_50

2.取引の内訳入力では、

「種類」→「外国為替証拠金取引」、

「決済の方法」→「差金決済」と入力。

※「決済年月日」「数量」は無記入でOK。

 

「差金等決済に係る利益または損失の額」→期間損益合計額を入力

※複数の証券会社を利用している場合は、合算でもOK。

事前にエクセル等でまとめておけば、早いし間違いないです。

その他、必要経費等あれば入力しておきましょう。

 

過去3年分の損失も、過去に申告していれば入力。

2019-03-02_07h37_24

 

ちなみに、FX利益が年間20万未満(スワップポイント利益を含む)の場合、

所得税の確定申告は不要となりますが、住民税の申告は必要となります。

※所得税の確定申告をした場合は、住民税の申告は不要です。

 

また、基本的に決済していない含み損や含み益は課税対象外

ただ、スワップポイントは証券会社によって確定タイミングが違うので気をつけて。

※法人の場合は、含み損や含み益、未決済スワップも課税対象となります。

 

私は、スワップアービトラージのポジション変更で、

今年度はマイナス側だけ確定しちゃってるので、

繰越期限の3年以内に、プラス側も確定しないと不味い。

無駄に税金だけ収める事になるってわけですな。

住民税、個人情報、還付金振込先の入力

最後に、住民税等の入力、

住所・氏名(納税地・マイナンバー等)の入力。

 

ふるさと納税した場合は、

所得税の還付も有るはずなので、還付金の振込先も入力します。

2019-03-02_08h06_16

 

ちなみに、ふるさとの納税を、確定申告で控除した場合は、

所得税で1割住民税で9割で納税した金額が戻ってきます。

所得税還付は、翌年の3月~4月。

住民税控除は、翌年の5月頃。2回に分けて控除されるわけです。

ふるさと納税って騒ぐ程お得じゃないよね?仕組みとデメリット。

思ったよりも還付金が少ないのはそういう事。

印刷して提出に必要な添付書類

今回、私はe-TAX提出ではなく、印刷して書面提出したので。

税務署に出した書類をまとめておきます。

IMG_67811

確定申告で税務署に提出した書類

  • 作成した確定申告書類(要捺印)
  • 本人確認書類(写)
  • 給与所得の源泉徴収票(原本)
  • ふるさと納税の寄附金受領証
  • FXの年間取引報告書 ※任意

本人確認書類、源泉徴収票は、専用の貼り付け欄があるけど、

ふるさと納税の受領証って、どうやって添付するのが正解なんだろね。

私は毎回、まとめてホチキスして担当者に渡してます。

※源泉徴収票&受領証は、念の為スキャンしてから提出してます。

 

また、FXの確定申告には、添付資料の提出義務は有りませんが、

私は「年間損益報告書」を印字して添付しています。

金額も大きいし、後から提出を求められても面倒ですからね。

平成31年度e-TAX感想まとめ

e-TAXの「確定申告作成コーナー」が、

自宅でも利用できるってのは、意外と知られていない事実。

「パスワード」と「ID」で、そのままe-TAX提出。

だいぶラクに、簡単になったんじゃないかと感じました。

 

ただ、中途半端に過去のサービスを残ってることで、より難解になってる事は否めない。

従来の「マイナンバーカード方式」や「e-TAXソフト(WEB版)」は、もう要らないよね。

税務書類も含め、何故もっとわかりやすくできないのかな・・・と。

 

まぁ、いずれにせよ、

これから確定申告やる人は、e-TAX提出の「ID・パスワード方式」一択です。

自宅で入力するのも、税務署のパソコンで入力するも一緒。

税務署には、指導してくれそうな人もいますが、

ほとんどが税理士さんでも無いので、

ミスしたところで、そのまま申告できちゃうのも一緒です。

 

家でゆっくり入力した方が間違いも少ないし、

今後の為に、e-TAXの入力方法くらいは、学んで損はないかと。

ホント入力するだけの為に、税務署に並ぶ意味無いから。

まじで時間無駄にしないでぇ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です