個人事業主、経営者におすすめ法人カード(ビジネスカード)

クレジットカードが無ければ、私の商売は成り立たない。
商売柄、ビジネスカード(法人カード)も多々所持してきましたが、
現在、使っているのは数枚のカードに絞られます。

法人カードに限らず、クレジットカードを選ぶポイントって、
なにはともあれコストパフォーマンス。
結局の所、付帯特典と還元率で選ぶしか無いのよね。

目次

おすすめの法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

私のメインカードは、クレディセゾン発行の格安プラチナビジネスカード、
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。
※以下、セゾンプラチナビジネスアメックスと記載

アメックスブランドのプラチナカードで、本家アメックスよりも断然格安なのに、
特典、付帯保険、マイル還元率、いずれも法人カード最高峰です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

セゾンプラチナビジネスアメックスのメリット

  • プラチナカードなのに年会費22,000円と安い
  • 年間200万以上の利用で、年会費が11,000円になる
  • 限度額に一律の制限無し
  • マイル還元率1.125%~1.375%
  • プラチナ特典が満載、プライオリティパスも無料
  • 海外・国内旅行保険も最高峰
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 招待不要で申し込み可能、審査は個人審査
  • 審査が早い、最短3営業日発行
  • 分割払い可能で、2回払いは手数料無し

セゾンプラチナビジネスアメックスのデメリット

  • アメックスブランドの使いづらさ
  • 券面デザインがイマイチ、ステータス性は微妙

銀行系のクレジットカードよりも申込み手続きが簡単で審査も超早い
プラチナカードですが招待制でも無いので、自ら申し込めます
年会費も22,000円とプラチナカードでは格安で、
年間200万以上利用すれば、翌年度は年会費11,000円の半額にもなります。

プラチナならではの特典も満載
VIPラウンジが無制限に利用できるプライオリティパスも無料
初期限度額も最大500万円であり、利用に応じて限度額も制限無く上がって行く。
保険の内容もプラチナ級。最高1億円の海外旅行保険だけでなく、
航空便遅延保険まで付帯しています。

プラチナカードでは、SASON MILE CLUB(年会費4,400円)も無料となるので、
1,000円利用につき10マイルも追加で貯まるようにもなります。
2,000円利用につき永久不滅ポイントも1P(2.5マイル相当)も貯まるので、
2,000円毎に22.5マイルも貯まる計算。セゾンクラッセでの倍付けも有るので、
マイル還元率1.125%~1.375%と、JALマイル最高の還元率カード。
マイルを貯めるなら、これほどコスパ良いクレジットカードも無い。

法人カードのマイル還元率を徹底比較してみた

アメックス発行カードとは違い、税金の支払でもマイル還元率は半減しないので、
国税の支払にも使えば、マイルもジャブジャブ貯まって、
年会費も半額になって、良い事づくめ。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。

デメリットはというと、本家アメックスに比べると、
券面の見た目、ステータス性やサポートは劣る。
券面にもSAISON CARDってロゴが入る・・・くらいです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット。

ビジネスカードっていうネーミングですが、
事業主では無い個人(サラリーマン)でも申し込む事が可能
個人向けのプラチナカードでは、利用額による年会費半額特典が無いので、
私ならセゾンプラチナビジネスアメックスを選びます。

アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナカード

アメックスのビジネスカードといえば、
アメックスビジネスゴールドカードがメジャーですが、
使うべきは、アメックスビジネスプラチナカード
特典を使うならコスパ最高のカード。特典もゴールドの比じゃないです。

アメックスビジネスプラチナカード

アメックスビジネスプラチナのメリット

  • 24時間365日対応コンシェルジュ
  • アメックスブランドのステータスカード(金属製カード)
  • サポートの質が高い
  • マリオット、ラディソン、ヒルトンで上級会員資格付与
  • 対象ホテルでのVIP待遇(FHR)
  • カード更新時に1泊無料宿泊券
  • 様々な空港ラウンジ(プライオリティパス、デルタスカイクラブ等)が利用可能
  • 海外利用でポイント3倍(ボーナスポイントプログラム)
  • 空港手荷物宅配サービス、往路・復路で2個ずつ無料
  • 追加カード4枚まで無料
  • 法人設立期間は審査に関係無い
  • 事前承認やデポジットで、限度額以上の決済が可能

アメックスビジネスプラチナのデメリット

  • 年会費143,000円、最高クラスの年会費
  • 限度額という明確な金額設定が無い
  • 税金・公共料金の支払で還元率が半減する
  • アメックス発行プライオリティパスは、レストラン利用不可
  • ANAマイルは、年間4万マイルの移行上限が有る
  • JALマイルは、還元率0.4%と低い
  • アメックスブランドの使いづらさ

アメックスカードが欲しいだけなら、ゴールドよりもグリーンですが、
ステータスや特典が欲しいなら、ゴールドよりもプラチナなのです。

アメックスビジネスカード、ビジネスゴールドカード、ビジネスプラチナカードの違い

クレジットカードの域を超えた、特典の数々。
特に、飛行機やホテルを利用するなら、スンゲーお得です。
空港ラウンジ、スーツケース配送、ホテルチェーンでクレジットや食事も付いてくる。
SPGアメックスやヒルトンアメックスも、アメプラで不要となる。

アメックスビジネスプラチナカードは、
個人プラチナとほぼ同じ特典が付いており、年会費も一緒。
ステータスはカード会員個人に付与されるものなので、
年会費は経費にしといて、ステータス特典は個人でも使えるのさ。

アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナカードと個人向けアメックスプラチナカードの比較と違い 

アメリカンエキスプレスって、
実は個人事業主、経営者に優しいカード会社。
凄いと思われがちで、審査は意外と厳しくない。
審査時にも、企業の設立期間は関係無いと言われましたし、
私も、サックリと審査通ってます。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

ただ、アメックスのプラチナカードは年会費が高いので、
決済カードというよりも、特典を使ってこそのカード。
特典を使わないなら、アメックスビジネスカードで良いです。

アメックスビジネスカード(グリーン)はコスパ最強、個人向けアメックスカードの比較と違い

年会費13,200円と格安であり、入会特典で初年度無料キャンペーンも実施中です。

アメックスビジネスカード初年度無料キャンペーン

還元率や限度額はグリーンもプラチナも変わらない
付帯保険の内容も十分であり「オーバーシーズアシスト」も使えます。

アメックスのオーバーシーズ・アシスト&グローバル・ホットラインが便利過ぎた話。

ANA JCB法人カード 一般カード

ANAマイルが貯まる法人カードは、ANA JCB法人カード
ANAの法人カードは、VISA、Masterブランドもありますが、
JCBだけANAマイルが貯まるのです。
還元率は大差無いので、とりあえず格安な「一般カード」で良い。

202104040844451

ANA JCB法人カードのメリット

  • 年会費2,475円
  • ANAマイル還元率1.0%~1.06%
  • カード継続で毎年1,000マイル貰える
  • ANAマイルへの年間移行上限が無い
  • 税金支払でも、マイル還元率は半減しない
  • 追加カードに制限無し
  • ETCカードは複数枚発行可能で年会費も無料
  • 海外旅行保険と海外ショッピング保険が付帯

ANA JCB法人カードのデメリット

  • JCBは審査が厳しく、新設法人では難しい
  • ANAマイル移行に手数料5,500円(年間)が必要
  • JALユーザーには不要
  • JCBブランドの使いづらさ

ANAカードの特徴として、ANAマイルが直接貯まらず、
JCBで貯まったOki Dokiポイントが、
ANAマイルへ交換できるという仕組み。

ANA JCB法人カードの一般カード(年会費2,475円)は、
マイル移行に、ANAマイル移行手数料年会費5,500円)が必要ですが、
上位カードのANA法人ワイドゴールドカード(年会費20,900円)では無料となります。

上位カードとの分岐点は、「ANAカードマイルプラス」を使うかどうか。
法人カードでは、ワイドゴールドカードにしか付かないので、
ANAの航空券を買ってマイルを貯めたいなら、ワイドゴールドが良い。

ANAマイル還元率が高い法人カードは2つのみ。ANA JCB法人カードとANAダイナースコーポレートカード。

難点は、JCB発行のクレジットカードなので、審査は厳しめであり、
初期限度額も低く、限度額も全然上がらない。
ワイドゴールドで最高250万円まで、あくまで最高でこの数値だから。

一般カードは、還元率1.0%~1.06%
ワイドゴールドでも最大1.075%止まり。
法人では、無理してANAマイル貯める必要も無い気はする。
JALマイルで最大1.375%セゾンプラチナビジネスアメックスカードが有るからね。

ANAマイルは、個人カードの方が貯めやすい。
SPGアメックスは、還元率1.0%~1.25と高く、
ポイント有効期限は伸ばせるし、マイル移行手数料もかからない。

そもそも、ANAマイルって、ポイ活で貯めるもんだと思ってます。
ANAの陸マイラーが多いのは、
JALよりもANAの方がポイント交換レートが良いから。

2022年オススメのポイントサイトと選び方。運営会社、運営歴、資本金、還元率、現金化で比較してみた。

私は、陸マイラーのSFC会員。ポイ活で貯めるのがANAマイルで有り、
クレジットカードで貯めるならJAL派です。

20210404084811

ラグジュアリカード(法人決済用)

新しいステータスカードとして登場した「ラグジュアリーカード」。
「法人口座決済用ラグジュアリカード」は、
「事業用口座が指定可能」という意味であり、個人事業主も申し込み可能です。

IMG_9758

法人用ラグジュアリカードのメリット

  • マスターカード最上級World Eliteカード
  • キャッシュバック還元率1.0%
  • 特許技術の金属製カード
  • 個人審査なので、新設法人でも発行可能
  • 追加カードは4枚まで
  • ダイニングサービス「ダイニング BY 招待日和」付帯
  • 空港手荷物宅配サービスは往復3個も無料
  • 新生銀行で最上級プラチナステータス付与

法人用ラグジュアリカードのデメリット

  • チタンカード年会費55,000円、ブラックカード年会費110,000円
  • 日本ではアプラス運営、サポートが微妙
  • 認知度、ステータス性という点で微妙

米国で41もの特許技術を持つ金属製カードであり、
マスターカード最上級グレード「Mastercard World Elite」
ワールドエリートって、マスターカードのブラックカード、
日本で発行している法人カードは他にない。

基本的なスペックは、個人向けの「ラグジュアリカード」と変わらず。
ラグジュアリカード特典そのまま、法人カードとして使えます。

MasterCard最上級ステータス。ラグジュアリーカードのメリット・デメリット。

チタン、ブラック、ゴールドと有りますが、
主たる特典は、それほど変わらないので、
コストパフォーマンスが高いのがラグジュアリーカード(チタンカード)

ラグジュアリカードのチタン、ブラック、ゴールド比較。私がチタンカードを選んだ理由。

年会費55,000円のカードと考えると、
特典は豊富であり、ポイント還元率1.0%と高い。
ただ、JCB、三井住友、アメックス・・・他社プラチナカードに比べると、
ちょっとサポートの質が微妙。

キャッシュバック還元率1.0%と、
マイルを貯めないカードとして最強であり、
ステータスカードでは希少なMastercardブランド
アメックス、ダイナース、JCB・・・じゃない決済カードとして、
なんだかんだで手放せないのです。

いや、別にVISAでも良いんだけど、VISAのブラックカードは、
日本では、VISA Infinite SURUGAしかないわけで。
だったら、ラグジュアリーカードでMastercardを使うという話です。

クレジットカード国際ブランドの選び方。私がVISAではなくMastercardを選ぶ理由。

法人カードの選び方と優先順位

還元率

法人カードを何のために所持するのかというと、決済に使うから。
事業費決済に使うクレジットカードともなると、その利用額も大きく、
還元率の数パーセントの違いで、残る資金も大きく変わってきます。

ただ、クレジットカードの還元率って1%程度が限界であり、
ポイントで貯めるよりもマイルで貯めた方が、利用価値も高くなるのです。

ビジネスカードの基本還元率

スクロールできます
年会費ポイント還元率
楽天ビジネスカード13,200円
(単体2,200円)
1.00%
EX Gold for Biz2,200円0.60%
P-one Business MasterCard2,200円
(年1回利用で無料)
0.60%
JCB法人カード
JCB CARD Biz一般
1,375円0.5%
海外1.0%
三井住友ビジネスカード
三井住友ビジネスカード for Owners
1,375円0.5%
UC法人カード1,375円0.5%
MUFGゴールドビジネスアメックス2,095円0.5%
海外1.0%
ライフカードゴールドビジネスライト2,200円0.5%
JCBゴールド法人カード
JCB CARD Bizゴールド
11,000円0.5%
海外1.0%
三井住友ビジネスゴールドカード
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners
11,000円0.5%
UC法人カードゴールド11,000円0.5%
MUFGゴールドプレステージビジネスアメックス11,000円0.5%
海外1.0%
アメックスビジネスカード13,200円0.5%
セゾンプラチナビジネスアメックス22,000円0.5%
海外1.0%
MUFGプラチナビジネスアメックス22,000円0.5%
海外1.0%
JCBプラチナ法人カード
JCB CARD Bizプラチナ
33,000円0.5%
海外1.0%
アメックスビジネスゴールドカード36,300円0.5%
三井住友ビジネスプラチナカード
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
55,000円0.5%
ラグジュアリーカード法人(Titanium)55,000円1.0%
ラグジュアリーカード法人(Black)110,000円1.25%
アメックスビジネスプラチナカード143,000円0.5%
ラグジュアリーカード法人(Gold)220,000円1.5%
ダイナースクラブビジネスカード29,700円0.4%
ライフカードビジネスライト無料無し
オリコビジネスカードGold2,200円無し

ビジネスカードの最大還元率

スクロールできます
年間利用額還元率年会費
ラグジュアリーカード法人(Gold)200万円以上(3倍)1.50%220,000円
EX Gold for Biz200万円以上(2倍)1.10%2,200円
ラグジュアリーカード法人(Black)150万円以上(2倍)1.25%110,000円
JCBプラチナ法人カード
JCB CARD Bizプラチナ
300万円以上(+70%)0.85%33,000円
JCBゴールド法人カード
JCB CARD Bizゴールド
300万円以上(+60%)0.80%11,000円
JCB法人カード
JCB CARD Biz一般
100万円以上(+50%)0.75%1,375円
MUFGゴールドビジネスアメックス100万円以上(+50%)0.75%2,095円
MUFGゴールドプレステージビジネスアメックス100万円以上(+50%)0.75%11,000円
MUFGプラチナビジネスアメックス100万円以上(+50%)0.75%22,000円
ラグジュアリーカード法人(Titanium)100万円以上(1.5倍)1.00%55,000円
三井住友ビジネスカード
三井住友ビジネスカード for Owners
100万円利用でボーナス0.55%1,375円
三井住友ビジネスゴールドカード
三井住友ビジネスゴールドカード for Owners
100万円利用でボーナス0.55%11,000円
三井住友ビジネスプラチナカード
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
100万円利用でボーナス0.65%55,000円
※ポイント還元率での比較となります。

私が「セゾンプラチナビジネスアメックス」を愛用しているのは、
そのマイル還元率の高さゆえ。
法人カードでマイルが貯まるクレジットカードは限られており、
ダントツのマイル還元率を誇るのがこのカード。

法人カードのマイル還元率を徹底比較してみた

JALマイル還元率で選ぶなら、法人カードもセゾンカードが高還元率です。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

そのうえ、年間200万円利用で年会費も半額になるわけだから。
年会費に対する還元率コスパも高く、
しかも税金支払いでも100%マイルが貯まる最強っぷり。
アメックスやダイナースだと、マイル還元率は半減しちゃうからね。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。

JALマイルは、マイルとしても使えば1円以上の価値になるし、
Suicaやdポイントにも1マイル1円で交換できる
ポイント還元するよりも選択肢も多いかなと。

楽天ビジネスカードも高還元率ですが、
発行する為に必要な年会費も高く、なんちゃって法人カードだからね。

楽天ビジネスカードのデメリット。所持して気付いた注意点。

審査難易度

法人カードを選ぶ前に、まずカード発行できないと意味が無いです。
法人カードとなると、個人向けクレジットカードとは審査も異なり、
カード発行の難易度も大幅に上がります。

法人カードは、法人3期を終えてから・・・なんてことは無く、
新設法人で発行できるカードから利用すれば良いだけ。

審査が優しい法人カードというよりも、
代表者個人を審査するビジネスカードが発行しやすい。
審査書類も少なく審査期間も短いですから。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

法人カードの審査よりも、まず法人口座の開設が非常に難しい。
法人設立したら最初に法人口座、次に法人カード。
法人口座が無いと、クレジットカード以前に何もできませんから。

法人口座の開設方法と必要書類と審査期間。

年会費が安い法人カードは、ステータス性も低いわけで、
所持する難易度も低くなる。
よって審査も簡単になる傾向に有ります。

年会費

個人向けのクレジットカードでは、
年会費無料のクレジットカードは豊富に有りますが、
法人カードの場合は、無料のカードは非常に限られます。

完全無料となると、ライフカードビジネスライトくらいしか有りません。
ただ、このカード決済してもポイントが貯まらないわけで・・・
わずかな年会費の為に選ぶかといえば微妙です。

ライフカードビジネスライトのメリット・デメリット

決済でポイントが貯まらないなら、デビットカードで良い。
例えば、GMOあおぞらネット銀行なら、
法人でもデビットカードが使え、還元率1.0%キャッシュバック
法人口座の手数料も圧倒的に安いから、
デビットカード使わないにしろ、まず作るべき口座です。

法人口座の維持費と各種手数料の比較。法人にオススメの金融機関。

そもそも、法人の場合、カード決済金額も大きくなるので、
下手に無料のクレジットカードを利用するよりも、
有料のクレジットカードを使った方が良い。

還元率が低かったり、付帯保険やカード特典が無かったり。
無料カードでは、決済トラブル時の対応も甘いわけで、
事業費決済したいから、所持するわけでも有るからね。

付帯特典と付帯保険

還元率とともに、有って嬉しいカード付帯特典。
ビジネスカードという事で、
個人向けクレジットカードには無い特典も存在します。

補償や特典で選ぶなら、ゴールドよりもプラチナカード。
やはり、セゾンプラチナビジネスアメックス。
マイル還元率だけでなく、付帯する保険もプラチナ級。
航空便遅延保険も付いてるし、
空港ラウンジサービス「プライオリティパス」まで利用可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット。

IMG_9756

その他特典で選ぶなら、レストラン2名以上の予約で1名無料の「招待日和」。
一般的にプラチナカードで付帯する特典ですが・・・
ビジネスゴールドカードなら、年会費2,200円で利用可能となります。

ダイニングサービスが付帯するクレジットカードの比較。グルメ優待特典「招待日和」の違い。

マスターカードで唯一のブラックカードだから。特典は多いけど。

クレジットカードのグレードとステータス性。ゴールド、プラチナ、ブラックの違い。

Mastercardのビジネスゴールド特典。
海外で使うならMastercardが利便性が高いのですが、
日本で使うに場合もVISAではなく、Mastercardが最強なのです。
コストコで唯一使えるクレジットカードも、
アメックス→マスターカードになっちゃいましたからね。

ステータス性

クレジットカードの年会費は経費というわけで、
せっかくなら、ステータス性も欲しい。
となると、国際ブランドが直で発行するプロパーカード。

American Express発行の「アメックスビジネスカード」。
JCB発行の「JCB法人カード」あたりが定番。
Dinners Clubは改悪だらけなので、微妙ですけど、
プラチナカード券種まで有るカードなら、どれでも良い。

法人プラチナカードを比較する。オススメのビジネスプラチナカード。

プラチナの中で特に特典が凄いのが「アメックスビジネスプラチナカード」。
ヒルトン、マリオット、ラディソンで上級会員・・・
年会費もダントツに高いけど、これ以上無い特典だらけ。
個人カードど同等の特典が付与される。これ1枚で良い。

アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナカードと個人向けアメックスプラチナカードの比較と違い

最上級ブラックカードが欲しいなら、法人口座用ラグジュアリカード
Mastercard最高のワールドエリートなのに、申し込み制で難易度も低い。
ただ知名度は低く、賛否は分かれるカード。

MasterCard最上級ステータス。ラグジュアリーカードのメリット・デメリット。

ラグジュアリーカード

追加カードとETCカード

社員にクレジットカードを持たせる事を考えているなら、
追加カードの年会費、ETCカードの年会費も馬鹿にできない数字。

しかしながら、従業員を雇っているからといって、
全社員にクレジットカードを所持させるわけも無いので、
発行するとしても、役員止まりになるんじゃないかと。

事業費決済という裁量権を与えまくるのも怖いですからね。
追加カードは5~10枚程度発行できるだけで余裕。
私の場合は、家族役員のみ発行。基本信用していない。
いや中小企業なら追加カードは要らんと思うし、
なんなら個別精算したら良い。
使うとしてもETCカードくらいだよね。

営業車や社用車で、ETCカードのみ発行を考えているなら「JCB法人カード」。
他社法人カードでは、カード1枚につきETCカード1枚というカードが多い中、
JCB法人カードの場合は、カード1枚に対して複数枚のETCカードが発行可能となってます。

ちなみに、従業員が多い大企業の場合は、コーポレートカードという選択も有り、
法人毎に請求方法のカスタマイズも可能となります。
法人カード、ビジネスカード、コーポレートカード、
その名称は様々ですが、実際のところ、具体的な定義は有りません。
個人事業主でも、法人カードっていう名称なのです。

法人カード、ビジネスカード、コーポレートカードの違い。

法人カードまとめ

法人カードには複雑な倍付けの仕組みも無いわけで、
ただただ還元率が高い法人カードを使うに至りました。

マイル還元率で「セゾンプラチナビジネスアメックス」をメインに使ってます。
キャッシュレス化の流れも有って、アメックスが使えない店舗も減ってるし、
使うほどに限度額も上がりまくるので、正直、これ一枚で事足りてます。

事業費決済って決済額も多いわけで、数パーセントの違いだけで差も出まくる。
法人カードならではの利点も有るし、事業主には使うべき理由も有る。

ビジネスカード(法人カード)を使うべき理由。個人向けクレジットカードとの違い。

個人事業主や法人代表者が、支払う税金も大金。
セゾンカードは、税金支払でも還元率は半減しないし、
クレジットカード納税することで、資金繰りに余裕も出るのです。

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたメリット・デメリット。

法人名義のクレジットカードは、新設法人では審査に通らないカードも多いので、
個人審査で審査が早いというのもセゾンプラチナビジネスアメックスの良いところ。
まず、審査が通らないと意味もないから。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる