セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

ゴールドカードの上を行くプラチナカード。

私が初めて発行したプラチナカードは、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

※以下、セゾンプラチナビジネスアメックスカードと記載

 

プラチナ特典だけじゃなく、マイル還元率も最高峰

敢えて「ビジネス」を選ぶ理由が有りました。

法人経営者や個人事業主だけでなく、会社員にもオススメです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

年会費がプラチナカード最安

プラチナカードは、ゴールドカードよりも上位のカード。

年会費も非常に高額な券種が多いのですが、

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、

年会費22,000円(税込み)と。プラチナカードの中でもトップクラスで格安。

 

しかも、年間200万円以上の利用で、

翌年度の年会費が半額の11,000円になってしまうという事。

年会費11,000円で所持できるプラチナカードなんて他に無いから。

プラチナカードの年会費

券名 年会費(税込) 招待
Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ) 20,370円 不要
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円 不要
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円
年間200万円利用で次年度半額
不要
ジャックスカードプラチナ 22,000円 不要
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス 22,000円 不要
JCBプラチナカード 27,500円 不要
ミライノ カード PLATINUM 27,500円 不要
エポスプラチナカード 30,000円
招待申し込みなら20,000円
不要
楽天ブラックカード 33,000円 招待制
TRUST CLUB プラチナ Visaカード 38,500円 不要
ラグジュアリーカード(チタン) 55,000円 不要
JCB THE CLASS 55,000円 招待制
三井住友カード プラチナ 55,000円 不要
ラグジュアリーカード(ブラック) 110,000円 不要
ダイナースクラブ プレミアムカード 143,000円 招待制
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 143,000円 不要

 

年会費が最安とはいえ、プラチナカードなので、

付帯特典は、他社ゴールドカードより断然上になる。

本家アメックスのビジネスゴールドカードと比較しても、断然コスパも高い。

アメックスビジネスカード年会費

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード:13,200円
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード:34,100円
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード:143,000円

 

さすがに、本家アメックスのプラチナの特典には敵いませんが・・・

あちらは年会費143,000円なので、全く別物のVIPカード。

アメックスビジネスカード、ビジネスゴールドカード、ビジネスプラチナカードの違い

 

アメックスのビジネスカードなら、ゴールドよりもグリーンがコスパ高いんだけど、

それでも年会費13,200円ですからね。

アメックスビジネスカード(グリーン)はコスパ最強、個人向けアメックスカードの比較と違い

マイル還元率が最高

セゾンカードのショッピングで、マイルが貯まるセゾンマイルクラブ。

セゾンマイルクラブは、年会費4,400円のサービスとなってますが、

プラチナカード会員なら年会費無料

JALマイルが1,000円毎に10マイルも貯まるようになり、

更に優待ポイントとして、永久不滅ポイントが2,000円毎に1ポイント貯まる。

KS001788

永久不滅ポイントも1ポイント=2.5マイルと交換できるので、

2,000円毎に22.5マイル→1,000円毎に11.25マイル(還元率1.125%)という計算となる。

 

更に、セゾンクラッセのランクが「星6(スコア800以上)」だと、

永久不滅ポイントが2倍(+0.5%)となるので、 2,000円毎に2ポイントへ。

2,000円毎に27.5マイル→1,000円毎に13.75マイル(還元率1.375%)となる。

アンケート解答やキャンペーン申込みでスコア獲得なので面倒だけど。

 

JALのプラチナカード(年会費34,100円)でも還元率1.00%止まりだし、

還元率1.375%を超えるJALマイルカードって他に無いのさ。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

 

旅行に使うなら、1マイルは1円以上の価値にもなり得るわけで、

JALマイラーにとっても最高のマイルカード。

 

また、セゾンカードは、税金支払いに使ってもマイル還元率が下がらないので、

納税でマイルが貯まるカードとしても最強。

アメックス、ダイナースは、納税に使うと還元率下がりますから。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。

 

注意点としては、SASON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)に登録すると、

自動的にJALマイルへ交換されてしまうという事。

KS003856

JALマイルの有効期限は付与から36カ月後の月末まで

永久不滅ポイントとは違い、3年以内にJALマイル消化する必要が有ります。

 

JALの上級会員ならマイル有効期限は無くなりますけども、

JGCプレミアとJMBダイヤモンドは、難易度も高いので。

 

また、マイル付与の都合、

永久不滅ポイント優遇サービスの海外2倍ポイントも対象外となります。

海外で利用したからと言って、マイルが2倍貯まる事も有りません。

カード限度額に融通が効く

プラチナカードという事で、ショッピングの利用可能額もプラチナ級。

ショッピング利用の初期限度額は最大500万円となっていますが、

実際のところ、利用状況に応じて500万円以上にもなり得ます。

 

私も最初は100万円でしたが、300万円、500万円・・・と自動的に上昇。

他社に比べて限度額も上がりやすい気がする。

 

また、セゾンカードは、限度額の最大2倍まで一時的に増額も可能です。

一時増額の審査期間は最大2日間とのことでしたが、

私の場合、即日+200万円の増額をしてくれました。

法人税とか、税金は高額だから・・・助かるんですよね。

税金(法人税)のクレジットカード納付して気付いたデメリット。

しかも、ショッピング2回払いまでは手数料も無料で、キャッシングも可能

 

事業費決済カードでは、分割払いやキャッシング、増枠も厳しく、

一時増枠ができないカードも多いです。

ビジネスカード(法人カード)を使うべき理由。個人向けクレジットカードとの違い。

 

ちなみに、セゾンカードは、ショッピング利用の繰上げ返済もラク

セゾンカウンター、セゾンATMでの入金と、

お手軽に繰上げ返済→ショッピング利用枠を復活できる。

セゾンATMは手数料無料で、1円単位で入金もできます。

セゾンATM

旅行保険が最上級

セゾンプラチナビジネスアメックスは、保険カードとしても優秀です。

海外は最高1億円、国内は最高5,000万円と、

海外旅行保険も国内旅行も自動付帯と、

他社の高額プラチナカードと比較しても、その内容は非常に優れています。

海外旅行傷害保険

  • 付帯条件:自動付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:最高1億円
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高5,000万円
  • 携行品損害:最高50万円自己負担3,000円
  • 救援者費用:最高300万円

国内旅行傷害保険

  • 付帯条件:自動付帯
  • 傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円
  • 入院保険日額:最高5,000円
  • 通院保険金日額:最高3,000円
  • 手術保険金:最高20万円

海外旅行保険で重要な傷害・疾病治療費も300万円と十分な内容であり、

携行品損害保険の内容も最高50万円と高額、これだけで海外旅行保険は十分。

国内旅行保険も自動付帯であり、入院保険、通院保険まで付いてくる。

 

ショッピング保険も国内・海外問わず最高300万円

購入日から120日間補償と期間も長めで、自己負担も無しです。

ショッピング保険

  • 年間300万円/120日間自己負担無し

 

海外旅行で、遭遇する可能性高いのが飛行機トラブルなんですが、

航空機遅延や手荷物遅延の保険自動付帯ですからね。

海外航空便遅延保険

  • 付帯条件:自動付帯
  • 乗継遅延費用:最高3万
  • 出発遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万
  • 寄託手荷物遅延費用:最高10万

しかも最高3万円と、他社プラチナの補償額(2万円平均)よりも高く、

出航遅延で食事代以外も補償してくれる。これも他社ではありえない内容。

航空便遅延保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。

そもそも、セゾンカードは旅行保険カードとして最強であり、

その中でも最上級のプラチナカードなわけですからね。

このカード一枚あれば海外旅行も安心です。

プライオリティパスが無料

セゾン最上級のカードということで特典も多々ありますが、

代表的な特典は「コンシェルジュデスク」と「プライオリティパス」です。

IMG_5315

主なプラチナ特典

  • コンシェルジュ
  • 海外空港ラウンジ(プライオリティパス)
  • 国内空港ラウンジ
  • Tablet®️ Hotels
  • オントレ entrée
  • セゾンプレミアムゴルフサービス

プラチナカードでお馴染みの24時間365日対応のコンシェルジュサービス

旅行の相談、レストラン・ホテルの予約、航空券の手配・・・

電話一つで済んでしまいます。

 

また、プライオリティパスのプレステージ会員の年会費(US429ドル)も無料です。

セゾンプラチナビジネスアメックスカード発行のプライオリティパスは、

本家プライオリティパスの同伴者料金32ドルよりも安い2,200円

プライオリティパスの同伴者料金の違い

  • 楽天プレミアムカード:3000円+税
  • セゾンプラチナビジネスアメックスカード:2000円+税
  • MUFGプラチナアメックス:2000円+税
  • JCBプラチナ:2000円+税
  • アメックスカード:32米ドル
  • ラグジュアリーカード:32米ドル

プライオリティパスの使い方と注意点。同伴者料金と子供料金について。 | とりあえずバンクーバー。

本家アメックス発行のプライオリティパスは、レストラン対象外ですが、

セゾン発行のプライオリティパスは、プロパーアメックスではないため、

レストランでの利用も可能。日本のぼてじゅうでも使えるのさ。

 

プライオリティパスが付帯する有名なカードとして、

楽天プレミアムカード(年会費11,000円)っていう選択も有りますが、

年間200万円利用するなら、セゾンプラチナビジネスアメックスカードも同じ年会費。

楽天発行のプライオリティパスは、自動更新されず同伴者料金も高い

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

コンシェルジュ、付帯保険、付帯特典と、プラチナカードのが断然上ですので。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

ステータス性、サポートの質は低い

インビテーションも不要で、年会費も格安なプラチナカード。

他社のプラチナビジネスカードに比べ、ステータス性は劣ります。

 

アメックスのローマ兵デザインも大きく「SAISON CARD」の文字もあり、

見た目もプラチナカードっていうよりも、銀色のシルバーカードなんで、

ゴールドカードのような艶やかさ、ゴージャス感も薄いです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

本家アメックスのプラチナカードは、金属製のカードで重厚感もありますから。

アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナカードと個人向けアメックスプラチナカードの比較と違い

 

コンシェルジュデスクも、本家アメックス、ダイナース、JCB等に比べると、

対応してくれる人の差を感じる。

即断即決で解答できない事も多く、そもそも対応できない事も多い。

コンシェルジュデスクが使えるけども・・・あんまり期待しない方が良い。

アメックスブランド故のデメリット

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、

その名の通りAmerican Express決済のカードとなります。

Mastercard、VISAに比べて、

American Expressは、使える店舗が圧倒的に少ないです。

日本でも、VISAとMastercardだけ対応って店舗がまだまだ有る。

 

使えない可能性が有るだけで困るわけで、

別の決済ブランドカードは必ず持参する。私はMastercard派です。

クレジットカード国際ブランドの選び方。私がVISAではなくMastercardを選ぶ理由。

マスターカードを選ぶ理由

 

また、アメックスブランドは海外決済時の為替レートも悪い傾向に有ります。

マイル還元率よりも、為替レートで損したら意味ないから。

海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。

国際ブランドと為替レート

 

また、セゾンのアメックスは、

プロパーアメックスと違い海外キャッシングが可能なのですが、

海外キャッシングの為替レートも、MasterやVISAに比べると悪かったです。

海外には持って行くけど、なるべくなら海外決済には使わない方が良い。

高還元率は、年間15万マイルが上限

1,000円毎に10マイル貯まる「セゾンマイルクラブ」には、

年間15万マイルが上限という制限が有ります。

移行上限マイルを超えた部分は、

1.0%のマイル還元0.1%のポイント還元となってしまいます。

登録期間内に上限マイルに到達した場合、次年度更新まではマイル移行は停止し、永久不滅ポイント(1,000円につき1ポイント) が貯まります。

 

1年間のマイル上限が15万マイルという事。

15万マイルって、年間で約1,500万円利用した場合。

事業費決済に使う人は、意外と上限も超えがちなので気をつけて。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとの違い

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、

一般カードとビジネスカードで券面デザインは、ほぼ一緒。

ただ、サービス内容は微妙に異なります。

ビジネスプラチナカードの違い

プラチナカード ビジネスプラチナカード
券面 セゾンプラチナ券面 セゾンプラチナビジネス券面
年会費 22,000円 22,000円
※年間200万円以上の利用で翌年11,000円
追加カード年会費 3,300円
ETCカード年会費 無料
引落口座 個人口座 個人口座 or 法人口座
ポイント還元率 国内:0.75%~1.25%
海外:1%~1.5%
国内:0.5%~1.0%
海外:1%~1.5%
マイル還元率 1.125%~1.375%
プレミアム特典 Tablet Hotels
オントレ entrée
セゾンプレミアムゴルフサービス
海外空港ラウンジ プライオリティパス(プレステージ会員)が無料
国内空港ラウンジ 国内・海外で全32ヶ所
海外旅行保険 本会員、家族会員、家族特約 本会員のみ
国内旅行保険 本会員、家族会員、家族特約 本会員のみ
ショッピング保険 購入日から120日間、年間300万円まで(自己負担なし)
空港無料宅配サービス 有り(往路・復路で1個ずつ) 無し(復路で300円割引)
空港コート預かりサービス 有り 無し

ポイント還元率こそ「0.75%」「0.5%」と異なりますが、

セゾンマイルクラブに登録したらマイル還元率は同じなので、

実質、還元率の違いは無いと思って良い。

 

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードが優れているのは、

家族カード会員も旅行保険の補償対象で、

本会員カードにも家族特約が付いていること。

あとは、海外旅行時の空港宅配サービスコート預かりサービスが有ること。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが優れているのは、

年間200万円利用で翌年度の年会費が半額(1万円+税)になる事。

事業費決済にも使え、引落口座に個人口座だけでなく事業用口座も選べること。

ビジネスカード(法人カード)を使うべき理由。個人向けクレジットカードとの違い。

 

ビジネスカードは、事業主、経営者向けとなっていますが、

実は、事業主では無い会社員(サラリーマン)でも発行できます

必要なのは個人の身分証明書のみ。

引き落とし口座も個人口座が選べるので、一般カード作るのと同じ流れ。

 

セゾンカードは、審査が早いのは有名ですが、

即日で審査完了申込み日の4日後にカードも到着しました。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

IMG_0567

ちなみに、プラチナからプラチナビジネスへの切り替え不可能で、その逆も不可能。

両方所持することは可能ですが、

限度額は共通となるので、両方所持する意味は・・・無い。

だったら、他プラチナカードを検討するべきかなと。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードまとめ

クレジットカード会社各社で、プラチナカードも当たり前になり、

格安なプラチナカードも多く登場していますが、

セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、特にコストパフォーマンスが高いです。

プラチナカードを比較する。オススメのプラチナカードまとめ。

JALマイル還元率1.125%~1.375%は、日本のクレジットカードで最高峰。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

 

付帯保険も最高クラスプライオリティパスも無料

審査も早く、個人審査なので、法人カードとしても素晴らしいです。

私も、長くお世話になっているメインカードです。

法人カードの選び方。オススメの法人カードと解約した法人カード。

 

利用額が増えれば年会費も半額となる。これは「ビジネス」だけの特典。

国内最安のプラチナカードにもなるわけで、

サラリーマンにも「ビジネス」のが良いのでは無いかなと。

年会費が高いと、還元率で元を取るのも大変ですからね。

2 COMMENTS

オッターテイル

KJ新谷さま、こんにちは。昨年クレカの記事にコメントさせていただいたオッターテイルを申します。
過去の記事も非常に有用で大変参考にさせていただております。

セゾンアメックスプラチナカードですが
支払いサイト最長64日というのがここ最近改悪され、
10日締めの翌々付き4日払いとなっており10日短縮されています。
どうやら11月初旬あたりに封書でも案内が来ていたようですが、私はウェブで明細を見てから気が付く有様です。
クレカの広告サイトでも最大のウリであった支払いサイトの部分が削除されております。
限度額も高くビジネス利用も多いと思うので、結構大変だったり…。
限度額高いのとJALポイントが貯まり易いので解約することはないと思いますが残念です。

セゾンって経営状態悪いのかなと思ったり。
余談ですがこのカードで取得できるJMBカードですが
WAON付きに変更した方が使い勝手が良いと思いました。
航空券もなかなか取れないので…。それでは失礼いたします。

返信する
KJ新谷

>>支払いサイト最長64日というのがここ最近改悪され、
>>10日締めの翌々付き4日払いとなっており10日短縮されています。

締日と支払日が変更とのご指摘ありがとうございます!修正させて頂きました。
最長というメリットは無くなりましたけど、2回払い手数料無料は使えますので。

>>航空券もなかなか取れないので…。

マイルって使うのにも労力要りますよね。陸マイラーも多いのでホント大変。
JALマイルの特典航空券は、
変動性の「JAL国際線特典航空券PLUS」になってしまったので、
繁忙期にマイルを使うのも厳しくなりましたからね。

私の場合、人気の無い路線で使う事が多いですが・・・
あとは、やっぱり予約開始と同時に張り付くこと、
上級会員になってオラオラするしか無いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です