クレジットカードで選べる国際ブランド(決済ブランド)。

年会費無料のクレジットカードでも、

VISA、Mastercard、JCB、AMEXと選べる時代、結局どれが良いのか?って話。

IMG_9268

世界No.1が「VISA」だから、VISAを選ぶっていう、なんとなく感。

いや、別にVISAでも良いんだけど、だったらMastercardを選ばない?

 

VISAが良いって言うわりには、

VISAを選ぶメリットって、あんまり無い気がしたので、

今回は、私が「Mastercard」ばかり所持してる、その理由について。

国際ブランドの売上シェア率と加盟店数の違い。

決済カードとして使うのだから、どれくらい普及しているのか?

どこでも使えるのか?っていうのが何よりも重要。

 

よく参考に挙げられるのが、5大国際ブランドのシェア率。

いつの間にか「銀聯(ぎんれん)」が食い込んで来てますが・・・

やはりVISAとMastercardがダントツ。未だにシェア7~8割を占めます。

 

国際ブランド売上高の世界シェアランキング

  1. VISA(ビザ)
  2. Mastercard(マスターカード)
  3. 銀聯(ぎんれん)=UnionPay(ユニオンペイ)
  4. American Express(アメリカン・エキスプレス)
  5. JCB(ジェーシービー)
  6. Diners Club(ダイナースクラブ)
  7. Discover Card(ディスカバーカード)

 

ただし、これって、売上高のシェア率なんだよね。

カード発行枚数でも無いし、

利用可能な店舗数では無いから、勘違いしないように。

 

VISAが使える店舗で、マスターカードが使えないって見たことも無いハズ。

加盟店舗数を確認すれば、VISAもMasterも加盟店数はほぼ一緒なわけ。

世界200カ国約5000万の加盟店ってのは変わらず、

あったとしても誤差の範囲。だって、俺「VISAだけ」って見たこと無い。

VISAもマスターカードも、決済システムの代理店は一緒。

店舗でカード決済導入する場合も、片方だけ選ぶのも難しい。

基本的にVISAとMastercardセットだから。

 

国際ブランドの加盟店数の世界シェアランキング

  • VISA・Mastercard:約5,000万の加盟店(世界200ヵ国)
  • JCB・American Express・Diners Club:約3,000万の加盟店(世界190ヵ国)
  • 銀聯:約2,300万の加盟店(世界168ヵ国)

 

2018年より、コストコがAmerican Express→Mastercardの乗り替えたので、

日本のコストコでは、Mastercard以外使えないですからね。

 

JCBとアメックスとダイナースは、加盟店の相互開放しているから、

JCBが使えるなら、アメックスもダイナースも使える。

ダイナースが使えるなら、アメックスもJCBも使える・・・

ってよく聞くんですが、これは使えない店舗に遭遇してます。

日本だと、JCBが使えてもアメックス、ダイナースは使えないって全然有る

アメックスは、カード番号数も違いますからね。

そもそもJCBが使える店舗は、日本でもVISA&Masterに比べて少ないから。

 

ちなみに、「銀聯」の加盟店数が凄いんだけど、その大半が中国国内の店舗

中国では既に紙幣を使わないのが常識となっており、

紙幣が使えないんじゃ、カードを所持するしかない。

そして、カード決済は「VISA」よりも「銀聯」が主流。

 

中国は、お国柄色々と制限が有るし、

貧富の差も有り、クレジットカードを所持できない人も多い。

銀聯カードのほとんどは「デビットカード」だから、

国際ブランドで括るのは、ちょっと違うような気もする。

銀聯カード発行枚数は世界1位・・・だけど売上は3位、

世界的に加盟店は、まだまだ少ない。

日本で「銀嶺」を発行したいなら、三井住友カードと三菱UFJニコスカード。

中国行くならっていうカードです。

 

Discover Cardどこ行った?と思ったら、

銀聯カードと提携、JCBカードとも提携していた。

でも、やっぱりVISA&Mastercardには、到底及ばないんだな。

 

マスターカードは、VISAより為替レートが良い。

国際ブランドは加盟店数で選ぶもの。

日本以外での利用も想定して、VISAを選ぶ人も多いハズ。

で、ここで問題となるのが、海外決済時の為替手数料

 

海外でショッピングするなら「クレジットカードを使った方が良い」ってのは、

なんとなく理解しているかと思う。

先進国で紙幣文化が根付いているのは、日本くらい。

ワザワザ両替手数料払って、現金にする必要は有りません。

VISAでもMastercardでもJCBでも、

現金両替するなら、直接クレジットカード決済したほうが得します。

 

でも、国際ブランドが違えば、請求時に上がってくる金額も違うから。

MastercardとJCBが、為替レートが良い傾向に有ります。

 

現地通貨を手に入れたい場合も、現地で海外キャッシングした方が良い。

海外キャッシングの場合は、為替手数料が発生せず、

金利手数料と、ATM手数料のみになります。

一般的なクレジットカードの海外キャッシングに伴う費用

  • 為替手数料(事務手数料)は無料となる
  • 海外キャッシングの金利:年利18%
  • 海外ATM利用手数料/1回:1万円以下108円、1万円超216円

※クレジットカードにより、微妙に異なります。

海外専用プリペイドカードの手数料を比較。外貨両替するなら海外キャッシング。

 

 

 

海外キャッシングの場合は、為替手数料が発生しないと言いましたが、

海外キャッシングでも、国際ブランドによって換算レートは異なるわけで、

やはり、Mastercard、JCBの為替レートが良いと感じています。

海外キャッシングは、クレジットカード決済と同じで、

Master ≒ JCB > VISA > AMEX の順で、為替レートが良くなる感じ。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。 | とりあえずバンクーバー。

 

ただ、海外キャッシングの場合は、

カード発行会社の手数料や金利、

現地ATMによる手数料が発生する場合も有るので、ある程度の使い慣れは必要かと。

 

現地ATMでも、現地の銀行レート換算されてしまう場合も有り、

こうなっちゃうと、銀行で両替するのと変わらないから。

 

マスターカードは、VISAよりも特典が豊富。

クレジットカードは、所持するだけで特典が使える。

クレジットカードの特典って、

カード発行会社の特典だけでなく、国際ブランドも関係してきます。

Mastercard特典、VISA特典、JCB特典が、別途付いてくるわけ。

 

このVISA特典とMaster特典の違い、上位カードになればなるほど顕著。

例えば、最近よく見かけるプラチナカード。

VISAのプラチナカードよりも、

Mastercardのプラチナカードの方が、付帯する特典が優れています。

参考→Visaプラチナカード特典 | Visa

参考→プラチナMastercard®カード | Mastercard®

 

例えば、三井住友カードプラチナカードでは、VISAもMasterも発行できますが、

Mastercardを選べば、Mastercard Taste Of Premium特典が使えるので、

「国際線手荷物宅配2個無料」「ダイニング BY 招待日和」も使えてしまうわけです。

 

最近では、オリコやジャックスの格安プラチナカードで、

空港ラウンジサービス(Lounge Key)も使えるようになってますが、

これもカード会社の特典というよりは、Mastercardの特典になるかと。

※参考→空港ラウンジ | 世界に広がる空港ラウンジ | Mastercard Airport Experiences

 

更に、ビジネスカードなら、ビジネスゴールドの時点で大きな差がでます。

Mastercardのビジネスゴールドだと、

Mastercard T&E Savings特典で「ダイニング BY 招待日和」が使える。

ビジネスゴールドカードって、年会費2000円のカードも多く、

Mastercardブランドのビジネスカードは、コスパも非常に高い。

一方、VISAのビジネスゴールド特典って・・・微妙です。

 

ちなみに、JCBブランドは、海外サポートや海外特典のイメージ。

特にハワイでは、JCBプラザ、JCBプラザラウンジが使えたり、

JCBで割引が効いたりとか、JCBカードで無料のバスにも乗れます。

有ると、まぁ便利かな・・・程度の特典ですけど。

 

VISAは、Apple Payで制限が有る。

iPhoneユーザーなら、気になる気になるApple Pay。

Apple Payで制限が有るのが「VISA」ブランドです。

「VISA」ブランドのクレジットカードは、

アプリ内決済や、WEB決済に対応していません。

Apple Payに対応しているクレジットカードは限られており、

対応しているクレカでも、VISAブランドはApp内とWEB支払いは利用不可能

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

例えば、Apple Pay Suicaへチャージする際も、

VISAブランドでは、Apple Payでチャージできないわけです。

VISAのカードは「APP内およびWEBでの支払いにはご利用できません」ってなります。

DSC03884_thumb

VISAカードでApple Pay Suicaにチャージしたいなら、

Suicaアプリへ、クレジットカード情報の登録が必要です。

 

何を言ってるのか、分からなければ、マスターカードにしておけばOK。

オンライン利用、アプリ内利用、マスターカードなら制限有りませんから。

 

ちなみに、JCB、アメックスカードは、Apple Payに対応していますが、

ダイナースクラブは、Apple Payには未対応のままです。

今後、スマートフォンでの決済はどんどん普及していくハズ。

こういったことで、どんどん差も開くと思うんだけどな。

 

日本のマスターカードでブラックカードが登場。

ステータスカードとして、アメックスカードやダイナースカードで比較されますが、

ステータスカードとしても、マスターカードは有りなんじゃないかと。

 

日本で初めてマスターカードの最上級カードも登場してますから。

年会費5万円のラグジュアリーカードは、

マスターカードのWorld Elite・・・要はブラックカード。

ステータスカードでMastercardって有りそうで無かったし、

使いづらいアメックス、ダイナースよりも、実用的なんじゃないかと。

 

VISAの最上級カードって、スルガVISA Infiniteだけってのも、個人的にはなんだか。

三井住友VISAカードで、Visaのブラックカードが出れば、また話は別ですけど。

まぁ、ブラックカードだから、なんなんだって言ったらそれまでだけど。

ブラックカードという言葉は、使ったもん勝ちだから。

 

いずれにせよ、VISAだけじゃなく、マスターカードも有るよ。

マスターカードはプライスレスって事で、また明日。