マリオットとSPGのプログラム統合決定!SPGアメックスカードのメリット・デメリット。

SPGアメックスカードのデメリット

アメックスカードの中で、人気急上昇中のカードといえば、

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードこと、

SPGアメックス。

 

アメックスといえば、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと、

ステータス基盤をつくったカードブランド。

そんな中、定番アメックスカードではなく、

敢えて、SPGアメックスカードを所持する理由について。

 

まぁ、私がわざわざ説明するほども無い、

ビックリの特典満載クレジットカードなんだけど・・・

 

実際、使ってみると、色々と思う事が有るわけで、

使いこなすにも、なかなか考えて使わないとなって感じました。

年会費31,000円+税の価値について。

まず、ホテルとマイルの仕組みを理解しないとダメですね。

2018年8月1日、SPGとマリオットのプログラム統合での改悪点。

2018年4月に、遂に新プログラムの告知が有りました。

今後の流れとしては、2018年8月に新プログラム開始となり、

正式プログラム名は、2019年初旬に発表予定となってます。

※参考→Marriott Members

 

プログラムの統合で、気になるのがSPGアメックスの会員特典。

SPGアメックスで付与される会員グレードはどうなるのか?

また、SPGアメックスのマイル還元率に変更は有るのか?

2018年5月現在、まだまだ不確定要素が多いですが、分かった範囲をまとめておきます。

※参考→SPGプログラム変更に伴う特典改定のご案内 | スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのサービス

 

変わらない点

  • ポイント価値保証。1スターポイント=3マリオットリワードポイント→3ポイントへ
  • マイル還元率1.25%。2万ポイント→2.5万マイルの継続。
  • 国内SPGホテルでの食事優待。直営レストラン、バー、ラウンジで15%OFF

改善点

  • アカウント統合で利便性向上。宿泊日数、ポイント合算。
  • ホテル宿泊ポイント付与は1USD=10ポイント。ゴールドで更に25%UP
  • マイル交換の航空会社の増加。35社→40社以上へ
  • ポイント宿泊8カテゴリー制へ。※2018年はカテゴリー7まで
  • 無料宿泊特典は、SPGだけでなくマリオットも対象へ。※カテゴリー6まで

改悪点&謎な点

  • SPGアメックス特典ステータスが、新ゴールドエリートへ。
  • 2滞在5宿泊の実績→5宿泊分の実績
  • スターポイントの購入可否が謎
  • プラチナチャレンジの有無が謎

 

思った以上に、改善点が多いですね。

マイル還元率1.25%は変わらず、無料宿泊特典でマリオットホテルも対象へ。

ホテル宿泊、マイル交換とポイント価値も増加傾向にある。

 

一番の改悪は、SPGとマリオットでステータスマッチが不可能になる事。

SPGとマリオットでは、統合後の会員グレードが異なるので、

SPGゴールド≒マリオットゴールドでは無くなります

まぁ・・・当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

SPG新プログラムでの会員グレード

  • SPGゴールドプリファードゲスト → ゴールドエリート
  • マリオットゴールドエリート → プラチナエリート
  • リッツカールトンゴールドエリート → プラチナエリート

というわけで、SPGアメックスでのボーナスタイム終了。

ラウンジアクセス、朝食無料、16時レイトチェックアウト、

従来のマリオットゴールドで付与される特典は、全てプラチナエリートで付与となりました。

SPGアメックスの特典で付与されるのは、新ゴールドエリートなので、

マリオットホテルでの朝食無料、ラウンジアクセスが使えなくなるわけ。

 

また、新ゴールドだと、14時レイトチェックアウトと変更になっている点にも注意。

他は、従来のSPGゴールド会員特典に戻った印象。

まぁ、ステータスマッチの裏技が使えなくなっただけですけど・・・残念ですね。

 

アメックスプラチナ特典も、SPGゴールド特典なので・・・

SPGアメックスと同じく、改悪な感じになりそう。

2018年6月には、デルタアメックスゴールドの改悪も発表されたので、

まぁ、カード特典ばっかりは、いつ変わるかは分からないといったところですね。

SPGアメックスカードのメリット

なんでこのカードがコストパフォーマンスが高いのかっていったら、

ホテル特典、マイル還元と、旅する人には最高なカードなわけ。

SPGゴールド会員=Marriottゴールド会員となる。※2018年7月末まで

7月中にSPGアメックス発行→マリオットステータスマッチが最強?

2018年5月現在、マリオットゴールド→プラチナエリートは確定してますが、

SPGゴールドからのステータスマッチで、マリオットゴールドになっていた場合、

2018年8月以降に、新プログラムでプラチナエリートになれるか?どうか?

これについては、現時点で、公式発表が未だ有りません。

 

SPGゴールド→マリオットゴールドへステータスマッチさえしておけば、

マリオットゴールド→プラチナエリートになると思ってますが・・・

とりあえず、これからSPGアメックスを発行する人も、既に所持してる人も、

新プログラム開始までに、SPGとマリオットのステータスマッチは必ずしておくべき。

 

プラチナエリートの可能性にかけて、

今のうちに発行して、マリオットへステータスマッチしておくのも有りかと。

マイル還元率、無料宿泊特典は、継続も確定しているわけですからね。

 

SPGアメックスカード自体は、2013年から有るのですが・・・

正直、以前はこんなに人気なカードでは有りませんでした。

 

なんで、こんなに人気になってんのか?っていったら、

2016年に、マリオットがスターウッドプリファードゲストを買収したんだよね。

マリオットは、1998年にザ・リッツ・カールトンホテルも傘下に入れてるから、

SPGアメックスの特典である。

SPGアメックスを所持するだけで、SPGの上級会員になれる」の価値が急上昇。

SPGでエリートレベルの会員資格を手に入れれば、

Marriott、リッツカールトンでもVIP待遇してくれるってわけ。

※ステータスマッチ手続きは必要です。

 

SPG ゴールド会員=Marriott ゴールドエリート会員=リッツ・カールトン ゴールド会員

 

しかも、スターウッドホテルを買収したことにより、

Marriottは、世界最大の売上高を誇るホテルグループへ。

上級会員特典が使えるホテルも世界最大級の数を誇るわけです。

ホテルブランド数も30個。ホテル数は5700軒以上にも及びます。

2018-03-08_16h45_19

 

ゴールド会員って、いずれのホテルでも上から2番目のグレード。

その条件も普通に生活してたら、まず無理な条件。

 

ホテル上級会員となる為の条件

最上級ランク セカンドランク サードランク
SPG プラチナ
(年間25滞在 or 50泊)
ゴールド
年間10滞在 or 25泊
プリファード
マリオットリワード プラチナエリート
(年間75泊)
ゴールドエリート
年間50泊
シルバーエリート
(年間10泊)
リッツカールトンリワード プラチナム ゴールド
50泊
シルバー

 

実際のところ、スターウッドの上級会員ってよりも、

マリオットで上級会員になれるってのが凄いってわけ。

ホテル数だけでなく、マリオットゴールドエリートなら無料で朝食もつきますからね。

SPGアメックスって言ってるけど、Marriott特典のカードですな。

 

ちなみに、世界第1位の売上高はマリオットチェーンですが、

世界第2位は、ヒルトンホテル。

ヒルトンもゴールド会員となれば、無料で朝食がつきます。

SPG、Marriottで上級会員なら、ステータスマッチでヒルトンも可能だけど・・・

ヒルトンオーナーズVISAカードで、こちらも勝手に上級会員。

SPGアメックスと同じく、ホテル生活する人には欠かせないカードです。

マイル還元率1.25%と高く、マイル交換先も35社と超豊富。

特典カードって持ってるだけで終わりがちなのですが、

SPGアメックスの場合、マイル還元率が高く決済カードとしても凄い。

マイル還元率1.25%と非常に高い数値となってます。

 

マイル還元率が高いだけでなく、その交換先も豊富。

交換できる航空会社数は、ななななななんと35社にも及びます。

クレジットカードでは、異例の数値。

JALマイルを貯めるクレジットカードとしても最強です。

 

具体的な、ポイント交換のルールは、

SPGアメックスで貯まるポイントは、SPGの「Starpoints(スターポイント)」。

スターポイントは、100円=1ポイント貯まる。

マイル交換レートは1ポイント=1マイルなんだけど、

2万ポイント交換で5000ポイントボーナス

20,000ポイント→25,000マイルとなり、

1ポイント=1.25マイル1.25%還元)となるわけです。

※1ポイント=1.25マイルとならない航空会社が3社ほど有ります。

 

しかも、マイル移行手数料も発生せず、マイルへの年間移行制限も無いという・・・

本家アメックスカードも、ダイナースカードビックリな、SPGアメックスカードです。

 

これ、更に凄いのが、

SPGのスターポイントは、貯まる毎に有効期限が伸びるというモノ。

本来スターポイントの有効期限は12か月なんだけど、

カード決済→ポイント加算が有る限り、有効期限は無期限となる

JALマイルやANAマイルの有効期限(3年)も気にせず、ポイントを貯められまくる。

焦ってマイル消化をする必要も無くなるし、

マイルは貯めて使うほどに価値も高くなりますからね。

 

特に、JALマイルが貯まるクレジットカードって、なかなか無いから。

航空会社クレジットカード「JALカード」でも、

ショッピングマイル・プレミアム(ポイント2倍)に加入して還元率1.00%

マイル有効期限も36か月ですからね。

 

SPGアメックス マイル還元率の凄い点

  • マイル還元率1.25%。航空会社クレカより高い。
  • マイル交換先の航空会社が35社と超豊富。JALもANAも可能。
  • スターポイントの有効期限は実質無期限
  • スターポイントからマイルへの移行手数料は無料
  • マイルへの年間移行制限も無し。24時間で79999ポイント制限のみ。
  • ポイントは1ポイント0.035ドルで購入可能。年間3万ポイント上限。
  • SPGホテル決済でボーナス。1ドル毎に3スターポイント(通常の1.5倍)。

 

ちなみに、SPG提携クレジットカードという事で、SPG参加ホテルにて利用すると、

宿泊で貯まるポイントが50%増えとなり、1ドル毎に3ポイント貯まります。

※通常は1ドル毎に2スターポイント。

ドル換算なので、正確な還元率は出せませんが・・・マイル還元率やべっす。

カード更新で、ホテル無料宿泊特典が貰える。

SPGアメックスカードは、更新特典として、

SPGホテルの無料宿泊特典(1室2名まで)が貰えます。

 

カード更新で使える無料宿泊特典は、

スターポイント利用時の「SPG無料宿泊」と同等のサービス。

ただし、カテゴリー6までという条件が付く。

 

SPGアメックスカード更新で貰える無料宿泊特典について

  • スタンダードルーム(1室2名まで)が無料
  • 利用可能ホテルは「カテゴリー6」ランクまで
  • ブラックアウト日が無いので、繁忙期も利用可能
  • 前日16時までの予約変更OK
  • 宿泊時はSPGゴールド会員特典も適応

 

無料宿泊特典利用時でも、SPGのゴールド会員扱いは変わりません。

スタンダードルームとはいえ、SPG上級会員なので、

ワンランク上の部屋に泊まれる可能性も高く

ウェルカムギフトで250ポイントを貰う事も可能です。

 

SPGゴールド会員の主な特典

  • 部屋のアップグレード
  • ウェルカムギフト(250ポイント or Wifi or 無料ドリンク)。
  • 午後4時までのレイトチェックアウト

 

無料宿泊特典の価値については、諸説ありますが、

日本のカテゴリー6宿泊料金を参考にするのが間違いない。

※参考→スターウッドプリファードゲストホテル一覧リスト

 

宿泊料金で約2~3万円。スターポイントで約20000ポイントといったところ。

ブラックアウト日(特典除外日)無しなので、

繁忙期に利用するほど、無料宿泊特典の価値は高くなります。

※スターポイントの価値については後述します。

 

デルタスカイマイルアメックスゴールド所持者なら、更にポイントが貯まる。

SPGのゴールド会員になると、

提携航空会社を利用することで、更にスターポイントが貯まります。

デルタ航空、エミレーツ航空、中国東方航空で、1USドル毎に1スターポイント貯まります。

 

これ、逆の場合にも貯まり、

例えば、デルタ航空の上級会員で、SPGホテルを利用すると、

1USドル毎に1デルタスカイマイルが貯まるようになります。

 

SPGプラチナ会員ならびにゴールド会員のお客様は、Delta航空が運航する対象となるフライトの航空券お支払い代金1米ドルごとに1スターポイントを獲得いただけます1。SkyMiles Diamond、Platinum、Goldあるいは Silver Medallion®会員のお客様は、SPGプログラム参加スターウッド ホテルおよびリゾートでの対象となる客室料金のお支払い1米ドルに対して1マイルを獲得いただけます。

 

デルタ航空とSPGホテル利用で獲得できるポイント&マイル

  • デルタゴールドメダリオン会員:SPGホテル利用→1ドル毎に1マイル獲得
  • SPGゴールド会員:デルタ航空利用→1ドル毎に1スターポイント獲得

 

デルタの上級会員といえば、デルタスカイマイルアメックスゴールド。

スカイチームの上級会員になれる反則カードだから。

デルタ航空使って、SPGホテルに宿泊すれば、

スカイマイルとスターポイントが貯まりまくるってわけです。

SPGアメックスカードのデメリット

SPGアメックスカードは、カードを所持するだけ特典満載。

より特典を最大限生かす為に、デメリットは知っておいた方が良いと思う。

そもそも、そんなにホテル使う?って話であり、

ゴールド会員レベルでは、アップグレード確率もそこまで高くないからね。

SPGとMarriottのステータスマッチが使えなくなる可能性。

マリオットのSPG買収で、マリオットの上級会員にもなれるのが最高なんですが、

これはあくまで、合併後の一時的な処置。

今後、プログラムの統合が行われる可能性が高いという事は理解しておきましょう。

今回の合併によって、私のリワード アカウントとSPGアカウントは影響を受けますか?
当面の間、これらのロイヤルティプログラムは引き続き別個に運営されます。2018年まではプログラムの統合は行われません。お客様のリワード アカウントには、独自のログイン、ポイント残高、関連ホテルが存在することになります。

会員情報 | マリオット リワード、SPG、ザ・リッツ・カールトン・リワード

SPGのゴールド会員とマリオットゴールド会員が同じ価値かと言われると、

正直、そうは思わないし、

そのギャップがあるから、SPGアメックスがこれほどにも人気となってるハズ。

 

年間25泊のSPGゴールド=年間50泊のゴールドエリートのステータスマッチ。

SPGのプリファード(平会員)→ マリオットのシルバーエリート(年間10泊)へ。

平会員からシルバーへ、無条件にステータスマッチって、やっぱオカシイよね。

ポイントの交換レートも3:1。いずれ修正されるでしょう。

 

実際のところ、プログラム統合になる場合、事前アナウンスや猶予期間も有るハズだし、

それまでにMarriottのゴールドなら、悪い方にも転ばないんじゃないかなと。

SPGアメックスカードの裏技特典を利用できるうちに、申し込んでおくのが賢いんじゃないかと。

SPGアメックスカード申し込みキャンペーン

ゴールド会員特典は、SPG、マリオット、リッツカールトンで全然違う。

マリオット、リッツカールトン、SPGで、

ゴールドで会員特典が大きく異なります。

同じゴールド会員だから、同じ待遇と思っていた私・・・不味いです。

SPGゴールド会員特典

  • 宿泊1米ドルごとに3ポイント獲得(通常+50%)
  • 午後4時までのレイトチェックアウト申し込み具合により不可
  • チェックイン時に部屋アップグレードコーナールーム、より高いフロア、より良い眺め等
  • ウェルカムギフト(250ポイント or 無料WiFi or ドリンクサービス)
  • デルタ航空、支払い1ドルにつき1ポイント獲得
  • エミレーツ航空、支払いの1ドルにつき1ポイント獲得
  • 中国東方航空、イースタンマイルズ4ポイントあたり1ポイント獲得
  • ゴールド会員専用デスク

スターウッドホテル&リゾート

 

マリオットリワードゴールド特典

  • エリート予約電話
  • ゲストサービス専用電話
  • 予約完全保証、ルームタイプ保証
  • レイトチェックアウト保証
  • エリート限定キャンペーン
  • マリオットリワード+25%ボーナス。
  • マリオットギフトショップ割引
  • 週末割引
  • 無料の高速インターネットアクセス
  • お部屋のアップグレード空室状況に基いて対応
  • ラウンジのご利用&無料の朝食(不可の場合は750~1000ポイント)
  • 無料市内通話、無料市内FAX、長距離電話割引
  • エリート限定特典

マリオット ゴールド エリート特典の詳細

 

リッツ・カールトンのゴールド会員特典

  • 無料客室アップグレードより快適なお部屋がご利用可能な場合
  • 無料の室内ハイスピードインターネットアクセス
  • リッツカールトンリワードポイント+25%のボーナス
  • 特別なオファーの案内
  • エリートのみのご利用リワード
  • エリート会員予約用パーソナルフリーダイヤル
  • ゲストサービス専用電話
  • 午後4時までのプライオリティレイトチェックアウト

ゴールドエリート会員特典| ザ・リッツ・カールトン・リワード

SPGとマリオットのステータスマッチで勘違いしてしまいがちなのですが、

ゴールド会員特典は、SPGとマリオットで雲泥の差が有ります。

朝食とラウンジ特典が有るのはマリオットだけ。

SPGのプラチナ会員相当が、マリオットのゴールド会員。

そりゃそうだよね、ゴールド会員になる為の難易度が全然違うんだから。

 

だからこそ、ゴールド会員特典は、マリオットのホテルでこそ使うべき。

最低レベルの部屋でも、エグゼクティブラウンジへのアクセス

2名分の朝食無料午後4時のレイトチェックアウト保証・・・

そりゃSPGアメックスの人気が出るわけです。

 

ちなみに、アップグレード特典はいずれのホテルにも有りますが、

あくまでこれは、空室状況に基づくもの。

当たり前にアップグレードされないから。あんまり期待しないように。

マリオットホテルは高級ホテル。宿泊料金が高い。

上述したように、マリオットホテルに限って宿泊するようになるのですが、

マリオットホテルって、皆さんご存知、高級ホテルです。

VIP待遇を味わいたいがために、わざわざ高いホテルに泊まるわけです。

 

えぇ、普段から、その水準の人なら、何も文句は有りません。

ただ、私のような底辺の人間は、何を血迷ったか勘違いし、

気づけば金だけが減る・・・ような感じになります。

割引率にやられて、セール品を買い漁る感じ。

定価で商品価値は決まらない。

実際、着るのか?必要なのか?冷静に考えて利用した方が良いです。

会員特典が無くてもMarriottoに宿泊してました?って。

 

実際、ホテルを利用していて痛感するのが、

マリオットじゃない場面って結構あるんだけど、

VIP会員だから、無理して遠くのマリオットを選んじゃうわけ。

マリオットで得するハズが、マリオットじゃないとダメになる。

まんまと、やられちゃってるんだよね。

 

特に、家族で使う場合は、注意が必要です。

ホテルって1室あたりの宿泊人数制限も有るから、

結局のところ、安い部屋に泊まれなかったり、部屋が別々になっちゃったり。

無料宿泊特典だって、1室2名が基本条件。

上手い事活用できない事態に陥ってます。ウチ5人家族だから。

マリオットホテルは、アメリカ率が高い。

マリオットホテルって、米国のホテルグループ。

ホテルが有るのも、ほぼアメリカなの。

日本で使うとなると、他のホテルチェーンに比べると使い勝手が良くない。

5265軒のホテルのうち、4150軒がアメリカです。

2018-03-08_17h03_34

※参考→世界各地のマリオットのホテル&リゾートをご覧ください

 

本国アメリカとか、ハワイ、グアムで使うなら、良いのでしょうけど、

日本でMarriottを利用するとなると、17軒となりますから。

 

SPGアメックカードホルダーが上級会員扱いされるホテル(日本)

SPGとリッツカールトンの場所も、マーキングしてますが、

ゴールド会員で使うなら、やっぱりMarriottが最高だから。

ホテルの上級会員特典は、公式サイトからの予約に限る。

これは、SPGやMarriottに限った話では無いのですが、

ホテルの会員特典って、ホテルの公式ページから予約する事により適応となります

ホテル公式ページ以外から、利用した場合は何の意味も無いわけ。

 

例えば、ホテル予約サイト「エクスペディア」とか「じゃらん」とかで、

ホテル予約した場合は、会員特典は使えず、平会員以下のゲスト宿泊者扱いとなる。

「Pontaポイント」とか「楽天ポイント」を使って宿泊しても、会員特典は使えないから。

 

他にも、公式サイトを経由しないホテル優待を利用する場合も、

ホテルの会員ステータスも反映されず、ホテルのポイントも貯まりません。

例えば、ラグジュアリーカードのグローバル・ラグジュアリーホテル優待は、

コンシェルジュ経由の予約となるので、ホテルの会員ステータスも関係なくなっちゃうからね。

ホテル宿泊にポイント利用した場合の還元率が微妙。

SPGアメックスで貯まるスターポイントは、本来はホテルのポイント。

ホテルの宿泊料金として利用するのが、普通の流れであり、

宿泊料金に利用した方が、スターポイントの価値も高くなると言われてます。

 

この宿泊料金ってのが曲者であり、

宿泊料金って年中通して一律では無く

ポイント利用にて宿泊する場合も、時期により必要なポイント数が変動するので、

正確な還元率を出すのは難しい。

ただ、閑散期よりも、繁忙期に利用した方が、ポイントの価値は高くなる傾向にあります。

 

個人的な感覚で言わせてもらえれば、

閑散期の平日料金を元に1ポイント=0.8円~1.5円となっている感じなので、

マイル還元率1ポイント=125マイルに比べると、正直微妙。

繁忙期に利用すれば高騰した部屋料金分だけ、若干還元率が上がるのかな・・・といった感じ。

具体的に数値を出します。

2018-03-09_09h47_32

 

東京エリアホテル平日料金から算出したスターポイントの価値。

  • 36338円÷35000ポイント→1ポイント=約1.03円
  • 15680円÷35000ポイント→1ポイント=約1.30円
  • 23324円÷20000ポイント→1ポイント=約1.16円

2018-03-09_09h48_52

 

東京エリアホテルのクリスマス・イブ料金から算出したスターポイントの価値。

  • 54150円÷30000ポイント→1ポイント=約1.805円
  • 20384円÷35000ポイント→1ポイント=約1.30円
  • 45450円÷20000ポイント→1ポイント=約2.27円

 

クリスマスイブに利用しても、還元率2.0%前後とは・・・

前より、レート悪くなったんでしょうか?

 

無料宿泊ではなく、キャッシュ&ポイント(ポイント+現金)に利用した場合、

更に還元率が悪くなり、利用できる日も限られてきます。

ブラックアウト日が無いのは、あくまでスタンダードルームを無料宿泊する場合ですからね。

値段が高騰する日は、キャッシュ&ポイントは使えないってワケ。

 

あと、いくらスタンダードルームは、ブラックアウト日が無いといえ、

人気のホテルや、混雑日は、先の予約までも埋まっているという事。

 

例えば、今から半年以上先の大晦日の予約を取ろうとした場合、

「ご利用可能な日程を検索」という事で、既に利用不可能となっている。

2018-03-09_10h06_28

 

ただ、スターポイントで宿泊利用には、細かい注意点が有るので、

しっかりと把握していないと、なんだかんだでポイント活用できない事になる。

 

スターポイントをホテル宿泊に利用する際の注意点

  • 無料宿泊できるのは、一番安いスタンダードルームのみ
  • ブラックアウトが無いのは、無料宿泊のスタンダードルームだけ。
  • 無料宿泊は、スタンダードルーム満室時は利用不可
  • ポイント&キャッシュの場合は、スタンダードルームでもブラックアウト有り
  • ブラックアウト日は、ホテルによって対象日が異なる
  • 無料宿泊は1室2名まで。3名以上は追加料金の可能性。
  • 無料宿泊でもリゾートフィーが別途発生する。※ハワイ注意

 

意外とホテル利用での還元率が低いって感じましたが・・・

そもそも、普段からSPGホテルに泊まってないなら、

このホテル還元率って、なんの意味も無い数値になるんじゃないかと。

そもそも、正規料金に対して還元率を求めることに意味は無く、

割引価格にやられて消化してしまうのは、もったいないです。

 

旅行で必須となるマイルへ交換した方が、ポイント価値は高まる可能性。

もちろん、飛行機に乗らないなら、マイルも無意味ですけど。

 

SPGのスターポイントが、マリオットホテルでも使えたら納得なんだけど、

マリオットのマリオットリワードポイントへの交換レートは・・・

マリオット3ポイント=SPG1ポイント」。

マリオットリワードポイントの価値も、基本的に1ポイント=1円なので、

マリオットホテルで利用するとなると、かなーり微妙となります。

 

ちなみに、スターポイントは、Amazonギフト券やiTunesギフトカードへも交換可能ですが、

ものスッゴイ換算レート悪いので、辞めた方が良いです。

スターポイントは、マイルに変えるのがベストという結論です。

SPGアメックスカードまとめ。

ホテル利用で2~3回くらい利用するなら、元は取れるかなと。

SPGアメックスカードの特典で「無料宿泊券」が毎年もらえるので、

少なくとも残り1回泊まるくらいなら、得してる感じになるかと。

初年度は無料宿泊券が無いけど、入会ボーナスでスターポイントも貯まりまくるから。

SPGアメックス入会キャンペーン

まぁ、あんまり得するとか、損するとか言うカードでも無いとは思うけど。

 

アップグレードには、あんまり期待しない方が良いね。

期待して、アップグレードされない時の絶望感。

普段から利用しないからこそ、期待しちゃうんだけど。

アップグレードはあくまでオマケです。

 

私が発行する決め手となったのは、やはりマイル還元率。

JALマイルが貯まるカードって希少だし、最高のJALマイル還元率だから。

マイル還元率とマリオット上級会員の特典だけ考えても、

年間31000円+税の価値はあると判断しました。

 

ホテル、飛行機と使わないなら、あんまり関係無い話。

ただ、ホテル利用する、きっかけとしては良いカードです。

 

ホテルに限らず、上級会員って簡単になれるものではなく、

ホテルで上級会員になれば、ステータスマッチの幅も広がる。

ホテルだけでなく、航空会社へのステータスマッチも可能なので、

ホテル、航空会社と、ワンランク上の生活へ。

航空会社の上級会員なら、デルタアメックスゴールドも手っ取り早い。

 

逆にいうと、そういった生活に憧れが無いなら不要ですね。

マイルも貯めないなら、マイル還元率って意味無いですから。

P.S.

外資系のホテル、Marriott、SPG、Hilton、IHG等を、

ホテル公式サイトで予約する場合、

国内ポイントサイト(ハピタスモッピー)よりも、

海外ポイントサイト(Mr.RebatesTopCashback)を使った方が得します。

なんだかんだで、Mr.Rebatesが一番使ってますけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です