ホテル予約で得するキャッシュバックサイト&ポイントサイトまとめ

ホテル予約する場合にも、ポイントサイトを利用した方が良いのですが、
外資系ホテルの場合は、国内ポイントサイトに無い場合も多く、
海外キャッシュバックサイトを利用した方が、還元率も高い傾向にあります。

特に外資系ホテルは、キャッシュバックされる金額も多く、
ホテルも直営サイトで予約した方が得する時代ですからね。

ホテル公式サイトで予約する理由。ホテル予約サイトのメリット・デメリット。

ホテル利用するにあたり、どこのサイトを経由すれば、
よりお得に宿泊できるのか?
ホテル滞在好きなんで、まとめておきます。

海外キャッシュバックサイトの還元率を比較

海外キャッシュバックサイトと言えば、定番なのがMr.Rebates。
私も、メイン使っていたのですが・・・

Mr.Rebatesの使い方。ショップの探し方とキャッシュバックの受取方法。

ホテル予約に限って言えば、Mr.Rebatesが最強ってわけでも有りませんでした。

2018-04-10_17h29_29

海外キャッシュバックサイトだと、
ヨーロッパ系のキャッシュバックサイトは、ホテル系は弱いので・・・
アメリカ系のMr.RebatesRakuten(旧 Ebates)、TopCashbackの3択となります。
いずれも大手キャッシュバックサイトであり、日本在住でも使えます。

海外のキャッシュバックサイト&日本のポイントサイトまとめ

大手ホテルチェーンの予約サイトと言えば、
マリオット、ヒルトン、IHG、アコーホテルズ・・・くらい。
SPGも、マリオットに買収されましたからね。

外資系ホテルチェーン公式サイト

  • Marriott(マリオット)
  • Hilton(ヒルトン)
  • IHG(インターコンチネンタル&リゾート)
  • AccorHotels(アコーホテルズ)

海外の大手ホテルチェーンの還元率を、
海外の大手キャッシュバックサイトで比較してみました。

海外ホテルチェーンの還元率(2021年11月)

Mr.Rebates Rakuten(Ebates) TopCashback
Marriott 2% 1.50% 10%
Hilton 1%(シルバー会員以上)
3%(非会員、ブルー会員)
1%(シルバー会員以上)
2.5%(非会員、ブルー会員)
1.05%(会員)
4.2%(非会員、ブルー会員)
IHG 7% 3% 6%
Accor 2%(Fairmont, Raffles, Swissotel)
8%(Other Hotels)
3.15%(Fairmont, Raffles, Swissotel)
6.3%(Other Hotels)

ホテル予約だと、全体的にTopCashbackの還元率が高い傾向に有り、
キャンペーンやブラックフライデーセール等でも、還元率が上がりがち。

アメリカのブラックフライデー&サイバーマンデー攻略。世界のセールにオンライン通販で参戦する。

ただ、キャッシュバックボーナスで、還元率が一時的に上がるのは日常茶飯事
一概には言えないことも有る・・・というのが、正直なところ。
私が3つのサイトを併用しているのも、そういうこと。

また、注意が必要なのが、
宿泊するホテルホテルの会員ランクにより、還元率は変わってくるという事。

例えば、Hiltonホテルを利用する場合、Mr.Rebatesでは、
シルバー・ゴールド・ダイヤモンド会員は、1%キャッシュバック
ブルー会員と、非会員は、3%キャッシュバックとなっています。

2018-04-11_07h18_52

一方、Topcashbackでは、
シルバー・ゴールド・ダイヤモンド会員は、1.05%キャッシュバック
ブルー会員と、非会員は、4.2%キャッシュバックとなっており、

2018-04-11_07h20_29

RAKUTENでは、
シルバー・ゴールド・ダイヤモンド会員は、1%キャッシュバック
ブルー会員と、非会員は、2.5%キャッシュバックとなってるわけです。

2018-04-11_09h04_02

こういった場合、ヒルトンのブルー会員なら、RAKUTENのが得だけど、
シルバー会員以上なら、Mr.Rebatesの方が得って事になりますね。

ちなみに、海外キャッシュバックサイトには、
海外のホテル予約サイト(Expedia、Booking等)も掲載されていますが・・・

海外系ホテル予約サイト

  • Expedia(エクスペディア)
  • Hotels.com(ホテルズドットコム)
  • Booking.com(ブッキングドットコム)
  • agoda(アゴダ)

基本的に、日本サイトでの予約には使えないと思った方が良いので、
エクスペディア等を使う場合には、国内ポイントサイトを使いましょう。
クーポンと併用も対象外だったりします。

Cash Back only available for US and Canada based customers.

Only purchases from the Booking.com U.S. site qualify for cash back.

Usage of coupon codes will void cash back.

こちらは基本的に米国在住者向けでありアメリカサイトのみ適応となります。
一応還元率調べましたけど・・・日本から使う意味はないので悪しからず。

海外ホテル予約サイトの還元率比較

Mr.Rebates RAKUTEN TopCashback
Expedia 2ドル(Flight)
3%(Hotel)
1.25ドル(Flight)
4%(Hotel)
2.5ドル(Flight)
3%(Hotel)
Hotels.com 0%(クーポン利用時)
4%
0%(クーポン利用時)
1%(会員)
4%(without Rewards)
0%(クーポン利用時)
9%(without Rewards)
Booking.com 3% 2% 6%
agoda 4% 2% 6%

国内ポイントサイトの還元率を比較

外資系ホテル予約サイト(エクスペディア等)を利用する場合は、
日本からの予約は対象外となってしまうし、
海外キャッシュバックサイトには、
日本のホテル予約サイト(じゃらん等)も有りません。

日本の大手ホテル予約サイト

  • じゃらんnet
  • 楽天トラベル
  • Yahoo!トラベル
  • 一休.com

日本の大手旅行代理店

  • H.I.S.
  • JTB
  • 日本旅行
  • るるぶトラベル

というわけで、使うのは国内ポイントサイト。

2021年オススメのポイントサイトと選び方。運営会社、運営歴、資本金、還元率、現金化で比較してみた。

外資系ホテル予約サイトと、国内企業のホテル予約サイト。
還元率をまとめて比較します。
※ポイントサイト還元率の一括比較は「どこ得?」が便利です。
※還元率は日々変動しますので、参考までに。

海外ホテル予約サイトの還元率比較

ハピタス げん玉 ポタウン モッピー ポインカム ECナビ GetMoney! ちょびリッチ お財布 Rebates Gポイント
Expedia 4.8% 2~2.5% 3.5% 5.0% 2.4% 4.2% 3.0% 2.5% 2.0% 2.5% 4.0%
Hotels.com 3.3% 1.5% 2.5% 3.0% 2.0% 1.8% 2.0% 4.5% 2.5% 3.0% 2.0%
Booking.com 2.5% 1.5% 3.0% 3.0% 2.0% 2.0% 2.0% 1.0% 2.5% 4.0%
agoda 3.0% 2.5% 2.5% 4.2% 3.0% 3.0% 4.0% 2.5% 2.0% 2.5% 2.0%

国内ホテル予約サイトの還元率比較

ハピタス げん玉 ポタウン モッピー ポインカム ECナビ GetMoney! ちょびリッチ お財布 Rebates Gポイント
じゃらん 2.5% 0.5% 1.2% 2.0% 1.3% 3.5% 3.0% 1.0% 2.0% 2.0%
楽天トラベル 1.0% 50円~250円 1.0% 2.0% 0.7% 3.0% 200円 1.0% 250円 2.1%
Yahoo!トラベル 300円 102.5円~205.5円 400円 100円 100円 75円 200円 100円~200円 50円 0.5%
一休.com 0.6% 0.5% 0.5% 0.5% 0.6% 0.6% 0.5% 0.5% 1.0% 1.5% 1.0%
H.I.S. 0.6% 0.5% 0.5% 1.0% 0.6% 0.6% 1.0% 0.5%

ポイントサイトって、還元率は常に一定では無いのですが、
大体の傾向として、どこがホテル系に強いのか?ってのは分かるかと。
悩んだら「ハピタス」「モッピー」のどちらかが良い。
基本的に上位にいるし、他の還元率も高くポイントも貯めやすい。
マイラーなドリームキャンペーンの有る「モッピー」かなと。

海外系のホテル予約サイトは、クーポンとの併用も可能なので、
ホテルズドットコムとか、クーポンと併用すると、更にお得になります。
ホテルズドットコムには、10泊で1泊無料の特典もありますからね。
ただ、クーポン利用した場合は、実際に払う金額が成果対象金額となります。

※ホテルページに「Hotels.com™ Rewards 」というマークが入っているものが
ポイント獲得対象となります。

※クーポンご利用の場合、適用後の実際のお支払い金額が成果対象金額となり、

また、Hotels.com Rewardsで1泊無料をご利用されたお客様には、

この1泊分差し引き後のご注文金額が成果対象金額となります。

ちなみに、海外ホテルチェーンでもマリオットとIHGは、
国内ポイントサイトにも有るので、
Mr.Rebates等の海外キャッシュバックサイトと比較して、使い分けても良いかと。
※ヒルトン、アコーホテルズは、ポイントサイトには有りません。

海外ホテルチェーンの還元率比較(2018年4月)

ハピタスげん玉ポタウンモッピーポインカムECナビGetMoney!ちょびリッチお財布RebatesGポイント
Marriott3.0%2.0%3.0%4.8%2.5~3%2.0%2.5%
Hilton
IHG5.0%3.9%4.0%1.5%5.0%2.4%5.0%4.0%4.0%4.5%4.0%
AccorHotels

※IHGは、日本でANA(全日空)と業務提携しているので、
「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン」となっています。

基本的に外資系ホテルは、海外キャッシュバックサイトの方が還元率が高いです。
下手にキャッシュバックを分散してしまうよりかは、
しっかりと使うサイトにまとめてポイントを貯めた方が現金化もしやすい
また、国内ポイントサイトなら、日本語でも使えるって手軽さもあるから。

クレジットカードでポイント3重取り

公式サイトで予約するという事は、宿泊費の支払いが発生するという事。
クレジットカードの還元率も含めれば、ポイント3重取りも可能です。

ホテル予約でポイント3重取りの内訳

  • ポイントサイトのポイント
  • ホテルのポイント
  • クレジットカードのポイント

宿泊費を決済するのに、
ポイント還元率が高いクレジットカードを使うのが定番。
旅行が多いマイラーなら、マイル還元率を高いクレジットカードを使うべき。


ANAマイルなら還元率1.25%のマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード、
JALマイルなら還元率1.125~1.375%セゾンプラチナビジネスアメックスカードが圧倒的。

JALマイル還元率が高いクレジットカードを徹底比較。効率良くJALマイルを貯める方法。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードは、
所持するだけでMariott上級会員にもなれてしまうし、カード更新で1泊無料特典も有る。
そして、マリオットは世界一のホテルチェーン。なんだかんだで使う機会も多いのです。

ホテル予約ともなると、数万円~数十万円単位の金額。
還元率が1%違えば、数百円~数千円変わってしまうという事。

例えば、Mr.Rebatesを利用して、
IHG系のホテルを予約すれば、宿泊費の6%キャッシュバックされ、IHGのホテルで宿泊費1USD毎に10ポイントが貰え、
宿泊費の決済ではクレジットカードのマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードを使えば、
宿泊費の1.25%分のANAマイルも貯まるわけです。

普通に利用してたら、ホテルのポイントしか貰えませんからね。
まぁ、チリつもですね。

ホテル予約で得する方法まとめ

外資系ホテルチェーンは、海外キャッシュバックサイト経由がお得であり、
外資系旅行サイトは、国内ポイントサイトがお得だという事。

キャッシュバックサイト経由でも、ホテル公式予約は変わら無いので、
ホテルのキャンペーンも使えるし、ホテルの会員特典も使えます
外資系ホテルは、ホテル公式で予約しないと会員特典も使えませんからね。

ホテル公式サイトで予約する理由。ホテル予約サイトのメリット・デメリット。

海外キャッシュバックサイトに悩むなら、
Mr.Rebatesがおすすめ。私も長く愛用しているから。

Mr.Rebates(ミスターリベート)の登録方法。

TopCashbackは、最近急上昇中のキャッシュバックサイト。
世界中のユーザーを対象としており、日本語サポートも有ります。

世界最大級のキャッシュバックサイト「TopCashback.com」について。

Rakuten(Ebates)は、キャッシュバックサイトの老舗であり楽天が買収したサイト。
上記2サイトに比べると、出番は少ないですが比較するに越したことはない。

Ebates(イーベイツ)の登録方法と使い方。Mr.Rebatesとの比較と違い。

海外キャッシュバックサイトを利用する場合、
キャッシュバックの受け取りとして、Paypal口座が必要となり、
プレミアアカウントにしないと報酬も受け取れませんので気を付けて。

Paypalアカウントの種類と違い。パーソナルからプレミアにアップグレードについて。

Paypalは、日本の決済サービスとして浸透してきており、
既に完全日本語対応となってますので、それほど難しい事は無いかと。
Paypalプレミアアカウントも完全無料ですから。

P.S.

IHGって、インターコンチネンタルだけでなく、
ホリデイイン、クラウンプラザと、日本でもIHG系ホテルが多い印象。
さすがANAと提携しているだけある。ANAのSFC会員でも特典が有るし、
IHGはキャンペーンでもポイントが貰えたりもするので・・・
Holiday Innとか、価格帯も安いから使いやすい。

でもでも海外では話は違うわけで、
やはりよく行く場所、国で使うホテルも選ばないといけない。
結局、体は一つ。ホテル修行・・・悩むわぁー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業14年目。
法人8期目。小さい会社の代表です。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする