毎年恒例ブラックフライデーも遂に今月末。

今年度の売り上げだけでなく、

来年度の売り上げも・・・ってくらいのビックイベント。

 

この日の為に、仕入れを控えたり、

資金を集めている方も多いのではないでしょうか?

年末商戦へ向け、このイベントは外せない。

割引率50%は当たり前、70%~90%オフも見かけまくります。

 

本来は米国での感謝祭のハズですが・・・

現在では、世界各国で安くなってます。

日本でも「ブラックフライデー」は開催されてますが、

海外の割引率の比じゃないですから。

2017年 日本で開催されるブラックフライデー&サイバーマンデーまとめ。

海外のブラックフライデーにオンラインで参戦できる。

全ての小売店が黒字(ブラック)になる金曜日(フライデー)という事。

米国での感謝際 Thanksgiving Day(サンクスギビングデー)の翌日、

11月の第4金曜日のセールでした・・・が、

 

いつの間にか隣の国カナダにも広がり、世界へ広がり、

現在ではヨーロッパでも、大規模なブラックフライデーセールやってます。

まぁ、私は現地買い付けはやった事が無いので、

クレイジーな現場は見た事無いのですが、

のんびり日本からオンラインで参戦するのが賢い選択。

インターネットが有れば、全世界のセールに参加できますからね。

 

ただ、ブラックフライデーは、WEB上でも激しく安くなり、

「ブラックフライデー=アメリカ」と思っていると機会損失します。

特にアマゾンなんかは、全世界のセールへ参加購入でき、

日本へも直送してくれる商品も多いですから。

とりあえず、Amazon.comくらいはチェックしておきましょう。

 

ハワイやラスベガスも米国って事で、

ブラックフライデーのショッピング狙いで、海外旅行に行く人も多いみたいですね。

アラモアナ・センターに、ワイケレ・プレミアム・アウトレット、ラスベガス・プレミアムアウトレット・・・

とりあえずショッピングモールが近くにあるなら、

行ってみたら良いと思うし、行ってみたいな俺。

 

ちなみに、韓国でも2015年より韓国版ブラックフライデーやってましたが・・・

欧米のものとは意図も違い、日程も異なるので注意。

コリアブラックフライデーセールは、10月1日からの2週間。

政府主導ということも有り、無理やり感・・・割引率も超微妙でした。

 

2017年、アメリカのブラックフライデー開催日と日本時間(時差)。

なんだかんだで、毎年メインで参戦するのは、

本国アメリカのBlack Friday。

米国では2017年は11月24日(金)が、ブラックフライデーとなります!!

 

インターネットを介して、海外のセールに参加するわけで、

時差には注意しなければなりません。

 

アメリカ東部時間でJST-14(マイナス14時間)

太平洋時間でJST-17(マイナス17時間)となっているので、

オンラインショッピングで参入する場合、東部時間で準備しておきまっしょい。

 

マイナス14時間ということで、日本の方が14時間進んでいるわけです。

日本では翌日25日の土曜日(サタデー)が、現地のブラックフライデーとなるわけです。

 

ブラックフライデーの開催日

  • 2017年11月23日(木):感謝祭(サンクスギビングデー)
  • 2017年11月24日(金):ブラックフライデー

ブラックフライデーの日本時間

  • サンクスギビングデー:2017年11月24日(金)14時~
  • ブラックフライデー:2017年11月25日(土)14時~

 

ちなみに、ロンドンとの時差はJST-9(マイナス9時間)

ドイツとの時差はJST-8(マイナス8時間)ですので、

ヨーロッパ参入の方は、併せてお気を付けを。

 

実際に開催時間はショップ毎にも変わり、

セールアイテムも時間で変わるので、

ブラックフライデーの情報は事前に収集して置く必要が有ります。

 

ブラックフライデーは既に始まっている。事前準備の重要性。

ブラックフライデーは、年々開催時期が早くなってます。

Pre-Black Fridayって事で、

1~2週間くらい前から、ポチポチセール始まったりもしてます。

 

日頃からお世話になっているサイトなら、バシバシメールも来るかと思いますが・・・

ブラックフライデーの情報は、事前に調べられますので、

日頃から利用しているサイトだけでなく、新サイトのチェックをオススメします。

※情報サイト→Black Friday 2017: Black Friday Ads, Deals, and Sales

 

限られた時間しかないので、事前に購入予定の商品はモチロン、

購入ショップ、仕入れ先リストは作っておきましょう。

 

メジャーどころだと、ウォールマート、ベストバイとかとかね。

 

ウォールマートは、2016年より、

WEBの特売セール「サイバーマンデー」も「ブラックフライデー」と同じ日に開催。

Walmart to start Cyber Monday deals on Black Friday – UPI.com

従来のサイバーマンデーが前倒しになってます。

 

・・・で、忘れがちなのが、クーポンコードの入力や、

キャッシュバックサイトを経由しての購入。

アメリカなら、Mr.Rebatesを経由する!Ebateを経由する!

イギリスなら、TopCashback.co.ukを経由する!Quidcoを経由する!

私は、度々忘れてます!

 

セールで、テンション上がり、即効購入してしまうパターン。

で、後で気付く。

さらに10%キャッシュバックとか、クーポンでさらに25%オフとか・・・

額が大きいので、普通に数万円違う事も多いです。

 

セールの場合キャッシュバック無効になったり、

クーポン無効になるショップも稀に有りますが・・・稀です。

基本的にキャッシュバックも有効となることが多いです!

とりあえず、経由しておいて損はないですから!

仕入れで得するキャッシュバックサイトまとめ。海外&日本のポイントサイト。

 

キャッシュバック同様、

使うクレジットカードの還元率により、数万円変わります。

なるべく高還元のカードを使いましょう。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

ブラックフライデーに向け、クレジットカードを増やしておく。

今なら、まだ間に合いますから。

 

サイバーマンデーから年末商戦へと続く。資金は使い切らない。

ブラックフライデー後はCyber Monday(サイバーマンデー)

クリスマス商戦中のGreen Monday(グリーンマンデー)

クリスマス直前のSuper Saturday(スーパーサタデー)と、

クリスマスセールも続き、年末へ向け、ずるずると仕入れをする事も多いです。

 

更に年末のクリスマス商戦後には、

ボクシング・デー(Boxing Day)でもセールがありますので、

その時にも、大量に仕入れたりもしますので・・・。

※ボクシングデーは、本来はプレゼント箱(BOX)の意味らしく、

キリスト教関係なので、世界的にセールになります。

その実態は、クリスマス後の処分セール。大安売りの日となってます。

 

ホリデーシーズンの主なセールイベント

  • ブラックフライデー:11月の第4金曜日
  • サイバーマンデー:11月の第5月曜日(ブラックフライデー直後の月曜日)
  • グリーンマンデー:12月の第2月曜日
  • スーパーサタデー:12月の第3土曜日(クリスマス直前の土曜日)
  • ボクシングデー:12月26日

 

ブラックフライデーよりも、それ以降のセールの方が、

更に安くなったりする場合もありますので、余力は残して置いた方が無難です。

 

近年では、ブラックフライデー不参加のショップも増えているので、

年末セールのスタート日という感じでとらえた方が良いかと。

パタゴニアに続き、

2015年度には、アウトドアショップのREIも不参加表明してます。

REI Stores are Closing on Black Friday – REI.com

 

個人的には、ブラックフライデー後の売れ残りセールの方が、

掘り出しものも見つかりやすい傾向にあります。

セール売れ残り品の破格っぷり。

日本人と外国人は価値観も大きく異なるという事。

売れ残り故に、割引率も高く、余裕で買占められる。

とにかくホリデーシーズンはアツいです。

 

ブラックフライデーで、勢い余って資金を使い切る。

利益の取れる価格ばかり目につき、

ついつい限界まで購入しがちですが、

年末年始は、お金が必要な事が多いのも事実。

 

Amazon売上も入金まで数週間かかります。

特に、ヤフーショッピング等のモール系ショップで販売している場合は、

入金サイクルも非常に遅いです。

ヤフ-ケツサイ&ヤフービジネスサービスからの謎の振込。ヤフーショッピングの入金サイクルについて。

たとえ売れまくったとしても、入金迄にかなりのタイムラグが有ります。

 

資金繰りが上手くいかず、クレジットカードの支払いが滞る・・・

なんて事は、くれぐれもしない様に。

 

使える金額、使っても良い金額は、

今のうちに、しっかりと計算しておきましょう。

日頃からMFクラウドで自動経理、キャッシュフローには余裕を持って。

会計ソフトはMFクラウド確定申告。メリット・デメリットと注意点。 

会計業務も年末へ向け、余裕をもってある程度は終えておきましょう。

 

ブラックフライデーで仕入判断基準は甘く。

ブラックフライデーや、大型セールで、

普段仕入れない商品を、仕入れるっていうのは有りだと思います。

儲かる商品なのか?判断する。

新しいジャンルの商品を開拓する。

実際多くの商品を仕入れることにより、多くの商品知識が身に付きます。

 

普段だったら仕入れないと判断する商品を、オフ率にやられて仕入れてみる。

オフ率が高い商品を狙えば、赤字になる事も少ないです。

私の経験上、儲からなかったとしても、トントンくらいで終わってます。

 

オフ率70%なら、最悪オフ率50%くらいの価格で売れるでしょ?

っていう感覚。結構イケると思います。

年末のクリスマスシーズンは、ホント意味ワカラナイくらい売れます。

ありえない欠品も発生するし、ありえない販売価格でも売れる。

前年の完売商品の再確認を忘れずに。貴方だけのデータが役に立ちます。

 

普段よりも、仕入の判断基準を甘くして、大量に仕入れる。

何事も経験です。

 

ブラックフライデー仕入の商品は年内に売り切るべきか?

ブラックフライデーで大量仕入れをして、

年末までに売り切る。

そういった方が、一番多いのではないでしょうか?

 

年内消化できれば、棚卸資産になる事も無く、

余計に税金というお金を、払う必要もありません。

輸入仕入れの売上原価を計算する。棚卸資産の評価方法と在庫管理ソフトの必要性。

 

私の場合、年末売り切りはモチロン、

来シーズン用にも、かなり仕入れをします。

実際、昨年末に仕入れた商品を、今売りまくってます。

 

先を見越した仕入れっていうと、カッコ良さげですが、

これにより、ライバルを差別化できます。

ブラックフライデーで、年内売り切りっていう考えは、

リスクが少ないですが、利益も少ないです。皆同じ考えです。

 

来年度でも売れる商品、価格の下がりにくい商品を、

かなーり安く仕入れる事ができる。

それがホリデーシーズンです。

 

これは資金力や、経験や実績データが無いとできませんので、

輸入ビギナーや転売ヤーと差別化できるワケです。

 

自信のある商品は、翌年度繰り越したり、

自信の無い商品は、年内売り切ったり、

まぁ、やり方も様々。違うから利益が出る。

 

赤字商品は年内売り切りで、損を繰り越さない。

売れない商品をいつまでも持っている事ほど、意味ないです。

不良在庫を抱えるくらいなら、赤字でも年内処分です。

売り切れないなら、手っ取り早く買い取って貰う方法も有ります。

ブランド古着の宅配買取サービス比較まとめ。オススメランキング。

棚卸資産で余計な税金を払って、翌年も売れない。

最悪のパターンは避けましょう。

 

ブラックフライデーだけど円安。仕入れるべきか?

円安だから仕入れない。いい傾向だと思います。

ブラックフライデーで、仕入れても利益出るか不安。

そりゃー毎回不安になるよ為替変動。

 

しかしながら、前年~前々年の120円前後に比べると全然マシ。

仕入れ価格10%~20%減くらい。

しかも、ブラックフライデーからの年末セールのオフ率は、

為替変動どころでは無いです。

海外のセールを、ナメテ貰っちゃぁ困るぜよ。

毎度経験している方なら、わかると思いますが、

まぁ、とにかく安いです。

 

年末に売り切るには、現在の円安はタイミングが悪いですが、

それは、皆同じ事。

円安になればなる程、今後物価は上がります。

それは、誰しもわかっているハズ。

消費者も諦めて、販売価格の上昇を受け入れてます。

利益を出したいなら、仕入れないワケにもいかないんだよ俺。

 

急激に円安になったんで、

年末に向け一気に値段上がるんじゃないかなぁ~。

販売価格も強気の設定です。間違いなく市場価格も上がるし、

ホリデーシーズンは、それでも欠品するんだから。

 

日本のブラックフライデーで転売で、利益を出してる人が居る事実。

2017年 日本で開催されるブラックフライデー&サイバーマンデーまとめ。

海外なら商品数も多くなり、差額も更に大きくなりますので。

 

ちなみに、儲からなくなった商品も、ブラックフライデーで儲かる商品になりがち。

過去のリスト、仕入失敗した仕入リストの見直しをオススメします。

今こそ、あの失敗の経験を活かす時。

 

海外のセールって、ホント、アホみたいに安くなります。

セールに、キャッシュバックに、クーポンで、

卸仕入れ価格なんかよりも、全然安くなったりします。

くれぐれもMr.Rebatesを経由しての購入を忘れずに・・・。