アメリカ大規模セール「ブラックフライデー」「サイバーマンデー」へ向けて

毎年恒例ブラックフライデーも遂に今月末。

日本のセールとはワケが違う、桁違いの割引セール。

対象ショップや商品も非常に多く、オフ率も全然違うわけで、

他のどのセールよりも、気合を入れるべきイベントです。

 

自分の為だけでなく、小遣い稼ぎの転売用に。

かくいう私も、商売のきっかけはブラックフライデー。

年末商戦へ向けて、このイベントも欠かせない。

 

本来は米国での感謝祭のハズですが・・・

現在では、世界各国で安くなってます。

日本でも「ブラックフライデー」は開催されてますが、

海外の割引率の比じゃないですから。

2019年 日本で開催されるブラックフライデー&サイバーマンデーまとめ。

日本から海外のブラックフライデーに参加する

全ての小売店が黒字(ブラック)になる金曜日(フライデー)という事。

本来は、米国の感謝際「Thanksgiving Day(サンクスギビングデー)」の翌日から行われるセールでしたが、

いつの間にか隣の国カナダにも広がり、世界へ広がり、

現在ではヨーロッパでも、大規模なブラックフライデーセールやってます。

現地に赴いて参戦するって人も居るようですが・・・

商品持って帰るのも面倒ですし、のんびり日本から参戦するのが賢い選択。

インターネット経由なら、ショップも巡り放題、

全世界のセールに参加できますからね。

 

「ブラックフライデー=アメリカ」と思っていると機会損失。

例えば、世界のアマゾンでは、

ブラックフライデーセールも国毎にバラバラに行っており、

日本へも直送してくれる商品も多いですから。

とりあえず、Amazon.comくらいはチェックしても良いんじゃないかと。

ブラックフライデー開催日の日本時間(時差)

なんだかんだで、規模が大きいのは本国アメリカのBlack Friday。

2019年は11月29日(金)が、ブラックフライデーとなります!!

毎年第4週金曜日ですが、今年は第5週目の金曜日なので気をつけて。

 

第4週木曜日が感謝祭(サンクスギビングデー)であり、

その翌日にブラックフライデーをやるわけで、

今年の11月は、金曜日スタートなので1週ズレてるわけです。

 

また、日本から参戦する場合、時差にも注意しなければなりません。

海外のセールに参加するわけで、国ごとに開始する日本時間も異なります。

 

アメリカ東部時間でJST-14(マイナス14時間)

太平洋時間でJST-17(マイナス17時間)となってます。

アメリカの場合、東部、中部、山岳部、太平洋と4つのタイムゾーンが有るので気をつけて。

ショップの本社所在地により、開始時刻が異なったりするのですが、

東部時間が多く、早いので、東部時間で準備しておくと間違いないです。

 

マイナス14時間ということで、日本の方が14時間進んでいるので、

日本では翌日土曜日(サタデー)の14時が、

現地のブラックフライデーの開始時刻となるわけです。

 

ブラックフライデー開催日

  • 2019年11月28日(木):感謝祭(サンクスギビングデー)
  • 2019年11月29日(金):ブラックフライデー

ブラックフライデー開始時刻(日本時間)

  • サンクスギビングデー:2018年11月28日(金)14時~
  • ブラックフライデー:2018年11月29日(土)14時~

 

ちなみに、ロンドンとの時差はJST-9(マイナス9時間)

ドイツとの時差はJST-8(マイナス8時間)ですので、

ヨーロッパセールにも参入の方は、併せてお気を付けを。

 

実際のところ、開催時間はショップ毎にも変わり、

セールアイテムも時間で変わったりするので、

ブラックフライデーの情報は事前に収集して置く必要も有りますけど。

ブラックフライデーは既に始まっている

ブラックフライデーは、年々開催時期が早くなってます。

Pre-Black Fridayって事で、

1~2週間くらい前から、ポチポチセール始まったりもしてます。

2019年は、日本のAmazonも1週間早く開始しましたからね。

2019年 日本で開催されるブラックフライデー&サイバーマンデーまとめ。

 

日頃から利用しているサイトなら、案内メールも来るかと思いますが・・・

ブラックフライデー情報をまとめてくれているサイトも有る。

新サイト開拓にも繋がりますので、参考までに。

※参考→Black Friday 2019 : Black Friday Ads, Deals, and Sales

 

限られた時間しかないので、事前に購入予定の商品はモチロン、

購入ショップ、仕入れ先リストは作っておくと当日混乱しません。

メジャー店舗だと、ウォールマート、ベストバイとか。

まぁ、欧米ショップは、基本的にブラックフライデーやってますけど。

定番アメリカショップ

ウォールマートは、2016年より、

「サイバーマンデー」も「ブラックフライデー」と同じ日に開催となりました。

※参考→Walmart to start Cyber Monday deals on Black Friday – UPI.com

 

また、海外の大手百貨店は、日本の住所へ直送も当たり前。

ブランド品やコスメ系も安く手に入れられます。

 

・・・で、忘れがちなのが、クーポンコードの入力や、

キャッシュバックサイトを経由しての購入。

アメリカなら、Mr.Rebatesを経由するのを忘れずに。

Mr.Rebatesの使い方。ショップの探し方とキャッシュバックの受取方法。

 

セールで、テンション上がり、焦って購入してしまうパターン。

で、後で気付く。

さらに10%キャッシュバックとか、クーポンでさらに25%オフとか、

金額が大きくなれば、普通に数万円変わるという・・・

 

セールの場合キャッシュバック無効になったり、

クーポン無効になるショップも稀に有りますが・・・稀です。

とりあえず、経由しておいて損はないですから!

仕入れで得するポイントサイトまとめ。海外&日本のキャッシュバックサイト。

 

キャッシュバック同様、

使うクレジットカードの還元率により、数万円変わります。

なるべく高還元のカードを使いましょう。

仕入れに使うなら、ビジネスカード。

法人カードを比較する。経営者にオススメのビジネスカード。

ビジネスカードを使わなければ駄目な理由も有ります。

法人カード・ビジネスカードの違い。個人向けクレジットカードでは駄目な理由

サイバーマンデー、年末商戦へと続く

ブラックフライデー後はCyber Monday(サイバーマンデー)

クリスマス商戦中のGreen Monday(グリーンマンデー)

クリスマス直前のSuper Saturday(スーパーサタデー)と、

クリスマスセールも続き、年末へ向け、ずるずると仕入れをする事も多いです。

 

更に年末のクリスマス商戦後には、

ボクシング・デー(Boxing Day)でもセールがありますので、

その時にも、大量に仕入れたりもしますので・・・。

※ボクシングデーは、本来はプレゼント箱(BOX)の意味らしく、

キリスト教関係なので、世界的にセールになります。

その実態は、クリスマス後の処分セール。大安売りの日となってます。

ホリデーシーズンセール

  • ブラックフライデー:11月の第4金曜日 ※第4木曜日の翌日
  • サイバーマンデー:11月の第5月曜日 ※ブラックフライデー直後の月曜日
  • グリーンマンデー:12月の第2月曜日
  • スーパーサタデー:12月の第3土曜日 ※クリスマス直前の土曜日
  • ボクシングデー:12月26日

ブラックフライデーよりも、それ以降のセールの方が、

更に安くなったりする場合もありますので、余力は残して置いた方が無難です。

 

近年では、ブラックフライデー不参加ショップも増えているので、

年末セールのスタート日という感じでとらえた方が良いかと。

 

個人的には、ブラックフライデー後の売れ残りセールの方が、

掘り出しものも見つかりやすい傾向にあります。

ブラックフライデー後は、サイバーマンデーの特集サイトもチェック。

Coupons and Deals – Cybermonday.com

 

セール売れ残り品の破格っぷり。

日本人と外国人は価値観も大きく異なるという事。

売れ残り故に、割引率も高く、余裕で買占められる。

とにかくホリデーシーズンはアツいです。

 

ブラックフライデーで、勢い余って資金を使い切る。

利益の取れる価格ばかり目につき、

ついつい限界まで購入しがちですが、

年末年始は、お金が必要な事が多いのも事実。

 

Amazon売上も入金まで数週間かかります。

特に、モール系ショップで販売している場合は、入金サイクルも遅いので、

資金繰りが上手くいかず、クレジットカードの支払いが滞る・・・

なんて事は、くれぐれもないように。

 

使える金額、使っても良い金額は、

日頃から、しっかりと計算しておきましょう。

クラウド会計で自動仕分けがラクです。

クラウド会計ソフト「マネーフォワードクラウド」「freee」「やよいの青色申告オンライン」の比較と違い。

海外のブラックフライデーまとめ

海外のセールって、ホント、アホみたいに安くなります。

セールに、キャッシュバックに、クーポンで、

卸仕入れ価格なんかよりも、全然安くなったりしますので。

くれぐれもMr.Rebatesを経由しての購入を忘れずに・・・。

 

50%OFFとか70%OFFとか、90%OFFもゴロゴロ有るわけで、

セールの文化も日本のそれはちょっと違う。

自分の為に購入したつもりが、意外と高く売れてしまったり。

勢いで買って微妙だったら、売ってみるのも良いんじゃないかと。

今は、メルカリ、ラクマ、PayPayフリマ・・・と、

個人間売買も当たり前、スマホ一つで簡単に売れますからね。

 

商売で仕入れる場合、売るタイミングも重要。

皆さん考えることは同じなので、

人よりも早く売れないなら、無理して売らないという方法。

オフシーズン商品も半年寝かせれば、オンシーズン商品ですからね。

 

まぁ、商売でやっていると、棚卸資産にも気を配らないとイケないわけで、

売り切ってしまいたい事情も有るんですけどね。

3 Comments

アメリカブラックフライデー

目からうろこの情報が満載ですね!日本で参戦するアメリカのブラックフライデーという視点が面白く、とても役に立ちました。特にNordstromやTARGETなど、日本へのシッピングがあることは初耳です!グリーンマンデー、スーパーサタデーなど、アメリカ在住ですが知りませんでした。笑 貴重な情報ありがとうございます。

返信する
ライアン田楽

有益な情報でありがたいですが、日本のブラックフライデーの開始時刻の欄の日付が、一週間繰り上がって表示されてるようですョ。
(2019/11/25時点)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です