個人事業主におすすめのクラウド会計ソフト。マネーフォワードクラウド、freee、やよいの青色申告オンラインの比較。

会計ソフトは、クラウド会計の時代。
確定申告も近くなり、期末に会計ソフトと格闘する。
自動記帳で、そんな事も無くなります。

クラウド会計を使って気づいたメリット・デメリット。インストール型会計ソフトとの違い。

クラウド会計の先駆けの「freee」、
資産管理の「マネーフォワードクラウド」、
会計ソフト大御所の「やよいの青色申告オンライン」。

クラウド会計の普及とともに、料金プランも変わりまくっているので、
今一度、各社の特徴をまとめておきます。

目次

クラウド会計3社の料金プラン

freee(フリー)

運営元:freee 株式会社(旧CFO株式会社)
2013年3月に全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」をリリース。
元グーグル社員の佐々木大輔氏が立ち上げた、クラウド会計の先駆け。

クラウド会計知名度はNo.1であり、企業向けクラウド会計シェアもNo.1。
freee独自の入力方法で、簿記の知識が無くとも使えるってのが長所であり短所でも有る。

freeeの料金

スクロールできます
スタータースタンダードプレミアム
月額(税込)1,298円2,618円
年額(税込12,936円26,136円43,780円
サポートメール
チャット
メール(優先
チャット(優先
電話サポート
税務調査サポート補償

メール(優先
チャット(優先
乗換代行サービス
無料期間30日間30日間30日間
請求書作成可能可能可能
メンバー追加不可3人まで無料3人まで無料
消費税申告不可可能可能
消費税集計不可可能可能
達人連携不可可能可能
レシート
スキャン仕訳
月5枚まで可能可能

料金プランは、3段階有りますが、
機能面での違いは、スターター(年額12,936円)では、
メンバー追加ができず消費税申告(消費税集計)ができないこと。
消費税の課税事業者なら、スタンダードプラン以上を選ぶしかない。

料金プランにより、サポート対応も異なり、
スターターよりも、スタンダードの方がメール&チャット返信が早くなり、
プレミアムになると、導入サポート電話サポート税務調査サポート補償も利用可能となる。

ただ、サポートの差で年額43,780円も払うなら、スタンダードの年額26,136円で良いかなと。
税務調査サポート補償は、税務調査時の税理士費用を50万円まで補償してくれるモノ。
保険みたいな特典なわけで・・・会計ソフトの目的とも違うと思いました。

freeeは、会計だけでなく、請求書作成や経費精算機能も有りますが、
給与計算やマイナンバー管理は「人事労務ソフト freee」で別料金となっています。
人事労務freeeは、一番格安なベーシックで月額3,980円~。こちらも安くは無いですので。

freee最大の難点は、2022年2月に楽天銀行のAPI連携サービスが終了となってしまったこと。
楽天銀行を使っているなら、freeeで自動取り込みできません。

マネーフォワードクラウド確定申告

運営元:株式会社マネーフォワード
資産管理・家計簿アプリでお馴染み「マネーフォワード ME」を運営する企業。

2014年2月にマネーフォワードクラウド(旧 MFクラウド)をリリース。
freee直後にサービス開始、freeeのライバルである事も間違いない会計ソフト。
freeeとは違い、従来の振替伝票形式で入力するスタイルとなっています。

マネーフォワードクラウドの料金

スクロールできます
パーソナルミニパーソナルパーソナルプラス
月額(税込)1,078円1,408円
年額(税込)10,560円12,936円39,336円
サポートメール
チャット
メール
チャット
メール
チャット
電話
無料期間1ヶ月
請求業務書類作成のみ
取引先上限15件
全て利用可能全て利用可能
メンバー追加不可可能
※制限なし
可能
※制限なし
消費税申告不可不可不可
消費税集計不可可能可能
達人連携不可可能可能
各種レポートキャッシュフロー
レポートのみ
可能可能
経費精算
給与計算
勤怠管理
マイナンバー
可能可能可能

個人事業主向けの「マネーフォワードクラウド確定申告」は、
会計以外の、給与計算、請求書作成、経費精算、勤怠管理、マイナンバー管理・・・
オプション機能も全て含まれた料金プランとなっています。
会計ソフトの料金だけで、全ての機能が使えるのです。

料金プランは、パーソナルミニ、パーソナル、パーソナルプラスの3種類。
ただ、一番安いパーソナルミニでは、消費税集計機能が無いので、
こちらも消費税の課税事業者は、パーソナルプラン(年額12,936円)を選ぶ事になる。

パーソナルプラス(年額39,336円)は、料金が一気に高くなりますが、
機能的な面ではパーソナルと変わず、電話サポートが増えるくらい。

パーソナルミニ(年額10,560円)と、パーソナル(年額12,936円)の差額が少なく、
パーソナルで、ほぼ全ての機能が使えるわけで、
マネーフォワードクラウドの方が、freeeよりコスパが高いのです。

やよいの青色申告オンライン

運営元:弥生株式会社
会計ソフトといえば弥生。会計ソフトのシェア率No.1
私も起業した当初はパッケージ版の「やよいの青色申告」を使っていました。

2014年10月に「やよいの青色申告オンライン」を提供開始。
クラウドではないパッケージ版「やよい青色申告」と、ほぼ同じ料金となっています。

やよいの青色申告オンライン

スクロールできます
セルフプランベーシックプラントータルプラン
月額(税込)
年額(税込)8,800円
初年度無料
13,200円
初年度6,600円
22,000円
初年度11,000円
操作
サポート
不可メール
チャット
電話
メール
チャット
電話
画面共有
サポート
不可可能可能
業務相談不可不可可能
無料期間1年間無し
※初年度半額
無し
※初年度半額
メンバー追加600円/1人1,000円/1人1,600円/1人
消費税申告可能可能可能
請求書Misoca連携
※月間5通無料
Misoca連携
※月間5通無料
Misoca連携
※月間5通無料

他クラウド会計とは違い、やよいの青色申告 オンラインは、
年間契約のみで、料金プランでの違いはサポート対応のみ。
使える機能は一緒なので、全てのプランで消費税申告も可能です。

サポート要らないならセルフプラン(年間8,800円)は格安であり、
初年度無償キャンペーンも実施中、最初の1年間は無料で使えるのも良い。

ただ、パッケージ版の「やよいの青色申告」とは操作方法が全く異なり、
「やよいの青色申告オンライン」では、出納帳入力伝票入力もできません。
良くも悪くもfreeeみたいなシステム。簿記分からなくても良いってやつ。

パッケージ版の「やよいの青色申告」って、よくできた会計ソフトであり、
圧倒的なシェアを誇る青色申告ソフト。
複式簿記を理解して入力したいなら、パッケージ版のが良いかなと。
クラウドに抵抗がある人にもおすすめ。Windowsユーザー限定ですけど。

パッケージ版「やよいの青色申告」って、あんしん保守サポートの無料特典が付いてるので、
「やよいの青色申告」も「やよいの青色申告オンライン」も、実は年間料金は全く同じなのでした。

デスクトップ版「やよいの青色申告」とクラウド版「やよいの青色申告オンライン」の違い 

オンライン版とパッケージ版の違い

スクロールできます
やよいの青色申告
オンライン
(クラウド版)
やよいの青色申告
(デスクトップ版)
セルフプラン8,800円
初年度無料
初回購入費:13,200円
更新料:8,800円
(あんしん保守サポート)
ベーシックプラン13,200円
初年度半額(6,600円)
初回購入費:13,200円
更新料:13,200円
(あんしん保守サポート)
トータルプラン22,000円
初年度半額(11,000円)
初回購入費: 22,000円
更新料: 22,000円
(あんしん保守サポート)
対応パソコンWindows、MacWindows
対応スマホiOS、Android
利用端末数制限なし2台のPCまで
データ保存先クラウドPC、クラウド
※あんしん保守サポート加入
オフライン入力不可可能
消費税申告
不動産所得申告
可能可能
農業申告不可不可
かんたん取引入力
仕訳帳入力
可能可能
出納帳入力
伝票入力
不可可能
スマート取引取込
口座自動連携ツール
可能一部金融機関のみ
※あんしん保守サポート加入

また、弥生には、白色申告特化の「やよいの白色申告 オンライン」も有りますので、
白色申告事業者なら完全無料で使う事も可能です。
こちらも有料版との違いは、サポートの違いのみ。確定申告書も無料で作成可能です。

やよいの白色申告オンライン

スクロールできます
フリープランベーシックプラントータルプラン
月額(税込)
年額(税込)無料8,800円
初年度半額(4,400円)
15,400円
初年度半額(7,700円)
操作サポート不可メール
チャット
電話
メール
チャット
電話
画面共有サポート不可可能可能
業務相談不可不可可能
確定申告書の作成可能可能可能

平成26年以降、白色申告者も記帳が義務化となりましたからね。
まぁ、白色申告で記帳するなら、私は青色申告事業者になった方が良いと思いますけども。

クラウド会計を選ぶポイント

API連携対応の金融機関数

銀行法改正によるAPI公開(オープンAPI)の動きが有り、
フィンテック事業者と銀行のWinWinな関係を構築・・・
という建前はさておき、このオープンAPI推進により銀行とフィンテックの契約義務化で、
クラウド会計や家計簿アプリの対応金融機関が減っています

代表となる例が楽天銀行。
2022年2月には、freeeが楽天銀行の自動取り込みが利用不可能となりました。
※マネーフォワードクラウド、やよいの青色申告オンラインは、楽天銀行と連携可能です。

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は楽天銀行との間で行っている参照系のAPI※を活用した法人口座・個人ビジネス・個人口座の利用明細の自動取り込みについて、2022年2月24日(木)17時頃をもって停止することをお知らせします。

freee会計と楽天銀行のAPI連携契約満了に伴う 口座明細の自動取り込み停止のお知らせ | プレスリリース | corp.freee.co.jp

銀行が未対応ってなると、銀行に紐づくクレジットカードの決済仕訳も上手く機能しなくなるので・・・
クラウド会計を使う意味が無くなってしまうのです。

楽天銀行って日本でもトップクラスのネット銀行。
freeeの改悪は、控えめに言っても致命的なのでした。

個人事業主にオススメのネット銀行。他行宛て振込手数料の比較。

金融機関とのデータ連携精度

クラウド会計として、何よりも重要なのが、
対応する金融機関、クレジットカード数・・・ではなく、
データの取り込み精度、同期エラーが出ないこと。

2018-05-28_06h35_29

この点、freeeとマネーフォワードは問題無いのですが、
やよいの青色申告オンラインは、ちょっと微妙でした。

弥生では「MoneyLook」→「YAYOI SMART CONNECT」という、
外部サービスと連携をして、データを取り込むという事。
毎度、ログイン→同意も求められ、同期もモッサリしています。

2018-05-28_06h30_29

金融機関側のシステム変更で、しばらくエラーも有ったり、
口座連携できなくなることも多いのです。対応も他社に比べて遅い。

2018-05-28_06h32_08

やよいの青色申告オンラインでは、データ連携に対応するサービスも少なく、
Eコマースや、アフィリエイト、クラウドソーシング系サービスも未対応。
freeeやマネーフォワードに比べると、データ連携できるサービス数でも劣るのです。

データ入力方法

クラウド会計は、いずれも似たような仕組みですが、
実際の使い勝手、データ入力方法が全然違います。

freeeは、簿記を知らなくても使える会計ソフトという事で、
従来の会計ソフトとは、使い方が全く異なります。
税務知識が無い人でも使えるという事が、簿記を知っている人にとっては仇となっている。
「補助科目」という言葉も有りませんからね。

freeeとマネーフォワードクラウドを徹底比較。両方使って気付いた大きな違い。

やよいの青色申告オンラインも、freeeと同じような入力システムを採用。
インストール版で可能だった、出納帳入力、伝票入力が不可能となっており、
操作方法も全く異なります。そして、freeeと比べて使い勝手が微妙。

一方、マネーフォワードクラウドは、従来の会計ソフトにクラウド機能を付与
お馴染みの振替伝票入力も可能なわけで、
他会計ソフトを使った経験が有るなら、マネーフォワードが使いやすい。
手入力仕訳が有る場合も、マネーフォワードが早いです。

簿記が分からない人は、freeeとやよいの青色申告オンラインだけど、
逆に分かるなら、マネーフォワードクラウドがスムーズですね。

シェア率の推移

会計データという重要なデータ、
サービスが廃れたり、サービス内容が変わっても困るわけで、
なるべくなら皆が使っている会計ソフトを使いたい。
で、現時点での個人シェアトップは、弥生がダントツです。

クラウド会計利用状況調査

  • 2019年:弥生(57%)>マネーフォワード(21.5%)>freee(18.2%
  • 2020年:弥生(56.7%)>freee(21.1%)>マネーフォワード(16.8%

※参考→クラウド会計ソフトの利用状況調査(2020年4月末) ≪ プレスリリース | 株式会社MM総研

さすが弥生といいたいところですが、
無料で使える「やよいの白色申告 オンライン」も含まれますので・・・
クラウドのみのシェアとなると、freeeとマネーフォワードクラウドの2強です。

2018年までは、マネーフォワードが強かったのですが、
2019年5月に、マネーフォワードクラウドの料金プラン変更→大幅値上げ、
これが大不評で、マネーフォワードとfreeeのシェア比が逆転となりました。
この影響も受けて、2020年6月にマネーフォワードクラウドは、
現在の料金プランへ改定→実質の値下げとなっています。

2022年2月には、freeeは楽天銀行との連携ができなくなったので、
これから使うなら、マネーフォワードクラウドを選ぶ人が多そうですね。

ちなみに、法人のクラウド会計のシェアは、freeeがシェアNo.1。
法人freeeは、個人向けfreeeとは違い、一括入力もできるし、
クラウド会計対応の税理士も、freeeの方が多い気がします。

小規模法人におすすめクラウド会計ソフト。freee会計、マネーフォワードクラウド会計、弥生会計の比較。

クラウド会計の比較まとめ

3社クラウド会計を試して思うのは、
同じクラウド会計でも、対象ユーザーが違うなと。

会計初心者ならfreee
シェアを占める事により、freeeの仕訳も一般的となっているわけで、
会計ソフトの常識も変わりつつある。

ただ、従来の会計ソフトの知識が有るなら、
間違いなくマネーフォワードクラウドが使いやすい。

マネーフォワードクラウドは、全ての機能が使えて12,936円(パーソナルプラン)。
freeeの26,136円(スタンダードプラン)と比べて値段も半額以下。
freeeでは、楽天銀行の取り込み不可能となったのも痛いですね。

freeeでは、消費税対応となると倍以上の料金になるので、
消費税の課税事業者(年間売上1,000万円以上)なら、ほぼマネーフォワードクラウド一択。

クラウド会計の料金比較

スクロールできます
freee
スタンダード
マネーフォワードクラウド
パーソナル
やよいの青色申告
セルフプラン
年額(税込)26,136円12,936円8,800円
初年度無料
消費税集計可能可能可能
サポートメール
チャット
メール
チャット
不可
メンバー追加無料
※有料
無料
※制限無し
有料
1人あたり600円

やよいの青色申告オンラインも、freeeと同じく初心者向けなんだけども、
データ連携とUI(使い勝手)が、freeeに比べてお粗末。
従来のデスクトップ版とも操作方法は違うので、やよい選ぶなら歴史有るデスクトップが良いかなと。

デスクトップ版「やよいの青色申告」とクラウド版「やよいの青色申告オンライン」の違い 

いずれにせよ、クラウド会計は、まだまだ発展途上のサービス。
私が感じた情報が、既に古い可能性もあります。
どのサービスも無料体験ができるので、まず体感してみる事をオススメします。

【30日間無料】freee(フリー)

【1ヶ月間無料】マネーフォワードクラウド

【初年度無料】やよいの青色申告 オンライン

誰が何と言おうと、実際に使ってみた方が早い。
使えないなら、無料のウチに辞めれば良いだけ。

やよいの青色申告を使っているから、やよいのクラウド会計に移行する。
そんな安直な考えは、ブン投げて。とりあえずやってみる。
会計ソフトを見直す為の、良い機会です。

P.S.
日本で商売するなら、日本の課税システムへの理解も必須。
知らないと、後から来る税金にも苦しめられる。

個人事業主が払うべき税金と保険料の全て。税金の種類と税率の計算方法。

確定申告で終わりでは無く、申告を元に税務調査が有りますので。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメント一覧 (5件)

  • やはりそうかという感じでした
    大変参考になりました
    大変助かりました
    ありがとうございました

  • 説得力があり、とても参考になりました。
    比較の仕方がいいですね 。scansnapを持っているのでそれを活用できる会計ソフトを探していますがMFで試してみようと思います。

  • すごいわかりやすかったです。

    大変助かりました。
    本当にありがとうございました。

コメントする

目次
閉じる