作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

仕事用の机を、探し続けて早1年。

私には、仕事用デスクに譲れない条件がありました。

仕事用デスクの譲れない条件

  • 作業スペースが広い。
  • 天板は厚め。しっかりとした強度。
  • シンプルなデザイン。
  • テーブル下の補強板(仕切り)は無い方が良い。
  • 天板の高さが65~70cm
  • とにかく値段が安いという事。

そんな中、遂に理想の机を見つけました。

ニトリのリビング用のテーブルですが・・・何か?


和モダンな雰囲気のダイニングテーブル(アケビ 150 DBR2) ニトリ 【配送員設置】 【5年保証】

 

PCデスクや、オフィスデスクでは、見つからず、

ダイニングテーブルに行き着いたわけですが、

名称なんて、何でも良いです。

かなり気に入っている、作業用オフィスデスクです。

ダイニングテーブルをデスクへ

気に入り過ぎの為、ダークブラウンとナチュラルの2色買いです。

・・・説明します。

デスクのサイズが大きいという事は、作業が非常に捗るという事。

パソコンデスクやオフィスデスクで検索しても、

小さいサイズの机しか見つかりません。

有ったとしても、長細いデザインばかりで、天板も薄め。

 

液晶ディスプレイが大型化している現代、横サイズだけでなく、

奥行というのは非常に重要だと思う。

 

パソコンを使う時の理想の姿勢を見つけました。

KS000263

※参照→パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 : 富士通

 

ディスプレイまでの距離が40cm以上が理想・・・

私は27型がメインなので・・・60~70cmの距離は欲しいよね?

一般的なデスクの奥行60cmでは、本気で厳しいです。

奥行70cm以上は必要です。

モニターアームを使えば、ディスプレイだけ奥に設置したりもできるけどね。

 

ダイニングテーブルは奥行も有るので、ディスプレイを良い感じで設置できます。

今回購入したのニトリダイニングテーブルは、奥行85cm。

10~20cmディスプレイに奥に設置するだけで、

目の疲労感の軽減は、ハンパ無いです。

※まぶたがピクピクする方、ブルーライト軽減のメガネも使いましょう。

目の疲れ、まぶたがピクピクする・・・。PC用メガネを!!

 

奥行があれば、もちろん作業スペースも断然広くなる。

IMG_8863

書類が散らばったって大丈夫。

そのまま検寸とか、梱包とかもできる勢いです。

 

もちろん、4~6人用は横幅も広いので、

横並びでも、2人で余裕です。

IMG_8590

こちらは、カラー「ナチュラル」ね。

マルチディスプレイ環境には、天板の強度も必要だという事。

PCモニターを複数枚置くので、30kg位は、常にデスク上にあるわけです。

パソコン本体置いたら、もうヤバいですね。

 

以前使っていた、オフィスデスクは耐荷重40kgだったので、

1年弱の使用で天板が、かなり歪んでしまいました。汗

 

しっかりとした強度の有るデスクを購入するとなると、やはりそれだけで高い。

しかも、素材がスチールとか、デザインもイマイチ。

 

オシャレな天板ガラスの机は、エルゴトロンアーム使えないし、

少しでも洒落っ気のある木のデスクなら、超高いし、

なによりサイズが小さい。

 

それに引き換え、ニトリのダイニングテーブルは造りが非常にしっかりとしてます。

天板の厚さは、ごく厚の5cm

ディスプレイアーム固定したって、へっちゃらです。

IMG_8595

テーブル上に乗っても、ビクともしない重厚感。

デスク自体の重さも、全然違いますからね。

デザインはシンプルが一番。不要な機能は要らないという事。

私は、机の上も広く使いたいので、棚とか不要なものは一切要りません。

モニターアームを設置したいので、マジで要りません。

コンセントとか、キャビネットも別売りの方が、融通効きますから。

 

コンセント、キャビネット、収納棚、コード穴、

天板がカーブしていたり、L字だったり、ガラスだったり、

オフィスデスクは高くて、その分不要な機能も多いという事。

 

要らない機能も多く、金額べら高い。

イームズのデスクとか欲しかったんだけど・・・・

高すぎるし、サイドキャビネットとかも要らないし。

頑丈でシンプルが一番。

必要なものは、別途購入した方が、色々選べて良いからね。

ダイニングテーブル下の足元には、意味不明な仕切りが無いという事。

一般的な机にありがちな、側面とか足元が板で塞がれているデザイン。

ダイニングテーブルなら、基本的に足元スッキリで、側面も空いてます。

IMG_8593

 

デスク下に仕切り板がないので、天板下に収納しても操作もできる。

プリンタ2台収納しても余裕です。

IMG_8853

 

側面の仕切りも無いので、PCの配線も楽々です。

IMG_8851

延長コードとかも巻き付けて固定できます。

足元が空いているので、デスク特有の圧迫感も無くて良い。

天板の高さは低い方が良い。首や肩が凝り難いという事。

天板が高いとディスプレイの位置も高くなり、

縦設置のディスプレイや、横二枚を縦に並べて設置すると、

ディスプレイ位置が高くなりがちです。

 

富士通の画像の再登場です。

KS000263

※参照→パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 : 富士通

画面は目線よりも下に設置するのが理想

マルチディスプレイでやりがちな、目線よりも高い位置のディスプレイ設置。

私は27インチを、上下に並べて設置しているので、

エルゴトロンで、縦デュアルの注意点。27型は、LXエクステンション 45-289-026が必要!?

どう頑張っても上のディスプレイは高い位置になる。

上のディスプレイを見続けると、凄い首が痛くなります。

 

更に中央には、27インチの液晶を縦設置しているので、

やはり、高い位置に目線が行く事が多い。

目線よりも高い位置のディスプレイは疲れます。

 

デスクの天板が低くなるという事は、ディスプレイの位置が下がり、

目線も低くなるという事。

マジで首の痛みは軽減しました。

肘の角度は90度以上開くのが理想

文字を打つことが多くなって、困ったのが肩こり。

肘の角度は90度以上推奨で、

腕は椅子の肘掛に乗っけるくらいの方が良いという事。

今までのデスクでは、天板高さ70cmと、ちょっと私には高かった。

ダイニングテーブルは、一般的なデスクより天板高さが低めの物が多く、

今回購入した、ニトリのテーブルの天板高さは66cmと、かなり良い感じでした。

 

特に小柄な日本人には、ダイニングテーブルくらいの高さの方が良いと思う。

65~70cm推奨ですからね。

ダイニングテーブルを仕事用の机として利用する。注意点とデメリット。

上述したように、ダイニングテーブルは、

一般的な机(デスク)と比べ、天板が低めな事が多いです。

 

私が以前使っていた机は、天板下の高さ67.5cmでしたが、

ニトリのテーブルで、天板下の高さが、61cm(天板上の高さは66cm)となったため、

アームが引っかかって、デスクにしっかりと収納できません。

IMG_8588

エルゴヒューマンの椅子の肘掛では、先っちょでひっかかる。


メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ オットマン内蔵型 Ergohuman Pro Ottoman EHP-LPL KM-11 ブラック EHP-LPL-KM-11

 

腕は椅子の肘掛で支えるのが理想なので、

机よりも肘掛が高くなるのは必然。

仕方ないといえば仕方ない。

 

あと注意点としては、

「ディスプレイアームを固定できるか?」という事。

ダイニングテーブルに限らず、これは非常に重要です。

 

今回のニトリのダイニングテーブルの場合、

横側(短い方)には、天板下の奥の方が凹んでおり、

エルゴトロンのアームを取り付けた場合、固定部分が若干が浮いてしまってます

IMG_8857

※モニター軽いの使ってるんで、私は気にしませんが・・・非推奨です

 

前後側(長い方)には、その凹み部分に補強の板の出張りがあるので、

クランプ式のアームでは、奥まで入らず取り付けが不可能でした。

IMG_8860

 

が・・・しかし。

たまたま家に有った、かまぼこ板が丁度の厚さだったため。

かまぼこ板を挟んで、事なきを得ました。

IMG_8854

手前に板を挟んで、奥の高さに合わせた感じ。※非推奨

 

アームを付ける事を想定している場合は、

デスク天板下の造りにも、気を配りましょう。

ダイニングテーブルのメリットを考えれば、デスクとしての利用は全然有り。

ダイニングテーブルを、オフィスデスクとして使う事。

個人的には、かなりの抵抗があったのですが・・・ホント先入観でした。

名称なんて気にしなければ、選択肢が広がったという結論。

別に、ニトリに限ったことじゃないから。

テーブルのくくりで、色々と探してみたら良いと思う。

 

オフィスデスクとダイニングテーブルを比べると、

同じ価格帯では、ダイニングテーブルの方が丈夫で安い

サイズも、ダイニングテーブルの方が奥行が有り、何より大きい

最近は、マルチディスプレイや、4Kディスプレイも当たり前ですからね。

なるべくディスプレイからは離れた方が良い。

もちろん、ディスプレイサイズにも依りますけど。

仕事用のモニターサイズに悩む。4K大画面1枚とマルチディスプレイとの違い。

IMG_0539

また、長時間デスクワークをするなら、スタンディングデスクも視野に入れて。

ただ、立つ姿勢が良いってわけではないので、勘違いしないように。

スタンディングデスクを導入して気付いたデメリット。

 

立つのが良いわけではなく、座り続ける事が悪いってこと。

スタンディングデスクというよりも、昇降デスクが一番便利。

今では、ニトリのテーブルも改造しちゃってます。

大型昇降デスクをFlexiSpotで自作してみた。電動式スタンディングデスクのメリット・デメリット。

IMG_6171

 

腰痛持ちは、立てば良いってわけでも無いから気をつけて。

机よりも、最初に揃えるべきは自分に合った椅子。

ただ、デスクよりも、オフィスチェア選びの方が難易度は高い。

私は、アーロンチェア以外ダメでした。

アーロンチェア ライト購入レビュー。エルゴヒューマン、バロン、ハラチェアーとの比較。

 

まぁ、こだわればキリもないんですけど、

ホント自宅労働のチリは積もるから。

いつまでも有ると思うな健康な体。

お金も、体も、余裕のあるうちに。

3 Comments

質問

はじめまして。
ニトリのデスクの耐荷重を調べて検索していたらこのサイトの記事がみつかりました。
ニトリのデスクの購入を検討していたのですが、自分の場合も耐荷重は結構重要なのでニトリのHPにはそのことの記載のないものがほとんどで電話で問い合わせたところ記載のないものは一般的なレベルですとの回答がありました。そこででは一般的な耐荷重のレベルとはという質問をしたら一般的は一般的ですとなんとも答えになっていない答えのまま話が進まず検討を断念しようかとも考えながらネット検索をかけたところ参考になりそうな記事を見つけ何とかご回答いただければと思い問い合わせをさせていただきました。
今回の質問はニトリのテーブルまだ使用しているとすると2年以上たつわけですが、その使用感を教えていただければと考えています。十分な耐荷重かつ耐用性があれば改めて検討したいと考えております。
お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。

返信する
KJ Shintani

私が使っているのは、あくまで上記のダイニングテーブルなので・・・
ニトリデスクとは異なるという事は前提で。

私は、PCデスクとして、現在も利用しており、
一つ増やし3個のダイニングテーブルを利用してます。

主に重量の有るPC機器を乗せて使用していますが、
常時20~30kgくらい載せているくらいでは特に問題も無いようです。
天板もブ厚いので、ギシギシするような事も有りません。

ちなみに、楽天等で販売されているペラペラデスク(天板25mm)でも、
耐荷重40kgとなってます。
私はこれに40kgも乗せてませんでしたが・・・
1年も経たず、ものすごい歪んでしまいました。

それに比べれば、
現在利用しているダイニングテーブル(ニトリ)は頑丈です。
天板の構造も、板の厚み、重量も全然違います。

いずれにせよ、私も責任は負えませんので。
不安なら実物を見て、強度を確認しに行く事をオススメします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です