法人のクラウド会計「freee」「マネーフォワードクラウド会計」「弥生会計」比較

法人クラウド会計の比較

個人事業主から法人化したので、

会計ソフトも、個人用から法人用へ変更しました。

 

会計ソフトは、一度決めたら変更するのも中々面倒だし、

囲い込まれても嫌だな・・・って事で悩みました。

個人の会計ソフトよりも値段も高くなるわけで、

やっぱり、選ぶならクラウド会計でした。

 

クラウド会計で、自動データ反映が当たり前の時代、

小規模法人なら尚更、

敢えて高額なインストール版を選ぶ理由も無いです。

法人クラウド会計3社の比較

クラウド会計は大手3社がシェアを占めますが、

個人と法人では、料金プランが全く異なります。

個人事業主のクラウド会計「マネーフォワードクラウド」「freee」「やよいの青色申告オンライン」比較 

 

法人プランは、個人プランよりも値段が高額になり、

使える機能、サービスも異なります。

ただ、法人向けの料金プランは、基本的に企業の規模に比例しているので、

小規模法人の場合なら、一番安いプランで良いと感じました。

freee(法人)

クラウド会計の先駆けといえば「freee」。

2017年1月には、法人税申告書を作成できるようになり、

決算申告書の作成、電子申告もfreeeで処理できるように。

一瞬で定款作成できる「会社設立freee」や、

給与計算ソフト「人事労務freee」も有り、

士業泣かせのサービスに発展しつつあります。

freee法人プラン

ミニマム ベーシック プロフェッショナル
月額料金 2,380円+税 4,780円+税 47,760円+税
年額料金 23,760円+税 47,760円+税 477,600円+税
機能 記帳機能
決算書作成
見積・請求・納品書作成
ミニマムプランの全機能
請求書の定期・一括請求機能
従業員の経費精算機能
ワンクリックで振込
レポート機能
ベーシックプランの全機能
予実管理機能
プロジェクト会計
より複雑な部門設定
より複雑な申請経路の設定
サポート チャット
メール
チャット
メール
電話
利用人数 3人まで無料
※上限3人まで
3人まで無料
※上限なし
※1人につき300円/月
10人まで無料
※上限なし
※1人につき500円/月
消費税申告 可能

ミニマムプランとベーシックプランの違いは、専門ツールの違い。

電話サポートは上位プランのみですが、

主たる会計機能は変わらず、ミニマムプランで消費税申告も可能。

小規模法人であれば、年間23,760円+税のミニマムプランで問題無い。

 

法人向けのクラウド会計ソフトで圧倒的なシェアを誇り、

2017年8月の調査ではシェア32.3%となっています。

※参照→クラウド会計ソフトの法人導入実態調査 « ニュースリリース | 株式会社MM総研

 

シェアを占めるという事は、freee対応税理士も多いという事。

わかりやすいUI(入力画面)で、経理に自信のない法人代表者にも分かりやすい。

 

2019年には、ライバルのマネーフォワードクラウド会計が値上げとなったので、

法人のクラウド会計ソフト単体なら、freeeが一番コストパフォーマンスが高い。

私もマネーフォワードクラウド会計から乗り換えました。

マネーフォワードクラウド会計

複式簿記の知識があるなら「マネーフォワードクラウド会計」。

freeeとは異なり、会計ソフト従来の入力方法を踏襲しているので、

会計ソフトに慣れている人は、こちらのほうが使いやすいかなと。

freeeとマネーフォワードクラウドを徹底比較。両方使って気付いた大きな違い。

 

2019年には、経理以外の機能もセットとなり、

請求書作成、経費精算、給与計算、社会保険、勤怠管理、

マイナンバー管理・・・と、全ての機能が付与されました。

ただ、その代わり料金は2倍に上がってしまったので、

会計ソフトだけ求めている人には割高になってます。

マネーフォワードクラウド会計プラン

スモールビジネス ビジネス
月額 3,980円+税 4,980円+税
年額 35,760円+税 59,760円+税
サポート メール
チャット
電話
電子証明書連携ソフト 不可 可能
部門数 2部門 無制限
利用人数 無制限
達人シリーズ連携 可能
消費税集計機能 可能
請求書作成メンバー 3名まで 無制限
仕訳入力制限 設定不可 設定可能
取引No.振り直し 不可 可能
ストレージ容量 100MB 10GB
総合振込明細単位取得 不可 可能

 

プランでの主な違いは、取引No.振り直し、仕訳入力制限、登録部門数、請求業務・・・

料金プランでサポート対応の違いは無く

給与計算、経費精算、社会保険事務、勤怠管理機能も、全てのプランで使えます

こちらも一般的な経理業務なら、

一番安いスモールビジネスプラン(年間35,760円+税)で問題無いかなと。

 

マネーフォワードクラウド会計では、法人の決算申告書は作成できませんが、

達人シリーズへの連携や、消費税集計機能は有ります。

そもそも法人の時点で、決算申告も税理士にお願いしているとも思いますので。

弥生会計オンライン

会計ソフトのシェアNo.1の弥生ですが、

弥生会計オンラインは、法人クラウドでのシェアは3番手となります。

 

インストール版「弥生会計(スタンダード)」がベースとなっていますが、

クラウド版の取引入力では、出納帳入力と伝票入力は不可能

また、インストール版「弥生会計」は、個人の確定申告にも対応していますが、

クラウド版「弥生会計クラウド」は、

法人決算にのみ対応、法人専用サービスとなってます。

KS003813

 

弥生会計オンラインは、サポートの有無で料金が変わり、

セルフプラン(年間26,000円+税)でも会計機能は変わりません

また、会計以外の機能は付いておらず、

給与計算、販売管理、請求ソフト等は、全て別サービスとなってます。

弥生会計オンラインのプラン

セルフプラン ベーシックプラン
月額料金
年額料金 26,000円+税
初年度無料
30,000円+税
初年度半額(15,000円+税)
サポート 無し 電話
メール
チャット
画面共有サポート
業務相談 無し 仕訳相談
経理業務相談
消費税改正業務相談
マイナンバー相談
法人決算 可能

弥生の難点は、肝心のクラウド部分が弱いこと。

外部ソフトで金融機関データ取り組みという仕組みなので、

データ連携という点で、freeeとマネーフォワードクラウドに劣ります

これは、個人向け「やよいの青色申告オンライン」と一緒です。

個人事業主のクラウド会計「マネーフォワードクラウド」「freee」「やよいの青色申告オンライン」比較 

 

法人はで税理士雇用していると考えると、

操作サポートや税務相談って、税理士に頼る事ができるわけで、

こちらも一番安い「セルフプラン」で良いと思います。

法人でクラウド会計を選ぶ理由

値段が格安

法人向けの会計ソフトで調べてみましたが、

星の数ほどあるし、大規模起業と中小企業で価格も全然違う。

小規模法人向けに絞って比較してみても、値段は高額です。

法人会計ソフトの価格比較

メーカー 製品名 年額
弥生 弥生会計(スタンダード) 39,800円+税
弥生 弥生会計(プロフェッショナル) 77,200円+税
ソリマチ 会計王 40,000円+税
コラボ わくわく財務会計 15,000円+税
ミロク MJSかんたん!法人会計 30,000円+税
OBC 勘定奉行J 40,000円+税
EPSON 財務応援 R4 Lite+ 150,000円+税

 

一方、法人向けクラウド会計は、金融機関とのデータ連携機能も付いて、

従来の法人向け会計ソフトよりも格安。

法人向けクラウド会計ソフト

料金プラン 年額
弥生会計オンライン セルフプラン 26,000円+税
弥生会計オンライン ベーシックプラン 30,000円+税
freee ミニマム 23,760円+税
freee ベーシック 47,760円+税
マネーフォワードクラウド会計 スモールビジネス 35,760円+税
マネーフォワードクラウド会計 ビジネス 59,760円+税

クラウド会計なら、仕訳入力も半自動化できるわけだし、

経営者の経理作業も、仕訳入力くらいですからね。

法人の経理は、個人と変わらない

法人成りする前は、法人の会計業務にビビッてたんですが、

日々の仕訳とかって、個人の時と変わらないです。

 

私のような小規模企業の場合、ホント日々の記帳は一緒。

集計期間が、年末から法人の決算月へ変わり、

事業主借が、役員借入に変わるぐらいの違いで、仕訳の方法も全く一緒。

というわけで、意味不明な機能が増える必要も無いのです。

法人化のメリット・デメリット。個人事業主と法人の違い。

 

そもそも法人化する時点で、税理士雇用しているハズであり、

法人で一番複雑な決算申告も、法人なら任せる他に無い。

なんなら、法人税申告書の作成機能も不要だし、

自社で会計するとしても、複式簿記で仕訳ができて、

税理士さんにデータ共有できれば良いのです。

 

法人向けというだけで値段が上がっている感じ。

だったら、安いクラウド会計を使いたいよね。

入力方法は、個人版と一緒

法人向けの、freee、マネーフォワードクラウド会計、

弥生会計オンラインを試してみましたが、

 

個人向けのfreee、マネーフォワードクラウド確定申告、

やよいの青色申告とUI(入力方法)は同じ。

管理画面から、基本的な操作方法まで、全く一緒でした。

 

マネーフォワードクラウド確定申告(個人)

KS003796

マネーフォワードクラウド会計(法人)

KS003797

freee(個人)

KS003799

freee(法人)

KS003800

やよいの青色申告オンライン(個人)

KS003812

弥生会計オンライン(法人)

KS003814

 

というわけで、個人でクラウド会計使っていたなら、

全く同じ操作で、法人でもクラウド会計使えます。

わざわざ古いパッケージ版のソフトで、操作を覚える手間も無いわけさ。

法人会計ソフトは税理士次第

法人向けの会計ソフトって、

会計事務所向けのサービスが多く、

法人企業には税理士が必須な事から、

会計事務所を囲い込むビジネスなんだとも感じました。

 

法人の会計ソフトで多いのが、

TKC、JDL、ミロク・・・といった、税理士御用達の会計ソフト。

結局のところ、経営者側で選択の余地は無く

顧問税理士が対応していないと意味が無いんですよね。

 

ただ、クラウド会計って凄い勢いでシェアを伸ばしているわけで、

対応税理士も非常に多くなっています。

逆を言えば、税理士都合で、高額で不便な会計ソフトを使うハメになるなら、

税理士も変更してしまえば良いんじゃないかなと。

税理士をお探しなら『税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント』

 

固定費は安いに越した事は無いし、仕訳の手間も無い方が良い。

頭の良い税理士様なら分かっているハズです。

時代はクラウド会計だってね。

クラウド会計を使って気づいたメリット・デメリット。インストール型会計ソフトとの違い。

 

法人のクラウド会計ソフトで選ぶならfreee

従来の会計ソフトが、税理士メインだったのに対し、

freeeは、経営者をメインに考えたサービスってのも面白い。

 

ほとんどの小規模法人は会計ソフト機能だけで良いハズ。

そう考えると、マネーフォワードクラウド会計は割高だから。

 

弥生会計オンラインは、クラウド会計と考えると微妙。

弥生を使うなら、インストール版の弥生会計(スタンダード)で良い。

 

いずれにせよ無料期間が有るので、

気になっているなら試した方が早い。

freee 30日間無料

マネーフォワードクラウド会計 1ヶ月無料

弥生会計オンライン 最大2ヶ月無料

 

会計ソフト一つで、税理士との付き合い方も変わります。

時代の流れに適応する事が、一番の節税になる。

現金よりも、法人カード。

法人カードの選び方。オススメの法人カードと解約した法人カード。

 

地方銀行よりも、ネットバンク。

維持費も、振込手数料も全然違います。

法人口座の維持費と各種手数料の比較。法人にオススメの金融機関。

 

何事も面倒なのは最初だけ、早く取り入れたもん勝ち。

生き残るのは最も力の強い者では無く、

最も頭の良い者でもない。変化に対応できる者。

進化論なり。

2 COMMENTS

TACT

こちらの記事を読ませていただきました。
現在、事業を法人化してMFクラウドに応対していただける、税理士さんを現在探しております。個人の際はMFクラウドを利用しておりました。
記帳は自分で行い、その他のアドバイスなどを行っていただける税理士さんで報酬はいくらぐらいでしょうか?
もしよろしかったら、どこの事務所なのか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

返信する
KJ新谷

私の顧問税理士は、今となっては身近な存在となっていまったので、
ちょっと誰でも紹介ってわけにはいかないです。すいません。

税理士費用は事業規模にも依るので、参考までに。
弊社の場合は、自己記帳で月額1万円ベースですが、
諸々の費用(決算申告、中間申告、年末調整 等)を含めると、年額40万円前後になります。

税理士探しは、税理士紹介サービスでも絞り込めますし、
直接税理士のホームページを見るだけでも、料金、雰囲気はわかるかなと。
クラウド会計に対応しているなら、ITにも力を入れているハズですので。

私は税理士相談も何回かしていますし、税理士変更もしていますので、
まぁ、一発で自分に合った税理士を見つけるってのは、中々難しいですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です