大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。

国内キャッシュバックサイトといえば、ハピタス

ネット物販やってる方なら、

問答無用にハピタスってイメージの方多いと思います。

私もずっとハピタス押してましたからね。

ハピタスのメリット・デメリット。げん玉、モッピー、ポイントタウンとの比較。

 

2017年にはPolletも登場したし、

いつの間にか、ポイントサイトも色々と使うようになって、

ポイントも散乱しまくってる。

 

ポイントサイト有り過ぎるだろって事で。

しっかり向き合う事に決めました。ポイントサイト再評価します。

ポイントサイトでは稼げない。キャッシュバックサイトとして使うべし。

ポイントサイトって腐る程有ります。

現在、ざっと調べただけで、こんな感じ。

 

代表的なポイントサイト

  • ハピタス
  • げん玉
  • モッピー
  • GetMoney!
  • ポイントタウン
  • ECナビ
  • ちょびリッチ
  • i2iポイント
  • ライフマイル
  • マクロミル
  • モバトク
  • ポイントインカム
  • ポイントハンター
  • お財布.com
  • ライフメディア
  • フルーツメール
  • えんためねっと
  • 予想ネット
  • ポイントモンキー
  • Rebates(楽天)

 

ポイントサイトって、一括りにまとめて言っても、

その種類は様々。

 

アンケートで稼ぐ。広告クリックで稼ぐ。

メールマガジンで稼ぐ。検索で稼ぐ。

モニターで稼ぐ。動画視聴で稼ぐ。

ゲームで稼ぐ。くじ引き、スクラッチ、ビンゴ、ガチャで稼ぐ。

レビュー、文章作成で稼ぐ・・・全て稼げません。

ポイントサイト上で稼ぐポイントサイトは、

1時間やって数十円とかなので、外でバイトでもした方が早い。

 

我々、ショッピングユーザーである消費者は、

経由するだけで高還元されるポイントサイトを利用しましょう。

ショッピングして還元される。申込みして還元される。

セルフキャッシュバックが一番オトク。

時間もかからないし、ホント経由するだけで+α貯まる

その還元率が高いサイトを利用するのみです。

 

私は、還元率を求め、色々と登録してきましたが、

最終的に一番使っているのは、なんだかんだでハピタス。

あとは、ポイントタウン、げん玉、モッピー、ECナビ・・・

まぁまぁ使ってんなw

ハピタスを超える還元率を探します。

ポイントサイトの還元率を徹底比較。

ポイントサイトで一番重要な還元率。

ネットショップを利用する際に、

どこのポイントサイトを経由すれば、一番お得か?って話。

 

ヤフーショッピングと楽天市場は、

還元率1%と大差が有りませんが、他のショップは結構違いますので。

とりあえず、私が使っているショッピングサイトや、

需要が高そうな店舗に絞って抽出してみます。

 

ポイントサイトの還元率比較 ※2017年12月現在

ハピタス げん玉 ポタウン モッピー ポインカム ECナビ GetMoney! ちょびリッチ お財布 Rebates
Amazon 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0%
楽天市場 1% 1% 1% 1% 1% 1% 1%
Yahoo! 1% 1% 1% 1% 1% 1% 2.00% 1% 1%
LOHACO 1.90% 1% 1.50% 1% 1.50% 1.60% 1.60% 1% 1%
ポンパレモ
ヤフオク(落) 1.20% 1% 1% 1.20% 1% 1% 1% 1% 1%
ビックカメラ 1.20% 1% 0.50% 1% 1.50% 0.60% 1% 1% 1%
ノジマ 0.60% 0.50% 0.50% 0.50% 0.60% 0.80% 1% 0.50%
Qoo10 1.30% 0.50% 0.95% 1.30% 1.20% 1% 1% 1%
プレモア 1.20% 0.50% 0.50% 0.50% 0.60% 1.80% 1% 0.50% 1% 1%
マウスPC 4.20% 1.50% 3.60% 7% 5.00% 3.00% 5.00% 4.50% 5.00% 6.00%
ZOZOTOWN 0.60% 0.50% 0.70% 1% 0.60% 0.60% 1% 0.50% 1%
ユニクロ 0.60% 0.80%
GU 0.60% 0.50% 0.50% 0.60% 0.60% 0.60% 0.50% 1%
Apple 0.60% 0.40% 0.50% 0.90% 0.50% 最大3%
iTunes Store 4.20% 2.00% 5.00% 5.00% 5.00% 1% 3.50%
ベルメゾン 0.90% 0.50% 0.50% 1% 0.60% 0.60% 1.30% 1% 1% 2.50%
ヨーカドー
ネットスーパー
0.80% 0.50% 0.50% 0.50% 0.60% 0.80% 0.80% 0.50% 1%
じゃらん 2.50% 0.50% 1.20% 2.00% 1.80% 1.80% 2.50% 2.00% 1%
Expedia 5.60% 2.50% 3.50% 2.00% 2.40% 5.60% 3% 2.50% 2.00% 4.00%

 

還元率が高い所を赤字でマーキングしてみましたが、

全体的に見れば、何となく還元率が高いポイントサイトが見えてくるかと。

※ポイントサイト還元率の比較は「どこ得?」が便利です。

 

還元率は日々変動するのを念頭に置いたとしても、

全体的にハピタスが強いってのを感じとれるかと。

還元率が高いだけでなく、取扱ショップも非常に多い

他ポイントサイトで有るなら、ハピタスにも有るのも凄い。

ハピタスの会員数が急増している理由も分かります。

 

楽天市場とYahoo!ショッピングを除けば、還元率が高いのがECナビ

他ショップの還元率が高いから、ハピタスと使い分けると良い。

GetMoney!も還元率は悪くないのですが、

強制メルマガが解除できないのでオススメしません。

還元率が悪く無いといっても、ハピタスと同等レベルですからね。

 

また、ポイントサイトを宿泊予約で使う人も多いかと思いますが、

ヒルトン、マリオット、IHG等、外資系ホテルチェーンを予約するなら、

海外キャッシュバックサイトを利用した方が得します。

ホテル予約で得するキャッシュバックサイト&ポイントサイトまとめ。

 

ちなみに、Amazonはポイントサイトでの取扱いが無いので、

高還元を狙うなら、クレジットカードのポイントモールを経由するしかない。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

 

日本のAmazonショッピングに限って言えば、

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDで、

オリコモールを経由するのが最強です。

Amazon最強のクレジットカード徹底調査。オリコ、JCB、Amazonカードの還元率比較。

信頼のおけるポイントサイトと安全性。運営会社と歴史。

ポイントサイトは、ショッピングサイトへ誘導する事により、

掲載ショッピングサイトから、お金を貰ってます。

集客する事で、お金が貰える。

ポイントサイトは、ポイントをバラまいて集客してるの

だから、我々消費者は、

経由するだけでポイント貰えるのは、何ら不思議では無い。

別に怪しい仕組みでは無いので、安心して使ってください。

むしろ、集客費用含めての販売価格なんだから、ポイント貰わないと損じゃない?

 

ただ、ポイントサイトも利益が出てナンボなので、

突然ポイント制度改悪なんて可能性もあり得る。

あんまりマイナーな所でポイントを貯めまくる不安もあるから、

運営している会社情報くらいは把握しておきましょう。

 

ポイントサイト運営会社と資本金

名称 運営会社 資本金 上場
ハピタス
(旧ドル箱)
株式会社オズビジョン 3,000万円
げん玉
リアルワールド
株式会社リアルワールド 約4.9億円 東証マザーズ
モッピー
お財布.com
モバトク
株式会社セレス 13.81億円 東証マザーズ
ポイントタウン GMOメディア株式会社 約7.6億円 GMOインターネット(株)グループ(東証1部
ポイントインカム ファイブゲート株式会社 4.458万円
ECナビ 株式会社ボヤージュグループ 10.27億円 東証1部
GetMoney! インフォニア株式会社 1億円
ちょびリッチ 株式会社ちょびリッチ 6,570万円
ライフメディア ライフメディア株式会社 約2.5億円 ニフティ(株)グループ(東証2部)
ポイントモンキー 株式会社オープンスマイル 8,000万円 (株)セプテーニ・ホールディングスグループ
(東証JASDAQ)

げん玉、モッピー、ECナビ、ポイントタウンは、

上場企業(もしくはそのグループ会社が上場企業)が運営しており、

その資本金の額も非常に大きい。むしろ大企業だらけ。

 

ポイントサイトの運営会社設立日と会員数

名称 会社設立 会員数
ハピタス
(旧ドル箱)
2006年5月 180万人以上
げん玉
リアルワールド
2005年7月 400万人以上
モッピー
お財布.com
モバトク
2005年1月 500万人以上
230万人以上
100万人以上
ポイントタウン 2000年10月 200万人以上
ポイントインカム 2003年11月 200万人以上
ECナビ 1999年10月 500万人以上
GetMoney! 1999年9月 200万人以上
ちょびリッチ 2004年8月 300万人以上
ライフメディア 2000年11月 290万人以上
ポイントモンキー 2001年5月 14.5万人以上

げん玉、モッピー、ECナビは会員数も多いですね。

老舗なのはECナビ、GetMoney!といったところでしょうか。

 

2017年の大きなニュースとして、

ハピタスと三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナが提携し、

VisaプリペイドカードPolletも登場してます。

Pollet(ポレット)カードのメリット・デメリット。

 

ハピタスポイントが、カード決済を介して現金として使える

Tポイントや楽天ポイントやPontaポイントよりも価値が高い、

より信頼できるポイントになったって事。

 

ポイントサイトは一つのビジネスモデル。

日本の大手企業「楽天」も海外のEbatesを買収してますからね。

Rebates」として国内で運営してますが、

日本では、他社ポイントサイトに比べて劣ります。

楽天「Rebates(リーベイツ)」のメリット・デメリット。

 

ちなみに、Rebatesは、ポイントサイトとしては微妙です。

楽天市場が運営してるのが最大のデメリット。

「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」で、

キャッシュバックされないから意味無いっていう。

まぁ、ライバル店舗に客流したくないのは分かるけどさ。

 

海外ショップの強みも、本家Ebatesを使った方が還元率高いから。

Ebates(イーベイツ)の登録方法と使い方。Mr.Rebatesとの比較と違い。

ポイントサイトのメリット・デメリットを比較する。

還元率ばかりに目が取られがちですが、

ポイントサイトってのは、それ以外にも注意すべき点があります。

ポイントを現金に換えるのか?マイルの交換するのか?って事。

 

ただでさえ怪しいポイントサイト。個人情報の垂れ流しにならいように。

ハピタス、げん玉、モッピー、ポイントタウン、ECナビ。

悩むならハピタスモッピーで良い。

ハピタスのメリット・デメリット

還元率が良いし評判も良い。当サイトでも長く押してるハピタスです。旧ドル箱ね。

申込やショッピング系以外のサービスが充実してないってのも、ある意味親切。

ネットショッピングするなら欠かせないサービス。

ハピタス

ハピタスの基本スペック

  • 運営会社:株式会社オズビジョン
  • 会員数:約180万人以上
  • 換算レート:1ポイント→1円
  • 交換限度額:1ヶ月3万円(30,000ポイント)
  • 最低換金額:300円
  • 交換手数料:無料
  • ポイント有効期限:無し12カ月間ログインしない場合アカウント停止

ハピタスのメリット

  • 還元率が基本的に高い
  • ランク制度有り。ゴールド会員は+2%
  • 2017年3月にPollet登場。追加で月間30万円まで現金化可能へ。
  • ハピタス堂書店で利用する場合は無制限に交換可能。

ハピタスのデメリット

  • 銀行振込での現金化は月3万円まで。
  • 運営会社「株式会社オズビジョン」の規模が小さめ。

 

業界最高水準のポイント還元率を謳っているだけに、

還元率が他社に比べ高いです。

会員数180万人ってなってるけど、実働ユーザー数は一番多いと思う。

高還元で稼ぎやすい反面、月3万円の換金がリミットでしたが・・・

2017年3月にVISAプリペイドカード「Pollet」が登場!

 

現金3万円VISAチャージ30万円というわけで、

月間33万円までなら、現金化の問題も無くなりました。

ポイント有効期限も無いってのは凄い。

ログインさえしておけば、ポイントは永久不滅。

あとは、サービスさえ無くならなければ最強ですね。

 

モッピーのメリット・デメリット

モッピーは、モバイル特化のポイントサイトでしたが、

現在では、PC会員(PCメルアド)でも登録できるようになってます。

本会員(携帯メルアド)の方が優遇されますが、

私はPC会員で利用してますし、大してデメリットも無いです。

 

運営している株式会社セレスは、

モッピーだけでなく、お財布.com、モバトクも運営している、

ポイントサイトの超大手。ハピタス、モッピーの2強ですね。

2018年に、マイラー御用達のANAマイルソラチカルートが無くなったので、

JALマイルを貯めるポイントサイトとして急上昇!

モッピー

モッピーの基本スペック

  • 運営会社:株式会社セレス
  • 会員数:約500万人
  • 換算レート:1ポイント→1円
  • 交換限度額:無し
  • 最低換金額:1000円
  • 交換手数料:30円~147円(ゆうちょ銀行が最安)
  • ポイント有効期限:ポイント獲得が6ヶ月以上確認できない場合、アカウント停止

モッピーのメリット

  • 換金制限が無い
  • ゲームで稼ぎやすいらしい。
  • 紹介一人300円2ティア5~100%(案件により変動)
  • ポイントサイト老舗、会員数500万人
  • 本会員(携帯メルアド登録)なら、数ポイントから電子マネーへ交換できる
  • JALマイル換算率が高い。マイラーにオススメ。
  • POINT WALLET VISA PREPAIDでプリペイドVISAとして使える。

モッピーのデメリット

  • PC会員は一部コンテンツ利用不可能
  • 登録には電話番号認証が必要。

 

換金制限が無いので、ポイントが上限無く全て現金となります

モバイル発のポイントサイトという事で、

携帯メルアドで登録した方がお得なシステム。

携帯メルアド登録で本会員となり、

電子マネー(楽天Edy、Vプリカ)へ交換もできるようになり、

少ないポイント手数料無料で交換リアルタイム反映も可能となります。

KS001498

10ポイントを無料で電子マネー交換って・・・素直に凄いと思う。

現金へ換金する場合は「1000ポイントから交換」と、本会員も変わらない。

自分で利用する分には、別にPCメルアドのPC会員で良いと思う。

※紹介制度で稼ぎたい場合も、本会員の方がお得です。承認方法が優しくなります。

 

他社に比べ紹介制度の報酬も高いので、私は強くオススメしたい。

2018年、マイルを貯めるならモッピー。

紹介しても美味しいのはモッピーだね。

それを含め、ポイントサイトランキングで1位になりがち。

げん玉のメリット・デメリット

ポイントサイトって言えば、げん玉っていうイメージでしたが・・・

最近は、ハピタス、モッピーに押されぎみですね。

「CROWD」「REALWORLD」も同じ会社運営です。

げん玉

げん玉の基本スペック

  • 運営会社:株式会社リアルワールド
  • 会員数:約400万人以上
  • 換算レート:10ポイント→1円
  • 交換限度額:1日につき1万円(100,000ポイント)
  • 最低換金額:300円
  • 交換手数料:月1回10万円まで無料 ※2回目移行は82円~
  • ポイント有効期限:ポイント獲得が180日間確認できない場合、アカウント停止。

げん玉のメリット

  • 1日1万円の換金制限→1月約30万円換金できる
  • ゲームでも微妙にポイント稼げますが・・・
  • 本気で内職するなら記事作成の「CROWD」の方を勧めます。
  • ポイントサイト老舗、会員数400万人以上。

げん玉のデメリット

  • ハピタスの方が高還元ぎみ。
  • ポイントが10ポイント=1円なんで錯覚を起こす。
  • 換金はPointExchange経由と手間。
  • PointExchangeの換金手数料が2回目以降は有料となる。

 

以前もハピタスと比較して記載しましたが、

ハピタスのメリット・デメリット。げん玉、モッピー、ポイントタウンとの比較。

ハピタスは月3万円という制限に対し、 げん玉は1日1万円という制限。

月額30万円までは銀行振込で現金化できる。これが一番の違い。

還元率が多少低くても、現金として使えた方が良いからね。

 

ちなみにCROWDで神案件があれば、割と稼ぐ事も可能です。

記事作成400文字いくらとか、レビュー100文字いくらとかとか、

1月10万円越えしてる人とか、どんな勢いで文字打ってるんだろ?

ポイントタウンのメリット・デメリット

東証1部上場企業GMOインターネット株式会社のグループ企業、

GMOメディアが運営しているポイントタウン

旧称はポイントメールであり、2000年設立の老舗。

 

2013年末にリニューアルされ、ポイントサイトに本格参入。

GMOって言えば、ネットビジネスやってる人は何かと世話になってるハズ。

当方も、カラーミーショップを使わせて頂いております。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの基本スペック

  • 運営会社:GMOメディア株式会社
  • 会員数:約200万人以上
  • 換算レート:20ポイント→1円
  • 交換限度額:無し
  • 最低換金額:楽天銀行は100円(2000ポイント)、他は500円から。
  • 交換手数料:全ての金融機関で無料。
  • ポイント有効期限:最終ポイント獲得日から12カ月(使ってりゃ無期限)

ポイントタウンのメリット

  • 換金制限が無い
  • 楽天銀行指定なら、現金で100円から交換可能。しかも何度でも無料
  • ポイント稼げるゲームが大量に有る。
  • 信頼のGMOグループ
  • ランク制度があり、プラチナ会員は+15%ボーナス貰える。
  • 友達紹介も強化。紹介して300円2ティア50%

ポイントタウンのデメリット

  • 20ポイント1円って非常に分かりづらい。
  • 登録には電話番号認証が必要。

 

ポイントタウンはリニューアル後、

還元率が良くなり、現在急上昇中のポイントサイトです。

一時的に還元率が上る事も多いので、私は比較しながら使ってます。

 

還元率が良いだけで使うんだけど、更に凄いのが会員制度。

使う頻度が多くなればランクが上がり、ボーナスポイントが貰えます。

KS001499

プラチナ会員のショッピング+15%って驚き。

ハピタスのゴールド会員は+2%だからね。

 

現金還元の敷居も非常に低く、換金制限も有りません

楽天銀行の場合、100円から手数料無料で換金できます

現金還元で100円から、回数制限も無いのも凄い。

LINEポイントにも等価交換できるので、ANAマイラーにも嬉しい。

2018年3月末にソラチカルートも改悪、

残るはLINEポイントルートのみですから。

 

デメリットは、ポイントレートの分かりづらさ。

20pt=1円なので、2000ポイントで100円、1万ポイントで500円です。

 

注意点としては、登録の際に電話番号認証が必要な点。

これはモッピーと一緒。

KS001496

携帯電話、IP電話、固定電話から電話をかけるだけ認証できる。

ひと手間だけど、不正会員が増えないってのは良いと思われます。

ECナビのメリット・デメリット。

1999年に運営開始した、ポイントサイト老舗のECナビ

東証1部上場の超大手企業が運営しています。

毎日貯まるポイントサイトECナビ

ECナビの基本スペック

  • 運営会社:株式会社ボヤージュグループ
  • 会員数:約500万人以上
  • 換算レート:10ポイント→1円
  • 交換限度額:無し
  • 最低換金額:300円(Pex 3000ポイント)。
  • 交換手数料:50円~
  • ポイント有効期限:獲得月から1年を過ぎた時点で3ヶ月ごとに有効期限を迎える

ECナビのメリット

  • 換金制限が無い
  • ハピタスよりもショッピング還元率が高い店舗有り
  • ポイントサイトの老舗
  • 会員数が500万人以上。
  • 資本金10億円以上の東証1部上場企業の運営。
  • 6歳以上で登録可能。

ECナビのデメリット

  • 楽天市場、Yahoo!ショッピングが無い
  • 現金化する場合、PeXポイント経由となる。
  • PeX経由での現金化が必須。交換日数も長い。
  • PeXの現金化には交換手数料50円が発生する。
  • 紹介100円、2ティア20%と友人紹介は低め。

 

ポイントサイトの超大手なので、安心という点では文句無いかと。

ハピタスよりも高還元率に設定されてるショップが多いです。

換金制限も無いので、ポイントは貯められまくりますが、

ポイント有効期限が約1年な点に注意。

3000ポイント貯まったらPeXに交換しておくのが無難です。

PeXの有効期限は最後に交換してから1年なので、

PeXにポイント交換し続ける限りは、有効期限も伸びますので。

 

難点は、現金化にPeXを経由する事。

PeXを現金化するには、手数料50円が発生します。

 

ハピタスと併用して高還元率を目指すならECナビは悪く無いですが、

ECナビには、Yahoo!、楽天市場が無いのでハピタスのサブ扱いですけど。

ポイントサイトは使わないと損するだけ。

ポイントサイトって怪しいイメージの方も多いと思いますが、

上述したとおり、しっかりとマネタイズされており、

大企業運営故にサポートもしっかりしてます。

何もしないでお金が発生しているわけでは有りません

そこに儲かる仕組みが有って、我々はキャッシュバックを貰ってます。

上述したサイトは、特に信頼おけるポイントサイト。

使ってないなら、とりあえず使う事をオススメします。

 

かといって、ポイントサイトばかり登録しても、ポイント分散されて終わるだけ。

上述したサイトの還元率って、そこまで大差無いので、

無理してポイントサイト増やすよりは、同じのを使い続けた方が良い。

忘れずポイントサイトを経由するっていう方が重要。

 

貯まるポイント額が低いウチは、一つのサイトを使い続ける。

とりあえず、ポイントを現金化する。

ポイントが貯まるようになったら、効率良く使い分ける。

というわけで、オススメのポイントサイトへ。

 

ハピタス還元率No.1が多い。それは健在。

私も還元率が高ければ、やっぱりハピタスを使ってしまう。

換金制限3万円が、ボトルネックだったけど、

現在ではPolletへチャージ可能へと、現金化の心配も無くなってるから。

Pollet(ポレット)カードのメリット・デメリット。

 

マイルを貯めるなら、モッピーポイントタウン

JALマイルなら、モッピー以外無いし、

ポイントタウンは、ANAマイル換算率が高いLINEポイントへ等価交換できます。

 

ポイントタウンには、会員制度でボーナスポイントも貰え、

還元率も上昇しますするので、

ハピタスと同じ還元率なら、ボーナスポイントの分得もする。

Yahoo!と楽天市場は、ポイントタウン使ってるわ。

 

ECナビは玄人向け。ヤフーショッピングと楽天市場が無いから、

他ポイントサイトとの併用は避けられないかと。

Yahooと楽天市場を除けば還元率は高いけど、

PeX経由の現金化に難があるから、ある程度ポイントを貯められる人向け。

 

げん玉は可も無く不可も無い、ポイントサイトへ。

ハピタスと同水準なら、換金制限分散の為、げん玉使ってたんだけど、

最近は、ポイントタウン使ってるからな・・・

サイト内で稼ぐしくみは豊富なので、内職向きかと。

CROWDで神案件に絞れば、お小遣いは稼げるって。私はやらないけど。

 

今後、使わなくなる可能性が有るポイントサイト。

ポイントは換金しておきましょう。

モッピーとげん玉は、利用せず半年経過するとアカウント停止になります。

ハピタスとポイントタウンとECナビは、1年放置でアウトです。

メインのポイントサイトを乗り換える際は、ポイントを使い切ってから乗り換えましょう。

 

重要なのは必ず経由するという事。

ポイントサイトで調べる習慣を身につける。意外と難しいです。

 

海外のポイントサイト、キャッシュバックサイトは下記記事も参考に。

仕入れで得するポイントサイトまとめ。海外&日本のキャッシュバックサイト。

忘れず経由するだけで、利益率は数パーセント上昇なり。

 

P.S.

資料請求しまくって、事業資金を集める。

裏ワザのように扱われてますが・・・辞めた方が良いです。

サービス利用意志が無い資料請求は、

ポイントサイト側で有効判定にならない可能性も高いです。

 

基本的に電話対応も必須だし、送られてくる資料もハンパ無い。

ポストの営業チラシですら捨てるの面倒ですからね。

 

同様に、クレジットカードキャンペーンの申込も、

クレジットカード会社にも全て筒抜け、

やり過ぎは、貴方の信用情報にも傷が付くので、気を付けて。

クレジットカードの審査基準と信用情報の関係。CIC信用情報開示請求をして気づいたこと。

IMG_9301

稼ぐなら真っ当に稼ぎましょう。その方が気持ちも良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です