ビジネスは、数パーセントの積み重ね。

その中でも、キャッシュバックサイトやポイントサイトのキャッシュバック額は、

かなりの割合を占めます。

 

使えるショップは、必ず経由して、必ずキャッシュバックしましょう。

以下、私が実際に利用している、国内外のポイントサイトです。

アメリカのポイントサイト(キャッシュバックサイト)

輸入ビジネスといえばアメリカ。

転送会社MyUSも使えるし、直送してくれるショップも多い。

キャッシュバックサイト事態も多いですが、日本から使えるサイトも多いです。

英語圏で日本とも親和性が高い。輸入ビジネスで誰もが通る道。

外資系ホテルチェーンを利用する場合にも、キャッシュバックサイトは欠かせません。

 

キャッシュバック検索サイトなんかもあり、

ショップ名などから、キャッシュバック率の高い順に検索できます。

Cashback Holics

 

ただ、キャッシュバック率が高くても、Paypalキャッシュバック不可とか、

現地在住でないと受け取れなかったりしますので、

必ずキャッシュバックの受取方法まで確認してから利用しましょう。

IPではじかれて、日本から利用できないポイントサイト(Swagbucksとか)も有ります。

 

アメリカにはキャッシュバックサイトが無数にありますが・・・

大手のキャッシュバックサイトであり、

日本在住でも確実に支払いを受け取れる、以下3サイトが間違いないです。

Mr.RebatesEbatesTopCashbackの3サイトで足らない事もまず無いので、

ワザワザ他を探す必要も無いです。

 

Mr.Rebates(ミスターリベーツ)

Mr.Rebatesといえば、知名度No.1のキャッシュバックサイト。

2002年より、サービス開始しており日本人にも馴染み深い。

Mr.Rebates

 

キャッシュバックサイトを一つ選べというなら、

私は、Mr.Rebatesをオススメします。登録方法も簡単です。

使い方も簡単、他のキャッシュバックサイトも一緒だから。

 

ebayキャッシュバックも復活してます!

ebayキャッシュバック

 

Ebates(イーベイツ)

Mr.Rebatesに次いで有名なキャッシュバックサイトと言えばEbates

1998年サービス開始との事で、キャッシュバックサイトの老舗であり、パイオニアでも有ります。

楽天に買収されて、一躍有名になったサイトです。

Ebates Coupons and Cash Back

 

Mr.Rebatesよりも、キャッシュバック率が良い事も有り、

Ebatesにしかないショップも多々あります。

 

ebayとかもカテゴリーにより、1~2パーセントキャッシュバック

KS000487

Mr.Rebatesと比較しながら利用がオススメです→Ebates

 

TopCashback.com(トップキャッシュバック)

TopCashback.comは、ユーザー数450万人以上、

世界最大級のキャッシュバックサイト

元々はイギリス最大のキャッシュバックサイトであり、

2011年にアメリカへ進出してからも急激に成長してます。

TopCashback

日本語サポートにも対応となり、グローバル展開しているのも特徴。

ユーザー数だけでなく、登録ショップ数も多いので、

日本語対応ってだけでなく、使うべきサービスかと。

ちなみに、イギリスのTopCashback.co.ukとは別サイトとなってますので、

イギリスサイトを使う場合は、別途登録が必要です。※後述します

 

イギリスのポイントサイト(キャッシュバックサイト)

現地在住の方のみ、キャッシュバックするサイトが多い気が・・・。

下記キャッシュバックサイトは、使えるかどうかは、各々個人での判断でお願いします。

以下、受け取り確認が取れたキャッシュバックサイトです。

 

Quidco(クウィッドコ)

イギリスで最初に使ったキャッシュバックサイトは「Quidco」。

Quidco

現地在住のみ利用可能的な、記載がありましたが・・・

私は日本から登録して、報酬の受け取りに成功してます。

 

Quidcoのアカウントタイプには、

BasicとPremiumがありますが、悩むなら、Premiumメンバー。

Compare Quidco account types

There are two types of Quidco membership — Basic and Quidco Premium. With our Basic account you can access 4000 retailers and get paid cashback both online and in-store. However those looking to enhance their Quidco experience, can become Quidco Premium members. It doesn’t cost anything to join, we simply retain £5 of your annual cashback earnings.

特に費用が請求されることは無く、

キャッシュバック額から、年間5ポンド引かれるだけです。

 

TopCashback.co.uk(イギリス版 TopCashback)

世界最大級のキャッシュバックサイトは、TopCashback.com

英国産まれという事で、

イギリスには専門サイトTopCashback.co.ukが有ります。

本家アメリカサイトには無いショップも多く掲載されています。

TopCashBack.uk

以前は、イギリス在住ユーザーのみのサービスでしたが、

現在は、日本からも使えるようになりました。サポートにも確認済みです。

実際に、Paypal経由でキャッシュバックの受取りしております。

 

フランスのキャッシュバックサイト 「iGraal」

フランスのキャッシュバックサイトは、色々と探したのですが、

銀行口座に振り込みか、小切手でのキャッシュバックのみが多い。

フランス在住の方にキャッシュバックばかり・・

最終的に日本からキャッシュバックできたのが「iGraal」。

iGraal

iGraalは、日本からでもPaypalでキャッシュバック可能です。

キャッシュバック方法詳細についての引用

Two methods of payment are possible:
The Bank transfer (not available to savings accounts and youth books)
The transfer by PayPal

For payment by bank transfer, you must have your bank account details (RIB).
The information collected is strictly confidential.

For payment by PayPal, no banking information is requested you.

 

というわけで、Paypalでキャッシュバックは、口座情報不要でイケます。

実際にキャッシュバック受け取ってます。

ebayもあるので、アツいのでは?私はebayアカウント持ってませんけど。爆

 

※追記

キャッシュバック受取の際に、携帯認証が必要となりました。

フランスの携帯番号を取得して、キャッシュバック受け取りましょう。

 

中国のキャッシュバックサイト

中国輸入は代行業者が必須なので、

自分で決済しないと、なかなか貯めるのは難しいのですが、

もちろんキャッシュバックサイトは有りますので、一応紹介。

 

AliExpress(アリエクスプレス)でキャッシュバック。

中国輸入といえば、代行必須なのですが・・・

日本から日本のクレジットカードで購入できて、

日本へ直送してくれるAliExpress(アリエクスプレス)。

タオバオやアリババよりも高いですが、1点から送ってくれるっていう便利なヤツ。

 

アリエクスプレスでは、

PandaCashBack(パンダキャッシュバック)をよく見かけるのですが・・・

AliExpressは、アリババ社の海外ユーザー向けサイト。

実は、Mr.RebatesTopCashbackでもキャッシュバックしてくれます。

 

Mr.Rebatesを経由した場合、還元率4%

Mr.Rebates×AliExpress

TopCashBackを経由した場合、還元率7%

Aliexpless×Topcashback

PandaCashBackを利用した場合、還元率7%

 

PandaCashBack×AliExpress

 

・・・パンダキャッシュバックが還元率高いわけでも無く、

PandaCashBackは、電話番号による音声認証も有るので、

日本から利用する敷居も高い。

入金時には、Paypal手数料も徴収されるから、

AliExpressを使うなら、大手のTopCashBackがオススメです。

 

返利網(Fanli.com)

中国のキャッシュバックサイトと言えば「返利網(Fanli.com)」。

会員数は6000万人以上と、大手キャッシュバックサイトって事で登録を試みたのですが・・・

日本は選択できるものの、日本の携帯番号では登録不可能でした。

 

まぁ、淘宝網(タオバオ)を使うにしても、

現地パートナーや代行業者必須ですし、

キャッシュバックの受け取りも「Alipay(支付宝)」となってますので・・・ね。

 

日本のポイントサイト

私は海外では利用していたのに、国内ショッピングでは利用してませんでした。爆

知らなかった・・・まさに、灯台もと暗し。

 

国内仕入れの際や、備品の購入、個人的な物の購入、お申込みでもポイント溜まります。

ポイントサイトといえば、クリックでのお小遣い稼ぎのイメージですが、

使うべきはショッピングでのポイントバック。

ショッピング利用での還元率の高い所を利用すべきです。

ゲームとかアンケートとか、頑張っても全然稼げませんから。

 

ハピタス

一番の有名どころといえば、ハピタス(旧ドル箱)。

ショッピングでのキャッシュバックに特化しているので、

他ポイントサイトよりも、還元率が高いです。

ネット通販のほとんどで、高額ポイントバックしてくれます。

 

なんでもあるので、とりあえず買う前や、

何かしら申し込む前にハピタスで調べてからの方が良いです。

月3万円の換金制限が有りますが、

Polletが登場したので、月33万円までは現金化に困りません。

 

モッピー

日本の大手ポイントサイト「モッピー」。

ハピタスと比較しながら、使ってます。

ハピタスには、月3万円の換金制限がありますので、

同じ還元率ならモッピーを使ってます。

 

マイルを貯めるなら、マイル還元率が高いモッピー。

JALマイルへ直接交換できて、マイル交換レートも良いです。

2018年からは、ソラチカルートの裏技も使えなくなりましたからね。

 

大手ショップの還元率は、ほとんど一緒だから。

全体的に見ると、ハピタスの方が還元率が良いけどね。

 

ポイントタウン

ポイント還元率、換金性という面で、ポイントタウンも使うようになりました。

毎月換金できるくらいポイントサイトを使っているなら、

なるべく還元率の良いところで使いわけましょう。

 

全体的な還元率は普通ですが、

会員ランクにより最大+25%されます。

楽天市場、Yahoo!ショッピングの還元率は、

どこも変わず+1%ですからね。+αが有る方がお得です。

 

また、こちらも換金制限が無いのもハピタスと違うところ。

楽天銀行なら換金手数料も無料100円から現金交換可能ですから。

 

クレジットカード会社のポイントモール

クレジットカード会社には、独自の「ポイントモール」が有り、

ポイントサイト同様、経由するだけでポイント倍増となります。

 

Oki Dokiランド、オリコモール、ポイントUPモール、セゾンポイントモール・・・

還元率どこも大差ありませんが、

ポイントサイトでは、還元されないAmazonが有るので、

Amazonを利用するなら、ポイントモールは必須です。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

 

しかしながら、Amazon以外の還元率となると、

ポイントサイトに比べて劣るので、

Amazon以外では、ポイントサイトを使うのをオススメします。

 

キャッシュバックサイトをリサーチツールとして活用する。

大手キャッシュバックサイトに登録されているという事は、

信用できるショップである可能性が高いという事。

特に海外サイトは、WEB検索に引っかかった位では信用なりませんからね。

一つの判断基準として、キャッシュバックサイト検索は活用していきましょう。

 

また、キャッシュバックのカテゴリ検索も、ショップ開拓に使えます。

ある程度ジャンルが決まっているのであれば、

一つ一つ巡回して、サイト訪問する事をオススメします。

提携先ショップや、新規商品の開拓にも繋がりますから。

 

キャッシュバックサイトは基本登録するだけで、ポイントが貰えますので、

とりあえず登録しておくのが良いかと思います。

 

キャッシュバック額は、チリも積もって、ホント馬鹿にならない額になります。

後で後悔しない為にも、とりあえず見る癖をつけましょう。

 

決済するクレジットカードの還元率も、同様に重要。

仕入れにクレジットカードを使うなら、還元率の高いビジネスカードを使いましょう。

ビジネスカードを使わなければいけない理由が有りますから。

ショッピング枠の現金化には、くれぐれも気を付けてください。