iPhoneをデュアルSIMで最安運用。楽天モバイル、povo2.0、LINEMO、IIJmioのeSIM活用方法。

ahamo、povo2.0、LINEMOミニプラン、楽天モバイルの登場により、
携帯キャリアも値下げ、格安SIMも大幅値下げ・・・だけでなく、全てeSIM対応へ。

iPhoneは、デュアルSIMによる複数SIMの使い分けが可能。
SIMを使い分ければ、より安くできるということで、久しぶりにiPhoneを最安運用を模索しました。
最新のiPhone持ってるなら、ホントeSIM活用しないと損ですね。

実際、いくらで運用できて、今よりいくら安くなるのか?
1台運用でも安くなるし、複数台ならもっと安くなる。
家族が居る人ほど、カスタマイズの余地もありますので。

目次

iPhone最安運用のポイント

スマホの月額プランって「音声通話」+「データ通信」がセットですが、
この2つを切り離して考えられるようになると、携帯料金は大幅に節約できます。

本来、携帯電話が指すのは、音声通話(VoLTE)の部分であり、
我々も電話番号の「発信」「着信」「SMS」に縛られているのです。
様々なサービスの本人確認でSMS認証が必須ですからね。

で、話をおかしくするのが電話料金。
携帯プランの月額料金は「データ通信容量」で決まること。

データ通信だけ別で契約できれば、
「電話番号が変えられない」という縛りもなくなるし、いくらでも安いプランに乗り換えれるのです。

それを可能とするのがデュアルSIM。
2つのSIMを有効にして同時に2つのSIMを使えるってわけ。
「音声通話」と「データ通信」で別のSIMを使うことができるのです。

eSIMには2つ以上のSIMを登録しておけるので、契約するSIMを2つに絞る必要も有りません
3つ以上のSIMを契約して、使う時だけ切り替えることも可能だし、
eSIMならいくらでも登録しておける、それがeSIMの最大のメリット。

iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット


ここ数年発売されているiPhoneは、全てeSIMに対応しており、
iPhone XS以降のiPhoneなら、eSIMに対応しており、デュアルSIM運用が可能です。

eSIM でデュアル SIM を活用する
eSIM はデジタル SIM です。物理的な nano-SIM を使わなくても、通信事業者 (キャリア) のモバイル通信プランをアクティベートすることができます。iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini では、eSIM を 2 つ有効にするか、nano-SIM 1 枚と eSIM 1 つを組み合わせてデュアル SIM を利用できます。iPhone 12 モデル、iPhone 11 モデル、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR は、nano-SIM と eSIM を組み合わせたデュアル SIM に対応しています。

eSIM でデュアル SIM を活用する – Apple サポート (日本)

で、最安運用といっても使うのは、有名なサービスのeSIMだけ。
よく分からない会社の、怪しいSIMはおすすめしないし、
マイナーなSIMは、そもそもeSIMに対応してないから、選ぶ必要も無いのです。

以下、私が使うSIMの基本料金と特徴です。

eSIM対応プラン

スクロールできます
月額料金月間データ特徴制限後速度
楽天モバイル0円1GBまで無料
従量制 1Mbps
※au回線
povo2.00円無しトッピング制128kbps
IIJmio 2ギガ
※eSIM
440円2GBデータシェア
データ繰り越し
200kbps
LINEMO
ミニプラン
990円3GBLINE使い放題300kbps
ahamo2,970円20GB海外データ込み1Mbps

安いSIMや無料のSIMには、それなりの安い理由が有るんだけど、
安い理由であるデメリットは、他のSIMで補えば良い。
というわけで、具体的なデュアルSIMの組み合わせへ、続きます。

月額0円運用:楽天モバイル×povo2.0

月額0円で音声通話SIMが運用できるのは、楽天モバイルとpovo2.0だけ。
いずれも基本料金は0円であり、初期費用も解約料、MNP手数料も無料
着信専用で使うなら無料なわけで、ホント0円で携帯電話が使える。凄い時代です。

しかも、楽天モバイルは1回線目は毎月1GBまで無料
Rakuten Link経由の「かけ放題」まで付いてきます。

楽天モバイルとpovo2.0の比較

スクロールできます
楽天モバイルpovo2.0
月額料金0円0円
月間データ量1GBまで無料無し
制限後速度1Mbps
※au回線
128kbps
データ料金3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB以降 2,980円
1GB 390円(7日間)
3GB 990円(30日間)
20GB 2,700円(30日間)
60GB 6,490円(90日間)
150GB 12,980円(180日間)
使い放題 330円(24時間)
短時間かけ放題月額1,100円
※OS標準アプリ
月額550円
※5分かけ放題
無制限かけ放題無し
※Rakuten Link経由は無料
月額1,650円

データ通信は、楽天モバイルの1GBまで無料で使いつつ、
足りなくなれば、povo2.0で都度チャージするという方法。

povo2.0は、月額制では無く、必要な時だけチャージできるトッピング制。
チャージせずとも、最大128kbpsで使えるし、
180日の間に1回課金(トッピング)すれば、契約解除されることも有りません

povo2.0を0円運用して気づいたメリット・デメリット。注意点と賢い使い方。

povo2.0のデメリット評判

楽天モバイルの注意点は、従量制なので月1GB以上使っちゃうと高くつくこと。
1GB以上3GB未満なら「povo2.0」でデータトッピングをした方が安くて快適。
楽天エリアは、まだまだ狭いですからね。

povo2.0なら、au回線エリアで使えるし、
1GBは有効期間7日で390円
3GBは有効期間30日で990円
必要になってからトッピングできるから、月額制よりも融通も効く。
月間3GB必要なら「LINEMOミニプラン(月額990円)」という選択肢も有るからね。
※後述します。

また、楽天モバイルは、Rakuten Linkの発着信に難が有るので、よく使う電話番号をMNPするのも考えた方が良い。

楽天モバイルの「かけ放題」が無料というのも、専用アプリ「Rakuten Link」発信が必要。
Rakuten Linkって「RCS」というデータ通信経由で通話するアプリ。
通話品質は従来のVoLTEに劣り、RCSならではのデメリットも有るのです。

楽天モバイルの評判。使って気づいたRakuten UN-LIMIT VIのデメリット。

まぁ、固定費無料なので持って損するってSIMでは無いし、楽天モバイル特典でSPU+1倍
むしろ楽天ユーザーなら契約しない方が損。
受け専用電話として使うのも有りだし、なんなら使わなくても良いからね。

楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

かけ放題の最安値:povo2.0

MVNOの格安SIMにも「かけ放題」オプションは有りますが、
専用アプリが前提であり、プレフィックス or IP電話なので通話品質も非常に悪い
「電話をかける」のが目的なら、格安SIMは除外すべきです。

「かけ放題」目的なら、スマホ標準電話アプリで「かけ放題」となるサービスで選ぶべき。
使うべきは、povo2.0、LINEMO、ahamo、UQモバイル、ワイモバイル。
格安SIMと同じような料金なのに、通話品質は別物です。

20210404153102

かけ放題オプション料金

スクロールできます
基本料金5分かけ放題10分かけ放題かけ放題
楽天モバイル無料
※1GBまで
+1,100円
※標準アプリ
無料
※Rakuten Link
UQモバイル 1,628円
(3GB)
+770円+1,870円
ワイモバイル2,178円
(3GB)
+770円+1,870円
ahamo2,978円
(20GB)
無料+1,100円
povo2.0無料+550円+1,650円
LINEMO990円
(3GB)
+550円+1,650円
ドコモ7,315円
(無制限)
+770円+1,870円
au7,238円
(無制限)
+770円+1,870円
ソフトバンク7,238円
(無制限)
+770円+1,870円

かけ放題オプションの料金だけで比較すると、ahamo、LINEMO、povo2.0も安いのですが、
ahamoは20GBのデータ通信契約が必須、2,978円+1,100円→月額4,078円
LINMOも3GBのデータ通信契約が必須、990円+1,650円→月額2,640円

結局のところ、かけ放題単品で契約できるpovo2.0が最安となる。
月額1,650円だけで良いし、5分かけ放題なら月額550円と更に安い運用も可。
かけ放題は有料トッピングなので、povo2.0の契約解除も回避できます。

povo2.0は、かけ放題を別に契約できることにも意味が有ります。
従来の番号をpovo2.0にMNPして「かけ放題」にしても良いし、
仕事用に新たに番号を取得して「かけ放題」にすることもできる。
1台のiPhoneで番号2つ同時に使える利点、
プライベートが有るなら、仕事の電話も分けるべき。オフは必要よ。

例えば、私の場合は、仕事でしか電話はかけないので、
仕事の電話番号をpovo2.0で「かけ放題」へ。
プライベートでは、LINE通話ばかり。LINEはデータ通信しか使いませんからね。

ちなみに、月額料金だけで考えると、ワイモバイルとUQモバイルは割高ですが、
ワイモバイルには、LINEMOには無い特典も多く、
UQモバイルには、povo2.0に無い特典も多い。

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

UQに比べると、ワイモバイルは割高ですが、
ワイモバイルには、Yahoo!やPayPay関連サービスの特典が有りますので。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

LINE使い放題:LINEMOミニプラン

携帯電話の音声通話よりも頻繁に使うのがLINEアプリのLINE通話やビデオ通話。
スマホを所持する目的がLINEなら「LINEMOミニプラン」が最高です。

LINEMOには、LINEギガフリーという独自特典が有り、
LINEアプリの通信が、データ量としてカウントされません

データカウントされないということは、
データ超過後もLINEだけは高速通信できるということ。
いつでもLINEだけはサクサクで使えるので、
コミュニケーションの為に、容量控える必要も無い。スマホとして最低限の機能補償される。

LINEMO自体の回線が高速なので、LINEの音質も常時安定しているし、
テザリング経由でもLINEギガフリー対象
LINE経由での写真共有やファイル共有まで、全てカウントフリーとなるのです。

ギガフリー対象のLINE機能

  • Face Play
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・ファイル等の送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

LINEMOのデメリットは、3GBと20GBの2つのプランしか無いことですが、
デュアルSIM運用で、このデメリットも打ち消せる。

LINEMOの20GB月額2,728円を払うなら、他社SIMでデータ容量だけ補強する。
LINEMOを選ぶメリットって、LINEギガフリー特典くらいであり、
3GBで月額990円の「LINEMOミニプラン」でも、LINEギガフリー特典は使えるのです。

LINEMOミニプランを契約して気づいたメリット・デメリット

複数スマホ最安運用:IIJmioギガプラン

楽天モバイル、povo2.0、LINEMOには、
複数SIM契約での割引や、データ容量シェア機能がありません

というわけで、使うのが格安SIM。
家族や仕事等で複数スマホを使う場合は、
シェア機能の有る格安SIMを組み合わせることで、もっと安く運用できるのです。

格安SIMといえばIIJmioギガプラン(eSIM)
月額440円2GBって激安価格でありながら、
複数SIMでのデータ容量の共有、データ繰り越しが可能なのです。

2021-05-06_06h37_48

複数回線契約すれば使える容量も倍々に増えるし、
データシェアすればするほどに、IIJmioの割安感は増していく。

例えば、2GB×5回線契約すれば、
440円×5回線→5つのスマホが月額2,200円で運用できるだけでなく、
2GB×5回線→5つのスマホで5GBを共有できるのです。

月間10GBを使い切らなければ、
データ繰越機能で最大20GBまで膨れ上がる
というわけで、私はIIJmioで5回線契約、毎月データ量余りまくりなのです。

データシェアって家族だけでなく、一人で複数端末使う場合にも安上がり。
eSIM対応のiPadやSurfaceでも使えるわけで、
iPhoneでテザリングする手間も無くなるのよ。

また、IIJmioには、データ節約バースト機能も有り、データ容量追加する場合も1GBあたり220円と最安。
容量超過後速度も最大300kbpsまで出る。

そもそも、月額660円4GB月額1,100円8GBだから、
データSIMとしてもトップクラスに安いの。

IIJmioのeSIMの難点は、データSIMなので音声通話(電話番号)が使えないこと。
音声通話SIMは+418円となりeSIMにも未対応。2GBで月額858円なら、そこまで安くもない。

IIJmio ギガプラン料金

スクロールできます
2GB4GB8GB15GB20GB
eSIM
(データSIM)
¥440¥660¥1,100¥1,430¥1,650
nanoSIM
(音声SIM)
¥858¥1,078¥1,518¥1,848¥2,068

というわけで併せて使うのが、
無料の「楽天モバイル」と「povo2.0」。
「楽天モバイル」は1GBまで無料なので、月額440円月3GBまで使えるけど、
無料なのは1回線目まで、2回線目は月額1,078円~なので気を付けて。

スクロールできます
月額料金電話番号データ容量
楽天モバイル1GBまで無料
※2回線目1,078円~
有り1GBまで無料
※従量制
povo2.0無料有り無し
※トッピング制
IIJmio eSIM
2ギガプラン
440円無し2GB

混雑時に速度が遅くなる格安SIMですが、
速度が遅くなる時だけ、楽天モバイルを使っても良いし、
混雑時でも1Mpbsは出るから・・・まぁ、ちょっと我慢すれば良いのです。

格安SIM最強 IIJmioのメリット・デメリット

楽天モバイルは従量制という、使うほどに料金が上がってしまうデメリット。
データSIMをIIJmio側に固定しておくことで、
うっかりデータ超過することもなくなり、不要な出費も避けられるのです。

データと音声で使うSIMが区別できるのも、iPhoneデュアルSIMの利点だから。

20210506074632

ちなみに、IIJmioには「SMS付きデータSIM」も有りますが、
SMS付きデータSIMは、eSIM未対応であり、MNP転出もできません
音声通話SIMとの差額も約30円
今の時代、敢えてSMS付データSIMを選ぶ意味も無いのです。

iPhone最安運用まとめ

メインで使う大事な「電話番号」は0円で運用して、
高額な「データ通信」は別で契約する。
これは、メインSIMの概念も変わりますね。

基本料0円の「楽天モバイル」or「povo2.0」で電話番号を維持して、
使う目的に合わせてサブSIMを選ぶイメージ。

ahamo、povo2.0、LINEMOの比較。楽天モバイル、Yモバイル、UQモバイルとの違いと分岐点。

かけ放題、データシェア、LINE使い放題・・・
eSIMは使うタイミングで切り替えられるので、
2枚運用の「デュアルSIM」にこだわる必要も有りません。
目的に合わせて、SIMも組み合わせて使えば良いのです。

目的別SIMの選び方

  • 電話番号:楽天モバイル or povo2.0
  • かけ放題:povo2.0
  • LINE使い放題:LINEMOミニプラン
  • データシェア:IIJmio 2ギガプラン(eSIM)

楽天モバイルも、povo2.0も維持費0円とはいえ、
新規契約手数料も解約手数料もMNP手数料も無料
金銭的なリスクだけでなく、番号が消失するリスクも有りません。
嫌なら辞めてしまえば良い。それだけ。

まぁ、デュアルSIMとか考えるのさえ面倒なら、LINEMOでも良い。
LINEMOミニプランは、月額990円3GBも使えるし、LINEも使い放題。
子供はLINEさえ使えれば満足だし、LINEMOのせいで格安SIMの存在意義も消失。
マジ格安SIM潰しのプランなのでした。

既に格安SIMはデメリットだらけ。ほとんどの人に格安スマホをおすすめしない理由。

ドコモ、au、ソフトバンクを選ぶのは、無制限プランが必要な人だけ
自宅に固定回線が有るなら要らないし、私には契約する意味も分かりません。

オンライン専用プランって、要はできる人向けの格安プラン。
店舗で契約するプラン≒情弱向けプランだという事。
店舗でサポートする人が、できる人ってわけでも無いのです。

面倒なのは手続きではなく理解すること。
理解してしまえば、一瞬で終わってしまうもの。
自分でやれば、自ずと知識も付くし、今後も対応できるようになる。
それがなんでも安くする秘訣。

とりあえず、プラン変更で料金は安くなるし、
最安云々抜きにしても、携帯プランは見直して。お願い。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる