音声格安SIMの選び方。MVNOとMNOの料金プラン比較。

格安SIMの比較

2021年度は、大手携帯キャリアの値下げとともに、

格安なサブブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」の登場。

更には、契約縛りも廃止となり、SIMロックも禁止・・・

 

格安SIMを選ぶ基準も変わっており、

契約プランを見直さないとホント損。

かくいう私も、2021年はMNPしまくりましたので。

選んだ格安SIMと、その理由について。

格安SIMの定義

格安SIMって言葉は、何を挿すのか?

以前は、携帯キャリア(MNO)から回線を借りているMVNO≒格安SIMでしたが、

現在では、携帯キャリアからの格安ブランド登場で、

格安SIM≒MVNOってわけでも有りません。

 

携帯キャリアに比べて料金が安いSIM≒格安SIMなわけで、

MVNOを選ぶなら、従来の格安SIMより安い、

激安SIMじゃないと意味も無い。

 

また、楽天モバイルは、楽天回線のMNOですが、

月額1GB未満なら無料で「かけ放題」付き、

安い以上の無料SIMとしても使えるのです。

 

楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイル、

あたりは格安SIMとして紹介されがち。

今後は、ahamo、povo、LINEMOも含まれるのかなと。

MNOブランド

  • docomo回線:ドコモ、ahamo
  • au回線:au、povoUQモバイル
  • SoftBank回線:ソフトバンク、LINEMOワイモバイル
  • 楽天回線:楽天モバイル

MVNOとMNOの分岐点

MVNOは、MNOより料金が安い故にデメリットが有ります。

混雑時には、データ通信速度が遅くなり、

かけ放題は、アプリ経由(IP電話 or プレフィックス)となる。

その代わり、料金が安いのです。

MVNOのデメリット

  • 通信速度が遅い
  • 通話品質が劣る(かけ放題が微妙)
  • Apple WatchのeSIM未対応

MVNOは、通話品質が劣るだけでなく、

スマホのデフォルトアプリで通話できないって時点でストレス貯まる。

同じ「かけ放題」だとは思わない方が良い。

 

MVNOの大容量プランも安いのですが、

通信速度が出る保証が無く、実際の回線速度も遅いので、

月額料金以上に差も有るのです。

 

というわけで、MVNOでは無く、MNOを選ぶべきなのは、

電話を掛けるのが多い人大容量データ通信が欲しい人

自宅に固定回線(光回線)が無い人

 

逆に、MVNOを選ぶべき人は、

携帯から電話をかけず、データ量も少なくて良い人。

主な用途としては、携帯番号が欲しい、使い分けたい、

子どもや家族に使わせたい・・・といったところになるかなと。

 

多くのコミュニケーションサービス(LINE、SMS等)は、

SMS認証さえ有れば使えますが、

「データSIM(SMS付き)」は辞めた方が良いです。

データSIMはMNP転出ができないので、2段階認証に使うリスクも有る。

音声SIMも安くなったわけで、敢えてデータSIMを選ぶ理由も無いのです。

音声SIMの契約縛りや、MNP転出料も撤廃され、

いつでも解約もできるようになってますから。

 

ちなみに、MVNOでは、通信回線の種類も、

ドコモ、au、ソフトバンクと選べたりしますが、

MVNOである以上、通信速度は大差無いわけで、

対応Band&エリアが豊富なドコモSIMを選ぶべき。

 

現在では、SIMロック解除も無料で、SIMロック禁止化の流れ。

SIMフリー前提ならば、ドコモが良いのです。

MVNOの料金比較

スマホを最安運用したいなら、MVNOであり、

MVNOで最重要なのは価格です。

というわけで、料金比較しましたけど、

選ぶならIIJmio、nuromobile、OCNモバイルONEです。

私なら、他のMVNOは選びません。

20210506110902

MVNO(音声)の料金

1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 繰越し 容量シェア 容量追加 MNP転出料 解約手数料
(違約金)
初期手数料 SIMカード料
IIJmio ¥858 ¥1,078 翌月末 可能 220円/1GB 無料 無料 ¥3,300 ¥433
OCNモバイルONE ¥770 ¥990 翌月末 572円/枚
最大合計5枚
550円/1GB 無料 無料 ¥3,300 ¥433
nuroモバイル ¥792 ¥990 翌月末 不可
※ギフトのみ
550円/1GB 無料 無料 ¥3,300 ¥440
mineo ¥1,298 ¥1,518 翌月末 可能 165円/100MB 無料 無料 ¥3,300 ¥440
y.u mobile ¥1,639 永久不滅 別プラン 330円/1GB 無料 無料 ¥3,300 ¥440
BIGLOBEモバイル ¥1,078 ¥1,320 翌月末
※1GBは除く
990円/枚
※シェアSIM
300円/100MB 無料 ¥1,100
※12ヶ月未満
¥3,300 ¥433
イオンモバイル ¥1,078 ¥1,188 ¥1,298 ¥1,408 ¥1,518 翌月末 別プラン 528円/1GB 無料 無料 ¥3,300

 

OCNモバイルONEは、1GBプランこそ最安ですが、

容量シェアは、別途シェアSIM料金が発生

データ追加も1GBあたり550円と高額。

MVNOの中では回線品質が高い・・・

とはいえMVNOなので、期待しないように。

 

nuromobileは、3GB 792円5GB 990円で最安。

3日間通信制限も撤廃となり、

5GBプラン以上の契約では、3ヶ月毎にデータ容量プレゼントも有る。

ただ、データシェアには未対応で、余った容量はギフトするのみ。

APN設定も分かりづらく、専用のスマホアプリも無いのは痛い。

ちょっと、諸々の使い勝手も悪かったので、単体回線で安く使うなら。

 

IIJmioは、2GB 858円4GB 1,078円と最安では無いものの、

追加料金不要容量シェアができる

容量追加も、1GBあたり220円と最安。

格安SIMでありながら、LINEの年齢確認にも対応しています。

今後は、5G通信の無料提供も予定だし、

2回線以上使うなら、IIJmioがダントツ安いし、

MVNOを長く使えば分かる、IIJmioが最強だということ。

格安SIM「IIJmio(アイアイジェイミオ)」のメリット・デメリット 

20210506110556

私も、新規契約手数料1円キャンペーンで乗り換えまくりました。

【IIJmio】初期費用1円キャンペーン(8月31日まで)

 

MVNOって、安いから複数契約をする人も多いハズ。

自分一人で使い分けたり、家族に使って貰ったり。

データ容量のシェアも可能なら、より安いプランで済むのです。

IIJmioは、eSIMプラン(データSIM)が月額440円(2GB)と最安だし、

eSIMも容量シェアに対応。iPadで併用する場合も最強なの。

iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット

20210507061832

使わないなら毎月データ容量は余るし、

余ったデータ容量は繰り越しも可能だからね。

 

ちなみに、2021年3月の格安SIMのシェア比では、

「mineo」「BIGLOBEモバイル」ユーザーも多いようでした。

※楽天モバイル(MVNO)、LINEモバイルは廃止へ。

※参考→2021年3月 通信サービスの利用動向調査

 

私もmineoを長く使ってましたけども、

2021年4月から、各社新プランへ移行したので、

このシェアも大きく変わると思っているし、

私もIIJmioに乗り換えまくった次第です。

MNOの料金比較

データ通信速度、大容量プラン、かけ放題。

そのいずれか、もしくは全てが必要な人は、

MVNOではなく、MNOを選ぶべき。

 

第4のキャリア「楽天モバイル」の登場により、

大手携帯キャリアも、格安サブブランドを作ってますので。

MNOの料金比較

5分かけ放題 10分かけ放題 かけ放題 1GB 3GB 15GB 20GB 25GB 無制限
楽天モバイル 無料 無料 ¥1,078 ¥2,178 ¥2,178 ¥3,278 ¥3,278
UQモバイル +770円 +1,870円 ¥1,628 ¥2,728 ¥3,828
ワイモバイル +770円 +1,870円 ¥2,178 ¥3,278 ¥4,158
ahamo 無料 +1,100円 ¥2,978
povo +550円 +1,650円 ¥2,728
LINEMO +550円 +1,650円 ¥2,728

 

楽天モバイルは、値段が異様に安いですが、

実際のところ、楽天モバイル回線には、まだまだ難が有り、

ちゃんと使えるのは、パートナー回線(au回線)の5GBまで

損せず使うなら、料金が格安な3GB(月額1,078円)までに抑えるべき。

国内通話無料の「かけ放題」も付いているので、

月間1GBまでに抑えれば、電話しまくっても完全無料で使える。これ凄い。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

ahamo、povo、LINEMOは、データ通信量で考えると格安ですが、

オンライン専門プランという難点が有り、

サポート以外のデメリットも多々あります。

 

povo、LINEMOの登場で、

同社の格安ブランドも大幅に安くなってますので、

povo選ぶなら、UQモバイルも検討すべき。

UQモバイルなら、サポート有り容量繰り越しが可能

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

LINEMO選ぶなら、ワイモバイルも検討すべき。

ワイモバイルなら、メールアドレス付きで、

2回線目から1,188円割引になります。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

 

povo、LINEMOで悩むなら、ahamoを選ぶべき。

povoだから、LINEMOだからっていう利点が無いわけで、

契約縛りもなく、MNP転出料も無料の時代、

日本で対応エリアが広く海外でも20GB使えるのもahamoだけ。

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの違い。UQモバイルとワイモバイルの分岐点。

かけ放題の料金も格安だし、

メインブランド(ドコモ)と併用して、意味が有るのもahamoなのです。

格安SIM比較まとめ

モバイル業界の契約プランは大きく変わったので、

格安SIMに限らず、見直さないとホント損。

新プランで安くなったとはいえ、

プラン変更手続きは、各社勝手にやってくれません。

 

現在では、2年縛りの違約金の仕組みは無くなり、

MNP転出手数料も無料。

SIMロック解除も簡単にできるようになっているし、

SIMロックという悪しき習慣も、今後は無くなります。

スマートフォンという端末も、携帯キャリアで買う方が高いのです。

 

ドコモだから、ソフトバンクだから・・・

っていう固定概念はぶん投げて。

バシバシと乗り換えたら良いし、

簡単に乗り換えられるようになっているのです。

携帯料金を安くする方法と、スマホを安く使い続ける為に知っておくべきこと

 

実際のところ、料金云々というよりも、

メールアドレスが変えられないって理由。聞き飽きた。

IDとパスワードが分からないなんて論外。

お金垂れ流してるだけなんだから、

ホント目を覚ませ。

 

契約プランの変更は、キャリアメールを辞める良い機会。

モバイル回線変えるだけで、お金は浮きまくるし、

今後も縛られることは無くなるから。

ちょっと面倒だけど、やってみて欲しいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です