LINEMOミニプランを契約して気づいたメリット・デメリット

ソフトバンクから、LINEMOという格安なサブブランドが登場したと思ったら、
更に低価格なLINEMOミニプランが登場。

格安SIMと似たような料金のLINEMOミニプランが出たわけで、
微妙な価格差で格安SIMを選んでしまうなら、
月額990円の「LINEMOミニプラン」を選んだ方が良い。

ただ、ahamo、povo2.0、楽天モバイルと、ライバルSIMも激安なわけで、
敢えてLINEMOミニプランを選ぶ理由について。
LINEさえ使えば・・・って人には、これ以上無いサービスですね。

目次

ミニプランとスマホプランの違い

「LINMOミニプラン」の登場で、従来のLINEMOは「LINMOスマホプラン」へ。
ミニプランとスマホプランは何が変わったのか?

違うのは、月額料金とデータ量、
あとは月間データ量を使い切った後の超過後速度・・・くらいです。

ミニプランとスマホプランの比較

LINEMO
ミニプラン
LINEMO
スマホプラン
月額料金990円2,728円
月間データ容量3GB20GB
データ超過後速度300kbps1Mbps
データ1GB追加550円550円
5分以内かけ放題550円550円
かけ放題1,650円1,650円
通話料金22円/30秒22円/30秒
国際ローミング
※通信料は別

※通信料は別
5G対応
eSIM対応
テザリング
LINE年齢認証
メールアドレス××
留守番電話××
転送電話××
データ繰越し××
申し込み方法オンラインオンライン
チャットサポート
電話サポート××
店舗サポート××
年齢制限18歳以上18歳以上
支払い方法クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
PayPay残高
その他特典LINEギガフリーLINEギガフリー

料金とデータ量を除けば、ミニプランもスマホプランもスペックはほぼ一緒。
データ容量が3分の1になって、値段も3分の12,728円→990円へ。
超過後速度が1Mbps→300kbpsへ下がってますけど、
超過しないようプランも選ぶハズなので、ここは重要でも無い。

20GBのスマホプランは、初期LINMOから内容は変わらず、
やっぱりahamoの方が・・・ってのは否めない。
ahamoに敵わないから、3GBのLINEMOミニプランも登場したのだとも思っています。

ですので、基本的にLINEMOを選ぶならLINEMOミニプランを選ぶべき。
LINEMOの高スペックSIMが月額990円で使えるのが凄いのです。

で、何が他社SIMと比べて優れているのか?続きます。

LINEMOのメリット

通信速度が速い

3GBで月額990円って値段だけなら、格安SIMと変わらないのですけども、
LINMOが凄いのが、そのスピード。通信速度が圧倒的に速いです。

いわゆる格安SIMというMVNOは、混雑時間帯に速度が急激に速度が落ち込むのですが、
LINEMOはMNOのソフトバンク回線。
いつでも高速であり、同じくソフトバンク系「ワイモバイル」と速度も大差無いのです。

キャリアから回線を借りているMVNOでは、昼時には1Mbps前後まで落ち込みます。
私が大好きなIIJmioでも、昼時はスンゲー遅いから。

格安SIM最強 IIJmioのメリット・デメリット

昼は通信速度が遅くなるっていう、格安SIMのデメリットが無い。
これだけでストレス無く使えるし、これだけで使う価値もあるのです。

高品質かけ放題が有る

格安SIMが、キャリアSIMに劣るポイントその2。通話品質が劣ること。
格安SIMにも「かけ放題プラン」はありますが、
その中身はMNOキャリアのそれとは全く別物です。
IP電話、プレフィックスといった格安電話とは通話品質も別物。

楽天モバイルの「かけ放題」もRCSという新技術、まだまだ発展途上。
専用アプリを使えば「かけ放題」ってやつ、基本的に信用してはダメです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

一方、LINEMOの「かけ放題」は、スマホのデフォルトアプリからの発信でOK
普通に電話するだけ、かけ放題にする為に、神経すり減らす必要もありませんし、
かけ放題適応ならなくて、余計な請求が来ることも有りません。

また、回線品質も高いので、通話時の音質も良いです。
電話回線も通常の電話と同じVoLTE回線、
発着信時の遅延も無く、通話時もプツプツと途切れることもない。

デフォルト電話アプリでかけ放題なので、デュアルSIMした時の使い分けもラク。
iPhoneなら回線名をタップするだけで、発信番号も変更できますので。

iPhone eSIMのデュアルSIMを使って気づいたメリット・デメリット

LINEギガフリーが有る

LINEMOには、「LINEギガフリー」というLINE使い放題特典が有り、
LINE経由でのデータ通信がデータフリーとなっています。

LINEのトーク、通話、テレビ電話、写真の送受信・・・
月間データ通信容量を消費せず、全てノーカウントとなるのです。

子供に使わせる場合も、LINEだけは使えるという安心感。
データを使い切った後もLINEだけ高速通信。
格安SIMとも違って通信速度も安定しているから、LINEの音質も良いまま。
連絡手段としてLINEさえ快適に使えればなんとでもなるし、
LINEを使いたいが為にスマホを持つ人も多いハズ。

そして、LINEギガフリー対象の機能って、
チャットや音声通話、ビデオ通話だけじゃありません、
アルバム、ノート、タイムライン、ファイル送信も、データカウントされないのです。

ギガフリー対象のLINE機能

  • Face Play
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・ファイル等の送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

家族用に作ったLINEの写真アルバムも、
LINEMOなら、いつでもどこでもサクサク閲覧したり編集もできる。
写真をあげる、写真を表示する。写真のデータ量も馬鹿にならないですからね。

私は、LINE経由でファイル送受信もよく使うから、
仕事でデータやり取りも多い人も、意外と嬉しいハズ。
AppleユーザーにはAirDrop、それ以外にはLINEで送付してる。

実は、LINEギガフリーは、テザリングで使う場合も対象となるから、
MacやiPadでデータやり取りする人にとって、これ以上無いサービスなのです。

ちなみに、Androidスマホなら、スマホ1台でLINEの複数アカウント同時利用も可能。
デュアルアプリ(ツインアプリ)で、LINE公式アプリを2つ併用できるのです。

ツインアプリ対応スマホメーカー

  • ASUS
  • Huawei
  • Galaxy
  • Xiaomi
  • OPPO

デュアルSIM対応スマホなら、電話番号も2つとLINEアカウントも2つ運用可能。
LINEってSMS認証さえしちゃえば、入ってるSIMも関係なく使えますので。

eSIM対応

eSIMに対応しており、eSIM切替手数料、eSIM発行手数料も無料です。
iPhoneユーザーにとって、eSIM対応というのは、これ以上無い特典。

LINEMOにも、少なからずデメリットは有るわけで、
それを補う為にデュアルSIMにて運用する。
デュアルSIMで運用することにより、より安く、より快適なスマホになるのです。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用。楽天モバイル、povo2.0、LINEMO、IIJmioのeSIM活用方法。

じゃあ、デュアルSIMで補うべきLINEMOのデメリットは?
というわけで、まだまだ続きます。

LINEMOのデメリット

プラン2択のみ、データ繰越不可

LINEMOは、ミニプラン、スマホプランという3GBと20GBの2択となっており、
5GB、10GB、15GBあたりの程よいプランが有りません。
そこそこ使う人には、ちょっと使い勝手が難しいSIMなのです。

また、LINEMOは、データ繰越にも未対応
複数SIM契約での容量シェア機能も無いので、データ融通も全く効きません。
一月あたりピッタリ3GB、ピッタリ20GBって、人間そんなに器用でも無いし、
追加データチャージも1GBで550円と高額なのよ。

上位プラン20GBという容量も微妙なので、
どちらかというと、確実に3GB未満で済むという人向け。

3GB以上使うなら、他社のSIMも契約して調整するとか。
併用して調整できる人・・・いずれにせよ万人向けでは無いです。

留守電、転送電話、メールアドレス無し

LINEMOは、ソフトバンクの格安ブランドであり、
従来の携帯プランに付いて来る、一部機能やサポートが省略されています。

留守電、転送電話、キャリアメールが有りませんし、
申し込みもサポートもオンラインのみ
※LINEの年齢認証には対応しています。

ただ、これは、ahamo、povoも同じなので・・・
メールアドレスやサポートが欲しいなら。
ワンランク上のブランド、ワイモバイルか、UQモバイルを選んで下さい。
※後述します。

LINEMO専用アプリが無い

LINEMOは、他社SIMのような専用アプリは無く、
全てLINEアプリで管理する仕組みです。
LINEとLINEMOを契約者連携により紐づけると、契約者情報が表示されます。

LINE関連サービスって、なんでもかんでもLINEで管理しようとするので、
LINEのトークがグチャグチャになるっていうデメリット。
メッセージ送付でメニューが表示されるのも、あんまり好みではない。

他社SIMは、スマホアプリ管理なので、
データ量の把握、SIM管理もしやすいのです。

LINEを使うスマホが、必ずしもLINEMOを使うわけではないので、
LINEアプリで管理ってことが、不便だったりもするのです。

私は、複数SIMを、1つのスマホで管理してますので。
LINEMOの情報だけ、WEBブラウザで確認するという手間。


ちなみに、LINE連携しなくとも、LINEギガフリーは適応となります
LINEを使ってるスマホで、LINEMOを使ってないスマホも有りますし、
LINE連携も解除しちゃってます。

LINEギガフリーに条件有り

LINEMOの最大のメリットは、LINEが使い放題の「LINEギガフリー」ですが、
このLINEギガフリーは、最新iPhoneで適応するには条件が有ります。

iOS15からは、プライベートリレーが実装。
プライベートリレー機能がオフにしなければ使えません

プライベートリレーって個人情報を保護するセキュリティ機能であり、
オンにすればアプリの使用情報まで匿名化されちゃうのさ。

LINEアプリを使った通信なのか?LINEMO側が判断できなくなり、
LINEギガフリー適応不可能となるというわけです。

時代の流れとして、プライバシー保護は強化されていく方向なので、
特定アプリでデータフリーとなるプランは、存続も難しくなるのかなと。
今後のLINEMOの懸念材料です。

LINEMO対抗SIMとの比較

格安SIMとの違い

月額990円以下の格安SIMは多くありますが、
LINEMOが登場した今、格安SIMの利点がほぼ無くなりました。

かけ放題の通話音質、データ通信速度において、格安SIMはLINEMOに敵わないし、
電話番号付きの音声SIMだと、3GB前後で1,000円弱の価格帯。
しかも、格安SIMの多くは、初期費用3,300円も必要なのです。
既に格安でも無いから、格安SIMを選ぶ理由が無いのです。

じゃあ、なんで私が格安SIMを使ってるのかというと、
データSIMで激安のIIJmioが有るから。
データ繰り越し可能であり、複数SIM契約でのデータ容量シェアも可能。

2GB月額440円のeSIMで、データ容量の共有が可能なわけで、
デュアルSIM、iPadと使う端末増やせば、容量も倍々に増えていく。
サブSIMとして、コスパ最高のSIMなのです。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用する。楽天モバイル & IIJmioのeSIM活用方法。

逆に、容量繰越しや、容量シェア機能の無い格安SIMは要らない。
eSIM機能も対応しないとなると、ほとんどの格安SIMは厳しいでしょう。

ワイモバイルとの違い

同じソフトバンク系のサブブランド「ワイモバイル」との分岐点は、
実店舗サポートや、Yahoo!、PayPay関連の特典が有ること。
Yahoo!プレミアム会員は、PayPayで還元率も上がる。
PayPayというQRコード決済、今ではクレジットカードより便意rですからね。

PayPay還元率とPayPay残高の種類。PayPayマネー・マネーライト・ボーナス・ボーナスの違い。

あとは、家族割、学割、光回線割引があるので、なんだかんだで、
LINEMO並みの価格にもできること。

余ったデータ容量の翌月繰り越し機能や、シェアプランも有り、
使い方によっては、LINEMOよりも安くできる。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

ただ、ワイモバイルで一番安い「シンプルS」でも、
使えるデータ容量は同じ3GBで、LINEMOミニプランの2倍以上の料金

LINEMO
ミニプラン
ワイモバイル
シンプルS
月額料金990円2,178円
月間データ容量3GB3GB
データ超過後速度300kbps300kbps
データ追加1GB:550円0.5GB:550円
5分以内かけ放題550円770円
※10分以内
かけ放題1,650円1,870円
通話料金22円/30秒22円/30秒
国際ローミング
※通信料は別

※通信料は別
5G対応
eSIM対応
テザリング
LINE年齢認証
メールアドレス×
留守番電話×
転送電話×
データ繰越し×
申し込み方法オンライン店舗
オンライン
電話サポート×
店舗サポート×
年齢制限18歳以上12歳以上
※未成年は要親権者
支払い方法クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
PayPay残高
その他特典LINEギガフリー学割、家族割、光回線割
ソフトバンクWi-Fiスポット
Yahoo!プレミアム特典

結局のところ頑張って割り引いてもLINEMOと大差ないわけで、
契約を複雑化するなら、シンプルなLINEMOを個々で契約した方が良いかと。
契約縛りポイントが増えると、契約が変わった時にも面倒ですからね。

LINEギガフリー特典が有るのもLINEMOだけ。
子供には、学割よりもLINE使い放題の方が有効だとも思ってる。

UQモバイルとの違い

LINEMOとUQモバイルとの分岐点は、
繰り越し、学割、店頭サポート・・・と、ワイモバイルとほぼ同じ。

ワイモバイルに比べると、UQモバイルの方が若干安いですけど、
ワイモバイルに有った容量シェアプランや、Yahoo!特典は有りません。
UQモバイルで一番安い「くりこしプランS」と比較してみる。

LINEMO
ミニプラン
UQモバイル
くりこしプランS
回線ソフトバンクau
申し込み方法オンライン店舗
オンライン
店舗サポート×
電話サポート×
月額料金990円1,628円
月間データ容量3GB3GB
データ超過後速度最大300Kbps最大300Kbps
データ追加1GB:550円100MB:220円
500MB:550円
テザリング無料無料
LINE年齢認証
翌月繰越×
メールアドレス×月額+220円
留守番電話×月額+440円
(電話基本パック)
転送電話×
短時間かけ放題550円
※5分以内
770円
※10分以内
かけ放題1,650円1,870円
通話料金22円/30秒22円/30秒
5分以内かけ放題550円770円
かけ放題1,650円1,870円
年齢制限18歳以上12歳以上
※未成年は要親権者
eSIM対応
その他特典LINEギガフリー学割
au Wi-Fi SPOT

UQモバイルは、ワイモバイルとプランが酷似しているので、
悩むなら、ワイモバイル or UQモバイルで検討すべきかなと。

au系ということで、UQモバイルかpovo2.0で悩む方が多いかなと。
UQモバイルって微妙に安いだけなので、au系で選ぶなら私はpovo2.0ですね。

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

ahamoとの違い

LINEMOには、国際ローミング機能は有りますが、
海外でデータ通信をするのは別料金となります。

この値段で海外データ通信まで付いたら、凄い安いのですけども、
それをやっちゃってるのがahamoとなります。
ahamoは、海外も含め20GBのデータ通信が可能となっているので、
海外でも使うならahamo一択。海外Wi-Fiとかも要らないのよ。

ただ、ahamoは20GB2,970円の1プランしかないので・・・
20GB要らないとなると、ちょっと割高。
ドコモには、ワイモバイルやUQモバイルのようなサブブランドも無いし、
ahamoと比較検討するならLINEMOスマホプランですね。

LINMOスマホプランとahamoの比較

LINEMO
スマホプラン
ahamo
月額料金2,728円2,970円
月間データ容量20GB20GB
データ超過後速度1Mbps1Mbps
データ追加1GB:550円1GB:550円
5分以内かけ放題550円無料
かけ放題1,650円1,100円
通話料金22円/30秒22円/30秒
国際ローミング
※通信料は別
5G対応
eSIM対応
テザリング
LINE年齢認証
メールアドレス××
留守番電話××
転送電話××
データ繰越し××
申し込み方法オンラインオンライン
電話サポート××
店舗サポート×3,300円/回
年齢制限18歳以上20歳以上
支払い方法クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
その他特典LINEギガフリー海外データ通信込み

海外で使うだけでなく、かけ放題でもahamoは格安。
5分以内かけ放題も料金に含まれるし、
制限無しのかけ放題も+1,100円と激安。

通信エリアもahamoがNo.1。
20GB欲しいなら、ahamoは敵なしです。

povo2.0との違い

ahamo、LINEMOと似たプランでpovo1.0も有りましたが、
現在は、povo2.0となり、ahamo、LINMOとは全く異なる料金プランとなりました。

povo2.0だけ月額契約では無い、トッピング制。
固定費が要らず、使う時だけ課金する仕組み。

3GBで990円というのは、LINEMOミニプランと同じですが、
povo2.0の場合は、チャージしてから30日間有効っていうのが凄い。
無料でも128kbpsで使えるわけで、必要になってからチャージしても遅くない。

スクロールできます
povo 2.0LINEMO
ミニプラン
ahamo
月額料金0円990円2,970円
月間データ容量0GB3GB20GB
データ1GB追加390円(7日間)550円550円
データ3GB追加990円(30日間) – –
データ20GB追加2,700円(30日間) – –
データ60GB追加6,490円(90日間) – –
データ150GB追加12,980円(180日間) – –
データ使い放題
24時間
330円(24時間) – –
データ超過後速度128kbps300kbps1Mbps
5分以内かけ放題550円550円無料
かけ放題1,650円1,650円1,100円
通話料金22円/30秒22円/30秒22円/30秒
国際ローミング提供予定
※通信料は別
5G対応
eSIM対応
テザリング
LINE年齢認証×
メールアドレス×××
留守番電話×××
転送電話×××
申し込み方法オンラインオンラインオンライン
電話サポート×××
店舗サポート××3,300円/回
支払い方法クレジットカードクレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替
年齢制限13歳以上18歳以上20歳以上
その他特典#ギガ活LINEギガフリー海外データ通信込み

チャージ後の通信速度は、LINEMOと変わらず高速。
eSIMにも対応しているので、LINEMOとデュアルSIM運用するのも面白い。
従来の格安SIMユーザーは、みんなpovo2.0に移行しちゃうよそりゃ。

povo2.0を0円運用して気づいたメリット・デメリット。注意点と賢い使い方。

楽天モバイルとの違い

楽天モバイルもpovo2.0と同じく、基本料金無料となっていますが、
こちらは、使えば使うだけ料金が上がる従量制プランです。

1GBまでは無料(1回線目のみ)ですが、1GB使うと月額1,078円
3GBまで使うにしろ、LINMOやpovo2.0の方が格安。

楽天モバイルは、速度は速いのですが、楽天モバイルエリアがダメ。
かけ放題も無料だけど、もっとダメ。Rakuten Linkは信用ならないし、
楽天モバイルエリアが、やっぱりまだまだなのです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

楽天モバイルを、メイン回線としてつかうのはちょっと厳しいと思う。
どちらかというと併用して上手く活用するSIMですね。
0円で電話番号持てるのは貴重なんで、サブSIMとしても使えるし、
楽天市場で+1倍になるから、とりあえず楽天モバイルは契約しないと損。

楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

LINEMOミニプランまとめ

従来の格安SIMを契約するなら、LINEMOミニプランで良い。
3GBで990円、かけ放題を追加しても+1,650円
シンプルに安いから、頭使わなくて良いのです。
ホント格安SIM潰し。格安SIMで通話SIMを契約する意味、既に無い。

LINEも使い放題であり、eSIM対応なので、
デュアルSIMで更に活用の余地も有る。
テレビ電話、ファイル送信と、テレワークで使う機会も増えましたからね。
LINEでやり取りしまくる人。テレビ電話好きな人、LINEMO使うべき。

LINEだけ使いまくるコミュニケーションSIMとして、家族や子供用にも最高。
LINEだけはいつでも高速で使えるという利点。
連絡取れなくなるから使い過ぎないで・・・って言う必要も無い。

何の為にスマホが欲しい?って言ったら、やっぱりLINE。
ウチの子供も最初はLINEから。
じゃあ、LINEMOミニプランで良いよねって話でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる