iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット

iPhone eSIMのメリット・デメリット

iPhoneは、nanoSIMとeSIMに対応となっており、

日本でもeSIM対応キャリアが増加中。

 

1つのSIM(回線)を使うよりも、

2つのSIMを併用することで、

色々と便利になるし、料金も抑える事もできる。

 

というわけで、

今回は、eSIMでデュアルSIMする利点について。

アンテナマークが2重表示になるだけでも、

ちょっとカッコ良いから。

iPhone eSIM対応モデル

eSIMに対応しているのは、

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降のiPhone

※中国、香港、マカオ版iPhoneは除く

 

eSIM対応モデルは、全てnanoSIMも挿せるので、

eSIM対応iPhone≒デュアルSIM可能ってわけ。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降は、nano-SIM と eSIM を使ったデュアル SIM に対応しています。

eSIM でデュアル SIM を活用する – Apple サポート

 

日本でeSIMに対応しているキャリア(通信事業者)は、

povo、LINEMO、ワイモバイル、楽天モバイルと、

MVNOではIIJmioのみ。

ahamo、UQモバイルは、現状eSIM未対応です。

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの違い。UQモバイルとワイモバイルの分岐点。

 

海外通信事業者のeSIMも、日本国内で使えますが、

割高で低速なローミングSIMを、敢えて日本で使う理由も無いかなと。

※参考→eSIM サービスを提供している通信事業者を探す – Apple サポート

iPhone eSIM設定方法

日本の通信事業者のeSIMは、QRコードでの設定が主流。

私は、楽天モバイル、IIJmioを使ってますが、

いずれもQRコード読み取り設定でした。

eSIMを申し込むと、QRコードが表示されるページへ案内されます。

20210428144002

 

カメラアプリから、QRコードを読み取れば、

自動的にeSIMの設定へ。

モバイル通信プランの追加→インストールへと進みます。

20210428144059

20210506071511

「モバイルデータ通信の名称」は、

主回線、副回線、仕事、個人、旅行・・・と、

既存の名称からも選べますが、オリジナル名称にすることも可能。

20210428144113

分かりやすい名称にした方が後で混乱しません。

回線切替もしたいし、eSIMには複数登録できる利点も有りますので。

20210428144213

SIMの名前を付けたら、

デフォルトで使う「モバイルデータ通信」回線の選択へ、

モバイルデータ通信=データ通信で優先する回線となります。

20210506071808

「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をオンにすると、

電波状況に応じて自動的に使う回線を切り替えてくれます。

※私は勝手に切り替えられても困るのでOFFにしています。

 

続いて「デフォルト回線」の選択、

デフォルト回線=音声通話やSMSで優先する回線となります。

主に発信時に利用する携帯番号であり、

音声着信やSMS受信は、サブ回線も同時に利用可能です。

20210506071735

 

最後に、iMessageとFaceTimeで使う、電話番号の選択。

Appleユーザー同士で使う電話番号であり、

Apple IDに紐付けた番号にするのが一般的かと。

20210506071747

 

以前に、デュアルSIMを設定したことがある場合、

「連絡先の優先回線をアップデート」という画面も表示されます。

以前の設定と異なる場合に表示されるわけで、

新たに設定したSIMに更新しておけば良いと思います。

20210428144347

QRコードでeSIMプロファイルをダウンロードした場合は、

eSIMのAPNも自動的に設定されるので、これにて設定は終了。

 

物理SIM(nanoSIM 等)のように、

別途、APN設定(APN構成プロファイルダウンロード)をする必要も無いのです。

iPhone eSIMのメリット

電話番号を同時に2つ利用できる

音声通話SIMをデュアルSIMにすれば、

一つの端末で、同時に二つの携帯番号が利用できます

 

発信時は、デフォルト回線が優先となってますが、

簡単にサブ回線に切り替えも可能。電話アプリ上で変更もできます。

20210428145750

また、着信時は、主回線、副回線の両方で着信可能となっており、

どちらの番号へ着信が有ったのか?容易に把握できるのです。

20210507062139

電話番号を、仕事用と個人用で使い分けたり、

通話用とサービス登録用(SMS認証用)に分けたりできるわけ。

メールアドレス同様、携帯番号も使い分けた方が良い時代、

個人情報の流出防止にも繋がるし、

携帯に営業電話がかかってくるほど嫌なものも無いですから。

 

ちなみに、楽天モバイルの「かけ放題」は、Rakuten Link発信が必須なので、

楽天モバイルを「デフォルトの音声回線」に設定する意味ってあまり無い。

Rakuten Linkでの発信は、VoLTEではなくRCS、回線品質も劣るのです。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

通話SIMとデータSIMの使い分けが可能

主回線(デフォルト回線)と副回線(サブ回線)は、

「音声回線(電話、SMS)」と「モバイルデータ通信」で別々に設定できます

20210507062006

MNO系の「かけ放題」SIMを、デフォルトの音声回線に設定して、

モバイルデータ通信側は、MVNOの格安SIMを使ったり、

データ専門の大容量SIMを使ったり、容量超過したときだけ切り替えたり。

 

携帯の料金プランってデータ通信量で料金も決まるので、

データ通信で融通が効くって利点は大きいの。

 

音声回線は同時に2つの回線を有効にできますが、

モバイルデータ通信の方は、同時に利用できるのは1つだけ

しっかりと、データ通信は区別して使えるのです。

電波状況に対応できる

回線エリアは、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天で異なりますが、

特定の回線が入らない場所、得意不得意のエリアが有る。

 

都心の地下、山の中のキャンプ場、地方の住宅街・・・

そういった場合に、回線を切り替える事により、

電波が届かないトラブルや、

通信速度が遅いトラブルにも対応できるようになる。

 

楽天モバイルなら、楽天回線とau回線が使えるし、

ドコモ回線が万能ってわけでも無いですからね。

20210503115238

eSIMは複数登録できる

iPhoneで同時に使えるeSIMは1回線までですが、

iPhoneには複数のeSIMを登録可能なのです。

 

eSIMは、物理的なSIMの交換が無いわけで、

設定画面から、eSIMの切り替えも簡単にできるのです。

20210507061927

 

これが役に立つのは、主に海外旅行。

海外滞在時には、現地で使えるSIMを設定しておき

現地に付いたら設定画面から切り替えるだけ。

機内でSIMを差し替える手間も無く、SIMを紛失することも無いのです。

DSC06144

最近では、海外データ通信まで含まれているプランも多く、

例えば、楽天モバイルなら、

海外66カ国でも月間2GBまで使えて、月間1GB未満は無料ですからね。

海外旅行用の予備SIMとして、契約だけでもしておくべきなのよ。

eSIMは安い→iPad、Surfaceにも使える

物理的なSIMが無いということで、

回線の開通手続きも早く、月額料金が安かったりもします。

 

代表的なのが、MVNOのIIJmio。

eSIM専用のデータ通信プラン「データプラン ゼロ(月額165円)」も有りますが、

使うべきはギガプラン。eSIMなら月額2GB月額440円

データ追加も1GBあたり220円と、MVNO最安。

 

余った容量は翌月末まで繰り越し可能ってだけでなく、

複数回線契約でのデータシェアにも対応。※2021年6月頃に提供予定

格安SIMでは、IIJmioがずば抜けているのです。

格安SIM「IIJmio(アイアイジェイミオ)」のメリット・デメリット

 

eSIMは、iPhoneだけでなく、Surface、iPad、iPad Proにも対応しているので、

タブレットの最安運用しつつ、スマホと容量シェアも可能ってわけよ。

20210507061832

eSIM対応タブレット/ノートPC

  • iPad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • Surface Pro LTE Advanced
  • Surface Pro X

テザリング不要になって、

データ容量もシェアできて、値段も激安ってヤバい。

 

eSIMで直接インターネット接続できれば、

起動して即ネット接続できるし、スマホのバッテリー持ちも良くなる。

ホント良いことしか無いのです。

iPhone eSIMのデメリット

ITリテラシーが必要

大手携帯キャリアのメインブランドは、eSIMには未対応。

eSIMって、日本ではまだまだ普及しているとは言い難いし、

そもそもSIMって何なのか?理解している人も少ないかと。

 

携帯電話は、携帯キャリアで購入するって思っている人、

店舗で契約しなければ、機種変更できないって思っている人、

まだまだ多いですからね。

 

オンラインでスマホを購入して、オンラインで回線契約して、

自分でAPN設定できる・・・くらいの知識は必要。

iPhone買うなら、Apple Storeが安いってこと。

Apple製品は、Appleで買える人じゃないと厳しいかな。

eSIMは機種変更が面倒

eSIMは、登録した一つの端末で使うもの。

複数の端末で、eSIMを使い回すことができません。

一つの端末に、複数のeSIMは登録できるのですが、

複数の端末に、一つのeSIMを紐付けすることはできないのです。

 

eSIM登録した端末とは、別の端末で利用する場合は、

eSIMの再発行が必要なわけで、面倒な手続きも増えるのです。

物理SIMなら差し替えて、APN設定するだけですからね。

 

eSIMの再発行手数料が発生するサービスも有り、

機種変更するたびに、この料金も必要なのです。

eSIM発行手数料

  • 楽天モバイル:無料
  • IIJmio:220円
  • povo:無料
  • LINEMO:無料
  • Y!mobile:オンライン無料 ※窓口3,300円

 

また、eSIMは「設定」の「モバイル通信」で管理できるのですが、

うっかり「モバイル通信プランを削除」してしまった場合も、

eSIM再発行手続き→再設定が必要となります。

20210507062025

QRコード表示する端末が必要

日本でeSIM提供しているサービスは、

基本的に、QRコードスキャンでの設定が必須なので、

スマホとは別にQRコードを表示するための端末が必要となります。

20210507062111

eSIM設定方法

  • 楽天モバイル:QRコード読み取り
  • IIJmio:QRコード読み取り
  • povo:QRコード読み取り
  • LINEMO:QRコード読み取り
  • Y!mobile:QRコード読み取り

povo以外は、アクティベーションコードの手入力でも対応できますけども、

ちょっと複雑であり、各社QRコードでの設定を推奨されてますので。

20210507062103

海外系のeSIMサービス、T-MbileやGigSky等では、

アプリでeSIM設定、SIM管理できたので・・・

今後は、日本のeSIMもそうなるのかもしれませんけど。

※参考→海外でeSIM(iPhone XS、iPad Pro)を利用してみた。eSIMによる設定方法と動作の違い。 | とりあえずバンクーバー。

iPhone eSIMまとめ

モバイル回線の月額料金って、

データ通信量音声通話(かけ放題)で決まるわけで、

一つのSIMに縛られる必要も無いのです。

 

楽天モバイルならかけ放題も無料で使えるし、

MVNOの格安SIMなら、月間3~5GB月額1,000円前後

音声通話SIMも安くなっているから。

音声格安SIMの選び方。MVNOとMNOの料金プラン比較。

 

大手携帯キャリアの無制限プランは高額。

実際、10GB以上も使う人は稀なわけで、

LINEMOよりもワイモバイルの方が得する人も多いハズ。

ワイモバイルには、家族割、学割、光割も有るから。

ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

 

同様にpovoよりも、UQモバイルという選択。

UQモバイルは、データ繰り越しも可能だから。

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

 

ahamo、povo、LINEMOと、相変わらず横並びの似たようなプラン、

ちょっと違うのがahamoで有り、

ahamoを検討できるなら、他にも選択肢は多々有るから。

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの違い。UQモバイルとワイモバイルの分岐点。

 

いずれのプランもMNP転出無料、解約料無料、

契約縛りも無いし、複数契約割引も無いわけで、

同じキャリアを使い続ける理由も皆無。

サクサクっと切り替えて良い時代なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です