以前は少なかった、au系の格安SIM。

格安SIMの普及とともに提供する会社も増えており、

通信速度の速さから、私も使っております。

IMG_4872

SIMフリー端末だけでなく、auロックのスマホでも使えるのが最大の利点。

ただ、ドコモ系の格安SIMに比べると、気を配るべき点は多い。

オススメau系SIMとともに、注意点も挙げておきます。

au回線オススメの格安SIMは・・・ほぼ2択。

au回線で格安SIMを提供するMVNOは、現在8社ほど。

増えたといえど、そのほとんどがDocomo回線も提供しているマルチキャリア。

au回線では微妙な所が多く、悩むポイントも少ないです。

 

UQ mobile

UQモバイルは、端末セットとSIM単品でプランが異なり、

SIM単品の場合、2種類のプランのみとなります。

月間容量3GBプランと、データ無制限プランの2種類です。

UQ mobileのメリット

  • 通信速度が常時高速。昼時も速度低下しない。
  • 端末セットが豊富。iPhoneセットで契約できる
  • iPhone、iPadでもテザリングが可能
  • 500kbpsの無制限プランが有る。
  • VoLTE非対応の端末でも利用可能。

UQ mobileのデメリット

  • 他社より料金が微妙に高い。
  • 無料通話不要のプランは「3GB」と「データ無制限」の2つのみ。
  • 無料通話プランのみ大容量「6GB」と「14GB」が選べる。
  • 端末セットのiPhoneは、UQ版SIMロックが付いている。
  • 対応端末が少ない。動作確認端末が全然更新されない。

 

UQmobileは、格安SIMの中では通信速度が超高速

同じくau回線のmineoと比較しても、より通信速度は速いです。

au回線の格安SIM「UQ mobile」と「mineo(マイネオ)」の通信速度比較。

 

また、au系SIMでiPhoneテザリングが利用できるのはUQmobileだけ。

※iPhone7、iPhone8は不可→参考

 

せっかくの高速回線を、テザリングでも使いたいって人は多いハズ。

ただ難点は、

UQモバイルは、通話定額&無料通話プランがメインとなっており、

データSIMや音声通話SIMの契約の場合、

月間3GBプランしか選択肢が無いという事。

無制限プランだと最大500kbpsになってしまうから。

 

au回線という事で、auロックのスマホでも使えますが、

DoCoMo系の格安SIMに比べると対応端末は少ない。

動作確認端末も全然更新されないから、新しい端末を使えるのかも謎。

※参考→動作確認端末一覧 | SIM | 製品 | 格安スマホ・格安SIMのUQ mobile

 

通話セットプラン(おしゃべりプラン、ぴったりプラン)は、

大容量プラン14GBまで有りますが、これは2年間のみ。

通話特典が強制であり、基本的に割高。

更に、2年目から月額料金1000円が上がり、

3年目は通信容量が半分に減るというカラクリ。

通話しないなら損というのも、大手携帯キャリアと同じ。

てかこれ、Y!mobileと全く同じ料金プランだよね。

 

ちなみに、iPhone6S、iPhone SEを端末セットで購入できますが、

UQmobileのiPhoneはUQ版SIMロックがかかってます。

SIMロック解除のお手続き|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

UQ版iPhoneは、101日目以降ならSIMロック解除もできますが、

SIMフリー端末でないので、気をつけて。

 

mineo(Aプラン)

元祖au回線のMVNOといえばmineo。

2015年9月より、DoCoMo回線プランも開始となったので、

au回線のプランはAプランとなってます。

mineo Aプランのメリット

  • ドコモ系格安SIMでNo.1のサービスを踏襲。
  • データSIMのSMSオプションが無料。
  • 通話SIMはデータSIM+610円。他社よりも安い。
  • データ容量プランが豊富。最大30GBプランまで有る。
  • 対応端末が豊富。新機種の動作確認が早い。
  • Dプラン(ドコモ回線)への切替も可能。
  • Dプラン(ドコモ回線)との容量シェアも可能。
  • VoLTE非対応の端末でも利用可能。

mineo Aプランのデメリット

  • iPhone、iPadでテザリングが不可能
  • 通信速度がUQモバイルに比べると劣る。

 

激戦のドコモ系格安SIMで素晴らしいサービスを誇るmineo。

mineo Dプランが最強だから、Aプランも最強。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

ただ、AプランとDプランで、微妙に違いが有ります。

 

mineo AプランとDプランの違い。

  • Aプランはau 4G LTE&au 3Gエリア
  • DプランはドコモXi(クロッシィ)&FOMAエリア
  • AプランはiPhoneテザリングに非対応
  • Aプランはデュアルタイプ(通話SIM)が微妙に安い
  • Dプランのシングルタイプ(データSIM)はSMSが有料(+120円)
  • Dプランは、直近3日間の通信制限が無い。Aプランは3日間6GB。
  • Dプランには「三者通話サービス」オプション無し

 

一番の違いは、AプランではiPhoneでテザリングが不可能という事。

サービスで選ぶなら、断然mineoなんだけど。

iPhoneでテザリングが使えるのは、UQモバイルだけ。

回線速度もUQモバイルには敵わない。

敢えてau回線を選ぶなら・・・2位だね。

 

auSIMで、対応端末が一番豊富なのもmineo。

最新端末iPhone8の動作確認済み。

動作確認端末一覧 | mineo(マイネオ)

au回線はドコモ回線よりも、癖が有るので、

対応端末チェックは欠かせない、そういった面でもオススメ。

 

私はmineoで、DプランもAプランも契約していますが、

iPhoneでテザリングをしないなら、

mineo Aプランの方が高速で快適。

ただ仕事上、テザリングって意外と使うので・・・

結局、Dプランをメインに使ってますけど。

mineoはDプランとAプラン間で、繰越容量はシェア可能、

用途別に使い分けるのも有りかと。

 

IIJmio、BIGLOBEモバイルもau SIMを提供しているけど。

ドコモ系MVNOがマルチキャリアとなって、

au回線SIMも提供するようになってます。

大手ではIIJmioBIGLOBEモバイルです。

ただ、IIJmioも、BIGLOBEモバイルも、

VoLTE SIMしか取扱いがありません

VoLTE端末を使うには、

au端末でもSIMロック解除が必須なので・・・

わざわざau回線を選ぶ意味も無くなるという。※後述します

VoLTE端末も少ないので、対応端末も必然と少ない。

動作確認端末 | IIJmio

動作確認端末 | BIGLOBEモバイル

 

au回線といえど、通信速度ではUQモバイルには敵わないので、

敢えて制限の有るau回線SIMを使うなら、

対応端末も豊富で、歴史の有るmineoの方が安心かと。

地味に料金も安いからね。

 

au系格安SIMの料金比較。

格安SIMで料金比較しても意味無いとは思うけど。

せっかく調べたから載せておきます。

 

au系格安SIMの月額料金(データSIM)

容量 500MB  1GB  3GB  5GB  6GB 7GB 10GB 12GB 15GB 20GB 30GB 50GB
UQ mobile 980
mineo 700 800 900 1580 2520 3980 5900
BIGLOBEモバイル 1020 1570 2820 4620 6870
IIJmio 900 1520 2560
Fiimo 900 1600 2650
Tikimo SIM 790 890 1480 1980 3490 6390 10490
Qtmobile 800 900 1550 2550 4200 6200

 

au系格安SIMの月額料金(音声通話SIM)

容量 500MB  1GB  3GB  5GB  6GB 7GB 10GB 12GB 15GB 20GB 30GB 50GB
UQ mobile 1680
mineo 1310 1410 1510 2190 3130 4590 6510
BIGLOBEモバイル 1400 1600 2150 3400 5200 7450
IIJmio 1600 2220 3260
Fiimo 1600 2300 3350
Tikimo SIM 1490 1590 2180 2680 4190 7090 11090
Qtmobile 1450 1550 2250 3250 4900 6900

 

 

au回線MVNOは料金プランも難解なところが多い。

J:COM Mobleも、au回線を扱ってますが、

SIMカード単体の契約ではdocomo回線しか選べません。

よって、上記の料金比較には入ってません。

 

月額料金で比較してもmineoが優れているかと。

通話SIM3GBプラン、大容量30GBプランでも一番安いです。

 

UQ mobileは、通話定額&無料通話プランの

「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」を打ち出してますが、

通話特典が付いている分、基本的に割高です。

2年縛りも発生し、2年目以降は月額料金が1000円も上がり

3年目はデータ通信量も半分になります。

容量 1GB
(2年間2GB)
3GB
(2年間6GB)
7GB
(2年間14GB)
おしゃべり

プラン

2980円
(初年度1980円)
3980円
(初年度2980円)
5980円
(初年度4980円)
ぴったり

プラン

2980円
(初年度1980円)
3980円
(初年度2980円)
5980円
(初年度4980円)

月額イチキュッパは、初年度のみっていう・・・

携帯キャリアみたいなプランなので、

格安SIMとして考えるなら辞めた方が良いです。

 

au系格安SIMのメリット・デメリット

ドコモ系の格安SIMがシェアを占める中、

敢えてau系SIMを使う理由は有るのか?

 

au系格安SIMのメリット

  • ドコモ系MVNOに比べ、通信速度が速い
  • au端末をSIMロック解除せず使える。※VoLTE端末を除く

au系格安SIMのデメリット

  • MVNOが少ない。
  • iPhoneではテザリング不可能。※UQmobileを除く
  • 直近3日間の6GB制限が有る。※au回線の都合
  • LTEの周波数帯(Band)が特殊。
  • 音声通話のCMMA2000とVoLTE問題も有る。

 

au系SIMの魅力は、

ユーザーが少ないので、回線速度が速いという事。

特にUQmobileは、ホント常時高速。

 

ただ、回線速度が魅力という点を除けば、

au系SIMは、デメリットが多いです。

 

au回線だから、auの端末がそのまま使えるというわけでも無く、

SIMフリー端末だから、au回線も使えるというワケでも有りません。

制限だらけで、気を遣うポイントも多い。

特に、対応端末には注意が必要です。

 

au系格安SIMの対応機種と対応バンドに注意。

au回線の格安SIMのデメリット。それは対応端末の少なさに有ります。

SIMフリー端末だからといって、au系の格安SIMは使えない事がほとんど。

故にmineoや、UQ mobileのセット端末も微妙。

au回線の周波数帯が、世界的に少数派なんだよねん。

 

au回線は音声通話の通信方式が異なる。CDMA2000の問題。

SIMフリーでauのLTEデータ通信は使えても、

au音声通話の3G回線(CDMA2000)に対応している端末は、ほとんどありません。

 

コスパが良く人気のSIMフリースマホは、

ほぼW-CDMAと呼ばれる通信方式を使っています。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2016年Ver.

Zenfone2、P8lite、Nexus6・・・au系の格安SIMでは音声通話は不可能です。

 

auの回線を使っているUQモバイルも、

マイネオも、必然的にCDMA2000を採用している。

KDDIは音声通話にCDMA2000と呼ばれる通信方式を採用しているため、現在国内販売されている『SIMフリー』スマホのほとんどでは音声通話ができません。mineoはKDDIのMVNOなので、mineoのデュアルタイプ(データ通信+090音声通話)での音声通話もCDMA2000を使用するため、残念ながら音声通話はできないのです。

「SIMフリー」スマホのほとんどがなぜmineoの動作確認端末一覧に載ってないの? | 王国通信 | マイネ王

 

au回線のVoLTE(ボルテ)の問題。

CDMA2000不可でも、音声通話が可能なVoLTE(ボルテ)なら・・・

というわけで、2017年にau系の格安SIMでVoLTE対応するようになりました。

ただ、このVoLTEが非常にややこしい。

 

au回線 VoLTEのややこしいポイント

  • 既存のSIMとVoLTE SIMには互換性が無い
  • auのVoLTEとMVNOのVoLTEには互換性が無い→SIMロック解除必須
  • IIJmioとBIGLOBEは、VoLTEでのみau回線SIMを提供

 

ドコモ系MVNOではVoLTEに関して気にする必要は有りませんが、

au系MVNOでは、VoLTEには注意が必要です。

 

VoLTE対応端末は、基本的にVoLTE SIMでしか動作しないので、

SIMを間違って選択してしまうと、全く使えないという事。

大手携帯キャリアauのVoLTEと、MVNOのVoLTEにも互換性が無いので、

auのVoLTE端末を使う場合、

auSIMロック解除しないと、au系のMVNOで使えません。

 

また、新たにau系SIMを提供開始となった、

IIJmioとBIGLOBEは、VoLTE SIMのみ扱ってます。

よって、VoLTE端末でしか使えず、対応端末も少ないです。

 

auとドコモのLTEデータ通信の周波数(バンド)の違い。

au回線は音声通話に制限が有るだけでなく、

LTEデータ通信の周波数こと対応バンドも異なります

ドコモ系のMVNOは、ドコモのバンド(周波数)を使うし、

au系のMVNOは、auのバンド(周波数)を使う事になる。

 

大手携帯キャリア 対応バンド一覧

  • docomo:Band1,3,6,19,21,28
  • au:Band1,11,18,26,28
  • SoftBank:Band1,8,11,28

 

ドコモ回線のバンド3バンド19に対応している端末は多く、

au回線が強いバンド18に対応している端末は、非常に少ないです。

 

SIMフリー端末 対応バンド一覧 ※モデルにより微妙に異なります。

  • Nexus5:band1,2,3,5,7,8,20
  • Nexus6:band1,3,5,7,8,9,19,20,28,41
  • ASUS Zenfone5:band1,3,7,8,19
  • ASUS Zenfone2:band1,2,3,4,5,6,8,9,18,19,28
  • Huawei P8 Lite:band1,3,5,7,8,19,28
  • Huawei P8 Max:band1,3,7,38,39,40
  • Huawei Ascend Mate7:band1,2,3,4,5,7,8,19,20,40
  • iPhone5:1,3,5,13,25
  • iPhone5S/5C:band1,2,3,4,5,8,13,17,18,19,20,25,26
  • iPhone6/6 Plus:band1,2,3,4,5,7,8,13,17,18,19,20,25,26,28,29,38,39,40,41

 

iPhoneは世界的な端末という事で、万能に対応。

現行モデルならMVNOを気にせず使えます。

一方、Androidは、端末により大きく異なるので、

対応バンドのチェックも欠かせません。

 

他社キャリア端末のキャリアロックを解除したところで、

周波数帯で対応していなければ意味もありません。

特に、各キャリアで販売されている端末は、

キャリア向けに対応バンドも調整されている事が多いです。

auスマホはau回線で使うのが無難。

docomoのAndroid端末なら、ドコモ系の格安SIMで使うのが間違い無い。

イチイチ確認するのも面倒ですから。

 

ちなみに、海外から輸入したSIMフリー端末を日本で利用する事は、

電波法違反の恐れ有りデス。

使用できないというよりも、使っちゃいけないという。

バンド1だけ使って(バンド1が無いエリアでの使用はちょっと不安だけど・・)mineoは使えるのでは?となるのですが、もうひとつ技術基準適合証明(いわゆる技適)を取得しているかが問題になります。日本で利用するには、『SIMフリー』スマホが技適を取得している必要があります。

「SIMフリー」スマホのほとんどがなぜmineoの動作確認端末一覧に載ってないの? | 王国通信 | マイネ王

海外から安く端末を輸入する際は、技適マークにも気を配りましょう。

EXPANSYS(エクスパンシス)からSIMフリースマホを激安輸入。評判&購入レビュー。

 

au系格安SIM比較まとめ。

au系MVNOは、au回線を利用するという事で、

様々なデメリットが有りますが、

回線速度の速さは、それを上回るメリット。

対応端末を持っているなら、使う価値はあります。

 

au系 格安SIMをオススメするユーザー

  • なにより通信速度を優先したい。
  • au版Android端末を所持している。
  • iPhoneでテザリングを使わない。※UQmobileを除く。

 

iPhoneでテザリングを使わないユーザーや、

au版のAndroid端末を所持しているなら、

au系の格安SIMは有りだと思います。

MVNOも少ないので、SIMで悩む余地も無い。

 

au系でオススメの格安SIM

  • 通信速度を求めるなら → UQモバイル
  • 料金・サービスを求めるなら → mineo

 

ただ、様々な制限が有るのは、間違いない。

申込み前に、必ず動作端末を確認する

それでも不安な人、初心者は避けた方が良いかと。

 

au端末を持っておらず、わざわざ新しく端末を用意するなら、

ドコモ系の格安SIMをオススメします。

mineo Dプラン徹底レビュー。ドコモ回線のマイネオにデメリットは有るのか?

 

私の場合は、サブSIMとしてau系SIMを使ってます。

テザリングをしないiPadでmineo。

データSIMで、UQmobileを使ってます。