ソフトバンクとワイモバイルとLINEMOの違い。SoftBank系ブランドの選び方。

2021年は、LINEMO(ラインモ)の登場により、
ソフトバンクやワイモバイルの料金プランも大きく変わりました。

サポート云々の違いって言ってますけど、
結局のところ、できない人は割高料金っていう、
情報弱者が損する仕組みは変わらず。

ソフトバンクユーザーに限らず、回線契約は見直すべきだし、
私ならワイモバイルをよりもLINEMOを選ぶ。その理由について。

目次

SoftBank、LINEMO、Y!mobileの比較

新ブランド「LINEMO」が登場したことにより、
ソフトバンクは、データ無制限プランを値下げし、
ワイモバイルも、デーア容量が大幅に増えてます。

公式サイトの料金は、分かりづらくなってるんで、
正規料金を抽出して、比較してみました。

料金プランの比較

ソフトバンク
(SoftBank)
ラインモ
(LINEMO)
ワイモバイル
(Y!mobile)
プラン名 メリハリ無制限 ミニプラン(3GB)
スマホプラン(20GB)
シンプルS/M/L
データ通信量 無制限
※従量制
3GB/20G 3GB/15GB/25GB
月額料金 ~3GB:5,588円
3GB~:7,238円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
月額料金
+5分かけ放題
~3GB:6,468円
3GB~:8,118円

(+880円)
3GB:1,540円
20GB:3,278円

(+550円)
3GB:2,948円
15GB:4,048円
25GB:4,928円
(+770円)
※10分かけ放題
月額料金
+かけ放題
~3GB:7,568円
3GB~:9,218円

(+1,980円)
3GB:2,640円
20GB:4,378円

(+1,650円)
3GB(S):4,048円
15GB(M):5,148円
25GB(L):6,028円
(+1,870円)
契約縛り 無し 無し 無し
テザリング 無料
※30GB制限有り
無料 無料
容量超過後速度 128kbps
※テザリング等
ミニ:300kbps
スマホ:1Mbps
S:300kbps
M、L:1Mbps
翌月繰越 無し 無し 無し
メールアドレス 有り 無し 有り
留守番電話 有り 無し 有り
ネットワーク 4G LTE/5G 4G LTE/5G 4G LTE/5G
回線 SoftBank SoftBank SoftBank
音声通話方式 VoLTE VoLTE VoLTE
eSIM対応
支払い方法 クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
PayPay残高
申し込み 店舗
オンライン
オンライン 店舗
オンライン
年齢制限 12歳以上
※未成年は要親権者
18歳以上 12歳以上
※未成年は要親権者
サポート 電話、メール
チャット、LINE、
Twitter、店舗
チャット
LINE
電話、メール
チャット、LINE、
Twitter、店舗
Yahooプレミアム
(月額508円相当)
有り 無し 有り
ソフトバンクWi-Fi
(月額513.7円相当)
有り 無し 有り
家族割 2人:660円
3人以上:1,210円
無し 2台目以降1,188円割引
学割 6ヶ月間3,938円割引 無し 1年間1,100円割引
おうち割(セット割)
※SoftBank Air
※SoftBank 光
毎月1,100円割引 無し 毎月1,188円割引
LINEギガフリー 無し 有り 無し

いずれのブランドで、2年縛りといった契約縛りは無くなり
新プランではテザリングも無料へ。

料金は、LINEMO <ワイモバイル < <<<<< ソフトバンクとなっており、
データ通信量も、料金に比例して増える傾向に有る。
ワイモバイルとLINEMOが低・中容量、ソフトバンクが大容量(無制限)。

LINEMOは、ソフトバンクのオンライン専用ブランドですが、
ソフトバンク系サービスと併用しても割引は無く
LINEMOにも複数回線割引(家族割)が有りません。

というわけで、現状ソフトバンク系だからといって、
LINEMOを選ぶ必要は全く無いのです。

povo2.0と楽天モバイルは、基本料金無料だし、
ahamoなら、海外でも使えますからね。

ahamo、povo2.0、LINEMOの比較。楽天モバイル、Yモバイル、UQモバイルとの違いと分岐点。

SoftBankとY!mobileの違い

前提として、現在ワイモバイルは、
ソフトバンクのグループ会社では無くなっており、
ソフトバンク株式会社へ吸収合併されてます。

ワイモバイルで利用する回線も、
旧イー・モバイル&旧ウィルコムの回線ではなく、
現在はソフトバンク回線であり、対象エリアもソフトバンクと一緒です。

なのにソフトバンクの料金は、ほぼ全てがY!mobileよりも高額
ソフトバンクは、3GB未満で月額1,650円の割引→月額5,588円となりますが、
Y!mobileなら、3GBプランは月額2,178円月額差額3,410円というわけ。

かけ放題オプションも、ワイモバイルは10分かけ放題で+770円に対し、
ソフトバンクは5分かけ放題で+880円ですからね。

SoftBankとY!mobileの比較

ソフトバンク
(SoftBank)
ワイモバイル
(Y!mobile)
プラン名 メリハリ無制限 シンプルS/M/L
3GB 5,588円 2,178円
15GB 3,278円
25GB 4,158円
無制限 7,238円
短時間かけ放題 +880円
※5分かけ放題
+770円
※10分かけ放題
かけ放題 +1,980円 +1,870円
契約縛り 無し
テザリング 無料
※30GB制限有り
無料
容量超過後速度 128kbps
※テザリング等
S:300kbps
M、L:1Mbps
翌月繰越 無制限 有り
メールアドレス 有り
留守番電話 有り
ネットワーク 4G LTE/5G
回線 SoftBank
音声通話方式 VoLTE
eSIM対応
支払い方法 クレジットカード、口座振替、PayPay残高
申し込み 店舗、オンライン
年齢制限 12歳以上
※未成年は要親権者
サポート 電話、メール、チャット、LINE、Twitter、店舗
Yahooプレミアム 有り
ソフトバンクWi-Fi 有り
家族割 2人:660円
3人以上:1,210円
2台目以降1,188円割引
学割 6ヶ月間3,938円割引 1年間1,100円割引
おうち割(セット割)
※SoftBank Air
※SoftBank 光
毎月1,100円割引 毎月1,188円割引
LINギガフリー 無し

同じソフトバンク回線を利用し、回線品質もほぼ同じ。
回線速度が違うの?ってくらいで、ワイモバイルも普通に早い。

サポートや契約という点でも、
ワイモバイルはソフトバンクと大差無いわけで、
じゃあ誰がソフトバンク使うのか?って言ったら、
「無制限」に惹かれる人、月間25GB以上使いたい人。

あとソフトバンクユーザーは、ソフトバンク系のサービスで優遇が有る。
PayPay、PayPayモール、ヤフーショッピング、LOHACO・・・
毎週日曜日での倍付け特典、あとはPayPay祭とかで、
ソフトバンクユーザーだけ倍率が高いことがある。

ただ、ソフトバンク系の倍付けルールはコロコロ変わるし、
月額料金が高額な事を考えると、これで元を取るのは無理。
倍付け攻略するなら楽天が簡単であり、楽天経済圏にも敵わないのよ。

楽天市場のSPUと買いまわりを攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。

ワイモバイルにも「Enjoyパック(月額550円)」有るけど・・・
還元率が上がっても、上がった月額料金分得するってのも無理があるから、
小難しいこと考えるより無視した方が良い。

ソフトバンクには新プラン「メリハリ無制限」以外のプランも有りますが、
旧プランや従量制プランは、総じて割高でエグいシステム。
LINEMO登場により、多少は健全になったので、
旧プランで契約している場合は、新プランに変更だけでもした方が良い。
無制限プランじゃないなら、ソフトバンクは要らんと思うけど。

LINEMOとY!mobileの違い

2021年3月17日から開始した「LINEMO(ラインモ)」。
オンライン専門故に、サポートの無さがデメリットみたいに扱われてますが、
違いはサポートの有無だけでは有りません。

LINEMOには、LINE利用時のデータ換算しないという、
LINEギガフリーという特典が有る。
LINEのビデオ通話、写真、動画、ファイル送信までカウントされないのです。
テザリング端末でも有効だから凄い。

LINEギガフリー対象の機能

  • Face Play
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・ファイル等の送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Payの利用
  • ウォレットタブのLINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用

月間容量3GBのLINEMOミニプランも登場、
格安SIMと同等の月額990円で、高速回線だしLINE使い放題もやばい。

LINEMOミニプランを契約して気づいたメリット・デメリット

LINEMOとY!mobileの比較

ラインモ
(LINEMO)
ワイモバイル
(Y!mobile)
プラン名 ミニプラン
スマホプラン
シンプルS/M/L
3GB 990円 2,178円
15GB 3,278円
20GB 2,728円
25GB 4,158円
短時間かけ放題 +550円
※5分かけ放題
+770円
※10分かけ放題
かけ放題 +1,650円 +1,870円
契約縛り 無し
テザリング 無料
容量超過後速度 ミニ:300kbps
スマホ:1Mbps
S:300kbps
M、L:1Mbps
翌月繰越 無し 有り
メールアドレス 無し 有り
留守番電話 無し 有り
ネットワーク 4G LTE/5G
回線 SoftBank
音声通話方式 VoLTE
eSIM対応
支払い方法 クレジットカード
口座振替
PayPay残高
クレジットカード
口座振替
PayPay残高
申し込み オンライン 店舗
オンライン
年齢制限 18歳以上 12歳以上
※未成年は要親権者
サポート チャット
LINE
電話、メール
チャット、LINE、
Twitter、店舗
Yahoo!プレミアム 無し 有り
ソフトバンクWi-Fi 無し 有り
家族割 無し 2台目以降1,188円割引
学割 無し 1年間1,100円割引
おうち割(セット割)
※SoftBank Air
※SoftBank 光
無し 毎月1,188円割引
LINEギガフリー 有り 無し

月3GB月額990円という料金は、ワイモバイル3GBの半額以下
月20GB月額2,728円という料金は、
ワイモバイルの15GB月額3,278円よりも安いのです。

国内通話のかけ放題オプションも+1,650円と、
ワイモバイルの+1,870円よりも格安。

ただ、LINEMOには、ソフトバンクとY!mobileに有る、
メールアドレス留守番電話
ソフトバンクWi-FiスポットYahoo!プレミアム会員特典が無い

また、家族で契約する場合も、料金は逆転する。
LINEMOには「家族割」「学割」「おうち割」が無いわけで、
例えば、Y!mobileは、家族割で2回線目以降は1,188円の割引となるのです。

2回線目以降が1,188円の割引といっても、LINEMOの複数契約よりも高くなるわけで、
結局のところ、LINEMOがシンプルに得します。
家族でワイモバイルに縛られるよりは、
紐付けないで契約した方が、契約の融通も効くと思ってます。

家族割の料金比較

ワイモバイル
(3GB)
LINEMO
(3GB)
1回線契約2,178円990円
2回線契約3,168円
(-1,188円)
1,980円
3回線契約4,158円
(-1,188円×2)
2,970円
4回線契約5,148円
(-1,188円×3)
3,960円

かけ放題もLINEMOの方が安いし、
LINEのデータ通信をカウントしない「LINEギガフリー」もLINEMOにしかないからね。
LINEMOに無い、利点に魅力を感じるのなら。
店舗サポート、ワイモバイルは、12歳以上で契約もできるから。

LINEMOに無いY!mobileの利点

  • メールアドレス
  • 留守番電話
  • 10分かけ放題オプション
  • ソフトバンクWi-Fiスポット
  • Yahoo!プレミアム会員特典
  • 家族割(2台目以降1,188円割引)
  • 学割
  • おうち割
  • 電話&店舗サポート
  • 12歳以上の契約
  • 口座振替での支払い

キャリア回線(VoLTE)で「かけ放題」できるわけで、
eSIMでデュアルSIMできれば、
データ通信は他のSIMを使って更に安く・・・もできるのです。

iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット

LINEMO & Y!mobile 移行の注意点

というわけで、LINEMOとY!mobileが有る以上、
ソフトバンクなんて要らないと思ってるのですが、
移行するにあたって注意点は有りますので。念の為。

解約時に発生する手数料

新プランでは、2年縛りといった違約金システムは無くなり、
解約手数料(契約解除料)も無料
2021年3月17日からは、MNP転出手数料も無料へ。
解約時に請求されるダークパターンは、既になくなってます。

解約&MNPの手数料

ワイモバイル
(Y!mobile)
ラインモ
(LINEMO)
ソフトバンク
(SoftBank)
解約手数料
(契約解除料)
0円
※旧プランは10,450円
0円 0円
※旧プランは10,450円
新規契約手数料
(新規事務手数料)
3,300円
※ウェブ手続きは無料
0円 3,300円
※ウェブ手続きは無料
MNP転出手数料 2021年3月17日より無料
割賦支払金
(分割支払金)
分割支払金が残っている場合のみ

ただ、旧プランの2年縛りで契約している場合は、
解約時に契約解除料10,450円が発生するし、
分割払いでスマホを購入していた場合も、残債を払う必要があります。

旧プランの場合でも、ソフトバンク系ブランド間での乗り換えは、
移行手数料が無料となるキャンペーン実施中です。
他社へ持ってかれるよりは、自社で受け止める方向なのです。

ブランド間ののりかえ時における契約解除料・契約事務手数料の無料化

“ソフトバンク”と“ワイモバイル”および“LINEMO(ラインモ)”のブランド間ののりかえの場合、契約解除料(9,500円)店頭で手続きする際の契約事務手数料(3,000円)をキャンペーンにより無料にします。これにより、ブランド間ののりかえ時にかかる手数料などがウェブ・店舗ともに全て無料となります。

各種手数料を3月17日から無料に | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

メールアドレスの引継ぎは不可能

ソフトバンクから、ワイモバイル、LINEMOへ移行した場合、
ソフトバンクのメールアドレス「softbank.ne.jp」等は使えなくなります。

ワイモバイルでは「ymobile.ne.jp」のメールアドレスが新たに貰えますが、
LINEMOでは、メールアドレス付与は有りません。

メールアドレスに縛られているせいで、
回線契約を変えられない人って多いハズ。

ただ、今の時代、キャリアメールを使う必要は皆無。
Androidユーザーならgmail、iPhoneユーザーならiCloudメール、
いずれかを所持しているハズであり、
gmailは無料で発行できるし、凄い高性能ですから。

キャリアメールって優れているわけでも無く、
むしろ利便性は低いので、使わない方が良い。
ただ、解約してしまうとメールアドレスは使えなくなってしまうので、
回線を解約する前に、各種メール変更手続きを完了しないとマズイ。

メールアドレスって様々なサービス登録に使ってますけど、
メールアドレス変更手続きには、
変更前のメールアドレスでの認証も必要となるのです。

SIMロックフリーのスマホが必要

ワイモバイルとLINEMOは、ソフトバンクの回線を使ってますが、
ソフトバンクSIMロックが有るスマートフォンは使えません
同様に、ワイモバイルSIMロックの有るスマートフォンも、
ソフトバンク、LINEMOで使えません。

キャリアのSIMロックって、携帯乗り換え防止の為の悪しき慣習。
現在では、SIMロック解除は、端末購入日の翌日から可能であり、
SIMロック解除手数料も完全無料なので、
こちらも解約前にSIMロック解除するのを忘れずに。
※2021年4月14日以降は、ソフトバンク購入スマホもSIMロック無しとなりました。

格安SIM&格安スマホには、SIMフリースマホが必要っていう言葉、
既に過去の話になりつつあるのです。

ソフトバンク系ブランド比較まとめ

LINEMOの登場により、ソフトバンク系の料金が大きく変わったので、
LINEMOの料金、データ容量を基準に考えれば良い。

3GBで990円、かけ放題追加なら+1,650円月額2,640円
格安SIMもビックリの価格であり、LINEMOはホント格安SIM潰し。
家族とか子供にも「LINEMOミニプラン」は最強なのでした。

既に格安SIMはデメリットだらけ。ほとんどの人に格安スマホをおすすめしない理由。

月額料金で比較すると、LINEMOの価格破壊っぷりも明らか。
特典云々を考慮しても、既にソフトバンクは選択肢に上がらないかなと。

ソフトバンク系SIM料金まとめ

スクロールできます
ラインモ
(LINEMO)
ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
ソフトバンク
(メリハリ無制限)
3GB990円2,178円5,588円
15GB3,278円
20GB2,728円
25GB4,158円
無制限7,238円
短時間かけ放題
(国内通話)
+550円
※5分かけ放題
+770円
※10分かけ放題
+880円
※5分かけ放題
かけ放題
(国内通話)
+1,650円+1,870円+1,980円

実際のところ、月間10GBも使う人は、ごくごく一部。
世の中3GBも使わない人ばかりなわけ。
コロナで在宅も多くなる日々、私なんて月間1GB使うことも稀。

3GB以上使う場合でも、20GBプランを選ぶ必要は無く、
iPhoneは既にデュアルSIM対応ですからね。
複数SIMを組み合わせて使うことで、より融通も効き、より安くもできるのです。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用。楽天モバイル、povo2.0、LINEMO、IIJmioのeSIM活用方法。

ソフトバンク特典が要らないなら、
auのサブブランド「UQモバイル」という選択も有る。
UQモバイルとワイモバイルのプランは酷似してますが、
UQモバイルは、ワイモバイルより安い。

au、povo、UQモバイルの違い。KDDI系ブランドの選び方。

ただ、au系でも、povo2.0があるわけで、UQモバイルを選ぶ理由も薄い。
povo2.0は、他社SIMとは別物、月額料金という概念が無い。

povo2.0を0円運用して気づいたメリット・デメリット。注意点と賢い使い方。

楽天モバイルも、基本料無料ですけど、月間1GB以上使うと1,078円の請求。
通信エリアや「かけ放題」にも難があるから、サブSIM向きです。

楽天モバイルの評判。使って気づいたRakuten UN-LIMIT VIのデメリット。

今までソフトバンク使っていたから、ソフトバンクを選ぶ必要は無いし、
失敗したところで、変更するリスクも有りません。

解約金、違約金、新規契約手数料、MNP手数料・・・全て無料。
とりあえず、LINEMOに変えてみてから考えても遅くは無いから。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ワイモバイルからソフトバンクに、移行する前に、知りたかったです。
    下取りプランとかほぼ自社にしばる口実です。結果ワイモバイルより高い料金と機種代金を払う事になって腹立たし限りです

    • 店頭サポートって、店員に営業かけられるデメリットもありますよね。
      サポートと言いつつ、不要なオプションを契約させられる。あるあるです。

      オンラインで手続きできるのに、わざわざ店頭に行く人・・・良いカモですからね。
      店員もガッツリ営業するように教育されてるでしょう。

コメントする

目次
閉じる