大手携帯キャリアでは無く、格安SIMでも無いY!mobile。

その料金プランは、独自路線を進み、

今では、格安SIMでもYモバイルの類似プランが登場するほど。

下手な格安SIMよりもY!mobile(ワイモバイル)をオススメする理由。

IMG_6131

ワイモバイルはソフトバンクの子会社。

格安な料金の為、格安SIMと比較されがちですが、

MVNOというわけでも無いので、格安SIMでも無い。

大手携帯キャリアでも無く、格安SIMでも無いなら、

その中間・・・っていうワケでも無い。

大手携帯キャリアよりも、ワイモバイルは優れていますから。

ワイモバイルと携帯キャリア「ソフトバンク」の違い。

大手携帯キャリアは、一律に同じ料金&サービス。

ソフトバンク≒ドコモ・auだと思ってますので。

大手携帯キャリアとワイモバイルのどちらを選ぶか?

見極めるために、主にソフトバンクと比較します。

 

ソフトバンク回線とワイモバイル回線の違い。

前提として、現在ワイモバイルは、

ソフトバンクのグループ会社では無くなっており、

ソフトバンク株式会社へ吸収合併されてます。

 

ワイモバイルで利用する回線も、

旧イー・モバイル&旧ウィルコムの回線を利用しつつ、

ソフトバンク通信網の回線を併用している状況。

新規スマホ向けプランの回線は、

ソフトバンク回線をメインで利用しており、

対象エリアもソフトバンクと変わりません

回線も今後はソフトバンクで統一されるって話。

 

ソフトバンク直営のY!mobileだという事。

大手携帯キャリアから借りているMVNOとは回線品質が異なり、

実際、格安SIMとは通信速度も全然違い、断然早い。

では、何故料金プランが違うのか?

 

ソフトバンクとの料金プランの違い。

ワイモバイルは、「通話」と「データ容量」がセットなので、

シンプルで分かりやすい料金プラン。

通話定額は10分かけ放題が含まれ、

24時間かけ放題は+1000円のオプション扱い。

基本的に、データ容量で料金が決まります。

Y!mobile
(10分かけ放題)
Y!mobile
スーパーだれとでも定額
(24時間かけ放題)
スマホプランS
データ容量1GB
2980円
(初年度1980円)
(2年間2GB)
3980円
(初年度2980円)
(2年間2GB)
スマホプランM
データ容量3GB
3980円
(初年度2980円)
(2年間6GB)
4980円
(初年度3980円)
(2年間2GB)
スマホプランL
データ容量7GB
5980円
(初年度4980円)
(2年間14GB)
6980円
(初年度5980円)
(2年間2GB)

 

一方、ソフトバンクの料金プランは、

「基本プラン」「ウェブ使用量」「データ定額」が別となり、

分かり難いプランとなっている。

別になっているとはいえ、

「基本プラン+ウェブ使用量+データ定額」のセット契約は必須なので、

ワイモバイルに比べると、結果的に割高となってます。

 

ソフトバンクで加入必須の基本プラン

スマ放題
(24時間かけ放題)
スマ放題ライト
(5分かけ放題)
通話定額基本料 2700円 1,700円
ウェブ使用量 300円 300円

上記の基本プランだけでは、契約できないので、

Yモバイルに合わせてシンプル表記に修正する。

ソフトバンクの料金は、以下のような感じ。

 

基本プラン+データ定額パックの合計金額

スマ放題
(24時間かけ放題)
スマ放題ライト
(5分かけ放題)
データ定額ミニ 1GB
(+2900円)
5,900円 4,900円
データ定額ミニ 2GB
(+3500円)
6,500円
データ定額 5GB
(+5000円)
8,000円 7,000円
ギガモンスター
データ定額 20GB
(+6000円)
9,000円 8,000円
ウルトラギガモンスター
データ定額 50GB
(+7000円)
10,000円 9,000円

 

ワイモバイル+1000円~2000円が、ソフトバンク料金の相場。

スマ放題ライトの場合、

「データ定額ミニ(2GB)」が利用不可能ってのも、いやらしい。

いずれにせよ高額なので、月額7000円~8000円って人も多いのではないしょうか?

 

大容量プランはソフトバンクにしか有りませんが、

スマ放題ライト(5分かけ放題)にするなら、

ワイモバイルの10分かけ放題の方がお得。

24時間かけ放題も、ワイモバイルなら+1000円で可能なので、

月間7GBのデータ通信量で足りるなら、

ワイモバイルの方が断然安く済みます。

 

ワイモバイルとソフトバンク「ワンキュッパ割」の違い。

ソフトバンクでもワンキュッパ割が登場。

ワイモバイルのワンキュッパと何が違うのか?

ソフトバンクのワンキュッパ料金の内訳は以下のような感じ。

月額通信料
スマ放題ライト
(2年縛り自動更新)
1700円
ウェブ使用量 300円
データ定額ミニ 1GB 2,900円
ワンキュッパ割 -2,457円
(2年目以降は-1457円)
おうち割 光セット -463円
合計 1,980円
(2年目以降は2980円)

 

ワンキュッパ割は、おうち割光セット適応で1980円なので、

光回線が無ければ、2443円です。

しかも、初年度のみであり、データ定額ミニ1GBしか選べないので・・・

正直、ワイモバイルのSプランの方が格安。

初年度は月額1980円で容量も2GBと倍ですから。

 

また、ソフトバンクのワンキュッパ割は、

端末購入も必須なので、プラン変更では申込み不可能です。

 

ソフトバンク ワンキュッパ割の加入条件

  • 新スーパーボーナスで対象機種を購入
  • 「スマ放題 or スマ放題ライト」+「データ定額ミニ 1GB」に加入。
  • ご契約者の年齢が12歳以上であること。

 

新スーパーボーナスで対象機種を購入する必要が有る。

iPhone5以降の全てのiPhoneが対象・・・

というわけで、新型iPhoneが欲しい向けの格安プラン。

旧型iPhoneで良いなら、ワイモバイルのが良いわけですから。

 

ワイモバイルが携帯キャリア「ソフトバンク」に劣る点。

ワイモバイルでは無く、

敢えて高額なソフトバンクを選ぶ理由。

ワイモバイルとソフトバンクの分岐点は?

 

ワイモバイルには無いソフトバンクのメリット

  • 端末が豊富。新型iPhoneも購入可能。
  • 大容量プランが有る
  • 余ったデータ容量の繰り越しが可能。
  • 「@softbank.ne.jp」「@i.softbank.jp」メールが使える。
  • ヤフーショッピング・LOHACOでポイント10倍

ソフトバンクのデメリット

  • 月額料金が超高額
  • 大容量プランはテザリングが有料5GBまで無料

共通のデメリット

  • 2年縛り自動更新
  • 制限後の速度は128kbps

 

やはり、ワイモバイルの最大のメリットは月額料金の安さ。

同じ容量で比較すれば、断然ワイモバイルの方が安いです。

 

ソフトバンクとワイモバイルの料金プラン比較

SoftBank
スマ放題ライト
(5分かけ放題)
SoftBank
スマ放題
(24時間かけ放題)
Y!mobile
(10分かけ放題)
Y!mobile
(24時間かけ放題)
データ容量1GB 4,900円 5,900円 2980円
(初年度1980)
(2年間2GB)
3980円
(初年度2980)
(2年間2GB)
データ容量2GB 6,500円
データ容量3GB 3980円
(初年度2980円)
(2年間6GB)
4980円
(初年度3980)
(2年間2GB)
データ容量5GB 7,000円 8,000円
データ容量7GB 5980円
(初年度4980円)
(2年間14GB)
6980円
(初年度5980)
(2年間2GB)
データ容量 20GB 8,000円 9,000円
データ容量 50GB 9,000円 10,000円

 

ワイモバイルにも、家族割は有るし、月間の容量シェアも可能。

ただ、大容量20GB以上のプランは無く、

端末もソフトバンクに比べると少ないです。

iPhoneも旧モデルしか選べません。

ただ、iPhoneはApple Storeで購入した方が安いから・・・

 

敢えてソフトバンクを選ぶ理由は、

大容量プランくらいでしょうか。

逆を言えば、月間7GBで足りるなら、

ソフトバンクより、だいぶ安く運用できてしまいます。

データ容量20GB以上も必要な人は稀ですからね。

 

ちなみに、2年縛りは一緒ですが、ソフトバンクには、

3年目以降に「いつ解約しても契約解除料が発生しない」という、

「2年契約(フリープラン)」も登場してます。

スマ放題
(24時間かけ放題)
スマ放題ライト
(5分かけ放題)
2年縛り自動更新 2700円 1700円
2年契約(フリープラン) 3000円 2000円
2年契約未加入時 4200円 3200円

ただ、基本料金+300円となるので、2年契約の差額は+7200円

2年後に自由になる為に、+300円を払い続けるなら、

解約時に違約金9500円を払った方が得かと。

 

ソフトバンクからワイモバイルへ移行する注意点。

月間7GBプランまでなら、

ソフトバンクよりも、ワイモバイルの方がお得。

という事で、移行する人も多いのですが、

移行するにあたり注意点も有りますので。

 

ソフトバンク→ワイモバイルMNPでワンキュッパ割が適応へ。

ソフトバンクから、ワイモバイルへ乗り換える場合、

新規申し込み&MNP特典は、受けられませんでしたが・・・

 

現在では、ソフトバンクからのMNPでも、

ワンキュッパ割引、データ容量2倍特典が受けられるようになってます。

初年度1980円、2年間2GBで運用可能。

他社へ持ってかれるよりは、自社で受け止める方向へ。

 

ソフトバンクのメールアドレスは引継ぎ不可能。

ソフトバンクからワイモバイルへ移行した場合、

ソフトバンクのメールアドレス使えなくなります。

 

ワイモバイルでは、

専用メールアドレス「 @ymobile.ne.jp」が新たに貰えますが、

今後、他社へMNPする事を考えて、

ワイモバイルのメールアドレスも使わない方が良いです。

Gメールや、iCloudメールを使いましょう。

 

ソフトバンクのスマートフォンは使えない。

ワイモバイルは、ソフトバンクの回線を使ってますが、

ソフトバンクのスマートフォンは使えません

 

ソフトバンクのスマホを、ワイモバイルで使うには、

SIMロック解除が必要となります。

キャリアiPhone(ドコモ、au、ソフトバンク)のSIMロック解除方法と解除条件。

SIMロック解除ができない端末なら、新しい端末購入も必須へ。

 

ちなみに、ソフトバンクのスマホが使えるのは、

ソフトバンク回線のMVNOくらい。

ソフトバンク回線の格安SIM。SoftBank系MVNOのデメリット。

料金もワイモバイルに劣るので・・・格安とは言い難いけど。

 

格安SIMという選択も有るから。

ソフトバンクのSIMロック解除するなら、

より料金の安い、格安SIMでも使えるようになります。

わざわざワイモバイルを使う必要が有るのか?

通話定額が不要なら、格安SIMが断然安い。

月額料金が安いだけでなく、二年縛りからも解放されます。

ドコモ回線でオススメの格安SIM。ドコモ系MVNOの違いについて。

 

ワイモバイルと格安SIMの違いは、

通話定額の有無と、それに伴う2年縛りの有無。

 

格安SIMでもワイモバイルのような、

通話定額プランが出てますが、ワイモバイルの方が優れてます。

下手な格安SIMよりもY!mobile(ワイモバイル)をオススメする理由。

全国各地にY!mobileの店舗も有るから、

サポートといった面でも、ワイモバイルのが優秀かと。

 

通話はLINEでしかしない人、自分からは電話を発番しない人。

間違い無く格安SIMの方が安上がり。

本当に大手携帯キャリアや、ワイモバイルが必要なのか?

格安SIMへ移行するメリット・デメリット。大手携帯キャリア解約で不便となる点。

無制限にかけ放題したいなら、ワイモバイルが最安ですけどね。