法人プラチナカードを比較する。オススメのビジネスプラチナカード。

プラチナ法人カード比較

せっかく法人カードを作るなら、プラチナカードまで視野に入れたい。

事業費決済ならば利用金額も大きく、上位カードも目指しやすいし、

高額な年会費も、経費にできるわけですからね。

 

法人プラチナカードって、一般券種に比べ、

バリエーションも限られており、それほど選択肢も多くないから。

オススメ法人カード

ビジネスプラチナカード(プラチナ法人カード)を徹底比較。

オススメの根拠となる、項目を抽出して比較しました。

プラチナカードだと特典も多すぎるし、実際使える特典って限られてくるから、

私が主に気にする項目に絞って比較していきます。

年会費と追加カードの比較。

クレジットカードは、なにはともあれ年会費。

ビジネスプラチナカードともなると、年会費が高額だから、

特典満載って言ったって、年会費が高過ぎたら意味が無い。

 

プラチナ法人カードの年会費

年会費 追加カード
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 20,000円+税
※年間200万円利用で半額
3,000円+税、最大4枚
JCBプラチナ法人カード 30,000円+税 6,000円+税、枚数制限無し
三井住友ビジネスプラチナカード 50,000円+税 5,000円+税、20枚目安
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners 50,000円+税 5,000円+税
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード 130,000円+税 年会費無料(4枚まで)
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 50,000円+税 発行不可能
ラグジュアリーカード法人(Black) 100,000円+税 発行不可能
ラグジュアリーカード法人(Gold) 200,000円+税 発行不可能

 

いや、儲かりまくって、むしろ経費を使いたいなら良いんですよ。

高い年会費、ビジネスカードなら損金計上しても文句も無いでしょ。

ポイント還元率とマイル還元率の比較。

私の大好きな還元率。特典が有って、高還元率だと最高なんだけど・・・

実際そう上手くは、できていないので。

メインカードとして使う判断として、決済利用して得するのか?

 

プラチナ法人カードの還元率

基本還元率 最大還元率 年会費 年会費の元を獲るには
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 0.5%
海外1.0%
1.125%
(マイル還元率)
20,000円 年間160万円
※年間200万で年会費半額
JCBプラチナ法人カード 0.5%
海外1.0%
0.85%
(年間300万円以上)
30,000円 年間326万円
三井住友ビジネスプラチナカード 0.50% 0.65%
(年間100万円利用)
50,000円 年間770万円
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners 0.50% 0.65%
(年間100万円利用)
50,000円 年間770万円
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード 0.50% 1.0%(マイル還元率) 130,000円 年間1300万円
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 0.5%
海外1.0%
0.75%
(年間100万円以上)
50,000円 年間667万円
ラグジュアリーカード法人(Black) 0.5%
海外1.0%
1%
(年間150万円以上)
100,000円 年間1000万円
ラグジュアリーカード法人(Gold) 0.5%
海外1.0%
1.5%
(年間200万円以上)
200,000円 年間1334万円

 

還元率が高くても、年会費が高くなれば、

年会費の元を取るのも大変となる。

年会費を還元率で割れば、いくらで元が獲れるのか?

大体のコストパフォーマンスも計算できます。

 

還元率が高く、コスパも高いのが、セゾンプラチナビジネスアメックスカード。

年間200万円利用すると年会費も半額の1万円となるので、

プラチナ法人カードでのコスパ、還元率は飛びぬけて良い。

ビジネスカードの中でもダントツのマイル還元率だから。

 

還元率が低く、年会費の元を獲るのが難しいなら、

ワザワザ使う必要も無いんじゃないかと・・・思ってます。

持つだけの特典カードとして、価値が有ると思うならそれでOK。

ただ、プラチナを所持するまでに、ある程度利用しないとダメだけど。

プライオリティパス(空港ラウンジ)の同伴者料金を比較。

プラチナカードともなると、プライオリティパス「プレステージ会員」が当たり前に無料。

プレステージ会員って、航空会社のVIPラウンジが使い放題。

年会費399USドル相当の特典です。

 

ただ、ラウンジを利用する際の同伴者料金は、

発行するクレジットカードにより異なりますので、気をつけて。

 

孤独なトラベラーなら同伴者料金は関係無いけど。

私の場合、ビジネスに限らず、一人で空港行く事ってあんまり無いし、

同伴者連れていく場合、一人だけ使うわけにもいかないですからね。

 

プライオリティパスの同伴者料金比較

同伴者料金 追加カードでプライオリティパス
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 1名2000円+税 発行不可能
JCBプラチナ法人カード 1名2000円+税 発行不可能
三井住友ビジネスプラチナカード 1名27USドル 発行可能
(年会費:5000円+税)
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners 1名27USドル 発行可能
(年会費:5000円+税)
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード 1名無料(以降 1名32USドル)
デルタ航空専用空港ラウンジ
発行可能
(追加カード年会費無料)
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 1名27USドル 発行不可能
ラグジュアリーカード法人(Black) 1名27USドル 発行不可能
ラグジュアリーカード法人(Gold) 1名27USドル 発行不可能

 

追加カード(従業員カード)でも、プライオリティパスが発行可能なのは、

三井住友ビジネスプラチナと、アメックスビジネスプラチナだけ。

同伴者が無料となるのは、アメックスビジネスプラチナのみ。

 

プライオリティパスって基本的には、一人で利用するサービス。

同伴者料金27USドルを払ってまで、使う価値があるかと言えば微妙、

2000円なら使っても良いかな・・・くらいの特典です。

 

アメックスプラチナカードのみ、

プライオリティパスでは使えない「デルタスカイクラブ」も使えますが、

デルタ航空のラウンジ使いたいなら、

簡単にスカイチーム上級会員になれる「デルタアメックスゴールドカード」も有るからね。

上級会員なら、同伴者もVIP待遇。

ラウンジだけでなく、チェックインから優先扱いしてくれるから。

スーツケース無料宅配(空港手荷物宅配サービス)の数を比較。

海外出張へ行くなら、プライオリティパス同様に欲しい特典。

私は、毎回確実に利用するので、無いと生きていけない。

通常利用すると、片道1個で約2000円~2500円の配送料もするから。

 

プラチナ法人カード国際線無料手荷物宅配

無料宅配の数
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 無し
JCBプラチナ法人カード 無し
三井住友ビジネスプラチナカード 往路・復路2個ずつ
※Mastercardのみ
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners 往路・復路2個ずつ
※Mastercardのみ
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード 往路・復路2個ずつ
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 往路・復路3個ずつ
ラグジュアリーカード法人(Black) 往路・復路3個ずつ
ラグジュアリーカード法人(Gold) 往路・復路3個ずつ

 

セゾンプラチナ、JCBプラチナ、三井住友プラチナ(VISA)には、

空港宅配サービスは付帯しません。

MasterCardのビジネスプラチナで、Mastercard T&E Savings使えるので、

三井住友ビジネスプラチナカードでは、

Mastercardブランドを選んだ場合のみ、国際線手荷物無料宅配が使えます。

ラグジュアリーカードも、空港宅配はMastercard World Eliteの特典。3個もイケます。

Mastercard T&E Savingsにはダイニング特典も有るので、マスターカードって最強。

 

私の場合、行きは1個でも良いのだけども、

帰りは確実にお土産も配送するので。2個無いと意味無い。

宅配利用する人は、JAL ABCで梱包用の段ボールも安く買えるから。

適当に梱包して、空港で自宅まで配送ってホントラク。

 

これ、裏技として、カード毎に無料特典は使えます。

2個無料のカード、2個無料のカード併せて2個。

更に家族カードでも2個無料。

ただ、レジ操作も分かれるから面倒だけど。

国内・海外航空便遅延保険の比較。

プラチナカードの旅行傷害保険ともなると、

傷害・疾病・盗難・救援者費用・・・補償額は十分なので、今回は割愛。

一番使う可能性が高いであろう、航空便遅延保険について。

 

プラチナ法人カード 国内・海外航空便遅延保険の比較

海外 国内
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 自動付帯 無し
JCBプラチナ法人カード 自動付帯 自動付帯
三井住友ビジネスプラチナカード 自動付帯 利用付帯
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners 自動付帯 利用付帯
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード 無し 利用付帯
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 自動付帯 利用付帯
ラグジュアリーカード法人(Black) 自動付帯 利用付帯
ラグジュアリーカード法人(Gold) 自動付帯 利用付帯

 

JCBプラチナ法人カードのみ、国内・海外で航空便遅延保険も自動付帯。

JCBってゴールドカード以上で、保険内容が一気に良くなります。

これは個人カードでも、法人カードでも一緒。JCBは他社に比べて保険が充実してます。

 

アメックスのビジネスカードって、プラチナでも航空便遅延保険が国内限定。

しかも利用付帯になってます。これ意外なポイント。

※参考→Business_Platinum規定集201711

ビジネスカードと、個人向けカードで、保険内容が変わるのはゴールドと同じ。

 

アメックスビジネスプラチナカードは、キャンセルプロテクション、

ビジネス・ワランティ・プラス、カー・ピッキング・プロテクション、ゴルフ保険・・・と、

他の保険内容は充実してるんですけどね。

 

ちなみに、航空便遅延保険って、

実際に飛行機が遅延した時に、レストランとか利用しないと保険金貰えないから。

仕組みを理解していないと、何にも得しない保険です。

ダイニングサービス(招待日和)の比較。

プラチナカードで得する特典といえば、

高級レストランのコース料理2名以上の予約で1名無料という、グルメ優待特典のサービス。

基本的に国内レストランがメインなので、特典利用の敷居も低いです。

 

プラチナ法人カード ダイニングサービスの比較

グルメ優待特典
セゾンプラチナビジネスアメックスカード 無し
JCBプラチナ法人カード グルメ・ベネフィット
三井住友ビジネスプラチナカード プラチナグルメクーポン
ダイニング BY 招待日和 ※Mastercardブランドのみ
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners プラチナグルメクーポン
ダイニング BY 招待日和 ※Mastercardブランドのみ
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード ダイニング・アクセス
ラグジュアリーカード法人(Titanium) ダイニング BY 招待日和
ラグジュアリーカード法人(Black) ダイニング BY 招待日和
ラグジュアリーカード法人(Gold) ダイニング BY 招待日和

 

アメックスビジネスプラチナカードの「ダイニングアクセス」以外は、

「同じレストランは半年に1回」という利用制限が有ります。

使えるレストラン数で行ったら、

「ダイニング BY 招待日和」が一番多いんだけど、月2回までの利用制限もあります。

 

三井住友ビジネスプラチナカードは、Mastercardを選べば、

「ダイニング BY 招待日和」も「プラチナグルメクーポン」も利用できるので、

レストラン数はNo.1。選べるレストランの幅も広がります。

 

実際、サービス毎に使えるレストランも違うので、

一概には比較しずらいといったところ。

詳しくいサービスの違いについては、以下も参考に。

コンシェルジュ対応の比較。

プラチナカードの特典として、どこでも付いているのが、

コンシェルジュデスク。24時間365日サポートという秘書サービス。

ただ、このコンシェルジュって基本的に電話対応であり、

メール未対応のコンシェルジュが多い。

 

コンシェルジュデスクのメール対応状況

TEL本人確認 TEL直通 メール問合せ メール回答
セゾンプラチナビジネスアメックスカード カード番号・名前・生年月日 × × ×
JCBプラチナ法人カード カード番号・名前・生年月日 × ホテル・飲食店のみ
三井住友ビジネスプラチナカード カード番号・名前・生年月日 × ×
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners カード番号・名前・生年月日 × ×
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード カード番号・暗証番号 × ×
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 名前・生年月日
ラグジュアリーカード法人(Black) 名前・生年月日
ラグジュアリーカード法人(Gold) 名前・生年月日

 

コンシェルジュを選べというなら、ラグジュアリーカード。

電話時の本人確認も名前と生年月日だけで済むし、

電話だけでなくメールで相談→返答と、メール完結するのは他に無いから。

ちなみに、Titanium、Black、Goldでコンシェルジュ対応に差異は無いから、

コンシェルジュデスク使うなら、Titaniumカードが最高。

 

コンシェルジュデスクは好みも有ると思うので・・・

強いて、質が劣るというならば、セゾンプラチナビジネスですかね。

年会費が安く、高還元率で、特典同等ですから仕方ない。

JCB、三井住友、アメックスに比べると、やはり劣ります。

審査とステータス性の比較。

特典云々の前に、カードを発行できなければ意味が無い。

審査が厳しいほど、ステータス性も高いんだけど、

ビジネスプラチナカードのほとんどが、招待不要で申し込めます。

まぁ、ダメ元で申し込んでみるのは、一つの手かと。

 

インビテーション不要のビジネスプラチナカード

  • セゾンプラチナビジネスアメックスカード
  • JCBプラチナ法人カード
  • 三井住友ビジネスプラチナカード
  • 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
  • ラグジュアリーカード法人(Titanium)
  • ラグジュアリーカード法人(Black)

インビテーションが必要なプラチナビジネスカード

  • アメックス・ビジネス・プラチナカード
  • ラグジュアリーカード法人(Gold)

 

ビジネスカードの審査で知っておくべきは、

法人を審査するカードと、代表者個人を審査をするカードが有るという事。

個人でクレジットカードヒストリーが有るなら、

個人審査のクレジットカードの方が、審査もラクに通ります。

必要書類も、個人審査と法人審査では大きく異なりますから。

 

個人で審査をする法人カードは、

個人のクレジットヒストリーが、審査にダイレクトに響きます。

日頃からクレジットカードは使って、信用を貯めておけって事。

 

個人審査のビジネスプラチナカード

  • セゾンプラチナビジネスアメックスカード
  • 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
  • ラグジュアリーカード法人(Titanium)
  • ラグジュアリーカード法人(Black)
  • ラグジュアリーカード法人(Gold)

法人審査のビジネスプラチナカード

  • アメックス・ビジネスプラチナカード
  • JCBプラチナ法人カード
  • 三井住友ビジネスプラチナカード

 

私は実際、セゾンプラチナビジネスアメックスカードを、

新設法人で発行できております。

限度額100万円~なので、他社カードで100万円あればイケそう。

審査結果もダントツ早く、カード到着もダントツ早かったです。

 

ステータス性という面では、ラグジュアリーカード

法人カードで唯一のブラックカードとなります。

年会費5万円のTitaniumカードでも、Mastercardワールドエリート。

マスターカードの最上級カードが欲しいなら、日本でコレしかないです。

 

ラグジュアリーカード法人も、

個人審査なんで・・・弱小法人の私でも審査通りました。

年収1000万円未満でもOKでした。

 

アメックスプラチナは、年会費も高いので、

高額な年会費を払えるのがステータスなんじゃないかと思う。

特典で比較してはダメですね。コスパは・・・悪いっすから。

オススメ法人カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です