アメリカン エキスプレス ビジネス プラチナカードと個人向けアメックスプラチナカードの比較と違い

アメックスビジネスプラチナカード

アメックスのビジネスカードを所持してるなら、

欲しくなるのが最上位アメックスビジネスプラチナビジネスカード。

アメックスプラチナカードとの違いは何なのか?

個人カードとビジネスカードの両方を所持する必要があるのか?

 

以前は招待制だったプラチナビジネスカードも、

現在は申し込み可能になっちゃったわけで・・・

まぁ、やっぱり誰でも所持できるとなると、ちょっと悩むよね。

付帯特典の違い

主なプラチナ特典は変わらない

アメックスプラチナビジネスカードの年会費は、

個人向けプラチナカードと一緒。

ビジネスゴールドカードは個人カードよりも高い不思議。

アメックスカード年会費

個人向けカード ビジネスカード
グリーン 12,000円+税 12,000円+税
ゴールド 29,000円+税 31,000円+税
プラチナ 130,000円+税 130,000円+税

 

アメックスプラチナカードで代表的な特典は、

アメックスプラチナビジネスカードでも健在でした。

メインの特典は、全く同じ内容で利用できます。

IMG_4903

プラチナカード共通特典

特典内容
メタル製クレジットカード 金属製のクレジットカード
プラチナ・セクレタリー・サービス 24時間365日対応コンシェルジュ
ホテル・メンバーシップ 4つのホテルグループの上級会員資格
(マリオット、ラディソン、ヒルトン、シャングリ・ラ)
フリー・ステイ・ギフト 更新時に1泊2名分の無料宿泊券
(オークラ、日航ホテル、ハイアット、ヒルトン、プリンスホテル、ロイヤルパークホテル)
ファイン・ホテル・アンド・リゾート 対象ホテルで上級会員並の優待
(朝食無料、レイトチェックアウト、US100ドル相当のホテルクレジット 等)
グローバル・ラウンジ・コレクション 空港ラウンジサービス
(プライオリティパス、センチュリオンラウンジ、
デルタスカイクラブ、プラザプレミアムラウンジ等)
メンバーシップ・リワード・プラス無料 ポイント・マイル交換時のレート優遇
ポイント有効期限が無期限へ
追加カード4枚まで無料 家族カード・従業員カード4枚まで無料
空港手荷物無料宅配サービス 往路・復路で2個ずつ無料

 

ホテル特典、空港ラウンジ特典と素晴らしく、

特に、ホテル上級会員資格の付与、

FHR特典がアメプラならではの魅力かなと。

 

ちなみに、アメプラ発行のプライオリティパスは同伴者1名も無料で利用できますが、

アメックス発行のプライオリティパスは、

レストラン対象外となってしまったので気をつけて。

 

プライオリティパスレストランでお馴染み関西空港「ぼでぢゅう」も、

アメックス発行のプライオリティパスでは使えませんから。

※参考→関西国際空港プライオリティ・パスで「ぼてぢゅう」を利用する際の注意点 | とりあえずバンクーバー。

DSC05567

ビジネスプラチナカードだけに有る特典

アメックスビジネスプラチナカードで、

個人向けカードと異なるのは、主にビジネス特典の部分、

そしてそのビジネス特典は・・・

アメックスビジネスゴールドの特典とほぼ一緒でした。

プラチナビジネス特典

特典内容
ミーティング・スクエア
※2020年3月31日終了
月会費20,000円+税で、
帝国ホテル東京ビジネスラウンジが利用可能
アメリカン・エキスプレス JALオンライン JALの出張手配サービス(国内線のみ)
クラブオフVIP会員無料 福利厚生サービス
ビジネス・コンサルティング・サービス コンサルサービスの優待
ビジネス・セービング ビジネス関連サービスの割引
「ジー・サーチ」の年会費無料 ビジネス情報の専用検索サービス
「ビジネス情報調査代行サービス」の年会費無料 国内外の企業調査、マーケティング情報
ビジネスカード会員限定イベント「DISCOVERY」 ビジネスゴールド、ビジネスプラチナカード会員限定
特別イベントの参加権(有料)

 

実は、アメックスビジネスゴールドよりビジネス特典は減っています。

駅から→ホテルへの「手荷物ホテル当日サービス」が無いんだな。

アメリカンエキスプレス ビジネス ゴールドカードと個人向けアメックスゴールドの比較と違い

 

このビジネス特典ですが、私が利用しているものは・・・無いですね。

クラブオフのVIP会員にはなってますけども、

クラブオフで優待されるのは、他クレジットカードの特典でも優待されがち、

正直無くても何ら困らないし、使ってもないかな。

 

アメックスビジネスゴールドカードと、

アメックスビジネスプラチナカードでビジネス特典に違いが無い・・・

一番格安なアメックスビジネスカードでも、

ビジネス特典は、ほとんど変わりませんからね。

アメックスビジネスカード(グリーン)はコスパ最強!ビジネスゴールドとの違い

ビジネスプラチナカードには無い特典

ビジネスプラチナカードには無い特典が、

個人向けアメックスプラチナカードには有ります。

 

まず、ダイニング特典の「2 for 1 ダイニングby 招待日和」。

2人以上の予約で1名無料となる招待日和系のサービス。

他社プラチナカードでも良くある特典、

アメックスビジネスゴールドにも無かったけど、

AMEXビジネスプラチナにも無いんだね。

ダイニングサービスが付帯するクレジットカードの比較。グルメ優待特典「招待日和」の違い。

年会費2,000円のオリコEX gold for Bizにも付帯していますので。

オリコのビジネスカード「EX Gold for Biz」のメリット・デメリット。

 

あとは「誕生日ギフト」、誕生日にしっかり送られてきます。

IMG_5229

 

あと、細かい違いとして、

アメックスプラチナカードでは、

ETC年会費が無料(新規手発行手数料:935円)ですが、

アメックスプラチナビジネスカードでは、

ETC年会費は500円+税(新規発行手数料:無料)となってます。

付帯保険の違い

付帯保険の内容は、似ているようで違います。

大きく異なる部分もあるので、確認しておいた方が良い。

こんなもんまで保険適応なるのかと・・・さすがアメックス。

保険は、知らないと損する部分も多いので。

変わらない付帯保険

IMG_5230

アメックスプラチナカードというわけで、

各種保険は素晴らしい、

定番プロテクション系の保険も両カードともに付帯しています。

プロテクション内容
ショッピングプロテクション 購入から90日間、1名様年間最高500万円まで補償
リターン・プロテクション 購入日から90日以内なら、購入金額を払い戻し
キャンセルプロテクション 予約キャンセル費用の損害を補償。年間最高10万円まで
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用による損害を全額補償

海外旅行傷害保険の内容は同じ、

疾病・傷害治療費用が最大1,000万円という凄いカード。

家族特約も最大1,000万円であり、

家族カード&追加カードにまでも家族特約が付いてます。

 

ただ、自動付帯となるのは、両カードとも基本カード会員のみ

家族カード・追加カード会員は利用付帯という点に注意。

海外旅行保険

基本カード会員 家族特約 追加カード会員 追加カード家族特約
付帯条件 自動付帯(利用付帯の場合) 利用付帯
死亡・後遺障害 5000万円(1億円) 1,000万円 1億円 1,000万円
傷害治療費用 1,000万円
疾病治療費用 1,000万円
救援者費用 1,000万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 1旅行100万円(免責3000円/年間100万円)

国内旅行保険

本会員 家族特約 追加カード会員 家族特約
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害  1億円 1,000万円  1億円 1,000万円
手術保険 日額5,000円
入院保険 最高20万円
通院保険 日額3,000円

ビジネスプラチナの付帯保険

ビジネスプラチナカードにだけ付帯する保険。

個人向けにはない、ビジネス関係の保険が多いです。

ビジネスプラチナ付帯の保険

保険内容
国内航空機遅延費用 乗継・出航遅延、欠航、手荷物遅延:最高3万円
受託手荷物紛失:最高6万円
ビジネス・ワランティ・プラス 家電類の保障期間延長サービス(+2年)
カー・ピッキング・プロテクション 社用車の盗難、破損保険
オフィス・ワランティ・プラス メーカー保証の延長(購入日から3年間)
オフィスウェア・プロテクション 偶然な事故によるオフィス用品損害の保険
ゴルフ保険 ゴルファー傷害補償、ゴルフ用品補修、第三者賠償責任補償 等

 

個人向けカードの航空便遅延保険が「海外のみ」に対し、

ビジネスカードは「国内のみ」というのは、

アメックスカード全般における特徴。

「海外のみ」というカードが多いので、

どちらかというと国内で付帯してくれる方が有り難い。

航空便遅延保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。

 

ゴルフ保険は、個人向けプラチナカードにも付帯してますが、

微妙にビジネスプラチナカードの方が内容が良い内容になってます。

第三者賠償保険の部分の金額が大きい。接待ゴルフを想定してですかね。

ゴルフ保険の内容

プラチナカード ビジネスプラチナ
死亡保険 1,000万円
死亡・後遺障害 1,000万円
第三者賠償保険 50万円 5,000万円
用品損害保険 年間10万円
入院保険 日額15,000円
通院保険 日額10,000円
ホールインワン
アルバトロス費用保険
最大30万円

個人向けアメックスプラチナの付帯保険

ビジネスプラチナでも保険内容は十分ですが、

比べてみると、個人向けプラチナカードの方が内容が良い気がする。

保険内容
海外航空機遅延保険 乗継・出航遅延、欠航、手荷物遅延:最高3万円
受託手荷物紛失:最高6万円
個人賠償責任保険 1事故あたり最大1億円
ホームウェアプロテクション 偶然な事故による家財損害の保険
ワランティープラス 家電類の保障期間延長サービス(+2年)
ゴルフ、スキー、テニス保険 傷害補償、用品損害保険金、第三者賠償責任補償 等

 

ホームウェアプロテクション、ワランティープラスは、

ビジネスカードでは、オフィスウェアプロテクション、

オフィスワランティープラスとなっています。家かオフィスか。

 

スポーツ系の保険は、ゴルフだけでなくスキー保険、テニス保険も付き、

個人賠償責任保険まで付帯しているのが素晴らしい。

子供の自転車保険とかも、これで対応できるからね。

 

個人向けプラチナカードの場合、

航空便遅延保険は「海外のみ」となります。

 

航空便遅延保険って4時間以上の遅延が条件であり、

遅延の場合は、食事代の実費負担分のみ請求可能という点に気をつけて。

遅延が確定したら、飲食店を利用しないと意味がない。

※参考→クレジットカードの航空便遅延保険を利用してみた。申請から返金までの流れ。 | とりあえずバンクーバー。

DSC03059

LCCや海外の航空会社は遅延が多いし、

日本でも台風シーズンとか、冬の北海道とかは、

遅延欠航のトラブルは多いですからね。

ビジネスプラチナカードを発行する理由

同じ年会費ですが、付帯保険、付帯特典共に、

個人向けカードの方が良い内容。

ビジネスプラチナカード限定特典に限って言えば、

あまり魅力的なものは無いかなと感じています。

 

主な特典は、両カード共に付帯しているわけで、

正直、両方所持する意味も無い。

どちらか一つを所持するなら個人向けアメックスプラチナカード

法人カードは審査も、また異なりますからね。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

 

ただ、仕事でもプラチナ特典をバシバシ使うとなると、

ビジネスカードの利用も避けられないと感じました。

ホテル会員特典とか、手荷物宅配とか、プライオリティパスとか、

追加料金の発生しない特典を使うなら、個人カード側の特典で良いのだけども。

便利なコンシェルジュ、お得なFHR特典は、

特典の有るカードでの決済が前提ですからね。

 

もちろん、事業費決済、法人口座指定となると、

結局、ビジネスカードを使うしか無いわけで。

法人カード・ビジネスカードの違い。個人向けクレジットカードでは駄目な理由

逆をいえば、プライベートでもコンシェルジュやFHRを使いたいなら、

個人向けカードを使った方が良いかなと。

ビジネスプラチナが必要な理由

  • 仕事でコンシェルジュが使える
  • 出張滞在でFHR特典が使える
  • 従業員にもプラチナ特典を与えられる

一人法人とか、家族法人なら、

あんまり神経質になる必要は無いかと思いますけども。

 

まぁ、家族、従業員ともども使えるのであれば、

年会費13万円+税の価値は十分有ると思ってます。

追加カード4枚まで無料ですし、年会費も経費計上できるわけだからね。

IMG_4895

注意点として、上記はあくまで特典を利用するならの話。

特典を活用できないのであれば、宝の持ち腐れ。年会費の払い損。

 

法人カードとして最低限の特典&保険なら、

アメックスビジネスカード(グリーン)が一番コスパも高い。

アメックスビジネスカード、ビジネスゴールドカード、ビジネスプラチナカードの違い 

 

上位カードは特典を利用してこそなわけで、

アメックスは、マイル還元率、ポイント還元率で得するカードでも有りません。

ANAマイルの年間4万マイル移行制限も有るし、

税金払いで還元率も半減してしまいますから。

税金支払いで高還元率となるクレジットカードまとめ。

 

マイルを貯めたいなら、他のカードを使うべき。

ビジネスカード&法人カードのマイル還元率を徹底比較してみた。

 

年会費13万円分、しっかりと特典を使いこなせるか。

元取れているかと言えば微妙ですけども・・・

金属アメックスカードが格好良いのは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA