iPad ProとMacbookのできることの違い。iPadのメリット・デメリット。

iPad ProとMacの違い

私は初代iPadからのヘビーユーザー。

iPhone同様、家でも外でも愛用しているのですが・・・

新しいiPadが出るたびに悩むのが、MacBookとの使い分け。

 

最新のiPad Proは性能も異次元、値段もMacBook以上、

だったら、MacBookの代わりにならないか?

って試行錯誤するんだけども、結局のところiPadはiPad。

iOSでMacOSを代用するってのは、ただの苦行なんですよね。

仕事で使うならMacの方が良い。

ではiPadで何ができるのか?が本日のテーマです。

iPadのメリット:iPadだからできること

電子書籍(Kindle、PDF)がサクサク読める

敢えて言うまでも無いですが、iPadで一番便利なのがコレ。

タブレットといえば、電子書籍。

MacBookでも、電子書籍は読めますが、

まぁ、やっぱり読みやすさは別物です。

 

やはり、あの片手でペラペラめくる感じ、

ゴロゴロしながら見る感じ、iPadじゃないとできません。

IMG_9491

フェイスIDでサクッと起動して、サクサクっと読む。

iPadはセルラーモデルも有るわけで、

SIM挿して気軽にストリーミング閲覧もできるのさ。

動画ダウンロード、オフライン視聴が可能

私は、移動中に映画やドラマをよく見るのですが、

動画視聴しようと思うと、iPadが手放せません。

 

Youtube、Amazon、Hulu、Netflix、U-NEXT・・・

多くのVODサービスで、動画ダウンロードが可能となってますが、

これは、あくまでiOSやAndroidのアプリで利用した場合のみ。

IMG_9490

Netflixは、Windowsアプリでもダウンロードできるけど・・・

Macはブラウザ経由のストリーミング再生のみなので、

動画ダウンロードもできないから。

飛行機で動画視聴したい場合も、iPadでの事前ダウンロードが必須です。

タッチパッド&Apple Pencil対応

iPad Proだけでなく、iPadやiPad MiniもApple Pencil対応へ。

Apple Pencilの「描く」は、ホント革命。

今までのスタイラスペンとは別物、

描き心地最高で、ペンの傾きや筆圧も感知する。

ペンタブでのイラスト業務・・・iPad Proで全く問題ない。

 

お絵かきや、イラストだけでは留まらないのが、

Apple Pencilの素晴らしいところ。

文字を「書く」も素晴らしいです。

 

書類や本をPDF化して書き込む。

プリント類も、スマホカメラで簡単にPDF化できるし、

WEBページも、Chromeの印刷で簡単にPDF化できますからね。

 

インプットしたいなら書きまくるのが手っ取り早い。

自炊と併用するとコレ最強です。

電子書籍化しまくって辿り着いた、効率の良い自炊方法まとめ。

特にオススメなのが、問題集や参考書のPDF化。

印刷せずに、延々と書き込める

IMG_9494

市販の電子書籍は、基本的に書き込みできないからね。

Kindleも書き込み不可能なので、やっぱり自炊でPDF化が最強。

Apple TVにAirPlayでホワイトボード化できる

Apple製品は、Apple TVでAirPlayできる。

MacBookでAirPlayするよりも、iPadのAirPlayのが便利です。

 

大画面ディスプレイにApple TVを接続しているのですが、

iPadでAirPlayすれば、手元に書くだけで、大画面表示。

ホワイトボード代わりに使えます。

IMG_9499

我が家にはホワイトボードも置いてあるけど、

ホワイトボードって地味に汚れるんだよね。

インクが床に落ちて汚れるし、インクも乾くと消しづらくなる。

マーカーも消耗品だから。

 

Surfaceにもペンは付いてるけど、AirPlayはできないからね。

AirPlayのミラーリング、ChromecastのMiracastより良い理由。

カメラ×メモ×Apple Pencilが最高

カメラで撮影して書き込んだり、

スクリーンショットして書き込んだりとか、凄い便利です。

MacBookでもスクリーンショットはできるけど、

ApplePencilでの書き込みはできないからね。

IMG_9495

iOSのメモアプリでできる事も増え、

CamScannerのような書類スキャンまで可能に。

アナログデータも簡単にデジタル化。

 

メモアプリをiCloud同期すれば、

他の端末(iPhoneやMac)でも確認できるわけで、

アイデアの一元管理も進みますわー。

eSIM、GPS内蔵のセルラーモデルが有る

iPadにはセルラーモデルが有り、SIMも差し込めます。

WiFi環境に依存しないってのは、ストレスが無い。

WiFiは、テザリングでも代用できますが、

テザリングって意図しないタイミングで切断されますからね。

IMG_9502

最新のiPad Proなら、eSIMも内蔵。

eSIMってSIMの抜き差しが不要なのでスッゲ便利。

日本でもIIJmioで格安なeSIMプランも登場しており、

海外ならeSIMプロバイダも選び放題ですからね。

 

セルラーモデルのiPadは、GPSも内蔵しているので、

オフラインでも現在地情報を把握できるのも地味な利点。

GoogleMapと併用して、カーナビとして使っている人も多いハズ。

 

我が家の車はカーナビ積んでますが、メインで頼るのはiPad。

iPadは高性能でサクサク早いし、iOSのが使い慣れている。

 

まぁ、MacBookもWiFi使えば、位置情報は把握できるけども、

GPS内蔵端末に比べて精度は落ちると思ってるし、

WiFi接続の時点で、やっぱり不便だーよねー。

 

ちなみに、Macの「Macを探す」機能は、

最後にオンラインになった場所を示しているんだって。

オフラインのまま移動されたら、アウトなーのねー。

ゲーム端末として最強

iPad Proは、GPU性能が高く、画面のリフレッシュレートも120Hz対応。

キーボードが無いので場所もとらず、

コントローラーも、デュアルショック、Xboxコントローラーも無線接続できるわけで、

下手なノートPCでゲームするよりも、快適にゲームを楽しめまくります。

Steam Linkでリモートゲームしたり、フォートナイト機としても最高。

ただ、EpicGamesとAppleは揉めに揉めてますので・・・

これからやりたい人は・・・

GeForce NowのSafariストリーミングでやるしか無いのかね。

※参考→GeForce NOWレビュー。Steam Linkと比べたメリット・デメリット。 | ツカツカCAMP

iPadのデメリット:Macbookにしかできないこと

マウス、トラックパッドが完全に使える

iPadでも、マウスとトラックパッドが使えるようになり、

今度こそパソコンのように使える・・・と思いましたが、

結局の所、iPadのマウス、トラックパッドは別物でした。

OSが対応していても、アプリが対応していない事が多いのです。

結局・・・タッチパネルに落ち着く。

 

マウスが使えないと、コピペやドラッグもしんどいので、

まぁ、iPadで事務作業はホント向かないです。

 

iPadをPCのように使うとなると、キーボード接続も避けられない。

となると、iPad画面も座面から遠くなるんですよね。

タッチパネルって、画面を触らないといけないから、

イチイチ腕も伸ばさないといけないし・・・無理。

 

そもそも、ディスプレイって遠くて高い位置の方が、

首にも負担無いんで。iPadだと、その辺も物理的に難しい。

 

MacBookでも小一時間作業するなら、

外付けキーボードや、PCスタンドが必要な私ですから。

IMG_9421

PC作業って、腰やら首やらの負担が積もるんで、

自宅での作業用環境にも気を配った方が良いよ。

作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

iPadはデュアルディスプレイができない

iPadではデュアルディスプレイができません・・・

いや、厳密にはやろうと思えば外部出力はできるんだけど、

やったところでPCのそれとは全く違うってのが有る。

 

MacBookなら、USB Type-Cケーブル一本で外部ディスプレイに出力できるし、

設定の手間という手間も無い。

IMG_9425

iPadでもスライドオーバーが追加されたとはいえ、

Macでのウィンドウ表示や、仮想デスクトップの方が断然便利ですからね。

 

外でもデュアルディスプレイ環境が必要かと言われれば、私は何も言えませんけど。

iPadは小さい横長の画面、1画面で長時間作業することは無理。

 

まぁ、ガッツリ仕事をするなら、自宅のデスクトップPCだし、

止事無き理由で、外で仕事をするにしても、

作業スペースは大きいに越したことはない。

iOSとMacOSでは使えるアプリが異なる

iOSとMacOSでは、同じアプリが使えません。

iPad Proは、GPUも素晴らしいので動画編集も可能だけど、

MacOSの動画編集アプリが使えるわけではなく、

iOSのアプリは使い勝手、操作性も全然違いますからね。

 

写真編集くらいは、iPadで全然問題サクサクだけど、

データ連携とか、他の作業まで考えると、

最初からMacでやった方が良い。

IMG_9497

取り込んだデータ管理も、iPadだと面倒だし。

私はiCloudも使わない方が良いと思ってますから。

iPhone撮影した写真&動画をPC管理する為に知っておくべき事。iCloud、HEIF、HEVC、Live Photosのデメリット。

 

他にもiPadにも対応しているアプリケーションってのは多いんですが、

Macのそれとは別物っていうアプリは多い。

同じアプリなのに、iOSとMacOSでは挙動が異なるの。

 

代表的なのが検索ブラウザSafariとかChromeとか。

iPadのiOSでは、Googleスプレッドシートのセル内で改行ができなかったり、

Google Mapでマイマップの編集ができなかったり、

WordPressの管理画面がバグったり・・・

検索ブラウザだけでも、挙動の違い色々と感じています。

 

MacならブートキャンプでWindowsも使えるので、

アプリが使えない云々で困ることも無い。

IMG_9443

iOSはファイルやフォルダという概念が無い

iOS11になり、iPhoneやiPadでも「ファイル」アプリが登場しましたが、

あくまでアプリ内のデータを表示、管理できるだけ。

PCみたいにフォルダ作って、一元管理することは不可能です。

 

iPhoneやiPadには、フォルダでデータ管理するという仕組みが無く、

全てアプリ単位でデータ保存されるので、データ管理には不向き。

マウスも使えないので、ドラッグやドロップもやり辛いし。

 

目的別にフォルダ作れないと困るのが、仕事で使うデータ。

写真やらPDFやらエクセルやら、まとめて置いておけないし、

人にデータをどうやって渡すとか、そういった場面でも悩む。

 

AirDropのデータ転送は便利だけど、Windowsユーザーには渡せないので。

結局、クラウド経由のDropBoxが便利。

DopBoxなら、iOSでもフォルダ階層でデータ管理も可能ですからね。

無料クラウドストレージの特徴と違い。個人と仕事の使い分けを考える。

iPad ProでMacBook化を諦めた理由

Smart Keybord Folioが重い

iPad Proに専用のキーボード「Smart Keybord Folio」を付ければ、

ノートPCみたいにキーボード一体型になる。

ただ、このSmart Keybord Folioが重いので、

iPadとして非常に使いづらくなる。

 

iPad+300~400g合計760g~1kgと片手で持てない重さになる。

iPad Miniの約300gに慣れていると、スゲー重いっすマジで。

IMG_9478

iPad Pro
11インチ
(2018)
iPad Pro
12.9インチ
(2018)
iPad mini5
7.9インチ
(2019)
重量 Wi-Fi:468g
Cellular:468g
Wi-Fi:631g
Cellular:633g
Wi-Fi:300.5g
Cellular:308.2g
Smart Keybord
Folio 重量
296g 402g
合計 764g 1033g~1035g 300.5g~308.2g

 

MacBook 12インチ(2017)の重量が920gで、

MacBook Pro 13インチ(2018)の重量でも1.37kgだからね。

iPad Pro 12.9インチ+Smart Keybord Folioの重量が1.033kg

iPadなのに、12インチのMacBook(2017)よりも重いのです。

IMG_9483

 

また、Smart Keybord Folioを付けることにより、

更に厚みも出て収納もしづらくなる。パタパタする部分が引っかかる。

IMG_9436

Smart Keyboard Folioって、毎回組み立てる手間もあるし、

角度調節も効かないから、

簡易テーブルや、膝の上でもタイピングしづらい。

 

iPadスタイルで使う場合も、

背面にキーボード来るから、凄い持ちにくいのコレ。

IMG_9505

しかも764gという重さ。筋トレみたい。

 

イラスト描くならiPad Proの12.9インチモデルは良いと思う。

ただ、iPad mini 5でもApple Pencilが使えるようになったわけで、

メモ書き程度なら、iPad miniのがコンパクトで良いんだよね。

iPadはiPhoneで代用可能

iPadでMac作業を代用できないことは、上述したとおり。

逆にiPadでしかできないことも有るんだけど。

iPadにしかできないことって、基本的にiPhoneで代用できるんだよね。

 

同じiOSであり、アプリ挙動も一緒。

メール返信、SNS、LINE、Slack、Skype、チャットワーク・・・

主たるコミュニケーションツールは、iPhone+キーボードで良い。

IMG_9506

 

強いて言えば、Apple Pencilが使えないくらいなんだけど、

その作業の為に、大きいiPadを持ち歩くかといえば微妙だし、

Apple Pencilに対応したiPad Mini 5も発売されちゃったからね。

IMG_9507

Smart Keyborad Folioは、Apple Pencilも収納できないから、

Apple Pencilの持ち運びも苦労するのだ。

iPadとMacboockの違いまとめ

iPadでは、マウスとキーボードが使えるけど、

Macとはできる事が全然違います。

OSが違えば、使えるアプリも違うわけで、

結局、Macの代用にはならないのですよね。

Macが有る以上、iPadで代用できたら駄目ってのも有るのでしょう。

 

iPadは、見る描くに最高のタブレット端末。

作業という感じではないので、基本的に暇つぶし用、エンタメ用。

持ち運ぶならiPad Miniサイズで良い。

 

仕事するならMacBook。

MacBookは、MacBook Pro 15インチ、13インチも試しましたが、

持ち運びメインの私には、12インチのMacBook(2017)がベスト。

スリムでキーボード付きで920g。結局のところスペックよりも重量。

既に販売終了しちゃったけど。

IMG_9460

 

どちらか一つにできないか試行錯誤しましたが・・・

PC兼タブレットとして使うなら、

やはり、Surfaceにするしか無いのですよね。

Mac、iPad、iPhoneって言ってますけど、

自宅の作業はWindowsがメインPCですからね。

WindowsからMacへ移行して気づいた違い。Macのメリット・デメリット。

 

OS統一した方が便利ってのは、分かっちゃいるのですけども、

これが趣味なんで仕方ない。

まぁ、また新しい端末出たら、苦悩したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です