Amazon還元率が高いクレジットカード。Amazon Mastercardゴールド、Orico Card THE POINT、JCB CARD Wの比較。

Amazon還元率の高いクレジットカード

私の人生の中で、一番お金を落としているのがAmazon.co.jp。

生活用品、什器、事務用品、商品仕入れ・・・

なんでも揃うし、なんでも安いから、使う金額も大きいわけ。

 

となると重要なのが、Amazon利用でのクレジットカード還元率。

Amazon発行のAmazonカードを利用すべきなのか?

それとも他に高還元クレジットカードが有るのか?

 

オンラインで高還元率の「Orico Card THE POINT

Amazonオリジナルの「Amazon Mastercard

Amazonで高還元率と言われるJCB系の「JCB CARD W

どこのクレジットカードが得するのか?今一度再検討しました。

前提:Amazonはポイントサイトが使えない

まず、Amazonでの還元率を考えるにあたり、

普通のオンラインショップとは、還元率の考え方が異なります。

 

日本のオンラインショップでは、ポイントサイトを経由する事により、

ポイントの2重~3重取りが可能となってます。

ポイント3重取りの内訳

  • ショップの独自ポイント:楽天市場1%、Yahoo!ショッピング1%…等
  • ポイントサイトのポイント:楽天市場1%、Yahoo!ショッピング1~2%…等
  • クレジットカードのポイント:還元率0.5%~1.5%…等

国内オンラインショップのほとんどが「ポイントサイト」に有りますが、

Amazonの場合は、全ての「ポイントサイト」で一切ポイントが貯まりません

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。

 

よって、Amazonで高還元率を求めるなら、

ポイントが貯まらない「ポイントサイト」では無く、

クレジットカード会社独自の「ポイントモール」を経由する必要が有る。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

IMG_5308

以前は「ハピタス」や「LINEショッピング」で還元されたんですけどね・・・

2020年には、クレジットカード系のポイントモールでも減少傾向、

「アプラスモール」「JACCSモール」でも、Amazonは無くなっています。

Amazonカードの還元率

Amazonで利用する事により、還元率が倍増するAmazon Mastercard。

Amazon還元率を売りにしているから、このカードが指標になるかと。

実際、私も使っているので・・・還元率を抽出してみました。

IMG_5311

Amazon Mastercardの還元率

Amazonクラシック Amazonゴールド
年会費 1,375円(税込
※初年度無料
※年1回利用で無料
11,000円(税込)
Amazonプライム特典 無し 有り
基本還元率 1.00% 1.00%
Amazon還元率 1.50% 2.50%
Amazon還元率
(プライム会員の場合)
2%
年会費+4,900円
2.50%

 

Amazon Mastercardクラシック」は、年会費1,375円(税込)ですが、

初年度無料、年1回の利用で次年度無料なので、実質無料カード。

基本還元率1.0%、Amazon還元率1.5%

Amazonプライム(年会費4,900円)加入で、Amazon還元率2.0%へUP。

 

一方、「Amazon Mastercardゴールド」は、年会費11,000円(税込)ですが、

基本還元率1.0%、Amazon還元率2.5%

Amazonプライム年会費4,900円が無料となる特典も有る。

 

Amazonで高還元率を求めるなら、

クラシックカードでもAmazonプライム加入は必須な気がするけど、

実際のところ、Amazonでの年間利用金額を考えた方が良い。

Amazonゴールドカードとの分岐点

Amazonクラシック Amazonゴールド
プライム年会費算入 年間4,900円 年間6,100円
(11,000円-4,900円)
年会費の元を獲れる金額
(年会費÷還元率)
年間245,000円以上
(4,900円÷2.0%)
年間244,000円以上
(6,100円÷2.5%)
ゴールドの分岐点
(年会費差額÷還元率差)
年間240,000円以上
(1,200円÷0.5%)

 

あくまでAmazon還元率だけで考えた場合ですが、

無料会員とプライム会員加入の分岐点は、年間利用額24.5万円以上

プライム会員とゴールド会員との分岐点も、年間利用額24万円以上です。

Amazonプライム年会費が値上がったことにより、

Amazonゴールドカードの価値も上がったわけで、

そこそこAmazon利用するなら、ゴールドカード発行した方が良い。

 

逆に、Amazonライトユーザーならクラシックで良い。

Amazon以外の還元率は変わらないですからね。

 

ちなみに、ゴールドカードは、

WEB明細登録&過去1年間に6回以上の請求(12か月のうち6カ月の利用)で、

翌年度1,100円引きになります。

マイペイすリボの登録で5,500円引きも有り、

年会費4,400円で所持するという裏技も有る。

マイペイすリボに登録しつつ、月々の支払額をMaxにして、

リボ手数料を払わず、実質1回払いと同じように使う。

 

この方法は、三井住友の他券種では利用不可になったのですが、

何故か、Amazonゴールドカードだけは未だに使えますので。

Amazon Mastercardゴールド、京王パスポートVISAゴールドカードは、本改定の対象となりません。(従来の「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件に変更はございません。)

「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード

まぁ、リボ払いの仕組みは理解してから、使った方が良いとは思いますけども。

リボ払い専用クレジットカードの落とし穴

 

Amazon Mastercardの最大のデメリットは、

クレジットカード会社の「ポイントモール」が利用できないという事。

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社が発行なのですが、

三井住友カードの「ポイントUPモール」は利用不可能となってます。

 

クレジットカード会社のポイントモールって、

基本的に、クレジットカードのポイントを倍付する仕組みなので、

独自ポイントを採用している提携カードでは利用できない事が多い。

 

同様に、JCB発行のリクルートカードも、

JCBカードのポイントモール「OkiDokiランド」は利用不可能。

Amazon還元率1.2%止まりになってます。

リクルートカードのメリット・デメリット。

Orico Card THE POINTの還元率

ポイントモール特典が有る「Orico Card THE POINT」シリーズ。

オンライン決済の高還元率クレジットカードとして有名ですが、

Amazonでも還元率は高いです。

オリコカード ザ ポイントのメリット・デメリット。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDとの違い。

IMG_5296 (1)

オリコモール+0.5の「Orico Card THE POINT」

オリコモール+1.0%の「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」

更に誕生日月+1.0%の「Orico Card THE PLATINUM」

Amazonでの還元率を比較してみます。

 

Orico Card THE POINTシリーズのAmazon還元率比較

THE POINT PREMIUM GOLD THE PLATINUM
年会費 無料 1,986円(税込) 20,370円(税込)
基本還元率 1.00% 1.00% 1.00%
オリコモール還元率 0.50% 0.50% 0.50%
オリコモール特典 0.50% 1.00% 1.00%
誕生月特典 1.00%
合計還元率 2.00% 2.50% 3.50%

 

年会費無料のOrico Card THE POINTでAmazon還元率2.0%

PREMIUM GOLDとTHE PLATINUMのAmazon還元率2.5%

オリコモールでの倍付け特典が有るので、倍々に貯まっていきます。

Orico Card Amazon還元率

 

THE PLATINUMは誕生日月に利用すれば、還元率3.5%にもなりますが・・・

その分年会費も高くなるので、還元率で比較するのは野暮。

最上級プラチナカードなので、還元率以外のメリットも多いですからね。

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)のメリット・デメリット。

 

というわけで、無料の「Orico Card THE POINT」と、

有料の「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」との分岐点。

 

THE POINT PREMIUM GOLDとの分岐点

THE POINT PREMIUM GOLD
年会費 無料 1,986円(税込)
年間10万円利用 2000ポイント 2500ポイント
年間20万円利用 4000ポイント 5000ポイント
年間30万円利用 6000ポイント 7500ポイント
年間40万円利用 8000ポイント 10000ポイント
年間50万円利用 10000ポイント 12500ポイント
年会費の元を獲れる金額
(年会費÷還元率)
年間79,440円以上
(1986円÷2.5%)
ゴールドの分岐点
(年会費差額÷還元率差)
年間397,200円以上
(1986円÷0.5%)
Amazon還元率 2.00% 2.50%
iD、QUICPay還元率 1.00% 1.50%

 

年会費差は1,986円で、還元率差が0.5%なので、

年間397,200円以上利用するなら、

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」にした方が良い。

 

Amazonカードと違うのは、

Amazon以外のオリコモール店舗でも、0.5%の違いが出るという事。

よって、Amazon Mastercard ゴールドよりも利便性は高いかなと。

年会費も1,986円と、ゴールドカードの中でも格安ですからね。

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

 

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の場合は、

iD、QUICPay利用で還元率1.5%(+0.5%)となる。

オリコならクレジットカード1枚でiD、QUICPayも使えますからね。

IMG_9491

実店舗決済でも高還元率。iDとQUICPayは、Apple Payでもお馴染み。

Apple Payを利用して気付いた注意点とデメリット。アップルペイの使い方。

Apple Payで還元率1.5%を超えるカードも希少です。

JCB CARD Wの還元率

JCBカードで高還元率と言えば、新たに登場した「JCB CARD W」。

リボ専用の高還元率カード「JCB EIT」とのAmazon還元率を比較します。

IMG_5307

Amaozn還元率での違いは、JCB ORIGINAL SERIES特典の有無。

JCB EITは、JCBオリジナルシリーズ対象外・・・

で、どのぐらい差がでるのか?

 

JCBカードのAmazon還元率比較

JCB一般カード JCB CARD W JCB EIT
年会費 1,375円(税込)
※初年度無料
※年50万円以上で無料
無料 無料
基本還元率 0.50% 1.00% 1.00%
Oki Dokiランド還元率 0.50% 0.50% 0.50%
ORIGINAL SERIESパートナー
※MyJチェック登録分
0.50% 0.50% 対象外
JCB STAR MEMBERS 0.25%(スターαPLUS)
※年間100万円以上
対象外 0.1%(スターα)
※年間100万円以上
合計還元率 1.75% 2.00% 1.60%

 

JCBカードをAmazon還元率で選ぶなら「JCB CARD W」です。

JCB CARD Wは、年会費無料還元率1.0%

しかも、JCBオリジナルシリーズ対象カード

 

JCBオリジナルシリーズカードは、JCB ORIGINAL SERIESパートナーで、

Amazon利用時のポイント3倍(還元率+1.0%)となっています。

※MyJチェック(WEB明細)への登録が必要。

JCBオリジナルシリーズの還元率と注意点。JCBカードでOkidokiポイントを貯める方法。

ただ、「JCB CARD W」は、JCB STAR MEMBERSは対象外となっているので、

年間利用額での還元率UPは無し。Amazon還元率2.0%が限界。

 

JCBオリジナルシリーズ特典のおかげで、

JCB一般カードも、還元率1.5%~1.75%となっているので、

Amazon利用でJCBプロパーカードを使うのも悪く無いですね。

結論:Amazonゴールドカードは必要

私は、普通の人に比べAmazon利用する方だと思いますが、

イチ消費者としての利用と考えると、年間50万円も行きません。

日用品、消耗品、ファッション用品、オムツにミルク・・・

ハードに利用しても、月5万円程度。

普通の人がAmazonだけで年間25万円利用するってのは、

なかなかハードルが高いと思われます。

 

Amazon還元率2.5%のAmazonゴールドの年会費11,000円って割高。

高還元率といっても、Amazon限定です。

 

Amazon以外で利用するという点では、他カードでも良いかなと。

というわけで、最後に比較ポイントをまとめておく。

Amazon還元率まとめ

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
PREMIUM GOLD
JCB CARD W Amazon Mastercard
ゴールド
年会費 無料 1,986円(税込) 無料 11,000円(税込)
ETC年会費 無料 無料 無料 550円(税込)
基本還元率 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
Amazon
還元率
2.00% 2.50% 2.00% 2.50%
Apple Pay
還元率
1.00% 1.50% 1.00% 1.00%

 

最近は、Amazonの価格が最安値って事も少なく、

楽天市場の方が値段も安く、ポイントも貯まりまくるわけで、

楽天経済圏って、ちょっと工夫するだけで還元率は20%を超えるからね。

楽天市場のSPUと買いまわりを徹底攻略。楽天経済圏で楽天ポイントを貯めまくる方法。 

 

ただ、「マイ・ペイすリボ」の裏技を使うなら話は別。

Amazonゴールドカードの年会費が4,400円まで下がるので、

Amazonプライム年会費4,900円よりも安くなってしまう。

Amazonプライム特典は、既に欠かせないサービス。

クラウドストレージのAmazon Photosも使えないと困るレベル。

無料クラウドストレージの特徴と違い。個人と仕事の使い分けを考える。

Amazonプライムビデオの見放題だけでも価値ありますからね。

 

最近では、Amazonセールでの倍付け特典も登場。

プライム会員で+2%、Amazonゴールドカードで+2.5%

Amazonで得するには「プライム会員」も必須の流れです。

 

ちなみに、経営者の人が事業用途でAmazonを利用する場合・・・

ビジネスカードには「Orico Card THE POINT」も「Amazon Mastercard」も無いので、

事業費決済なら「JCB法人カード」が最強となります。

高還元率ビジネスカード「EX Gold for Biz」よりも、Amazon還元率は高くなる。

 

オリコEX Gold for BizとJCB法人カードのAmazon還元率

Ex Gold for Biz JCB法人カード JCBプラチナ法人
年会費 2,200円(税込)
※初年度無料
1,375円(税込)
※初年度無料
基本還元率 0.60% 0.50% 0.50%
ポイントモール還元率 0.5%
(オリコモール)
1.0%
(OkiDokiランド+MyJチェック)
カード利用額特典 0.5%
※年間200万円以上
0.25%
※年間100万円以上
0.35%
※年間300万円以上
合計還元率 1.60% 1.75% 1.85%

 

Amazon還元率以外なら「EX Gold for Biz」が最強ですけどね。

法人カードの選び方。オススメの法人カードと解約した法人カード。

 

マイル最強なのは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」。

ビジネスカード&法人カードのマイル還元率を徹底比較してみた。

ダイナースもアメックスも改悪続きだし、

ステータスカードは、そもそも年会費が高いですからね。

2 COMMENTS

nznz

こんにちは、いつも楽しく拝見しております。
さて、amazonゴールドの評価にだけ、違和感を感じたのでコメント致します。
本サイトは、amazonのヘビーユーザーの方が、いつも丁寧な調査の体当たり記事を書かれるので、訪問者も多く影響力があるため、正当に評価して頂きたくご連絡した次第です。

プライム会員で年間84,000円以上のamazon利用ならamazonゴールドが金額的にもお得と考えています。
報告1.マイ・ペイすリボ登録の年会費半額は、発行後に限度額(通常20万以上)に変更すれば実質1回払いとなる
 三井住友VISAカードVPASSか電話にて。年会費10,800/2-WEB明細1,080=4,320円/年に。
報告2.プライム年会費3,900円との差額は420円/年。分岐点のamazon利用料は84,000円/年
 (=420円/年/(2.5%-2%))
この増額で、国内空港ラウンジ利用券、自動付帯の国内海外旅行傷害保険最高5,000万円、ショッピング保険最高300万等をはじめとする特典が受けられるはお買い得と思います。

返信する
KJ新谷

ご指摘ありがとうございます。

確かに、三井住友のゴールドカード特典も使えると考えると素晴らしいですね。
修正させていただきました。

Amazonプライム年会費も上がり、
よりAmazonゴールドカードの価値が上がったと感じております。

あとは、マイペイすリボの改悪だけ懸念しておりますが・・・
引き続き半額で使えると良いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です