Amazon最強のクレジットカード徹底調査。オリコ、JCB、Amazonカードの還元率比較。

Amazon還元率クレジットカード

私の人生の中で、クレジットカードを一番利用しているのがAmazon.co.jp。

生活用品、什器、事務用品、商品仕入れ・・・

なんでも揃うし、なんでも安いから、使う金額も大きいわけ。

 

となると重要なのが、Amazon利用でのクレジットカード還元率。

Amazon発行のAmazonカードを利用すべきなのか?

それとも他に高還元クレジットカードが有るのか?

 

オンラインショップ最強の「Orico Card THE POINT

Amazonオリジナルの「Amazon Mastercard

Amazonで高還元率と言われる「JCB CARD W

どこのクレジットカードが得するのか?今一度再検討しました。

Amazon利用で還元率1%では少ないので・・・2%以上を狙っていきます。

前提:Amazonは「ポイントサイト」が利用不可能。

まず、Amazonでの還元率を考えるにあたり、

普通のオンラインショップとは、還元率の考え方が異なります。

 

日本のオンラインショップでは、ポイントサイトを経由する事により、

ポイントの2重~3重取りが可能となってます。

ポイント3重取りの内訳

  • ショップの独自ポイント:楽天市場1%、Yahoo!ショッピング1%…等
  • ポイントサイトのポイント:楽天市場1%、Yahoo!ショッピング1~2%…等
  • クレジットカードのポイント:還元率0.5%~2.0%

国内オンラインショップのほとんどが「ポイントサイト」に有るのですが、

Amazonの場合は、全ての「ポイントサイト」で一切ポイントが貯まりません

大手ポイントサイトを徹底比較。オススメのポイントサイト。

 

よって、Amazonで高還元率を求めるなら、

ポイントが貯まらない「ポイントサイト」では無く、

クレジットカード会社独自の「ポイントモール」を経由する必要が有る。

クレジットカード会社のポイントモール比較。ポイントサイト還元率との違い。

クレジットカードのポイントモールが、Amazon高還元率の秘訣です。

 

Amazon Mastercard クラシック&ゴールドの還元率比較。

Amazonで利用する事により、還元率が倍増するAmazon Mastercard。

Amazon還元率を売りにしているから、このカードが指標になるかと。

実際、所持するか悩んでいたので・・・還元率を抽出してみました。

2018-04-24_16h48_09

Amazon Mastercardの還元率比較

Amazonクラシック Amazonゴールド
年会費 1,350円(税込
※初年度無料
※年1回利用で無料
10,800円(税込)
※年6回以上の請求で1,080円割引
Amazonプライム特典 無し 有り
基本還元率 1.00% 1.00%
Amazon還元率 1.50% 2.50%
Amazon還元率
(プライム会員の場合)
2%
年会費+3900円
2.50%

 

Amazon Mastercardクラシック」は、年会費1,350円(税込)ですが、

初年度無料、年1回の利用で次年度無料なので、実質無料カード。

基本還元率1.0%、Amazon還元率1.5%

Amazonプライム(年会費3900円)加入で、Amazon還元率2.0%へUP。

 

一方、「Amazon Mastercardゴールド」は、年会費10,800円(税込)ですが、

基本還元率1.0%、Amazon還元率2.5%

Amazonプライム年会費3,900円が無料となる特典も有る。

 

Amazonで高還元率を求めるなら、

クラシックカードでもAmazonプライム加入は必須な気がするけど、

実際のところ、Amazonでの年間利用金額を考えた方が良い。

Amazonだけで還元率0.5%の元を獲るって大変だから。

 

Amazonクラシックカードとゴールドカードの分岐点

Amazonクラシック Amazonゴールド
プライム年会費算入 年間3,900円 年間6,900円
(10800円-3900円)
年会費の元を獲れる金額
(年会費÷還元率)
年間195,000円以上
(3900円÷2.0%)
年間276,000円以上
(6900円÷2.5%)
ゴールドの分岐点
(年会費差額÷還元率差)
年間600,000円以上
(3000円÷0.5%)

 

あくまでAmazon還元率だけで考えた場合ですが、

無料会員とプライム会員加入の分岐点は、年間利用額19.5万円以上です。

プライム会員とゴールド会員との分岐点は、年間利用額60万円以上です。

Amazon以外の還元率は変わらないので・・・

Amazonライトユーザーならクラシックで良いんじゃないかと。

 

ちなみに、ゴールドカードは、

WEB明細登録&過去1年間に6回以上の請求(12か月のうち6カ月の利用)で、

翌年度1080円引きになります。

リボ登録で5400円引きも有るけど、まぁリボなんで辞めときましょう。

 

Amazon Mastercardの最大のデメリットは、

クレジットカード会社の「ポイントモール」が利用できないという事。

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社が発行なのですが、

三井住友カードの「ポイントUPモール」は利用不可能となってます。

 

クレジットカード会社のポイントモールって、

基本的に、クレジットカードのポイントを倍付する仕組みなので、

独自ポイントを採用している提携カードでは利用できない事が多いのです。

 

同様に、JCB発行のリクルートカードも、

JCBカードのポイントモール「OkiDokiランド」は利用不可能。

Amazon還元率1.2%止まりになってます。

リクルートカードのメリット・デメリット。

Amazon還元率という点では、

リクルートカードの還元率は低いので気を付けて。

 

Orico Card THE POINTシリーズの還元率比較。

ポイントモール特典が有る「Orico Card THE POINT」シリーズ。

オンライン決済のクレジットカードとして最強ですが、

Amazon還元率でも、やはり最強です。

IMG_9493

オリコモール+0.5の「Orico Card THE POINT

オリコモール+1.0%の「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

更に誕生日月+1.0%の「Orico Card THE PLATINUM

Amazonでの還元率を比較してみます。

 

Orico Card THE POINTシリーズのAmazon還元率比較

THE POINT PREMIUM GOLD THE PLATINUM
年会費 無料 1,950円(税込) 20,000円(税込)
基本還元率 1.00% 1.00% 1.00%
オリコモール還元率 0.50% 0.50% 0.50%
オリコモール特典 0.50% 1.00% 1.00%
誕生月特典 1.00%
合計還元率 2.00% 2.50% 3.50%

 

年会費無料のOrico Card THE POINTでAmazon還元率2.0%

PREMIUM GOLDとTHE PLATINUMのAmazon還元率2.5%

私もAmazon利用で使いまくっていますが、ホント2.5%還元されてます。

Orico Card Amazon還元率

 

THE PLATINUMは誕生日月に利用すれば、還元率3.5%にもなりますが・・・

まぁ、その分年会費も高くなるので、還元率で比較するのは野暮かと。

最上級プラチナカードなので、還元率以外のメリットも多いですからね。

Orico Card THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)のメリット・デメリット。

 

というわけで悩むのが、無料の「Orico Card THE POINT」と、

有料の「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」との分岐点。

 

Orico Card THE POINTとPREMIUM GOLDの分岐点

THE POINT PREMIUM GOLD
年会費 無料 1,950円(税込)
年間10万円利用 2000ポイント 2500ポイント
年間20万円利用 4000ポイント 5000ポイント
年間30万円利用 6000ポイント 7500ポイント
年間40万円利用 8000ポイント 10000ポイント
年間50万円利用 10000ポイント 12500ポイント
年会費の元を獲れる金額
(年会費÷還元率)
年間78,000円以上
(1900円÷2.5%)
ゴールドの分岐点
(年会費差額÷還元率差)
年間350,000円以上
(1950円÷0.5%)
Amazon還元率 2.00% 2.50%
iD、QUICPay還元率 1.00% 1.50%

 

年会費差は1,950円で、還元率差が0.5%なので、

年間35万円以上利用するなら、

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」にした方が良い。

 

Amazonカードと違うのは、

Amazon以外のオリコモール店舗でも、0.5%の違いが出るという事。

よって、Amazon Mastercard ゴールドよりも、難易度は断然低い。

年会費も1950円と、ゴールドの中でも最安ですからね。

ゴールドカードを比較する。オススメのゴールドカードランキング。

 

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の場合は、

iD、QUICPayでも+0.5%となるので、

実店舗決済でも、超高還元率となります。

Apple Payでも還元率1.5%を超えるカードは、他に無いから。

 

JCBカード、JCB CARD W、JCB EITの還元率比較。

JCBカードで高還元率と言えば、新たに登場した「JCB CARD W」。

リボ専用の高還元率カード「JCB EIT」とのAmazon還元率を比較します。

IMG_9494

Amaozn還元率での違いは、JCB ORIGINAL SERIES特典の有無。

JCB EITはJCBオリジナルシリーズ対象外・・・でどのぐらい差がでるのか?

 

JCBカードのAmazon還元率比較

JCB一般カード JCB CARD W JCB EIT
年会費 1,350円(税込)
※初年度無料
※年50万円以上で無料
無料 無料
基本還元率 0.50% 1.00% 1.00%
Oki Dokiランド還元率 0.50% 0.50% 0.50%
ORIGINAL SERIESパートナー
※MyJチェック登録分
0.50% 0.50% 対象外
JCB STAR MEMBERS 0.25%(スターαPLUS)
※年間100万円以上
対象外 0.1%(スターα)
※年間100万円以上
合計還元率 1.75% 2.00% 1.60%

 

JCBカードをAmazon還元率で選ぶなら「JCB CARD W」が最強です。

JCB CARD Wは、年会費無料還元率1.0%

しかも、JCBオリジナルシリーズ対象カード

 

JCBオリジナルシリーズカードは、JCB ORIGINAL SERIESパートナーで、

Amazon利用時のポイント3倍(還元率+1.0%)となっています。

※MyJチェック(WEB明細)への登録が必要。

JCBオリジナルシリーズの還元率と注意点。JCBカードでOkidokiポイントを貯める方法。

ただ、「JCB W CARD」は、JCB STAR MEMBERSは対象外となっているので、

年間利用額での還元率UPは無し。Amazon還元率2.0%が限界。

 

JCBオリジナルシリーズ特典のおかげで、

JCB一般カードも、還元率1.5%~1.75%となっているので、

Amazon利用でJCBプロパーカードを使うのは、悪く無いですね。

結局のところ「Orico Card THE POINT」が最強。

私は、普通の人に比べAmazon利用する方だと思いますが、

個人利用に限ると、年間100万円も行きません。

日用品、消耗品、ファッション用品、オムツにミルク・・・

ハードに利用しているんですけど。月5~10万円程度。

Amazonだけで年間50万円利用するってのは、なかなかハードルが高い。

 

となると、Amazon限定で還元率2.5%のAmazonゴールドの年会費1万円って割高。

「Amazonクラシック+Amazonプライム」の還元率2.0%年会費3900円の方が、

結果的に得する人も多いハズ。

還元率0.5%の差は、年間利用額60万円の差

普通の人が、Amazonだけで年間60万円も利用するのかなって。

 

そもそも、還元率2.0%なら、

年会費無料の「Orico Card THE POINT」か「JCB CARD W」のが良いんじゃないかと。

※JCB CARD Wは18歳~39歳限定のクレジットカード

 

「JCB CARD W」なら、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント倍増。

セブンイレブン還元率2.0%、スターバックスカードチャージで還元率5.5%・・・

JCBオリジナルシリーズの還元率と注意点。JCBカードでOkidokiポイントを貯める方法。

 

セブンイレブン、スタバ以外なら「Orico Card THE POINT」。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー対象店舗よりも、オリコモール店舗の方が断然多い。

オリコモールで還元率UP=ネットショッピング最強です。

無料で高還元率「Orico Card THE POINT」のメリット・デメリットを徹底的に挙げてみた。

 

年間35万円以上利用するなら「Orico Card THE POINT」では無く、

還元率2.5%なら年会費1,950円の「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」。

オリコモール経由のショップで全て+1.0%される素晴らしいカード。

 

なんだかんだで、オリコカードが優れているって結論でした。

超オススメの高還元率クレジットカードまとめ。

リアル店舗決済でも、iD、QUICPay利用で還元率1.5%(+0.5%)となる。

Apple Payで還元率1.5%ってのも最強ですから。

 

Amazon Mastercardのデメリットとして、ETCカードの年会費が有料ってのも有る。

また、電子マネー「iD」にも対応しているのですが、

クレジットカード一体型では無く、Amazonカードでは別発行となります。

オリコならクレジットカード1枚でiD、QUICPayも使えますからね。

IMG_9491

というわけで、最後に比較ポイントをまとめておく。

 

Amazon還元率の比較まとめ

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
PREMIUM GOLD
JCB CARD W Amazon Mastercard
ゴールド
年会費 無料 1,950円(税込) 無料 10,800円(税込)
ETC年会費 無料 無料 無料 540円(税込)
基本還元率 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%
Amazon
還元率
2.00% 2.50% 2.00% 2.50%
Apple Pay
還元率
1.00% 1.50% 1.00% 1.00%

 

ちなみに、経営者の人が事業用途でAmazonを利用する場合・・・

法人カードでは「Orico Card THE POINT」も「Amazon Mastercard」も無いので、

法人カードでは、「JCB法人カード」が最強となります。

高還元率ビジネスカード「EX Gold for Biz」よりも、Amazon還元率は高くなる。

 

オリコEX Gold for BizとJCB法人カードのAmazon還元率比較

Ex Gold for Biz JCB法人カード JCBプラチナ法人
年会費 2,160円(税込)
※初年度無料
1,350円(税込)
※初年度無料
基本還元率 0.60% 0.50% 0.50%
ポイントモール還元率 0.5%
(オリコモール)
1.0%
(OkiDokiランド+MyJチェック)
カード利用額特典 0.5%
※年間200万円以上
0.25%
※年間100万円以上
0.35%
※年間300万円以上
合計還元率 1.60% 1.75% 1.85%

 

Amazon還元率以外だと・・・やっぱりオリコの「EX Gold for Biz」が最強ですけどね。

ビジネスカード&法人カードのポイント還元率を徹底比較してみた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です