ビジネスカード&法人カードのマイル還元率を徹底比較してみた。

法人カードマイル還元率比較

クレジットカードの還元率を突き詰めるなら、

ポイント還元率を求めるか?マイル還元率を求めるか?

で話は大きく変わってきます。

これは事業費決済のビジネスカードも一緒。

 

マイルの価値は現金換算するのはナンセンス。

利用する航空会社のマイルで貯めないと意味も無い。

ANA便を利用するなら、ANAマイルが貯まるカード、

JAL便を利用するなら、JALマイルが貯まるカード。

それぞれ使い分ける必要も有ります。

 

私自身、飛行機利用する機会も増えてきましたので、

今回は、事業費決済でマイルを貯めまくりたい人へ。

マイル還元率が高いビジネスカードをまとめておきます。

 

ただ、あくまで飛行機に乗らないなら意味の無い話。

たまに飛行機利用するくらいの頻度なら、

ポイント還元率が高いクレジットカードを推奨します。

JALマイル還元率が高いビジネスカード。

法人用JALカードはマイルが貯まらない

JALマイルが貯まるクレジットカードといえば、

個人ではJALカードが王道なのですが・・・

 

JALのビジネスカードには、普通カードとCLUB-Aカードの2券種しかなく、

いずれも、カード決済でマイルが貯まりません

JAL法人カード

  • JAL普通カード(法人用):年会費2,000円+税
  • JALCLUB-Aカード(法人用):年会費10,000円+税

 

搭乗時のボーナスマイル特典くらいしか無いので・・・

法人でJALカードを発行する意味は、ハッキリ言って皆無です。

法人カードは、ショッピングマイルが積算されないなど、個人カードと異なる機能やサービスがあります。

法人カード(カードの種類) – JALカード

JALマイルが貯まる法人カード:還元率0.25%~1.125%

ビジネスカードで、JALマイル還元率が高いカードとなると非常に少ない。

アメックスも、ダイナースもJALマイルには交換不可能であり、

クレジットカードのポイントから交換する場合でも、基本的にANAマイルが多い。

JALマイルは交換不可能だったり、交換レートが悪い傾向に有ります。

 

法人カードのJALマイル還元率比較

年会費 還元率 年間移行上限
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円 1.125% 15万マイル
ラグジュアリーカード法人(Gold) 200,000円 0.3~0.9% 1.5万マイル
ラグジュアリーカード法人(Black) 100,000円 0.3~0.6% 1.5万マイル
EX Gold for Biz 2,000円 0.25~0.55% 15万マイル
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 50,000円 0.3~0.45% 1.5万マイル
楽天ビジネスカード 12,000円(単体2,000円) 移行不可能 移行不可能
アメックスビジネスカード 12,000円 移行不可能 移行不可能
アメックスビジネスゴールド 31,000円 移行不可能 移行不可能
アメックスビジネスプラチナ 130,000円 移行不可能 移行不可能
ダイナースクラブビジネスカード 27,000円 移行不可能 移行不可能
JALダイナースカード
(ビジネスアカウント)
28,000円
+2,000円
1.00% 上限無し

 

ダントツのJALマイル還元率を誇るのが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率1.125%は、個人向けJALカードよりも高還元率となります。

ビジネスと名の付くカードですが、サラリーマンでも発行できるので、

経営者、個人関わらず、JALマイルを貯められます。

年間移行上限も15万マイル(年間1500万円利用相当)と高い。

初年度は年会費無料であり、

年間200万円以上利用すれば、翌年度の年会費も半額になるからね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット。

 

ポイント還元率が高かったビジネスカードも、

JALマイルへの交換となると、還元率は低くなるので、オススメしません。

EX Gold for Bizは、ANAよりもJALの方がレートは悪く最大0.55%還元(年間200万利用時)。

楽天ビジネスカードの場合、楽天ポイントもJALマイルへは交換不可能となってます。

ANAマイル還元率が高いビジネスカード

ANAマイルの貯まる法人カード:還元率0.3%~1.0%

マイルが貯まるクレジットカードで、主に比較されるのがANAマイルが貯まるカード。

ビジネスカードも、その大半がANAマイルが貯まるカードとなってます。

 

ビジネスカードのANAマイル還元率比較

年会費 還元率 年間移行上限
ダイナースクラブビジネスカード 27,000円 0.5~1.0% 4万マイル
アメックスビジネスカード 12,000円 0.5~1.0% 8万マイル
アメックスビジネスゴールド 31,000円 0.5~1.0% 8万マイル
アメックスビジネスプラチナ 130,000円 0.5~1.0% 8万マイル
EX Gold for Biz 2,000円 0.3%~0.66% 上限無し
楽天ビジネスカード 12,000円(単体2,000円) 0.50% 0.3%~0.66%
ラグジュアリーカード法人(Titanium) 50,000円 0.3~0.45% 上限無し
ラグジュアリーカード法人(Black) 100,000円 0.3~0.6% 上限無し
ラグジュアリーカード法人(Gold) 200,000円 0.3~0.9% 上限無し
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円 0.30% 上限無し

 

ダイナースクラブビジネスカード、アメックスビジネスカードが有名ですが、

アメックスには、年間8万マイルの移行制限が有り、

ダイナースは、年間4万マイルの移行制限となりました。※2018年12月に改悪

ANAマイル還元率アップ&交換する為、別途年会費が発生する点にも注意です。

合計年会費 サービス名
ダイナースクラブビジネスカード 6,000円+税 ダイナースグローバルマイレージ
アメックスビジネスカード 8,000円+税
(3000円+5000円)
メンバーシップ・リワード・プラス
メンバーシップ・リワード ANAコース
アメックスビジネスゴールド 8,000円+税
(3000円+5000円)
メンバーシップ・リワード・プラス
メンバーシップ・リワード ANAコース
アメックスビジネスプラチナ 5,000円+税
(無料+5000円)
メンバーシップ・リワード・プラス(無料)
メンバーシップ・リワード ANAコース

 

なんだかんだで、年会費が高いし、

アメックスは、ANAマイル以外は0.8%還元となってしまうし・・・

マイル還元率となると、ダイナースもアメックスも微妙。

ダイナースとアメックスは、税金の支払いにも還元率が半減してしまうから。

税金(国税、地方税)支払いで高還元率となる法人カード&ビジネスカードまとめ。

ANA JCB法人カード:還元率1.0%~1.06%

ANAで高還元率を狙うなら、ANAの法人カードが間違いない。

ANAの法人カードは、JALの法人カードとは違い、

JCBブランドに限り、ANAマイルへの移行も可能となってます。

ANA提携カードだけあって、年間移行上限も無いのも地味に素晴らしい。

 

ANA法人カードのANAマイル還元率比較

年会費 還元率 年間移行上限
ANA一般カード JCB(法人用) 2,250円 1.00%~1.06% 上限無し
ANA一般カード VISA、Master(法人用) 2,750円 マイル移行不可能
ANAワイドカード JCB(法人用) 11,750円 1.00%~1.06% 上限無し
ANAワイドカード VISA、Master(法人用) 12,250円 マイル移行不可能
ANAワイドゴールドカード JCB(法人用) 19,000円 1.00%~1.075% 上限無し
ANAワイドゴールドカード VISA、Master(法人用) 19,000円 マイル移行不可能
ANAダイナースコーポレートカード 20,000円 1.00% 上限無し

 

上位カードも還元率は大差ないので、

私は一番格安なANA JCB法人カードを利用しています。

IMG_7138

 

ただ、年間利用額が大きいなら「ANA法人JCBワイドゴールドカード」も検討の余地あり。

JCBスターメンバーズの年間利用額で、マイル還元率も更にアップする。

 

JCBスターメンバーズ適応時の還元率

年間利用額 メンバーランク ボーナス マイル還元率
300万円以上 ロイヤルα 25%UP 1.075%
100万円以上 スターα 20%UP 1.06%
50万円以上 スターβ 10%UP 1.03%
30万円未満 1.00%

 

しかも、ANA法人ワイドゴールドカードなら、

ANAマイル移行手数料5,000円無料だし、

「ANAカードマイルプラス」特典も有るから、

ANA航空券を購入する際に、ANAマイル還元率2%。100円=1マイル追加となる。

ANA航空券での利用が多いなら悪くないかと。

ANA法人一般カードと、ANA法人ワイドカードは、

「ANAカードマイルプラス」は適応外となってますから。

※ANAカード<法人用>は、ワイドゴールドカード、ANAダイナースコーポレートカードのみすべての店舗がマイル積算対象になります。一般・ワイドカードは、ANA@deskにて予約・購入・発券いただいた航空券のみ対象になります。

 

JCBスターメンバーズ特典

年会費 ANAマイル移行手数料 ANAカードマイルプラス
ANA一般カード JCB(法人用) 2,250円 年間5,000円 対象外
ANAワイドカード JCB(法人用) 11,750円 年間5,000円 対象外
ANAワイドゴールドカード JCB(法人用) 19,000円 無料 積算対象
ANAダイナースカード(法人用) 20,000円 無料 積算対象

 

難点は、JCBカード故の審査の厳しさと、限度額の低さ

私のANA JCB法人カードの最初の限度額20万円・・・

ワイドゴールドを申し込んだんだけど、審査落ちしたからね。

法人カードの審査と必要書類。カード発行までの日数と申込みの流れ。

 

あと、法人カードでは、JALマイルの方が貯まりやすいし、

ANAマイルは個人カードの方が貯まりやすい。

ANAカードのバリエーションも個人カードの方が多いし、特典も豊富。

既に、個人でANAの上位カードを持ってるって人も多いのでは?

IMG_7126 (1)

個人なら、SPG AMEXカードっていう選択肢もあるからね。

SPGアメックスカードのメリット・デメリット

ダイナースクラブのビジネスアカウントカード:還元率2.0%

個人向けのダイナースクラブカードは、

追加カードとして年会費+2000円で、

法人口座引き落としの「ビジネスアカウントカード」が発行できます。

 

法人カードにはダイナースクラブビジネスカードしかありませんが、

個人向けのダイナースカードには、

上位カードの「ダイナースプレミアムカード」も有り。

その還元率は2.0%にもなります。

ただ、2018年12月、間4万マイルの移行制限が登場・・・

正直、これでは使えないです。

 

唯一の抜け道としては、ANAダイナースクラブカード。

個人向けのANAダイナースクラブカードにも、

上位カードにANAダイナースプレミアカードが存在するので・・・

※JALダイナースプレミアムカードは有りません。

 

ANAダイナースは、通常ダイナースよりも年会費が高いのですが、

ダイナースグローバルマイレージの年間6,000円+税が不要となり、

ANAマイルへの年間移行制限も有りません

敢えて、ダイナースを所持するというなら、

もぅ、ANAダイナースクラブカードしか無いわけ。

 

ダイナースクラブビジネスアカウントのANAマイル還元率

年会費 還元率 年間移行上限
ダイナースクラブカード
(ビジネスアカウントカード)
22,000円
+2,000円
0.5~1.0% 4万マイル
ダイナースクラブ プレミアムカード
(ビジネスアカウントカード)
130,000円
+2,000円
2.00% 4万マイル
ANAダイナースクラブカード
(ビジネスアカウントカード)
27,000円
+2,000円
1.00% 上限無し
ANAダイナース プレミアムカード
(ビジネスアカウントカード)
155,000円
+2,000円
2.00% 上限無し
ANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカード
(ビジネスアカウントカード)
155,000円
+2,000円
2.00% 上限無し

 

ダイナースのビジネスアカウントカードは、1枚しか発行できないので、

オーナーだけの用途に限られる点にも注意。

 

そもそも、ANAダイナースプレミアムカードも招待制の上位カード。

今からANAダイナースを所持して上位カードを目指すのか?っていわれたら、

私は、ちょっと無いですね。

ダイナースは、改悪続き。

今後のマイル還元率の補償も無いし、

税込17万円オーバーの年会費、維持コストも半端無いわ。

マイルの価値を現金換算すると意味不明になる。

マイルが貯まりやすいビジネスカードを選ぶ前に、

マイルの価値、マイルの利用方法については、考えておいた方が良いと思います。

飛行機に乗るようになって気づく、マイル価値が高いという妄想。

 

マイルも貯めている私が言うのもなんなんですが・・・

正直、マイルの価値って、世間が言うほど高く無いと思います。

1マイル=2円とか、いやいや3円~5円だとか。

あくまで、国際線ビジネスクラス以上の特典航空券に交換した場合の話ですから。

ANAマイル価値 特典航空券による違い

  • 国際線特典航空券(ファーストクラス):1マイル → 約8~15円
  • 国際線特典航空券(ビジネスクラス):1マイル → 約4~7円
  • 国際線特典航空券(エコノミークラス):1マイル → 約2~3円
  • 国内線特典航空券:1マイル → 約1.5円~3円
  • SKYコイン:1マイル → 約1~1.7円

※参考→ANAマイルの価値。1マイルの価値を高める利用方法について。 | とりあえずバンクーバー。

 

たしかに航空券に変えられるというのは面白いのですが、

国内線の特典航空券に変えたり、国際線エコノミークラスの場合、

それほどマイルの価値って高くならず、頑張って1.5~2円程度の価値。

しかも、特典航空券の利用枠って限られてるから、思ったように使えないわけ。

前もって予約して、無理してマイル使って、1マイル=2円・・・って、

そもそも飛行機に乗らないなら意味ないから。

 

たまに、ビジネスクラスにも乗りたいなら良いでしょう、

ただ、ビジネスクラス自体、もの凄いコストパフォーマンス悪いし、

ファーストクラスの路線なんて全然無いんだよね。

 

エコノミーや国内線しか乗らないなら、

正直、ポイント還元率の高いクレジットカードで、

現金に近い形でポイントバックした方が、

結果的に、航空券に使えるお金も多くなるんじゃないかと。

 

ポイントは現金として使い、浮いたお金で安い航空券を手に入れる。

JALやANAの運賃は元々割高だし、

サプライスを使えば、他社の格安航空券も見つけられるからね。

ホント、海外にも安く行ける時代です。

私がJALマイルを貯める理由。私にはJALのが価値が高い。

私はJAL派。JALマイルをメインに貯めています。

JALのサービスが好きってのも有るけど、

上述したように、JALマイルは貯めづらいので、

JALマイルの方が、ANAマイルのが価値が有るとも思ってます。

ANAマイラーって多いよねホント。

 

他ポイントからの交換レートもJALのが悪くなっており、

ANAマイルは、ダイナース、アメックスでも交換可能。

ソラチカルートっていう陸マイラー御用達の裏技でも、

ANAマイルは簡単に貯められましたからね。

 

ANAマイルユーザーって多い為、マイル消化しづらいのも間違いない。

特に人気の路線ほど、マジで特典航空券の予約取れないから。

マイル貯めて気づく、マイル消化すんのに苦労する。

 

なんだかんだで、還元率が高いセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが有るってのが大きい。

マイル還元率だけで比較しても還元率1.125%は、異常な数値。

年間200万円以上の利用で、年会費も半額になりますからね。

これで、マイル移行手数料無し税金支払いOK。使うしかないよね。

デメリットは、年間1,500万円以上利用しても得しないこと。使いすぎに注意です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリット。

 

飛行機に乗らない人でも、1マイルは1円の価値が有る。

10,000マイル=10,000円相当の電子マネー(WAON)に交換も可能だし、

ビジネスカードで還元率1.0%以上ってなると、非常に限られていますから。

ビジネスカード&法人カードのポイント還元率を徹底比較してみた。

 

ダイナースプレミアムなら還元率2.0%だけど、JALマイル交換不可能だし、

ANAマイルは年間4万マイルの移行制限も登場。

既に微妙なカードになっちゃってますので。

 

ANA、JAL、どちらでマイルを貯めるのか?

それはまた、別の話。

オススメ法人カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です