モニターアームを使って気づいたメリット・デメリット。モニターアームの選び方。

私の大好物マルチディスプレイ。

ディスプレイ配置をカスタマイズする為に、

モニターアーム(ディスプレイアーム)は有ると便利なモノ。

PCのマルチディスプレイ出力に必要な物。グラフィックボード、ディスプレイ、ケーブルの選び方と注意点。

 

ただ、スタンドからモニターアームに変更すれば、

必ずしも快適になるってわけでも無いので、

何の為に、アームを使うのかってのは考えた方が良いと思う。

理想を求めて買い替えまくった結果、

アームまみれになっている自分もいますので。

モニターアームのメリット

モニターアーム最大のメリットは、

デスク上のスペースが増える事。

 

アームにより、ディスプレイが宙に浮くので、

ディスプレイ下のスペースも使えるようになるし、

デスクの端や、デスクからはみ出た場所にも設置もできる

結果、デスクが広くなるのです。

IMG_0553

 

また、モニターの位置も上下左右に細かく調整できるので、

好きな角度で配置、ディスプレイが非常に見やすくなる

IMG_0548

モニターの縦置きにより、ディスプレイも縦表示も可能となります。

WEBブラウザや書類は、縦長ベースで造られているので、

表示できる情報量が大幅に増え、結果、作業効率もアップする。

 

ディスプレイが見やすくなれば、

目の疲れだけでなく、姿勢が改善され、肩こりや腰痛も防げる。

 

あとは、デスクの見た目が良くなるってところでしょうか。

アームが有った方が、なんかそれっぽいですよね。

IMG_2031

モニターアームのメリット

  • デスクスペースが広くなる
  • ディスプレイの位置&角度調節が可能
  • ディスプレイの縦設置が可能
  • ディスプレイが格好良くなる

モニターアームのデメリットと注意点

VESA未対応ディスプレイには利用不可

モニターアームを固定するには、

VESA規格に対応したディスプレイが必要です

VESA未対応→ディスプレイ背面にネジ穴が無い。

IMG_2571

また、VESAマウント規格には、様々なサイズが有る点にも注意。

ディスプレイサイズが大きくなるにつれ、

VESAの間隔も大きくなり、VESAマウントの耐荷重も増加します。

VESA規格とディスプレイサイズ

  • 75 × 75mm:あまり見かけず
  • 100 × 100mm:~27インチ
  • 100 × 200mm:~31インチ
  • 200 × 200mm:31インチ~

多くのモニターアームは、VESA100×100mm(VESA100)対応。

30インチを超える大型の液晶ディスプレイは、

VESA200×100VESA200×200なので・・・

IMG_1957

VESAアダプタも必要となります。

※VESAアダプタを使う事により、200→100の変換が可能。


ちなみに、40~50インチオーバーの液晶テレビでは、

VESAは、300×300mm、400×400mmと更に大きくなります。

IMG_9157

アダプタを組み合わせる事により、

VESA100→300や400に変換したりも可能です。

40型液晶テレビをモニターアームに固定して壁掛けっぽくしてみた。

変換プレートをテレビに固定

まぁ、大型ディスプレイの場合は、壁掛けメインとなるので、

モニターアームではなく、テレビ用壁掛けアームを使った方が良いですけど。

賃貸で大画面液晶テレビを壁掛けにする方法。65インチTVをアーム固定してみた。

IMG_9179

テーブルに強度が必要

モニターアームは、

モニターアームの重量だけでも約5kg

それにディスプレイ重量が加わり、ディスプレイ1枚あたり+5~10kg

デュアルディスプレイなら2倍、

合計で約15kg~20kgの重さを一点で支えるわけで、

安物のデスクでは耐えられません。

 

私は、ハニカム構造の耐荷重50kgのデスクを使ってましたが、

気づいたらスンゲー歪んでました。

IMG_2577

強度の有る木材、分厚い天板のデスク。

デスクにもそれなりの投資が必要となるわけです。

設置できないテーブルも多い

挟んで設置するクランプ型のモニターアームは、

テーブルの形状により、設置できない場合も多いです。

頑丈なテーブルほど、作りは複雑、

補強板が邪魔して固定できなかったりする。

作業用のオフィスデスクに悩んだ結果、安くて頑丈なダイニングテーブルを購入した理由。

IMG_8859

金属フレームに天板が乗っているタイプのデスクも、

IMG_2125

フレームと段差が有るので、クランプでの設置は不可能です。

IMG_2126

 

固定部分を強化するプレートもありますけども、

強化プレートは、厚いテーブルにも注意。

IMG_1967

テーブルの厚みが増して設置できなるパターンも有りました。

IMG_1156

モニターアームは場所を取る

モニターアームって意外と場所を取ります。

アームを使う事により、広くなるのはデスク上のスペースのみ。

デスクが広くなった分、

デスク周りにアームのスペースが発生します。

 

デスク裏側には、アーム可動域が有った方が調整もしやすいので、

デスクに奥行きが、より必要となる。

IMG_2125

デスク背面を壁にベタ付けしていた場合は、

アームの配置もちょっと苦労する。

壁寄せピッタリ設置もできますが、

調整できる幅も狭まるし、アームの利点も活かせなくなる。

IMG_1968

壁にベタ付けしたいなら、

壁固定のモニターアームという選択肢もありますので。

IMG_8142

 

また、ディスプレイから取り外したモニタースタンドは、

使わないといっても捨てるわけにもいかないわけで、

モニターの数だけ、モニタースタンドを保管する場所も必要となる

これも地味なデメリット。結構邪魔です。

意外とディスプレイは動かさない

マルチディスプレイ目的で、

モニターアームを検討する人が多いと思うのですが、

マルチディスプレイの場合、基本的にディスプレイは動かさないです。

 

複数のディスプレイを、自分の見やすい位置に細かく調整するわけで、

一度設置したら、なるべく動かしたく無いのです。

IMG_1728

 

マルチディスプレイすると、配線も多くなるので、

ディスプレイを不用意に動かすと、配線がブチ切れる心配もある。

私は、スタンディングデスクなんで、尚更動かせないのさ。

大型昇降デスクをFlexiSpotで自作してみた。電動式スタンディングデスクのメリット・デメリット。

IMG_6176

ピポット機能付きディスプレイが増えている

モニターアーム要らずで細かく調整できる、

モニタースタンドが増えています。

高さ調整、角度調整だけでなく、

画面回転(ピポット機能)で縦設置が可能

IMG_8893

スタンドの根元も回転するし、スタンドも平らで省スペース。

IMG_9328

下手なモニターアームを購入するよりも、

付属のモニタースタンドの方が、綺麗に配置できる。

 

モニターアームを購入する値段で、

より上位の液晶ディスプレイを購入する。

上位モデルなら、スタンドも優秀でディスプレイも綺麗になるから。

DELL極薄ベゼル液晶ディスプレイ「U2417H」レビュー。

IMG_9222

大型ディスプレイには不向き

アームだけで支えるので、重い大型ディスプレイは固定できません。

エルゴトロンLXでも耐荷重は11.3kgまで。

50インチの12.8kgもギリイケましたけども、正直辞めた方が良い。

ディアウォール&ラブリコの活用例。賃貸住宅でDIYしまくってみた。

IMG_2242

 

そもそも大型ディスプレイの場合は、

デスクトップでアーム化する意味が有りません。

画面サイズが大きいので、ディスプレイも浮かないし、

IMG_1986

大画面1枚だと、角度調節する余地も無い。

アーム長さも足らないし、アームやテーブルへの負荷も大きい。

IMG_1985

結局、付属のディスプレイスタンドの方が使いやすい。

IMG_2122

背面もスッキリ、大型ディスプレイは大型スタンドのが安定する。

IMG_2123

 

大画面をディスプレイなら、マルチディスプレイも不要なわけで、

マルチディスプレイが最適解というわけでも有りませんので。

仕事用のモニターサイズに悩む。4K大画面1枚とマルチディスプレイとの違い。

テキストやWEBベースなら、マルチディスプレイだけども。

動画編集や画像編集メインなら、大画面1枚の方が使いやすいです。

モニターアームの種類と選び方

固定はクランプ式一択

デスク上で使うなら、クランプ式一択です。

デスク穴を開けたり、壁に固定する方法もありますが、

難易度が高く、融通も効かなくなります。

IMG_8858

モニターアームの固定方法

  • Cクランプ式:天板を上下で挟み込んで固定
  • グロメット式:天板に穴を開けてボルトで挟み込んで固定
  • ネジ固定式:天板にネジで固定
  • 壁面取り付け式:壁にネジで固定

モニターアームの為に、穴を開けるのはナンセンス。

ディスプレイもアームも使い続けるかといえば微妙。

私は、何度も買い替えてますので。

 

ちなみに、Cクランプ式は、板さえ有れば固定できるので、

別にデスクに固定する必要も有りません。

壁際の棚板に固定してみたり。

IMG_8106

土台ポールの向きも、上下逆さまでも固定可能。

上にスペースが取れない場合や、

テーブル下などの低い位置でアーム利用したい時にも使えます。

※自己責任でお願いします。

IMG_8107

可動部分(軸)は多い方が良い

モニターアームは、可動部分(軸)が少なくなるほど、

値段が安くなるのですが、可動部分は多いに越した事はない。

3軸よりも4軸。エルゴトロンは5軸。

軸が増えれば稼働範囲も広くなり、

レイアウトの融通も効くようになる。

IMG_2119

違うサイズのディスプレイを使う場合も、

軸が多いことで、高さや位置を揃えられるようになる。

 

アーム部分が無い、直付けタイプとかもありますけども、

ホントポールに固定するだけだから。

IMG_3184

縦デュアルよりも横デュアル

デュアルディスプレイを検討するなら、

悩むのが縦デュアルと横デュアル。

 

トレーダーは、縦デュアルを並べるイメージですが、

作業するという目的なら、上下設置は辞めた方が良い。

至近距離での上部ディスプレイは、首を痛めるだけ。

首を横に動かす方が断然ラクであり、横設置した方が使いやすい。

 

縦方向へ重ねる配置は、専用の長いアームも必要となり、

テーブルへの負荷も大きくなりますので。

IMG_3171

デュアルよりもシングルモデル

複数ディスプレイの設置には、

デュアルディスプレイ対応のモニターアームを買いがちですが、

だったら、シングルモデルを2本買った方が良いです。

 

デュアル対応のモデルは、根元は一箇所に負荷がかかるし、

左右のアーム高が別々に調節できないモデルも多い。

縦置きと横置きを併用する場合、上手いこと高さ調節もできなくなる。

 

ポール1本でレイアウトするよりも、

ポール2本でレイアウトした方が、レイアウトの幅は広がるし、

同じメーカーのポールなら、基本的にアームサイズも同じ、

シングルポールに2個のアームを固定したりもできるのさ。

IMG_2129

 

ちなみに、メーカー違っても、固定できたりします。

サンコーのポールにエルゴトロンを固定してみたり。

IMG_3172

私は、ポール一本でトリプルディスプレイもやってましたが・・・

ポールの耐荷重もありますので・・・自己責任で。

可動はガススプリング式一択

レバー固定やネジ止め固定の水平可動アームもありますが、

モニターアームを使うなら、ガススプリング式を選ぶべき。

ガス圧でラクに可動するし、

ディスプレイも垂れて来ず、日々の微調整もしやすい。

 

ガス圧が無いモデルは、調整しづらいってだけでなく、

ディスプレイの重さで徐々に垂れ、アームも徐々に歪みます。

水平稼働式のデュアルモデルを使ってましたが、

半年も使っていたら、左右でアーム高が変わってしまいました。

IMG_2127

 

格安なメカニカルスプリング式のアームも有りますが、

やはりガス圧に比べると弱いです。

しっかり締めたつもりで、ディスプレイも下を向く。

ちょっと動かすだけでストレスです。

 

ガス圧は、ガスが抜けるなんて言われますが、

エルゴトロンなら10年補償もあるし、

私のエルゴトロンは、既に約10年使ってますが、

現役バリバリのビンビンです。

悩むならエルゴトロンLXシリーズ一択。

 

エルゴトロンのOEMモデル、

HPやAmazonベーシックでも良いとは思うけども。

エルゴトロンモニターアームの種類と違い。LX、HX、MX、MXV、NEO-FLEXシリーズの比較。

IMG_2037

モニターアームまとめ

4Kディスプレイが格安になった今、

モニターアームやマルチディスプレイってのは、

ちょっと嗜好的な要素が強く、贅沢な商品。

 

そんな中、わざわざモニターアームを選ぶなら、

やはりエルゴトロン。LXシリーズです。

 

値段の違いは、品質の違い。

使い勝手も良いし、10年補償も有る。

何よりも見た目が美しい。モチベーション上がる。

 

ただ、モニターアームにお金を使うなら、

ディスプレイをワンランク上のモノが選べます。

ハイモデルのディスプレイを買えば、

付属するモニタースタンドの質も高くなるわけで、

大型ディスプレイなら、モニターアームは不便なだけ。

「マルチディスプレイしない」という選択肢もありますので。

仕事用のモニターサイズに悩む。4K大画面1枚とマルチディスプレイとの違い。

4K2枚のデュアルディスプレイ

動画コンテンツがメインの時代、

PCの4K対応も格安にできますからね。

パソコンの4K (3840×2160)出力に必要な物。ディスプレイ、グラフィックボード、ケーブルスペックの違い。

 

モニターアームって、デスク上のスペースを増やせるアイテム。

何もディスプレイに限った話では有りません。

買い替えまくって余ったアームは、

卓上スピーカースタンドとして使ったりしてます。

モニターアームで可動式スピーカースタンドを自作してみた。

IMG_7363

棚では無く、アームを使う。

結局の所、見た目。

自己満足と言われれば、もぅ何も言えねっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です