格安SIM最強 IIJmioのメリット・デメリット

楽天モバイルの登場で、格安なMNOも当たり前に。
敢えて格安SIM(MVNO)を選ぶ理由も薄く、
多少の価格差で悩むなら、格安SIMは選ばない方が良い。

そんな中、私がIIJmioを使う理由について。
新料金プラン「ギガプラン」は安いだけじゃない。
データ通信専用で使うなら敵無し、アイアイジェイミオって読むのです。

目次

IIJmioのメリット

2GBで月額440円という価格

2021年3月、ahamo、povo、LINEMOの登場により、
格安SIMの料金プランも大幅に変わりました。
大手キャリア回線のサブブランド化で、MNOが安くなり、
そこから借りているMVNOの格安SIMは、更に安い価格へ。

新しく登場したIIJmioの「ギガプラン」は、格安SIMでも最安値。
データSIM(eSIM)なら月額440円2GB月額660円4GB
ゼロSIMなら月額165円

データ翌月繰り越しも可能だから、余った容量も無駄なく消化できるし、
そもそも、データ追加が激安なので、無駄に容量多いプランを契約する必要が無いのです。
データ容量チャージは、1GBあたり220円(当月末日まで有効)。
チャージ料金も、他社に比べて圧倒的に安いのよ。

データシェアが無料

月額料金が安いから機能が劣るということもなく、
他社の格安SIMに付いている機能は、IIJmioでほぼ完全に対応しています。

IIJmioの機能

  • みおふぉんダイアル(専用アプリ:誰とでも50%OFF)
  • ファミリー通話割引(家族同士20%OFF)
  • データ繰り越し
  • データシェア機能
  • バースト機能
  • 高速通信ON/OFF機能
  • 通話定額オプション
  • つながる端末保証
  • mio割:IIJmioひかりとのセット割

しかも、他社では有料(別料金 or 別プラン)の、
データシェア機能まで無料で付いている
複数回線でデータ共有可能→より安く抑えられるのです。

そもそも、そんなに使わないから格安SIMを選ぶわけで、
その限られた容量を繰り越し→家族でシェアできれば、
翌月データ繰越データシェアだけで、大容量SIMになっちゃうんだよね。

例えば、私は5回線契約しているのですが・・・

2GB×5回線→月間10GBで、440円×5→月額2,200円
4GB×5回線→月間20GBで、660円×5→月額3,300円

毎月繰り越しの繰り返しで最大20GBを繰越しすれば最大40GBまで膨れ上がる。
月間20〜40GBもの容量を、スマホ5台で共有できて月額3,300円。これは破格。
私は、毎月10GBでも余りまくるので、5台で月額2,200円なのです。

データ容量超過後も最大300kbps出るし、
超過後も数秒間は高速通信できる「バースト機能」まで有る。

データ追加も1GB220円と激安だけど、
容量追加する必要・・・ほとんど無いのです。

格安SIMで最高峰

IIJmioって、格安SIMでの老舗でありパイオニア。
格安SIM業界でも率先して改革しているわけで、
IIJmioなら大丈夫っていう安心感が凄い。
長くMVNOを使っている人ほど、この感覚分かるかなと。

国内で最初でeSIM対応しており、
2021年12月現在でも、eSIMに対応している格安SIMは皆無。
2021年6月から5Gにも対応しており、しかも5Gも無料で使えます

対応端末(検証端末)も豊富であり、
最新iPhoneや、バージョンアップ対応も早く、
技術的な面でも安心して使える。
格安SIMだから不具合が有っても仕方ない・・・ということが無い。

格安SIMでありながら、LINEの年齢確認にも対応しているので、
LINEでID検索や、電話番号で友達検索もできるようになります。

2021-05-21 06.16.28

スマホアプリも、余計な機能、通知が無いのも好感。
シンプルながら必要な機能がある。
複数番号の通信量管理、高速データ切り替えのオンオフできる。
過去のデータ利用量まで把握できるのも親切なのよ。

アプリ経由で、構成プロファイルのインストールも可能。
オフラインでもAPN設定ができるってのは素晴らしい。
SIM交換が多い人ほど必須の機能です。

20210408120416

顧客サポートが手厚い

顧客サポートは、電話メールツイッターチャットと、一通り対応。
FAQも充実しており、自己解決できる仕組みも有る。
上述したように、技術的なサポートも優れているわけで、
使っていて問い合わせに頼ることも少ないのです。
料金プラン、システム、問い合わせ先、全て分かりやすい。

「自分たちが使いたい」と想うサービスっていうコンセプトも素晴らしい。
格安SIMでシェアを占める理由だと思う。満足度も高いわけです。

これだけ安いのに、MNP転出料契約解除料無料で、
縛りも無く、解約時に料金が取られる仕組みも無い。
良いサービスっていう自身も有るのでしょう。

大手携帯キャリアでは、ahamo、povo、LINEMOといった、
オンラインサポート限定のプランが出ていますが、
基本的にチャットサポートのみであり、ほぼサポートを受け付けない仕組み。

2021年は、モバイル回線業界全体で安くなりましたが、
IIJmioは、どこよりも早く、料金プラン変更を発表したのも凄い。
逆を言えば、現時点でも旧プランのままの格安SIMは・・・使う価値無いのです。

IIJmioのデメリット

音声通話SIMとして割高

IIJmioが激安なのは、eSIMのデータSIMとして運用した場合。
電話番号が付く音声通話SIMでは、あんまり安く無いのです。

多少は安いのですけど、ホントちょっと安い程度なので、
格安SIMのデメリットを考えると、わざわざ選ばなくても良いかなと。

既に格安SIMはデメリットだらけ。ほとんどの人に格安スマホをおすすめしない理由。

今となっては、音声通話SIMも激安。
povo2.0と楽天モバイルなら0円で電話番号も貰えるし、
LINEMOミニプランなんて月額990円で3GB。
LINEをデータカウントしない、LINEギガフリー特典まで付いてますからね。

いや、格安SIM(MVNO)の中では、IIJmioって安いのですよ。
大手携帯キャリア(MNO)のサブブランドが安過ぎるのです。

格安SIM(音声SIM)の料金

スクロールできます
1GB2GB3GB4GB5GB繰越し容量シェア容量追加LINE
年齢確認
解約手数料
(違約金)
MNP転出料
IIJmio¥858¥1,078翌月末可能220円/1GB対応無料無料
OCNモバイルONE¥770¥990翌月末572円/枚
最大合計5枚
550円/1GB無料無料
nuroモバイル¥792¥990翌月末不可
※ギフトのみ
550円/1GB無料無料
mineo¥1,298¥1,518翌月末可能165円/100MB対応無料無料
y.u mobile¥1,070永久不滅別プラン330円/1GB無料無料
BIGLOBEモバイル¥1,078¥1,320翌月末
※1GBは除く
990円/枚
※シェアSIM
300円/100MB¥1,100
※12ヶ月未満
無料
イオンモバイル¥858¥968¥1,078¥1,188¥1298翌月末別プラン528円/1GB対応無料無料
2021年12月時点

格安SIMに通信速度は期待できないので、
大容量プランを選ぶのもナンセンス。
スペック云々の話でも無いので、月額料金がなにより重要
IIJmio、OCNモバイル、nuroモバイルの3つが安いですが・・・
データSIM(eSIM)の料金という点で、IIJmio一択なのです。

ちなみに、IIJmioには、従量制プラン(タイプA)もありますが、
音声通話SIMは、月額1,298円(~1GB)からと割高であり、
だったら、定額で格安な「ギガプラン」で、
後からデータ追加した方が安くもなるのです。

初期費用が必要

IIJmioには契約縛りもなく、解約料、MNP転出料は無料ですが、
契約時に初期費用3,300円SIMカード発行手数料(約450円)が発生します。

SIMカード交換や、SIMカードの再発行手数料も必要であり、
こちらも1枚につき2,200円と、なかなか高額。
eSIMプロファイル再発行にも手数料220円が取られるからね。

eSIMって、機種変更する度にeSIM再発行が必要なので、
利用端末をコロコロ変える人は、毎回220円取られるってこと。

また、プラン変更する際も、SIMカードタイプも変更となったりするので、
SIMカード交換手数料2,200円SIM発行手数料433円のダブルで徴収されたりする。

他社の格安SIMでも、初期費用3,300円は徴収されますが、
MNOのahamo、LINEMO、povo、楽天モバイルでは、初期費用は無料ですからね。
格安SIMは、月額料金が格安だけど、初期費用やプラン変更で高額なのです。

通信速度が遅い

格安SIMは、回線を借りているMVNOなので、
回線速度という点で、キャリアブランド(MNO)に大幅に劣ります。

これは、IIJmioに限った話では有りませんけど、
格安SIMは、混雑時(朝方、昼時、夕方)に急激に速度低下する
2021年12月時点でも、昼時は1Mbps前後という感じです。

通信速度が出ないので、大容量プランも微妙。
IIJmioは、15GB、20GBも割安ですが、
速度が出ないことを考えると使わない方がよい。

MNOのahamo、povo2.0、LINEMOを選んだ方が満足度も高いかと。
通信速度を考えるなら価格差以上の価値も有る。昼時でも通信速度低下しないから。

データ容量で料金比較

スクロールできます
2GB3GB4GB8GB15GB20GB25GB無制限
IIJmio¥858¥1,078¥1,518¥1,848¥2,068
UQモバイル¥1,628¥2,728¥3,828
ワイモバイル¥2,178¥3,278¥4,158
ahamo¥2,970
povo2.0¥990¥2,700
LINEMO¥990¥2,728
docomo¥5,665¥7,315
au¥5,588¥7,238
SoftBank¥5,588¥7,238
音声通話SIMの料金

オンライン専門ブランド、ahamo、povo、LINEMOも安いのですが、
大容量の20GBで選ぶなら、ahamoが良い。

ahamo、povo2.0、LINEMOの比較。楽天モバイル、Yモバイル、UQモバイルとの違いと分岐点。

格安SIMと同じ価格帯なら、LINEMO。
月額990円で3GBなのに、いつでも高速通信。LINEまで使い放題。
LINEMOミニプラン」は、格安SIM潰しのプランです。

LINEMOミニプランを契約して気づいたメリット・デメリット

格安SIMよりも安く使いたいならならpovo2.0。
トッピング制というスマホ料金の概念を覆すプラン。
基本料金無料なので・・・0円運用も可能なのです。

povo2.0を0円運用して気づいたメリット・デメリット。注意点と賢い使い方。

ちなみに、IIJmioでは、タイプD(ドコモ網)、タイプa(au網)と選べますが、
どっちも速度という点で微妙なので、選ぶならドコモの方が良い。

日本ではドコモ回線が主流で有り、対応Bandも豊富→対応端末も多い。
ドコモ網のみeSIM対応ですからね。

かけ放題も微妙

IIJmioにも「かけ放題」オプションは有りますが、
IIJmioに限らず、格安SIMのかけ放題は辞めた方が良いです。

IIJmioでは「みおふぉんダイヤル」というプレフィックスアプリを使うのですが、
格安故に通話品質は劣ります。IP電話よりは良い?レベル。
専用アプリから電話を掛ける手間も有りますからね。

20210427170757 (1)

IIJmioかけ放題オプション

  • かけ放題+:月額1,400円
  • 通話定額10分+:月額700円
  • 通話定額5分+:月額500円

一方、ahamo、povo、LINEMO、ワイモバイル、UQモバイルといった、
MNOの「かけ放題」オプションは、VoLTEのかけ放題で高品質。
専用アプリで発番する必要も無いし、24時間かけ放題も選べますし、
それでいてオプション料金も安いのです。
povo2.0なんて、かけ放題だけの運用も可能ですからね。

かけ放題料金の比較

スクロールできます
5分かけ放題10分かけ放題かけ放題
IIJmio+500円+700円+1,400円
楽天モバイル+1,100円
※標準アプリ
無料
※Rakuten Link
UQモバイル+770円+1,870円
ワイモバイル+770円+1,870円
ahamo無料+1,100円
povo2.0+550円+1,650円
LINEMO+550円+1,650円

プレフィックス番号の品質で良いなら、楽天モバイルを契約したほうが安上がり。
楽天モバイルなら、1GB未満は月額料金が無料
Rakuten Linkアプリ経由の国内通話も無料なので、
無料のかけ放題SIMとしても使えるのよ。eSIMでサブSIMにしても良いよね。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」を使って気づいたメリット・デメリット

回線毎に支払いを分けられない

IIJmioでは、電話番号毎に支払方法を分けるという事ができず、
同じアカウントでは、支払方法は全て同じになります。
支払い方法は、クレジットカードのみ。
最大10契約できるのだけど、同じクレジットカードでの支払いとなるのです。

お支払いは、契約者名義のクレジットカードのみとなります。利用者別に支払いを分けることは出来ません。

家族みんなでもっとカンタン乗り換え| IIJmio

そして、1人につき1つのアカウントしか発行もできないので、
アカウント毎に支払いを分けるということも不可能です。
同一名義で複数アカウント作成したら、アカウント統合されてしまいました。
仕事とプライベートで支払を分けたかったんですけどね・・・

mioIDのご登録について
mioIDの発行は、お一人様につき1つのIDのみとさせていただいております。サービスを追加購入される場合は、ご登録のmioIDを利用してご希望のサービスをお申し込みください。

サービスのご契約について
IIJmioでは、同一サービスのご契約数を最大10契約までとさせていただいております。

IIJmio:お申し込みにあたって

また、IIJmioは、個人向けサービスであり法人向けプランも別。
お得な「ギガプラン」は、法人で契約ができないのです。

eSIM対応は、データSIMのみ

IIJmioでeSIM対応しているのはデータSIMのみ
音声通話SIMは、eSIMに未対応なので、
電話番号が欲しいなら物理SIM(nanoSIM)にするしか有りません。

20210407191634

デュアルSIMでデータSIMとして使うとなると、
2つのうち1つがデータSIMになるわけで、
「2つの電話番号を同時に有効にする」といった使い方はできないのです。

iPhone eSIM(デュアルSIM)を使って気づいたメリット・デメリット

20210507061832

IIJmioで電話番号を使いたいなら、
音声通話SIMの物理SIM(nanoSIM)となり、2GBで月額858円。
月額440円の約2倍の料金・・・なら使わないかなと。

IIJmioまとめ

格安SIM(MVNO)を選ぶ理由が無くなった今、
それでも使うならIIJmio一択です。
データ容量の繰り越し可能で、
家族でデータシェアも可能、これで月額440円(2GB)

家族でデータシェアすれば、容量も倍々に増えていくわけで、
デュアルSIMやiPadとの相性も抜群。
0円SIMと併用すれば、スマホ料金とは思えないほど安くもなる。

iPhoneをデュアルSIMで最安運用。楽天モバイル、povo2.0、LINEMO、IIJmioのeSIM活用方法。

契約縛りも無くMNP転出料も無料なんで、
不満が有るなら即乗り換えることは可能。
ただ、初期費用が必要なのがネックなので、
元を取るなら最低でも半年くらいは使わないと損でしょう。

IIJmioギガプラン データSIM(eSIM)

通信速度を求める人も、IIJmioは選ぶべきでは有りません。
これはIIJmioに限らず、MVNO全般で言えること。
電話したいなら、MNOの激安ブランドを選ぶべきです。

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイル・・・とありますが、
この中で選ぶならLINEMOミニプランです。

ahamo、povo2.0、LINEMOの比較。楽天モバイル、Yモバイル、UQモバイルとの違いと分岐点。

ほとんどの人が月間3GBも使わないし、
ほとんどの人がLINEを多用するということ。
LINEさえ有れば、かけ放題オプションも要らんのですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KJ新谷のアバター KJ新谷 小さな会社の取締役

輸入物販で起業して、既に起業13年目。
法人7期目。小さい会社の代表です。
マーケティングとか、よく分かりません。
雰囲気で商売しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる